« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

久し振りに、志の春さんと…。

久し振りに、志の春さんと…。
昨日は、庚申塚の〈Studio FOUR〉にて【第31回 やみ鍋の会】。

前田一知さん『道具屋』、立川志の春さん『千早振る』、私『棒鱈』で、お仲入り。

桂三四郎さん『阿弥陀池』、笑福亭瓶二師匠『まめだ』で、お開き。

楽屋でも帰り道でも、志の春さんと久し振りに色んなお話を出来て嬉しかった♪ o(^-^o)(o^-^)o

志の春さんは私と同い年なんですが、その経歴が凄い…

何せ、かの名門イェール大学を卒業…

からの!

かの一流企業・三井物産に入社…

からの!

退社して落語家になったと云う、大変な親不孝者であります(←お前が云うな)。

然しながら、パルコ・ペヤング・パワフルの〈3P〉でお馴染み、ガッテン志の輔師匠と云う方を選ばれたのですから、またもや名門でございます。

志の春さんの落語は、師匠譲りの視点で世間を捉え、実にシャープで面白いです♪ O(≧∇≦)o

志の春さん、またゆっくり話しましょう! o(><)o

今日はこれから【花形演芸会】、気合い入れて頑張ります! (>_<)

…あ、お昼からは『ウチくる!?』が放映されるんだ。観てください♪ ◎^∇^◎

※写真は、志の春さんではありません。ご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

三平と源平。

三平と源平。
三平と源平。
昨日は〈浅草演芸ホール〉へ。

【初代林家三平 三十三回忌追善興行】が行われているのであります。

久し振りに見て感動したのが、三増紋之助師匠の曲独楽。

超一流のテクニックもさることながら、来たお客さんを意地でも喜ばせようとするお姿に、心底感動。普段のお人柄も大変素敵な師匠ですから、そのままお客さんに伝わるんでしょうね。

種平師匠の『ぼやき酒屋』も面白かったけど、楽しみは三平師匠の『源平盛衰記』! o(><)o

8日目の口演となるので、もう身体にピタリと来てる感じでした。必ずや、二代続けての十八番ネタとなりますでしょう… m(__)m

終演後、三平師匠・佐智子ご夫妻に〈豚八〉で以て、御馳走になりました。有難うございます。

うまいぞ、豚八!…ってオイ、豚八を褒めちゃいけない(←別にいいだろ)。

夜は、森下のブックカフェ〈そら庵〉にて【第9回 そら庵で王楽】。

三平師匠にたらふく御馳走になって、バリバリやるき茶屋な気分になった私は『ん廻し』『佃祭』『野ざらし』を立て続けに口演。

然し『野ざらし』の時に、ある事件が…

何と、扇子を落としてしまったのです! (。。;)

よりによって、釣竿に見立てて使うと云うキーアイテムを! (>_<)

仕方ないから、手拭いを釣竿にして演りました。落語界開闢以来、手拭いを釣竿にして『野ざらし』を演ったのは、私が初めてでしょう…柳好師匠、申し訳ありません!(←お客様に謝れ)

さて、今から庚申塚の〈Studio FOUR〉にて【やみ鍋の会】です。行ってきま〜す♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金)

くまモンのお膝元。

くまモンのお膝元。
くまモンのお膝元。
くまモンのお膝元。
昨日は、熊本へ。

〈市民会館崇城大学ホール〉にて行われた【熊本市 敬老の集い】にて一席。

お年寄りが、佃煮にするくらいいらっしゃいました。そこで私は、当代三平師匠直伝の『悋気の独楽』を口演。

熊本のおじいちゃんおばあちゃん、いっぱい笑ってくれて有難う!涼しくなるけん、身体気をつけんしゃい!(←言葉、テキトーです)

…然しながら、昨日のオイラはよく食べた。

羽田空港で、ボリューミィな弁当を食べて…

楽屋入りして直ぐ、これまたボリューミィな弁当を食べて…

阿蘇くまもと空港にある〈うまか軒〉で、熊本ラーメンとチャーハンのセットを食べて、それのみならず替え玉までして…

替え玉した瞬間、心の中で「替え玉なんかしやがって…お前は、なべやかんか!」と、自分にツッコミを入れました(←古いよ)。

…でも、最後のメニューを食べた18時以降は、何も食べなかったのよ?偉いでしょ♪ O(≧∇≦)o

さて今夜は、森下のブックカフェ〈そら庵〉にて【第9回 そら庵で王楽】と云う独演会。

その前に〈浅草演芸ホール〉にて開催されている【初代林家三平 三十三回忌追善興行】に行き、当代三平師匠の『源平盛衰記』を勉強して参ります♪パワーを頂いてくるぞ! o(><)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

快楽亭の歌舞伎案内♪

快楽亭の歌舞伎案内♪
快楽亭の歌舞伎案内♪
一昨日行った新宿の〈ミュージック・テイト〉さんには、同業者のCDやDVDが沢山あります。その数、何と日本一! (。。;)

綺羅星の如く並ぶ名人上手の写真や演目を見てると、物欲が抑えきれないのは仕方ない事で…

「ヨーシ、思い切って買っちゃえ〜!」

…ってな勢いで、快楽亭ブラック師匠による『歌舞伎はこう見ろ!』(彩流社)を購入しちゃいましたァ♪ ◎^∇^◎(←それ!?)

