« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

昇太師匠、お疲れ様でした!

昇太師匠、お疲れ様でした!
昨日は、池袋の〈サンシャイン劇場〉にて『落語日本花吹雪 〜出囃子は殺しのブルース〜』を観ました。

三宅裕司さん率いる〈熱海五郎一座〉による公演。我らが先輩・春風亭昇太師匠が、ご出演されてるのであります。

いや〜、面白かった♪笑いのエキスパートの皆様の喜劇は、学ぶところが多いですな? (゜ω゜?)

三宅さんのゆるやかでいて的確なツッコミ、渡辺正行さんの大人気ない下ネタ…いやはや、勉強させて頂きました! o(><)o

最後の落語のネタを、単純過ぎて馬鹿馬鹿しいが故に難しい『堀の内』になさるとは…! (。。;)

またそれをリレー(渡辺さん→東さん→小倉さん→ラサールさん→三宅さん)で口演し、プロが瞠目してしまうくらい見事にお演りになってしまうんですから…恐れ入谷の家具センター♪ O(≧∇≦)o

圧巻は、カーテンコールでの昇太師匠の小咄! (>_<)

無茶ぶりにも拘わらず、爆笑させた師匠がかっこよかったっす!師匠、男の生き様を学ばせて頂きました… (ノ_・。)

さて、今夜は庚申塚の〈Studio FOUR〉にて【やみ鍋の会】。頑張ります♪ ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

【映画見聞記 vol. 388】

【映画見聞記  vol.<br />
 388】
昨日は、渋谷の〈シネクイント〉にて『アタック・ザ・ブロック』を観ました。

ロンドンの貧しい公共団地に住む少年達が、突然やって来たエイリアンと死闘を繰り広げる…コメディでしょうね。

あの町山智浩さんが絶賛している…コレは観逃せない! (。。;)

さて、如何なもんでしょうか…

突然現れるエイリアンに終始ドキドキ。小1の時に観た『グレムリン』に近い楽しさ。

少年達の軽快な会話とアクション、そして表情に酔いしれますが、何と云っても、自分達の団地を守る為にエイリアンと闘うと云う〈了見〉がいい!…ってオイ、了見って噺家ぢゃないんだから。でも、いい。

最初のエイリアンを倒した時の熱狂ぶりに、胸がすきます! (>_<)

ただ、少ゥしパンチ力が弱い感じがするので、こういう系(←どういう系なんだ?おふざけ系…かな?)の作品が好きくない人には、胸を張ってすすめる事が出来ません。

でも時間が88分と短いし、ちょいちょい笑える事は確かですので、興味がありましたら観てください。私は、好きです♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月28日 (木)

【映画見聞記 vol. 387】

【映画見聞記  vol.<br />
 387】
昨日は〈TOHOシネマズ シャンテ〉にて『ジェーン・エア』を観ました。

幾度も映画化されているシャーロット・ブロンテによる不朽の名作を、あのロードムービーの傑作『闇の列車、光の旅』を撮ったキャリー・ジョージ・フクナガが監督。

主役のヂェーン…って、それぢゃ『ジャングルの王者ターちゃん?』のカミさんだよ…ジェーンには、ミア・ワシコウスカ。

妻を、大空遊平…って、それぢゃかほり先生がカミさんだよ…幽閉しているロチェスターには『SHAME』のマイケル・ファスベンダー。

芝山幹郎さんも絶賛している本作。さて、如何なもんでしょうか…

ウン、いつも通り普っっ通の文芸映画に感じました。

所謂「可もなく不可もなく」って感じ?私には、深く楽しむ眼が備わってないのでしょう。修業不足ぢゃわい… (´〜`;)

ちなみに3ヶ国語を話せるエリートでもある監督の福永…ってオイ、おニャン子クラブの会員番号11番ぢゃないんだから…フクナガは、1977年生まれで私と同い年なんよ! (┬┬_┬┬)

はァ〜、やんなっちゃうよねェ… (;´・`)

…てか今回の記事、ふざけてる部分の方にしか力入れてないよね…申し訳ないス!(←ヨシカミか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

【映画見聞記 vol. 386】

【映画見聞記  vol.<br />
 386】
昨日は〈TOHOシネマズ シャンテ〉にて『テルマエ・ロマエ』を観ました。

ヤマザキマリさんによる話題の同名コミックを映画化。

古代ローマ帝国の設計技師が、現代日本の銭湯にタイムスリップするってな話。

主人公のローマ人設計技師ルシウスには、阿部寛さん。ヒロインの漫画家は、上戸彩さん。

原作を立ち読みしましたら、中々面白かったですが…さて、如何なもんでしょうか?

予想通り「まァ、こんなもんでしょ♪」ってな作品でした。

原作の笑える部分のネタ(←ルシウスが現代の文明の利器に驚愕する場面)が肝なので、後半差し掛かった辺りから息切れで失速。故に、映画としてはちょっと…な感じっす。

上戸彩さん、久し振りに可愛かったど♪ O(≧∇≦)o

ポップコーンやポテチを食べながら、何にも考えずにまったりのんびり観るには持ってこいの作品だと思います。では! o(><)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

【映画見聞記 vol. 385】

【映画見聞記  vol.<br />
 385】
昨日は、東銀座にある〈松竹本社3F試写室〉にて『アイアン・スカイ』を観ました。

第二次世界大戦後、敗北したかに見えたナチスは、連合軍の追跡を逃れ、密かに月へ逃げ出した。そして70年の歳月をかけ、2018年、宇宙船団を率いてナチスが地球を侵略しにやって来る!…ってな物語らしい。コメディか? (゜ω゜?)

世界中で相当話題になってるらしく、何でも試写状の裏の宣伝文句には…

「『キック・アス』『宇宙人ポール』に続き、見逃したらヤバい度No.1ムービーの決定版!」

…なんてんで、私の大好きな映画を引き合いに出して、そんな事が書かれてある…ヤバい、めちゃ観たくなりやした! (。。;)

さて、如何なもんでしょうか…

ウン、面白い♪矢張りコメディでした…って、こんなデリケートな題材だから当たり前か…な?

『テルマエ・ロマエ』やなんかと同じで、時代や生活風俗が違う人間が出会うと、その文化の差違で笑いが生まれるのよね。

月面裏のナチの皆さんが、スマホの機能に驚愕してんのよ。ウケるよね?

純粋に「ナチが素晴らしいもの」と信じる美女レナーテ・リヒターの言動が、いちいち可愛い!

純粋な行動が、笑いを生むのよ。例えば…

10分に編集されたチャップリンの『独裁者』を「総統の偉大さを綴った名作です」と子供達に教えたり…

ネオナチを見たら「総統に忠誠を誓って、素晴らしい人達ぢゃない♪」なんて云ったり…

編集されてない『独裁者』を観て「何よコレ…総統がこき下ろされてるぢゃない」と青ざめたり…いちいち可笑しい♪ O(≧∇≦)o

女大統領と女広報官ヴィヴィアンのぶっ飛び方が、これまた面白い。ヴィヴィアン、下品で言葉が汚すぎ! (ノ><)ノ

ヴィヴィアンが「(月面裏のナチに向けて)核弾頭を発射せよ!」と云うから、乗組員が「女子供がいるんですよ?」と返すと、ヴィヴィアンが「合衆国は、テロリストに屈服しない!」とか云って、乗組員が渋々ぶっ放す場面は、痛烈に皮肉でした。

スロベニアのインダストリアルバンド・ライバッハによる音楽も、めちゃめちゃクール!サントラ欲しいっす♪ o(^-^o)(o^-^)o

9月28日(金)から〈TOHOシネマズ六本木ヒルズ〉ほか全国で公開されるそうです! o(><)o

随分先になりますが、是非とも劇場で御覧ください♪ ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

山形でさわやか♪

山形でさわやか♪
山形でさわやか♪
山形でさわやか♪
昨日は、山形へ。〈山形県生涯学習センター・遊学館〉にて【朝日さわやか寄席】でした。

好楽と六代目、私にこうもりくんの4人で山形へ。

こうもりくん『都々逸親子』、六代目『ねずみ』でお仲入り。

休憩後、親子競演。私『紙入れ』、好楽『三年目』でお開き。

終演後は、大量の山形牛と、地元のお酒〈男山〉を御馳走になり、一同は大満足♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

ほろ酔い気分で、帰京して参りました… m(__)m

さて、今日も頑張ります! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

【映画見聞記 vol. 384】

【映画見聞記  vol.<br />
 384】
昨日は〈TOHOシネマズ有楽座〉にて『ワン・デイ 23年のラブストーリー』を観ました。2日続けて、有楽座だ。

デイヴィッド・ニコルズの同名ベストセラー小説を、キャリー・マリガンの出世作であり青春映画の傑作でもある『17歳の肖像』のロネ・シェルフィグ監督が映画化。

性格が正反対の男女の23年間を、23回の7月15日だけを綴った異色のラブストーリー。

主演は、アン・ハサウェイとジム・スタージェス。

ポップコーンを買って、臨戦態勢に入る…と云っても、本編始まる前に食べ終わってしまいましたが。

宣伝だけで、かなり感動していた此の作品…さて、如何なもんでしょうか?

タハハ…期待していたにも拘わらず、感動しちまいましただよ。

どこか野暮ったいアンは、学生時代から教師を経て作家になるまで、一貫して野暮ったいエマの役がピタリでした。野暮ったくても、好きな女優さんではありますが♪

アン・ハサウェイだったからこそ、救いようのない悲劇に打ちのめされたし、ラストの学生時代に戻る場面にも矢鱈と感動してしまったのでしょう。顔付き、かな?

ただ冷静に作品を振り返ってみると、人生の虚しさと救いようのなさを痛感させられるような…それが、作品のテーマなのかも知れませんが… (ノ_・。)

静かな町並みと雨も効果的な本作、是非とも劇場で御覧ください♪ ◎^∇^◎

そんなアン・ハサウェイ、私が最も楽しみにしている『ダークナイトライジング』ではキャットウーマンを演じるらしい…あ〜、早く観たい♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

【映画見聞記 vol. 383】

【映画見聞記  vol.<br />
 383】
昨日は〈TOHOシネマズ有楽座〉にて『ガール』を観ました。

奥田英朗さんの同名小説を映画化。5つの短編からなる原作から4編を選び、ひとつの物語に構築。

『ガール』ってくらいだから、女の子の話なんでしょう。

主演は、香里奈さん。他には、麻生久美子さん・板谷由夏さん・吉瀬美智子さんと云った旬の女優さん達が出てるそうな…さて、如何なもんでしょうか?

…お、かなり面白かった♪大人の女性の物語でござんした。

シャーリーズ・セロンがイタい女を演じたビターな快作『ヤング≒アダルト』を、スイートでハッピーにしたような作品。

4編をまとめたものだから、香里奈さんをはじめとした上記の4人が主役なんですが…

そういう作品って、皆さんにそれぞれ無理矢理見せ場を作ろうとしたりするから、ガチャガチャになったりするんですが、とても綺麗にまとまってました。

女優さん達の実力や魅力で、感情移入した部分もあるのでしょうが、矢張り脚本。篠崎絵里子さん、お手柄です。

麻生久美子さんと要潤さんとの対決に、最後の最後で物凄いカタルシスを得られます。

劇中の香里奈さんの台詞で印象的だったのは…

「20歳の時って、29歳は立派な大人だと思ってた」

…ハイ、実は私もそう思っておりやした… (ノ_・。)

「女の人生は、半分がピンクで、半分がブルーだ。ブルーと向き合わないと、輝かない」

…男もでござんす! (>_<)

昨日まで、此の有楽座で上映されてましたが、何処かでムーブオーバーされてたら、是非観てください!今日から封切りの『ワン・デイ』、楽しみ♪ ◎^∇^◎

…そういや何で、わざわざ日本語の字幕が出てたんだ?劇場スタッフの方に聞き忘れた… (☆_☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

遊雀師匠、有難うございます!

昨日は、清澄白河駅にある〈深川江戸資料館・小劇場〉にて、日テレプラス『らくらくゴーゴー!』の公開収録。

出演者は…

三遊亭遊雀、三遊亭遊馬、林家木久蔵、春風亭百栄、三遊亭王楽、立川談奈
(敬称略)

でした。

先ずは談奈兄さんが『紙入れ』、私『ふだんの袴』、百栄師匠『手水廻し』。

休憩はさんで、木久蔵師匠『後生鰻』、遊馬師匠『牛ほめ』、遊雀師匠『悋気の独楽』でお開き。

オンエアは、7月8日・7月22日・8月5日(全て日)のいずれかの18時からだそうです。マメにチェックしてください… m(__)m

終演後は、遊雀師匠が出演者全員を連れて、会場近くにあった中華料理屋さんで御馳走してくださいました。

アニキ肌な遊雀師匠は、みんなが楽しく会話出来るような空間を作ってくださるので、大好きな先輩です。こういう人間にならなければと思います… (ノ_・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

【第22回三遊亭王楽ひとり会】

【第22回三遊亭王楽ひとり会】
【第22回三遊亭王楽ひとり会】
昨日は、人形町の〈日本橋社会教育会館〉にて、月例独演会【第22回 三遊亭王楽ひとり会】がありました。

…が、ご案内の通りの台風上陸にぶつかりまして… (-_-;)

ここんとこ連続で、独演会の日が大雨ですよ…いくら私が〈雨男〉とは云え、神様やり過ぎぢゃありませんか? (゜ω゜?)

先ずはじめに私が上がって、夏場お馴染みのネタ『皿屋敷』。実に、3年振り。真打になって初めてでした。

続いて、前座のこうもりくんが『都々逸親子』。何と、8月16日には、独演会を催すそうです!やる気満々な彼の今後を、お楽しみに♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

それから再び私で、先日の【夢で逢えたら…】でおろした新作『祭りのあと』でお仲入り。

休憩はさんで、トリネタは『佃祭』。段々、身体に染み付いてきた感があるので、磨いていきたいです。

とにもかくにも、演者も来るのが面倒な台風の中を命懸けでいらしてくださった皆様方、心より御礼申し上げます… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

今日は、ひとり会!〜台風が来る!?〜

今日は、ひとり会!〜台風が来る!?〜
今日は、ひとり会!〜台風が来る!?〜
今日は、ひとり会!〜台風が来る!?〜
今日は、ひとり会!〜台風が来る!?〜
今日は、ひとり会!〜台風が来る!?〜
今日は、ひとり会!〜台風が来る!?〜
今日は、ひとり会!〜台風が来る!?〜
今日は、ひとり会!〜台風が来る!?〜
今日は、ひとり会!〜台風が来る!?〜
今夜は、人形町〈日本橋社会教育会館〉にて【第22回 三遊亭王楽ひとり会】です♪ ◎^∇^◎

…ところが今夜、台風が上陸するそうで! (。。;)

先月アタマのにぎわい座・先月のひとり会・今月アタマのガトーフェスタハラダと、此処んとこず〜っと独演会は、雨です… (-_-;)

…あ、忘れていましたが、先々月の新作落語会も嵐で潰れました… (ノ_・。)

神様、私に何か恨みでもあるんでしょうか? (゜ω゜?)

予定されてる皆様、ご無理のございませんように… m(__)m

でも、来てね♪(←どっちだよ)

※写真は、意味はありません。単なる愉快な仲間達です。ご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

幸せそうな2人。

幸せそうな2人。
ウチの愚姉じっこと、前座のたい好…熱々ですね♪

8歳も年上の彼を、弟と呼べるかしら? (゜ω゜?)

とにかく、おめでとうございます! ( ^^)Y☆Y(^^ )

…て云うか、独演会の前日なのに、こんなくだらないブログ記事でいいのかね… (´ε`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

【映画見聞記 vol. 382】

【映画見聞記  vol.<br />
 382】
『サニー 永遠の仲間たち』を観ました。

韓国でクチコミで広がり、ロングランヒットを記録した作品。

主婦のナミは、母の入院先で、余命2ヶ月の病に冒された高校時代の仲間チュナと再会。

そんなチュナの願いでナミは、25年前にある事件をきっかけにはなればなれになってしまった仲良し7人組〈サニー〉のメンバーを探す事に…ってな物語。

何となァく、不安な香りも致しますが…さて、如何なもんでしょうか?

予想通り、ベタで照れ臭い部分とツッコミどころが多い作品ではありますが…

私の大好きなシンディ・ローパーの『タイム・アフター・タイム』と云う曲がオープニングとエンディングで使われてまして(←使われてるのは、タック&パティと云う夫婦デュオのカバーなんですが)、それが流れるだけで無条件に感動してしまうところがあるので、個人的には嫌な感触がありません。

…とは云え、たまたま再会して友情ごっこが始まったり、いくら肉親が居ないとは云え夢のような遺産相続が繰り広げられたり…全体的に、作りが薄っぺらい気がします(←スイマセン)。

クールな美少女スジと憧れの年上のイケメンとの間にロマンスがあったにも拘わらず、あの凄惨な事件があった後の彼の部分は描かれてない…まァ、ナミの失恋だけにスポットが当たればいいのか。

個人的には、仲間から外れてしまったシンナー中毒の女の子に救いがなかったのが、何とも可哀相で…まァ、そこも監督にはどうでも良かったのでしょうが。

7人でなく、4人か5人でまとめた方がスッキリするような気もします。

とにもかくにも『タイム・アフター・タイム』は、矢っ張り名曲っちゅう事で! o(><)o

ちなみに学生時代の私は、全てが主役のナミにそっくりでした…ような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

【映画見聞記 vol. 381】

【映画見聞記  vol.<br />
 381】
〈TOHOシネマズ スカラ座〉にて『幸せへのキセキ』を観ました。

妻を亡くした男が、荒廃した動物園を再生させる事を通じて、家族の絆を取り戻していく…ってな実話の映画化。

主役は、マット・デイモン。共演は、艶っぽいスカーレット・ヨハンソン。

監督は、私の中に強烈な印象を残した『バニラ・スカイ』を撮ったキャメロン・クロウ。

他にも『ザ・エージェント』や『あの頃ペニー・レインと』などの良質な作品も撮ってる、腕のある監督です。

さてさて、如何なもんでしょうか…

ありがちな物語(←映画としてありがちなだけで、人生としてはありがちぢゃないよ?)を、最後まで飽きさせずに見せたのは、矢張り監督の腕なんでしょう。

わかってるのに感動させてしまうのは、監督の演出と…矢張り、マット・デイモンの演技でしょうかね?いつも通り、自然でいい雰囲気を醸し出してました。

奥さんを亡くした男が家族との絆を取り戻す物語、そんな男の新たな恋物語、そんな男の息子の淡い恋物語…

そんな3つの要素を、ゴチャゴチャにならずに見せていきますが、子供同士の恋愛場面にはキュンキュンしたなァ♪ o(^-^o)(o^-^)o

子供同士の恋愛場面でキュンキュンしたのは、昨年観た『SUPER8』以来…と思ったら、女の子が同じだった!エル・ファニング、可愛いぞ♪ O(≧∇≦)o

父子の喧嘩場面や、キッチンで奥さんの写真を見る場面などで、ちょいちょい感動させられてはいましたが…

感動MAXは、思い出のカフェにて、子供達の前で〈妻との出会い〉を寸劇で見せるラスト。サラリとホロリな幕切れに、心の中で拍手喝采。演じたマットの手柄でもありますが。

手練れの料理さばきを、劇場で堪能したってください… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

【映画見聞記 vol. 380】

【映画見聞記  vol.<br />
 380】
〈東劇〉にて『わが母の記』を観ました。

昭和の文豪・井上靖の自叙伝的な同名小説を、原田眞人監督が映画化。

さて、如何なもんでしょうか…

物語と役者陣と演出の賜物か、貫禄もたっぷりで、且つクラシカルな香りも漂う作品。伊豆の風景も、静かに美しい。

然し樹木希林さん、改めて素晴らしい女優さんですよね?

普段から人を食ったようなお方ですから、シリアスだけでなくコメディも抜群に上手い。

ボケながらも、遠い昔に息子が詠んだ詩をそらんじる場面では、その手法で泣いてしまったのも確かですが、そらんじる樹木希林さんの演技が見事過ぎるので、恐ろしいほど泣いてしまいました。

樹木希林さんの演技と、風間三姉妹(←古いね)もビックリの美人三姉妹を、是非とも劇場で堪能してください♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

【第22回三遊亭王楽ひとり会】宣伝

【第22回三遊亭王楽ひとり会】宣伝
【第22回三遊亭王楽ひとり会】宣伝
【第22回三遊亭王楽ひとり会】宣伝
来週19日(火)に、人形町の〈日本橋社会教育会館〉にて、月例独演会【第22回 三遊亭王楽ひとり会】があります。

今回も、とりあえず三席申し上げる予定でおります!…が、まだ何を演るか全然決めておりません。

開口一番は、三遊亭こうもりくん。彼も、お楽しみに♪ ◎^∇^◎

18時30分開場・19時開演。

前売 2,000円・当日 2,500円。

ご予約・お問い合わせは…

(有)トミック
03(5695)1039

です。

皆様方の御来場、心よりお待ち申しております。

今月こそは、雨が降りませんように… (-_-;)

※私とこうもりくんの写真、図らずもペアルック(?)でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

『らくらくゴーゴー!』番組公開収録観覧者募集のお知らせ

来週20日(水)に、清澄白河駅から徒歩3分の場所にある〈深川江戸資料館・小劇場〉にて、日テレプラス『らくらくゴーゴー!』の公開収録があります。

出演者は…

三遊亭遊雀、三遊亭遊馬、林家木久蔵、春風亭百栄、三遊亭王楽、立川談奈
(敬称略)

です。

19時開演。入場料は…何と、無料! (。。;)

ご応募宛先ですが、メールでご応募される方は…

rakurakugogo@architect.co.jp

で、ハガキでご応募される方は…

〒106-6060
港区六本木1-6-1
泉ガーデンタワー7F
株式会社アーキテクト『らくらくゴーゴー!』事務局

宛てに、ご住所・ご氏名・ご年齢・お電話番号・ご希望人数・メールアドレスをご記入の上、2012年6月10日(日)当日消印有効までにご送付ください。

皆様の御来場、お待ち申しております! o(><)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

これはいささか、ふだん…ぢゃなかった。

これはいささか、ふだん…ぢゃなかった。
昨日は【両国寄席】。

寄席行く前に、駅前の立ち食いそば屋〈文殊〉へ。

いつも頼むのは〈ざる定食〉(←ざるそばとミニ天丼のセットね)なんですが、たまには趣向を変えて〈肉つけそば〉にしました…これまた美味い♪ (o^〜^o)

皆様、両国いらした時には〈文殊〉に行ってみてください…ってオイ、それより寄席に誘いなさいよ。

久し振りに『ふだんの袴』を演りました。

「そういえば、かなり久し振りに演った気がするな…何ヶ月振りかな?」と思った私。

自分好きな私は、入門してから自分が何処で何を演ったかを、きちんとノートに書き留めているので、それを見てみましたら、ビックリ仰天…

2年前の2010年11月1日に演って以来、実に1年7ヶ月と10日振り! (。。;)

今年は演ってないかなとは思ってましたが、まさか昨年の1年間も演っていなかったなんて…皆様も、お気を付けて!(←何をだよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

ぼっちゃん5、いざ甲府へ♪〜三平師匠、ちばる!〜

ぼっちゃん5、いざ甲府へ♪〜三平師匠、ちばる!〜
ぼっちゃん5、いざ甲府へ♪〜三平師匠、ちばる!〜
ぼっちゃん5、いざ甲府へ♪〜三平師匠、ちばる!〜
ぼっちゃん5、いざ甲府へ♪〜三平師匠、ちばる!〜
ぼっちゃん5、いざ甲府へ♪〜三平師匠、ちばる!〜
ぼっちゃん5、いざ甲府へ♪〜三平師匠、ちばる!〜
昨日は、甲府の〈コラニー文化ホール・小ホール〉にて【ぼっちゃん5落語会 in甲府】でした。

行きの電車の中、三平師匠の隣りに座らせて頂きましたが…

「どうせ早くお休みになられるだろう」と高を括っておりますと、何故だか知りませんが矢鱈と元気で、相手をするのがめんどくさかっ…否、嬉しかったです! (>_<)

その会話の一部を抜粋したいと思いますが…

先ずは、AKBの総選挙の話になった時…

「楽屋で、ある師匠に『AKBの中で、誰が好きですか?』って聞いたら『こばやしゆきこ!』って答えたんだけど、調べてみてもそんな女の子いないんだよね?

『誰だろう?』と思ってよくよく聞いてみると、柏木由紀の事だったんだよ!どうしたら、そんな風に間違えるのかね?

ボクは彼女が好きだな?篠原麻里子!」

…ん、誰? (゜ω゜?)

恐れながら「それ、誰ですか?」と聞くと…

「あ、間違えた…篠田麻里子だ。指原と混ざっちゃうんだよ」

わかりますわかります、よく混ざるんですよね♪…ってオイ、普通は混ざんないよ。

「兄さん、弟子とか来ないんですか?」と聞くと…

「実は王ちゃん、昨日の落語会の終演後、カミさんの佐知子と楽屋口を出たら、出待ちの男の子が居たんだよ!」

…それを聞いて「何っ!?そんな酔狂な人間が日本に居たなんて…!」と思ってると(←嘘ですよ?)、まだ続編があった…

「『遂にボクにも弟子入り志願者が来た!』と思ったら、そうぢゃなかった…佐知子の写真集持って『サインください』って…佐知子の出待ちだったんだよ」

うんうん、成程…

それから落語の質問をされて…って、先輩から質問されるのも珍しいですが、それに答えた後…

「ぢゃあ、王ちゃんに云われた通りに演ってみよっと!だけどウケなかったら、どうしよっかな…嫌がらせメールをいっぱい送ろっと!ひゃくはちじゅっちゅう(180通)くらい!」

流石は、三平師匠…上がる前に、噛んで撃沈してしまった! (>_<)

…そんな話を伺ってましたら、何だかんだ楽しんでる自分がそこに居て、あっという間に甲府駅に到着。駅からタクシーに乗って会館へ。

楽屋に着くや否や、三平師匠…

「王ちゃん、百円貸して?」

…私も34年間生きてきましたが、こんな大金持ちの方に百円貸したのは、生まれて初めてです。

お昼は〈奥村〉と云う蕎麦屋さん。【B−1グランプリ】に輝いた〈鳥もつ煮〉を食べました。うまっ♪ ◎^∇^◎

十割そばも抜群に美味しかったですが、ソースカツ丼は凄かった…! (。。;)

トンカツ定食が〈丼〉になってるのが、ご当地のカツ丼なのね?炭水化物好きとしては、堪らない一品でした♪ o(^-^o)(o^-^)o

帰りには、沢山のお土産も賜りました…奥村さん、御馳走様でした! o(><)o

会場に戻ると〈八ヶ岳パイ工房〉の方から、沢山のアップルパイが届いていた…またもや御馳走様でした♪ (o^〜^o)

お腹いっぱいになったメンバーは、眠い目をこすりながら着替えて、いざ開演。

オープニングトークがあってから、先ずは私『紙入れ』、八光師匠『ちりとてちん』、春蝶師匠『山内一豊と千代』でお仲入り。

休憩後、木久蔵師匠『そば清』、三平師匠『浜野矩随』でお開き。

御来場くださいました皆様、心より御礼申し上げます… m(__)m

帰りの電車は、八光師匠が隣りでしたので、一命を取り留めました… (-_-;)

三平師匠は、前の座席に座っておられた木久蔵師匠に、ず〜っとちょっかいを出しておられました…

三平リーダー、最後まで遠足な雰囲気を演出してくださり、誠に有難うございました…え、アレは演出ぢゃない?そらまた失礼致しました♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

抹茶ババロア♪

抹茶ババロア♪
昨日は、所用があり神楽坂へ…

行ったついでに、老舗の〈紀の善〉へ寄りました。

お目当ては、勿論〈抹茶ババロア〉♪ O(≧∇≦)o

久し振りに頂きましたが、此方のババロアは…ヤバい!正しく〈神〉が降りてますね? (゜ω゜?)

生クリームと小豆とババロアを、同時に口ん中に放り込んでごらんなさい…口ん中で、神様に会えますから♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

飯田橋で下車した時には、是非お立ち寄りください♪ ◎^∇^◎

此処で、問答をひとつ…

ババ(婆)ロアなのに若い姉ちゃんが出してくるとは、これいかに?

バーバーでもじじい(爺)が出て来るが如し…ってオイ、それネタだよ。

さて、冗談はこのくらいにして、今から甲府に行き〈ぼっちゃん5〉の公演です♪頑張るぞ! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

よこしまなぼくら。

よこしまなぼくら。
よこしまなぼくら。
よこしまなぼくら。
昨日は、矢板市へ。〈矢板市文化会館〉にて学校寄席でした。

一緒に行ったのは、翁家勝丸兄さんに林家木りんくん。

服装を見たら、3人ともにボーダー!要するに〈よこしまなぼくら〉だったのよね… (-_-;)

新幹線で、那須塩原へ。そこからタクシーで会館へ向かったのですが、一緒に居るのが勝丸兄さんと木りんくんですから、車内の会話が仕事と云う雰囲気ぢゃない、林間学校な雰囲気でした。

会場着いて音響チェックを済ませると、揃って楽屋で弁当タイム。此処でも勝丸兄さんの、昼飯時とは思えない〈下ネタトーク〉が冴え渡っておりました…ま、楽しかったからいいけど♪(←楽しむな)

先ずは、私が落語の解説。3人の生徒に小咄を演ってもらいました。みんな、緊張しないのよね?羨ましいワ… (ノ_・。)

木りんくん『金明竹』、勝丸兄さんの太神楽をはさみ、トリの私が『つる』でお開き。

皆さん、素直な学生さんでしたので、気分良く口演させて頂きました。矢板中・泉中・片岡中の皆さん、これからも落語を応援したってね♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

以上、よこしまなぼくらでした! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

恩讐の彼方に。

恩讐の彼方に。
恩讐の彼方に。
恩讐の彼方に。
恩讐の彼方に。
昨日は〈新橋演舞場〉へ。

ご存知の通り、二代目市川猿翁・四代目市川猿之助・九代目市川中車・五代目市川団子(だんこ)の襲名披露公演。

先ずは『小栗栖(おぐるす)の長兵衛』。岡本綺堂作。注目の中車丈、気合い入ってましたなァ?

続いて、皆様お待ちかねの襲名披露口上…

だったんですが、口上が始まる直前に福山雅治さんから贈られた幕がサーっと出て来て、会場は興奮しまくり! ( ^^)Y☆Y(^^ )

いよいよ口上、皆様、ズラリ勢揃い!坂田藤十郎丈から始まり、幹部の方々が順々にご挨拶。

一通りご挨拶が済んだ後、本公演主役の猿之助・中車・団子の時には、会場全体が万雷の拍手!団子さんの時には、会場全体がウルウルしてました… (ノ_・。)

感動がMAXに達したかと思いきや、藤十郎丈が…

「それでは此処で、猿翁さんを呼びたいと思います。猿翁さん、どうぞ…」

…と呼び込むと、後ろの障子がツツツツと開いて、二代目市川猿翁丈が登場…会場は、手がちぎれんばかりに大拍手! (。。;)

猿翁丈のご挨拶の時には、もはや会場全体が「全米が泣いた」みたいな雰囲気になっておりました…え、私?団子さんのご挨拶で、もう既に泣いてましたよ… (-_-;)

そして『義経千本桜』の〈川連法眼館の場〉。四段目の切にあたることから、通称〈四の切〉。

…いやァ、亀さま改め四代目猿之助丈、毎日あんなにアクロバティックに演ってて、よく疲れませんね?

早変わりから宙乗りまでこなし、夜にはヤマトタケルでまたもやアクロバティックに立ち回るんですから…

「オレが歌舞伎を背負ってるんだ」と云わんばかりのパフォーマンスに、且つ宙乗りしている時の破顔とその背中に、ただただ感動するばかりでした(←私の席は、花道が見えない席でしたが、宙乗りは間近だったのであります♪紙吹雪、ゲット!)。

然し、猿翁丈から見れば、甥っ子の亀治郎丈が猿之助を継ぎ、伜さんの香川照之さんが中車を継ぎ、お孫さんが団子を継がれて…

紆余曲折を経て、文字通り恩讐の彼方に、こうしたお披露目が出来る…つくづく猿翁丈は、お幸せな方だと思います…のは、私だけでしょうかね。

おもだかやに、栄光あれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

池袋から両国へ。

池袋から両国へ。
昨日は〈池袋演芸場〉へ。二代目木久蔵師匠がトリをとっておられるのです。

白酒師匠の強烈にブラックに池袋をぶった切るマクラからの『平林』と、種平師匠のお人柄にバッチリ合った『笠碁』が、めちゃくちゃ面白かった♪ ◎^∇^◎

トリの木久蔵師匠は『品川心中』。ネタおろしされたのが、私が前座の頃と思し召すから…何年も前ですわ。ニンに合ってて楽しいんだな、コレが! o(><)o

終演後、木久蔵師匠に演芸場近くの〈天下一品〉(←長澤まさみさんだけでなく、ガッポリの小堀さんや鏡味仙志郎師匠もこよなく愛するラーメン屋です)にて御馳走になりました…二代目、有難うございました♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

それから夜は【両国寄席】。『高砂や』を演りました。トリの総領・鳳楽師匠は『文違い』、聴けて良かったァ! o(^-^o)(o^-^)o

何だかんだで、昼夜で落語を堪能してた一日でした… m(__)m

さて、本日はこれから〈新橋演舞場〉へ…市川猿之助・市川中車の襲名披露を観に行って参ります!

※写真は、氷室京介さんではありません。ガッポリの小堀さんです。本文とは、微塵も関係ありません…あ、ちょっとはあったか。ご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

【第10回夢で逢えたら…】

【第10回夢で逢えたら…】
【第10回夢で逢えたら…】
【第10回夢で逢えたら…】
【第10回夢で逢えたら…】
【第10回夢で逢えたら…】
【第10回夢で逢えたら…】
【第10回夢で逢えたら…】
【第10回夢で逢えたら…】
昨日は、谷中の〈戸野廣浩司記念劇場〉にて、新作落語会【第10回 夢で逢えたら…】でした。

前回が、嵐で中止になってしまった為、繰り越しで〈第10回〉。

今回の主任は、きつつきくん。主任は、開口一番で初演の新作と、トリで古典を演ります。

開演前に、おやつを食べながらミーティング。しておりますと、仕事を終えた鳳笑くんが遊びに来てくれました。

先ずはきつつきくんが、お母様との思い出を基にした『お母さんの気持ち』。

続くたけちゃんが『佐藤千夜子』…どうやら、日本初のレコード歌手らしい。オイラと同い年なのに、どうして知ってんだ?

そして私が、落語家の物語『祭りのあと』で、お仲入り。3人揃って、思わぬ大作ばかりとなった為、私が終わると、とっくに21時を過ぎておりました。

休憩後、私とたけちゃん…だけでなく、姪っ子のゆのに助っ人として出てもらう事に! (。。;)

…のみならず甥っ子のはるも出てきて、大変な騒ぎ! o(><)o

やりにくい環境を作られた後、トリのきつつきくんが、彼らしくガラリと変えた『宗論』でお開き。

終演して帰り道、何とたけちゃんが一万円を拾ったのよ! (>_<)

「新作の神様が、頑張ったご褒美をくれたんだね!」と、そのお金で呑みに行きました♪ ◎^∇^◎

…ってのは無論ウソで、ちゃんと交番に届けに行きましたよ?その証拠写真を…仕方なしに、自腹で呑みました(←当たり前だよ)。

拙き新作の会に懲りずにいつもいらしてくださる皆様方、心より御礼申し上げます… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

今宵も夢で…

今宵も夢で…
逢えるかしら… (ノ_・。)

…んな訳で、今夜は【第10回 夢で逢えたら…】です。気合い入れて、頑張って参ります! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

学芸大学のレインカラーへ、レッツラゴー♪

学芸大学のレインカラーへ、レッツラゴー♪
学芸大学のレインカラーへ、レッツラゴー♪
昨日は、学芸大学の自然派ワイン食堂〈レインカラー〉にて【第8回 レインカラー寄席】。

割と若いお客様が多い中『厩火事』と『パパずれてるゥ!』を演りました。

終演後、皆さんとの打ち上げだったのですが…

本っっっ当に、此方のお食事は美味しいのであります♪ (o^〜^o)

昨日は、特にカッペリーニ(写真)…絶品でしたわいな! o(><)o

お料理もワインも絶品の、都会の隠れ家!美男美女のご夫婦経営の当店、是非ともお立ち寄りくださいませ♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

さて…明日(5日)は、いよいよ新作落語会【第10回 夢で逢えたら…】なんですが…

まだ出来てないのよ…どうしようかしら! (ノ゜O゜)ノ

新作の神様、早くオイラに降臨してけろ… (ノ_・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

ガトーフェスタ、再び!

ガトーフェスタ、再び!
ガトーフェスタ、再び!
ガトーフェスタ、再び!
ガトーフェスタ、再び!
ガトーフェスタ、再び!
ガトーフェスタ、再び!
ガトーフェスタ、再び!
ガトーフェスタ、再び!
ガトーフェスタ、再び!
ガトーフェスタ、再び!
昨日は、群馬県は高崎市新町の〈ガトーフェスタハラダ本社1階 エスポワールホール〉にて【第2回 三遊亭王楽独演会】でした。

昨年の〈第1回〉は、前座のたい好おじさんと、太神楽の鏡味仙志郎師匠と3人で行きましたが…

今年は、前座に好吉くんと、胡散臭…否、きな臭…ぢゃなく、インチキなマジックの(←尚悪いや)マギー隆司先生と3人で行きました。

従兄弟の智ちゃんの運転で、芸人3人と〈母とみ子・長女みの〉の計6人で、殆どピクニック気分で向かいました♪ o(^-^o)(o^-^)o

会場である本社に到着…相変わらず、豪華なお城です! (>_<)

音響チェックを済ませると、豪華な楽屋(応接室)にて、ご当地お馴染み〈登利平〉の鳥めしを頂く…デザートは、勿論〈グーテ・デ・ロワ〉っす♪ ◎^∇^◎

「去年は雨が降ったけど、今年は降らなくて良かったね♪」なんて呑気に云ってたのも束の間…開場時間が近付くと、ザーザー降って参りましたよ… (-_-;)

そんな中、開場したのですが、有り難い事に満員御礼… m(__)m

先ずは、開口一番の好吉くんが『みそ豆』。

続いて主役の私が『紙入れ』…最前列にお子さんが居たにも拘わらず…だ。そのお嬢ちゃんが笑ってくれて、一命を取り留めました。

休憩後、ゲストのマギー隆司先生の適当トークが堪らないマジック。お子さん達の高らかな笑い声は、ソデで聞いてるだけで幸せになりますね♪…あ、先生の名誉の為に申し上げますが、大人のお客様も爆笑でしたよ? (゜ω゜?)

トリの私の二席目は『紺屋高尾』。いいお客様方に助けられっ放しで、今回も幕を閉じました。

帰り際に、原田節子専務から「また来年も宜しくお願いします!」と仰って頂きました…是非とも、伺わせて頂きます♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

『憧れと衝動』に感動!

『憧れと衝動』に感動!
『憧れと衝動』に感動!
昨日は〈高田馬場ラビネスト〉と云う小劇場にて『憧れと衝動』と云うお芝居を観ました。

此のお芝居は、昨年暮れの【夢で逢えたら…】でやったコントを書いてくださった作家の松本哲也さんが、作・演出をされているもの。

今まで同劇場で上演された松本さん作・演出の『ノンアルコールで吐く』『さよならバカヤロー』『へとんしれん』…いずれも全て、強烈に面白かったのであります! o(><)o

一緒に行ったのは、同じく松本さん芝居ファンの春風亭昇々。相変わらず、ポヨヨンとした男でした。

劇場近くのトンカツ屋でポヨヨン昇々と共に腹拵えをしてから、いざ劇場へ…さて、今回はどんなもんでしょうか?

今回も、松本さんは期待を裏切りませんでした…期待していたにも拘わらず、めちゃくちゃ面白かったです! o(><)o

半年に一度のペースで上演されているにも拘わらず、あのクオリティは凄い…! (。。;)

相変わらず、舞台設備は至ってシンプル。出てる役者さんも、9人だけ。

高校の同級生だった女性3人が三十路を迎えて、それぞれがぶつかっている問題に立ち向かっていく…ってな物語。

脚本も演技も抜群だから、私の苦手な〈芝居特有の照れ〉を一切感じさせずに、且つ感動させてくれる…コレも凄い。

役者さん皆さん上手いんですが、プロデューサー林田役の犬塚征男さんて方、いつも出てらっしゃるけど、凄く上手いなァ…普段のトークも聴いてみたい方です。

明日の3日(日)まで上演されております。お時間ございましたら、調べて観に行ってみてくださいまし… m(__)m

松本さん、また次回作も期待してます!いつか私に、新作落語を書いてください♪ O(≧∇≦)o

…そうだ、今オレが新作を書かなきゃいけないのだ… (-_-;)

さて、今日はこれから群馬県は高崎へ…いつもお世話になっております〈ガトーフェスタハラダ〉の本社にて独演会です!行って参りま〜す♪ o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

2年連続で、5月31 日は浅草余一会!

2年連続で、5月31<br />
 日は浅草余一会!
2年連続で、5月31<br />
 日は浅草余一会!
2年連続で、5月31<br />
 日は浅草余一会!
2年連続で、5月31<br />
 日は浅草余一会!
2年連続で、5月31<br />
 日は浅草余一会!
2年連続で、5月31<br />
 日は浅草余一会!
昨日は〈浅草演芸ホール〉にて余一会…【好楽・王楽 歌春・沙織 親子共演 ファミリー寄席】でした。

昨年に引き続き、2年連続で5月31日に浅草で家族大会。普段上がる事の出来ない小屋だから、何とも有り難い限り… (ノ_・。)

一昨年の暮れまで上がった事のなかった此の〈浅草演芸ホール〉、何やかんやで今回が5回目。

楽屋入りが、開演に間に合わなかったのが残念…小痴楽くんの落語、聴きたかったなァ? (゜ω゜?)

昇太師匠の『短命』、枝太郎師匠の『自家用車』、ナイツの漫才を、ソデで堪能。

ナイツの塙さんと久し振りに会い、色んなお話が出来て嬉しかった♪ ◎^∇^◎

出会った頃の「ウワ…此の人達は面白いぞ!」と思ったネタの事を喋ったら、塙さん「よくそんなネタを覚えてくださってますね」と…ナイツさん、また独演会のゲストとして出てください! (>_<)

歌春師匠のお嬢様・田代沙織さんの『新聞記事』、高座姿が艶やかで可愛かった♪ o(^-^o)(o^-^)o

その後、歌春師匠が『たがや』。此の夏、久し振りに演ろうと思ってるので、ソデでじ〜っと勉強させて頂きやした… m(__)m

休憩後、好の助くんが『宗論』。彼、どんどん面白くなってきますね。

私は、沙織さんの可愛い高座姿にインスピレーションを受けて『宮戸川』。

何度観ても飽きないナポレオンズ先生のスマートなマジックをはさみ、トリの好楽『抜け雀』でお開き。

満員の会場で、とってもいい雰囲気の中、演らせて頂けた事、歌春師匠に心から感謝しております…師匠、来年も是非! o(><)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »