« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

【第3回夢で逢えたら…】宣伝

【第3回夢で逢えたら…】宣伝
今週2月4日(金)に、京橋の〈MAKOTOシアター銀座〉にて【第3回 夢で逢えたら…】があります。

既にお馴染み…かどうかは知りませんが、私・林家たけ平・三遊亭きつつきの3人による新作落語会です。

今回の主任は、きつつきくん。主任の彼が、ネタおろしの新作と古典を一席ずつ申し上げます。

勿論、私とたけちゃんも新作をネタおろしします。ついでに2人で色物も務めます…やれやれ。

開場19時・開演19時30分。

前売1500円・当日1800円。

お問い合わせは…

(有)トミック
03(5695)1039

です。

慌てふためいている我々3人を、どうか観に来て下さい! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

そろそろ…

そろそろ…
1月も終わりですね?

2月に備えて、くれぐれもご自愛下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

【映画見聞記 vol. 291】

【映画見聞記  vol.<br />
 291】
昨日は、今年初の『あさイチ』でした。

ご紹介させて頂いたのは、竹野内豊さん主演の戦争映画『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』。

竹野内豊さんにもインタビューさせて頂き、嬉しいったらありゃしない!みのちゃんに羨ましがられちゃいました♪…あ、みのちゃんて私の姉の事ね?

『星の金貨』『ロングバケーション』『ビーチボーイズ』を見て、みのちゃんと共に竹野内さんに憧れていた世代…まァ、みのちゃんとは憧れ方が違いますけどね。

精悍な顔付きと喋り方ですから、有働さんやみのちゃんでなくてもノックアウトさせられちゃいますよ。

印象的だったのは「次はどんな役を演じてみたいですか?」と質問した時に「悪役をやってみたいですね。ただ、ご縁があれば何でも演じたいです」みたいな事を仰ったんですが…

コレですよ。

どのジャンルの方に限らず一流の方々に通底して云えるのは、此の〈ご縁〉と云うものを非常に大事にしておられるんです。

勿論、我々の世界も同じです。落語界の売れっ子も、人と人とのご縁に感謝しておられる方々です。

竹野内さんのような方から斯様なお言葉を聴けて、王ちゃんは嬉しかったどすえ… (ノ_・。)

今月で、不惑…40歳になられた竹野内さん、いつまでもクールでスタイリッシュなままでいて下さいネ♪ o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

【映画見聞記 vol. 290】

【映画見聞記  vol.<br />
 290】
昨日は〈丸の内ピカデリー〉にて『グリーン・ホーネット』を観ました。

何でもブルース・リーがアメリカでキャリアを積んでいた時代に出演していた伝説のTVシリーズだったとか。

それを『エターナル・サンシャイン』や『僕らのミライへ逆回転』などでお馴染みのミシェル・ゴンドリーが、此の度〈3D〉で以てリメイクした訳よ。

主役のグリーン・ホーネットを演じるのは、セス・ローゲン。私ゃ知りまへんでしたが、アメリカの人気コメディ俳優らしい。相棒カトーを演じるのは、台湾出身のジェイ・チョウ。

ほんでもって『イングロリアス・バスターズ』の怪演も記憶に新しいクリストフ・ヴァルツが悪役で、美人秘書をキャメロン・ディアスだってさ?ちょっぴり楽しそう♪ o(^-^o)(o^-^)o

さてさて、如何なもんでしょうか…

おや、大変好みの作品です♪

全体に漲る軽さが、私好み。キャストの醸し出す〈ゆる〜い空気〉が心地好い。

あと、全体的にノー天気なんですよ。大義名分とか正義とかが微塵もなくて清々しい。

偉大なる父親が死んで復讐するのかと思いきや(←結果的にはそうするんだけど)、建てられた父親の銅像の首を斬ったり、相変わらず贅沢三昧を直さないし、思いつきでヒーローになる事を決意するし、そんな事するくらいだから強いのかと思うと全然強くないし、美人秘書にはうざがられてるし、確かに見ててうざいし…だけど、それがいいんです♪ O(≧∇≦)o

キモくてうざいが愛さずにいられない(?)セス・ローゲンの程よいコメディ演技が光る。

バカリズムさんに似ているジェイ・チョウとの絡みも、噛み合ってんだか噛み合ってないんだかよくわからないんですが、それが凄くいい。

COOLIOの『GANGSTA'S PARADISE』が流れた時は懐かしかったなァ?観てはいませんが、ミシェル・ファイファー主演の『デンジャラス・マインド』の主題歌だよ。高校3年の頃でありんした。

多彩なメカも楽しめる此の作品、是非とも劇場で御覧下さいませ! ◎^∇^◎

ただ…どうでもいいけど、3Dである必要はまるっきりないっすね?

そんな場面もないし、専用メガネ代が別途で500円も掛かるし、暗闇でサングラスをかけてる感じが嫌だし…要するに3D自体が嫌いです。こんな事云うと、ジェームズ・キャメロンに怒られそうですが。

…あ、ポップコーン食べるの忘れた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

明日は…今年初の『あさイチ』!

明日は…今年初の『あさイチ』!
明日(28日)は、今年初の『あさイチ』です。

皆さん憧れの〈イケメン俳優〉の方が主演の映画をご紹介させて頂きます。

しかも何と…

そのイケメン俳優さんにインタビューしております♪ O(≧∇≦)o

私の姉(長女)は此の方のファンなので、めっちゃ羨ましがられました。

かく云う私も、此の方のドラマを見て青春時代を過ごしましたから、お会いした時には夢のようでしたわいな… (ノ_・。)

オイラが登場するのは、9時15分頃でござる。是非見て下しゃんせ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

有り難ェ事である。

有り難ェ事である。
ウチの実家の近所の方が私を応援して下さっていて、壁にこんなに私の落語会のポスターを貼って下さってるんですよ! (>_<)

此方の前を通る度に「頑張らなくっちゃ♪」と思います…有難うございます!名前は云えませんが、高橋さん(←云ってるよ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

宮田さん家の高音と低音。

宮田さん家の高音と低音。
昨日の昼間は、漫才の宮田陽・昇兄さん(写真)と共に〈府中グリーンプラザ〉へ。

兄さん方の漫才は、高音と低音のハーモニーが心地好いんです。寄席では聴けない〈30分バージョン〉を堪能出来て嬉しい限り♪私は『牛ほめ』を演りました。

夜は、恵比寿の〈ニャフェメランジェ〉にて落語会【猫楽】。猫ちゃんがニャーニャー泣いてる中『道灌』を演りました。癒されますね♪ ◎^∇^◎

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

【映画見聞記 vol. 289】

【映画見聞記  vol.<br />
 289】
【映画見聞記  vol.<br />
 289】
【映画見聞記  vol.<br />
 289】
【映画見聞記  vol.<br />
 289】
昨日は〈おばあちゃんの原宿〉として知られる〈巣鴨地蔵通り商店街〉へ。翁家勝丸兄さんと林家たこ平くんと落語会。私は『転宅』を演りました。

仕事が終わった後、渋谷へ行き映画を2本観て参りました。たまには気分転換しないとね?(←のべつしてんだろ)

観たのは、楽しみにしていた『デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜』と、大変評判のいい『ソウル・キッチン』の2本。

先ずは〈シネセゾン渋谷〉にて『デュー・デート』。

昨年の夏…私を熱くさせてくれた、あの高レベルなお下劣傑作コメディ『ハング・オーバー!』のトッド・フィリップス監督の最新作っす♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )


キレやすい男とトラブルを招く男…そんな2人の破天荒なロードムービー。ちなみにタイトルの〈デュー・デート〉とは〈妻の出産〉て意味らしい。

主演は『アイアンマン』などでお馴染みのロバート・ダウニー・Jr.と、前作『ハング・オーバー!』にも出ていたザック・ガリフィアナキス…チョー楽しみです! (>_<)

劇場に着いて驚いたのが、何と此の〈シネセゾン渋谷〉…閉館するんですって! Σ(゜ロ゜ノ)ノ

〈恵比寿ガーデンシネマ〉同様、良質の作品を提供し続けてくれた映画館だけに残念でなりません。

今回観る『デュー・デート』がクロージング作品となるそうです。

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』『オール・アバウト・マイ・マザー』『人のセックスを笑うな』『百万円と苦虫女』『スラムドッグ・ミリオネア』『キック・アス』等々…シネセゾン渋谷よ、沢山の感動を有難う!(←オイ、まだ『デュー・デート』観る前だろ)

その悲しみを拭うかのように(?)、巣鴨の楽屋で貰ってきた〈崎陽軒〉のシウマイ弁当をロビーで食べました。若者ばかりの劇場ロビーで、お弁当を出して食べる…何だか気分は、おじいちゃんだ。

お腹が落ち着いたところで、ポップコーンを買って場内へ(←まだ食べるのかよ)…さて、如何なもんでしょうか?

…ん?

そんな予感はしていたのですが…

イマイチでした。

何て云うのかな?妙にイライラさせられてしまうと云うか、帰還兵との部分をはじめ笑えないところが多かったと云うか…残念。

面白い部分もありました。深夜の止めた車内、ピーター(ロバート)が隣りで寝ているにも拘わらず「ぐっすり眠れるから」と云う理由でイーサン(ザック)が自慰をし始めるところ。

ピーターが「落ち着いて眠れやしない…どのくらいかかるんだ?」と問うとイーサン…「普通は35分くらい」だってさ♪大洗…否、大笑いだよ! O(≧∇≦)o(←好みが下品な事を、伏してお詫び申し上げます)

然し、改めてロバート・ダウニー・Jr.って方は、コメディもシリアスもニヒルなアクションヒーローもこなせる素晴らしいイケメン役者さんだね?

続いて〈シネマライズ〉にて『ソウル・キッチン』余談だが、ライズは日曜の最終回の料金が〈1000円〉なのだ♪ ◎^∇^◎

ハンブルグの冴えないレストランが、人気店に急成長するが…ってな物語。

監督・脚本は、ドイツのファティ・アキン。本作品は【ヴェネチア国際映画祭】で〈審査員特別賞〉を受賞しました。さてさて、如何でしょう…

アラ、面白い♪

軽妙なタッチで様々な人間模様が描かれております。好感度大な作風です。

ひとつバカウケした場面は、腰のマッサージをされてるところ。ちょっぴり下品ではありますがね♪

ちなみに〈世界三大映画祭〉を制覇したファティ・アキンは、1973年8月25日生まれ…ジョニーと同い年!世界は広いよ、バッカラコ〜ン。

然し、ポップコーンは美味いぜよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

かにかにどこかに?

かにかにどこかに?
かにかにどこかに?
かにかにどこかに?
かにかにどこかに?
かにかにどこかに?
昨日は、岐阜県は可児市へ。〈可児(かに)市文化創造センター〉にて【かに寄席】。

メンバーは出番順に…

林家はな平、三遊亭王楽、林家正蔵
〈仲入り〉
林家二楽、桂米団治
(敬称略)

でした。所謂ひとつの〈プリンス落語会〉だね?

はな平さん『子ほめ』、私『猫の皿』、正蔵師匠『鼓ヶ滝』でお仲入り。

チケットの都合で、休憩時間に帰る事に…二楽師匠の紙切り(←軽妙なトーク付き)と、米団治師匠の落語を拝聴出来なかったのが残念ぢゃ〜! (>_<)

帰りの名古屋からの新幹線でとりめし食ってビール呑んでたら、偶然にも柳家三三師匠と会いまして…会った瞬間、私の頭ん中で『情熱大陸』のテーマ曲が流れやした♪ o(^-^o)(o^-^)o

東京駅で袂を分かつ時に、写真を撮らせて頂きましたが三三師匠、実にチャーミングなポーズ!ファン垂涎の写真だね? O(≧∇≦)o

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

夢之助師匠から新橋演舞場へ。

夢之助師匠から新橋演舞場へ。
夢之助師匠から新橋演舞場へ。
夢之助師匠から新橋演舞場へ。
昨日の昼は〈曳舟文化センター〉にて【第6回 東京スカイ座 曳舟寄席】。

楽屋で、大好きな夢之助師匠と遭遇。今年初だ。

「縁起物だから」と思い、夢之助師匠と写真を撮らせて頂きました♪此の顔は、師匠なりのサービスだそうです。パワー(?)を頂いた私は、師匠円楽の十八番『厩火事』を口演。

そして夜は〈新橋演舞場〉にて【寿・初春大歌舞伎】を観劇。

『寿式三番叟』は、先日お亡くなりになられた中村富十郎丈の忘れ形見・鷹之資くんが素晴らしい♪ちなみに鷹之資くんは、御年11歳…ウチの姪っ子と同学年!爪の垢でも煎じて飲ませたいよ…。

『実盛物語』は、色んな意味で市川団十郎丈が〈歌舞伎界の4番バッター〉である事を再認識させられました。

『浮世柄比翼稲妻』は、中村福助丈のチャーミングな女形っぷりに酔いしれるばかり…ただただ素敵♪

さて本日は、岐阜県可児市にて米団治・正蔵両師匠との落語会。張り切って参りましょう! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

今年もパルコで〈志の輔らくご〉♪

今年もパルコで〈志の輔らくご〉♪
昨日は、好の助くんと【志の輔らくご inPARCO 2011】に行って参りました。

何と私と好の助くん、客席で拝見させて頂いちゃいました!ロビーで写真を撮ったり、設置されていたガチャガチャをやったりして、単なるファンです。

此のパルコ公演は、平成8年11月からですよ。平成8年と云えば、オイラはまだ大学1年生。青春を謳歌していた頃だよ。

然し、3時間以上の公演をたった一人でですよ…私も好の助くんも、大いに泣いて笑って〈志の輔らくご〉を堪能させて頂きました…何、演目?だって読んでる人で「これから行く」って方も多そうだから、それは云えません♪秘するが花です(←使い方が違う)。

終演後、楽屋でビールを呑みながら、色んなお話をさせて頂きました。お疲れにも拘わらず、下の人間へのお心遣い、痛み入ります… m(__)m

楽屋での打ち上げには、超イケメンの息子さんもご同席されまして、その息子さんと喋る志の輔師匠の嬉しそうな顔と云ったら♪そうか…師匠の無尽蔵とも思えるエネルギーの源は、コレだったのか…。

そんな師匠のエネルギー、皆様ガッテンして頂けましたでしょうか? (o・ω・o)

2月1日(火)の千秋楽まで、あと少し!志の輔師匠、くれぐれもご自愛下さいませ… (ノ_・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

文珍師匠に感謝…!

文珍師匠に感謝…!
文珍師匠に感謝…!
一昨日は、恵比寿ガーデンプレイスにある〈ザ・ガーデンホール〉にて桂文珍師匠との二人会…【YEBISUふたり亭】でした。

此の会が具体化した時から、何だか落ち着かない日々を過ごしてきました…

そらそうでしょう、私が生まれる前から売れに売れまくっていた大先輩との落語会…しかもゲストと云う形ではなく、ガチンコな二人会なのですから! (>_<)

お陰様で、会場は満員御礼。開演時間が近付くに連れて、緊張感が増してくる… (-_-;)

オープニングトークとして、私とプロデューサーである〈まあくまさこ〉さんが登場。途中で、文珍師匠も登場。

まあくさんから「王楽くんの魅力は何ですか?」と聞かれた師匠は…

「彼はイケメンだと…自分が思っているところがいいですね?」

ウワーイ♪ぐうの音も出ないよ! O(≧∇≦)o

然し、その後…

「彼は〈落語界の石川遼〉ですよ…」

おお!何たる有り難きお言葉!! (。。;)

…と、喜ぶのも束の間。続編があった…

「…いや、雰囲気がね?何、スコア?スコアは一緒ぢゃない、まだまだです」

文珍師匠、何度か「オーイ!」とツッコミを入れてしまった御無礼、平にお許し下さい… m(__)m

さて、トークが終わったところで開口一番は…何と文珍師匠です! (>_<)

「私も先輩である談志師匠と二人会をやらせて頂いたりしましたが、後輩の方とやらせて頂くのは初めてでして…胸を借りる事はあったんですが、胸を貸すのは初めてですから、どうしたらいいのかなァと思いまして…力の入れ具合がね?力を抜き過ぎたらお客さんに失礼ですし…あんまり力を入れ過ぎたら王楽くんに失礼ですし…」

…云うまでもなく、会場は大爆笑。百戦錬磨の自由自在っぷりのマクラを聴きながら、私は緊張を通り越して爆笑してました♪

「何をお演りになるのだろう…」と、耳をそばだてておりますと…何と『猿後家』!桂文枝の十八番だ! o(><)o

「〜やないかいな」が、文枝師匠にそっくり♪此の師匠は、本当に文枝師匠を愛していらっしゃるのが伝わる素敵な一席… (ノ_・。)

贅沢過ぎる開口一番の後、いよいよ私。油断すると、口から心臓が飛び出そうでした… (-_-;)

「文珍師匠に胸を借りての折角の催しですので、師匠円楽の十八番を二席申し上げます…」ってんで『柳田格之進』。図らずも、前夜に観た『最後の忠臣蔵』が参考になりました。

そして今回『柳田』を演るにあたって、色々と相談に乗って下さったのが柳家小満ん師匠。

新宿伊勢丹の上にある洋食レストラン〈西櫻亭〉で御馳走になりながら、様々な事を懇切丁寧に教わりました…心より御礼申し上げます。

仲入り後、再び私。「今度は軽くいきますよ?」と云ってから『宮戸川』…師匠、天国で怒らないで下さいネ? (o・ω・o)?

文珍師匠のトリネタは、師匠自作の『HEY!MASTER』。35歳の時にお作りになられたと云う此の作品も、今や不朽の名作。大爆笑でござんした。

終演後の打ち上げでも文珍師匠は、色んな話を聴かせて下さいまして…「大声で正論を云う人は嫌い」の一言が印象的でした。

御機嫌でタクシーに乗られ、乗られる際に「王楽くん、有難う」と…それは此方の台詞です。

あ、マクラでこんな事も仰ってくれましたか…

「私も王楽くんのような伜がいたらなァ?なんて思ったりして…好楽さんが羨ましいです」

文珍師匠、本当に有難うございました… m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

【映画見聞記 vol. 288】

【映画見聞記 vol.<br />
 288】
いよいよ本日は、桂文珍師匠との二人会…【YEBISUふたり亭】! (>_<)

そんな大事な会の前日でした昨日は、有楽町の〈丸の内ピカデリー〉へ行き『最後の忠臣蔵』を観て参りました(←オーイ)。

池宮彰一郎さんの同名小説を基に、吉良邸討ち入り後も訳あって密かに生き延びた2人の赤穂浪士の物語。

主演は、役所広司さんと佐藤浩市さん。日本映画界を代表する名優のお二方…硬派な香りがプンプン漂います! o(><)o

〈醤油バター味〉のポップコーンを買って、臨戦態勢に入る…さて、如何なもんでしょう?

おっと…

予想以上に素晴らしかった。素直に感動してる自分が居ました。

至ってオーソドックスな作りなんですが、甘過ぎず辛過ぎず、丁度いい味付け。

『曽根崎心中』の絡め方も鬱陶しくない。ラブロマンスの部分も、清らかにエロティック。

そういえば脚本が『ツィゴイネルワイゼン』『陽炎座』をはじめ鈴木清順作品でお馴染みの田中陽造氏だった…納得。

キャスティングもピタリとハマった。伊武雅刀さん、昨年観た『桜田門外の変』同様、登場する場面は少ないものの圧倒的な存在感。流石です。

特筆すべきは、大石内蔵助のご息女・可音(かね)を演じた桜庭ななみさん。

品がいいし、凛としてるし、美しいし…『(500)日のサマー』でサマーを演じたズーイー・デシャネル同様「此の役を演じる為に生まれてきたのでは…!」と思わせる程、素晴らしい演技。昨年暮れに観ていれば、確実に【王楽アカデミー賞】の〈助演女優賞〉でした。

ただ、可音の花嫁行列の時は〈ドリフ〉を彷彿とさせて苦笑しちまいましたが♪ f^_^;

私より先に観ていた好楽が「ああいうサゲとは思わなかったよ」と云ってたんです。

「どんなサゲなんだろう…エンドクレジットの時に、まさかのレディー・ガガの曲がかかる中〈『最後の忠臣蔵』NGシーン集〉でも流れるのかしら?でも、それはサゲとは関係ないし…」

…などと色んな事を考えておりましたが、普通の(?)サゲでござんした。悪くはありません。ちょっぴり悲しいですが… (ノ_・。)

主従の絆・親子の情愛・密かな恋…殺伐とした現代だからこそ観て貰いたい一品、是非劇場へ足を運んで下さい。

役所広司さん…誠に見事な武士っぷりでしたが、途中で何度か戦場カメラマン・渡部陽一さんに見えたのは、オイラだけでしょうか? (o・ω・o)?

そんな事より今日の会です…王ちゃん頑張りまっす! (−_−#)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

今年初!便所でお尻を拭く会長♪

今年初!便所でお尻を拭く会長♪
今年初!便所でお尻を拭く会長♪
今年初!便所でお尻を拭く会長♪
昨日は〈高崎市文化会館〉にて【第23回 新春市民寄席】。

メンバーは出番順に…

春雨や風子、三遊亭王楽、三遊亭白鳥
〈仲入り〉
翁家勝丸、三遊亭小遊三
(敬称略)

でした。

風子さん『初天神』、私『野ざらし』、白鳥師匠『マキシム・ド・呑兵衛』。仲入り後、勝丸兄さんの曲芸をはさみ、いよいよトリの小遊三師匠が登場。

何度も此のブログで記してますが、私は〈小遊三落語〉の大ファン♪云うまでもなく、ソデで拝聴。

マクラで立川談志師匠との思い出をたっぷり語られてました。こんな感じでしたか…

「談志師匠には、若い時分から稽古をつけて頂いたりと色々お世話になってまして…鬼才ですよ。紙一重な方ですが…何が紙一重かわかりませんが…まァお客様方のご想像通りです(笑)。

挨拶も凄いですよ?私が『おはようございます!』と云ったら、普通の先輩でしたら『オウ』で終わるんですが、談志師匠は違いますね?

私が『おはようございます!』と云うと、談志師匠『オウ』と…此処までは普通の先輩と同じなんですが、談志師匠の場合は続きがあって『オウ…どうも空気がよどんでると思ったら小遊三か…相変わらずバカか?』なんて云ってくるんですよ!(爆笑)

今や私も後輩も弟子もいますから『相変わらずバカか?』なんて云われて黙ってられません、すかさず私も答えますよ…『はい、相変わらずバカです』って…まァ、それが芸人の付き合いの秘訣です」

そんな談志師匠との思い出をたっぷり語られてから、ケチの噺『味噌倉』へ。「ウチのは実が入ってないから〈みそ汁〉ぢゃなくて〈そ汁〉だよ」に、王ちゃん大爆笑! O(≧∇≦)o

小遊三師匠、今年も宜しくお願いします… m(__)m

いよいよ明日は、文珍師匠との二人会…【YEBISUふたり亭】!吐きそうなくらい緊張してますが、大いに胸を借りて頑張ります♪ o(><)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

柳家三三師匠と林家木久蔵師匠との三人会!

柳家三三師匠と林家木久蔵師匠との三人会!
柳家三三師匠と林家木久蔵師匠との三人会!
柳家三三師匠と林家木久蔵師匠との三人会!
昨日は〈会津若松市文化センター〉にて【柳家三三・林家木久蔵・三遊亭王楽 三人会】でした。

…が、新幹線が止まってるやないか〜い! (ノ゜O゜)ノ

急遽、一緒に行く翁家勝丸兄さんに車を出して頂く事に… m(__)m

前座の好吉くんも含め、我々5人は郡山へ向かいましたが、車内の雰囲気は遠足みたいでした。

途中、那須のインターでソフトクリームを食べてエネルギー充填!寒くても美味しかったワ♪

郡山でワゴンタクシーに乗り換えて、何とか会場に開演30分前に着きました。

会場入口に貼ってあった今回のポスターをパチリ♪どことなく〈明るい指名手配〉みたいなポスターだ。

いざ開演。好吉くん『つる』、私『ん廻し』、木久蔵師匠『勘定板』と〈南京玉すだれ〉。仲入り後、勝丸兄さんの曲芸をはさみ、トリの三三師匠『悋気の独楽』でお開き。めっちゃいいお客様でしたので、みんな揃って気分良く口演させて頂きました! o(><)o

帰りの車内も、遠足気分。佐野インターで〈佐野ラーメン〉を食べて、体を温めて帰路に着きました。若手の会での思わぬハプニングでしたので、とても楽しかったです♪ ◎^∇^◎

さて本日は、高崎にて小遊三師匠と白鳥師匠との落語会!どうか、新幹線が止まりませんように… (ノ_・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

【2010 王楽アカデミー賞】

【2010 王楽アカデミー賞】
【2010 王楽アカデミー賞】
【2010 王楽アカデミー賞】
【2010 王楽アカデミー賞】
【2010 王楽アカデミー賞】
【2010 王楽アカデミー賞】
【2010 王楽アカデミー賞】
【2010 王楽アカデミー賞】
【2010 王楽アカデミー賞】
【2010 王楽アカデミー賞】
皆様、大変長らくお待たせ致しました…【2010 王楽アカデミー賞】を発表します! O(≧∇≦)o

昨年は、66本の映画を観させて頂きました(←再見の『気狂いピエロ』を含めて)。

NHK『あさイチ』に〈映画ナビゲーター〉として出させて頂いた所為か、一昨年より30本も多く観ちゃいましたよ。

さァ、先ずは〈助演賞〉から参りましょう!

〈助演女優賞〉クロエ・グレース・モレッツ(『キック・アス』)

作品自体も面白かったが、彼女の弾丸ライナーのようなアクションとユーモアに感服つかまつった。

他には、『抱擁のかけら』のブランカ・ポルティージョ、『フローズン・リバー』のミスティ・アップハム、『インセプション』のエレン・ペイジ、『悪人』の樹木希林さん。

〈助演男優賞〉稲垣吾郎(『十三人の刺客』)

此の稲垣さんが、鮮やかなまでに悪い奴なんだ♪作品自体は後半失速気味だったものの、不穏な空気を保てたのは稲垣さんの功績。

他には、『ラブリーボーン』のスタンリー・トゥッチ、『夢と犯罪』のコリン・ファレル、『悪人』の柄本明さん、『ソーシャル・ネットワーク』のアンドリュー・ガーフィールド。

続きまして〈脚本賞〉と〈監督賞〉。

〈脚本賞〉ヤン・イクチュン(『息もできない』)

胸を締め付けられる展開に、正しく「息もできない」…ヤン・イクチュンは、監督も主演も務めており、そちらも最高! (>_<)

〈監督賞〉ペドロ・アルモドバル(『抱擁のかけら』)

全世界でも賞賛され、劇場で公開された時には3度も足を運び、今でもたまにDVDで観てしまう大傑作『トーク・トゥ・ハー』から、およそ7年…ここんとこガツンと来なかったアルモドバルが、遂にガツンとやってくれました!ペドロ、万歳♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

他には、『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ、『インビクタス』のクリント・イーストウッド、『息もできない』のヤン・イクチュン、『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィッド・フィンチャー。

さてさて…群雄割拠の〈主演賞〉へ!

〈主演女優賞〉ズーイー・デシャネル(『(500)日のサマー』)

此の部門、大いに迷いました…だって皆さん、演技も去ることながら美しいんですもの♪

『抱擁のかけら』のペネロペ・クルス、『息もできない』のキム・コッピ、『17歳の肖像』のキャリー・マリガン、『人生万歳!』のエヴァン・レイチェル・ウッド…出来れば全員に上げたい!(←別にいらないよ)

しかしながら、恐らく観に行った男性陣を間違いなく恋させたズーイー・デシャネルに…サマーちゃん、コレ以上みんなを惑わせないで!(←バカです)

〈主演男優賞〉ジェシー・アイゼンバーグ(『ソーシャル・ネットワーク』)

実在の人物…しかも生きている現役バリバリの実在人物を、見事に演じたジェシーに。弱冠27歳の彼に、是非オスカーも獲得して貰いたいものですな?

他には、『(500)日のサマー』のジョセフ・ゴードン=レヴィット、『インビクタス』のモーガン・フリーマン、『抱擁のかけら』のルイス・オマール、『息もできない』のヤン・イクチュン。

さァ、いよいよ〈作品賞〉!…に突入する前に【王楽アカデミー賞】恒例の〈ワースト作品賞〉!

〈ワースト作品賞〉なし

…実はコレ、ちょっぴり残念なんよ。

何故かって、ただ単につまらない作品は数多ありますものの、そういう作品には上げてません(←いや、いらないよ)。

「スベり過ぎてて面白い♪」とか「もう二度と観たくない!」と云う、物凄いインパクトを与えてくれた作品にしか、毎年上げてません(←まだ云ってるよ)。

だから〈ワースト作品賞〉って云っても〈作品賞〉と紙一重であり表裏一体なので、選ぶのが楽しみな賞なんです。それが今年は無いのは、淋しい限りです。

昨年中に『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観ていれば、此の賞を授与していたやもしれないのに…はァ〜、口惜しい! (>_<)

…さァ、いつまでも落ち込んでいられないから〈作品賞〉に突入しましょう!今年はベストテンで♪

〈第10位〉『瞳の奥の秘密』(ホセ・ファン・カンパネラ監督作品)

第一級のミステリー。観終わった時にガツンと来て「ヤバイ…本年度ナンバーワンだ!」と思ったのですが、不思議と此の順位に…とにもかくにも、ミステリーに酔いしれて下さい。

〈第9位〉『17歳の肖像』(ロネ・シェルフィグ監督作品)

年頃の女性の難しさを、新鋭キャリー・マリガンが見事に体現。烏龍茶はサントリーの事…ぢゃなく、女性は勿論の事、男性も楽しめる事請け合い。登場人物みんなの気持ちがようわかる… (ノ_・。)

〈第8位〉『ウディ・アレンの夢と犯罪』(ウディ・アレン監督作品)

土台はサスペンスなんですが、嫌な種類のハラハラ感ぢゃないのよ。改めてウディ作品の〈品の良さ〉に脱帽。コリン・ファレルの苦悩っぷりも、どこか滑稽。御年75歳で、此のセンスと此の感性…そんなウディに送ります…人生万歳!

〈第7位〉『マチェーテ』(ロバート・ロドリゲス監督作品)

もうDVD出てるかな?パッケージは下品かも知れませんが…皆さん、騙されたと思って観て下さい!あまりの馬鹿馬鹿しさに、笑う事しか出来ませんから!可愛いぞ、ジェシカ・アルバ♪ o(><)o

〈第6位〉『ハング・オーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(トッド・フィリップス監督作品)

下ネタ満載な上に、とっても下品なんだけど、大好きな類の作品です♪数年前に観た『俺たちフィギュアスケーター』に勝るとも劣らない、クオリティの高い下品さ(←意味わからん)。今月公開される同監督の最新作『デュー・デート』、めっちゃ楽しみ♪

〈第5位〉『息もできない』(ヤン・イクチュン監督作品)

制作・監督・脚本・編集・主演を務めたヤン・イクチュン…韓国に、またひとつ物凄い才能が生まれました。暴力と照れとユーモアが漲る作風は、北野武監督作品の香り。「どんなに死にたくても生きろ!」が、ズシンと胸に響きました。

〈第4位〉『ソーシャル・ネットワーク』(デヴィッド・フィンチャー監督作品)

トレント・レズナーによるスコアが流れるオープニングから、グイグイ引き込まれる。ジェシー・アイゼンバーグをはじめとした若手俳優陣の熱い演技を堪能。『セブン』『ファイト・クラブ』『ゾディアック』…私って割と、フィンチャーが好きみたい。

〈第3位〉『(500)日のサマー』(マーク・ウェブ監督作品)

ドライでビターだけど、誰もが好きになるラブコメ作品です。奔放されっ放しの主演男優の気持ちが、痛い程わかるんだわさ♪とにかく此の映画…〈サマー〉の一言に尽きます!

〈第2位〉『インビクタス 負けざる者たち』(クリント・イーストウッド監督作品)

現代最高の映画作家と云って過言ではないイーストウッド。所謂ひとつの〈伝記映画〉だのに、胡散臭さが感じられないのは、イーストウッドの了見が素晴らしい所為でしょう。最新作『ヒアアフター』も、めっちゃ期待してます!

〈作品賞〉『抱擁のかけら』(ペドロ・アルモドバル監督作品)

気負わずに〈性〉を描くところに、アルモドバルの貫禄を感じます。舞台美術もファッションも素敵な、なまめかしい人間讃歌。ペネロペ・クルスの、悲しげで官能的な後ろ姿に注目。「彼女の存在は、さざ波のように私の心を掻き立てた」…お見事!

他にも『ラブリーボーン』『フローズン・リバー』『インセプション』『キック・アス』『人生万歳!』も、妙に脳裏にこびりつく秀作です♪ ◎^∇^◎

…ま、こんなところでしょうか?

疲れた… (*´ο`*)=3(←読む人の方が疲れるよ)

いつも書いてますが、コレが皆様のDVDレンタルのガイドになればいいなと思っております。

さてと…今年も沢山の映画を観て、沢山の感動を与えて貰いましょう♪(←お前も与えろ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

歌舞伎界の若手の皆様。

歌舞伎界の若手の皆様。
歌舞伎界の若手の皆様。
歌舞伎界の若手の皆様。
歌舞伎界の若手の皆様。
昨日の午前中は、皆さん憧れのイケメン俳優さんにインタビューをさせて頂きました♪

大学時代の私は、此の方のドラマを観ておりましたので、めっちゃ感激したっす! ( ^^)Y☆Y(^^ )

その模様は、今月28日(金)のNHK『あさイチ』にて放送されます!是非見て下さい… m(__)m

それから〈浅草公会堂〉へ【新春浅草歌舞伎】を観に行きました。

市川亀治郎さん・中村七之助さん・中村亀鶴さん、そして昨年暮れの〈南座〉での代演で一気に注目度の上がった片岡愛之助さんが出演♪ O(≧∇≦)o

…と思いきや愛之助さん、急病で以て休演ですって! o(><)o

暮れの急遽の代演もあって、お身体が悲鳴を上げたんでしょうね?愛之助様、くれぐれもお大事になすって下さい… (ノ_・。)

観劇前に、公会堂の並びにある〈アンヂェラス〉へ。此のお店の名物ケーキ…その名もそのまま〈アンヂェラス〉を食べに行く。私、大好き♪ o(^-^o)(o^-^)o

演目は『壺坂霊験記』と『黒手組曲輪達引』。

前者は愛之助さんの代わりで、急遽亀鶴さんが務める事に…人の役を直ぐに出来るものなのかしら?然し亀鶴さん、緊張されたでしょうな?お疲れ様でした!

後者は『助六』のパロディ。ジュリーもびっくりするくらいの亀治郎さんのワンマンショー。七之助さんの揚巻、貫禄たっぷりでしたよ♪

歌舞伎界の若手の皆様のご活躍を観て、私のハートに火がつきました…よし!映画でも観に行ってくるか♪(←オーイ、稽古しろ〜!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

【映画見聞記 vol. 287】

【映画見聞記  vol.<br />
 287】
昨日は〈渋東シネタワー〉にて『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観ました。

木村拓哉さん主演のSF大作。実を云うと、そんなに観る気はしなかったのですが、友人の友人が「めっちゃ感動しました!泣きました!3回も観ちゃいました!」なんて云ってたらしいので、興味がわき観る事に…さて、如何なもんでしょう?ポップコーンを抱えて鑑賞だ♪ ◎^∇^◎(←最近私の中で、ポップコーンが流行ってます)

私が買ったのは、一番大きいLサイズのポップコーン…バケツみたいな大きさ。

握れるだけポップコーンを握って口の中に放り込むもんだから、これでもかとばかりに右手は塩だらけ。

映画が始まって30分足らずで、それだけ大量のポップコーンを食べ終わっちゃいましたよ。然し、何でこんなにポップコーンて美味いんだろう? (o・ω・o)?

…いや、ポップコーンはどうでもいいよ。友人の友人が3回も観た映画自体は…

何だか〈こそばゆい場面〉が沢山あったものの、そのこそばゆさを通り越して楽しんでる自分がいました。けど、ちょっと長過ぎかな? (;´・`)

出来れば〈活写会〉で北澤仁副会長と一緒に観に行けば、何倍も楽しめた作品です♪所謂〈珍品〉ね。

短時間で恋に落ちてるのも、何故かいきなりキスするのも、西田敏行さんをはじめとした皆さんの死に様も、あらゆる場面にツッコミどころ満載。

池内博之さんの役、めっちゃ面白い♪此の役、是非とも渡辺徹さんに演じて貰いたい! ◎^∇^◎

…ん、待てよ?

それより木村拓哉さんの役を渡辺徹さん・黒木メイサさんの役を榊原郁恵さんにしたら、此の作品は更に面白くなるかも知れない…。

その時には、艦長をザキヤマ…否、山崎努さんではなく…ってオイ軽いよ、アンタッチャブルぢゃないんだから…山崎努さんではなく、梅宮辰夫さんに演じて貰いたい! o(><)o

またその時には、柳葉敏郎さんの役を勝俣州和さん・緒形直人さんの役を関根勤さん・高島礼子さんの役を西川史子さんor杉本彩さん・西田敏行さんの役を中尾彬さん、そして改めて池内博之さんの役を東幹久さんに演じて貰いたい! (>_<)

…ん、待てよ?(←またか)

渡辺徹・榊原郁恵・梅宮辰夫・勝俣州和・関根勤・西川史子・杉本彩・中尾彬・東幹久って何だかオイ…

『ダウンタウンDX』みたいになっとるやないか〜い! (ノ゜O゜)ノ

…不思議ですよね?こんだけ書いてたら、また観たくなってくるんですから♪ o(^-^o)(o^-^)o

A「皆さんに申し上げます…ポップコーンのLサイズを食べると非常に喉が渇くので、必ず飲み物をご用意下さい♪」

B「まだ云ってるよ!余程ポップコーン気に入ってんだな」

A「それから皆さん?」

B「まだあんのかよ」

A「くれぐれも飲み物は…」

B「ウン」

A「みそ汁かコーンポタージュにして下さい♪」

B「余計喉渇くわ!もういいよ」

AB「どうも、有難うございました!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

いよいよ【YEBISUふたり亭 Vol.2】!

いよいよ【YEBISUふたり亭 Vol.2】!
来週18日(火)に〈恵比寿ガーデンプレイス/ザ・ガーデンホール〉にて【YEBISUふたり亭 Vol.2】があります。

以前にも此のブログにて記しましたが、何と此の会…普段からお世話になっている上方落語界の大御所・桂文珍師匠との二人会なんです! (☆_☆)

子供の頃からテレビで見ており、芸歴が30年以上も違う大先輩であり大スターとの二人会…夢のようでありますが、恐ろしく緊張します… (-_-;)

開場18時半・開演19時。前売4000円。

ご予約・お問い合わせは…

マーク・アイ
03(3464)0761

です。

とにかく胸を借りまくって頑張るしかおまへん!皆さん、オタオタしながら奮闘する私を、是非応援しに来て下さい♪ ( ̄▽ ̄;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『GINZA』に出てるよ♪

『GINZA』に出てるよ♪
『GINZA』に出てるよ♪
『GINZA』に出てるよ♪
『GINZA』に出てるよ♪
『GINZA』に出てるよ♪
今売ってる『GINZA』と云う雑誌に、我輩が載っております。

二代目木久蔵師匠と一太郎くんとの〈笑点チルドレン〉で載っており、我輩は私服姿まで撮られております…やだなァ、オシャレさんだって事がバレて♪

クロエ・セヴィニーが、表紙です。是非、見て下さい! (>_<)

※はい、写真は関係ありません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

【映画見聞記 vol. 286】

【映画見聞記  vol.<br />
 286】
昨日は〈新宿バルト9〉にて『アンストッパブル』を観ました。

人為的ミスにより暴走した列車を、ベテラン機関士と新米車掌の2人が食い止めようと奮闘する…ってな物語。監督はトニー・スコット、主演はデンゼル・ワシントン。

とりあえずポップコーンを買って臨戦態勢に入る。さて、如何なもんぢゃろ…

ヤバい…

本編始まる前に、ポップコーンを食い終わってしもた(←んな事ァ、どうでもいいよ)。

99分と云う比較的短い尺だったから良かったけど、ドラマの中盤から考え事をし始めちゃって…映画を観てる最中に、考え事は不可ませんな? (゜ω゜?)

よくある〈ベテランと新米のぶつかり合い〉は不完全燃焼だし、ハラハラドキドキ感は希薄だし…まァ退屈はしませんが、改めて『スピード』が名作だった事を思い出しました。

列車の重量感とスピードを感じさせるのは、トニー・スコットの腕でしょうね♪

皆さん…ポップコーンは、本編が始まってから食べ始めて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

向島行ったら〈河原のあべ〉へ。

向島行ったら〈河原のあべ〉へ。
昨日は一日中、MXテレビ『一朝一席』のロケでした。

行ったのは、向島。隅田川七福神めぐりなので、布袋尊をまつってある〈弘福寺〉さんへ。

その弘福寺さんの前にある〈河原のあべ〉と云う天丼屋さんで昼飯を食べたのですが、コレが美味しかった! o(><)o

ランチにはサービスとして、カウンター脇のテーブルにある、ほうれん草の胡麻和え・卵焼き・きんぴらごぼうやら・酢の物など、副菜が取り放題!コレがまた美味い♪ O(≧∇≦)o

ついでにね?お手洗いがキレイなのよ。しかもただキレイなんぢゃない…此のお店のご主人の趣味が反映されてるそうですが、もう少し広ければ自分の部屋にしたいくらい! ◎^∇^◎

〈河原のあべ〉さん、また伺います… m(__)m

今回の収録は、新潟発の3人組アイドル〈Negicco〉も一緒でしたので、おじさんスタッフと共に、朝からテンション上がりまクリスティー♪

此の収録分は、今月23・30日の朝7時からです。是非、見て下さい! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

上方の人気者、いらっしゃ〜い♪

上方の人気者、いらっしゃ〜い♪
上方の人気者、いらっしゃ〜い♪
上方の人気者、いらっしゃ〜い♪
上方の人気者、いらっしゃ〜い♪
昨日の昼は〈逗子文化プラザ〉にて【第12回 逗子名人会】でした。

逗子名人会…

〈名人会〉って言葉が、ズシっと来るね?(←上手過ぎる!流石は名人♪)

チラシを見るとどうやら毎月やってるらしい此の【逗子名人会】。

今月は米団治師匠と私、2月は鳳楽・鶴光両師匠、3月はさん喬・小遊三両師匠…ってオイ、オイラ以外みんな大御所ぢゃないっすか! (ノ゜O゜)ノ

サブタイトルが〈プリンスたちのらくご〉。プリンセスである江戸家まねき猫先生もご出演♪

開口一番は、東大出身の春風亭昇吉さんで『一目上がり』。正月に相応しい、縁起のいいネタ。

続いてオイラ。「せっかくだから、冬らしい噺でも演んべェか?」と思い『夢金』。毎度の事ながら、お客様に助けられ気分良く口演… m(__)m

仲入りの時に、楽屋で〈二世〉が集まり3ショット♪

仲入り後、まねき猫先生の〈動物ものまね〉をはさみ、トリの米団治師匠は『くしゃみ講釈』。何度も聴かせて頂いてますが、師匠のチャーミングさが際立つ大好きな一席です。

帰りの東京へ向かう電車内では、米団治師匠と〈今後の事〉について、色々と語らせて頂きました。お疲れにも拘わらず、有難うございました! (>_<)

品川で米団治師匠と袂を分かち〈有楽町朝日ホール〉へ。

〈上方落語協会〉の会長・桂三枝師匠が、昨日から10日までの3日間【初笑い!桂三枝の爆笑特選落語会】を開催されてるので、勉強がてら新年のご挨拶。

楽屋に入ると、優しい三枝会長から、手拭いやらお年玉やらマンガやらを頂いてしまいました…何しに行ったんだかわからん。

師匠は、自作の『相部屋』と『ハワイの夜』を口演。後者ではウクレレを弾いたりされ、お客様方を爆笑の渦に叩き込んでおられました♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

…爆笑の渦に叩き込んでおられたにも拘わらず、楽屋に戻ると「あそこはもっとこうした方がええんちゃうかな…」などと、更に研究されてまして…。

落語界の…いやさ、芸能界のトップの方のそんな姿を見せられ、私は心底感動しました… (ノ_・。)

三枝会長、有難うございました…私も頑張りますので、どうか見捨てないで下さい! o(><)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

今年初の【やねせん亭】!

今年初の【やねせん亭】!
今年初の【やねせん亭】!
昨日は〈不忍通りふれあい館〉にて【第13回 やねせん亭】でした。

円左衛門師匠がリーダーで以て、兼好師匠・私・きつつきくんの4人で構成されている此の落語会。久方振りに、メンバー全員集合しました♪ o(^-^o)(o^-^)o

きつつきくんが強烈に『弥次郎』、兼好師匠がスマートに『小言幸兵衛』。仲入り後には、円左衛門師匠以外の3人で〈質問コーナー〉。私ときつつきくんとの悪ふざけを、兼好師匠が綺麗に捌いてくれました… m(__)m

私は、此の時期にしか出来ないネタ『厄払い』。前座の頃に、鰻屋の2階で以て柳亭市馬師匠から教わったネタでがんす。調べてみたら、およそ6年振りの口演!楽しかったから、今月と来月に演りまくりましょう♪ ◎^∇^◎

トリの円左衛門師匠は、びしっと『芝浜』。お客さんは沢山入ったし、笑い声も沢山聴けたし、充実の一夜でした。

此の会は、楽屋が楽しい割には程よく緊張もしてしまうと云う、とても不思議でとても素敵な会です。

打ち上げでは、きつつきくんがインタビュアーとなり、円左衛門師匠に遠慮会釈なしの質問責め。また円左衛門師匠が、殊の外嬉しがってんだ♪ O(≧∇≦)o

1時過ぎまで、みんなで大盛り上がり!打ち上げ会場の〈晴れ晴れ屋〉さん、遅くまで申し訳ありません…いつも美味しいお料理を、有難うございます! (>_<)

今日はこれから逗子に行き、上方落語界のスーパーサラブレッド・桂米団治師匠との落語会!お会い出来るのが楽しみだワ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

中々出来ない演りたいネタ。

中々出来ない演りたいネタ。
中々出来ない演りたいネタ。
昨日は【両国寄席】。

『首提灯』を演る気満々でいた私が楽屋入りすると、高座から聴こえた落語は『巌流島』…ネタがつく為、出来ない… (-_-;)

「それぢゃあ『悋気の独楽』演ろ…」と思っとったら、今度は『風呂敷』が出た…これまたネタがつくから出来ない… (-_-;)

仕方がないので『高砂や』を演りました。寄席では中々〈演りたいネタ〉って出来ないものなのよ♪

トリの鳳楽師匠は『一分茶番』。見た目と語り口が美しいだけに、噺の馬鹿馬鹿しさが映える。総領は、いつ見てもオツだ… m(__)m

今夜は、お馴染み【やねせん亭】!張り切って参ります♪

※写真は、本文とは恐ろしく関係ありません。ご了承下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

『週刊新潮』1月13 日号

『週刊新潮』1月13<br />
 日号
今日(6日)発売された『週刊新潮』1月13日号のグラビアに、小朝師匠と載っております。是非、見て下さい! o(^-^o)(o^-^)

それから来週12日に発売される『GINZA』(マガジンハウス)に、二世特集が組まれております!合わせて、是非♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (1) | トラックバック (0)

坂東玉三郎丈による特別公演。

坂東玉三郎丈による特別公演。
坂東玉三郎丈による特別公演。
昨日は〈ル テアトル銀座〉にて【坂東玉三郎 特別公演】を観て参りました…そう、云わずもがなのアノ公演です。

演目は『壇浦兜軍記 阿古屋』と『女伊達』。

『阿古屋』は、聞くところによると〈女形最大の難役〉とされているそうな…そらそうでしょう、三味線・琴・胡弓を演奏しなくちゃならんのですから! (>_<)

また玉三郎丈が、事もなげに、涼しい顔をしながら演じていらっしゃるんだわさ! o(><)o

あまりに見事な胡弓の演奏に…

呼吸(胡弓)が止まりそうになった!(←上手い!)

休憩はさんで『女伊達』。踊りの中(ちゅう)で、御礼の意を込めての口上がありました。

その時に知ったのですが、何と此の『女伊達』…玉三郎丈にとって初役だったんですって…我々で云うネタおろしですよ! (。。;)

「急遽組まれた代替公演で、ネタおろしするか…?」

口上が済むと、また派手に粋に踊られ始め、その様を陶酔しながら見詰める観客…

超一流のパフォーマンスも去ることながら、急遽組まれた代替公演にも拘わらず初役に挑まれる心意気に、様々なメッセージを感じ、覚えず涙が込み上げてしまいました。

カーテンコールでは、万雷の拍手。歌舞伎界の誇る天才プレーヤーに敬意を表しての、万雷の拍手。

ある方が帰りがけに、こんな事をつぶやかれてました…

「瞬きするのも惜しいくらいだったなァ?」

…仰る通りでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

嗚呼、麗しの京成百貨店!

嗚呼、麗しの京成百貨店!
嗚呼、麗しの京成百貨店!
嗚呼、麗しの京成百貨店!
昨日は、水戸の〈京成百貨店〉にて【京成寄席】。

メンバーは、楽之介・楽麻呂・真楽・楽生・王楽と云う、我が一門きっての癒し系が集結しました。

一番下の私が云うのも何ですが、行きの電車から楽屋まで、空気のゆるい事ゆるい事♪

3回公演でしたので、私が演ったのは『平林』『棒鱈』『つる』。また皆さんが、いいお客さんなんだ♪京成百貨店のお客様は、知的レベルが高い! ◎^∇^◎

楽屋の雰囲気をそのまんま持って行った大喜利も楽しかったなァ?楽之介師匠、謎掛けが上手過ぎます… m(__)m

とにかく楽しい旅でした。また来年も宜しくお願いします!

さて…本日これから、玉三郎さんの公演を観に行って参ります!楽しみだワ♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

『上楽伝』の出来上がり♪

『上楽伝』の出来上がり♪
『上楽伝』の出来上がり♪
『上楽伝』の出来上がり♪
昨日の昼間は【戸野劇寄席】にて独演。『雑俳』『大人は判ってくれない』『蒟蒻問答』と、お客さんへの迷惑も省みず三席も申し上げちゃったよ。

夜は【両国寄席】。ジョニーこと上楽師匠との思い出…私が前座時代、上楽師匠にどれだけ御馳走になったかを話していると、舞台ソデから突然「うるさいよ王楽、余計な事を云うな!」と云いながら、本物のジョニーが出て来てくれました♪…まァ「出て来てくれました」って程の人ぢゃありませんが(←オーイ)。

下らない事ばっかり喋っていたら、ネタに入らずに終わっちまいまして…。

前座さんから「ネタは何としておきましょうか?」と聞かれ「ウ〜ン…ぢゃあ『上楽伝』にしといて?」と…またひとつ迷作が生まれました。ジョニーのエピソードを増やしておかなきゃ♪ ◎^∇^◎

終演後、新年会(←まだやってんのか)。勿論ジョニーは〈USJ〉に変身し、ビールっ腹を出しての悪口雑言…でも、何故か憎めないんだよなァ?(←憎むよ)

追伸…大変貴重なマギー隆司先生のお着物姿、皆さんへの〈お年賀〉です。どうぞご遠慮なく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

大御所の皆様に囲まれた正月2日目。

大御所の皆様に囲まれた正月2日目。
大御所の皆様に囲まれた正月2日目。
大御所の皆様に囲まれた正月2日目。
昨日の昼間、柳亭市馬師匠のところへ年始のご挨拶へ行って参りました。

〈KY〉な人間でお馴染みの私は、ちょうどお昼時に伺ってしまった為、市馬一門の皆様と共に、美味しいお料理をたらふく頂いてしまいましたとさ…あ、断っておくけど〈KY〉って〈空気が読める〉って事だからね♪ O(≧∇≦)o(←んなアホな)

あ…そういえば市馬師匠は、此の度〈落語協会〉の副会長に就任されたのよね?おめでとうございます! ( ^^)Y☆Y(^^ )

それから私は【両国寄席】に行き『鈴ヶ森』を演りました。若いお客様方が大変賑やかに笑って下さり、王ちゃんご機嫌♪ ◎^∇^◎

鳳楽師匠が『鮑のし』。正月には、必ずと云っていい程お演りになります。私も教わりました此のネタ…軽いネタにも拘わらず、面白い上に美しい!ソデできつつきくんと、うっとりマキアージュ状態… m(__)m

我が一門の大御所を堪能した後、きつつきくんと共に品川へ。今度は、上方落語界の大御所・桂文珍師匠のところへ年始のご挨拶。

〈品川よしもとプリンスシアター〉にて【新春しながわ寄席】が開催されており、そこにご出演されていたのであります。

楽屋に伺うと、文珍師匠は開口一番「今朝、お父さんと2人で落語演ってたでしょう?」と仰った…そうだ、MXの『一朝一席』で以て〈二人落語〉の『つる』を演ってたんだわさ…師匠、恐縮です! (>_<)

ソデで以て出番を控えておられた文珍師匠から、沢山の芸談を聴かせて頂きました。

そんな師匠がお演りになられたネタは『天狗裁き』! (。。;)

地方などのネタ帳で見てましたから、お演りになるのは存じておりましたが、拝聴するのは初めて♪マクラからサゲまで、ただただ爆笑! (☆_☆)

文珍師匠、今月18日(火)の【YEBISU亭 Vol.2】でもお世話になります。いつも有難うございます!今年もどうぞ宜しくお願いします♪ o(^-^o)(o^-^)o

大御所の落語の余韻に浸りながら、きつつきくんと食事をして帰路に着きました。改めて思う…落語って何て素晴らしいんでしょう! o(^-^)o

てな訳で正月の2日目も、実に充実した時間を過ごす事が出来ました… (ノ_・。)

さて、本日は14時から【戸野劇寄席】にて独演会で、夜は【両国寄席】にて19時頃の出番でござんす。頑張るぞ、ガオ〜! o(><)o

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

2011年の初仕事は…待ってました、横丁の若様!

2011年の初仕事は…待ってました、横丁の若様!
2011年の初仕事は…待ってました、横丁の若様!
2011年の初仕事は…待ってました、横丁の若様!
2011年の初仕事は…待ってました、横丁の若様!
2011年の初仕事は…待ってました、横丁の若様!
2011年の初仕事は…待ってました、横丁の若様!
2011年の初仕事は…待ってました、横丁の若様!
和民での宴の後にちょびっとだけ寝て、紋付袴の出で立ちに着替えて、我々のホームグラウンドである〈お江戸両国亭〉へ。一門の新年会なのだ。

黒紋付の人間が何十人も集まる姿は、何度見ても壮観です…って私だけは、色紋付でしたけど。

そうそう…そういえば昨年の一門新年会に遅刻して来たのが、我等がジョニー♪

今年と同じく、和民で以て朝まで呑んでいたので「きっとジョニーは来ないだろう…」と踏んでいた我々後輩の予想を大きく裏切って、寝不足顔を引きずりながらも来ましたよ…15分遅刻で。

遅れてきたジョニーは、皆さんから「上楽、何で遅れたんだよ!?」と問われると、返す刀がヘンテコリンだった…

「スイマセン!静電気で金縛りにあったもんで!!」

〈静電気で金縛り〉なんて現象、聞いた事ないよ… (-_-;)

落ち着いて席に着いた瞬間には、缶ビールを片手に持ちながら「でも良かったよ、新年会に間に合って…」ってオイ、15分も遅刻してたよ! (ノ゜O゜)ノ

そして今回もありましたよ…ジョニーの珍言。

ジョニーの声が、何だか知らんがガラガラだったんですよ。我々後輩は「どうしたんですか?」と聴きました。みんなは心の中で「どうせ酒でしょ♪」と思っていたら…

「風邪だよ、風邪。さっきタクシー乗ったら、声が出なくなっちゃってさァ?しょうがねェから、ジェスチャーで教えて此処まで来たよ…」

嘘つけ〜! (┬┬_┬┬)

そんな新年会にて、大楽親方に鳳志師匠、ジョニーに鳳笑ちゃんと、個性溢れる方々の写真を撮らせて頂いた後、私は好楽と2人で、柳嶋の妙見様…〈法性寺〉さんへ。

昨夏、MXテレビの『一朝一席』のロケで大変お世話になりまして、それ以来お付き合いをさせて頂いてるのです… m(__)m

法性寺さんの前で信号待ちをしている時に、パパをパチリ♪スカイツリーがめっちゃ綺麗な代わりに、パパの顔がめっちゃ逆光。

ご挨拶が済むと、私は2011年初仕事の会場である〈ロイヤルパークホテル〉へ…元日恒例、小朝師匠の独演会だ♪ o(^-^o)(o^-^)o

楽屋入りすると、小朝師匠は『週刊新潮』さんの取材を受けてました。

二代目木久蔵師匠と三木男くんも楽屋入りされた後、我々〈二世軍団〉と小朝師匠が手拭い交換。

その様子が、6日(木)に発売される『週刊新潮』のグラビアに掲載されるそうです。買わなくちゃだわね! ( ^^)Y☆Y(^^ )

開演直前に小朝師匠から「王楽さん、悪いけど『鼓ヶ滝』演ってくれない?」と…若様からリクエストされるなんて嬉しいワ♪

さて開演。沢山のお上品な方々に囲まれて、幸せ気分で2011年の初高座を務めさせて頂きました。

続いて、主役の小朝師匠。開口一番、下記のような事を仰いました…

「御来場で有り難く御礼を申し上げます。ただ今は王楽さんの『鼓ヶ滝』でございましたが、彼は此の噺で【NHK新人演芸大賞】の〈落語部門〉で大賞をとりました。つまり受賞作品ですけれども…」

ソデで以て「こんな事云われて嬉しい!」なんて喜んでいたら、まだ続編があった…

「こないだ彼が寄席でコレを演ったんですよ。そしたら客席にいた高校生が、終演後に彼のところにやってきて『王楽さん、さっきの噺はこうやって直した方がいいよ?』と云われたそうで…グーで殴ったそうですけども…」

…若様、コレが云いたかったのね? (-_-;)

そんなマクラから『宗論』。続いて木久蔵師匠が『権助提灯』と〈南京玉すだれ〉。

トリの師匠の二席目は、何と『らくだ』! (。。;)

ソデでじっくり拝聴させて頂きました…ヨシ!近い内に、さらって演ろう♪

終演後、小朝師匠と二世軍団は、根岸の海老名家宅へ年始のご挨拶。

根岸のおかみさん、御年78歳…肌は美しいし、何だかお会いする度に若返ってます! (>_<)

種平師匠の漫談(?)を拝聴しながら、美味しいお雑煮に舌鼓を打つから、忙しいったらありゃしない♪至福の正月空間だお… (ノ_・。)

根岸で小朝師匠と袂を分かち、オイラは両国へ戻りました。ホームグラウンドの【両国寄席】です。

私が演ったのは、三枝会長作『読書の時間』。要するに2011年の元日は、十八番の内の二席を演ったって訳よ…え、誰も云ってない?こらまた失礼しました♪

寄席がはねた後、道楽・神楽・兼好各師匠方と、両国駅前の〈笑笑〉にて、軽めに新年会。軽めなのは、みんな疲れてましたから…とは云っても、4人で一升は呑みましたが… m(__)m

近年の元日は、3年連続で五明楼玉の輔師匠とアホみたいに呑みまくっており、それが無かったのがちょっぴり残念でしたが、今年も素晴らしき元日でした。正に「一年の計は元旦にあり」! (>_<)

さて、今日も【両国寄席】。張り切って参りましょう♪ ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

一夜明くれば…元日だ。

一夜明くれば…元日だ。
一夜明くれば…元日だ。
一夜明くれば…元日だ。
一夜明くれば…元日だ。
一夜明くれば…元日だ。
一夜明くれば…元日だ。
紅白見た後、例年通り近所のお寺さん…〈養福寺〉の除夜の鐘イベントへ。

私と好楽をはじめ、きつつき・好の助・鳳笑・好吉・たい好と、五代目円楽一門の精鋭が大勢で押しかけました♪…あ、忘れてた。ジョニーもいただよ。

養福寺さんでさんざっぱら御馳走になったにも拘わらず我々若手連中は、これまた毎年恒例なんですが〈諏訪神社〉でおみくじを引いて、そりから西日暮里駅前の〈和民〉へ繰り込みました。

勿論ジョニーは〈USJ〉…つまり〈ウルトラ・スーパー・上楽〉に変身して、迷言・珍言を連発。

USJ「AKB可愛いよねェ?大島ちゃんもいいけど、やっぱりあっちゃんが一番だね♪」

単なるミーハーだ。そりから…

USJ「あの子も可愛いよね?そうぶさき♪」

…そうぶさき? (゜ω゜?)

王楽「…兄さん、それひょっとして〈あいぶさき〉ですか?」

USJ「ああ、そうとも云う…」

オーイ、そうとしか云わないんだよ〜! (ノ><)ノ

…てな訳で、今年も宜しくお願いします♪(←どんな訳やねん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遂に来ました、2011 年!

遂に来ました、2011<br />
 年!
あけましておめでとうございます!

本年も私…三遊亭王楽を宜しくお願いします♪

…ってオーイ、写真が全然違うやんけ〜! (ノ゜O゜)ノ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »