« 久し振りに六代目と。 | トップページ | 【映画見聞記 vol. 413】 »

2012年10月15日 (月)

前半古典で、後半新作の会。

前半古典で、後半新作の会。
前半古典で、後半新作の会。
前半古典で、後半新作の会。
前半古典で、後半新作の会。
前半古典で、後半新作の会。
昨日は〈稲城市立iプラザホール〉にて【iプラザ寄席 錦秋らくご祭り】。

メンバーは出番順に…

林家木りん、三遊亭王楽
〈仲入り〉
古今亭駒次、三遊亭白鳥
(敬称略)

でした。

此の会場、昨年暮れにも出させて頂きました。その時は小遊三師匠と一緒でして、ネタ帳見たら私、当代文枝師匠直伝の『涙をこらえてカラオケ』を演っておりました…ヨシ、今年は古典を演ろう♪

楽屋入りした私は、お腹が空いていたので、お弁当だけでは飽き足らず、ケータリングにあったカップヌードル&どん兵衛を食べました…肥大化したら、どうしましょ〜! ((゜Д゜ll))

腹ごしらえも済まして、開演前にワークショップ。

参加してくださった方々の中で、お着物をお召しになられたご婦人がいらした…

「落語がお好きなんですか?」

と聞いたら…

「ハイ、実はやってます」

って、やってんのかい!

更に、こう続いた…

「10年程…」

10年!

ってオイ、私とキャリアが変わらんやないかい!林家ひろ木と同期か!

「…ちなみに、どんなネタを演るんですか?」

と聞いたら…

「『天狗裁き』です」

ってオイ、これまた大ネタやないかい!アンタは桂米朝か!

ワークショップの時には、高座に上がって頂いて教えた小咄を演って頂くんですが、何と此の方…自分ので演りおったわい! (>_<)

怒涛のワークショップが終わって、いざ開演。

木りんくんが『金正日』で、私が『不動裕理』…ぢゃなく、木りんくん『金明竹』に、私『不動坊』。

自分の中で頻繁に演ってるネタなイメージがありますが、かなり久し振りの口演でした。どこか変えたいなァ… (´〜`;)

前半が終わると、後半は新作派のお二方。駒次さん『駅名寿限無』、白鳥師匠『マキシム・ド・呑兵衛』でお開き。

いやはや…2年続けて同じ会場でやらせて頂くのは、芸人として嬉しい限りです。稲城市の皆さん、また是非宜しくお願いします!

|

« 久し振りに六代目と。 | トップページ | 【映画見聞記 vol. 413】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38175/47455018

この記事へのトラックバック一覧です: 前半古典で、後半新作の会。:

« 久し振りに六代目と。 | トップページ | 【映画見聞記 vol. 413】 »