« 箸置きに感激! | トップページ | 【映画見聞記 vol. 408】 »

2012年9月14日 (金)

【映画見聞記 vol. 407】

【映画見聞記  vol.<br />
 407】
昨日は〈新宿ピカデリー〉にて『ダークナイト ライジング』を観ました…ハイ、コレで3度目です。

流石に少し飽きてきたり、色々とツッコミどころが多かったりしますが、矢張りそれを凌駕する興奮が、此の作品にはあります。

引退していたバットマンが復活する場面や、ベインにボッコボコにされマスクを剥ぎ取られ一度は完敗するが〈奈落〉から這い上がってセリーナ・カイルに後ろから声を掛ける場面に、何度観てもカタルシスを覚えます。

あとは、ハンス・ジマーの音楽。要所々々で使われる度に、魂の高ぶりを感じてやみません。ベインの声など、とにかくノーラン作品は音響効果が凄まじい。

故にDVDではなく、劇場の大画面で観てもらいたい映画。まだの方は、是非とも劇場で! (>_<)

…ちょいと小耳にはさんだのですが、そんなクリストファー・ノーランが『007』を撮りたがってるとか…

年末のサム・メンデス版『スカイフォール』も楽しみですが、是非ノーランに撮ってもらいたいっす!楽しみにしてます♪ ◎^∇^◎

ホントにしつこいですが…オーイ、アルフレッドぉ、一体何処に隠れていたんだよォ! (ノ><)ノ

|

« 箸置きに感激! | トップページ | 【映画見聞記 vol. 408】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38175/47069433

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画見聞記 vol. 407】:

« 箸置きに感激! | トップページ | 【映画見聞記 vol. 408】 »