処が、侮るなかれ…コレが、面白いのだ! (>_<)(←誰も侮っちゃいないよ)

『オマン公社』や『イメクラ五人廻し』など、お下劣な迷作を発表し続けている奇才が、どうして一般のイメージとして高尚な歌舞伎を好きなのかが、よくわかって面白い。

だってさ?序文で以て、こんな事を書かれてんのよ…

「おかしい。なぜ風俗店へ行くのがとがめられ、歌舞伎を見るとほめられるのか?

あっしにとって風俗店も歌舞伎も、どちらもあっしを気持ち良くしてくれる娯楽にすぎないのに。

なぜあっしが映画や歌舞伎を多く見るかといえば、楽しいからだ。快感があるからだ。SEXするよりもよっぽど気持ちいい」

…自らを〈下司(げす)〉呼ばわりしながら放つ批評は、不思議と心地好い。必ずや、歌舞伎を観に行きたくなるでしょう… m(__)m

清らかな重松清さんの本と並行して読んでると「同じ人間で、こうも違うんだ…」と、人生の摩訶不思議さを感じて面白いです。

今日も、重松・ブラックのコンビをお供に、今から熊本へ行って参りまァす♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

するっテイト何かい!?

するっテイト何かい!?
するっテイト何かい!?
するっテイト何かい!?
するっテイト何かい!?
昨日は、新宿西口寄りの〈ミュージック・テイト〉にて【傳枝・王楽 二人会】でした。

落語のCDやDVDが処狭しと並ぶ店内に高座を設えての落語会。

高座の脇の下手側を向いたら、談志師匠と小三治師匠のお写真と目が合った…演りにくいこと甚だしい。

そこから視線を少ゥし左にずらすと、アノ快楽亭ブラック師匠とも目が合った…別の意味で、演りにくいこと甚だしい。

傳枝師匠『強情灸』、私『棒鱈』。仲入り後、私『あぶない刑事』、傳枝師匠『錦の袈裟』でお開き。

客席がバカ近なので、アットホームな雰囲気。何せ、弁当を召し上がってる方がいらしたくらいだ。

また年末辺りに、同会場にて独演会をやりたいなと思っております。テイトさん、宜しくお願いします♪ o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

【日本橋夜のひとり噺】宣伝

【日本橋夜のひとり噺】宣伝
来週10月1日(月)、三越前の〈お江戸日本橋亭〉にて【日本橋夜のひとり噺 三遊亭王楽の会】があります。

キングレコードさんの収録で以て、古典と新作の両方を演ります。

18時開場・18時30分開演。

前売 2,000円・当日 2,500円。

ご予約は…

オフィスぼんが

080(1327)5615
ticketbon@yahoo.co.jp

です。落語会名・お名前・電話番号・枚数を、必ずお伝えください。

かなり気合い入れてます、是非とも御来場ください! o(><)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

こうもりとすずめのみやへ。

こうもりとすずめのみやへ。
こうもりとすずめのみやへ。
こうもりとすずめのみやへ。
昨日も、栃木県へ。

宇都宮駅の隣りの雀宮(すずめのみや)駅からタクシーで5分ほどの場所にある〈一向寺別院〉にて落語会。2日続けて、栃木のお寺さんぢゃ。

一緒に行ったのは、こうもりくん。新幹線の中でパチリ。気の所為か、私が彼のマネージャーに見えます。

どうでもいいけど、ザーザー降り…久し振りに雨男っぷりを発揮してやりました。

開口一番のこうもりくんは『都々逸親子』。いいですね。〈村尾〉を呑んで酔っ払ってる時とは大違いだ。

続いて私の一席目は『厩火事』。チャーミングに〈おさきさん〉を演じなければアカンのですが…改めて難しい噺っすね。

休憩はさんで、二席目は『宿屋の仇討』。前座の頃から手掛けてるのですが、クタクタに疲れる為に持久力が要ります。二席とも、いいお客さんに助けられました。

清水信亮ご住職、また宜しくお願いします! (>_<)

帰りの新幹線では、こうもりくんと呑みながら談笑しましたとさ♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

崇徳院…ぢゃなく、種徳院へ行ってきた!

崇徳院…ぢゃなく、種徳院へ行ってきた!
昨日は、館林から車で30分の佐野市の戸奈良町にある〈種徳院〉と云うお寺さんにて口演。

此方の池亀善紀副住職には、親子揃ってお世話になっておりまして、私は毎年7月、芝の〈東京グランドホテル〉に於いての【精進料理を食べる会】でも、落語を演らせて頂いております。

〈種徳院〉さんに来させて頂いたのは、初めてでして…11年前の3月に好楽が来て以来の、本堂での落語だそうな。

11年前の3月と云うと、2001年の3月…私が入門する直前ですわ。

本堂には沢山のお客様が集まり、また大変にいいお客様! (>_<)

気分を良くした私は、好楽に最初に教わった『つる』、当代文枝師匠(三枝師匠)に教わった『読書の時間』、正蔵師匠に教わった『鼓ヶ滝』を、立て続けに口演…要するに、十八番ネタをボンボンボンとぶつけた訳さ(←いい迷惑だ)。

種徳院さん、有難うございました!今後とも宜しくお願いします… m(__)m

さて、今日はこれから宇都宮方面へ…2日続けて、栃木県だ。行って参ります♪ o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

【映画見聞記 vol. 410】

【映画見聞記  vol.<br />
 410】
一昨日、初代三平師匠の三十三回忌法要の後、ホテル近くの〈TOHOシネマズ みゆき座〉にて『レベッカ』を観ました。

これは、いかにしてNOKKOさんが『フレンズ』や『ラズベリー・ドリーム』をはじめとした名曲群を生み出してきたかと云う、魂のドキュメンタリー。

…ってのは勿論ウソで、サスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコック作品。

モンテカルロでイギリスの大金持ち紳士の後妻となったアメリカ娘は、先妻レベッカの召し使いに何故か冷たくされて…ってな物語。

ヒッチコックの渡米第1作。オスカーの〈作品賞〉を受賞している本作、如何なもんでしょうか?

ウ〜ン…2時間10分飽きないし、よく出来てるとは思うんですけど…何だか響かないのよね?

ワイルダーの『サンセット大通り』や『情婦』には今でも胸震わせられるものの、どうもイマイチ…ヒッチコック作品て、今の人達に響くのかしら?

明日からは、同劇場で『鳥』を上映するのよね。高3の時に初見した時、これまた自分の中で評価が低かった作品でしたが…また観てみようかしらね? (゜ω゜?)

そういえば劇場に、快楽亭がいらっしゃいました…余談ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

初代三平師匠の三十三回忌。

初代三平師匠の三十三回忌。
初代三平師匠の三十三回忌。
昨日は〈帝国ホテル〉にて【初代林家三平 三十三回忌】。

ご一門の方に伺ったら、800人も集まっておられたとか! (>_<)(←定かではありません。気になる方は、スポーツ新聞でご確認ください)

みのもんたさんが司会でしたが、締めのご挨拶で感極まり声を震わせながら、こんな事を仰いました…

「45年前に私が所帯を持った時、まだ何でもなかった私のところへ三平師匠はわざわざ駆け付けてくださいました…ノーギャラで。そんな師匠でした」

…此の一言が、初代林家三平の全てを云い現しておりました。

初代三平師匠、落語界をお見守りください。海老名家に、末永く栄光あらん事を! o(><)o

いやァ、それにしても美味しいお料理でしたわいな… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

松竹座!

松竹座!
昨日は〈松竹座〉にて【九月大歌舞伎】の夜の部を観劇。六代目中村勘九郎襲名披露。

〈玉さま〉が初めて松竹座にご出演されると云う事で、足を運びました。

『女暫』では、玉さまの可愛さにウットリ♪口上では、玉さまの男気に感動。

勘九郎丈の『雨乞狐』に歓喜して、ラスト『雁のたより』では上方の歌舞伎を、心ゆくまで堪能!翫雀丈の軽妙な芝居に、魅了させられました♪ O(≧∇≦)o

…ってなブログ記事を、ただ今〈帝国ホテル〉なうで、由紀さおりさんの歌を聴きながら打っております! o(><)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

きよしこ、の夜。

きよしこ、の夜。
重松清さんの『きよしこ』を読みました。

ご自身の体験(トラウマ?)を元にした、吃音の少年を巡る珠玉の短編小説集なんですが…

表題になっている『きよしこ』から、いきなり涙… (ノ_・。)

その清々しい(切ない?)感動と云ったら、前に読んでいた恐怖の小説『悪の教典』とは大違い…あ、アレはアレで面白いんですがね。

あんなに一目も憚らずに泣いてしまったのは(←まァ、云うほど泣いてはおりません。こっそり涙をフキフキしたくらいですが)、高校の頃に帰りの電車の中で読んだ『寄生獣』(←大傑作マンガ!)以来です。

『きよしこ』と『寄生獣』に通じるのは、どちらも〈母と子の切ない物語〉に涙してしまう…ってところですかね?ここだけの話、私はそんなんに弱いです。

表題作以外にも『乗り換え案内』『北風ぴゅう太』『ゲルマ』『東京』にも、モーレツに感動。涙腺決壊。出来れば『北風ぴゅう太』のような人情噺を作りたいですな? (゜ω゜?)

今年読んだ本の中で、ベストワン。私の生涯の読書ベストテンにも、間違いなく食い込んできます。

いじめ問題で騒がれてる昨今、子供達にこそ、こんな本を読んで頂きたいなと…響かない子供は居ないと思いますから。

是非とも課題図書にしてもらいたい一冊。恐らく私、もう一度読み返しそうです。

皆さん、是非とも読んでください! o(><)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

渋いぜ、播磨屋!〜ひろ木くん、初めての歌舞伎〜

渋いぜ、播磨屋!〜ひろ木くん、初めての歌舞伎〜
昨日は〈新橋演舞場〉にて【秀山祭九月大歌舞伎】の夜の部を、林家ひろ木くんと観劇。

何と、ひろ木くん…生まれて初めて、歌舞伎を生で観劇するらしい! (。。;)

劇場前で、記念写真をパチリ♪見得を切っているそうですが、相当イタい子に見えるのは彼の人徳でしょう… (ノ_・。)

『時今也桔梗旗揚(ときはいまききょうのはたあげ)』と『京鹿子娘道成寺』。

前者は、とにかく播磨屋! (>_<)

耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍ぶ演技に、静かに感動!通好みな芝居を堪能しまくったであります… m(__)m

後者は、福助さんによる華やかな舞に酔いしれました。久し振りに『稽古屋』を演りたくなりました。さらわんとね♪ ◎^∇^◎

終演後、ひろ木くんの感想…

「いやァ、イヤホンガイドなかったら、何が何だかわかりませんね!あって良かったですゥ!」

…ひろ木くんがいる限り、今日も日本は平和だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

【映画見聞記 vol. 409】

【映画見聞記  vol.<br />
 409】
昨日は〈丸の内ルーブル〉にて『白雪姫と鏡の女王』を観ました。

イジワル女王様を演じるのは、大物ジュリア・ロバーツ…そう、私の親友の(←此の訳のわからない発言を説明しよう。2年前に彼女が初来日した時にインタビューしたってだけです。人騒がせでスイマセン)。

白雪姫を演じるのは、新鋭リリー・コリンズ。さてさて、如何なもんでしょうか…

おっと、想像していたものよりも楽しかった♪

数年前に観た『魔法にかけられて』に近い面白さ。

ノリノリな雰囲気(?)のお伽話を、出演者全員が喜々として演じている。役柄も顔も、ピッタリなキャスティング。

ジュリアの女王様も、L・コリンズのお姫様も、『J・エドガー』に出ていたアーミー・ハマーの王子様も、実にピッタリ。L・コリンズ、眉毛も太くて可愛かったァ♪ O(≧∇≦)o

召し使いブライトンを演じていたのは、懐かしい顔のネイサン・レイン。久し振りに見ましたけど、癒し系よね♪ドランクドラゴンの塚地さんがスクリーンに登場した時と似た空気。

七人の小人もチャーミングな魅力だし、お亡くなりになられた石岡瑛子さんによる衣装も素敵。

実に可愛い映画なので、女の子は喜ぶんぢゃないかしら?是非、御覧ください♪ o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

久々の、ながめ!

久々の、ながめ!
久々の、ながめ!
久々の、ながめ!
久々の、ながめ!
久々の、ながめ!
久々の、ながめ!
久々の、ながめ!
昨日は、大間々にある〈ながめ余興場〉にて【三遊亭王楽ひとり会 inながめ余興場】。

数年前までは、好楽と親子会をやっていた会場でして、今年の4月に来た時に、改めて「いい劇場だ」と感じ、今回の独演会になった訳です… m(__)m

ゲストは、太神楽の鏡味仙志郎師匠と、二ツ目に昇進したばかりの好吉くん。

楽屋入りすると、竹内さんや長浜さん、馬場さんに小澤さんと、群馬在住の方々が、大勢いらしてくれました。

トップで私が『高砂や』、続いて好吉くん『釜泥』、そして私の『パパずれてるゥ!』で、お仲入り。仙志郎師匠の曲芸をはさんで、トリの三席目『佃祭』で、お開き。

〈ながめ黒子の会〉の皆様にも、お世話になりました。有難うございます。

車で行った我々、帰りの車内は〈上楽伝〉で盛り上がりましたとさ… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

【映画見聞記 vol. 408】

【映画見聞記  vol.<br />
 408】
昨日は〈TOHOシネマズ みゆき座〉にて『サンセット大通り』を観ました。

売れない脚本家ギリスは、借金取りに追われ、大邸宅に逃げ込む。そこに住んでいたのは、かつてサイレント時代の大女優だったノーマ・デズモンド。

そんなノーマは再起をかけて、温めていた『サロメ』の脚本の手直しをギリスに依頼する。

ノーマは段々とギリスを好きになっていき、それに気付いたギリスは逃げようとするが…

先週観た『情婦』と同じくビリー・ワイルダー作品で、これまた『情婦』と同じく大学1年生の時に観て衝撃を受けた名作です。

グロリア・スワンソン扮するノーマ・デズモンドがゆっくりと階段を下りてくるラストに、思い切り鳥肌が立った事を、まるで昨日の事のように覚えております…ま、16年前なんだけどね。

ギリスを演じるのは、色男ウィリアム・ホールデン。さて、如何なもんでしょうか…

圧巻。お見事。

再見に耐えうる映画のクオリティとしては、こちらの方が『情婦』より上かな?

脚本もさることながら、屋敷の雰囲気や執事(←エリッヒ・フォン・シュトロハイム、完璧!)、風で鳴る不気味なオルガンなど、映画的興奮に満ちております。

でも、何と云ってもノーマ役のグロリア・スワンソン。

ご自身がサイレント時代の女優さんだったから、セルフパロディなのね?

過去の栄光に囚われ、禍禍しい輝きを放って見事。ほんのり怪奇色を漂わせており『何がジェーンに起ったか?』のベティ・デイヴィスに比肩する恐怖の名演。

此の物語のポイントは、ギリスを囲む2人の女。

往年の大女優ノーマ・デズモンドは美しいけれど年老いていて、ナンシー・オルソン扮する脚本家の卵ベティ・シェーファーはそんなに綺麗な訳ではないけど若い…此処に、此の映画の残酷さがあります。

然しワイルダーの作品って、台詞や会話が洒落てるから素敵よね?

コメディは云うまでもなく、先週観た『情婦』や今回の『サンセット大通り』のようなサスペンス作品でさえ、ユーモアを忘れない。だから、粋です。

『情婦』の冒頭、やかましい看護婦の「窓を閉めましょうか?」に弁護士が「口を閉めたまえ」と答えたり…

本作でも冒頭、屋敷のプールに浮かんでいるギリスの水死体に「憧れていたプールを遂に独占する事が出来た…その代償は高かったが」なんと云う、皮肉なナレーションが入ったりする。

そういう〈遊び〉と云うか〈芸〉が入るから、作品全体のトーンが沈まない。

無闇に味付けを濃くしようとする現代、映画だけでなく、小説にお芝居、そして落語も学ぶべき部分であります。

今日までの上映でしたので、是非ともDVDを借りて御覧ください! o(><)o

今日から同劇場、NOKKOの『REBECCA』…間違えた、ヒッチコックの『レベッカ』を上映するそうな!楽しみ♪ ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

【映画見聞記 vol. 407】

【映画見聞記  vol.<br />
 407】
昨日は〈新宿ピカデリー〉にて『ダークナイト ライジング』を観ました…ハイ、コレで3度目です。

流石に少し飽きてきたり、色々とツッコミどころが多かったりしますが、矢張りそれを凌駕する興奮が、此の作品にはあります。

引退していたバットマンが復活する場面や、ベインにボッコボコにされマスクを剥ぎ取られ一度は完敗するが〈奈落〉から這い上がってセリーナ・カイルに後ろから声を掛ける場面に、何度観てもカタルシスを覚えます。

あとは、ハンス・ジマーの音楽。要所々々で使われる度に、魂の高ぶりを感じてやみません。ベインの声など、とにかくノーラン作品は音響効果が凄まじい。

故にDVDではなく、劇場の大画面で観てもらいたい映画。まだの方は、是非とも劇場で! (>_<)

…ちょいと小耳にはさんだのですが、そんなクリストファー・ノーランが『007』を撮りたがってるとか…

年末のサム・メンデス版『スカイフォール』も楽しみですが、是非ノーランに撮ってもらいたいっす!楽しみにしてます♪ ◎^∇^◎

ホントにしつこいですが…オーイ、アルフレッドぉ、一体何処に隠れていたんだよォ! (ノ><)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

箸置きに感激!

箸置きに感激!
箸置きに感激!
箸置きに感激!
昨日の午前中、半蔵門の〈国立劇場〉に行き、六代桂文枝師匠にご挨拶。

そしたら手拭いと一緒に、何やらズシリと重たい物を頂戴した…

「はて、金塊かな?」と期待に胸膨らませて開けてみたら違い(←当たり前だ)、何と九谷焼の箸置きでした! (。。;)

またひとつ家宝が増えました。文枝師匠、有難うございます!長い長い襲名ツアー、くれぐれもご自愛くださいませ… m(__)m

それから『ウチくる!?』のロケ。メインは、パパの好楽。放送日は、今月の30日(日)です。是非、御覧ください♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

そして夜は、昨日に引き続き【両国寄席】のトリ。久し振りに『五貫裁き』を演りました。

さァて、今日は映画でも観に行きますか♪ ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

おめでたい、こうもりくん!

おめでたい、こうもりくん!
おめでたい、こうもりくん!
昨日も【両国寄席】。

トリで、久し振りに『蒟蒻問答』を演りました。

終演後、好吉くんや前座さん共々、いつもいらしてくださるお客様に御馳走になりました… m(__)m

三元豚の特上ローストンカツを、わさびと塩で食べたり、カレーをかけたりと、贅沢三昧な食べ方♪

こうもりくんは、大好物の芋焼酎〈川越〉や〈村尾〉をロックで呑んでました… (ノ_・。)

そんな酩酊した彼の、ぼんやりした幸せそうな顔を見て『夢八』が合うんぢゃないかなと思ったりしました。

さて、今夜も【両国寄席】のトリ、頑張って参ります! o(><)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

おめでとう、好吉くん!

おめでとう、好吉くん!
おめでとう、好吉くん!
おめでとう、好吉くん!
おめでとう、好吉くん!
昨日は【両国寄席】。好吉くんの〈二ツ目昇進披露〉でした。

私が『七段目』を演って休憩をはさんだ後、出演者揃って口上。

好吉くんの親御さんが、わざわざ熊本からいらしていたと云うのに、遠慮会釈なく暴露(?)大会。ま、キャバクラやランパブ行ったくらいの話だから、別に構わないか♪(←構うよ)

口上の後、主役の好吉くん。その日の昼間に、師匠好楽に上げてもらったばかりの『一眼国』をネタおろし! (。。;)

いい男だから黒紋付姿の高座も凛々しく、また素直な語り口がアノ噺にピタリと来ていた。ゆくゆくは、彼の十八番ネタになる事でしょう… m(__)m

終演後の打ち上げには、30人以上の方々が集まりました。好吉くんを囲んで、皆さん楽しそうにワイワイガヤガヤ♪彼の人徳ですな?

とにかく好吉くん、おめでとうございます!今後とも頑張ってね♪ O(≧∇≦)o(←お前が頑張れ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

文珍師匠にヨイショされた親子。

文珍師匠にヨイショされた親子。
文珍師匠にヨイショされた親子。
昨日は、平塚の〈平塚市民センターホール〉にて【湘南ひらつか寄席 好楽・文珍 二人会】。

メンバーは、出番順に…

三遊亭好の助、三遊亭王楽、桂文珍
〈仲入り〉
ナポレオンズ、三遊亭好楽
(敬称略)

でした。

開演前に会場の周りをウロチョロしていると、裏に〈平塚市立見附台体育館〉と云うのがあったが、体育館としてあるのに、原っぱしかなかった… (-_-;)

「何てシュールなんだ」と思ったら、数年前に体育館が無くなって、その跡らしい。

最初にこうもりくんが軽く挨拶をし、好の助くん『反対車』、私『片棒』。

続く文珍師匠、開口一番…

「好楽さんはホントにいい人でして…昨日観た高倉健さんの番組で『人生が顔に滲み出る』なんて事を仰ってましたが、正にそんなんで…」

「あんな愚父を、そんな風に褒めてくださり嬉しいな…そんな大したもんぢゃないのに…」と思っていたら、まだ続編があった…

「今上がったのは、伜さんの王楽さん。あんな『片棒』なんて難しい噺をお演りになって…好楽さんは、いい息子さんを持って幸せです」

…だってさ!?聞いたか親父!!親子揃ってヨイショされちまったよ♪文珍師匠、お気を遣わせてしまいスイマセン… (ノ_・。)

その後、新作の『憧れの養老院』。秒単位で客席を爆笑させる高座で、まざまざと格の違いを見せつけられてお仲入り。

休憩後、ナポレオンズ先生のマジックをはさみ、好楽『薮入り』でお開き。

いや〜、いい会でした…さて、今日から3日間【両国寄席】。

今夜は、好吉くんの披露目。好楽・王楽揃って、きつつきくんの司会で以て、口上があります。

明日・明後日は、久し振りにトリをとります!お時間ございましたら、是非いらしてください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

西鉄久留米までの道のり。

西鉄久留米までの道のり。
西鉄久留米までの道のり。
西鉄久留米までの道のり。
西鉄久留米までの道のり。
西鉄久留米までの道のり。
西鉄久留米までの道のり。
昨日は、久留米へ。

〈ハイネスホテル久留米〉にて【駒澤大学同窓会 福岡県支部総会】でした。

羽田で以て、近頃ではお約束となった〈トンポー蒸籠〉を食べた…相変わらず、確かな満足! (>_<)

それだけでは飽き足らず、何と〈肉の万世〉のハンバーグサンドまで食べてしまった…またもや、確かな満足!(←上記の「確かな満足」は、何なんだ?)

福岡空港から電車・バスと乗り継いで、西鉄久留米にある会場に到着。サインを書いたり、高座に上がる直前まで『悪の教典』を読んだりしてました。

『牛ほめ』と『紙入れ』を口演。諸先輩方がよく笑ってくださいました。感謝♪ o(^-^o)(o^-^)o

福岡空港から電車・バスと乗り継いで会場入りしましたが、どうやら西鉄久留米って空港からバス一本で行けたらしい… (-_-;)

もう西鉄久留米までの行き方は覚えました!だから、また呼んでくださァい♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

帰りの飛行機では、此の度〈桂文治〉を襲名される桂平治師匠の『幽霊の辻』を拝聴。ハチャメチャに楽しかったのですが、まだ耳に残ってるだよ… (☆_☆)

さて、今日は平塚で文珍師匠とナポレオンズ先生と一緒!…あ、好楽と好の助くんもだ。楽しみ♪行って参りまァす♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

【映画見聞記 vol. 406】

【映画見聞記  vol.<br />
 406】
昨日は〈TOHOシネマズ みゆき座〉にて『情婦』を観ました。

アガサ・クリスティの短編小説『検察側の証人』を、名匠ビリー・ワイルダーが映画化した法廷ドラマ。

大金持ちの女性が殺された罪で容疑者とされたレナード(タイロン・パワー)は、弁護をロンドンきっての弁護士ロバーツ卿(チャールズ・ロートン)に依頼。

レナードのアリバイを立証出来るのは、妻のクリスチーネ(マレーネ・ディートリッヒ)だけだが、妻の証言ではアリバイが成立しない。

そして公判の当日、検察側の証人として、何と妻のクリスチーネが立ち、意外な証言をする…

さして映画の知識も無い大学1年生の時にビデオを借りて観て、思い切り度肝を抜かれた作品。

その時、共に観ていたパパも観るのが初めてだったらしく「何だコレ…凄い面白いぢゃないか」と云ったのを、昨日の事のように覚えております…ま、16年前ですがね?(←知ってるよ)

「また観てきたけど、矢っ張り凄いな?」と、ひと足早く再見してきた好楽の興奮に触発されて、アッシも16年振りに再見してみる事に…さて、如何なもんでしょうか?

エンドクレジットで「御覧になってない方の為に、此の結末を決して口外しないでください」と出るように、衝撃的なサゲではありますが、再見なので最早そこには驚かないものの、物語の骨格がしっかりしている為、再見に耐えうる名作だと云う事を、改めて痛感させられました。

サゲ間際に少し無理な力業があるものの、とにかく高木ブーさんをしっかりさせたようなC・ロートンの老獪な弁護と、マレーネ・ディートリッヒの冷酷な証言との丁々発止だけで、観る価値があります。格闘技を観ているかの如く興奮。

優しい顔した二枚目のタイロン・パワーをはじめとして、付き添い看護婦や耳の遠いお手伝いに至るまで、キャスティングにピタリとした顔(人)を持ってくるのは、ワイルダーのこだわりでしょう。

ちょっぴり皮肉で洒落た会話は、ワイルダーの真骨頂。C・ロートンと、やかましい看護婦役のエルザ・ランチェスターとの会話が、正にそれ。

冒頭、車の中で看護婦が「窓を閉めましょうか?」と聞くと、弁護士が「口を閉めたまえ」と…ずっとこんな調子で続くのですが、つかみからして見事。

あと再見して気付いたのは、金持ち婦人とT・パワーが帽子の見立てで出会うところ、またドイツでT・パワーとディートリッヒの出会うところの〈再現ドラマ〉が、洒落てて素敵。

昨日まで〈みゆき座〉で上映されておりました。コレを読んで観たくなった皆さん、DVDを借りて是非♪ o(^-^o)(o^-^)o

今日から同劇場、これまた大学1年生の時に観て衝撃を受けた、矢張りワイルダーの名作『サンセット大通り』が上映されます!観に行きたァい♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

来週10日から12日まで、両国です!

来週10日から12日まで、両国です!
来週10日から12日まで、両国です!
来週10日から12日まで、両国です!
来週10日(月)から12日(水)までの3日間、我が一門のホームグラウンド【両国寄席】に出演します。

10日は、好吉くんの〈二ツ目〉昇進祝いの日で、私は仲入り前、好楽はトリです。口上もやります。

好吉くんが華々しい黒紋付姿で、お待ち申しております。是非いらしてください♪ o(^-^o)(o^-^)o

11日・12日は、久し振りにトリをとります! (>_<)

前座の頃に会をやっていた盟友・鳳志師匠(写真)が仲入り前に出るのをはじめとして、楽之介・好太郎・愛楽各師匠もご出演!

17時30分開場・18時開演。

木戸銭が、破格…何と、前売 1,200円・当日 1,500円! o(><)o

ご予約・お問い合わせは…

両国寄席
03(3635)7619

です。

皆様方の御来場、心よりお待ち申しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

今、読んでるのは…

今、読んでるのは…
今、読んでるのは…
今、読んでるのは…
貴志祐介さんの『悪の教典』です。

先月まで、覚えたりする事が沢山あった為に、本から離れてしまっていたので、久し振りの読書。

とにかくコレ、650ページくらいあってぶ厚いのよ。まるで、漢和辞典を持ち歩いてるみたいに重い。その上、文章は2段だし。

…ところが、今週アタマから読み始めたんですけど、もうそろそろ終わるんですわ。

周りの先生からの人望が厚く、生徒からも人気があるイケメン高校教師・蓮実聖司の話なんだけど…コイツがめちゃくちゃ悪い奴。

コレが映画化されて、11月10日の土曜日から公開されるのです。

監督が三池崇さんで、主演が伊藤英明さん。

伊藤英明さんは悪くないんですが、お顔立ちが優しいと云うか、目が動物的なのもあって、主人公の持つ深い悪魔的な部分が希薄なような気もします。

「もし私が主人公を選ぶんだったら、誰にするだろう…瑛太さんか岡田将生さんかなァ?」などと考えながら電車に乗っていたら、ある役者さんが目に飛び込んできた…

それは、伊勢谷友介さん! (>_<)

読んだ人ならば「そうだ、此の人こそ蓮実聖司だ!」と思われると思います。

私と共感したい人、是非読んでみてください♪

こんな先生、いたら嫌… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

【映画見聞記 vol. 405】

【映画見聞記  vol.<br />
 405】
昨日は〈TOHOシネマズ シャンテ〉にて『最強のふたり』を観ました。

パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった富豪フィリップの介護役に選ばれたのは、刑務所を出所したばかりの黒人青年ドリス。そんな2人の友情物語。

本国フランスで大ヒットをかました此の作品、ポスターや予告編からして、いかにも〈お涙頂戴映画〉なのだが、辛口の批評家の方々からも絶賛されておりまして…さて、如何なもんでしょうか?

成程…想像していたのとはひと味違う、玄人好みな作り。

単純な〈お涙頂戴映画〉ではなく、サラリとした味わい。所謂ひとつの「全米が泣いた」的なコピーが、全く似合わないです(←だけど賛辞には「涙腺が止まらない!」みたいな文句が沢山書かれてました…てか、全仏か)。

ダスティン・ホフマン似のフランソワ・クリュゼ扮するフィリップとオマール・シー扮するドリスとの間柄に、おためごかしな物が一切無いので、ブラックな発言も昇華される。醸し出される空気が心地好い。

「鼻血ブーの絵が、そんなに高いのか?」とか「ウザい詩に付き合ってくれたんだ」とか「何だアイツ、木か!?」をはじめとした、ドリスの芸術に対する歯に衣着せぬ発言に、ひたすら爆笑。

個人的に好きな場面は、明け方に2人がカフェで語り合ってるところ。ドリスの人間の良さが、フィリップのみならず観客にも伝わってきます。

「やっぱ、やってくれてたんだ…」なラストに、サラリと涙…是非、劇場で御覧ください! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

播磨屋!

播磨屋!
今日は〈新橋演舞場〉にて【秀山祭九月大歌舞伎】の昼の部を観劇。

『寺子屋』と『河内山』でしたが、吉右衛門丈が大活躍でした。

『寺子屋』の松王丸も精神的に疲れますでしょうに、悪党・河内山宗俊も余裕しゃくしゃくで素敵でした♪

では、今から『最強のふたり』を観てきます! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

【映画見聞記 vol. 404】

【映画見聞記  vol.<br />
 404】
昨日は〈TOHOシネマズ渋谷〉にて『映画 ひみつのアッコちゃん』を観ました。

赤塚不二夫先生原作の国民的人気漫画が、生誕50周年を記念して実写化。

アッコちゃんに扮するのは、綾瀬はるかさん♪様々なコスプレをしているのだとか…ウワ〜、鼻血が出そ〜! O(≧∇≦)o(←バカ)

前評判も中々の本作…さてさて、如何なもんでしょうか?

面白い…けど、惜しい!

あと20分くらい短ければ、大変結構なお伽話に仕上がったと思われますが…

とは云え、綾瀬はるかさんの魅力は云うまでもなく(←コスプレだけでなく、チャーミングな私服の数々にも注目!)、他のキャストの方々の演技も見事なので、存分に楽しめます。また、感動もします。

また此の映画…実は、岡田将生さんが素晴らしいのよね?おいしい役柄だし、それをまた見事にこなされてる。矢張り、上手いんだな?

男の私から見てもちょいちょいキュンキュンさせられてましたから、女の人は目がハートになること間違いなしです(←案の定、帰りのエレベーターの中で、女の子2人が「岡田くん、カッコイイよね♪」と云ってました…羨ましい!)。

化粧品とお母さんのエピソードの部分では、目頭が熱くなりました… (ノ_・。)

ドランクドラゴンの塚地武雅さん、演技も上手いのだけれど、お人柄が出てて素敵だなァ…癒されるなァ。

香川照之さんの、マンガ演技も良かったです♪『世にも奇妙な物語』のタモリさんみたいでした。

チャーミングなお伽話、皆さんも堪能してください! o(><)o

そういえば、大学1年の時に観て度胆を抜かれ、あの談志師匠も愛したビリー・ワイルダーの大傑作『情婦』が、リバイバル上映されてるのよね…観に行こうかしら? (゜ω゜?)

更には、フランスで大ヒットした『最強のふたり』の評判が頗るいいので、これまた近日中に観に行こうと思ってる王ちゃんでした♪ o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

【第26回三遊亭王楽のにぎわい道場】

【第26回三遊亭王楽のにぎわい道場】
昨日は、桜木町の〈横浜にぎわい座・のげシャーレ〉にて【第26回 三遊亭王楽のにぎわい道場】。

開口一番は、本日9月1日から〈二ツ目〉となった好吉くん。前座最後の高座は『釜泥』でした。

主役の私が『ふだんの袴』と『ろくろっ首』を立て続けに口演してお仲入り。

休憩後、トリネタは『唐茄子屋政談』。恐らく、今夏最後の口演となるでしょう。また来夏、お世話になります…と云うより、これから先の噺家人生に於いて、ずっとお世話になるネタでしょう。

夏休み最後の日にも拘わらず…と云っても、夏休みなんて関係のない客層でしたが…沢山のお客様方がいらしてくださいました。心より御礼申し上げます。

今日から9月、気を引き締めて頑張ります! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »