« 【第24回三遊亭王楽ひとり会】宣伝 | トップページ | 今夜は、ひとり会なんですが… »

2012年10月 8日 (月)

【映画見聞記 vol. 412】

【映画見聞記  vol.<br />
 412】
昨日は〈TOHOシネマズ シャンテ〉にて『ソハの地下水道』を観ました。

ナチス支配下のポーランド、下水処理と空き巣狙いで生計を立てていたソハが、金目当てでユダヤ人をかくまっていったのが、やがて…ってな物語でがんす。

監督は『太陽と月に背いて』のアグニェシュカ・ホランド…何度聞いても、2度早口で云ったら舌を噛み切りそうな名前だ。

さて、如何なもんでしょうか…

物語自体には感動するんですが、いかんせん息苦しくて…

と云うのも、地下水道の場面ばかりなので、ネズミをはじめ「ばっちい」要素がふんだんに、それもリアルに盛り込まれてる故に、においが銀幕から伝わってきて息苦しかったのでがんす。

とは云え、そんなリアルさを追求して、地下に追求したが故に、ラストの場面でのカタルシスは絶大でした… (ノ_・。)

ラストでも、その手前の場面でも、ソハの奥さんの存在が、感動を大きくしてくれました…奥さん、お疲れ様!(←ママさんバレーか)

大して尊敬出来ない人間が、いやいや始めたのに、結局は最後までやってしまう…ってパターンは、観客を魅了するのよね?『ポリス・アカデミー』のマホニーもそうだし(←そこかよ)。

人間くさいソハの行動に感動したいアナタ、劇場で御覧ください♪ O(≧∇≦)o

|

« 【第24回三遊亭王楽ひとり会】宣伝 | トップページ | 今夜は、ひとり会なんですが… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38175/47356170

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画見聞記 vol. 412】:

« 【第24回三遊亭王楽ひとり会】宣伝 | トップページ | 今夜は、ひとり会なんですが… »