« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金)

【第7回夢で逢えたら…】宣伝…の追加!

【第7回夢で逢えたら…】宣伝…の追加!
【第7回夢で逢えたら…】宣伝…の追加!
【第7回夢で逢えたら…】宣伝…の追加!
【第7回夢で逢えたら…】宣伝…の追加!
【第7回夢で逢えたら…】宣伝…の追加!
先日、此のブログで、来週4日の火曜日にある新作落語会【第7回 夢で逢えたら…】の宣伝をさせて頂いたのですが、多数のお客様方から…

「時間や料金が、入ってないよ?」

…との御指摘を受けました。改めて見てみると…

ホントだ、何の情報もなかった!ひでぶ。ぐわし。あめま。マジ申し訳ごぢゃいません… m(__)m

では、改めまして…

会場は、谷中の〈戸野廣浩司記念劇場〉。

19時開場・19時30分開演。

前売 1,500円・当日 1,800円。

ご予約・お問い合わせは…

(有)トミック
03(5695)1039

です。

楽屋入りした時にはユルユルな雰囲気のクセに、開演時間が近付くと尋常ぢゃない程テンパり始める〈か弱き3匹の子羊たち〉を応援しに来てください! (>_<)

…もう、漏れはないよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

看板と若手たち♪

看板と若手たち♪
昨日は、池袋の〈新文芸坐〉で【第25回 新文芸坐落語会 〜2周年記念・看板と若手たち〜】でした。

看板は、立川志の輔師匠。その志の輔師匠のプロデュースで呼ばれた〈若手たち〉が、桂三木男くんと岡大介さん、そして私。一門も違うのに、有り難い事でございます… m(__)m

【新文芸坐落語会】に出演させて頂くのは、ほぼ1年振り。前回は、六代目とたい平師匠とでした。

先ずはじめに、志の輔師匠ご自身が私服のまんまメンバー紹介。

三木男くんが志の輔師匠直伝の『猿後家』、続いて〈カンカラ三線〉の岡大介さんの弾き語り、ほんでもって私が自作の『あぶない刑事』でお仲入り。

休憩後、看板の志の輔師匠が『そらい豆腐』(←前にも書きましたが、オイラのケータイは〈そらい〉が出て来ないんです…)。場内は、泣き笑いに包まれておりました… (ノ_・。)

終演後、新文芸坐の永田支配人に連れて行って頂いた創作ダイニング〈ABIENTOT〉が、何を食べてもめちゃくちゃ美味かった♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

そんな料理をみんなで堪能しながら、超偏食家の為に堪能出来ない三木男くんを「可哀相に…」と大声で笑う食卓は、まるで家族のような雰囲気でした。

然し、改めて観察してると志の輔師匠は、よく食べよく呑まれる…「そうか、それでこんなに元気なんだ」と、勝手にガッテンした王ちゃんでした。志の輔師匠、今後ともお見捨てなきよう宜しくお願いします… m(__)m

さて、今夜は〈新宿文化センター〉にて【亭砥寄席】です。頑張って参ります! o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

【映画見聞記 vol. 329】

【映画見聞記  vol.<br />
 329】
昨日は、今春に見落としていた作品を観に、高田馬場にある〈早稲田松竹〉へ…。

その作品の名は『ブルーバレンタイン』。

私が信頼する知り合いの映画通・田中集(あつむ)さん(40)が…

「王楽さん、観落としていた『ブルーバレンタイン』をDVDで観ました!期待して観たにも拘わらず、そのハードルを軽々と飛び越える面白さでしたよ♪」

…なぞと、興奮しながら語るぢゃあ〜りませんか! o(><)o

かの町山智浩さんは、昨年観た映画の中の〈第1位〉に選ばれたとか…期待するなと云う方がおかしいっしょ! (。。;)

「んぢゃ、DVD借りて観よっと♪」

…と思っていたら、高田馬場の〈早稲田松竹〉で今週30日の金曜日まで上映しているのを、偶然見付けちまいました! (ノ゜O゜)ノ

こりァもう、観に行かなければならんっしょ! (>_<)

此の作品は、カンヌやサンダンスで絶賛されたんですと。

監督は、新鋭デレク・シアンフランス。その人とジョーイ・カーティスって人とカミ・デラヴィーンって人の3人が、10年もの歳月を費やしての脚本だとか。

ライアン・ゴズリング扮するディーンとミシェル・ウイリアムズ扮するシンディの夫婦生活を、過去と現在とを交互に映しながら展開していくらしい。要するに『ゴッドファーザー PARTⅡ』や『雑司ヶ谷 R.I.P.』みたいな展開やね?

新感覚ラブストーリーらしいっすが…否応なしに、期待は高まり過ぎました!さて、如何なもんでしょうか!?

…ウ〜ン…

…驚愕のラストに、しばし呆然唖然…

銀幕に〈Directed by…〉の文字が出て来た時「…嘘、コレで終わり?」と、ただただエンドクレジットをぼんやり眺めるしかありませんでした。新感覚どころか、破滅的なラブストーリー。

コレを観て、改めて気付かされたのは…

「映画は、人生の一部分を切り取っただけ」

…って事です。

まァ極端に云えば、TVドラマも芝居も歌舞伎も落語も、み〜んな人生の一部分を切り取っただけなんすけどね。

ハッピーに終わろうが、しんみり終わろうが、その劇中人物の人生は、果てしなく続くのでありんす。楽あれば苦あり、苦あれば楽あり。

フランスの文豪モーパッサンの不朽の名作『女の一生』のラストの台詞…

「世の中って、人が思うほどいいものでも悪いものでもありませんね」

…なんちゅうものを思い出させる作品でして、久方振りに色んな事を考えさせてくれる映画でしたから…ウン♪何だかんだ云っても、必見の作品ですかね?コレは。

劇中で印象的だったのは、ライアン・ゴズリング扮するディーンの…

「女よりも男の方がロマンチストだ」

…って台詞。女性ぢゃないからわからないけど、オイラもそう思います。裏っ返せば「女々しい」って事なんでしょうが。

〈早稲田松竹〉でやってるのは、明日(30日)まで。観に行ける方は、是非観に行ってください。間に合わない方は、DVDを借りて観てください…ってオレは『ブルーバレンタイン』の宣伝マンか?

余談だが、ヒロインのミシェル・ウイリアムズは〈ちょっと暗めのしょこたん〉って感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

【第7回夢で逢えたら…】宣伝

【第7回夢で逢えたら…】宣伝
来週10月4日(火)に、谷中の〈戸野廣浩司記念劇場〉にて新作落語会【第7回 夢で逢えたら…】があります。

お馴染み、私とたけちゃんときつつきくん3人の新作の会でありんす。

今回の主任は、私。ネタおろしの新作、そして古典の二席を申し上げます。

ご予約・お問い合わせは…

(有)トミック
03(5695)1039

です。お楽しみに! (>_<)

本番までに新作、出来上がるかしらね… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

あと一週間…!

あと一週間…!
昨日は、恵比寿の猫カフェ〈ニャフェメランジェ〉に於いての落語会【猫楽】。『紙入れ』を演りました。

ここんとこ、いきなり肌寒くなりましたよね?皆さん、暴飲暴食しないできちんと体調管理してください♪ ◎^∇^◎(←お前だよ)

…ところで、一週間後の10月4日(火)に、恒例の新作落語会【夢で逢えたら…】があるんですが、まだ書けないんすよね… (-_-;)

いつも此の会の直前になると、ドラえもんが欲しくて堪らなくなる王ちゃんでした… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

下津、下津、下津!

下津、下津、下津!
下津、下津、下津!
下津、下津、下津!
写真は、足立区在住の下津正太郎さん(33)です。相変わらず、色んな顔で僕らを魅了してくれるんですよね♪ o(^-^o)(o^-^)o

…ってオーイ、だから下津正太郎さんって誰やねん! (ノ><)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

野菜カレーで燃えたぜ!

野菜カレーで燃えたぜ!
昨日は、森下と清澄白河の間にあるブックカフェ〈そら庵〉にて独演会…【第4回 そら庵で王楽】でした。

会場入りして先ずは、此方の名物であるカレーを食べる。いつもは〈ひよこ豆のキーマカレー〉なんですが、昨日は〈野菜カレー〉をチョイス。本当に、此のカフェのカレーは美味しいです。是非、ご賞味あれ♪ (o^〜^o)

腹が満たされて、いざ開演だったのですが…いや〜、自分的には燃えた燃えた。

何てったって『道灌』『蒟蒻問答』『厩火事』と、三席も演っちまったんですから! (ノ゜O゜)ノ

お客さん、さぞお疲れだったんぢゃなかろうかと思いまして懸念してます。いらしてくださった皆様、お疲れ様でした、そして有難うございました… (ノ_・。)

さてと…今日は、暮れにあるビッグイベント(?)の打ち合わせに、ある後輩と一緒に行って参ります。お楽しみに♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

初めての〈やみ鍋〉。

初めての〈やみ鍋〉。
昨日は、渋谷の〈辯天宗東京別院〉にて【第16回 やみ鍋の会】でした。

【やみ鍋の会】と云うのは…

月亭方正さん(山崎邦正)を中心に、毎月1回開催されている落語会です。私は、新参者で初登場。

今回のメンバーは、出番順に…

柳家小太郎、三遊亭きつつき
〈仲入り〉
柳亭市江、三遊亭王楽
(敬称略)

でした。

小太郎さん『新聞記事』、きつつきくん『壺算』でお仲入り。休憩後、市江さん『牛ほめ』、トリの私『不動坊』でお開き。

貴重なお休みの中をいらしてくださったお客様方、御礼申し上げます… m(__)m

さて今日は、森下と清澄白河の間にあるブックカフェ〈そら庵〉にて独演会…【第4回 そら庵で王楽】です!今夜も、思いっきり演って参ります♪ ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

樋口さんの4冊目。

樋口さんの4冊目。
おはようございます、三遊亭大楽です♪…おっと違った、三遊亭王楽です。

今、王ちゃんが読んでおりますのは、樋口毅宏氏の『雑司ヶ谷 R.I.P.』。同作者の『さらば雑司ヶ谷』の続編です。

新興宗教〈泰幸会〉の過去と現在を行き来する物語展開は、F・F・コッポラ不朽の名作『ゴッドファーザー PARTⅡ』を彷彿とさせます。

樋口毅宏氏の作品を読むのは『民宿雪国』『さらば雑司ヶ谷』『日本のセックス』と来て4冊目。

とにかくクセになること請け合いです♪どれも面白いですが、個人的には『日本のセックス』がオススメかなァ?興奮だけでなく、泣かされましたし… (ノ_・。)

是非とも樋口作品、読んでみてくだしゃんせ! (>_<)

さて、今日は渋谷にて【やみ鍋の会】です♪…あ、断っておきますけど落語会っすから… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

むらやま、もってのほか!

むらやま、もってのほか!
むらやま、もってのほか!
むらやま、もってのほか!
むらやま、もってのほか!
むらやま、もってのほか!
むらやま、もってのほか!
昨日は、山形県の村山市へ。〈村山市民会館・大ホール〉にて【三遊亭好楽・王楽 親子会】でした。

地元の〈むらやま元気塾〉の開講10周年記念の寄席でして、私自身も芸歴10周年ですから、大変感慨深いものがあります。

しかも今回、好楽と私の二席ずつなのですが、私がトリなのよ!王ちゃん、危うし… (−_−#)

台風15号の影響で山形新幹線が不通になってしまった為、仙台まで行き、そこから車で迎えに来て頂き村山へ。

台風にも拘わらず、会場には沢山のお客様。有り難ェ事でありんす… (ノ_・。)

先ずは、たい好さんのネットリとした『狸札』。狸が狸ぢゃないところがイイね♪(←意味わからん)

それから私が『高砂や』、好楽が『三年目』でお仲入り。

休憩後、好楽『親子酒』、トリの私は『子別れ』でお開き。

図らずも、前半二席が〈夫婦噺〉・後半二席が〈親子噺〉となりました。然し、村山のお客さんの反応は、何て素晴らしいんでしょう…て云うか、東北は総じてレベルが高い土地です! o(><)o

終演後、我々2人の似顔絵のプレゼントがありました!コレ、めっちゃ嬉しい♪ o(^-^o)(o^-^)o


打ち上げでは、土地の美味しいものを沢山頂きました。〈芋煮〉は勿論の事、それから〈もってのほか〉…

皆さん…〈もってのほか〉って知ってますか?菊の花のおひたしなんですよ。

何でこんな名前かと云うと…「菊の花を食べるなんて、もってのほか」って意味らしいです(←嘘ぢゃありませんよ?)。

お客様やスタッフの方から「師匠方のお陰で、元気を頂きました」と云う有り難いお言葉を賜りましたが、とんでもない。逆に我々が、沢山の笑い声を浴びて元気を頂きました。

〈むらやま元気塾〉の皆さん、お疲れ様でした。また今後とも宜しくお願いします! (>_<)

今から帰京するのですが、土地は晴れてるものの、山形新幹線がまだ普通ぢゃない不通らしく、仙台まで車で送って貰ってます。申し訳ごぜェません… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

今から…♪

今から…♪
写真の隣りに写っているAV男優みたいな人と、山形の村山へ行って参ります…あ、親子会なので好楽もいます♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

ところでフェイスブック…登録名が本名の〈家入一夫〉になってるから直したいのですが、直し方がわからんので困ってます。まいっちんぐ… (;´・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol. 328】

【映画見聞記  vol.<br />
 328】
昨日は〈TOHOシネマズ シャンテ〉にて『未来を生きる君たちへ』を観ました。

此の作品は、本年度のオスカーで〈最優秀外国語映画賞〉を受賞してます…あ、ついでに【ゴールデン・グローブ賞】の同賞もだそうです。

監督は、デンマークの女流映像作家スザンネ・ビア。さてさて、如何なもんでしょうか…

ウン、重くて暗い♪

4年前に観た同監督の『ある愛の風景』も、強烈に重くて暗かった…。

でも必見の作品ですよ、コレは。

何処にでも有り得る事態を扱っておりますし、ずっと重苦し過ぎる空気が漂いますが、最後の最後に〈救い〉が待ち構えてます。

此の作品のテーマは〈親の愛情の大事さ〉と〈思ってくれる人がいる素晴らしさ〉でござんす…是非観てください! o(^-^o)(o^-^)o

然し、子供達の演技が上手過ぎるのが怖い… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

始めました♪

始めました♪
始めました♪

「何を?」って…

勿論、冷し中華っすよ!

…ちゃうちゃう…

facebookです♪

ただ、根っからのアナログ人間なもんで、やり方がわからんちんで…本名の〈家入一夫〉で登録されてるかも知らんのです… (-_-;)

また詳しい人からレクチャーして貰いますので、今後とも宜しくお願いします! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

興奮するぞ、ボートレース!…と、熊田曜子さん♪

興奮するぞ、ボートレース!…と、熊田曜子さん♪
興奮するぞ、ボートレース!…と、熊田曜子さん♪
昨日は、BSフジの『BOAT RACEライブ 〜勝利へのターン〜』に出演させて頂きました。

司会が、島崎和歌子さんと堂前英男アナ・解説が、昨年まで現役レーサーだった秋山基裕さんの番組で、云うまでもなくボートレース番組っす。

今回のゲストが、私と熊田曜子さん。

熊田曜子さん、露出部分の多いセクシー過ぎる衣装でしたので、目のやり場に困りました…まァ困った割には、目のやり場は胸元だったんですがね? (゜ω゜?)

フリップ立てると熊田さん、何だか〈素っ裸〉みたいな感じでしたもの♪改めて熊田さん、目の保養を有難うございます… m(__)m

島崎さんはブラックでありながらチャーミングで優しいし、堂前アナはまとめが上手いし、秋山さんはダジャレすら爽やかだし…生放送で緊張しましたが、そんな皆さんに助けられ、とにかく楽しい現場でござんした♪ ◎^∇^◎

あ、肝心な事を忘れてた…ボートレース、めっちゃ興奮しますよ!? (>_<)

ボートがターンした時に上がる水しぶきが、美しいの何の♪テレビ画面を観ているだけで興奮しまくりだったんですから、競艇場で生を味わったら失禁するかも知れません…とにかく素晴らしいです! o(><)o

近い内に、談春師匠に戸田へ連れて行って頂きやしょう♪皆さん、私と一緒にボートレースを楽しんでください! o(^-^o)(o^-^)o

追伸…談春師匠、ボートレースに無知な私に色々と教えてくださり、有難うございました… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

そら三田ことか。

そら三田ことか。
おはようございます、森山未來です…嘘です、森山未來の『モテキ』が羨ましい三遊亭王楽です。

本日これから、三田の〈笹川記念会館〉と云うところへ。

BSフジの『BOAT RACEライブ 〜勝利へのターン〜』と云う番組に、生出演して参ります!

司会は、島崎和歌子さん。16時からの番組ですので、皆さん是非観てください♪ o(^-^o)(o^-^)o

然し、いつまでも暑いですね?個人的には、暑いのは嫌いぢゃないんですが。皆さん、くれぐれもご自愛くださいませ… (☆_☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

【第15回三遊亭王楽ひとり会】

【第15回三遊亭王楽ひとり会】
【第15回三遊亭王楽ひとり会】
【第15回三遊亭王楽ひとり会】
昨日は、人形町の〈日本橋社会教育会館〉にて、月例独演会…【第15回 三遊亭王楽ひとり会】でした。

昨日の出演者は、私…は当たり前ですが、プラス前座さんが2人。

いつもお馴染み、AV男優みたいな雰囲気満点のたい好さんに加え、ウチのパパの好楽に新しく入ったお弟子さん・三遊亭こうもりくん。

何を隠そう、此のこうもりくん…

人気お笑い芸人・末高斗夢さんなのです! (ノ゜O゜)ノ

そんな人気者が、何を思ったか落伍者に…ちゃうちゃう、落語家に転身されました。

そんな彼は昨夜、小咄の『みそ豆』と『夕立屋』を披露。流石に舞台慣れしてるんよね?色んなネタを覚えて貰いたいっす。

「どんどんネタを覚えていきたいです!」なんて意気込んでおりますので、今後とも末高斗夢改め三遊亭こうもりくんを、何卒宜しくお願いします♪ ◎^∇^◎

昨夜の番組は、先ずトップに上がったのは私。三枝師匠直伝の『読書の時間』で、御機嫌を伺いました。

その後、こうもりくんで『みそ豆』と『夕立屋』。

そして私の二席目は『花筏』。入門して間もなく、我が師匠・五代目円楽から直々に教わった大切なネタ…とは云いながら、演るのは10年振りの2度目…って何だか、カムバックした野球選手がオールスターゲームに出るみたいだね?また機会があれば、演ってみようかと思います。

休憩後、たい好さんが漫談と『金比羅様』。年齢の所為か、彼もちょっとやそっとぢゃ驚かないんすよね?今回の出演者の中で、下手したらオイラが一番オドオドしてるかも… (-_-;)

いよいよトリの私が、三席目の『甲府い』を口演。盟友・林家たけ平さんから稽古をつけて頂いたネタで、初演でござんした。自分の中で、ちょっとした手応えを感じたので、磨いていこうかなと思います…たけちゃん、有難うございます! o(^-^o)(o^-^)o

いらしてくださったお客様方に、心より御礼申し上げます! (>_<)

次回は、10月11日(火)。ネタ出ししてるのは、前座の頃に喜多八殿下から教わった『かんしゃく』と、初演の『佐々木政談』です。お時間ございましたら、是非いらしてください♪

「私の会にしては、珍しく雨が降らないなァ♪」と、密かに喜んでおりましたら、終演後にザーザー降りました…親子で〈雨男〉は、困るわよね? (;´・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

ついつい…ね?

ついつい…ね?
『ベリーベリーストロング 〜アイネクライネ〜』

『真夏の果実』

『CROSS ROAD』

『サマー・ヌード』

『拝啓、ジョン・レノン』

『Everyday、カチューシャ』

『Missing』

『ラズベリー・ドリーム』

『LA・LA・LA LOVE SONG』

『SHOW ME』

『Shangri−La』

『愛撫』

『朝日のあたる道』

『プライマル』

『恋心』

『名もなき詩』

『LOVE AFFAIR』

『それでも君には戻れない』

『どうしようもない僕に天使が降りてきた』

『イージュー★ライダー』

『幸福な朝食 退屈な夕食』

…上記のは、何だかわかりますか?

それはね…

先日、稽古しようとして〈カラオケ館〉に入ったら、稽古もせずに歌ってしまった曲の全てでごわす。

皆さんも、稽古の為にカラオケボックスに入った時には、くれぐれもお気を付けください… m(__)m

さてさて、今夜は人形町にて独演会っす。頑張るど♪ ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

【映画見聞記 vol. 327】

【映画見聞記  vol.<br />
 327】
先日〈スペースFS汐留〉にて『マネーボール』を観ました。試写会っす。

選手からフロントに転身し、若くしてメジャーリーグ球団アスレチックスのゼネラルマネージャーとなったビリー・ビーンは、ある時イェール大経済学部卒のピーターと出会い、彼が主張するデータ重視の運営論に、貧乏球団が勝つ為の突破口を見出だす。そして周囲の反対を押し切って、後に〈マネーボール理論〉と呼ばれる戦略を実践していくことに…ってな物語。早い話が、実話なんだわさ。

主役ビリーを演じるのは、ブラッド・ピット。フィリップ・シーモア・ホフマンやロビン・ライトと云った演技巧者が脇を固めてるんだと。さてさて、如何なもんでしょうか?

意地を張りながら戦い続ける男の生き様に、ガツンとやられます…そうさ、人間に大切なのは〈珍念〉だ!…間違えた〈信念〉だ!

奥さんとも離婚して、周りの人間も理解してくれなくて、選手は負けてもノー天気で…イライラしながらも戦い続けるビリーの姿は、観客の胸を打ちます。

何故なら、イライラするのって、やる事やってる人の特権ですからね…え、私?勿論、毎日イライラしません♪ O(≧∇≦)o

ビリーと池畑慎之介…否、ピーターとの友情関係も頗るいい。ピーター役のジョナ・ヒル、お見事。

ビリー・ビーンは、今も戦い続けております…そんなビリーの生き様を描いた作品は、ちょいと先の11月11日(金)から公開です。皆様、是非ご覧くださいませ! (>_<)

然しながら、ブラッド・ピット…先日の『ツリー・オブ・ライフ』といい、今回の『マネーボール』といい、更に貫禄たっぷりの素敵な役者さんになられましたよね♪ o(^-^o)(o^-^)o

余談だが、ブラッド・ピットは1963年生まれ。我が一門の大楽師匠の1歳上。

更に余談だが、B'z の稲葉浩志さんは1964年生まれ。大楽師匠と同級生…って、余談過ぎましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

楽之介師匠、大暴れ!?

昨日は、ホームグラウンドである〈お江戸両国亭〉へ。

出番があった訳ぢゃなく、我が一門の患部…否、幹部である楽之介師匠に稽古をつけて頂きました。教わったネタは…ヒ・ミ・ツ♪ o(^-^o)(o^-^)o

然し、昨日の楽之介師匠は八面六臂の活躍でした…

私に稽古をつけ、楽京師匠にも稽古をつけ、きつつきくんにも稽古をつけ…私と楽京師匠につけてくださったのは、所謂〈大ネタ〉のジャンルですから、もう殆ど独演会!楽之介師匠、お疲れ様でした… (ノ_・。)

行ったついでに、寄席を堪能しましただよ。

きつつきくん『手紙無筆』、楽之介師匠『開帳の雪隠』、兼好師匠『権助魚』、鳳志師匠『粗忽の釘』、小円楽師匠『錦の袈裟』、小円朝師匠『雑俳』、ダーク広春先生のマジック、円橘師匠『小言幸兵衛』…あ〜、自分が出ない時の寄席って、何でこんなに楽しいのでしょう♪ O(≧∇≦)o

では皆さん、今日も頑張りましょう! o(><)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

打ちのめされる、と云う事。

打ちのめされる、と云う事。
樋口毅宏氏の『日本のセックス』を読み終わりました。

打ちのめされました。
怒涛の362ページ。

伏線の張り方には、かねて読ませて頂いていた『さらば雑司ヶ谷』と『民宿雪国』で瞠目しておりましたが、此の作品は少し毛色が違います。

強いて云えば、ドラマの部分。

重た過ぎるんですけど、映画でもそうなんですが、どうやら私は〈恋愛〉や〈悲劇〉に惹かれるところがありますな?(←『民宿雪国』も恋愛と悲劇なんですが、個人的には此の作品の方が好みです)

序盤から中盤までは、内容もハードコアなものの、タイトルから想像された通りの域なんです。

然し、191ページ…〈第三部 ロックンロール・デイズ〉から、物語の様子が変わってくる、主役2人の歯車が狂いだす、変態的な行為とは全く違う次元でおかしくなってくる…そこから、読むのが止められなくなる。

中でも、特に物凄い箇所は、281〜284ページ。

此の〈たった4ページ〉が、読み手に全然異なる種類の鳥肌を立たせるのです。地獄から天国へ行き、そしてまた…恐ろしいまでの、たった4ページ。

302〜307ページでは、鳥肌立たせながら、覚えず涙しました。そこに関する伏線が有ったが故に。

口説いようですが、伏線の張り方には驚嘆します…後半は、ずゥっと。

最後の最後(←と云っても、少ゥし手前か)、もう鳥肌は立たないかと思いきや、358ページの最初の2行で、思いきり鳥肌が立ちました…嬉しい鳥肌ですが。深く感動。

皆さん、是非ご一読ください…きっと打ちのめされます。

だって、2時から265ページから読んで止まらなくなり、5時過ぎに読み終わり、興奮しながら今、此の記事を書いているくらいですから… (-_-;)

眠いっす、おやすみなさいませ… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

○木ひろしと小柳ルミ○に囲まれて。

○木ひろしと小柳ルミ○に囲まれて。
○木ひろしと小柳ルミ○に囲まれて。
○木ひろしと小柳ルミ○に囲まれて。
昨日は、三島駅から車で5分程行った〈長泉町文化センター・ベルフォーレ〉にて【長泉町敬老会】。やっぱり秋は、敬老しなくちゃだネ♪ o(^-^o)(o^-^)o

午前と午後の2回公演。共演(?)させて頂いたのは、一木ひろしさんと小柳ルミカさん。

お名前からわかる通り、お二方はモノマネ芸人さん。

これまたお名前を見れば、直ぐにおわかりかと思われますが、それぞれ小林旭さんと坂本冬美さんのモノマネです…と云うのは勿論ウソで、五木ひろしさんと小柳ルミ子さんのモノマネです。

ステージが始まる前に記念式典があり、小学生のお孫さんがおじいちゃん・おばあちゃんに作文を読む姿に感動しました…まァ、それを楽屋のモニターで拝聴しながら、樋口毅宏氏の『日本のセックス』を読み耽っていたんですがね。

一木ひろしさんと小柳ルミカさんのステージをソデで堪能した後、午前の部は『牛ほめ』、そして午後の部は『平林』を演りました♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

楽屋で、お二方と記念写真。一木さんは「此の方が、より本人に似るから…」と、わざわざメガネまでかけてくれました! o(><)o

長泉町の皆さん、いつまでも長生きしてください♪ ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

旅のお供に『日本の○○○○』♪

旅のお供に『日本の○○○○』♪
皆さん、おはようございます。

落語界のソン・ドンヨル…ちゃうちゃう、それぢゃ中日のストッパーだよ(←古)…もとい、落語界のチャン・グンソクこと三遊亭王楽です。

今、三島へ向かう新幹線に乗っているのですが…

旅のお供に、私の中で軽くマイブームな樋口毅宏氏の小説を読んでおります。タイトルはズバリ…『日本のセックス』! o(><)o

タイトルに負けず劣らず、内容もハードコアな作品っす… m(__)m

こんな鼻血ブーな本を読んでいながら、これから三島にて敬老会です!おじいちゃん・おばあちゃんにも、冷めやらぬ興奮を分けて参ります♪ O(≧∇≦)o

追伸…樋口毅宏氏の『さらば雑司ヶ谷』の中で、小沢健二を語る〈落語家の娘で甘味処の店主〉ってキャラが出て来るんだけど、愚姉がモデルすかね? (゜ω゜?)

『さらば雑司ヶ谷』も『民宿雪国』も、ゾクゾクするほど刺激的です!(←個人的には、後者の方がゾクゾク感が高いっす)是非、ご一読を♪ o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

白酒師匠の声はセクシーだ!

白酒師匠の声はセクシーだ!
白酒師匠の声はセクシーだ!
昨日は、浦和の〈プラザウエスト・さくらホール〉にて【桃月庵白酒&三遊亭王楽 二人会】でした。

今や飛ぶ鳥を落とす勢いの白酒師匠との二人会、緊張しまくり千代子な私…とりあえず、楽屋でツーショットをパチリ♪ O(≧∇≦)o

開口一番は、林家扇ちゃんで『子ほめ』。それから私の『愛宕山』でお仲入り。

翁家和助兄さんの太神楽をはさみ、トリの白酒師匠は十八番の『佐々木政談』! (。。;)

来月『佐々木政談』をネタおろしする私は、ソデでじっくり勉強させて頂きましたが…改めて聴いていると、白酒師匠の声ってほんのりセクシーなのよね?お奉行様の声に、思わずウットリ♪

帰りの京浜東北線では、和助兄さんと共に〈楽しいお話〉…と云うか〈ちょっぴりピーなお話〉を繰り広げながら帰って参りました♪協会には、私の知らない事が沢山あるのね… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

【第15回三遊亭王楽ひとり会】宣伝

【第15回三遊亭王楽ひとり会】宣伝
来週16日(金)に、人形町の〈日本橋社会教育会館〉にて、月例独演会…【第15回 三遊亭王楽ひとり会】があります。

今回は『花筏』と『甲府い』。

前者は、入門して2ヶ月経つか経たないかの内に、師匠である五代目円楽から、直々に稽古をつけて頂きました。

教わって直ぐに【前座勉強会】で演っただけなので、演るのはおよそ10年振り二度目! (ノ゜O゜)ノ

後者は、初演。林家たけ平さんから教わり、柳枝・可楽・志ん朝各師匠方のを聴きまくってます。

前売 2,000円・当日 2,500円。

18時30分開場・19時開演。

ご予約・お問い合わせは…

(有)トミック
03(5695)1039

です。

週末で御多忙とは存じますが、是非いらしてください!皆様方の御来場、心よりお待ち申しております♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

さて…今日はこれから浦和にて、今をときめく桃月庵白酒師匠と二人会です!楽しみ〜♪ ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

【映画見聞記 vol. 326】

【映画見聞記  vol.<br />
 326】
〈新宿ピカデリー〉にて『ハンナ』を観ました。

元工作員の父から英才教育を受け、殺し屋として成長したハンナは、自分の出生の秘密を探ろうと、その秘密を消そうとする陰謀に立ち向かい…ってな物語。

ハンナを演じるのは、新進女優シアーシャ・ローナン。監督は『プライドと偏見』や『つぐない』のジョー・ライト。さて、如何なもんでしょうか…

ハンナが脱出する辺りから、物語の展開が俄然面白くなる。そうか、ヒロインは『つぐない』だけでなく『ラブリーボーン』にも出てた娘か…。

ケミカル・ブラザーズの音楽が、アクションにスピード感を付けて、尚且つ不穏に盛り上げます。

シアーシャ・ローナンが、冷酷さと純真さとがないまぜになったハンナを巧みに表現。末恐ろしい女優さんです。ケイト・ブランシェット、相変わらず上手いなァ…怖いなァ。

個人的には、ちと終盤で飽きました…が、シアーシャとケイトの演技合戦だけで満足です!是非、御覧ください♪ o(^-^o)(o^-^)o

巧者ケイトを向こうに回して、あれだけの演技ですから…恐るべし、シアーシャ・ローナン! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

【映画見聞記 vol. 325】

【映画見聞記  vol.<br />
 325】
【映画見聞記  vol.<br />
 325】
昨日は〈テアトル新宿〉にて『一枚のハガキ』を観ました。

そう…此の映画館は、3月11日に園子温監督の『冷たい熱帯魚』を観ていた映画館です… (-_-;)(←まァその後も此の劇場で『冷たい〜』をリベンジしたり『あぜ道のダンディ』を観たりしましたが)

98歳(99歳か?)にして現役の巨匠・新藤兼人監督の最新作。御自身が「映画人生最後の作品」と仰ってます。

御自身の戦争体験をベースにされたと云う此の作品…さてさて、如何なもんでしょうか?

巨匠、未だ衰えず。堂々のストーリーテリング。

余計な味付けが施されていないと云いますか、役者の皆さんの力量を信じて演出されていると云いますか、いい意味であっさりしているところに貫禄を感じます。

きっかけでもあり、タイトルにもなっている〈一枚のハガキ〉の文面がいいのよ。

戦地に赴いた旦那に向かって、奥さんが宛てた手紙なんですが…

「今日はお祭りですが
あなたがいらっしゃらないので
何の風情もありません」

たった三行だのに、物凄い淋しさと愛しさを感じさせます。

絶望と直面しても対峙してくじけない女・友子を、大竹しのぶさんが文字通り熱演。豊川悦司さんも素敵♪

果てしない絶望を、笑って泣いて怒って突破していく様に、生きる勇気を貰えます。是非、御覧ください。

それにしても、園子温監督の最新作『恋の罪』…色んな意味で楽しみだワ〜♪ o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

伊藤夢葉先生のステージ。

伊藤夢葉先生のステージ。
昨日は【両国寄席】で『ん廻し』を演りました。

仲入り前は、楽京師匠の『そば清』。終始ニコニコなさっている楽京師匠の高座は、ソデで聴かせて頂いてますと、気分がほっこり致します♪ o(^-^o)(o^-^)o

それと、めっちゃ久し振りに伊藤夢葉先生の舞台を拝見させて頂きました。

夢葉先生は、舞台だけでなく楽屋もニコニコしているとても優しい先生。

そんな先生に、前座の頃は随分助けて頂きました…

「先生、番組が少し押しておりまして、恐れ入りますが(持ち時間)7分でお願い出来ますか?」

「先生、番組がちょっと巻いてますので、20分ほど演って頂けますでしょうか?」

…なんてな無理を云っても、ニコニコしながら舞台を務めてくださる…しかも、時間ピッタリで…更には、どんな持ち時間でも、必ず爆笑させてしまう! (>_<)

昨夜の舞台も、いつもと変わらぬニコニコ顔でブラックな事を仰りながら、少々おとなしめだったお客さんを、爆笑の渦に叩き込んでおりました♪ O(≧∇≦)o

皆さん、是非とも夢葉先生のステージを堪能してみてください…面白過ぎて、鼻血が出ますから!

※写真は、夢葉先生ではありません。ご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

イエスを聴きながら、町山智浩を…。

イエスを聴きながら、町山智浩を…。
イエスを聴きながら、町山智浩を…。
イエスを聴きながら、町山智浩を…。
昨日は〈不忍通りふれあい館〉にて【第17回 やねせん亭】。

私は、ネタ出ししていた『試し酒』。調べてみたら、およそ1年半振りの口演。まだまだ目白のには敵いません…て、冗談でも張り倒されますよね?ハイ。

それより最近のマイブームがありまして、それは何かと尋ねられれば…

両国の〈ブックオフ〉で買った〈イエス〉の『危機/CLOSE TO THE EDGE』を聴きながら、町山智浩さんの『トラウマ映画館』を読む事です。

『トラウマ映画館』は、未だDVD化もされていないが、町山さん御自身が、子供の頃や思春期に強烈な〈映画体験〉をし、且つ、埋もれてしまってはいるけれど、決して観逃せない〈人間の深淵〉を鋭くえぐった作品群の紹介本です。

また単なる紹介本に留まらず、読んでいるとその映画の不気味さに鳥肌が立ってしまうのです…コレは凄い。映画に詳しくない人にも面白いんぢゃないかな?

そんな本を、キング・クリムゾンやピンク・フロイドと共に英国を代表するプログレッシブ・ロック・バンドの〈イエス〉の傑作アルバムを聴きながら読んでおります。

『危機』はレコードで持っているのですが、プレーヤーも壊れてCDラジカセしか部屋に無い今、ずっと聴けなかったんですワ。

それを先日CDで見付けて聴いてるんだけど、めっちゃオススメなアルバムよ?

スコーンと抜けるようなジョン・アンダーソンのボーカルに、宇宙の神秘的な広がりを感じさせる音楽は、必ずアナタを行った事のない空間へいざなってくれるでしょう… (☆_☆)

是非、町山さんの『トラウマ映画館』を、イエスの『危機』と共に味わってください! o(><)o

…あ、町山さんの『〈映画の見方〉がわかる本』もオススメです。『トラウマ映画館』と、交互に楽しんでます♪ o(^-^o)(o^-^)o

さて、今日は今月最後の【両国寄席】。行って参ります! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

試してゴックン♪

試してゴックン♪
昨日は【両国寄席】で、自作の『万引きぶぎ』を演りました。

ちなみに1日も寄席で、これまた自作の『あぶない刑事』を演りました。

今月は、5日(月)も寄席に入ってます。古典か新作か、何を演りましょうかね?

そうそう…昨日のトリは、栄楽師匠。

「何をお演りになるのかしら…?」と、ソデで耳をそばだてておりますと、何と『試し酒』! (。。;)

別に (。。;) ←こんなに驚くようなネタではないのですが、今日の【やねせん亭】で私がネタ出ししている噺でしたので、ソデでじっくり勉強させて頂きました♪栄楽師匠、有難う… m(__)m

さて、本日は【やねせん亭】です♪久し振りの『試し酒』、気合い入れて演って参ります! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

【映画見聞記 vol. 324】

【映画見聞記  vol.<br />
 324】
昨日は〈ヒューマントラストシネマ有楽町〉にて『ゴーストライター』を観ました。

名匠ロマン・ポランスキーの最新作。本年度の【ベルリン国際映画祭】にて〈銀熊賞〉を受賞。

何だか知らんが…って云ったら失礼かも知れませんが、我輩が一番信用している『週刊文春』の〈シネマチャート〉で以て、恐ろしく絶賛されていた本作。さてさて、如何なもんでしょうか?

良質なサスペンス。サントラが、クラシカルな香りのミステリーを盛り上げてます♪

…が、暗に想像してました通り「絶賛されてる作品は、さほどに胸に響かない」ものでした。批評家の方々の深い思し召しが、イマイチわからない。

ただ「絶賛されている」と云う点を除けば、フツーに楽しめる事は間違いないです。

改めて映画は、評判を聞かないで観に行くのが一番だと云う事を、思い知らされた王ちゃんでした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

品川、連獅子、お見立て!

品川、連獅子、お見立て!
昨日は〈高輪プリンスホテル〉にて【落語に見る品川の江戸文化】と云うセミナーでした。

〈品川にちなんだ噺〉と云うので『棒鱈』と『竹の水仙』を演って参りました…え、どこが品川にちなんでるって?アナタも聴けばわかります… m(__)m

その後、読売新聞の長井好弘さんとの対談でしたが、殆ど長井さんが話して私は相槌を打つだけ。

品川に関する川柳で…

「品川の 客にんべんの 有ると無し」

ってのがありまして…

要するに、当時の品川宿の客は、侍とお坊さんが殆どだったんですって。

〈侍〉と云う漢字から〈にんべん〉を取ると…お坊さんの〈寺〉と云う漢字に早変わり!

いやァ、勉強になりましたねェ♪ o(^-^o)(o^-^)o

それと昨夜、NHK〈Eテレ〉でやっておりました『にっぽんの芸能』を観ましたが…

片岡仁左衛門さんと、そのお孫さんである千之助くんの『連獅子』に感動しちまいましたよ… (ノ_・。)

ウチの甥っ子にも、小咄のひとつくらい覚えさせないとね! (>_<)

それにしても番組ナビゲーターの南野陽子さん、相変わらず艶っぽくて可愛いワ♪ O(≧∇≦)o

番組を見終わった後『はいからさんが通る』を聴いたのは、云うまでもありません… (☆_☆)

ラテ欄見たら、そんな感動的な『連獅子』の前には、夢之助師匠の『お見立て』をやっておりました…此のコントラストは、神のいたずらでしょうか? (゜ω゜?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

【博多・天神落語まつり】が、今年もやって来る♪

【博多・天神落語まつり】が、今年もやって来る♪
【博多・天神落語まつり】が、今年もやって来る♪
【博多・天神落語まつり】が、今年もやって来る♪
来たる10月28日〜30日の3日間…【第5回 博多・天神落語まつり】が開催されます♪ ◎^∇^◎

既に、毎秋恒例となりましたビッグな落語祭典。ご存知の通り、我が一門の稼ぎ頭であり一番の人気者である六代目・三遊亭円楽師匠がプロデューサーでありまする! o(^-^o)(o^-^)o

毎年参加させて頂き、本当に有り難い限りでごんす…六代目には、たまにしか足を向けて眠る事が出来ません(←たまに向けんかい)。

しかも今年は、4公演も出させて頂くのでおぢゃるよ! (ノ゜O゜)ノ

出るのは、初日の2公演・2日目の2公演。以下の通り…

10月28日(金)

【明日の真打・大看板 千円寄席】
於…イムズホール
14時30分開演

三遊亭王楽、林家ひろ木、三遊亭橘也、三遊亭好吉、春風亭昇也、桂二乗、桂小鯛
(敬称略)
※特別ゲスト登場?

【東西Jr. + BIG1】於…イムズホール
18時30分開演

春風亭小朝、桂米団治、桂春蝶、林家木久蔵、三遊亭王楽
(敬称略)

10月29日(土)

【Jr. 東西会】
於…イムズホール
11時00分開演

桂米団治、明石家のんき、林家三平、桂春蝶、林家木久蔵、三遊亭王楽、三遊亭一太郎
(敬称略)

【五代目円楽一門四天王の会】
於…JR九州ホール
14時45分開演

三遊亭鳳楽、三遊亭好楽、三遊亭円橘、三遊亭円楽、三遊亭兼好、三遊亭王楽
(敬称略)

…な感じです。

各公演共、全席指定で 5,000円…あ、最初の【千円寄席】は 1,000円ですね。

ちなみに【千円寄席】の利益は、東日本大震災への義援金にさせて頂きます。

ご予約は…

ローソンチケット
0570(084)008(要Lコード)

チケットぴあ
0570(02)9999(要Pコード)

です。

博多の皆さん、今年もお会い出来ます事を楽しみにしております♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

だから〈印象派〉なのか♪

だから〈印象派〉なのか♪
だから〈印象派〉なのか♪
昨日は【しのばず寄席】にて『欠伸指南』を演りまして、それから鳳笑ちゃんと共に六本木へ。〈国立新美術館〉で開催されている【ワシントンナショナル・ギャラリー展】を鑑賞。

ゴッホ・モネ・ルノワール・マネ・ゴーギャン、そしてスザンヌ…おっといきなり熊本出身の人になっちゃった…セザンヌなど〈印象派・ポスト印象派〉の絵画がズラリ。

最終日の9月5日が迫っている所為か、それとも夏休み最終日の8月31日だった所為か知りませんが(←客層から見て、夏休みは関係なさそうだ)、ごった返しておりました。

そんな中を我々2人は、鋭い慧眼を以て批評し始める…

「此の絵は、咳込んでるように見えるな…ゴッホ、ゴッホ」

「多分コレは、モネかモネ♪」

「どっかで観た事ある絵だな…誰かのマネかな?」

「日本も海外に負けてられないね?ゴギャン(どげん)かせんといかん!」

「いい絵を観たら、喉渇いちゃったよ。喫茶店に入ろうか?店は勿論…ルノアール♪」

…そうか、こうやって印象に残るが故に〈印象派〉なのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »