« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月)

【博多・天神落語まつり】楽日

【博多・天神落語まつり】楽日
【博多・天神落語まつり】楽日
【博多・天神落語まつり】楽日
【博多・天神落語まつり】楽日
【博多・天神落語まつり】楽日
【博多・天神落語まつり】楽日
さて【博多・天神落語まつり】の3日目…てか、楽日でごんす。

最終日は、出番がなくてスタッフ(てか、客)に徹しておりました。

先ずは〈キャナルシティ劇場〉にて【四人の東西会】。

メンバーは、出番順に…

桂鯛蔵、林家正蔵、桂ざこば
〈仲入り〉
三遊亭円楽、笑福亭鶴瓶
(敬称略)

でした。

開口一番の鯛蔵さんは『二人癖』。地味な噺にも拘わらず、確実にクスグリをウケさせるのは凄い。ソデで正蔵師匠と「上手いなァ…」「上手いですねェ…」と云い合っておりました。

正蔵師匠は、三枝師匠作で私も演りますの『読書の時間』。改めて聴かせて頂き、クスグリではない別の大事な部分を教わった気がします。

ざこば師匠は、お孫さんのマクラで客席と私を大爆笑させてから『月並丁稚』…江戸の『粗忽の使者』です。指をいじりながらオドオドする小僧さんが可愛い♪

仲入り後、プロデューサーの六代目が登場。十八番の『お化け長屋』を口演。さぞお疲れでしょうに、客席を爆笑の渦に叩き込んでおられました… (ノ_・。)

トリの鶴瓶師匠は『お直し』。ネタおろしされた時分と比べて、徐々に変化していく『お直し』に驚嘆。くどいようだが、鶴瓶師匠の女は色っぽいです。

そして最後は〈イムズホール〉にて【大好評SWAの会】。

春風亭昇太・柳家喬太郎・三遊亭白鳥・林家彦いち各師匠による新作落語ユニット〈SWA〉の落語会ですが、一番はじめに完売されたとか! Σ(゜ロ゜ノ)ノ

オープニングのトークで出番順が決まり、先ずは喬太郎師匠が『つる』の改作『極道のつる』。白鳥師匠『トキそば』でお仲入り。

休憩後、彦いち師匠『掛け声指南』、昇太師匠『人生が二度あれば』でお開き。ゲラゲラ笑い過ぎて、何をしに来たかわからんちんでした。

終演後は、焼肉屋〈大東園〉で打ち上げ。ひろ木くんとたこ平くんと共に、のんびり食べさせて頂きました。夜中まで痛飲したのは、云うまでもありません。

そして今朝、ひろ木・橘也・好吉・たい好と朝食を食べ、まるで修学旅行のような雰囲気。見る人が見れば、たい好が引率の先生に見えた事でしょう。

皆で「楽しかったね♪」と「六代目に感謝だね♪」を連発しながら、つい先程帰京して参りました。

此の祭典に参加させて頂ける事、心より感謝してます…六代目円楽師匠、万歳! ( ^^)Y☆Y(^^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

【博多・天神落語まつり】中日

【博多・天神落語まつり】中日
【博多・天神落語まつり】中日
【博多・天神落語まつり】中日
【博多・天神落語まつり】中日
【博多・天神落語まつり】中日
さて【博多・天神落語まつり】の中日…てか、2日目ね。

先ずは〈イムズホール〉にて【Jr.東西会】。

メンバーは、出番順に…

三遊亭一太郎、桂春蝶、三遊亭王楽、明石家のんき
〈仲入り〉
林家木久蔵、桂米団治、林家三平
(敬称略)

でした。

開演前、楽屋で以て米団治師匠から、ご自身のターニングポイントとなったご経験を、木久蔵師匠と共に拝聴しました。

此処には書けませんが、米団治師匠は25歳の時に、大失恋をなさったんですって(←書いてるよ)。

噺家をやめたいとまで思ったそうですが、ご一門の兄弟子である桂南光師匠から…

「やめるな!いつか、その女に感謝する時が来る!」

と云われたんですって…その経験があるから、米団治師匠の『崇徳院』は、真に迫るものがあるんですね?

「悲しい思い出が、いつか必ず落語に生きる時が来るから…」と、遠い目をしながら仰る米団治師匠の向かいで、口をポカーンと開けた木久蔵師匠が…

「そっすよね〜?ボクも猫が死んだ時、めちゃくちゃ悲しくて、落語どころぢゃありませんでしたもん」

木久蔵師匠、それは確かに悲しいけれども… (-_-;)

一太郎くん『初天神』、春蝶師匠『山内一豊と千代』。

お後の私は、お子さんも多かったんで『つる』を演ろうかとも思ったのですが『高砂や』にしました。

…そしたら別の会場で、ほぼ同時間にパパの好楽が『つる』を演ってまして…〈同時多発『つる』〉をやらなくて良かった。「親子でやってら♪」なんて、笑われるところでしたよ。

リーゼントののんき師匠『まんじゅう怖い』でお仲入り。休憩後、木久蔵師匠『権助魚』、米団治師匠『掛け取り』、三平師匠『秋の唄』でお開き。

〈あさだのカレー〉を食べてから(←おかわりまでしちゃいました♪)〈JR九州ホール〉に移り、次の公演は【五代目円楽一門 四天王の会】。

メンバーは、出番順に…

三遊亭王楽、三遊亭兼好、三遊亭円楽、三遊亭円橘
〈仲入り〉
三遊亭好楽、三遊亭鳳楽
(敬称略)

でした。師匠の命日にこういう会が出来るのは、とても嬉しいです。

私『鈴ヶ森』、兼好師匠『宮戸川』、六代目『紀州』、円橘師匠『雁風呂』でお仲入り。休憩後、好楽『紙屑屋』、鳳楽師匠『寝床』でお開き。

中村園先生が差し入れてくださった〈いかめし〉を頂いてから、今度は〈キャナルシティ〉に行き、出番はないがお手伝い。公演は【東西たっぷり会 其の二】。

メンバーは、出番順に…

立川談春、桂米助、笑福亭鶴光、桂歌丸
〈仲入り〉
桂きん枝、桂三枝
(敬称略)

たっぷり聴けるのが楽しみです♪ o(^-^o)(o^-^)o

たっぷり聴く前に、楽屋にモツ鍋があっていい匂いがしたから、折角だから食べました(←コイツ、食べてばっかり)。

生意気過ぎるのに何故か可愛い子供が光る談春師匠の『真田小僧』、ミスターの存在が馬鹿馬鹿し過ぎて楽しい米助師匠の『長嶋裁き』、駄洒落の嵐に巻き込まれる鶴光師匠の『荒茶』、何度聴いても「コレがお前の〈うす〉!」に爆笑させられる歌丸師匠の『尻餅』でお仲入り。

休憩後、酔っ払いが人柄の良さを伝えるきん枝師匠の『親子酒』、笑って泣いてのハートウォーミングな物語が圧倒的な三枝師匠の『仲直り』でお開き。

終演後、中日お馴染みの〈ウォーターダイニング蔵音(くらいん)〉にて打ち上げ。

のんき師匠がプレスリーを歌えば、鶴瓶・小遊三・桃太郎各師匠が踊る。市馬師匠が『俵星玄蕃』を歌えば、鶴光・染丸・正雀各師匠が踊る…落語ファン垂涎の、かくし芸大会でした♪ O(≧∇≦)o

さて、楽し過ぎる此の祭典も、いよいよ楽日。もう出番はありませんので、いちファンとして楽しんで参ります! o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

【博多・天神落語まつり】初日

【博多・天神落語まつり】初日
【博多・天神落語まつり】初日
【博多・天神落語まつり】初日
【博多・天神落語まつり】初日
【博多・天神落語まつり】初日
【博多・天神落語まつり】初日
【博多・天神落語まつり】初日
【博多・天神落語まつり】初日
【博多・天神落語まつり】初日
昨日から3日間…【博多・天神落語まつり】です! O(≧∇≦)o

東西の人気者が一堂に会する此のビッグな落語祭典も、早いもので今年が5回目。

プロデューサーは、我が一門の稼ぎ頭である六代目・三遊亭円楽師匠。

人気者の先輩方の噺をソデでじっくり堪能出来るので、若手にとっては大変嬉しい限りです。そんな場所を提供してくださる六代目には、心より感謝致しております。

朝、落語界のオールスターメンバーが羽田空港に集い、福岡へ。

拙者、先ずは〈イムズホール〉にて【明日の真打・大看板 千円寄席】。

番組は、出番順に…

三遊亭好吉、桂小鯛、春風亭昇也、三遊亭橘也、ゲスト
〈仲入り〉
林家ひろ木、桂二乗、三遊亭王楽
(敬称略)

でした…ゲストって、誰なんでしょう? (゜ω゜?)

若手ばかりですから、楽屋が部室みたいになっていること甚だしい。特に橘也のはしゃぎっぷりと云ったら…皆さんには見せられませんよ。

ゲストが誰なのかわからない若手の会にも拘わらず、沢山のお客様方がいらしてくださり有り難い限り。

好吉くん『子ほめ』、小鯛さん『動物園』、昇也さん『転失気』、橘也くん『桃太郎』(←橘也くんの時、高座にハエが飛んでました。彼の人徳でしょう)。

引き続き、いよいよゲストは…何と、六代目! (>_<)

めくりが橘也から六代目になった時、客席から「オーっ!」と云う歓声が…そらそうだ、地獄から天国なんだから(←そんなに橘也を悪く云う事はない)。『そば清』で、お仲入り。

休憩後、ひろ木くん『読書の時間』、二乗さん『はてなの茶碗』、トリの私は『一文笛』でお開き。

三枝師匠作『読書の時間』『はてなの茶碗』『一文笛』…図らずも〈仲入り後、上方噺特集〉となりました… m(__)m

その後、同会場の〈イムズホール〉にて【東西Jr.+BIG1】。

メンバーは、出番順に…

三遊亭王楽、桂春蝶、春風亭小朝
〈仲入り〉
林家木久蔵、桂米団治
(敬称略)

でした。所謂ひとつの〈小朝とお茶目な二世たち〉ですね?

私『片棒』、春蝶師匠『地獄八景亡者戯』、小朝師匠『お菊の皿』でお仲入り。

『片棒』『地獄八景亡者戯』『お菊の皿』…図らずも〈仲入り前、死後の世界特集〉となりました。

休憩の時、二世で集まって写真を撮りました。本当は〈横丁の若様〉にも入って頂きたかったけど…勇気がなくて云えませんでした。

休憩後、木久蔵師匠『天狗裁き』、米団治師匠『蛸芝居』でお開き。

終演後、水炊きの美味しいお店〈華味鳥(はなみどり)〉で打ち上げ。

東西の大御所が集まり、酒を酌み交わしてましたが、南光師匠が三平師匠の結婚指輪を飲んだフリをした時、三平師匠がマジで泣きそうになったお姿は、めちゃくちゃチャーミングでした♪ ◎^∇^◎

さて、2日目の今日も頑張ります! o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

早いもんで、三回忌。

早いもんで、三回忌。
早いもんで、三回忌。
早いもんで、三回忌。
早いもんで、三回忌。
早いもんで、三回忌。
昨日は〈易行院〉にて、師匠である五代目・三遊亭円楽の三回忌法要でした。

一門は勿論の事、歌丸師匠や木久扇師匠、そして『笑点』のスタッフはじめ沢山の方々がいらしてくださり、師匠の人徳を感じました。

法要が終わったのが正午なのですが、驚いた事に零時過ぎまで呑んでしまいました…あ、師匠の思い出話をしながらですよ?(←それにしたって呑み過ぎだよ)

さて、今日からの3日間は【博多・天神落語まつり】です! (>_<)

師匠のお陰で仕事が出来る事に感謝しつつ、またプロデューサーである六代目に感謝しつつ、祭典を楽しんで参ります♪ ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

コントが楽しみだ♪

コントが楽しみだ♪
コントが楽しみだ♪
昨日は、NHKにて『厄払い』を演って参りました。10月に『厄払い』を演ったのは、長い落語界の歴史上でも私くらいでしょう。

夜は【夢で逢えたら…】の打ち合わせ。たけちゃんの楽屋噺に、私ときっちゃんは大爆笑♪(←打ち合わせしてたんちゃうんかい)

12月12日(月)のは、コントが凄いんですよ?何てったって、作家さんに書いて頂くんですから。

その案も出来上がり、これから執筆して頂きますが…ハッキリ云って、チョー面白そうです!面白くなかったら、それは我々3人の責任でしょう… m(__)m

とにかく暮れのビッグイベント、ひと足早いクリスマスプレゼントをお届け出来たら幸いです♪皆様、是非いらしてください! (>_<)

明日は、師匠の三回忌。そして明後日から3日間、博多へ。一年て、あっという間よね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

市馬師匠な2days♪

市馬師匠な2days♪
昨日は〈相模原市民会館〉にて一席。『高砂や』を演りました。

『高砂や』は、二ツ目になった時に柳亭市馬師匠から教わり、それ以来ヘビーローテなネタではありますが、久し振りに時間を計ってみたら、12分と短くなっていた…何故?どこか抜けてたかしらん? (゜ω゜?)

今日は、これからNHKへ。ラジオ収録の為、ひと足早く季節外れなネタ『厄払い』を演って参ります♪ o(^-^o)(o^-^)o

…あ、そういえば此の『厄払い』も、前座の頃に市馬師匠から教わったネタでした。市馬師匠、今日も稼がせて頂きます… m(__)m

※写真は、市馬師匠ではありません。ご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

【映画見聞記 vol. 332】

【映画見聞記  vol.<br />
 332】
昨日は〈TOHOシネマズ渋谷〉にて『カウボーイ&エイリアン』を観ました。

タイトルからして荒唐無稽ですが、面白い荒唐無稽に転がってくれれば良いのですが…。

でも、主演がダニエル・クレイグだし、監督が『アイアンマン』のジョン・ファブローだから、ちょっぴり期待しちゃうのよね?

さてさて、如何なもんでしょうか?

おっと…クライマックスから退屈しちゃいました♪

元々エイリアンに興味がないからダメなんですかね?スピルバーグみたいに、夢のある少年ぢゃなくてスイマセン… m(__)m

『トロン:レガシー』に出ていたオリヴィア・ワイルドがヒロイン。昨年、インタビューさせて頂いたのが懐かしいワ… (ノ_・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

いざ、和が学び舎へ…。

いざ、和が学び舎へ…。
いざ、和が学び舎へ…。
いざ、和が学び舎へ…。
今日は【駒澤大学高等学校 同窓会 創立60周年 記念総会】にて一席。

駒澤大学高等学校…此の学び舎を卒業したのは、1996年の春。

桜新町で下車して改札をくぐった後、右か左か迷ってしまい…右に出たら、見慣れていた風景で助かった。

卒業した後、2004年に一度母校に呼んで頂いてたにも拘わらず、忘れているだなんて…私、ボケが始まってるのかしら? (゜ω゜?)

学校は、駅から徒歩13分と、相変わらず中途半端に遠い。懐かしさに浸りながら、ブラブラ歩きました。

門をくぐると、プ〜ンと馬の香り…そう、隣りの〈馬事公苑〉の香りです!めっちゃ懐かしい、めっちゃ嬉しい♪(←嬉しくはない)

迎えてくれたのは、田中大輔先生。

彼は1年生の時の同級生で、今や母校で国語を教えているのです!その上、ご結婚までされて…大層ご立派になられて、心よりお慶び申し上げます… (ノ_・。)(←ま、大きなお世話ではあるけどね?)

「控え室として使ってください」と、通されたのが応接室。在学中にお世話になっていた先生方が挨拶に来てくださり、何だか〈逆呼び出し〉をくらったようで落ち着きませんでした… (-_-;)

さて準備完了したところで高座に上がると、前列にはお世話になった先生方がズラリ! (。。;)

やりにくいこと甚だしかったですが、お世話になった恩師の皆さんへ「有難うございます」の気持ちを込めて『鼓ヶ滝』を口演。先生方、私のメッセージは届きましたでしょうか?

お陰様で〈罰ゲーム〉のような高座も滞りなく終了し、懇親会でも懐かしの恩師の方々と語らせて頂き、充実のひと時でした。

駒澤大学高等学校の卒業生代表として精進しますので、今後とも宜しくお願いします… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

【映画見聞記 vol. 331】

【映画見聞記  vol.<br />
 331】
【映画見聞記  vol.<br />
 331】
本日、映画を2本鑑賞…要するに、きたざわひとし副会長不在で、ひとりで〈活写会〉をやったようなもんですわ。

観たのは『ステイ・フレンズ』と『エンディングノート』。

先ずは〈新宿武蔵野館〉にて『ステイ・フレンズ』。

後腐れナシの肉体関係で結ばれていた男女の間に芽生えるロマンスを描く。監督は、新鋭ウィル・グラック。

主演は『ソーシャル・ネットワーク』のジャスティン・ティンバーレイクと『ブラック・スワン』のミラ・クニス。

『ブラック・スワン』の時の彼女の悪女っぷりは、凄まじいものでした…さてさて、如何なもんでしょうか?

予測可能で、ありふれた感じの否めない物語でしたが、主演2人の魅力で何とか持ちました。ポップコーンを抱えながら観れば良かった…そんな映画です。

ミラの良さは予想通りでしたが、ジャスティンのチャーミングな魅力が全開でした。ミラは、ハスキーな声と、泣きそうな時に鼻がヒクヒクする顔が素敵ね♪

2人が初めて繋がるベッドシーンで、私の後ろにいらした20代後半と思しき女性3人組が、ゲラゲラ笑いながら喜んでたんすよ…ま、云うまでもなく私も喜んでたんすけど。

で、ジャスティンがミラに「僕はイク時に、必ずくしゃみをする」って云うんですワ。

それから事が始まって、後ろの3人組は大喜び♪間もなくジャスティンが「ハクション!」とやったら、私の真後ろの女性が…

「早っ♪」

と…何だか、身につまされる思いでした… (-_-;)

上記の通り、単純な作りではありましたが、主演2人の他にも、パトリシア・クラークソンにウディ・ハレルソン、そして『扉をたたく人』のリチャード・ジェンキンスと云う〈通好み〉な役者さんが脇を固めていたのも良かったです。

ほんでもって〈新宿ピカデリー〉にて『エンディングノート』。

高度経済成長期に熱血営業マンとして働いてきた男性が、定年退職後に間もなくガンを宣告されるも前向きに生きていく様を、実の娘さんがカメラで追っていく。是枝裕和さんが製作として携わっております。

小中学生の頃の後輩であり、今や〈活弁士〉として活躍中の坂本頼光くんが…

「先輩、もう御覧になられたかも知れませんが『エンディングノート』は色んな意味で傑作です。未見でしたら是非!」

…なんてな事を云われて、観に参りました。さて、如何なもんでしょうか?

中盤辺りから「ジュル、ジュル…」と云う鼻水をすする音と嗚咽の嵐。娘さんに、こういうのを撮って頂けるお父様は幸せですね。

観て思ったのは「早く結婚して子供産まないとな♪」って事です…ま、私が産む訳ぢゃござんせんがね?

2本観て、コレで今年の通産49本。おかわりくんとのデッドヒート、負けないもん!(←何の話?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

きたざわひとし副会長との再会。

きたざわひとし副会長との再会。
昨日は、きたざわひとしくんと会いました。

…なに?

「〈きたざわひとし〉って誰?」ですと…!?

控えおれ!

きたざわひとしくんとは…

私が大学生の時の映画館のバイト仲間だ!

「オーイ、それぢゃあ知らねェよ!」

いや、それだけでなく…

最近は活動休止しているが、硬派に映画を観に行く会…〈活写会〉の副会長なのだ!(←ちなみに私が会長…ま、2人しかいない会なんだけどね♪)

「そんなんも知らねェぞ!」

わかったわかった…

きたざわひとしくんは〈ワタナベエンターテインメント〉所属のお笑いトリオ…〈ザ・ゴールデンゴールデン〉のメンバーだ!

先日の【キングオブコント2011】の準決勝にも進出し、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのお笑いトリオのメンバーです♪ O(≧∇≦)o

彼と会うと、映画・小説・音楽・お笑いなど、話す事は尽きません。

昨夜も、共に最近観ていた『モテキ』の話に始まり、ドストエフスキーをちょろっとだけ通過して、最後には共に大好きな『ポリスアカデミー』の話で締めくくられました… m(__)m

お互いに忙しくなってしまったので、此処んところ中々会えなくて淋しかったのですが(←恋人か)、久し振りに会えて嬉しかったです… (ノ_・。)

きたざわひとし副会長、今後とも宜しくお願いします! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

拝啓、三枝会長。

拝啓、三枝会長。
拝啓、三枝会長。
昨日の昼は【しのばず寄席】にて『鈴ヶ森』を演って参りました。久し振りでしたワ。

夜は、たけ平さんときつつきくんと共に桂三枝会長のところへご挨拶。

12月12日(月)に、渋谷の〈伝承ホール〉にて【夢で逢えたら…】の特別編を開催するのですが、そのゲストが三枝会長なのでありまする♪ o(^-^o)(o^-^)o

あるお願いも致しました…え、何をお願いしたかって?そいつァ云えませんよ! O(≧∇≦)o

とにかくお楽しみに♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

お帰りなさい。

お帰りなさい。
昨日の昼間は〈杉田地区センター〉にて独演。『佐々木政談』『猫の皿』『鼓ヶ滝』を演って参りました。

そして夜は、霞ヶ関の〈イイノホール〉にて【第336夜 にっかん飛切落語会】。

【にっかん飛切落語会】が、元々の会場である〈イイノホール〉に戻って参りました。そのこけら落とし公演なのであります。

番組は…

口上、三遊亭円楽、桂歌丸
〈仲入り〉
立川志の輔、柳家小三治
(敬称略)

と云う、物凄い贅沢なメンバー。私の出番は、口上の司会でしたが…いや〜、緊張しましたよ。

お歴々と並ぶ事自体がド緊張ですが、それよりも「それしか出番がないのに、噛んだり間違えたりしたらどうしよう…」なんて事ばかりが頭をよぎりますから、会場着いて落ち着かないこと甚だしい。

とりあえずソツなくこなして(←自分で云ってりゃ世話ないよね♪)、六代目『一文笛』、歌丸師匠『質屋庫』でお仲入り。

休憩後、志の輔師匠『バールのようなもの』、トリの小三治師匠『二人旅』でお開き。ドリームチームの落語会は、あっという間に終わりました… m(__)m

終演後に六代目が、志の輔師匠と生志師匠と私を銀座へ呑みに連れて行ってくださいました。有難うございます♪ o(^-^o)(o^-^)o

師匠の五代目円楽が立ち上げたホール落語の記念口上に並べた事、心より嬉しく思います。

今後とも【にっかん飛切落語会】、並びに〈イイノホール〉を宜しくお願いします! o(><)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

ジョニーとヤクルト。

ジョニーとヤクルト。
ジョニーとヤクルト。
昨日は、地元の〈諏訪台ひろば館〉にて【荒川ふれあい寄席】。『棒鱈』を演りました。

楽屋に来た甥っ子のはるくんと〈ジョニー〉こと上楽師匠との会話…

はる「ジョニー、ひより(←はるの姉・私の姪っ子)はヤクルトが好きなんだよ。ヤクルトって知ってる?」

ジョニー「そら知ってるよ、ゴクゴクゴクゴク〜って飲むやつでしょ?」

はる「ブーっ!野球のヤクルトでしたァ♪」

ジョニー「なァんだ、カタカナのヤクルトの方か…」

…いや、乳酸菌の方もカタカナだよ! (ノ゜O゜)ノ

さて、今夜は〈イイノホール〉のこけら落とし公演【にっかん飛切落語会】の記念口上の司会を務めて参ります♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

名人の素敵なエピソード。

名人の素敵なエピソード。
名人の素敵なエピソード。
名人の素敵なエピソード。
名人の素敵なエピソード。
昨日は、新橋駅前の〈カタログハウスの店〉にて【第14回 新橋たっぷり寄席】でした。

我が父・好楽の元の一門の弟弟子でいらっしゃいます林家正雀師匠が、2ヶ月に1回開催されている落語会。

会場入りする前に、会場前の〈富士そば〉にて昼飯タイム。

食券を買おうとしたら、メニューの中に〈よくばりコンボ〉と云うのがあった…

「〈よくばりコンボ〉って何ぞや…?」と興味津々で頼んでみたら、カレーとカツ丼と牛丼が一緒くたにテンコ盛り! (。。;)

成程、これ以上の〈よくばりコンボ〉はありません。見かけによらず大食いで炭水化物好きの王ちゃんは、大満足でした♪ ◎^∇^◎

落語会の番組は…

春風亭一力、三遊亭王楽、古今亭志ん丸
〈仲入り〉
林家正雀
(敬称略)

でした。

開口一番は、一朝師匠の6番弟子・春風亭一力さんで『たらちね』。明るいし、上手い。一朝師匠にそっくりなのよね♪ O(≧∇≦)o

私は、先日ネタおろししたばかりの『佐々木政談』。舞台ソデで正雀師匠が聴いてくださってたので、めちゃくちゃ緊張! o(><)o

終わった後、アドバイスをしてくださいました。何とまァ、有り難ェ事でありますか… (ノ_・。)

古今亭志ん丸師匠は『鰻の幇間』…だったのですが、兄弟子を捕まえてこんな事を云うのは大変失礼なんですけど、とてつもなく面白かったです! (>_<)

鰻屋の女が、非常にいいアクセントとなってまして、場内は爆笑の渦でした。来年の夏、志ん丸師匠に教わりに行きましょうか♪

休憩後、主役の正雀師匠が『らくだ』。兄貴分である〈丁の目の半次〉の内側の部分が描かれていて、ガッテンガッテン。近い内に、また演りたくなりました。

「昨晩、久し振りに演りたくなりまして、稽古をして参りました」と、立て続けに『稲川』をお演りになってお開き。

高座から下りられた正雀師匠から、衝撃の事実を聞かされました…

前日に独演会があって、初演の『今戸の狐』をはじめ『毛氈芝居』『不孝者』『茶漬間男』『兵庫船』と、計五席もお演りになっていたそうな! Σ(゜ロ゜ノ)ノ

五席も凄いが、ネタがかぶってないのも凄い。大先輩の頑張るお姿に、感動しました。いやはや、頭が下がります… m(__)m

それから当日のプログラムにも書いてあり、正雀師匠から聞いたお話にも感動しました。下記の通り…

黒門町こと八代目・桂文楽師匠が、古今亭志ん生師匠にどうしても敵わないと思っていた噺が一席あったそうな…

それは『鰻の幇間』。

「え、だって『鰻の幇間』は黒門町の十八番ぢゃん?」とお思いの方も沢山いらっしゃいましょうが、主人公の幇間・一八が一流の幇間でないところが理由だったそうです。

黒門町ご自身が人形町末広でトリをとっている時に、わざわざ一日だけ出番を休んで、代演を志ん生師匠に頼み『鰻の幇間』を演って貰ったとか。

それを客席の一番後ろで、大きなマスクで顔を隠した黒門町が聴いて勉強したんですと…

此の話には、心底頭が下がります。

「あれだけ完璧に黒門町流に仕上がっている『鰻の幇間』なんだから、わざわざそこまでする事ないのに…」と思ってるようぢゃ駄目なんですね?

あの完璧な噺をより良くしようと努力を怠らない、その芸に対して貪欲だった名人の姿勢には、胸が熱くなります。

ウチの大師匠である六代目円生もそうなんですよ?

その時、二ツ目だった橘家文蔵師匠から『竹の水仙』を教わったんですから。

ただ教わって、帰り際に円生師匠が文蔵師匠に放った一言が強烈…

「お前さんより、私の方が上手く演りますから…テヘっ♪」

文蔵師匠は、去りゆく円生師匠の背中を蹴飛ばしたかったでしょうね。我が大師匠の〈人となり〉が偲ばれる、素敵なエピソードです♪(←どこが素敵やねん)

正雀師匠、有難うございました! o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

『モテキ』を観た後…♪

『モテキ』を観た後…♪
『モテキ』を観た後…♪
昨日は『モテキ』を観た後【両国寄席】へ。3日間トリの楽日でした。

『モテキ』の長澤まさみさんを見たら、無性に演りたくなりました為、最終日のネタは『三枚起請』。

高座から下りると、楽生師匠から「凄いねェ、3日間〈廓(くるわ)噺〉特集だねェ」と。

初日『子別れ』・中日『付き馬』・楽日『三枚起請』…そう云われれば、図らずもそうなりました。3日間いらしてくださいましたお客様方、本当に有難うございます… m(__)m

終演後、出演者一同で打ち上げ。最終日でしたから、大いに朝まで痛飲。

B'z の稲葉浩志さんと同い年である大楽師匠は「血糖値が上がるといけないから…」と、鯖の味噌煮と焼鳥の盛り合わせとかっぱ巻きを2人前と云うメニューで節制をし(←大楽師匠にとっては、紛れも無い節制です)、ジョニーは云うまでもなく〈USJ〉に変身してました。

それにしても、いいお天気ですね?今更な時間ではありますが、陽気な日曜日をご堪能ください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol. 330】

【映画見聞記  vol.<br />
 330】
【映画見聞記  vol.<br />
 330】
昨日、寄席に行く前に〈TOHOシネマズ錦糸町〉にて『モテキ』を観ました。

姪っ子の〈ゆの〉が「どうしても観たい」と我が儘を云うので、此の度重い腰を上げて観に行く事になりました(←姪っ子から「かずおも観に行きたいくせに」と、痛くもない腹を探られました)。

草食系男子に、突然〈モテ期〉が!それ、オイラにも来ないかしら… φ(.. )

主人公は、森山未來さん。長澤まさみ・麻生久美子・仲里依紗・真木よう子と云う、今をときめく絢爛たる女優陣に囲まれて…何て羨ましいんでしょう! (>_<)

Lサイズのファンタメロンを姪っ子と交互に飲みながら、いよいよ映画開始!さてさて、如何なもんでしょうか?

「いい…」

「…親方、そんなにいいですか?」

「いい…いい…いい…」

「…神経痛がお湯ゥ入ってんぢゃないんですから…何がそんなにいいんですか?」

何がって…

みゆき役の長澤まさみさん!

素晴らしい!

彼女の魅力、240%全開フルスロットル!

元々大好きですが、非常に最近の彼女のニンに合った、男を翻弄する小悪魔的な役柄でした。

みゆきを見てて『(500)日のサマー』でズーイー・デシャネルが演じたサマーを思い出しました。双方共に、男の子だったら好きにならずにいられまへんが、現実的には好きになってはいけないタイプどす。

みゆきにやられたシーンは数多くあったものの、中でもガツンと来たのは…「ドロンしま〜す!シュンシュンシュンシュン♪」の場面…ハートに手裏剣が刺さりました。ハイ、アナタも観ればわかります… m(__)m

本編は、多少やかまし感もあるものの、流れる曲などが世代的にクリティカルヒットしてましたし、壮大な〈長澤まさみプロモビデオ〉と観てますから、めっちゃ楽しかったです。

ただ、オープニングから「童貞」とか「やりたい」を連発してるんで、姪っ子と観に行く映画ではありませんでしたな…意味がわからない姪っ子は、呑気に駄菓子を頬張ってましたとさ。

終映後、姪っ子と『モテキ』のポスターの前に立ち「ゆのちゃん、誰が可愛かった?」と聞くと「此の人と、此の人」と云って、麻生久美子さんと仲里依紗さん。

「ぢゃあ、此の人は?」と云って長澤まさみさんを指すと、間髪入れず…

「此の人、キライ」と…男の子を翻弄する女の子は、老若隔てなく女性から嫌われるのかしらね?

帰り道、劇中に流れていた『格好悪いふられ方』や『今夜はブギー・バック』を口ずさんでました。また〈ひとりカラオケ〉で歌いまくろっと♪ O(≧∇≦)o

とにかくオススメです!是非、劇場で御覧ください♪ ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

同じ歌で飽きないかね?

同じ歌で飽きないかね?
同じ歌で飽きないかね?
昨日は【両国寄席】の中日。

両国駅前の〈歌広場〉で時間をつぶしていると、隣りの部屋から…

「愛〜する〜人〜よ〜、うつ〜く〜しく〜!」

…と云う、男の人の歌声が聞こえてきた。

題名がわからないのだが、凄い事には、何と此の曲を連続で8回も歌われたのだ! (。。;)

上記はサビの部分なので、すっかり耳にこびりついてしまいました。

一瞬「コンクールにでも出すのかしら?」とも思ったが、そんなには上手くないし…あんなに同じ歌を歌って飽きないのかしらね?

それを堪能(?)してから楽屋入りすると、ジョニーと交替された扇治師匠が『さんま火事』をお演りになられてました。

休憩後、きつつきくんが『バブー指南』。ヒザのマギー隆司先生に〈ゆる〜いマジック〉を披露して頂き、トリの私は『付き馬』。お客様方、帰られる際に雨を降らせてしまい、いつもながらスイマセン… m(__)m

さて、今日は【両国寄席】の楽日。気合い入れて頑張るぞ! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

図らずも、リレー落語♪

図らずも、リレー落語♪
図らずも、リレー落語♪
図らずも、リレー落語♪
図らずも、リレー落語♪
昨日の昼は〈浅草演芸ホール〉へ。柳家三三師匠に稽古をつけて頂きました…何を教わったかって?ヒ・ミ・ツ♪ ◎^∇^◎(←キモ)

行ったら林家ひろ木くんに会ったので、仕方がないから写真を撮ってあげました! (>_<)

それから夜は【両国寄席】。3日間、トリをとるのです。晴れの初日。

楽屋入りすると、小円朝師匠が『強飯の女郎買い』をお演りになっていた…要するに『子別れ』の〈上〉です。

「それならば、折角だから…」と私は、当初演る予定だったネタをやめて『子は鎹』を演りました…要するに『子別れ』の〈下〉です。

楽屋に戻ると、小円朝師匠はニヤリと笑って一言…「やりァがったな?」と。

後輩の下手くそな噺を聴いてくださっていたみたいで、色々とアドバイスをしてくださいました。小円朝師匠、有難うございます…。

さて、今日は両国2日目。私の前には、マギー隆司先生にきつつきくんなので楽しみ!張り切って参りましょう♪ o(^-^o)(o^-^)o

あ、そうそう…

両国駅の東口改札を出て目の前にある〈横綱横丁〉って路地を入って左手に〈文殊〉って立ち食いそば屋さんがあるんですよ。

そこの〈ざる定食〉を食べるのが、王ちゃんの両国行った時の楽しみでごんす。

ざるそばが美味いのは云うまでもありませんが、かき揚げ天丼がもう堪らないんです…是非、ご賞味あれ♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

王ちゃんの憂鬱。

王ちゃんの憂鬱。
こんにちは、岡田将生です…ってオイ、お前はアントキノイノチか。

改めまして、三遊亭王楽です。

前にも此のブログで書きましたが、私はAKBの中では柏木が好きです。

柏木と云ったって…

我が大師匠の六代目・三遊亭円生ぢゃねェぞ!?(←柏木に住んでいた事から、そう呼ばれてました)

まァそっちも好きだが(←ってオイ、好きって失礼だろ)、此処で云う柏木と云うのは…

〈ゆきりん〉こと柏木由紀ちゃんだ♪ O(≧∇≦)o

姪っ子や甥っ子もAKBが大変好きで、中でも年長さんになる甥っ子の〈はるくん〉は、自身のベスト3を作るくらい夢中だ。

王楽「はるくん、AKBの中で1番好きなのは?」

はるくん「よこやまゆい!」

王楽「ぢゃあ、2番は?」

はるくん「まついじゅりな!」

王楽「ぢゃあ、3番は?」

はるくん「いたのともみ!」

…と。

此処まで聞いて王ちゃんは、つくづく思いました…

「甥っ子と好きな子がかぶらなくて良かったな」と… (-_-;)(←まァ、甥っ子が好きな子も好きだけどね♪)

…なんてな事を、先日の独演会のマクラでも話しましたが、コレには続編があった…

王楽「はるくん、4番目に好きな女の子は?」

はるくん「かしわぎゆき!」

…な、なぬーーーーーーーっ!? (。。;)

昔の人は、上手い事を云ったもんだ…

「獅子身中の虫」と…。

また、うしろ髪ひかれ隊も上手い事を云ったもんだ…

「ほらね、春(はる)が来た」と…(←上手い!…ってオイ、さほどに上手くないよ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

【第16回三遊亭王楽ひとり会】

【第16回三遊亭王楽ひとり会】
【第16回三遊亭王楽ひとり会】
昨日は、人形町〈日本橋社会教育会館〉にて月例独演会…【第16回 三遊亭王楽ひとり会】でした。

助演してくれたのは、我が一門の〈錆びたナイフ〉こと三遊亭鳳笑ちゃん。

開口一番は、私。近況を報告(?)してから、自作の『あぶない刑事』。

続く鳳笑ちゃんは『あたま山』。シュールな男には、シュールな噺がよく似合う。

王ちゃんの二席目は『かんしゃく』。

前座の頃、初めて柳家喜多八殿下に稽古をつけて頂いたネタで、7月に鶴瓶師匠の『かんしゃく』を聴いて、久方振りに演りたくなりましたので、今回のネタ出しとなったで御座候。演るのは、3年半振り。

久方振りに演ってみましたが、小言の部分が難しくて…個人的に好きな噺ではあるんですが、しばらく寝かせてみようかとも思ったりします。とか云いながら、近々再演するかも知れません…て、どっちやねん。

休憩後、トリネタは初演の『佐々木政談』。我が一門の〈五天王〉のひとりである楽之介師匠から教わりました(←何だ〈五天王〉ってのは?)。

楽之介師匠のは、何と云っても子供が可愛い♪

先代金馬師匠のや、我が大師匠である六代目円生のもいいのですが、子供のこまっしゃくれ方が少々どぎつくて…個人的には楽之介師匠のが好きで、今回教わったのであります。

さて演ってみたら、手応えあり♪…って自分で云ってりゃ世話ないが、侍と子供は王ちゃんの柄らしいです(←誰も云ってまへんが)。

いやァ、毎月やってるのに、懲りずにいらしてくださる皆様方には、感謝感激則巻アラレです。今後とも何卒宜しくお願いします! m(__)m

さて…明日から3日間、ホームグラウンドである【両国寄席】にてトリを勤めます。戦士に給食はない…間違えた、休息はない!皆様、是非いらしてください! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

今日は、独演会!

今日は、独演会!
今日は、独演会!
今日は、独演会!
今日は、独演会!
今日は、独演会!
今日は、人形町〈日本橋社会教育会館〉にて【第16回 三遊亭王楽ひとり会】です。

かなり気合い入れてますので、是非いらしてください! (>_<)

…てか「最近の王楽さんのブログ、雑ぢゃない?」と思っている読者が少なからず居る気がする。

然し、心配無用です。雑ぢゃなくて…


めんどくさくなっただけだ!(←尚悪いよ!…てか、おんなじか♪)

いや、ほんとのこというと、稽古してて大変なだけよ(←嘘つき。ずっと『フライングゲット』聴いてたくせに)。

…てか今日の会、大丈夫なのか? (゜ω゜?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

ごめんごめん!

ごめんごめん!
ごめんごめん!
ごめんごめん!
ごめんごめん!
ごめんごめん!
ごめんごめん!
ごめんごめん!
ごめんごめん!
ごめんごめん!
こっちでした… (。-人-。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

寿・結婚40 周年!

寿・結婚40<br />
 周年!
寿・結婚40<br />
 周年!
寿・結婚40<br />
 周年!
寿・結婚40<br />
 周年!
寿・結婚40<br />
 周年!
寿・結婚40<br />
 周年!
寿・結婚40<br />
 周年!
寿・結婚40<br />
 周年!
寿・結婚40<br />
 周年!
寿・結婚40<br />
 周年!
過日、両親の結婚40周年の記念パーティーを催しました。

我々姉弟3人が勝手に企画したプロジェクトに、我々が子供の頃からお世話になっている周りのお客様がご協力くださり、ちょっとしたサプライズになりました。皆さん、有難うございます… m(__)m

何だか両親、とても嬉しそうだったなァ?

今の私があるのも、周りの皆さんのお陰であるのは云うまでもありませんが、育ててくれた両親のお陰です。有難うございます。

これからも恩返しをする為に、精進します。

お父さん、お母さん、今まで有難うございます。そしてこれからも、宜しくお願いします!


…ってオーイ!嫁に行くような文章書いておいて、関係なさそうな人が沢山写真に写ってるよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

王楽、両国で3日間トリをとる!

王楽、両国で3日間トリをとる!
王楽、両国で3日間トリをとる!
王楽、両国で3日間トリをとる!
王楽、両国で3日間トリをとる!
来週13日(木)から15日(土)、我ら一門のホームグラウンドである【両国寄席】にて、みんなの王ちゃんが3日間トリを勤めます!

3日もあるんだから、いちにちぐらいはいらして頂けますよねェ… (ノ_・。)

17時30分開場・18時開演。

前売 1,200円・当日 1,500円…って、安くありません? (゜ω゜?)

ご予約・お問い合わせは…

両国寄席
03(3635)7619

です。

もしくは受付で「王楽の客です♪」と仰って頂ければ、前売料金になります。

気合い入れて頑張りますので、是非ともいらしてください! (>_<)

…その前に11日(火)の独演会、是非いらしてください♪ ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

秘密(?) の猛特訓!

秘密(?)<br />
 の猛特訓!
実は今…あるプロジェクトの為に、秘密の猛特訓をしております!

ヒントは、写真。

そして答えは、小朝師匠のブログの10月4日の【稽古会】ってのと5日の【やるねぇ!】って記事♪(←不精しないで、自分で書きなさい)

噺家らしいと云えば噺家らしいし、噺家らしくないと云えば噺家らしくない…とにかく、凄くぶっ飛んだプロジェクトである事は確かです! o(^-^o)(o^-^)o

皆さん、お楽しみに♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

ピッカピカのぴっかり☆

ピッカピカのぴっかり☆
ピッカピカのぴっかり☆
ピッカピカのぴっかり☆
今日は、新白河から車で約50分の場所にある棚倉町へ。

〈棚倉町文化センター〉で以て、中学生の皆さんに落語を聴いて頂きました。所謂ひとつの、学校寄席です。

メンバーは、立川生志師匠・翁家勝丸兄さん・私のズッコケ3人組。

そして、今や〈落語界の大島優子〉もしくは〈落語界の芦田愛菜〉として名を轟かせている春風亭ぽっぽちゃん♪ o(^-^o)(o^-^)o

彼女は、11月1日から〈二ツ目〉に昇進して、名前も新たに〈春風亭ぴっかり☆〉(←どうやら〈☆〉が付くそうです)と改名をされます!おめでとうございま〜す♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

会場の楽屋の壁には、スター達のサインが処狭しと書かれている。

中で談志師匠のがありましたが、不自然にチラシが貼られていた…疑問に思って聞いてみたら「談志師匠が、あの…言葉には云えないものを書かれまして…」と…それだけで、生志師匠はじめ全員が理解しました。例のアレを書かれたんだと云う事を… (-_-;)

会場に集まってくれたのは〈棚倉町立中学校〉の皆様。

先ずは、生志師匠が〈落語について〉。3年生の生徒さん4人に舞台に上がって頂き、小咄を演って貰ったから大盛り上がり♪

生志師匠に尽力して頂いた後、ぽっぽちゃん『転失気』、私『牛ほめ』でお仲入り。休憩後、勝丸兄さんの太神楽をはさみ、トリの生志師匠『初天神』でお開き。いい生徒さんで良かった… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第16回 三遊亭王楽ひとり会】宣伝

【第16回 三遊亭王楽ひとり会】宣伝
【第16回 三遊亭王楽ひとり会】宣伝
来週の11日(火)に、人形町の〈日本橋社会教育会館〉にて月例独演会…【第16回 三遊亭王楽ひとり会】があります。

今回の王ちゃんは、前座の頃に柳家喜多八殿下に稽古をつけて頂いた『かんしゃく』を、久方振りに演ります。

7月のアタマに鶴瓶師匠の『かんしゃく』を聴いて、改めて「いい噺だよなァ…」と感じて、今回のネタ出しになったっちゅう事でごわす。

もうひとつネタ出ししとるのは、初演となる『佐々木政談』。一門の校庭…間違えた、高弟である楽之介師匠に、先月両国で稽古をつけて頂きやした。あの師匠のようなソフトさが出せるかどうかが、此の噺の鍵です。

その二席とは別に、ごくごく軽めの噺もアタマに演らせて頂こうかなと思ってますので、計三席の予定でありんす。

ついでに、我が一門の〈錆びたナイフ〉こと三遊亭鳳笑ちゃんが助演してくれます♪ ◎^∇^◎

18時30分開場・19時開演。

前売 2,000円・当日 2,500円。

ご予約・お問い合わせは…

(有)トミック
03(5695)1039

です。

熱く燃えている王ちゃんを、是非とも応援しに来てくださいませ♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

【第7回夢で逢えたら…】

【第7回夢で逢えたら…】
【第7回夢で逢えたら…】
【第7回夢で逢えたら…】
【第7回夢で逢えたら…】
【第7回夢で逢えたら…】
【第7回夢で逢えたら…】
昨日は、谷中の〈戸野廣浩司記念劇場〉にて【第7回 夢で逢えたら…】でした。

口説いようですが、私・林家たけ平・三遊亭きつつきの3人による偶数月恒例の新作落語会っす。

楽屋入りするやいなや、3人で恒例の買い出し。ジャンクフードを沢山に買い込み、その上お客様方から沢山の美味しい差し入れまで賜り、また遊びに来てくれた鳳笑ちゃんからも沢山のカンパンを賜り、元気モリモリ♪ ◎^∇^◎

私『お熱いのがお好き』、きつつきくん『パンダザル』、たけちゃん『謙信は男だった』でお仲入り。

たけちゃんときつつきくんのフリートークをはさみ、トリの私は〈林家たけ平直伝〉の『甲府い』を披露してお開き。

御来場の皆様、心より御礼申し上げます… m(__)m

次回の【夢で逢えたら…】は、12月12日(月)。会場は、渋谷の〈伝承ホール〉。

特別編ですので、桂三枝師匠がゲスト出演してくれます!3人揃って、コントもやります♪皆さん、是非いらしてください! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

さて…

さて…
今日(4日)は、谷中の〈戸野廣浩司記念劇場〉にて【第7回 夢で逢えたら…】です!

私とたけちゃんときつつきくんによる新作落語会っす… m(__)m

今夜の主任は、私。だから、ネタおろしの新作落語と古典を演りますのよ…新作落語、果たして大丈夫なのかしら? (゜ω゜?)

先日、三平師匠から頂いた幸せパワー(?)を胸に、王ちゃんは完全燃焼するであります! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

宴のあと…仙ちゃんのお陰で、無駄にドキドキ♪

宴のあと…仙ちゃんのお陰で、無駄にドキドキ♪
宴のあと…仙ちゃんのお陰で、無駄にドキドキ♪
宴のあと…仙ちゃんのお陰で、無駄にドキドキ♪
宴のあと…仙ちゃんのお陰で、無駄にドキドキ♪
宴のあと…仙ちゃんのお陰で、無駄にドキドキ♪
昨日は〈帝国ホテル〉にて、林家三平師匠と国分佐智子さんの結婚披露宴でした♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

700人を超える列席者は、超有名人ばかり! (>_<)

先ずは、三遊亭好楽師匠(←オーイ、それは大した人ぢゃないだろ!)。

気を取り直して…里見浩太朗さん、渡哲也さん、高橋英樹さん、みのもんたさん…名前を挙げてたらキリがない程、超有名人ばかりでしたので割愛させて頂きます(←オイ、割愛するのが早いよ)。

サプライズゲストは、ツービートのビートたけしさん!(←いや、今〈ツービート〉なんて云う人いないよ)

云うまでもなく、場内を爆笑の渦に叩き込んでおりました。中でも〈3つの袋〉の話には、王ちゃん大爆笑♪ O(≧∇≦)o

とにかく大変お賑やかで、料理は美味しかったですし、更にちょっぴりホロリともさせられ、素敵な披露宴でした… (ノ_・。)

ほんでもって、二次会へ。

二次会は、落語協会の若手の兄さん方がいらしてくれてたので楽しかったです。加藤夏希さんとも写真が撮れて、オラ嬉しかっただよ♪ o(^-^o)(o^-^)o(←しかも嬉しい事に、加藤さんから「写真撮ってください♪MXテレビ見てます!」って云われたんだぞ!?加藤さんは、芸人が見習わなくてはならない程、素晴らしい〈ヨイシャー〉だ!)

いよいよ二次会もお開きに近付いたところで、太神楽の鏡味仙志郎師匠(←写真のメガネ野郎…って、そんなに悪く云う事ァない)が、後ろからオイラをツンツンして…

「かーくん(←仙志郎師匠は、私の事を〈かーくん〉と呼ぶんでやんす)、あそこに綺麗な女性がいるでしょ?」

仙志郎師匠の仰る方向を見ると、確かにモデルさんみたいな綺麗な女性がおった…

「あの綺麗な女性がさ、さっきからかーくんをガン見してるのよ。ひょっとしたら、かーくんに気があるんぢゃないかと思ってね?」

…と、オイラがドキドキせずにはいられない事を、例の淡々とした口調で平気で云ったんだわさ!

ヤバい、ドキドキしてきた…

此の感覚は、小中学生の頃に「家入(←私の本名)、A組の○○がお前のこと好きみたいだぜ?」なんてな事を男友達から云われ、それが大して好きでもなかった女子なのに、矢鱈と意識し始めてしまうのと一緒です… (-_-;)

「此処はオレが一肌脱ぐか♪ハナシをつけやしょう!」

…なんてな事を仙志郎師匠が云うから、私は鼻を広げながら「兄さん、やめてくださいよ♪」なんて、ホントは嬉しくて堪らないクセに、照れながらお手洗いに逃げました。

「どうしよう…戻ったら、どんな顔して喋ったらいいんだ?もう…兄さんには弱ったな♪」

…なんてな事を考えながら、私がお手洗いから戻ると、仙志郎師匠は引き出物を手にして、まるで何事もなかったかのように、例の淡々とした口調で以て…

「かーくん、ぢゃあ帰ろっか?」

えェ〜〜っ!? (。。;)

そりゃあアナタにとっては、単なる思いつきの、時間つぶしに云ったまでの軽口だったかも知れませんが…

仙志郎師匠、声を大にして云いたい…

オイラに、しなくても良かったドキドキをさせるな〜! (ノ゜O゜)ノ

コホン…

とにかく三平師匠&佐智子さん、末永くお幸せに♪ ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

こうもり、つる。

こうもり、つる。
昨日は、練馬のお寺さん〈信行寺〉にて【第51回 信行寺落語会】。

開口一番は、好楽の6番弟子・三遊亭こうもりくん。

前にも此のブログで書きましたが、こうもりくんの正体(?)は、お笑い芸人の末高斗夢さん。

昨日は、好楽一門に代々伝わる『つる』をネタおろし。

荒川ご住職が「舞台馴れしたお弟子さんだなァ…え、お笑いをやってた?道理で馴れとる筈だ」なんと、褒められとりやした♪

ネタ帳には…

一、つる こうもり

…なんて書かれてますから、哺乳類だか鳥類だか訳がわからない。

ちなみにアッシは『厩火事』を演りました… m(__)m

さて、今日は林家三平師匠の結婚式です!幸せな根岸の若旦那を、思いっきりお祝いして参りましょう♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

鯉昇師匠、昔がたり。

鯉昇師匠、昔がたり。
昨日は〈新宿文化センター〉にて【第13回 亭砥寄席】。

メンバーは、出番順に…

古今亭菊六、春風亭傳枝、瀧川鯉昇
〈仲入り〉
三遊亭王楽、三遊亭歌之介
(敬称略)

でした。

開口一番は、辰じんさんで『真田小僧』。

菊六さん『湯屋番』、傳枝師匠『寄合酒』、鯉昇師匠『時そば』でお仲入り。

休憩後、私『一文笛』、歌之介師匠『母ちゃんのアンカ』でお開き。

終演後、会場近くの中華料理屋で打ち上げ。

鯉昇師匠の隣りに座らせて頂き、昔の話を沢山聴かせて頂きました…

「ボクが前座の時分、小遊三兄さんのウチが、さっきの会場の近くだったんですよ。

稽古つけて貰う時なんか『末広亭の夜の部が終わったら、此処に来い』なんてんで、そこが呑み屋さん。

2軒くらいハシゴしてから、兄さんのウチに行ってまたブランデーか何かで呑み直して、それから稽古が始まるんですよ(笑)。

ヘベレケのまんま寝て、次の日の朝に起きると、小遊三兄さんは既に売れっ子だったから、もう出掛けてる訳。

すると姉さん(←小遊三師匠のおかみさん)が『ウチの人が、コレを柳若(←鯉昇師匠の前座名)に上げてくれ…って云ってたから』なんてんで、着物や洋服をくれるんですよ…余っ程、みすぼらしい格好をしてたんですかね?(苦笑)

『その今まで着てたのは、捨てといてあげるから』なんて姉さんが捨てようとするのを、ボクは『イエ、コレはコレで…』ってんで持って帰るんです(爆笑)。

だから〈二ツ目〉になった時、ウチの箪笥の中は、小遊三兄さんから貰った物でいっぱいでしたよ…考えてみれば〈衣食住〉を面倒見て貰ってたんだねェ?」

…なんてな事を、遠い目をして、煙草を燻らしながら語ってくださいましたが…こんな瞬間なんですよ、噺家になって良かったナと思うのは。

帰りもタクシーに同乗させて頂き、ウチの親や桃太郎師匠の昔の話を沢山して頂き、夢のような時間でした…ただ、お酒を呑むとオシッコの近い私は、我慢するのに大変でしたが…人間、楽あれば苦あり! (>_<)

鯉昇師匠、帰りの電車賃を浮かせてくださり、有難うございました!(←セコい)

さて皆さん、早いものでもう10月でがんすよ。今日も一日、頑張りましょう♪ o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »