« 嗚呼、麗しの京成百貨店! | トップページ | 『週刊新潮』1月13 日号 »

2011年1月 6日 (木)

坂東玉三郎丈による特別公演。

坂東玉三郎丈による特別公演。
坂東玉三郎丈による特別公演。
昨日は〈ル テアトル銀座〉にて【坂東玉三郎 特別公演】を観て参りました…そう、云わずもがなのアノ公演です。

演目は『壇浦兜軍記 阿古屋』と『女伊達』。

『阿古屋』は、聞くところによると〈女形最大の難役〉とされているそうな…そらそうでしょう、三味線・琴・胡弓を演奏しなくちゃならんのですから! (>_<)

また玉三郎丈が、事もなげに、涼しい顔をしながら演じていらっしゃるんだわさ! o(><)o

あまりに見事な胡弓の演奏に…

呼吸(胡弓)が止まりそうになった!(←上手い!)

休憩はさんで『女伊達』。踊りの中(ちゅう)で、御礼の意を込めての口上がありました。

その時に知ったのですが、何と此の『女伊達』…玉三郎丈にとって初役だったんですって…我々で云うネタおろしですよ! (。。;)

「急遽組まれた代替公演で、ネタおろしするか…?」

口上が済むと、また派手に粋に踊られ始め、その様を陶酔しながら見詰める観客…

超一流のパフォーマンスも去ることながら、急遽組まれた代替公演にも拘わらず初役に挑まれる心意気に、様々なメッセージを感じ、覚えず涙が込み上げてしまいました。

カーテンコールでは、万雷の拍手。歌舞伎界の誇る天才プレーヤーに敬意を表しての、万雷の拍手。

ある方が帰りがけに、こんな事をつぶやかれてました…

「瞬きするのも惜しいくらいだったなァ?」

…仰る通りでございます。

|

« 嗚呼、麗しの京成百貨店! | トップページ | 『週刊新潮』1月13 日号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38175/38361939

この記事へのトラックバック一覧です: 坂東玉三郎丈による特別公演。:

« 嗚呼、麗しの京成百貨店! | トップページ | 『週刊新潮』1月13 日号 »