« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

ビッグ2!

ビッグ2!
我が一門が誇る〈ビッグ2〉…大楽師匠と楽大くんです。ご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑ってる内に面白くなる!

昨日は、上野の〈鈴本演芸場〉へ。三遊亭歌武蔵師匠が昼の部のトリで出てらしたので、顔を出して参りました。

歌奴師匠『子ほめ』、市馬師匠『粗忽の釘』、正楽師匠の紙切りをソデで堪能。客席に子供がいて、その笑い声が何とも心地好い。

そして、トリの歌武蔵師匠。相撲界の裏話や、師匠が楽屋入りされた時にすれ違った爺さんの話に抱腹絶倒♪中で感銘を受けたのが、下記の通り…

「寄席に来たら、噺家の云う事にただ笑えばいいんです。面白くなくても笑うんです。でもこんな事を云ってると、お客さんの中には『何で面白くないのに笑わなくちゃ不可ないんだよ!』って云ってくる方がいますが、それは間違いです。面白くないのに笑うんぢゃないんです…笑ってる内に面白くなるんです!」

爆笑したと同時に「コレ、チョー真理だ…」と思いました。ネタは『皿屋敷』。太ったお菊さんに、涙が出るほど笑わされました♪

今日は〈浅草演芸ホール〉の余一会、頑張って参ります! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月30日 (月)

5月の終わり。

5月の終わり。
早いもので、そろそろ5月も終わりですね。

今日はまた一段と風が強いですから、皆様もお気をつけください。

明日は〈浅草演芸ホール〉の余一会!昼の部ですが、いらしてネ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

ガトーフェスタハラダで独演会♪

ガトーフェスタハラダで独演会♪
ガトーフェスタハラダで独演会♪
ガトーフェスタハラダで独演会♪
ガトーフェスタハラダで独演会♪
ガトーフェスタハラダで独演会♪
昨日は、群馬県高崎市新町へ。

今や、日本中どこもかしこも行列が出来て止まないラスク屋〈ガトーフェスタ ハラダ〉さんの本社にある〈エスポワールホール〉にて【三遊亭王楽 独演会】でした。

今回は、ハラダさんに於いての記念すべき〈第1回〉目の独演会でしたので、太神楽曲芸の鏡味仙志郎師匠にゲスト出演して頂きました。ついでに〈じいちゃん前座〉のたい好さんも、お供に来ました。

到着して会場を見ると、真打披露の時に作って頂いた〈後ろ幕〉がホールを彩っておりました。此の会場の為に作られたのではないかと思えるくらい、綺麗なホールにトシちゃん…否、マッチしてました。

会場チェックを終えた我々は、楽屋にてハラダさんのお菓子を食べながら、まるで家にいるかのようにくつろぎ始めました。私の好きなのは〈グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート〉。皆様も、是非ご賞味あれ♪ o(^-^o)(o^-^)o

腹ごしらえも出来たところで、いざ開演。雨にも拘わらず、客席は満員御礼。何とも有り難い事です。

たい好さん『狸札』、私『高砂や』でお仲入り。仙志郎師匠の曲芸をはさみ、私の二席目『竹の水仙』でお開き。いいお客さんのお陰で、気分良く口演させて頂きました。

とにかく原田家の皆様には、色々とお世話になりました。報恩感謝。また次回も宜しくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)

ついでに…!

ついでに…!
此の人も、高崎へ行って参ります♪

くれぐれも、ご心配なく(←だから心配せェへんて)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今から…!

今から…!
此の人と、高崎へ行って参ります♪

今日中には帰京しますので、ご心配なく(←誰が心配するか)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

王様と私。

王様と私。
王様と私。
王様と私。
王様と私。
王様と私。
昨日は〈東京ドーム〉にて、巨人VSソフトバンクを観て参りました。

野球を野球場で観るなんて、噺家になって初めてだよ。以前は割とマニアックに色んな球場に行ったんですが…最後に行ったのは…忘れちゃった♪

何で観に行ったかと云うと、私の清元の師匠である清元美好太夫先生が、王貞治さんとお知り合いと云う事で、それで観に行った訳です。

始まる前にベンチに入らせて頂き、練習風景をじっと観る…立派な体格のプロの方々による練習風景は、うっとりする程に素晴らしいパフォーマンスなので、観ていて全然飽きません。噺家の稽古風景とは大違いだ。

そうこうしている内に、王貞治さんが登場!グラウンドで写真を撮って頂き、嬉しい限り♪本物の王さんは、テレビで観ていた通りのジェントルマンでした。

試合の方は、1回裏に巨人が1点先制したのですが、8回表にカブレラが2点タイムリーを放ち逆転。そのままソフトバンクが勝ちました!おめでとうございま〜す♪ o(^-^o)(o^-^)o

久し振りに野球場で観たら、面白かったァ♪矢っ張り、何でも〈生〉で観るのはいいですよね?

…え?

「そういえば、お前はどこのファンなんだ?」ですって?

まァ元々は巨人なんですが、昨日からソフトバンクファンになりました(←軽いねオイ)。

王さん、今後とも野球界を支えてください。有難うございました… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

【第21回三遊亭王楽のにぎわい道場】

【第21回三遊亭王楽のにぎわい道場】
昨日は、桜木町の〈横浜にぎわい座・のげシャーレ〉にて【第21回 三遊亭王楽のにぎわい道場】でした。

大阪から、そのまま会場入り。戦士に休息はありません。

開口一番は、たい好さんで『転失気』。

私は『万引きぶぎ』『紙入れ』『付き馬』の三席。お客さんに助けられました♪

いつもいらしてくださるお客様方に、感謝感激則巻アラレです。有難うございます! ◎^∇^◎

さて、今日はチョー久し振りに野球を観に行って参ります!巨人とソフトバンクです、楽しみ〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

米団治師匠の心意気。

米団治師匠の心意気。
米団治師匠の心意気。
米団治師匠の心意気。
昨日は、大阪千日前の〈TORII HALL〉にて【桂米団治・三遊亭王楽 二人会】でした。

楽屋入りすると米団治師匠から、驚愕の一言…

「今日は王楽くん、キミがトリやからね?」

なぬ〜っ!? Σ(゜ロ゜ノ)ノ

「師匠、勘弁してください!お客様は、師匠お目当ての方々ばかりなんですから!」と云うと「それぢゃあ意味がない、大阪でキミを売り出す会なんだから」との有り難いお言葉…嬉しいやら緊張するやらで、もう大変な騒ぎ。

開口一番は、米団治師匠の1番弟子である桂団治郎さんで『煮売り屋』。師匠譲りの爽やかさが心地好い。

それから桂吉之丞さんも助演で出てくださり『遊山舟』。吉之丞さんは、クレバーな話術の持ち主で、おまけに会の空気を読むのが抜群に上手い方。めっちゃ会場を盛り上げて、私にバトンを渡してくれました。

私は、お馴染み『猫の皿』。いいお客さんに助けられました♪

続いて米団治師匠は、ネタ出しされておりました『らくだ』。コレがめっちゃ楽しみでした。元々が陰惨な噺なので、どうしても湿っぽくなりがちなんですが、米団治師匠の手に掛かるとアラ不思議…明るく楽しい滑稽噺に早変わり!そうよね、落語はこうでなくっちゃ♪ o(^-^o)(o^-^)o

休憩後、再び米団治師匠。「短めに演ってきますから」と高座に上がり、ネタは何と十八番の『七段目』! (。。;)

後輩との二人会だったら、普通は手を抜いてくれる筈なんですが…でもそのチョイスが、逆に嬉しかったんですけどね♪ ◎^∇^◎

云うまでもなく会場の興奮は最高潮に達し、トリの私…上がりにくいこと甚だしい。二席目は、ネタ出ししておりました『三枚起請』。これまたいいお客さん方に助けられちまいました… (ノ_・。)

とにもかくにも、後輩に花を持たせてくださった米団治師匠の心意気に感謝しつつ、いつか自分が後輩にこういう応援をしてあげられるようになりたいです。米団治師匠、有難うございます… m(__)m

7月3日(日)には、同会場にて独演会があります。『愛宕山』と『子は鎹』に更にもう一席を加え、三席申し上げます。15時開演です。お時間ございましたら、是非いらしてください♪ O(≧∇≦)o

さて、今夜は〈横浜にぎわい座・のげシャーレ〉にて独演会です。今夜も三席、頑張って参ります! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

ミャーミャー♪

ミャーミャー♪
昨日は、恵比寿の猫カフェ〈ニャフェメランジェ〉にて【猫楽】と云う落語会でした。

猫がうろちょろしている会場で、自作の『万引きぶぎ』を口演。さかりがついている所為か、ミャーミャー鳴きまくってました♪

さて、今から私は大阪へ。恐れ多くも、米団治師匠と二人会をやらせて頂くのであります!師匠、お手柔らかに願います… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

慌ただしい日曜日。

慌ただしい日曜日。
慌ただしい日曜日。
慌ただしい日曜日。
昨日は、午前が【第20回 新小岩落語会】・昼が【第15回 やねせん亭】でした。

【新小岩落語会】では〈第20回〉を記念しまして、世話人である地元の歯科医の唐鎌先生が〈小松亭入蔵(こまつていいるぞう)〉と云う名前で開口一番で上がり『火焔太鼓』をご披露。私は、先生の声色を駆使して『モノマネ指南』。

それから〈不忍通りふれあい館〉へ移り【第15回 やねせん亭】。此方も、法政大学の落研の梶川くんが〈黄金院梶川〉と云う名前で開口一番で上がり『鮫講釈』。お見事でした!

円左衛門師匠が『権助魚』。そして仲入り前のきつつきくんが『宿屋の富』を演ったのですが、コレがめちゃくちゃ面白かった!正直「神が降りた」って感じでしたわいな♪

休憩はさんで、質問コーナー〈谷根千(やねせん)根問い〉。円左衛門師匠と私ときつつきくんが上がりまして、答えるやら答えないやらで大変な騒ぎ。小中学校の後輩である活弁の坂本頼光くんをはさみ、トリの私は『天災』。

打ち上げでは、きつつきくんが円左衛門師匠をいじり倒すもんだから、円左衛門師匠めちゃくちゃご機嫌でした(←何でやねん)。

さて、今日は恵比寿の猫カフェ〈ニャフェメランジェ〉にて【猫楽】と云う落語会です。猫と戯れてくるか♪ o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

【第21回三遊亭王楽のにぎわい道場】宣伝

【第21回三遊亭王楽のにぎわい道場】宣伝
今度の25日の水曜日、桜木町の〈横浜にぎわい座・のげシャーレ〉にて独演会…【第21回 三遊亭王楽のにぎわい道場】があります。

前回は記念すべき20回目でしたので、小朝師匠をお招きして〈芸能ホール〉で開催し、お陰様で大盛況でござんした。

今回は、いつも通り〈たったひとり〉に戻り、三席申し上げます…あ、開口一番でたい好さんが出ます。

18時30分開場・19時開演。

前売 1,500円・当日 1,800円。

お問い合わせは…

横浜にぎわい座
045(231)2515

です。お時間ございましたら、是非いらしてください… m(__)m

今日はこれから【新小岩落語会】と【やねせん亭】です!頑張って参りま〜す♪ o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

【第13回三遊亭王楽ひとり会】

【第13回三遊亭王楽ひとり会】
【第13回三遊亭王楽ひとり会】
【第13回三遊亭王楽ひとり会】
昨日は、人形町の〈日本橋社会教育会館〉にて【第13回 三遊亭王楽ひとり会】でした。

たい好さんが、市馬師匠から教わったと云う『一目上がり』。市馬師匠を微塵も感じさせなくて、そこが逆に面白かったです♪

私は『よかちょろ』『鈴ヶ森』『付き馬』の三席。

『鈴ヶ森』はしょっちゅう演ってるネタですが、小満ん師匠直伝の『よかちょろ』は初演。お客さんがポカンとしちゃうネタなんですよね?また寄席で演ってみます… m(__)m

『付き馬』を演るのは、およそ3年振り。菊之丞師匠に教わりました。

噺家になる1年前…2000年の5月に〈浅草演芸ホール〉にて、夜の部トリの小三治師匠がお演りになったのが、此の『付き馬』。

最前列で聴いていた一夫少年(←私の事です)は「世の中に、こんな面白い噺があっていいのだろうか…!?」とモーレツに感動し、その余韻に浸りながら自転車を走らせ帰宅しました…と云う、思い入れのある噺であります。

久方振りに演ってみたら、めちゃくちゃ楽しかったので、また近々演ってみたいと思います。磨いていきまひょ♪ o(^-^o)(o^-^)o

来週24日は大阪〈トリイホール〉で米団治師匠と二人会、25日は〈横浜にぎわい座・のげシャーレ〉で独演会…戦士に休息はない!頑張ります! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

5月に相応しいお二方と共演♪

5月に相応しいお二方と共演♪
昨日は、青砥の〈かつしかシンフォニーヒルズ・アイリスホール〉にて【かつしか花形寄席】でした。

メンバーは、柳家花緑師匠に日向ひまわり先生、ほんでもって私。

緑太くん『道灌』、私『片棒』、ひまわり先生『木村長門守の堪忍袋』、そしてトリの花緑師匠が『野ざらし』。

高座から下りられたひまわり先生に「王楽さん、今日の私はどうだった?大丈夫だった?」なんて聞かれまして…私が同じ質問を先生にしたいくらいっすよ…いやはや、いつに変わらぬ〈凛〉とした高座でござんした。男女問わず、ファンが多い訳だ♪

花緑師匠の高座をソデで聴いていると、いつもパワーを頂きます。ソデの同業者が感じるくらいですから、真正面のお客様方は云わずもがなでしょう。私も花緑師匠のように〈生きるパワーを与えられる噺家〉になりたいものです… m(__)m

それにしても〈花緑〉に〈ひまわり〉って…何て5月に相応しい、爽やかなお名前なんだ…また此のお二方、人間も爽やかなんですよね♪ o(^-^o)(o^-^)o

さて本日は、人形町にて独演会!生きるパワーを与えられるよう頑張りますよ〜♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

いよいよ明日は…!

いよいよ明日は…!
いよいよ明日は…!
こんにちは、小出恵介です…間違えた、三遊亭王楽です。

いよいよ明日(20日)は、人形町の〈日本橋社会教育会館〉にて【第13回 三遊亭王楽ひとり会】です。

『よかちょろ』(初演)と『付き馬』を演りますが…此の二席、稽古してるだけでウルトラくたびれるのよ… (-_-;)

とにかく明日、貴重な週末ではありますが、お時間ございましたら是非いらしてください! (>_<)

今から【かつしか花形寄席】に出演する為に、青砥へ行って参ります。花緑師匠とひまわり先生に会えるのだ、楽しみ〜♪

とにかく頑張るぞ♪3・2・1、ガッポリ!ガッポリ! ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

明日は『5時に夢中!』に出ます♪

明日は『5時に夢中!』に出ます♪
明日は、MXテレビの『5時に夢中!』に生出演します。

毎月やっている独演会…【三遊亭王楽ひとり会】に対する熱い思いを語る予定です。是非ご覧ください♪

※写真は、幸せ太り(?)のジョニーです。ご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

ざま昼席は、150回♪ 〜それぞれのサイン〜

ざま昼席は、150回♪ 〜それぞれのサイン〜
ざま昼席は、150回♪ 〜それぞれのサイン〜
ざま昼席は、150回♪ 〜それぞれのサイン〜
ざま昼席は、150回♪ 〜それぞれのサイン〜
ざま昼席は、150回♪ 〜それぞれのサイン〜
ざま昼席は、150回♪ 〜それぞれのサイン〜
昨日は〈ハーモニーホール座間〉にて【第150回 ざま昼席落語会】でした。

前座の頃からお世話になりまくっている此の落語会も、お陰様で150回目。

そんな特別な会に、柳家喜多八・柳亭市馬・三遊亭兼好・三遊亭小円歌と云う大好きな先輩方と出させて頂けるのは、とても嬉しいです。

振り返ってみると、喜多八殿下にも市馬師匠にも、初めてお会いしたのは、此の落語会でした。有り難ェ事である… (ノ_・。)

開口一番の市也くん『たらちね』、私『新聞記事』、兼好師匠『天狗裁き』、市馬師匠『七段目』でお仲入り。休憩後、小円歌師匠の艶っぽい三味線と踊りをはさみ、トリの喜多八殿下『百川』でお開き。

様々なご縁を繋いでくれた【ざま昼席落語会】、このまま200回・300回と続く事を、心より祈念しております… m(__)m

さて…今回は特別に、出演者全員のサインを掲載しちゃいます♪書いてある文句に、それぞれのカラーが感じられていいですね?

私の文句は…

「BORN TO BE WILD!!」

お前は、ステッペンウルフか。意味わからんですね… (-_-;)

小円歌師匠のは…

「このひざは あなたにかすひざ わたしのひざは わたしが泣くとき かりるひざ」

ウ〜ン、色っぽい♪

兼好師匠のは…

「われ、目から茶がらが出とる」

ご自身の十八番ネタである『お見立て』より引用。可愛いイラストもついてます♪

格好いいのは、市馬師匠ので…

「楽しい道に 楽な道無し」

他の誰でもない、人格者の市馬師匠が書かれているから胸に響きます。

さてさて、喜多八殿下は何と書かれているのでしょうか…

「目もと涼やか」

…?

…何の事? (o・ω・o)?

わからない事は聞いた方がいいので、早速殿下に聞いてみた。すると…

「わかんねェかな?オレの事だよ」

って…今日も日本は、殿下がいて平和だ♪ (☆_☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

【第13回 三遊亭王楽ひとり会】宣伝

【第13回 三遊亭王楽ひとり会】宣伝
来週20日(金)に、人形町の〈日本橋社会教育会館〉にて、月例独演会…【第13回 三遊亭王楽ひとり会】があります。

今回の二席は『よかちょろ』と『付き馬』。ちなみに前者は、初演となります。

『よかちょろ』は、云わずと知れた〈紋白蝶〉…ぢゃなく〈黒門町〉こと八代目桂文楽の十八番中の十八番ネタ。粋で洒脱でクダラナイ噺です♪

そんな黒門町ネタを、先日ブログにも書きました通り、黒門町のお弟子さんである柳家小満ん師匠から教わりました。

『付き馬』は、3年ほど前に古今亭菊之丞師匠から教わりました。演るのは、それ以来です。

その菊之丞師匠は、昨年お亡くなりになられた古今亭志ん五師匠から稽古をつけて頂いたそうです…要するに、五代目古今亭志ん生の『付き馬』って訳ですよ。

18時30分開場・19時開演。

前売 2,000円・当日 2,500円。

お問い合わせは…

(有)トミック
03(5695)1039

です。

志ん生・文楽のネタを、円生の孫弟子・円楽の最後の弟子が、どう料理するか…!? (o・ω・o)?

その答えは、来週20日♪さァみんな、人形町でボクと握手! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

【映画見聞記 vol. 310】

【映画見聞記  vol.<br />
 310】
先日『阪急電車 片道15分の奇跡』を観ましたが…

「いや〜、綺麗だったね?」

「隠居はん、何が綺麗だったんす?」

「いや〜、酔いしれたよ♪」

「だから隠居はん、いってェ何に酔いしれたンす?」

「何がってお前、戸田恵梨香の脚!スラッと長くて美しくて…しばし茫然として我を忘れるってやつだ♪」

「へェ〜、そんなに綺麗なんだ♪…ってオイ隠居はん、アノ映画の見所はそれだけですか?」

「いやいや!中谷美紀に戸田恵梨香に有村架純、それとチョイ役ではあるが安めぐみに相武紗季まで出て来て、要するに〈今が旬の美女〉が次々と登場して、目の保養になるな?とりわけ安めぐみ、チョイ役ではあるけれど見事なまでにはまり役だったね」

「はァ〜、そら楽しみっすね♪…で隠居はん、肝心の内容の方はどうだったンすか?」

「内容?内容はァ…ないよう?」

「隠居はん…今世紀最大につまらねェこと云わねェでくださいよ」

「それは冗談だが…」

「当たり前でしょ」

「時折『そんなにわかりやすくしなくてもいいよ』ってな演出があったり、それが為にこそばゆい場面がちょいちょいあるものの、とにかく美女群が楽しめるのが何とも云えず素晴らしい。あと玉山鉄二、どういう訳だか私の中で好感度大な役者さんだ♪」

「そうすか、そりゃあ楽しみだ!ぢゃあアッシは行ってきますよ♪…あ、でも観に行ったついでに繁華街に寄って買い物をしたりして、足が出るといけませんね?」

「足が出る?いやァ、その心配はない!足が出てるのは、戸田恵梨香だ」

おあとが宜しいようで… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

小満ん師匠は、武士の香り。

小満ん師匠は、武士の香り。
昨日は〈浅草演芸ホール〉の稽古場にて、柳家小満ん師匠に『よかちょろ』を聴いて頂きました。所謂ひとつの〈あげの稽古〉です。

『よかちょろ』と云えば、小満ん師匠の師匠である〈黒門町〉こと八代目桂文楽の十八番ネタ。

本家本元から教わり、その方の前で『よかちょろ』を演る訳ですから、めっちゃ緊張するのは当たり前だよね?

その稽古の前に高座のあった小満ん師匠がお演りになったのは、これまた黒門町の十八番である『しびん』! (。。;)

ソデで『しびん』を夢中になって聴いている私の後ろで「あ、家入さんだ」なんて、私を本名で呼ぶ人がいる…誰かと思って振り返ると、コレが柳家三三師匠!つまり〈ミミちゃん〉でした…ってオイ、馴れ馴れしいよ…って云うか失礼だよ(←私を〈かーくん〉と呼ぶ鏡味仙志郎師匠もいました。今月の浅草は、私を本名で呼ぶ人間の当たり年かな?)。

大分話が反れましたが、とにかく小満ん師匠に聴いて頂いた訳ですが、いや〜汗がダラダラ出まくって弱っちゃったよ… (-_-;)

命からがら(?)一席演り終えると、小満ん師匠はニッコリ笑って「いい若旦那っぷりだよ」と…何て優しい方なんだ… (ノ_・。)

稽古が終わると「蕎麦でも食いに行こう」と〈尾張屋〉に行き、天ざるを御馳走になる。それから喫茶店へ行きコーヒーをすすりながら、様々な芸談やよもやま話を聴かせて頂きましたが、大体下記のような感じでしたか…

「ウチの師匠(黒門町)は、割と芝居を観に行ってたよ?また素直に笑ったり泣いたりするから、いいお客さんなんだ(笑)」

「師匠が観てると役者達が意識するんだけど、中には名優と呼ばれる人は、変な意識をして『ああダメダメ、お前みたいな下手な奴とは芝居が出来ない』なんて、芝居中に云う人がいたよ。コレは師匠も云ってたけど、良くないよな?それがイイ事だと思ってんだから。俺達の楽屋でもそうだけど、小言を云うと場の空気が悪くなるんだから。そこでは云いたいのを我慢をして、後でこっそり云ってやるのが一番だよ」

「役者さんもそうだけど、矢っ張り人を魅了する人ってのは真摯だよ。ちゃんと先陣を敬ってる。要するに、ハートなんだね?芸は、上っ面だけ追っかけちゃ駄目だよ」

「俺達噺家がやってるのは〈心理学〉だよ?人の心を読まない、場の空気を読まない奴は駄目だよ」

「芸は〈盗むもの〉ぢゃなく〈工夫するもの〉なんだよ」

などなど…。

更には、昔いた寄席芸人やパリの手品師、元阪急ブレーブスの外人選手やニューヨークのバーテンダーを引き合いに出して、その人達の見せ方が如何に〈粋で洒脱でスマート〉かを語ってから…

「それがプロなんだよ。プロの仕事は職人なんだ。だから、職人になりたいよな?」

浅草の喫茶店から日暮里駅に着くまで、全身を耳にして小満ん師匠の話を拝聴しておりまして思いましたのは…

「小満ん師匠は、ほんのり武士の香りがする」

…って事です。

ただ、ブシはブシでも…

かつおブシぢゃないぞ!?(←ガッポリ建設の小堀敏夫を引用)

ですから『しびん』の武士は、正にはまり役。上っ面ぢゃないものが、人を魅了するのでしょう。

小満ん師匠、今後ともご指導ご鞭撻の程、ひとえに宜しくお願いします! (>_<)(←余談ですが、我が兄弟子の〈ジョニー〉こと三遊亭上楽師匠は「ご指導ごビンタツ」って云った事がありました。昔、ビンタツアチャコってのはいたけど…然し、ホントに余談だね♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

王ちゃん、10 周年!

王ちゃん、10<br />
 周年!
王ちゃん、10<br />
 周年!
王ちゃん、10<br />
 周年!
王ちゃん、10<br />
 周年!
王ちゃん、10<br />
 周年!
昨日(5月8日)は、私の〈芸歴10周年〉でした。

昨夜は、家族で食事会。何にも知らずにお店に入ったら、姪っ子達の手書きのポスターが! (>_<)

大好きなコム・○・ギャルソンのハートまで書いてくれた気遣い…めっちゃ嬉しかったっす♪

思い起こせば、ちょうど10年前…平成13年の5月8日に、五代目三遊亭円楽に入門しました。

最初っから〈王楽〉だなんて仰々しい芸名を賜り、正直ちょっぴり戸惑いましたが、振り返ってみると、左右対称ないい名前ですし、噺家の名前って読み方の難しいのが沢山ありますが、読みようが〈おうらく〉としかないのが、何とも有り難いです。

我々一家が安泰に暮らせるのも師匠のお陰、周りの先輩噺家に可愛がって頂けるのも師匠のお陰、今こうして仕事をさせて頂けるのも芸名をくださった師匠のお陰… m(__)m

10年なんて、噺家人生の中では序章も序章。

師匠のお陰で仕事をさせて頂ける幸せを噛み締めて、今日も王ちゃんは〈KING HAPPY〉(←〈王楽〉を直訳したつもりです。バカっぽくてスイマセン)な気分で頑張ります♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

中川雅博さんと。

中川雅博さんと。
中川雅博さんと。
先日、中川雅博さんと会いました。

…え?

中川雅博さんて誰?

知らないの?

中川雅博さんを…

アノ中川雅博さんを…

アアタ知らないの!?

中川雅博さんてのはネ…

単なる私の同級生です(←そう云うと思ったよ)。

単なる同級生と云うか、小学校・中学校とずっと一緒でしたので、所謂ひとつの〈幼なじみ〉って事になるのかな?もしくは、下僕かしもべ(←意味が変わっちゃってるよ)。

彼は今、愚姉じっこの甘味処〈ひなの郷〉で働いてくれてます。今回5周年を迎えられたのも、彼が〈縁の下の力持ち〉となって働いてくれたお陰と云っても過言ではありません。

おまけに、13年前の20歳の頃に熱海へ向かう東海道線の車内で撮っていた写真も掲載します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

三須家に幸あれ!

昨日は【両国寄席】。ぜん馬師匠がトリでした為、客席は満員御礼。

きつつきくんの〈爆笑『万病円』〉で客席に火がつき、勢いがついたまんま私は『紙入れ』、トリのぜん馬師匠は六代目円生を彷彿とさせる『死神』。

ソデから覗いてみると、客席にはぜん馬師匠の奥方様であるさこみちよ先生がいらっしゃいまして…何と、旦那の落語を聴いてうっとりマキアージュ状態になっとるぢゃあ〜りませんか! Σ(゜ロ゜ノ)ノ

仲良き事は、美しき事かな…三須(みす)家(←ぜん馬師匠のご本名だお)に幸あれ♪ ◎^∇^◎

今夜も【両国寄席】なオイラ、気合い入れて頑張ります! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

お陰様で、愚姉の店が5周年!

お陰様で、愚姉の店が5周年!
お陰様で、愚姉の店が5周年!
お陰様で、愚姉の店が5周年!
お陰様で、愚姉の店が5周年!
お陰様で、愚姉の店が5周年!
お陰様で、愚姉の店が5周年!
昨日は、MX『一朝一席』のロケでした。

前回、春だと云うのに恐ろしく顔が焼けてしまい、今回は「GW真っ只中の5月5日だから、もっと焼けるだろう!」と思い、日焼け止めを塗って表へ出たら、曇り空で寒いんでやんの… (-_-;)(←でも紫外線て強いのね?それでもちょっぴり焼けました)

半日のロケが終わると、雑司ヶ谷は鬼子母神にある愚姉の甘味処〈ひなの郷〉へ…何と此の店、お陰様で5周年を迎える事が出来ました! ( ^^)Y☆Y(^^ )

昼間のイベントとして、太神楽の鏡味仙志郎師匠がいらしてくださり、かなり盛り上げてくださいました。ついでに終わった後の店内の宴席も、かなり盛り上げてくださいました♪有難うございます… m(__)m

高田文夫先生から〈行列のできない店〉といじって頂いていた此のつぶれそうな甘味処が5周年を迎えられたのも、ひとえに皆様方のお陰でございます。

今後とも、愚姉の〈ひなの郷〉を宜しくお願いします! ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

前座の頃。

前座の頃。
昨日は〈お江戸上野広小路亭〉にて【しのばず寄席】。

到着すると、ぜん馬師匠が『お化け長屋』を口演されておりました。私の『お化け長屋』は、此の師匠から教わったもの。矢っ張り、本家には敵わないです…面白いです。その後、私は『厩火事』。

楽屋へ戻ると、トリの土橋亭里う馬師匠から〈昔の寄席の話〉を拝聴する。中で…

王楽「師匠、師匠が前座の頃、楽屋に此の人が入るとピリっとするなんて師匠はいましたか?」

里う馬師匠「ウ〜ン…まァ何と云っても一番は、三遊亭(円生)かな…あ!ウチの大将(談志師匠)もだ」

と云われてから、少時すると…

里う馬師匠「矢っ張りウチの大将ン時が、一番緊張したかな?」

…と、苦笑いをされておりました。その笑顔が、何だか嬉しそうだったのは気の所為でしょうか?

そうそう…前座の頃と云えば、こんな写真が出て来ました。

写真は、前座の頃の兼好師匠と私。およそ9年前と思しき頃の写真です…若かったなァ♪(←いや、さほどに変わらないだろ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

【映画見聞記 vol. 309】

【映画見聞記  vol.<br />
 309】
【映画見聞記  vol.<br />
 309】
【映画見聞記  vol.<br />
 309】
昨日は、長女のガキんちょ3人を連れて有楽町へ。〈丸の内ピカデリー〉にて『豆富小僧』を観ました。

まァ、5月3日は〈こどもの日〉だから仕方ないか…え、5月3日は〈憲法記念日〉?ぢゃあ、違った(←しゃあしゃあしてやがら)。

末の甥っ子には3Dメガネが大き過ぎたのがウケました。

作品の方は…少し雑な感じの作りでしたが、ガキんちょどもが喜んでいたので良しとしましょう♪然し、何て優しいおじさんなんでしょう… (ノ_・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

坂本武也さんと。

坂本武也さんと。
坂本武也さんと。
先日、坂本武也さんと呑みました。

…え?

坂本武也さんて誰?

知らないの?

坂本武也さんを…

アノ坂本武也さんを…

アアタ知らないの!?

坂本武也さんてのはネ…

単なる私の同級生です(←おどかしちゃ嫌だよ)。

いつも面白い顔をして写ってくれるんですが、今回もふざけた顔をしてくれました。心より御礼申し上げます(←何でやねん)。

おまけに、14年前の19歳の頃にカラオケボックスで撮っていた写真も掲載します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

さこみちよ、師範となる!

さこみちよ、師範となる!
さこみちよ、師範となる!
さこみちよ、師範となる!
昨日は〈向島百花園〉にて【さこみちよ師範 小唄の会】に出させて頂きました。

皆様ご存知の通り(?)、さこみちよ先生は立川ぜん馬師匠のお内儀様です。そしてカスです…間違えた、歌手です。

此のご夫婦には、子供の頃から大変お世話になっております。

子供の頃には、ぜん馬師匠が酔っ払ってウチに来ると、決まって好楽が小さかった我々姉弟に向かって「ぜん馬さんとスリッパ、どっちが好き?」なんて聞き、決まって我々は「スリッパ!」と、声を揃えて云っておりました。

ですから子供の頃には、ぜん馬師匠の事を〈スリッパ以下のおじさん〉と呼んでおりました。そのくらいお世話になっております。

でもそんなスリッパ以下のおじさんと、後年同業者となり、沢山の噺を稽古つけて頂くとは、夢にも思っておりませんでした。

その奥様でございますさこみちよ先生…千紫秀巳(せんしひでみ)師匠の小唄の会に出させて頂くんですから、こんな嬉しい事はございません。

チラシを見ると〈友情出演〉としてある…

「私とさこみちよ師範は、友達だったのか…いつの間に友情が芽生えたのかしら?」なんと云う疑問を抱きながら高座へ上がって客席を見渡すと、私を子供の頃から知っている方々ばかり。演りにくい事この上ない… (-_-;)

「本日は〈立川ぜん馬・被害者の会〉にお集まり頂き、有難うございます」云々かんぬんしてから『鼓ヶ滝』。ホントは牛をほめようと思っていたんですが、何だか出来ない雰囲気でして…でも、父兄参観みたいな感じで楽しかったです。

私の後に、主役のさこみちよ師範が登場し…

「王楽さんを〈友情出演〉としたのには訳がありまして…友情出演にすると、ギャラを払わなくていいんですって♪」

と…コレを聞いた瞬間、友情ではなく、軽く殺意が芽生えました…が、ちゃんとギャラを頂きました。一瞬でも殺意が芽生えました事、心よりお詫び申し上げます。

昨日は、ぜん馬師匠は〈裏方〉に徹しておりました。ホントに仲の良いご夫婦です。

いつも、さこみちよ先生は旦那様であるぜん馬師匠の事を〈ノラ〉と呼んでおります。何故なら、ぜん馬師匠の雰囲気が〈野良犬〉っぽいからです…と云うのは物凄くウソで、ぜん馬師匠の二ツ目の頃の芸名が〈ノラ・ジョーンズ〉…ぢゃなく〈朝寝坊のらく〉だったからです。

「ノラ、早く帰るよ?」なんて事を云ってる時のさこみちよ先生は、とてもチャーミングです。前に「おかみさん、ぜん馬師匠の噺の中で一番好きなのは何ですか?」と聞いたら、少し照れながら「『柳田格之進』…」と即答されましたが、それもまたチャーミングでした♪ o(^-^o)(o^-^)o

とにかく、おめでとうございます。今後とも〈友情出演〉の機会を増やしてください♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »