« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

小堀、再び! 〜笑点御礼〜

小堀、再び! 〜笑点御礼〜
小堀、再び! 〜笑点御礼〜
昨日の『笑点』を観てくださった方々、有難うございます!

観てくださらなかった方々、ご不幸をお祈りします…ってコラ、そう云ってる当人も観てないぢゃねェか!

さて…いよいよ明後日の5月2日(水)は【王楽のにぎわい道場】だ!

ゲストの円歌師匠は、芸歴が50年以上も先輩で、落語界随一の爆笑王…正直、どうやって太刀打ちすれば良いかわからない!

今流行りのポップスでも歌ってみるか…

いや、ダメだ!

甘ったるいポップスなんかぢゃ、円歌(演歌)に勝てる訳がないからな!(←土俵に上がる前に負けてしまった!)

…久々に、ガッポリ建設の小堀敏夫さん的なブログ記事にしてしまいました。

とにかく君達、5月2日は〈横浜にぎわい座〉で、僕と悪臭!…否、握手!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

今日(4月29日) の『笑点』、必ず観てね♪

今日(4月29日)<br />
 の『笑点』、必ず観てね♪
本日(4月29日)の『笑点』の〈若手大喜利〉に、不肖王楽が出演しております! o(><)o

視聴率いかんによっては、レギュラーメンバーにさせて頂けるとか頂けないとか…!(←頂けないよ)

とにかく私の晴れ姿を、皆さん観てやってください♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

松山庭園美術館は素晴らしい!

松山庭園美術館は素晴らしい!
松山庭園美術館は素晴らしい!
松山庭園美術館は素晴らしい!
松山庭園美術館は素晴らしい!
松山庭園美術館は素晴らしい!
松山庭園美術館は素晴らしい!
今日は、千葉県は匝瑳市(そうさし)の松山にある〈松山庭園美術館〉にて一席。

秋葉原から総武線に約1時間揺られて千葉に着き、そこからまた総武本線に乗り換え1時間以上かけて八日市場、更にそこからタクシーに10分くらい乗り会場へ…着いた時には、随分王ちゃんくたびれた… (-_-;)

今回のお仕事は、以前『猫びより』と云う雑誌の取材を受けて、その繋がりで「猫にまつわる落語を演ってください」とのご依頼を受けました。有り難い限りでございます… (ノ_・。)

此の美術館は、マルチ画家の此木三紅大(このきみくお)さんが、14年前に開館されました。勿論、猫好き♪ o(^-^o)(o^-^)o

その美術館で以て【猫ねこ展覧会】なるものを、6月24日まで開催しており、それで以て〈猫落語〉っちゅう事だわさ。

たくさんの緑に囲まれた素晴らしい美術館にて、とりあえず猫の出て来る『猫の皿』を演り、立て続けに『紙入れ』を申し上げてフィニッシュ(←AV男優か)。

帰りは〈特急しおさい〉に乗った為、1時間23分で秋葉原に着くらしい…何だ、特急があんぢゃん。

その車中で、ただ今〈一人酒盛〉しております…此木先生に奥様、そしてお客様方、有難うございました! o(><)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相変わらずパワフルな文珍師匠。

相変わらずパワフルな文珍師匠。
昨日は〈国立小劇場〉にて開催されている【桂文珍 大東京独演会 Vol.5】を勉強して参りました。

明日(29日)までの3日間開催で、昨日は昼夜。

いつも通り、お客様からリクエストを頂いての三席。

何でも昼間は、自作の『憧れの養老院』に『るるるとららら』、それに『らくだ』をお演りになられたとか…。

先ずは開口一番、芸歴31年目の総領弟子・楽珍師匠が、噺家になって初めて教わった『煮売り屋』。楽珍師匠の高座、普段も含めて癒されるわァ♪ ◎^∇^◎

文珍師匠の一席目は『ぞろぞろ』、内海英華師匠のR指定な女道楽をはさみ、二席目は『帯久』。

『ぞろぞろ』と『帯久』を最近手掛けられていると伺ってましたので、チョー聴きたかった二席。嬉しかった♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

最後は『憧れの養老院』。お客様方を手の平に乗せて、余裕の大爆笑劇場で幕を閉じました。

然し、つくづく文珍師匠はパワフルだよね…て云うか、楽屋でも嬉しそうに落語の話だけをなさいますから、落語が大好きなんですよね… (ノ_・。)

大先輩を見習って、私も今から頑張って参ります! o(><)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

【映画見聞記 vol. 370】

【映画見聞記  vol.<br />
 370】
昨日は〈新宿武蔵野館〉にて『裏切りのサーカス』を観ました。

スパイ小説の大家ジョン・ル・カレの小説を映画化。

英国諜報部に潜り込んだソ連の二重スパイを暴こうと奮闘する老スパイの物語。

主役は、ゲイリー・オールドマン。本作で、オスカーにもノミネートされちょりました。

監督は『ぼくのエリ 200歳の少女』のトーマス・アルフレッドソン。さて、如何なもんでしょうか…

アレ…

ボクが馬鹿なのかしら…

何が何だか、ちんぷんかんぷんで訳が分かりませんでした。

絶賛されていた方に、横に座って頂き解説をしてもらいたいくらいに、ちんぷんかんぷんでした。

良かったのは、ペドロ・アルモドバル作品でお馴染みのアルベルト・イグレシアスによる音楽。

何でも此の映画、かの『ユージュアル・サスペクツ』のように〈リピーター割引〉があるそうで…また観ても、全然わからんだろうな? (゜ω゜?)

皆さん、観てみて「良かった!また観たい♪」と思われたら、私に教えてください… (ノ_・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

【第25回三遊亭王楽のにぎわい道場】宣伝

【第25回三遊亭王楽のにぎわい道場】宣伝
来週5月2日(水)、桜木町の〈横浜にぎわい座〉にて【第25回 三遊亭王楽のにぎわい道場】があります。

普段は、地下の〈のげシャーレ〉でやっているのですが、今回は〈25回記念〉ですので、上の〈芸能ホール〉で開催します。

ゲストは、爆笑王・三遊亭円歌師匠! (。。;)

秒単位で繰り広げられる爆笑にプレッシャーを与えられながら、私は渾身の二席を申し上げる次第でござりまする! o(><)o

開口一番は、弟弟子の三遊亭好の助くん。赤マル急上昇な彼の高座も、併せてお楽しみください。

18時30分開場・19時開演。

料金は、全席指定で 3,000円。

ご予約・お問い合わせは…

横浜にぎわい座
045(231)2515

です。

ゴールデンウイークの真っ最中で御多忙とは存じますが、是非いらしてください♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

皆様方の御来場、心よりお待ち申しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

ぶっ通しで忠臣蔵!

ぶっ通しで忠臣蔵!
昨日は〈新橋演舞場〉にて【四月花形歌舞伎】を観劇。

ウルトラメジャーな『仮名手本忠臣蔵』の通し狂言を、尾上菊之助丈や市川亀治郎丈と云った若手の花形の方達で上演。

途中に休憩はあるものの、11時から21時までぶっ通しで観るのは流石に疲れるかと思いの他、じぇんじぇん疲れず、また退屈もせずに、観劇して感激しました。

とにかく我がライバルの菊之助丈(←もちろん一方的になので、他所で大きな声で云わないでください)演じた塩冶判官が、殊に素晴らしかった! o(><)o

気品があって、情に溢れて…御祖父様・お父様と共に、得意ネタとされていく事でしょう(←噺家みたいな事を云っちょる)。

松緑丈は、高師直と平右衛門の2役。前者の悪役っぷり、本当に楽しんで演じられているようでした。そんなお二方による、全く見事な三段目。

〈おかる〉を演じた福助丈は、此の役を歌右衛門丈に教わったそうな。その時のエピソードが筋書に載ってまして、下記の通り…

「歌右衛門のおじさまに『おかるは、六段目では腰元、七段目では女房の気持ちで演じるのですよね?』と聞きましたら『何だっていいんだよ、勘平さんを好きであれば』と…」

素晴らしい一言ですね… m(__)m

ああ、久し振りに『淀五郎』を演りたくなってしまいました!熱の冷めやらぬ内に、稽古しときたいと思います♪ o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

【映画見聞記 vol. 369】

【映画見聞記  vol.<br />
 369】
昨日は〈丸の内TOEI〉にて『僕達急行 A列車で行こう』を観ました。

鉄道オタクの2人の物語。森田芳光監督の遺作。主演は、今をときめく松山ケンイチさんと瑛太さん。さて、如何なもんでしょうか…?

おや…コレは、とっても面白い♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

悪い人が全く出て来ず、純真無垢な主演2人が様々な出会いを経て成功していく、素敵なお伽話。

ゆる〜い空気が、銀幕いっぱいを充たしております…此の空気、私はだ〜い好き♪ O(≧∇≦)o

物語も微笑ましいし、風景もいいが、何よりも松山ケンイチさんと瑛太さんとのやり取りが素晴らしい。

ゆで卵を食べながら鉄道の専門的な(オタクな)会話をしてる場面も、マニアックな鉄道の区間スピードに例えながらキャッチボールしてる場面も、理屈ぢゃない楽しさが溢れてます。

「こいつらと一緒に居たい!」と思わずにいられず、それを同じように感じさせてくれた映画と云えば、今年アタマに観た『宇宙人ポール』でした。

ピエール瀧さんをはじめ、笹野高史さんや松坂慶子さんと云った脇役の方々も楽しいっす…あ、あのレゲエな中米の2人も! (>_<)

クスクス笑えて、ほんわか幸せ気分に浸れるコメディ作品。是非、御覧ください♪ o(^-^o)(o^-^)o

森田芳光監督は、最後に素敵な作品を遺してくださいました…改めて、ご冥福をお祈りします。

然しながら松山ケンイチさん、同級生の〈なかじ〉にクリソツだよ… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

鶴瓶噺の原点は…!

鶴瓶噺の原点は…!
昨日は、三軒茶屋の〈世田谷パブリックシアター〉で開催されていた【TSURUBE BANASHI 2012】を勉強しに行きました。

ご存知、笑福亭鶴瓶師匠が2時間スタンダップでぶっ続けで喋りまくるトークライブ。

18日から昨日の22日まで東京公演で、これから大阪・名古屋・仙台とツアーで回られるそうです。

前から拝見させて頂きまして、最初の内は勉強しようと研究しながら観ておりましたが、気付いたら単なる客となりゲラゲラ笑ってる自分がいました。

タモリさんから「アンタは〈自閉症〉ならぬ〈自開症〉だね」と云われたらしいです♪ ◎^∇^◎

ガツンと来たのは、下記の一言…

「云うときますけど、縁は努力よ?そら『此の人、かなわんなァ』云う人もいてますけど、そんな嫌な人でも付き合うとる内にエエ人になるんです」

包み隠す事なく、あらゆる方々とお付き合いをされる自開症人間の鶴瓶師匠による優しいトークの原点が、そこにありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

恐れ多くも、六代目との兄弟会!

恐れ多くも、六代目との兄弟会!
昨日は、仙台は多賀城にある〈多賀城市民会館・小ホール〉にて【三遊亭円楽・王楽 兄弟会】でした。

此の会館、入門して3ヶ月ほど経った頃に、師匠である先代円楽との初めての旅で来た会館なのであります…つまり〈先代〉と〈仙台〉っす♪ o(^-^o)(o^-^)o

そんな師匠との思い出深い会館に、真打になって六代目と兄弟会をさせてもらえる…こんな嬉しい事はございません… (ノ_・。)

好吉くん『つる』、私『紙入れ』でお仲入り。休憩後、勝丸兄さんの太神楽をはさみ、トリの六代目『一文笛』でお開き。

帰りの新幹線内で、六代目から「勝丸、王楽、お前達も何か飲み物買いな?」と云われ、私達は「御馳走様です!」と買いました。

六代目に「何買ったの?」と聞かれた私は「コーラです」と答えたら、眉をひそめて「…コーラぁ?あの親父の伜とは思えないもん呑んでんな…」と云われたので…

「いえ、違います!コーラは勝丸兄さんで、私はカンチューハイです!」と云ったら…

「ウン、ならヨシ!」って、何だか訳が分からない! (>_<)

とにかく六代目とあのような会が出来ます事、心より嬉しく思っております。感謝♪ ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

【映画見聞記 vol. 368】

【映画見聞記  vol.<br />
 368】
昨日は〈新宿武蔵野館〉にて『コーマン帝国』を観ました。

「安く、早く、何よりも儲ける!」をモットーに(←吉野家だね、まるで)映画を作り続けてきた伝説の映画人ロジャー・コーマンのドキュメンタリー。

さて、如何なもんでしょうか?

