« 明日は…今年初の『あさイチ』! | トップページ | 【映画見聞記 vol. 291】 »

2011年1月28日 (金)

【映画見聞記 vol. 290】

【映画見聞記  vol.<br />
 290】
昨日は〈丸の内ピカデリー〉にて『グリーン・ホーネット』を観ました。

何でもブルース・リーがアメリカでキャリアを積んでいた時代に出演していた伝説のTVシリーズだったとか。

それを『エターナル・サンシャイン』や『僕らのミライへ逆回転』などでお馴染みのミシェル・ゴンドリーが、此の度〈3D〉で以てリメイクした訳よ。

主役のグリーン・ホーネットを演じるのは、セス・ローゲン。私ゃ知りまへんでしたが、アメリカの人気コメディ俳優らしい。相棒カトーを演じるのは、台湾出身のジェイ・チョウ。

ほんでもって『イングロリアス・バスターズ』の怪演も記憶に新しいクリストフ・ヴァルツが悪役で、美人秘書をキャメロン・ディアスだってさ?ちょっぴり楽しそう♪ o(^-^o)(o^-^)o

さてさて、如何なもんでしょうか…

おや、大変好みの作品です♪

全体に漲る軽さが、私好み。キャストの醸し出す〈ゆる〜い空気〉が心地好い。

あと、全体的にノー天気なんですよ。大義名分とか正義とかが微塵もなくて清々しい。

偉大なる父親が死んで復讐するのかと思いきや(←結果的にはそうするんだけど)、建てられた父親の銅像の首を斬ったり、相変わらず贅沢三昧を直さないし、思いつきでヒーローになる事を決意するし、そんな事するくらいだから強いのかと思うと全然強くないし、美人秘書にはうざがられてるし、確かに見ててうざいし…だけど、それがいいんです♪ O(≧∇≦)o

キモくてうざいが愛さずにいられない(?)セス・ローゲンの程よいコメディ演技が光る。

バカリズムさんに似ているジェイ・チョウとの絡みも、噛み合ってんだか噛み合ってないんだかよくわからないんですが、それが凄くいい。

COOLIOの『GANGSTA'S PARADISE』が流れた時は懐かしかったなァ?観てはいませんが、ミシェル・ファイファー主演の『デンジャラス・マインド』の主題歌だよ。高校3年の頃でありんした。

多彩なメカも楽しめる此の作品、是非とも劇場で御覧下さいませ! ◎^∇^◎

ただ…どうでもいいけど、3Dである必要はまるっきりないっすね?

そんな場面もないし、専用メガネ代が別途で500円も掛かるし、暗闇でサングラスをかけてる感じが嫌だし…要するに3D自体が嫌いです。こんな事云うと、ジェームズ・キャメロンに怒られそうですが。

…あ、ポップコーン食べるの忘れた。

|

« 明日は…今年初の『あさイチ』! | トップページ | 【映画見聞記 vol. 291】 »

コメント

お疲れさまでございますtulip

投稿: はるははる | 2011年1月28日 (金) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38175/38639322

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画見聞記 vol. 290】:

« 明日は…今年初の『あさイチ』! | トップページ | 【映画見聞記 vol. 291】 »