« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

【映画見聞記 vol. 299】

【映画見聞記  vol.<br />
 299】
昨日の昼間は【戸野劇寄席】。

此の寄席は、今までは〈独演会スタイル〉の落語会でしたが、今回から噺家だけでなく色物の方々も大勢出演される〈寄席スタイル〉になりました。

そうしたら、随分といい雰囲気になりまして…って別に、今までが悪かった訳ぢゃありませんよ?

元々良かったのですが、寄席スタイルの方が谷中と云う下町に合う気もします。物凄くいい雰囲気。

そんな中『ん廻し』を口演。トリの燕路師匠の『しじみ売り』も聴けて嬉しかったです♪

それから有楽町へ行き〈TOHOシネマズ日劇〉にて『幸せの始まりは』を観ました。

『愛と追憶の日々』や『恋愛小説家』など、大人のラブストーリーの得意なジェームズ・L・ブルックス監督の最新作。

主演のリサを演じるのは、ご贔屓コメディエンヌのリース・ウィザースプーン。

ジャック・ニコルソンやオーウェン・ウイルソンも脇を固めておりますが…さて、如何なもんでしょうか?

作品自体はまあまあなものの、リース・ウィザースプーンが複雑な感情を表現してるのが見所。此の方、矢っ張り上手いよね?

落ち込んだリサ(リース)を、ノー天気なメジャーリーガー・マティ(オーウェン)が、ある知人のエピソードを語って慰めようとするのですが…此のエピソードが、くだらなくって面白い♪

それからマティがブルペンで以て「恋の兆候は何?」とチームメイトに問うのですが、返ってきた答えも面白かったっす♪

印象的な台詞は「(酒は)気分のいい時だけ呑め」。

それにしてもジャック・ニコルソン、1937年4月22日生まれ…御年73歳ですって!プレイボーイは、相変わらず元気だネ?

さて…本日は、人形町の〈日本橋社会教育会館〉にて【第10回 三遊亭王楽ひとり会】です!皆様、是非いらして下さい♪ ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

するっテイトなにかい!?

するっテイトなにかい!?
昨日の昼間は、練馬の〈信行寺〉さんにて落語会。久方振りに『宿屋の仇討』を演りました。

それが終わると、練馬から東新宿へ…〈新宿文化センター・小ホール〉にて【第10回 新宿亭砥寄席】。今をときめく古今亭菊之丞・桃月庵白酒両師匠とご一緒♪

私『首提灯』、白酒師匠『転宅』、菊之丞師匠『景清』。いや〜、楽しかった♪(←何がだよ)

終演後、みんなでロビーへ。飾られていた我々3人の色紙をパチリ♪

菊之丞・白酒両師匠がCDを販売してる脇で淋しくぼんやり突っ立っていると、ある男性がつかつかっと私に歩み寄り…

「スイマセン、サインを頂いてもいいですか?」

なんてんで色紙を差し出すぢゃありませんか。

空耳か蜃気楼だと思って、キョロキョロしていると…

「王楽師匠のファンです、サイン下さい」

…と仰った!

嬉しい♪

サインを求められるのは、それが女性でなくても嬉しいものなのです!

ここぞとばかりにサインをさせて頂いた!

コレがホントの…

サインはV!(←上手い!)

松山さん…スター気分を堪能させて下さり、有難うございます!明日の【王楽ひとり会】への御来場、心よりお待ち申しております♪ o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

【戸野劇寄席】宣伝

明日(27日)に、谷中の〈戸野廣浩司記念劇場〉にて【戸野劇寄席】があります。

番組は、以下の通り…

13:00 開口一番
13:10 立川吉幸
13:25 宝井琴柑
13:40 立川談修
14:00 マジックジェミー
14:15 三遊亭竜楽
14:40 中入り
14:50 三遊亭円左衛門
15:05 三遊亭王楽
15:25 春風亭美由紀
15:40 柳亭燕路

です。

前売2000円・当日2500円。

御来場、お待ち申しております! o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

【映画見聞記 vol. 298】

【映画見聞記  vol.<br />
 298】
昨日は〈TOHOシネマズ 六本木ヒルズ〉にて『127時間』を観ました。6月公開だから、試写会です。

此の作品は『トレインスポッティング』や『スラムドッグ$ミリオネア』でお馴染みのダニー・ボイル監督最新作。

落石事故で断崖に右腕を挟まれ動けなくなってしまったアーロンが、知恵と勇気を振り絞り過酷な状況を打破しようと奮闘する様を描いている…らしい。

そんなアーロンを演じるのは『スパイダーマン』のジェームズ・フランコ。本年度アカデミー賞でも、6部門ノミネートされてます。さて、如何なもんでしょうか…

ウン、いいね♪

ダニー・ボイルの作品群って、深刻なシチュエーションのくせにタッチが軽くていいですね?上映時間が、94分と短いのもグッド。

チャールズ・リンドバーグを描いたビリー・ワイルダー監督の『翼よ!あれが巴里の灯だ』と同じような香り…私の記憶が確かであればね?

挟まれてから中盤辺りまでは不思議と陽気なんだけど、クライマックスからラストにかけてタッチをがらりと変えてドラマティックにするのは、監督の手腕の良さでしょう。相変わらず、音楽の使い方も上手い。最後の方のアノ部分が痛々しいっすけどね…。

此の〈現代版『老人と海』〉、ちょいと先になりますが6月公開だそうです。是非、劇場で観てあげて下さい(←お前は関係者か)。

それから本作が6部門ノミネートされている【第83回 アカデミー賞】は、来週28日(月)に発表されるそうですが、その司会が何と…本作主演のジェームズ・フランコ! (。。;)

〈主演男優賞〉にもノミネートされてるから大変だろうなァ…ジェームズ、緊張しないで頑張るのよ?ハンカチとティッシュを忘れないでネ!?(←母親か)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

【第10回 三遊亭王楽ひとり会】宣伝

【第10回 三遊亭王楽ひとり会】宣伝
【第10回 三遊亭王楽ひとり会】宣伝
【第10回 三遊亭王楽ひとり会】宣伝
来週28日(月)、人形町の〈日本橋社会教育会館〉にて、月例独演会【第10回 三遊亭王楽ひとり会】があります。

1月はお休みでしたので、人形町では今年初。

初春に相応しく(←もう初春ぢゃないよ)、ゲストに三笑亭夢之助師匠をお招きしております♪〈夢之助ダジャレワールド〉に、抱腹絶倒間違いなし!

そして開口一番は、何を語っても〈R指定〉の香りが漂う三遊亭たい好!

私は…何を演ろっかな♪

18時半開場・19時開演。

前売り2500円・当日3000円。

お問い合わせは…

(有)トミック
03(5695)1039

です。

皆様方の御来場、心よりお待ち申しております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中むら屋!…で寝るな。

中むら屋!…で寝るな。
中むら屋!…で寝るな。
中むら屋!…で寝るな。
昨日は、弘明寺のおそば屋さん〈中むら屋〉にて【第76回 中むら寄席】でした。

桂歌春師匠の落語会で、もう19年も続いてるんです。今回は、好楽と共に呼んで頂きました。

ネタ帳を見ましたら、此の落語会に出させて頂くのは、平成20年2月26日以来、実に3年振り。その時も、好楽と一緒。

行きの車の中では、好楽と歌春師匠が楽しそうに談笑しておりました…が、その疲れが出たものか、楽屋に着くや否や、好楽は〈すやすやモード〉。

開演時間まで、およそ1時間程眠っていました。日々の疲れが溜まっているのでしょうね…ってオイ、かばん取りにウチに行った時も、すやすや寝てて寝過ぎだよ。

私『転宅』、歌春師匠『天災』、好楽『しの字嫌い』でお開き。

終演後、お客様方皆さんと美味しいお弁当を頂く。中むら屋さんのお嬢様から、手作りのケーキまで頂き、王ちゃん嬉しい♪此の落語会は雰囲気が良くて大好きです。

好楽、帰りの車でもすやすや寝てたよ… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

家入一夫の・花粉症と【新宿亭砥寄席】宣伝!

家入一夫の・花粉症と【新宿亭砥寄席】宣伝!
皆さん、こんにちは。ジョニー・デップです!…違った、三遊亭王楽です(←最近「王楽さん、今度アンジェリーナ・ジョリーと共演するんですね♪」なんて間違われて、私もジョニーも甚だ迷惑である…ジョニーったって、三遊亭上楽ぢゃないよ?)。

ところで皆さん、花粉が凄くないですか?

私自身は、一昨日の月曜から被害が甚大である。余りに甚大なので…

甚大(陣内)孝則かと思った!(←山田くん、座布団8枚!)

『ヒアアフター』観てる時も鼻水が止まらないので、仕方がないから両方の鼻の穴にティッシュを詰めて鑑賞した程だ。

「自分の体内に、よくこれだけ鼻水があるものだ…」と思う程、鼻水が止まらない。

『悲しみがとまらない』とは杏里の歌にまで詠まれているが『鼻水がとまらない』なんてのは、皆さんも聞いた事がないだろう。そらそうだ、ロマンがないもの。

「ロマンがないからぐれてやる!」なんて云うと…

コレがホントの〈浪漫非行(飛行)〉だ!(←上手いぞ、石井竜也!…ってオイ、石井竜也褒めちゃいけない…いや、別に褒めていいんだよ)

…あ、そんな事書こうとしたんぢゃなかったんだ。

今週26日(土)に、新宿三丁目の〈新宿文化センター・小ホール〉にて【第10回 新宿亭砥寄席】があります。

出演者は、今や家畜の勢い…否、破竹の勢いの古今亭菊之丞・桃月庵白酒両師匠!…と、オイラ。

19時開演。全席指定で、前売り3000円・当日3500円。

お問い合わせは…

ミュージック・テイト
0120(277)902

です。是非いらして下さい♪

何だか〈二重人格者〉みたいなブログだな… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

【映画見聞記 vol. 297】

【映画見聞記  vol.<br />
 297】
昨日の昼間は〈広小路亭〉にて【しのばず寄席】。月曜の昼間にも拘わらず、物凄い沢山のお客様。

前座の桂宮治さんが『弥次郎』、三笑亭夢吉さんが『佐野山』…久方振りに聴かせて頂きましたが、お二方とも相変わらず上手いネ?

芸協の未来を担う後輩2人にプレッシャーをかけられた後、私は『厩火事』を演りました。いいお客さんに救われただよ。

それから有楽町へ行き〈丸の内ピカデリー〉にて『ヒアアフター』を観ました。

最も尊敬する映像作家であるクリント・イーストウッド監督の最新作。

今回は〈死〉をテーマに扱った作品らしい。主演は、マット・デイモン。

最も楽しみにしていた今作、さてさて如何なもんでしょう…

おっと、またもや素晴らしい。

実を云うと「今回辺りで、そろそろ期待ハズレな出来になるかな?」なんて考えておりましたが…イーストウッド、惚れ直しました。

相変わらず静謐で荘厳な語り口で、3つのドラマを見事に交錯させ、そのドラマがじんわりと胸に染みてくる。

『ミリオン・ダラー・ベイビー』のに似た穏やかで優しいスコアで始まりますが、間もなくド迫力の津波シーンとなり、劇中人物と同時に観客も飲み込まれます。

霊能力を持ってしまったジョージを演じたのが、マット・デイモン。改めて、物凄い才能のある俳優さんだと思いました。

印象に残ったと云うか「イーストウッドって…」と感じたのは…

ジョージが料理教室でブライス・ダラス・ハワード演じるメラニーとロマンティックな出会いをするんだわさ。

此の料理教室の場面がとても素敵で(←目隠しの味当ての場面が、エロティック且つロマンティック♪)2人がいい感じになるんですけど、メラニーにせがまれてジョージが霊能力を使った事でとんでもない悲劇を迎える事に…

気丈に振る舞いメラニーがジョージの部屋を出るのですが、アパートの階段でくずおれて泣き始めてしまうのです…

観客が「ああ、可哀相…」と思った瞬間、上記の〈穏やかで優しいスコア〉が流れるんですよ。

コレが何となくメラニーを包み込むように聴こえ、それが響いた瞬間…「イーストウッドって、優しいな…きっと女性にモテるだろうな?」なんてな事を思いました。

クライマックスのジョージとマーカス(ジョージ・マクラレン)との場面、またラストのジョージとマリー(セシル・ドゥ・フランス)との場面は、下手すると甘ったるいものになるのですが、描き方にハートがこもっているから清冽な印象を与えてくれます。

『チェンジリング』同様、絶望を突破して、生きる勇気と希望を与えてくれる作品。とりあえず、本年度ナンバーワンです。是非、劇場で御覧下さい。

クリント・イーストウッド、御年80歳…全世界の映画ファンの為に、いつまでも長生きして下さい! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

ガッポリの小堀さんて…

ガッポリの小堀さんて…
改めて見ると、佐藤浩市に生き写しなんだよね?…ってオイ、生き写しは云い過ぎだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼっちゃん達の落語会。

ぼっちゃん達の落語会。
ぼっちゃん達の落語会。
ぼっちゃん達の落語会。
ぼっちゃん達の落語会。
ぼっちゃん達の落語会。
昨日は、三越前の〈日本橋三井ホール〉にて【テレビ朝日寄席 ぼっちゃん5落語会】でした。

協賛の〈ブルボン〉さんや〈BE‐MAX〉さんから、出演者全員が沢山の楽屋見舞いを頂き、みんな大喜び♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

立派で綺麗なホールで、王ちゃんは『牛ほめ』を演らせて頂きました。ホント、いいお客さんでしたよ… (ノ_・。)

此の模様は、今日(21日)の『スーパーモーニング』にて放送されます。見てネ♪

次回は、3月12日(土)。次の日の朝5時までのオールナイト公演です。普段、9時には寝てしまう木久蔵師匠…ピ〜ンチ!

みんなで頑張りますので、何卒宜しくお願いします。

追伸…可愛いマフラーをつけていた木久扇師匠をパチリしました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

レインカラー♪

レインカラー♪
昨日は、学芸大前の〈レインカラー〉にて落語会でした。

此方で落語をやらせて頂くのは、昨年の12月に引き続き2度目。

滅多に此方へ来る事がない私は、学芸大前へ行く前に、奥沢の〈ブルーリボン〉に立ち寄りグレープフルーツゼリーを食べる…めちゃ美味♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

前回は私ひとりで上がり『牛ほめ』『鼓ヶ滝』を演らせて頂きましたが、今回は落語好きなお客さんの井村さんが〈前座〉を務めてくれました。

先ずは、その井村さんが『芝浜』…凄い大ネタを、15分でやってくれました。次回は、何を演って下さるのかしら?

続いて私は『読書の時間』と『不動坊』を立て続けに口演。プロの神髄を見せ付けて…やった積もりなんすがね? (゜ω゜?)

此方での落語会は、若い方々…私と同世代の方々ばかりがいらして下さるので、色んな意味で緊張もしますし励みにもなります。

次回の〈レインカラー〉での落語会は、3月26日(土)です。井村さん、次は『文七元結』か!?

さて、本日は〈日本橋三井ホール〉にて【ぼっちゃん5落語会】♪頑張って参ります! (>_<)

『不動坊』演ったから、ももが筋肉痛だよ… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

文珍師匠に楽珍師匠、どっちも〈珍〉の字おんなじだ。

文珍師匠に楽珍師匠、どっちも〈珍〉の字おんなじだ。
文珍師匠に楽珍師匠、どっちも〈珍〉の字おんなじだ。
昨日は、千日前の〈トリイホール〉にて開催された【第2回 桂文珍 新根多御披露目の会】に出させて頂きました。

会場近くで、文珍師匠の一番弟子・桂楽珍師匠(写真)に会う。ほんわかした優しい方で、大好きな師匠です。

そんな楽珍師匠、白いトレーナーに沢山の可愛いアップリケをつけている…

「兄さん、それは何ですか?」と私が問うと、楽珍師匠は誇らしげに「王楽くん、よう聞いてくれた」と…

「コレはなァ…カレーうどんをこぼした跡や」

いや師匠、そんなに誇らしげにならなくても…それにしてもチャーミングな方だ。

さて開演(←おっと突然始まった)。開口一番は、二番弟子の珍念師匠で『二人癖』。続いて主役の文珍師匠が、時事漫談を二人称で綴る噺…タイトルは何て云うのかしら?

そして私が『鼓ヶ滝』。いいお客様で、気分良く口演させて頂きました♪トリで文珍師匠が『猿後家』。文枝師匠への愛がビシバシ伝わるステキな一席…聴けて良かった! o(><)o

終演後、客席にいらした文珍師匠のおかみさんから…

「高座で『自分は父親に似ていない』って云ってたけど、アナタ仕草とかがお父様に似てるわよ?でも舞台上がるとオーラ出るわね。楽珍みたいに楽屋でオーラ出てるのとは違うわ」

…なんて、とてつもなく嬉しいお言葉を賜りました♪楽珍師匠は、怒るかも知れんけど。

打ち上げは、会場下の〈徳家〉。鯨が美味いので、思わず「ホゲ〜」と唸りました(←上手い!)。楽珍師匠の〈SMトーク〉が炸裂しました♪ O(≧∇≦)o

それが終わると、笑福亭喬若兄さんと共に〈浪速のお色気ビーム〉こと内海英華師匠に夜中まで御馳走になる…英華姉さん、いつもお気遣い痛み入ります!

此の〈トリイホール〉では、5月24日(火)には桂米団治師匠との二人会、そして夏以降には独演会をやらせて頂く予定であります。大阪在住の皆様、何卒宜しくお願いします♪

文珍師匠とおかみさん、有難うございました!

そして楽珍師匠、今度は大阪のいかがわしいお店に連れてって下さい! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

はるとガッポリ。

はるとガッポリ。
はるとガッポリ。
昨日、久方振りにガッポリ建設に会いました。

此の兄さん達と会うと「あ、王ちゃんだ!急に周りの温度が低くなったと思ったら、王ちゃんが寒い事云ってたのか」なんてな事を平気で云って下さるので、気が引き締まります…ってオイ、気が引き締まるどころか傷付くしムカつくよ!

写真は、甥っ子の〈はる〉とガッポリです。

はるはガッポリが大好きで、ガッポリが揃って「はるちゃ〜ん!」と呼ぶと、一旦ガッポリをちらっと見てから、振り返らずにすたすたと行ってしまいます。そのくらい大好きです…ってオイ、大好きどころか毛嫌いしてるよ!

そんなはるの後ろ姿にガッポリが全身全霊で「オーイ!」とツッコミを入れるんですが、私はその光景が堪らなく好きです♪

さてと…いつまでもふざけてる訳にいかないので、今後とも真面目に精進して稼ぎたいです。ガッポリガッポリ♪ o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

五代目・春風亭柳朝の素顔。

五代目・春風亭柳朝の素顔。
昨日は〈日本橋劇場〉に於いての【第5回 噺の扉】を勉強しに行って参りました。

小朝・小満ん両師匠と小沢昭一先生の三人会。前日、自分の会にゲスト出演して下さった小朝師匠に、御礼かたがた顔を出した訳でありんす。

楽屋の廊下でぼんやり突っ立っていると、小朝師匠が「コレ食べなさい?」と奥沢〈ブルーリボン〉のグレープフルーツゼリーをくれました。余っ程、物欲しそうな顔をしていたのかしら?食べてみたら、もう美味いの美味くないの!(←どっちだよ)

ほんでもって、小満ん師匠が持って来て下さった東十条〈黒松〉のドラ焼きも頂く。これまた、驚きの白さ…否、美味さ♪

開口一番は、瀧川鯉昇師匠で『蛇含草』。相変わらず贅沢な〈開口一番〉だ。

続いて小朝師匠が…何と、前日オイラも演りました『三枚起請』! (。。;)

当たり前ながら、貫禄の違いを見せつけられました…先に聴いておきたかった〜! (>_<)

休憩後、小沢昭一先生のまろやかな随談をはさみ、トリの小満ん師匠が『按摩の炬燵』。地味なネタだのに、じんわりと胸に染み込んでくるのよ。小満ん師匠の落語は、味わい深いです… m(__)m

終演後、麻布十番の美味しい焼肉屋〈第一神宮〉にて打ち上げ。

出演者の皆さん造詣が深いもんだから、歌舞伎やクラシック音楽の話に加え、もちろん落語の名人上手の話に芸談まで飛び交い、王ちゃんは目をキラキラ輝かせながら拝聴してたのは云うまでもありません。

デザートの抹茶アイスが出た頃、小朝師匠の師匠である先代の柳朝師匠の話になり、また場が盛り上がる…

小朝師匠「ウチの師匠って目が悪かったから、映画館では必ず最前列に座ってたのよ。今でこそ画面から離れてるけど、その当時って近過ぎるからボクは見にくくってね。

師匠は子供が好きだったから『がんばれ!ベアーズ』観たんだけど、ボロボロ涙流しちゃって…何て優しい師匠なんだろうって思ったんだけど、その反面でNHKで体操のお姉さんが画面に出てくると、レオタードの部分を指でさすったりして(笑)…コレが同じ人間なのかしらと思ったわよ?そうかと思うと、ペンギンがヨチヨチ歩きしてんのを見て泣いたりして…どうなってんだ此の人はって(笑)」

小満ん師匠「柳朝師匠と一緒に電車に乗ると、派手なアロハシャツ着ててそれを見せびらかしたいもんだから、意味もなく電車の中を車両から車両へ歩き回るんだよ。お供で付いてんのが恥ずかしいの何の(笑)」

鯉昇師匠「そういえば大須演芸場で以て柳朝師匠、十日間いた事があるんですけど、着もしないのに背広がずらりと掛けてあるんですよ。結局一度も着ないで、楽日になったら『オイ、背広をたたんどけ』って…アレは見せる為だけに飾ってたんですねェ…(笑)」

いずれもチャーミングなエピソードばかり。また柳朝師匠の事を語ってる時の小朝師匠の嬉しそうな笑顔が、めちゃくちゃステキでした♪ o(^-^o)(o^-^)o

帰りの車中でも、小満ん・鯉昇両師匠から楽しい話を聴かせて頂きまして…「噺家って、何て有り難い商売なんだ」と思わずにいられない夜でした… (ノ_・。)

※写真は、マギー隆司先生の宣材写真です。ご了承下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

【第20回三遊亭王楽のにぎわい道場】

【第20回三遊亭王楽のにぎわい道場】
【第20回三遊亭王楽のにぎわい道場】
【第20回三遊亭王楽のにぎわい道場】
【第20回三遊亭王楽のにぎわい道場】
【第20回三遊亭王楽のにぎわい道場】
【第20回三遊亭王楽のにぎわい道場】
【第20回三遊亭王楽のにぎわい道場】
【第20回三遊亭王楽のにぎわい道場】
【第20回三遊亭王楽のにぎわい道場】
昨日は〈横浜にぎわい座〉にて【第20回 三遊亭王楽のにぎわい道場】でした。

いつもは地下の〈のげシャーレ〉にて開催されている此の独演会、今回は20回記念の為、上の〈芸能ホール〉でやらせて頂きました♪

ゲストに春風亭小朝師匠をお招きしたお陰で、云うまでもなく会場は満員御礼! ( ^^)Y☆Y(^^ )

楽屋には、開口一番を務めて下さるきつつきくんに、三味線の太田その師匠、そして高座返しの春風亭昇々くんに加え、手伝いで春風亭正太郎くんまで来て下さり、大好きな方々に囲まれ王ちゃんハッピー♪

何が嬉しいと云って、楽屋でボケまくってる私を、きつつき・正太郎・昇々がツッコミまくって下さるんですもの。お陰で、緊張感が削がれる事削がれる事…(←お前がいけないんぢゃねェか)。

さて開演。先ずは、きつつきくん。

彼が高座に上がった途端、まるで嫌がらせかのように、大音量でアラームが鳴り出した…きっちゃんピ〜ンチ! ( ̄▽ ̄;)

然しそこは百戦錬磨のきつつきくん、そんな修羅場を笑いに昇華して『熊の皮』を口演。見事に、客席を温めてくれました♪

続いて、私。ジョニーとの思い出を綴った、お馴染み〈上楽伝〉をマクラにふってから『三枚起請』。いいお客さんに助けられて、無事に一席目が終了。

仲入りの時に、小朝師匠の楽屋を訪ねてツーショット♪…オイラだけかと思いきや、長女みのちゃんとその伜である〈はるくん〉まで、小朝師匠と撮って貰ってやんの!とても芸人のウチに生まれてきた人間とは思えないミーハーっぷり…て云うか、もう何しに来たんだかわからない。

休憩後、お待ちかねの小朝師匠が登場!マクラで以て…

「此の度、三平が女優さんと結婚を致しまして…王楽さんは独身ですよ。こうなったら王楽さんも、OLさんと結婚しちゃいけませんよ?世間がアッと驚くような方と結婚して貰いたいですね?小向美奈子とか麻木久仁子とか…落語界を盛り上げる為にも、彼にはそんな方々と結婚して貰いたいなと思いますよ。結果はどうであれ…」

…なんて感じで、ご自身の体験を自虐的に扱い、客席を爆笑の渦に叩き込み、そのまま『池田屋』。お客様方、最後まで大爆笑でした♪ O(≧∇≦)o

トリで私は、柳家喜多八殿下直伝の『三味線栗毛』を口演して、無事にお開き。

終演後の打ち上げでは、甥っ子のはるくんが、きつつきくん・正太郎くん・昇々くん・その師匠と、ツーショットを撮りまくり♪

共演者とお客様とスタッフの皆さんに助けられながら、いい雰囲気で20回記念を終える事が出来ました。心より御礼申し上げます。

とりわけ、大変御多忙なスケジュールの中をゲスト出演して下さった〈横丁の若様〉に、改めて御礼申し上げます… (ノ_・。)

次回の【第21回 三遊亭王楽のにぎわい道場】は、5月25日の水曜日!皆様方の御来場、心よりお待ち申しております… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

家入一夫の・雪!

家入一夫の・雪!
昨日の夜、東京では大量の雪が降った!

ほぼ吹雪だった為…

吹雪ジュンさんが来たかと思った!(←上手い!)

そんな中を歩いたオイラは、思わず知らず「ルー、ルールールー♪」と歌っていた。

「何故だろう?」と考えていたら…

由紀(雪)さおりさんの歌だった!(←神が降りた!)

然し、一夜明けての今日は晴れて良かった!

何故なら今夜は、小朝師匠をお招きしての独演会だからだ!

「こんな事してる暇ぢゃないだろ!」と思われている読者の方もいるかも知れない。

だが心配しなくてもいいぞ?こんな私は…

こわさ(小朝)知らずだからだ!(←何かを持ってるとしか思えない!見事なヨイショ!…と云うより失礼だろ!)

…て云うか、こんな〈ガッポリ建設・小堀敏夫さんごっこ〉をしてる場合ぢゃないだろ… (-_-;)

小堀さんと云っても…

おばちゃまでない事は云うまでもない(←最後まで見事!ぐうの音もでない!)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

よみうりのゆうかん♪

よみうりのゆうかん♪
よみうりのゆうかん♪
皆さん、こんにちは。向井理です…間違えた、三遊亭王楽です(←最近、間違えられる!)

今日(14日)の読売新聞の夕刊に、私の記事が…と云うか、私を中心に〈ぼっちゃん5〉の記事が載ってます。

今、下校途中に此のブログを読んでくれているキミ!キヨスクで50円で売ってるから買いなさい!

そのかわり、買って直ぐに新聞を広げて私の写真を見た時に…

「やだ…王楽さんて嘘つきね?写真は、小栗旬ぢゃない」

…なんて事を、呉々も大きな声で云わないで貰いたい。最近これまた間違える人が多くて、旬も私もお互いに甚だ困っている(←誰が〈旬〉やねん)。

もしくは…

「やだ…王楽さんの笑顔、相変わらず戦後最大級にキモいんだけど」

…と、呉々もウチの姪っ子や甥っ子と同じような台詞は、もっと云わないで貰いたい。何故なら…傷付くからだ!

とにかく読んでくれているキミ、50円出して夕刊を買いなさい!

そんなキミの姿を見た人は…

「なんて勇敢(夕刊)な方」と云うだろう(←上手い!)。

…何か今回の記事、ガッポリの小堀さんみたいだな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ぼっちゃん5落語会】宣伝

【ぼっちゃん5落語会】宣伝
今度の20日(日)に、三越前に新しく出来た〈日本橋三井ホール〉にて【ぼっちゃん5落語会】があります。

〈ぼっちゃん5〉とは、林家三平・桂春蝶・林家木久蔵・月亭八光・三遊亭王楽と云う、二世落語家5人によるユニットでがんす。

今回は、パパ達…林家木久扇・月亭八方・三遊亭好楽もトークでゲスト出演します。

料金は、4500円。13時開場・14時開演。

お問い合わせは…

星企画
03(3584)4684

です。

三平師匠のご結婚祝いも兼ねている(?)此の会、是非いらして下さい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

本物の前で『モノマネ指南』。

本物の前で『モノマネ指南』。
昨日は【両国寄席】。

私は、本物の兼好師匠が出ていたので『モノマネ指南』を演りました。当人、喉をゴロゴロ鳴らして喜んでました(ように私には見えました)。

よォし!此の調子でレパートリーを増やすぞ♪

習得しなければならない人は、楽生・楽京・大楽・鳳志・橘也・鳳笑・たい好…ってオイ、何か一門の打ち上げの出欠取ってるみたいだぞ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

【第20回 三遊亭王楽のにぎわい道場】宣伝

【第20回 三遊亭王楽のにぎわい道場】宣伝
来週15日(火)に、桜木町の〈横浜にぎわい座〉にて独演会【第20回 三遊亭王楽のにぎわい道場】があります。

二ツ目になって間もない頃から年4回のペースでやらせて頂いてる此の独演会も、今回が何と〈第20回〉。

20回目の記念と云う事で、特別に〈落語界のトップランナー〉こと春風亭小朝師匠がゲスト出演して下さいます! ( ^^)Y☆Y(^^ )

開口一番は、弟弟子の三遊亭きつつきくんが務めてくれます。

料金は、全席指定で3000円。18時30分開場・19時開演。

お問い合わせは…

横浜にぎわい座
045(231)2525

です。

尊敬する先輩と後輩に助けられながら、王ちゃん思いっきり頑張ります!御来場、心よりお待ち申しております♪ o(^-^o)(o^-^)o

間もなく〈完売御礼〉になってしまうやも知れませんので、お早めにお求め下さいませ… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

【映画見聞記 vol. 296】

【映画見聞記  vol.<br />
 296】
昨日は〈丸の内ルーブル〉にて『ザ・タウン』を観ました。

ベン・アフレックが、監督・脚本・主演を務めたクライムサスペンス。

銀行強盗を稼業にしている男が、押し入った銀行の女に恋をして…ってな物語。

ジェレミー・レナー、ピート・ポスルスウェイト、クリス・クーパーと、曲者役者陣が顔を揃えているので楽しみです。さて、如何なもんでしょうか?

いやはや何とも…

可もなく不可もなく…

物語の設定は悪くはないんですが「ストイックに生きてきた男が、あんな簡単に恋に落ちるのか?」なんて思ったりして…要するに、没頭出来まへんでした。

ベン・アフレックもレベッカ・ホールも嫌いな役者さんではないのですが、そんな主役の男女に〈犯罪映画的魅力〉が欠けてると云うか…(←『それでも恋するバルセロナ』のレベッカは、真面目な柄が活かされて見事でした♪)。

…ちなみにジェレミー・レナーが国分太一、レベッカ・ホールが道端ジェシカ、ベン・アフレックが清原和博に見えるのは、私だけかしら? (゜ω゜?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

【映画見聞記 vol. 295】

【映画見聞記  vol.<br />
 295】
昨日は、六本木にある〈20世紀フォックス映画試写室〉にて『ブラック・スワン』を観ました。前日に引き続きまして、試写会です。

『白鳥の湖』をモチーフにしたバレエ映画。主人公ニナは可憐なバレリーナ。だがプリマの座を射止める為には…ってな物語らしい。

ニナを演じるのは、ナタリー・ポートマン。既に【ゴールデン・グローブ賞】で〈主演女優賞〉を受賞しており、オスカーも大本命。監督は『レスラー』のダーレン・アロノフスキー。

否応なしに、期待が高まります!さてさて、如何なもんでしょうか…

不安や嫉妬をフルに活かした心理描写が見事だし、それを演じたキャストの演技も真に迫ってますし、また第一級のホラー映画でもありますし、役作りで悩みに悩み抜くところなどは〈バレエ版『淀五郎』〉の趣があったりして、非常にクオリティの高い素晴らしい作品…

と云うのは確かなんですが、いかんせんホラー部分の刺激が強過ぎて…

しかもオイラは〈血〉に弱くて、その出し方が、最も嫌いな方法ばかりなんですよ。臆病で知られる王ちゃんは、何度も何度も目と耳を塞ぎました… (ノ_・。)

ですから正直云って、個人的にはもう二度と観たくありません。早くも今年の〈ワースト作品賞〉の大本命です! O(≧∇≦)o

…とは云え、飽くまでコレは個人的な意見で、クオリティの高さには脱帽します。

〈ある場面〉が『デュー・デート』と同じものを扱っているのですが、その扱い方が余りにも違うのに、ひとりで苦笑しちまいました。

官能的な香りは最後まで途切れず、ナタリーが見事なのは確かなんですが、そのライバルを演じたミラ・クニスが挑発的で実に素晴らしい。

…でも悲しいかな、我輩の中では〈ワースト作品賞〉の最有力です…どうです皆さん、逆に観たくなってきましたでしょう?

公開は、5月13日(土)。約3ヶ月後とちょいと先ではありますが、是非皆さん、ご自分の目でお確かめ下さい! ( ̄▽ ̄;)

『ソーシャル・ネットワーク』『ザ・ファイター』『英国王のスピーチ』『ブラック・スワン』…これでオスカー最有力の作品を殆ど観た事になります。

あとは3月に公開されるコーエン兄弟の新作『トゥルー・グリット』を残すのみ(?)。

今回は、西部劇。ジョン・ウェイン主演の『勇気ある追跡』のリメイクらしい…ヤバい、観たくて堪らないっす! o(^-^o)(o^-^)o

さてと、今日は『ザ・タウン』を観に行ってこよっと♪ ◎^∇^◎(←皆さん、此の映画鑑賞は仕事の一環ですので、誤解なさらないで下さい… m(__)m)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

【映画見聞記 vol. 294】

【映画見聞記  vol.<br />
 294】
昨日は〈シネマート六本木〉にて『英国王のスピーチ』を観ました。今月末の公開だから試写会です。

子供の頃から吃音の為に無口で内向的、英国史上で最も内気な国王ジョージ6世が、自らを克服していき、国民に愛される本当の王になるまでを描いた感動の実話…だそうです。

本年度の【第83回 アカデミー賞】で、最多12部門ノミネートされており、先日発表された【ゴールデン・グローブ賞】でもジョージ6世を演じたコリン・ファースが〈主演男優賞〉を受賞しました。

さて、如何なもんでしょうか?

正直云うと好みの香りのしない作品なのですが、蓋を開けてみれば、孤独だった男が信頼と友情を得ていく物語に素直に感動してました。

ジョージ5世が死んでから、コリン・ファース扮するジョージ6世とパトラッシュ…ぢゃないジェフリー・ラッシュ扮する言語障害専門のライオネルとの関係が濃くなり、物語は俄然面白くなります。

クライマックスのスピーチ部分で、スピーチ直前にジョージ6世がライオネルに向かって「スピーチの結果がどうであれ、心より感謝している」と照れながら云うんです。

最も泣ける場面なのに、そこでライオネルが間髪入れず「それぢゃあナイト爵をくれ」と云って外すんですが、コレには感心しました。此の一言で、場内は泣き笑いのままラストを迎えるのでありんす。

公開は、今月26日(土)からだそうです。素直に感動したい皆様、是非劇場で御覧下さい♪

然しヘレナ・ボナム=カーター、老けたな… (-_-;)

余談だが、此間ヘレン・ミレンがジェフリー・ラッシュに似ていると書きましたが、ジェフリー・ラッシュはドクター・マシリト(←アラレちゃんの敵で、キャラメルマンを作る人)に似てますネ♪

さてさて今日は、ナタリー・ポートマンが【ゴールデン・グローブ賞】で〈主演女優賞〉を受賞した『ブラック・スワン』の試写会に行って参ります!色っぽい香りがプンプンして、チョー楽しみっす♪ ◎^∇^◎

『レオン』からおよそ16年…ナタリーも大きくなったなァ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

那須で親子会♪

那須で親子会♪
那須で親子会♪
那須で親子会♪
昨日は〈那須野が原ハーモニーホール〉にて【三遊亭好楽・王楽 親子会】でした。

我々親子(兄弟でもある)にたい好さん、そしてゲストに堺すすむ先生。

ホールは云うまでもなく、楽屋もとっても素晴らしい。そんな楽屋で、たい好さんに写真を撮って貰いました。我ながら、笑顔がキモいね?

たい好さん『一目上がり』(←彼の「横丁の金太は納豆売り」に、楽屋で以て爆笑♪ O(≧∇≦)o)、私『片棒』でお仲入り。

休憩後、堺すすむ先生が散々笑かして、トリの好楽が『薮入り』でお開き。大変いいお客様でしたので、親子共々気分良く帰路に着きました♪ o(^-^o)(o^-^)o

さてさて…本日これから、本年度の【アカデミー賞】で以て最多ノミネートされている『英国王のスピーチ』の試写会へ行って参ります!楽しみだワ〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

スギタるは及ばざるが如し〜たい好の『みそ豆』〜

スギタるは及ばざるが如し〜たい好の『みそ豆』〜
スギタるは及ばざるが如し〜たい好の『みそ豆』〜
スギタるは及ばざるが如し〜たい好の『みそ豆』〜
昨日は〈杉田劇場〉にて【いそごふるさと寄席】。六代目の襲名披露でした。

開口一番のたい好さんが『みそ豆』。相変わらず小僧の定吉が小僧っぽくなくてキモいんだ♪AV男優の香りがする『みそ豆』って凄いですよね?是非一度、怖がらずに聴いてみて下さい! O(≧∇≦)o

好吉くん『子ほめ』、好の助くん『錦の袈裟』、私『宮戸川』でお仲入り。

休憩後、口上。司会は、好の助くん。

私が六代目に「私が云うのも何ですが、彼(六代目)は大変親孝行者でして、また中にキラリと光るものがあります」と黒門町を彷彿とさせる口上を述べると、六代目は「お前に云われたくないよ!全くもう、どうゆう育て方してんだか…」なんて好楽に云ったりして、もう大笑い♪

好楽『紙屑屋』、六代目『ウクレレサンドイッチ』でお開き。

然し、あの『みそ豆』は〈R指定〉だね… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第3回 夢で逢えたら…】

昨日は、京橋の〈MAKOTOシアター銀座〉にて【第3回 夢で逢えたら…】でした。

既にお馴染みかどうかは知りませんが、私・林家たけ平・三遊亭きつつきの3人による新作落語会です。

今回の主任は、きつつきくん。主任の彼が、ネタおろしの新作と古典を一席ずつ申し上げました。

楽屋入りして舞台チェックもそこそこに、毎回お馴染みのコンビニ買い出し。買ってるお菓子を見ると落語会のようでない、まるで友達ん家に泊まりに行くようだ。

三枝会長のお弟子さんで東京在住の桂三四郎さんが「勉強させて下さい!」といらして下さいました…が、そんな人が来た途端に、3人揃って緊張し始めちゃいましたよ… (-_-;)

きつつきくんが、赤ん坊同士の噺『バブー指南』。

矢鱈とお客様がウケてるのをソデで聞いてた私とたけちゃん。私が「きつつきくん、ウケてるね?」と云うと、たけちゃんうんざり顔で「ふざけんなよ…」と申しておりました♪

続いてたけちゃんが『龍馬丸裸』…とは云いながら、得意の楽屋噺を約30分の熱演。

ほんでもって私が、得意の(?)声帯模写を生かした『モノマネ指南』でお仲入り。

休憩後、私とたけちゃんのコント。楽しみまくったワ~?たけちゃん、また宜しくネ♪ ◎^∇^◎

トリのきつつきくんは『死神』。以前も聴かせて頂いてるのですが、サゲを変えてるんですよ。コレがお見事、是非一度お聴き下さい… m(__)m

打ち上げは、三四郎さんに音響係のたい好さんを含め5人で大盛り上がり。此の落語会ほど、終わるとホッとする会はありません。

次回は、4月8日(金)。会場が、谷中の〈戸野廣浩司記念劇場〉に変わります。是非いらして下さいませ♪ o(^-^o)(o^-^)o

101209_150858


110204_175826


110204_181349


110204_191028


110204_193145


110204_193220


110204_201156


110205_035658


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

【映画見聞記 vol. 293】

【映画見聞記  vol.<br />
 293】
昨日は、鳳笑ちゃんと〈新宿ピカデリー〉に行き『ザ・ファイター』を観ました。3月公開ですから、試写会でござんす。

デヴィッド・O・ラッセル監督のボクシング映画。

キャストが、マーク・ウォールバーグを筆頭に『ダークナイト』のクリスチャン・ベイル、『魔法にかけられて』のエイミー・アダムス、『フローズン・リバー』のメリッサ・レオと好みの役者陣なので、否応なしに期待は高まります。

既に本国では沢山の賞を受賞しており、先日発表された【ゴールデン・グローブ賞】でも、クリスチャン・ベイルが〈助演男優賞〉、メリッサ・レオが〈助演女優賞〉を、それぞれ受賞しているそうな♪

クリスチャン・ベイルのデ・ニーロも真っ青の役作りが凄いらしい! (。。;)

ただ監督が、あのワケわからんちん映画『ハッカビーズ』を撮った方だってのが、少々不安材料ではありますが… (-_-;)

鳳笑ちゃんと揃ってポップコーンを抱えて臨戦態勢に入る…さて、如何なもんでしょうか?

リアルな作りの割に、悪い意味での重々しさがない秀作。

主人公ミッキー(マーク)を取り巻く…ってか、ミッキーに寄生している家族が、恐ろしい程にリアル。母・兄・姉、みんな揃ってムカつくんですもの。キャスティングされた姉達がリアル過ぎます。

その母親役がメリッサ・レオで、兄ディッキー役がクリスチャン・ベイル…2人共、お見事でした。

「シュガー・レイからダウンを奪った事がある」思い出を頼りに生きているヤク中のダメ人間を、クリスチャン・ベイルが文字通り〈迫真の演技〉。役作りのプロセスと云い、実在の人物を演じた事と云い、間違いなくオスカー受賞しますでしょう… m(__)m

改めてマーク・ウォールバーグって、いい役者さんですよね?『ブギー・ナイツ』の頃から、一度も悪い印象を感じた事がない。演技も去ることながら、お人柄が伝わると云いますか…気付きましたが、かなりフェイバリットな俳優さんです♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

熱気が伝わってくるリアルなボクシング場面も必見!ベタベタな演出でない所為か、観終わった後に清冽な印象を残す快作。

3月26日(土)から公開だそうです。是非、劇場で観て下さい♪

…そんな事より、今日は新作落語会【夢で逢えたら…】です。王ちゃん、大丈夫かしら… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

アレレ?

アレレ?
アレレ?
先週末に、ちょいと大阪は難波の〈トリイホール〉に行ったんだわさ。

そしたらビルの入口に、私の名前の提灯が掛かっていたのよ。

とんと心当たりが無くて…ま、有名になるとこんな事ってあるよね?正直、嬉しいワ♪ ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

【映画見聞記 vol. 292】

【映画見聞記  vol.<br />
 292】
昨日は〈丸の内ピカデリー〉にて『RED』を観ました。

ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチをはじめとした豪華キャストによるアクション映画。

でしたが…

途中で飽きちまいました。

ジョン・マルコヴィッチの最初のアクション場面と、ヘルン・ミレンが役柄を楽しんでる様を堪能するぐらいか。

余談だが、ヘレン・ミレンはジェフリー・ラッシュに似ている。

もひとつ余談だが、メアリー=ルイーズ・パーカーは森下愛子さんに似ている…ってアレ、前にもこんな事を書いたっけか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »