« かにかにどこかに? | トップページ | 宮田さん家の高音と低音。 »

2011年1月24日 (月)

【映画見聞記 vol. 289】

【映画見聞記  vol.<br />
 289】
【映画見聞記  vol.<br />
 289】
【映画見聞記  vol.<br />
 289】
【映画見聞記  vol.<br />
 289】
昨日は〈おばあちゃんの原宿〉として知られる〈巣鴨地蔵通り商店街〉へ。翁家勝丸兄さんと林家たこ平くんと落語会。私は『転宅』を演りました。

仕事が終わった後、渋谷へ行き映画を2本観て参りました。たまには気分転換しないとね?(←のべつしてんだろ)

観たのは、楽しみにしていた『デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜』と、大変評判のいい『ソウル・キッチン』の2本。

先ずは〈シネセゾン渋谷〉にて『デュー・デート』。

昨年の夏…私を熱くさせてくれた、あの高レベルなお下劣傑作コメディ『ハング・オーバー!』のトッド・フィリップス監督の最新作っす♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )


キレやすい男とトラブルを招く男…そんな2人の破天荒なロードムービー。ちなみにタイトルの〈デュー・デート〉とは〈妻の出産〉て意味らしい。

主演は『アイアンマン』などでお馴染みのロバート・ダウニー・Jr.と、前作『ハング・オーバー!』にも出ていたザック・ガリフィアナキス…チョー楽しみです! (>_<)

劇場に着いて驚いたのが、何と此の〈シネセゾン渋谷〉…閉館するんですって! Σ(゜ロ゜ノ)ノ

〈恵比寿ガーデンシネマ〉同様、良質の作品を提供し続けてくれた映画館だけに残念でなりません。

今回観る『デュー・デート』がクロージング作品となるそうです。

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』『オール・アバウト・マイ・マザー』『人のセックスを笑うな』『百万円と苦虫女』『スラムドッグ・ミリオネア』『キック・アス』等々…シネセゾン渋谷よ、沢山の感動を有難う!(←オイ、まだ『デュー・デート』観る前だろ)

その悲しみを拭うかのように(?)、巣鴨の楽屋で貰ってきた〈崎陽軒〉のシウマイ弁当をロビーで食べました。若者ばかりの劇場ロビーで、お弁当を出して食べる…何だか気分は、おじいちゃんだ。

お腹が落ち着いたところで、ポップコーンを買って場内へ(←まだ食べるのかよ)…さて、如何なもんでしょうか?

…ん?

そんな予感はしていたのですが…

イマイチでした。

何て云うのかな?妙にイライラさせられてしまうと云うか、帰還兵との部分をはじめ笑えないところが多かったと云うか…残念。

面白い部分もありました。深夜の止めた車内、ピーター(ロバート)が隣りで寝ているにも拘わらず「ぐっすり眠れるから」と云う理由でイーサン(ザック)が自慰をし始めるところ。

ピーターが「落ち着いて眠れやしない…どのくらいかかるんだ?」と問うとイーサン…「普通は35分くらい」だってさ♪大洗…否、大笑いだよ! O(≧∇≦)o(←好みが下品な事を、伏してお詫び申し上げます)

然し、改めてロバート・ダウニー・Jr.って方は、コメディもシリアスもニヒルなアクションヒーローもこなせる素晴らしいイケメン役者さんだね?

続いて〈シネマライズ〉にて『ソウル・キッチン』余談だが、ライズは日曜の最終回の料金が〈1000円〉なのだ♪ ◎^∇^◎

ハンブルグの冴えないレストランが、人気店に急成長するが…ってな物語。

監督・脚本は、ドイツのファティ・アキン。本作品は【ヴェネチア国際映画祭】で〈審査員特別賞〉を受賞しました。さてさて、如何でしょう…

アラ、面白い♪

軽妙なタッチで様々な人間模様が描かれております。好感度大な作風です。

ひとつバカウケした場面は、腰のマッサージをされてるところ。ちょっぴり下品ではありますがね♪

ちなみに〈世界三大映画祭〉を制覇したファティ・アキンは、1973年8月25日生まれ…ジョニーと同い年!世界は広いよ、バッカラコ〜ン。

然し、ポップコーンは美味いぜよ。

|

« かにかにどこかに? | トップページ | 宮田さん家の高音と低音。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38175/38589613

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画見聞記 vol. 289】:

« かにかにどこかに? | トップページ | 宮田さん家の高音と低音。 »