« 清元のおさらい会、今年は浅草! | トップページ | 一門の真打披露!〜温故知新〜 »

2012年8月28日 (火)

【映画見聞記 vol. 402】

【映画見聞記  vol.<br />
 402】
皆さんこんにちは、一夫ちゃんです。

博品館での独演会でネタおろしが二席あったのと、楽しみにしまくっていた『ダークナイト ライジング』を観終わって、ちょっとした燃え尽き症候群になっていたのとで、しばらく映画を観てませんでした…てか、観たい映画もそんなにありませんでしたし。

んな訳で、昨日は久々の映画鑑賞♪ o(^-^o)(o^-^)o

〈シネマート新宿〉にて『ウィン・ウィン ダメ男とダメ少年の最高の日々』を観ました。

冴えない弁護士が、身寄りのない少年を居候させる事で、生活が一変して…ってなお話。どうやら笑って泣けるとの事。

主演は、私の大好きな『サイドウェイ』主演のポール・ジアマッティ。監督は『扉をたたく人』のトム・マッカーシー。

何となく好みの香りが漂う作品ですが…さて、如何なもんでしょうか?

ウン、好みの香り通りの優しい作品。オープニングから魅了されました。

キャメラの色と音楽が、80年代映画のような懐かしさ。

主人公の弁護士・奥さん・少年・間抜けな親友・認知症の爺さん…キャラクターが皆、どこか抜けてるが優しくて、人間的でいい。

無理に愁嘆場を作らずに、場の空気を壊さないユーモアのはさみ方にも好感が持てます…そう、このくらいの味付けでいいんですよね?ただ、このくらいの味付けが難しいんですが。

何と云っても、ご贔屓ポール・ジアマッティが矢張りいい。

演技が上手いのは上手いんですが、もっと深くにある人間性に魅せられます。だから作品に、胡散臭さがまるでない。

然し…何故、彼に癒されるのでしょう?私だけぢゃないと思うんですが…

あの太っててヒゲ面でハゲてる姿形がマスコットキャラみたいで可愛く、また改めて気付かされたのは〈声〉がいい事。此の声に、大いに癒されるんだと思います。

あの少年を預かるのに、カミさんが乗ってくれるところが嬉しい。何て女優さんかわからんけど、とても良かったっす… m(__)m

実は、ダメ男でもダメ少年でもない2人の友情物語。清々しい気分にさせてもらえるので、是非とも劇場で御覧ください♪ ◎^∇^◎

|

« 清元のおさらい会、今年は浅草! | トップページ | 一門の真打披露!〜温故知新〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38175/46853804

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画見聞記 vol. 402】:

« 清元のおさらい会、今年は浅草! | トップページ | 一門の真打披露!〜温故知新〜 »