« 三遊亭こうもり、R−1ぐらんぷりの決勝進出! | トップページ | 座間から逗子へ。 »

2013年2月10日 (日)

我が心のふるさと・座間へ…。〜はん治師匠、そして市助くん〜

我が心のふるさと・座間へ…。〜はん治師匠、そして市助くん〜
我が心のふるさと・座間へ…。〜はん治師匠、そして市助くん〜
昨日は〈ハーモニーホール座間・小ホール〉にて【第167回 ざま昼席落語会】。

前座の頃、此の落語会のレギュラー前座を毎月務めさせて頂き、様々なネタをかけさせてもらえる、有り難い会場でした。

志ん橋・喜多八・市馬・たい平・喬太郎・彦いちと云った、名手で人気者の各師匠方と初めて会ったのも、此の落語会。今や、稽古をつけてくださったり、お仕事をくださったりと、お世話になっている師匠方ばかりです。

そんな名手の方々が、いつもたっぷり二席ずつお演りになるのですから、前座としては嬉しい会でした♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

二ツ目になってからも色んな方と二人会をやらせて頂いた【ざま昼席】、今回は〈第150回記念〉以来の出演でした… m(__)m

今回は、柳家はん治師匠との二人会でしたが…

また此のはん治師匠にも、前座の頃から大変お世話になってるんだ! o(><)o

何がって、他の追随を許さない『ろくろっ首』をはじめ『転失気』に『千早振る』まで教えて頂いてますから… (ノ_・。)

そんな師匠との二人会、緊張しますが気合いも入ります! (>_<)

楽屋入りされたはん治師匠を見ると、図らずもペアルック!嬉しかった(?)んで、とりあえず前座の市助くんに撮ってもらいました♪ o(^-^o)(o^-^)o

さて、先ずは開口一番・市助くんが『一目上がり』でしたが…

彼、上手いねェ?とても21歳とは思えない程、堂々としておりやす。流石は「好きな歌手は?」と聞いたら「岡晴夫」って答えるくらい…ってオイ市助、ホントにお前は21歳なのか!?師匠の悪影響だろ… (-_-;)

お後の私が、自作の『パパずれてるゥ!』を演ったのですが…何と市助くん、もう既にネタ帳にそう書いていたのです! (。。;)

こういうのって、先輩としてはかなり嬉しいもんです…

市助よ、若い頃のオレが得意にしていた〈さりげないヨイショ〉を、教えてもいないのによくぞ会得した!市馬師匠を失敗ったら、オレのところへ来ていいぞ!…ってオイ、若い頃ったってお前も若ェぢゃねェか!さりげないヨイショだって、出来てなかったろ!大体「市馬師匠を失敗ったら」だなんて、縁起でもない事を云うな!それに、もし失敗ってもお前には行かないよ!…ってか、ツッコミどころが多くて疲れるよ!でも、自作自演だけどな!

…コホン。さて私の後は、はん治師匠。当代・桂文枝(三枝)師匠直伝の『背なで老いてる唐獅子牡丹』。

はん治師匠に初めて会った時は、小朝師匠の独演会で文枝師匠作『モーツァルト』を演っておられ、また次の時は同じく文枝師匠作『鯛』を演っておられました。

他には『ぼやき酒屋』など、数々の文枝師匠作品を高座にかけられているはん治師匠、東京の噺家の中では、ダントツで文枝師匠から教わっておられるかと思われます。

さて休憩後、図らずも仲入り前が〈新作落語特集〉でしたので、後半は古典の世界へ…私が『不動坊』、はん治師匠が『妾馬』で、めでたくお開き。

いつも大入りで、嬉しい限り!座間の皆さん、まだまだ王楽を育ててください♪ ◎^∇^◎

座間が終わると、夜は逗子で独演会だったのですが…次回へ続く! o(><)o

|

« 三遊亭こうもり、R−1ぐらんぷりの決勝進出! | トップページ | 座間から逗子へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38175/49309576

この記事へのトラックバック一覧です: 我が心のふるさと・座間へ…。〜はん治師匠、そして市助くん〜:

« 三遊亭こうもり、R−1ぐらんぷりの決勝進出! | トップページ | 座間から逗子へ。 »