誰かもインタビューの中で云ってましたが、下品で血みどろなB級作品ばかりを撮り続けてきた人とは思えない程、礼儀正しいスマートな方だったのが、興味深かったです。

とっても頭良かったんでしょう…だってそんなB級作品を撮り続けながら、その傍らで、本当に好きだった外国のアート系であるフェリーニやベルイマン、トリュフォーに黒澤の作品を配給してたってんですから。

誇りを持ってお仕事をされてるのだなと云う事が、コーマンの発言や佇まいから伝わってきました。

「頭がいいと思ってる利口バカの人なんかよりも、遥かに頭が良くて人間的に素晴らしい」

…そんな部分が、ジャック・ニコルソンをはじめとした著名人の方々の証言からも伺えます。ご興味がある方は、御覧くださいませ。

ラスト間際のジャック・ニコルソンの部分、ちょっとくさいけど、大物の貫禄で許せちゃうんですよね… (ノ_・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

喬太郎師匠の番組に出ました!

喬太郎師匠の番組に出ました!
喬太郎師匠の番組に出ました!
昨日は〈BS11〉にて『柳家喬太郎のようこそ芸賓館』の収録でした。

此の番組は、喬太郎師匠司会で以て、ゲストの噺家とトークする番組。勿論、ゲストは落語を演ります。

兼好師匠と私がゲスト。お互いに何の落語を演ったかは、ヒ・ミ・ズ♪…間違えた、ヒ・ミ・ツ♪

トークも盛り上がり、ちょいウルなサプライズもありました…それもヒ・ミ・ツ♪ O(≧∇≦)o

オンエアは、5月8日(火)…おっと此の日は、奇しくも我輩の〈入門11周年記念日〉! (。。;)

11周年に〈BS11〉とは、何ともめでたい… (ノ_・。)

5月8日(火)の20時からです。どうぞお見逃しなく! o(><)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ…。

あ…。
市川の方も〈左談次〉にしちゃってました!正確には〈左団次〉でしたね。

タイトルにまでして、恥ずかしい限りです… (ノ_・。)

コレがホントの、だん(段)違いだ!(←上手い!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

好きこそものの上手なれ。〜もうひとりの左談次〜

好きこそものの上手なれ。〜もうひとりの左談次〜
昨日は〈国立劇場〉にて【第10回 伝統歌舞伎保存会 研修発表会】を観劇。

若手の皆様方による奮闘公演…って、歌舞伎の場合の〈若手〉がイマイチわかりまへんが。

狂言は『梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり)』。高島屋さんや松島屋さんのお弟子さん方が熱演。

芝居の〈人とやる事の難しさ〉を、改めて痛感しました。

興味深かったのは、座談会。並ばれたのは…

片岡仁左衛門・市川左談次・片岡秀太郎・中村時蔵・片岡孝太郎・片岡愛之助
(敬称略)

…の皆様方。

左談次丈の喋り方が、扇橋師匠に似ていて楽しかった♪ ◎^∇^◎

御自身の立ち位置を熟知してらっしゃるボケ方に、心より感服つかまつりましたが、たまに本音が飛び出すのよ。例えば…

「皆さん、そうだと思いますけど、矢っ張り自分の父親が一番上手いと思って、お稽古してますよ」

と…素敵ですね?中々云えない台詞です…え、私?勿論、思ってませんよ。

時蔵丈が、インタビュアーの方から「これから歌舞伎の道を志す若い方々に、何かメッセージはありますか?」と聞かれ…

「とにかく歌舞伎を好きになってください」

…と仰せられた。どこの芸能も同じなのであります… m(__)m

同じ質問をされた左談次丈は…

「給料を上げてください」

…ってオイ、意味がわからんわ! (ノ><)ノ

落語界に限らず、歌舞伎界も〈左談次〉と名の付く方は愉快です♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

【映画見聞記 vol. 367】

【映画見聞記  vol.<br />
 367】
【映画見聞記  vol.<br />
 367】
【映画見聞記  vol.<br />
 367】
昨日は〈丸の内ピカデリー〉にて『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』を観ました。

ジョージ・クルーニーが、製作・監督・出演のポリティカル・サスペンス。

他には、ライアン・ゴズリングにフィリップ・シーモア・ホフマン、ジェフリー・ライトにマリサ・トメイ、そして私のごひいき役者であるポール・ジアマッティなど、演技巧者がズラリ! (>_<)

さて、如何なもんでしょうか…

おっと、政治ネタだから、さほど期待していなかったのですが、面白かったっす♪ ◎^∇^◎

…そうか、ライアン・ゴズリングが主演だったのか… (-_-;)

それぞれの珍念…ぢゃなく、信念を持った男同士のぶつかり合いにワクワク。

印象的だったのは、フィリップ・シーモア・ホフマン扮する選挙キャンペーンのリーダーであるポール・ザラがライアン扮するスティーヴンに説教する場面と、その台詞…

「こんなクソみたいな世の中で、唯一オレが信じるのは忠誠心だ」

…格好良かったです。また云ったフィリップの演技が、抜群に上手いんだ。

それにしてもウディ・アレンの『人生万歳!』にも出ていたエヴァン・レイチェル・ウッド、可愛かったなァ♪ ◎^∇^◎

…けど、エンドクレジットで、大物役者によくある〈and〉が使われていたのは何故でしょうか?

本来なら、フィリップ・シーモア・ホフマンだと思うのですが…ひょっとしたら、私が思っているよりもエヴァンは大物なのかも知れません… m(__)m

演技巧者の男同士の戦いが見応えたっぷりの作品です。是非、御覧ください♪ o(^-^o)(o^-^)o

…余談だが、眼鏡かけたマリサ・トメイが、時々仲里依紗さんに見えたのは私だけ? (゜ω゜?)

更に余談が続くけど、マリサ・トメイは1964年生まれなので、我が一門の〈太っちょ大ちゃん〉こと大楽師匠(写真)と同い年! (>_<)

もひとつ余談で、ジェフリー・ライトは1965年生まれなので、大ちゃんの1歳下! (。。;)

とどめの余談で、フィリップ・シーモア・ホフマンとポール・ジアマッティに到っては、1967年生まれなので、大ちゃんの3歳下っすよ! (ノ><)ノ

…以上、余談過ぎる余談でした… (ノ_・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

ちょいちょい写真館。

ちょいちょい写真館。
ちょいちょい写真館。
ちょいちょい写真館。
ちょいちょい写真館。
ちょいちょい写真館。
ちょいちょい写真館。
ちょいちょい写真館。
撮っていて放置していた写真の数々です。

もしお時間ございましたら、じっくりとご堪能ください… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

今歩いているこの道が、いつか懐かしくなればいい。

今歩いているこの道が、いつか懐かしくなればいい。
今歩いているこの道が、いつか懐かしくなればいい。
今歩いているこの道が、いつか懐かしくなればいい。
今歩いているこの道が、いつか懐かしくなればいい。
今歩いているこの道が、いつか懐かしくなればいい。
今歩いているこの道が、いつか懐かしくなればいい。
今歩いているこの道が、いつか懐かしくなればいい。
今歩いているこの道が、いつか懐かしくなればいい。
昨日は、群馬県は大間々の芝居小屋〈ながめ余興場〉にて【第43回 大間々ながめ亭 花見寄席】。

…でね?

行きのスペーシア車内にて、日刊スポーツ読んでましたら、作家の伊坂幸太郎さんの特集が掲載されておりまして、熟読してしまいました。

中でも、胸を打ちましたのは…

随分前に、伊坂さん原作の映画『ゴールデンスランバー』を観た時も此のブログに記しましたが…

伊坂さんがシステムエンジニアとして働かれながら執筆していた頃、通勤バスの車内で斉藤和義さんの『幸福な朝食 退屈な夕食』を聴いて、大層打ちのめされたそうな…

「今歩いているこの道が いつか懐かしくなればいい」と云う歌い出しを聴いて…

「このバスの中から見える景色も、いつか懐かしく見えるようになるのかな…でも今のまんまぢゃ、何も変わらないぢゃないか…

斉藤さんは毎日音楽に没頭しているから、こんなに凄い歌詞が作れるんだ。オレは、片手間で小説を書いてるからダメなんだ」

…と思った伊坂さんは、その日の内に会社を辞める事を決意し、奥さんに話しまして…そして、こんにちのベストセラー作家が誕生しました。

のちに伊坂さんが斉藤さんにお会いした時に、その話をされると斉藤さんは…

「毎日、音楽の事なんて考えてないよ。毎日、エロい事しか考えてない」と(笑)。

フコイダン…否、後日談も含めて、すっっっごく素敵なエピソードだと思いません?

そんな伊坂幸太郎さんの短編『ポテチ』が映画化されて、5月12日(土)から公開されるそうです。

此の『ポテチ』、伊坂作品の中で私が最も好きなものなので、今から楽しみです♪ ◎^∇^◎

そんな訳で、記事に感動した私は、iPodで斉藤和義さんの『幸福な朝食 退屈な夕食』に、伊坂さんとの邂逅により産まれた名曲『ベリーベリーストロング 〜アイネクライネ〜』、ついでに全然関係ないけど木村カエラさんの『Yellow』に『STARs』を繰り返し聴いておりましたら、あっという間に赤城駅に到着しちゃいました… m(__)m

ちなみに『幸福な朝食 退屈な夕食』は、映画『ゴールデンスランバー』のエンディングでも使われており、阿呆かと思うくらいに痺れる名曲です。是非、聴いてみてください♪

…さて、赤城駅からお迎えが来ておりまして、車で〈ながめ余興場〉へ。2分で到着。歩いても10分ちょっとらしい。

此の会場は、ホントに風情ある素晴らしい芝居小屋で、数年前まで好楽と私は親子会をやらせて頂いてました。

今回のメンバーは、隅田川馬石師匠に私、柳家わさびさんに曲独楽の三増紋右衛門さん。

本来ならば馬石師匠がトリなんですが「久し振りに此の会場に来たんだから」と、花を持たせてくださりトリをとらせてくれました。

わさびちゃん『松竹梅』、馬石師匠『四段目』でお仲入り。休憩後、紋右衛門さんの曲独楽をはさみ、私『五貫裁き』でお開き。

素敵な会場な上に、いいお客様に乗せられて、気分良く口演出来ました。

近い内に、同会場で独演会をやらせて頂く事を決意しました。皆様の御来場、心よりお待ち申しております! ( ^^)Y☆Y(^^ )

帰京後は【両国寄席】。ごく軽〜く『平林』。サゲ間際で間違えてスイマセンでした… (ノ_・。)

では、今歩いているこの道が、いつか懐かしくなりますように、今日も頑張ります♪…ってオイ、お前の通勤ルートは日替わりぢゃねェか! (ノ><)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

女子高生の皆様方♪

昨日は【両国寄席】。

愛楽師匠の高校1年生のお嬢様が、演劇部のお友達を沢山連れてきてくださった! o(><)o

要するに、女子高生が沢山客席にいらしてくださったので、演者一同やる気満々♪ O(≧∇≦)o

私は『パパずれてるゥ!』を口演。演劇部の皆様、あれだけ笑ってくださり、心より感謝しております♪ o(^-^o)(o^-^)o

さて…今日はこれから、群馬県は大間々の素敵な芝居小屋〈ながめ余興場〉へ。

帰京したら、今夜も【両国寄席】。頑張るぞ! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

面白過ぎるぜ、左談次師匠!

面白過ぎるぜ、左談次師匠!
面白過ぎるぜ、左談次師匠!
昨日は映画を観てから、巣鴨の〈Studio FOUR〉にて【志ん生座】と云う落語会でした。

四派の噺家が集まって、こぞって志ん生師匠のネタを演る会。私は『野ざらし』。

いや〜、それにしても左談次師匠の『五人廻し』が面白かったァ♪ O(≧∇≦)o

オナラよりも軽い佇まいで繰り広げられる大ネタ、はっきり云って気持ち良過ぎます! ◎^∇^◎

また楽屋の左談次師匠も堪らなかったとよ?

楽屋で左談次師匠に「人情噺はお演りにならないんですか?」と聞くと、さも照れ臭そうに「演らないよォ、こっ恥ずかしくって…」と仰った(←師匠のこういうところが好きです)。

「でも、師匠で『薮入り』とか聴いてみたいですねェ…」と云うと、師匠はニッコリ笑って…

「そうかイ?客席の女の子がヒーヒー云って喜ぶかな♪でも俺、おやかんないからなァ…」ってオイ、そっちの心配かよ! (ノ゜O゜)ノ

打ち上げでも、左談次師匠の勢いはとどまる事を知らない…!

「ウチの師匠の凄いところは…人を罵倒する言葉の語彙の豊富さ!(爆笑)」

更に…

「黒門町(八代目・桂文楽)は、高座で手拭いを使わなかったんですよ。ハンカチ使ってたの、ハンカチ…何だったんだろうねェ?

小言を云う訳にもいかないし…弟弟子だったら云うんだけど…『オイ、並河!』ってね♪」

…って師匠、何で小言を云う必要があるんですか… (-_-;)

そして、その直後でした。師匠が放った驚愕の一言…

「木綿のハンカチーフ」

…ってオーイ、ただ云いたいだけなんぢゃねェか! (ノ><)ノ

それから、朝までカラオケ大会。気分を良くしたのか左談次師匠…

「王楽、菅原都々子の『月がとっても青いから』を入れてくんない?悪いね、また歌って。此の歌、好きなんだよ…今日、2度目だな?」

…その時点で、同じ歌を歌うの4度目だったんですがね。

とにかく、めちゃめちゃ楽しい一夜でした♪左談次師匠、有難うございました! ( ^^)Y☆Y(^^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol. 366】

【映画見聞記  vol.<br />
 366】
昨日は〈新宿武蔵野館〉にて『ヘルプ 心がつなぐストーリー』を観ました。

人種差別の激しい1960年代のアメリカを舞台に、作家志望の白人女性スキーターが、黒人メイド達の真相を伝える本を執筆しようと奮闘する様を描いた作品。

主演スキーターを演じるのは、スパイダーマンの新作『アメイジング スパイダーマン』で新ヒロインに抜擢されたエマ・ストーン。

本年度の【第84回 アカデミー賞】で、オクタヴィア・スペンサーと云う方が〈助演女優賞〉を獲得されました。

さて、如何なもんでしょうか…

ウン、普通かな?

退屈はしないものの、もう少し…あれだけ衝撃的な本を出したのだから、もう少しご苦労された場面があったような。

印象的だったのは、落ち込んでいた学生時代のスキーターに向かって、育ててくれた黒人メイドが放つ一言…

「お嬢様、明日の朝から唱えてください…『私は信じるのか?今日、バカ供が私に向かって云う悪口を』と…」

素敵です… (ノ_・。)

オスカーを獲ったオクタヴィアも結構でしたが、もう片方のノミネートされてた準主役のヴィオラ・デイヴィスの方が素晴らしかったです。内面の怒りがヒリヒリする程、伝わってきました。

それにしてもブライス・ダラス・ハワードの悪女役は、艶っぽくていいですね♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日 (木)

【第5回 みんなの王笑】

【第5回 みんなの王笑】
【第5回 みんなの王笑】
【第5回 みんなの王笑】
【第5回 みんなの王笑】
昨日は、神保町の〈らくごカフェ〉にて【第5回 みんなの王笑】でした。

笑福亭笑助兄さんとの二人会。

笑助兄さん『桃太郎』、私『甲府い』でお仲入り。

久し振りに『甲府い』を演ったけど、ほんわかとしていい噺だなと改めて感じました。ちょいちょい高座にかけよ。

休憩後、出演者からのプレゼント大会。私『宮戸川』、笑助兄さん『壺算』でお開き。

強風&豪雨の中を命懸けでいらしてくださった皆様方に、心より御礼申し上げます… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

【映画見聞記 vol. 365】

【映画見聞記  vol.<br />
 365】
昨日は、渋谷の〈シネマライズ〉にて『アーティスト』を観ました。

本年度の【第84回 アカデミー賞】で〈作品賞・監督賞・主演男優賞〉をはじめ、主要5部門を受賞した作品。

1920年代のハリウッドを舞台に、サイレント時代の栄光を引きずるスター・ジョージと、そんな彼から助言を頂きスターダムへと上り詰めたペピーとの物語。フランス映画なのよね?

何とコレ…今の時代に、モノクロ&サイレント映画! (。。;)

監督は、ミシェル・アザナヴィシウス。主演のジョージはジャン・デュジャルダン、ペピーはベレニス・ベジョ…いずれも二度云ったら、舌を噛み切りそうなお名前だ。

さてさて、如何なもんでしょうか…?

素朴な料理でも腕のある職人が作ると、こんなに高級な味わいになるのか…的な作品。優しいラブストーリー。

極めてシンプルな作りで、こう来るとわかるんだけど、感動させられちゃうのよね… (ノ_・。)

最初は物静かに発進…故に、体調いかんによっては眠くなります。落語の仕込みの部分と同じっすね?

中盤からは、仕込んでたものが噴出して、全速力で洒脱なラストへ駆け抜ける。エクセレント。

脚本と音楽の勝利でしょう…あ、忘れちゃいけないのが、犬の名演。いいアクセントになっておりました。

静かに味わい深く胸を打つ…そうだ、落語に近いのか。こんな人情噺を作りたいものです… m(__)m

味付けを濃くすれば、お客様を呼べると云う風潮の今の世の中に、此の作品がオスカーを獲得した事は、非常に意味のある事だと思います。

皆様、是非とも劇場で御覧くださいませ♪ ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジカントロプスになる日も〜♪

ラジカントロプスになる日も〜♪
近づい〜たんだよ〜♪

改めまして、おはようございます。たまです…否、三遊亭王楽です。

昨日は〈ラジオ日本〉にて『ラジカントロプス2.0』の収録に行って参りました。

ラジオファンの方々に絶大な人気を誇る此の番組。あの水道橋博士もイチ押しされとるのです…と云えば、どれほど支持されとるのかが、おわかりかと思われます。

作家の植竹公和さんを相手に、自分の事・落語の事・師匠五代目円楽の事・小朝師匠の事・映画の事…沢山喋りまくってきましただ。

放送は、今月15日(日)の深夜24時ちょうどから25時…てか、要するに16日(月)の深夜零時から1時の60分番組です。

皆様、是非とも聴いてください! o(><)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

作り阿呆のラーメン屋さん。

作り阿呆のラーメン屋さん。
作り阿呆のラーメン屋さん。
作り阿呆のラーメン屋さん。
昨日は、NHKの〈505スタジオ〉にて『真打ち競演』の収録。

1本目は、灘康次とモダンカンカン先生、宮田陽・昇さん、柳亭小燕枝師匠。

2本目は、私、近藤志げる先生、林家木久扇師匠。

小燕枝師匠の『小言幸兵衛』、とてもクラシカルな香りで癒されました♪たまに、先代金馬師匠に似る部分があったりして。私は『紙入れ』。

木久扇師匠の『道具屋』は、馬鹿馬鹿しさフルスロットル!チャーミングで楽しかったです♪ O(≧∇≦)o

収録後、局内の食堂で木久扇師匠からラーメンを御馳走になる…

コレを聞いて「木久扇師匠って、そんなにラーメンが好きなの?それともラーメンを研究してるの?」とお思いの方もいらっしゃるかも知れません。

確かにどちらもかも知れませんが、ただ単に〈一緒にいた後輩にお気を遣ってくださっている〉だけなのであります。

そして、此の食堂で聞いたお話には『笑点』のバカキャラが微塵も感じられません。炯眼を以て、落語界だけでなく、芸能界全体を…いや、日本を見つめておられます。

あれだけの地位の方なのに、先輩は云うに及ばず、後輩への完璧なお気遣い…また〈してやった感〉を微塵も感じさせない腰の低さ…あらゆる物事に好奇心を抱き「コレは面白い!」と思ったら直ぐに実行して、商売にしてしまうプロ根性…

木久扇師匠こそ正に、典型的な〈作り阿呆〉なのであります…カッコイイよね?てか、粋ですよね?

こんな先輩になれるよう、精進したいと思います!木久扇師匠、有難うございます♪ ◎^∇^◎

さて、今日は〈ラジオ日本〉へ行って参ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 9日 (月)

久し振りのレインカラー♪

久し振りのレインカラー♪
久し振りのレインカラー♪
久し振りのレインカラー♪
久し振りのレインカラー♪
昨日は、久し振りに学芸大学の〈レインカラー〉にて【第7回 レインカラー寄席】。

昨年の8月以来だから、およそ8ヶ月振り。

何故、久し振りかと云うと、店主の方が産休に入られていた為でありんす。

以前は、普通のバー(?)だったのが〈自然派ワイン食堂〉としてリニューアルオープン♪

リニューアル記念として、私は『棒鱈』と『崇徳院』を口演…ってオイ、普通のネタぢゃねェか。

終演後は、お客様方とのお食事会。ワインもさることながら、お料理が美味しい♪ (o^〜^o)

皆様、学芸大学駅近くの美形ご夫婦の営む〈レインカラー〉へ、是非ともいらしてください! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

阿川佐和子さんの『聞く力』。

阿川佐和子さんの『聞く力』。
昨日は、練馬の〈信行寺〉さんにて【第53回 信行寺落語会】。

こうもり『寄合酒』、私『紺屋高尾』でお仲入り。橘也『だくだく』と来て、好楽が林家直伝の珍ネタ『藁人形』でお開き。

ところで…!

阿川佐和子さんの『聞く力』を拝読しました。

〈聞く力〉の備わっていない私には、勉強になり過ぎる程のテクニックが載っており、またテクニックだけでなく、聞くハートが大事だと云う事も書かれております。

文章の端々に、あの小さなお身体の可愛い阿川さんが「アワワ…」している部分が見えるのも楽しいです♪ O(≧∇≦)o

沢山の著名人の方々とのエピソードが矢張り面白く、中でも浜口京子さんや義家弘介さん、モーガン・フリーマンに遠藤周作さんとのお話には、目頭を熱くさせられました… (ノ_・。)

「人生において、誰かの『一言』がどれほど大切なものであるかを考えるとき、インタビュアーのほんの小さな相づちも、『きちんと打たなきゃダメだ』と肝に銘じます」

とてもハートフルな新書です。是非、御一読くだされ… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

『絵本合法衢』を見逃すな!

『絵本合法衢』を見逃すな!
『絵本合法衢』を見逃すな!
昨日は〈国立劇場〉にて、歌舞伎鑑賞。

狂言は『絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)』。鶴屋南北の作品でありんす。

女性の間で鉄板な人気を誇る片岡仁左衛門丈が、悪役2役を演じるとか…。

劇場に着くと、劇場の前では桜の花が咲き乱れとって、美しい事この上ない♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

さてさて、通し狂言を観てみますると…

おっと…

今まで歌舞伎を観た中で、一番面白かったかも…いや、一番面白かったです。

仁左衛門丈演じる悪役2役は、左枝大学之助と立場の太平次。

前者は大悪党で、後者は小悪党…此の後者の活躍っぷりが、堪らんのです!

ずる賢く立ち回る上に、周りの人間を躊躇なくバシバシ殺す太平次なんですが…

チャーミングな部分もあって、不思議と観客は感情移入してしまうんです。コレは、鶴屋南北の脚本の力でしょう。

そして…何と云っても、カッコイイ! o(><)o

うんざりお松を殺し井戸を覗き込む太平次(←痺れる程、絵になる!)、善良なカミさんを殺し「あっちも殺しに行かなくちゃ♪」ってな感じで急いで家に帰る太平次(←チョーウケた!)、カップルを田楽刺しに殺す太平次(←歌舞伎ならではの絵!)…

どこもチャーミングで格好良くて痺れるのですが、何よりも演じるのがアノ仁左衛門丈だから、めちゃくちゃカッコイイのだ! (>_<)

あれだけ女にモテる容姿を備えて、パフォーマンスも素晴らしいって…世の中、不公平よ… φ(.. )

是非アナタも、二幕目・三幕目の太平次の活躍に、酔いしれてくださいませ… m(__)m

今月23日(月)まで上演されております。滅多にやらない狂言らしいので、是非とも此の機会をお見逃しなく! o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 6日 (金)

かめありで、好楽一門会!

かめありで、好楽一門会!
昨日は、姪っ子達と『ドラえもん』を観た後、亀有の〈かめありリリオホール〉にて【三遊亭好楽一門会】でした。

何とゲストは、笑福亭鶴瓶師匠! (。。;)

メンバーは、出番順に…

好の助、兼好、鶴瓶
〈仲入り〉
王楽、好楽
(敬称略)

でした…好の助くんも云ってたけど、好楽一門は兼好師匠と好の助くんだけなんよね? (゜ω゜?)

好の助くん『子ほめ』、兼好師匠『初天神』、鶴瓶師匠『錦木検校』(←私もやります『三味線栗毛』です)でお仲入り。

休憩中に『三味線栗毛』について、色々と鶴瓶師匠とお話し出来て良かったァ♪ o(^-^o)(o^-^)o

さて、休憩後は〈親子競演〉。落語会ってより、保護者会かな?私『紙入れ』、好楽『子は鎹』でお開き。

いらしてくださった大勢のお客様方に御礼申し上げると共に、御多忙の中を我々一門の為にご出演くださった鶴瓶師匠にも、心より御礼申し上げます… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol. 364】

【映画見聞記  vol.<br />
 364】
【映画見聞記  vol.<br />
 364】
【映画見聞記  vol.<br />
 364】
昨日も、有楽町へ。

〈TOHOシネマズ日劇〉にて『ドラえもん のび太と奇跡の島 アニマルアドベンチャー』を観ました。

此の時期、毎年恒例となりました〈姪っ子&甥っ子サービスデー〉でありんす。

上の姪っ子のゆのは、今春から中学1年生…もう、おじさんとアニメなんか行くのが嫌になる年頃のような気がするんすけど、そうでもないらしい。

向かう電車の中で、小学生の頃に遠足の車中でよくやっていた〈揺れても足を動かしちゃいけないゲーム〉をやりました。

夢中になった上に、ムキになった私は、ずっと動かさずに有楽町へ到着!

「やった!かんくん(←姪っ子達は、私をこう呼びます)、1度も動かさなかったぞ!」

と、歓喜の声をあげたら、ゆのがクールに…

「まだやってたの?」

と…かぶせるように、下の姪っ子のひよりが…

「もうみんなやってなかったよ?」

と…とどめを刺すかのように、間もなく小学校入学の甥っ子のはるが…

「子供だね?」

と…そのまま独りで観に行こうかと思ってしまう程、ムカつきました… (-_-;)(←清々しい程、大人気ない)

そういう訳にもいかないので(←当たり前だよ)、とにかく劇場へ。

入場券を買う前に…

「ゆの、アンタはまだ入学式してないから、小学生料金だからね?それからはる、アンタも入学式してないから、幼児料金ね?」

…と、綿密な打ち合わせ(←セコい!)。

甥っ子は、子供の性で「はる、もう小学生だもん!」と叫ぶので、下の姪っ子に口封じをさせた私は、意気揚々と…

「大人1枚・子供2枚・幼児1枚♪」

…と、不思議と嬉しそうな調子で云うと…

「中学生も小学生も幼児も、料金は千円均一で変わりません」

…なぬゥ〜っ! (。。;)

せめて団体割引くらいしてけろ〜っ! (ノ><)ノ(←目も当てられないくらい、セコい)

「そんなに吹っかけられるのなら、オイラはもう帰る!」とも云えないので(←当たり前だね?)、泣く泣く入場。

塩とキャラメルが半々に入ったポップコーンに、ファンタメロンやジンジャーエールを買い込み臨戦態勢を整える我々4人…さて、如何なもんでしょうか?

ウ〜ン…

初期の作品群のクオリティーが高かったのか、それとも自分が大人になってしまったのか、今回もイマイチ楽しめませんでした。

最近の『ドラえもん』で思うのは、ジャイアンやスネ夫、そしてのび太のお母さんが、優しくなってしまってるような感じが…それは、絵のタッチが優しくなっただけではないと思います。

怖いいじめっ子の部分が前段であればある程、後半の男気溢れるジャイアンの活躍が光ると云うもの。それが、映画『ドラえもん』の醍醐味なんですから。

然し、そんな事はどうでも良いのであります。

下の姪っ子と甥っ子がケンカするのを防止する為と、ポップコーンを渡す懸け橋役になる為とで、間に座っていた私(←ひょっとしたら、ドラえもんの次に活躍したのは私かも知れません)。

クライマックスに差し掛かった時に、ヒョイと甥っ子を見たらボロボロ泣いておりまして…

そんな姿を見ると、子供だった私を感動させてくれたドラえもんが、世代を超えて姪っ子や甥っ子をも感動させてる事の素晴らしさに、目頭が熱くなります。

ドラえもんは、超一流のエンターテイナーでしょう…あ、故・藤子・F・不二雄先生も… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

【映画見聞記 vol. 363】

【映画見聞記  vol.<br />
 363】
昨日は〈ヒューマントラストシネマ有楽町〉にて『ドライヴ』を観ました。

昼はカースタントマン、夜は強盗を逃すプロの逃し屋と云う2つの顔を持つ天才ドライバーが、アイリーンと云う女性に一目惚れをして…ってな物語。どうやらクライム・サスペンスらしい。

主演のドライバーは『ブルーバレンタイン』のライアン・ゴズリング。アイリーン役は『17歳の肖像』に『SHAME』のキャリー・マリガン。いずれも、赤マル急上昇な役者さんです♪

監督は、デンマークの新鋭ニコラス・ウィンディング・レフン。【第64回 カンヌ国際映画祭】にて〈監督賞〉を受賞しております。

批評家の皆さんからも絶賛されまくってるのよね…さて、如何なもんでしょうか?

ウ〜ン…シンプルで好きな香りの作品ではあるんですが、いかんせん後半のバイオレンス部分が、個人的にはどうにも… (-_-;)

作品的にはとても良く出来てるけど、痛い場面が多いが為にげんなりしてしまった『ブラック・スワン』を観た時と近いかしら?

終始ポーカーフェイスのライアン・ゴズリングは、人間型のロボットのようでした。

団子っ鼻のキャリー・マリガンは可愛いんだけど、観ながら「そういえば、誰かに似ているな…誰だろう?」と思ってたら、杉浦幸さんでした。

それにしてもロン・パールマン、夢に出てきそうだ… (☆_☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中止なぼくら。

中止なぼくら。
中止なぼくら。
中止なぼくら。
中止なぼくら。
中止なぼくら。
中止なぼくら。
中止なぼくら。
中止なぼくら。
おはようございます。

昨日とは、打って変わっていいお天気でござんすね?

昨日、谷中の〈戸野廣浩司記念劇場〉にて開催予定だった新作落語会【第10回 夢で逢えたら…】が、悪天候の為、中止となりました。

メンバーである私・たけ平・きつつきの3人は、いらしてくださったお客様方の対応の為に、とりあえず劇場へ。

暴風雨の中を来たたけちゃんが凄い格好をしてきたので、待ち構えていた私ときつつきは大爆笑。2人で写真を撮りまくりました。

とりあえず楽屋で待機。楽しみにしてくださっていたお客様には、誠に申し訳ないんですが、我々3人…〈学校が急に休みになって喜んでる子供〉状態でした。

劇場の方から「あまりに会い過ぎてて、お頼みしてませんでしたが…劇場にサインを書いてくれませんか?」と云われ、我々はサインコサインタンジェント。

それを持った私をパシャ…まるでファンだね?

皆様、今回は誠に申し訳ございませんでした。これに懲りずに、今後とも【夢で逢えたら…】を宜しくお願いします! (>_<)

次回は、6月5日の火曜日。皆様方の御来場、心よりお待ち申しております… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

中止なぼくら。

中止なぼくら。
中止なぼくら。
中止なぼくら。
中止なぼくら。
中止なぼくら。
中止なぼくら。
中止なぼくら。
中止なぼくら。
おはようございます。

昨日とは、打って変わっていいお天気でござんすね?

昨日、谷中の〈戸野廣浩司記念劇場〉にて開催予定だった新作落語会【第10回 夢で逢えたら…】が、悪天候の為、中止となりました。

メンバーである私・たけ平・きつつきの3人は、いらしてくださったお客様方の対応の為に、とりあえず劇場へ。

暴風雨の中を来たたけちゃんが凄い格好をしてきたので、待ち構えていた私ときつつきは大爆笑。2人で写真を撮りまくりました。

とりあえず楽屋で待機。楽しみにしてくださっていたお客様には、誠に申し訳ないんですが、我々3人…〈学校が急に休みになって喜んでる子供〉状態でした。

劇場の方から「あまりに会い過ぎてて、お頼みしてませんでしたが…劇場にサインを書いてくれませんか?」と云われ、我々はサインコサインタンジェント。

それを持った私をパシャ…まるでファンだね?

皆様、今回は誠に申し訳ございませんでした。これに懲りずに、今後とも【夢で逢えたら…】を宜しくお願いします! (>_<)

次回は、6月5日の火曜日。皆様方の御来場、心よりお待ち申しております… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

【第10回 夢で逢えたら…】、中止のお知らせ。

【第10回 夢で逢えたら…】、中止のお知らせ。
【第10回 夢で逢えたら…】、中止のお知らせ。
皆様方に、ご連絡申し上げます。

本日4月3日(火)、谷中の〈戸野廣浩司記念劇場〉にて開催予定でした新作落語会【第10回 夢で逢えたら…】ですが…

ご案内の通りの悪天候の為、中止とさせて頂く事と相成りました。

楽しみにしてくださっていたお客様方に、心よりお詫び申し上げます。

お問い合わせは…

(有)トミック
03(5695)1039

です。

次回は、6月5日(火)。今後とも【夢で逢えたら…】を、どうぞ宜しくお願いします。

三遊亭王楽
林家たけ平
三遊亭きつつき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

ゆの、髪を切る。

ゆの、髪を切る。
ゆの、髪を切る。
姪っ子のゆのが、髪を切りました。

当人曰く…

「かんくん(←私の事です)、大島優子ちゃんみたいでしょ♪」

と…根が正直な私は、彼女の目を見て、頷く事すら出来ませんでした… (ノ_・。)

ゆのは、今春から中学1年生。それなのに…

「かんくん、いつ『ドラえもん』の映画に連れてってくれるの?」

なぞと、まだまだ子供っぽさ満点な発言を致します。いつ大人っぽくなられるのやら… (;´・`)

今週辺り、連れてってやるとするか♪ O(≧∇≦)o(←お前の方が楽しそうぢゃねェか)

…その前に、新作新作高杉晋作… m(__)m

明日の【夢で逢えたら…】、お時間ございましたら、是非ともいらしてください! o(><)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

たばこにちなんで…。

たばこにちなんで…。
たばこにちなんで…。
昨日は『笑点』の収録が終わった後、渋谷の〈たばこと塩の博物館〉へ。【たばこにちなむ落語会】でした。

2部構成で、1部が浮世絵研究家の新藤茂先生による講演・2部が私の落語会。

新藤先生は、大の落語好きであり落語通で、喜多八殿下を通じて二ツ目の頃に知り合ったのですが、以来と云うもの、私のようなペーペーの独演会に毎回いらしてくださり、細かい小道具の使い方などを直してくださるのでありんす。有り難ェ事である… m(__)m

落語会は、先ず私。

「煙草にちなんだ落語…何を演ればいいのかしら?」

「煙草を扱った噺なんか、いっぱいあんぢゃん」とお思いの方が沢山いらっしゃる事と存じますが、もう何回も続いてますから出尽くしてるんですよね?

それこそ私の持ちネタである『ふだんの袴』とか『巌流島』とか、煙草がもろにキーポイントになっている噺は、とっくのとうに出ちゃってんのよ… (-_-;)

考え抜いた挙句、先生が講演で〈中国の嗅ぎ煙草〉について言及なさった事からこじつけて「もろこし、今の中国に…」と云う台詞が出てくるので『厩火事』に。

いきなりの大ネタで、王ちゃんは〈不安ダースの犬〉だったのですが、いいお客様でしたので助かりました♪ o(^-^o)(o^-^)o

その後、前座の昇也さんに上がって頂き『転失気』。本編は勿論の事、マクラで煙草についても触れてくれて、客席を盛り上げてくれました!感謝… m(__)m

トリの二席目は「その方も疲れたであろうから、一服やれ」ってな台詞が出てくるので『夢金』。冬の噺なんで、コレが今シーズンの演り納めかな? (゜ω゜?)

落語会が終わると、新藤先生との対談。お客様からの質問コーナーでは、冷や冷やしっ放しでした。

終演後は〈駒形どぜう〉にて打ち上げ。

新藤先生と落語談議をしてると、何とそこに質問をしてくださったお客様方がいらしたので、一緒に呑む事に! (。。;)

その方々が「王楽さんの落語と、質問に真摯に受け答えしてくださる姿に感動しました!円生を継いでください!」と、大変無責任な事を仰ってくれました♪ベロベロだったので、今朝はもう忘れてんだろうなァ… φ(.. )

新藤先生、お疲れ様でした。今後とも、ご指導ご鞭撻の程、宜しくお願いします… (☆_☆)

とにかく3日の新作を書き上げなくっちゃ! (>_<)(←まだ書いとらんのかい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »