« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

彼女の正体は…後藤美樹!

彼女の正体は…後藤美樹!
彼女の正体は…後藤美樹!
彼女の正体は…後藤美樹!
彼女の正体は…後藤美樹!
彼女の正体は…後藤美樹!
彼女の正体は…後藤美樹!
彼女の正体は…後藤美樹!
昨日は、高知県へ。

〈高知市文化プラザ〉にて【第10回 出前寄席 好楽・王楽親子会】でした。

滅多に来ない高知県だのに、今年は既に二度目。

前回来たのは、3月3日。六代目の襲名披露の一発目が、ご当地〈高知県民文化ホール〉だったのでありまする。

今回のメンバーは、我々親子にたい好さん、そして曲独楽の三増れ紋姉さん。

会場に着いて、配分されるパンフレットを何気なくパラパラとめくってみる。

出演者のプロフィールが書いてあったのですが、れ紋姉さんのご本名を見て驚いた。ご本名は何と…

後藤美樹。

「オ〜ウ、みんな集まってくれ!」

「どしたい兄ィ、こんな集めちゃって?」

「オウ、此の長屋のれ紋なァ?」

「ウン」

「アイツの名前を知ってっか?名前を」

「名前ェ?れ紋はお前…れ紋だろ」

「そうでねんだよ。れ紋と云うのは、世を忍ぶ仮の名。まこと本名をなァ…後藤美樹ってんだよ!」

「何ィ!?アイツはそんな悪党か!」

…冗談はともかく、何て可愛い名前なんだ?

れ紋「そうなのよォ!最近よく云われるのよ?『お前は名前が可愛過ぎる!』なんてさァ。完全に私、名前負けしてるよね?」

そう云われた私とたい好は「イヤ、そんな事ありませんよ?」と、れ紋姉さんの目を見ないまま後ずさりをし、声のトーンを徐々に落としていきつつ、ゆっくりとフェイドアウトしていきました。

めっちゃ美味しい肉ぶっかけうどんと釜揚げしらすごはんを頂いてから、間もなく開演。

たい好は〈R指定〉な香りのする『転失気』、私『つる』でお仲入り。休憩後、後藤美樹さんの曲独楽をはさみ、トリの好楽『親子酒』でお開き。

終演後の打ち上げでは、かつおやら〈うつぼ〉やら、美味しいお魚を沢山頂く。此の土地の皆さんは、うつぼ(いつも)こんな物食べてるのか?(←上手い!)

高知の皆様、有難うございます。また呼んでくれなきゃいじけるぜよ! (>_<)

然し、後藤美樹には驚いたよね… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

【映画見聞記 vol. 279】

【映画見聞記  vol.<br />
 279】
昨日は〈国立演芸場〉に於いての一門会が終わると、そのまま鳳笑ちゃんと2人で日比谷へ。

只今〈TOHOシネマズ シャンテ〉にて【ゴダール映画祭】が行われてるんすわ。

来たる12月3日で御年80歳を迎えるフランス映画界の巨匠ジャン=リュック・ゴダールの新作『ゴダール・ソシアリスム』の公開を記念して、その公開に先立ち『勝手にしやがれ』をはじめとした過去の名作群が上映されるとです。

「ちんぷんかんぷんだけど、何となく素晴らしい」と、曖昧にゴダールをリスペクトしている我々2人が観たのは、最高傑作と名高い『気狂いピエロ』。

私がコレを初めて観たのは、大学1年の頃。

貪るように映画を観始め「映画好きならジャン=リュック・ゴダールは避けて通れないな…」と通ぶり始めた時代でした。

劇場は、渋谷の〈ユーロスペース〉(←今の〈シアターN渋谷〉の場所にあった頃ね)。

あの衝撃は、今でも忘れられません。

映画が始まって間もなくでしたでしょうか…

あっという間に撃沈、そして爆睡… (-_-;)

気付いたら有名過ぎるラストシーンの直前で…物凄い衝撃の睡魔でした。

あれから14年振りに挑みます。あれから少しは大人になったから、もう眠る事はないでしょう…多分。さてさて、如何なもんでしょうか?

ウン♪

矢張り、ちんぷんかんぷんだね! O(≧∇≦)o

冒頭の「ベラスケスは…」から始まり、飛び出す台詞はバッカラコ〜ンな訳わからなさ。

ゴダールが、アンナ・カリーナに惚れてるのがようわかるのよ。壮大なるアンナ・カリーナのプロモーションビデオってところかな?

然し、矢張り映画史に残る傑作です(←説得力ない?)。

今観てもちっとも古くないジャン=ポール・ベルモンドとアンナ・カリーナのファッションも、人を食ったような音楽や展開の外し方も、堂々たるロングショットも、原色を基調としたポップな色使いも、それを映すラウル・クタールの撮影も、全てが〈圧巻〉の一言…故にDVDで観るよりも、映画館の大画面で観る事を強くオススメ致します。

真っ暗闇の中を点滅するヘッドライト、川の中を歩く2人、黒煙を上げるのを尻目に殺し歩いていく2人、爆発してゆっくりとパンしていくラスト…此の作品は、正に〈詩〉です。

鳳笑ちゃんと余韻に浸りながら、帰路に着きました。皆様、此の機会をお見逃しなく! (>_<)

ゴダールもイーストウッドも同い年。イーストウッドの新作『ヒアアフター』の公開も待ち遠しい!お二人とも、映画界の為にも長生きして下さい… m(__)m

追伸…『気狂いピエロ』は、体力のある時に観る事をオススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

西新井に帰ってきただよ。

西新井に帰ってきただよ。
西新井に帰ってきただよ。
昨日は、昼夜で〈西新井文化ホール〉にて六代目の襲名披露。

披露目は岩沼以来なので、ちょうど3週間振りでした。

今回のメンバーは、六代目・好楽・たい平師匠、そして勝丸兄さんと私。

「此のホールに来たのはいつだったかしら…」とネタ帳を見ましたら、平成15年4月11日に小朝師匠の独演会で来て以来でした。7年半前、前座の頃だよ…若かったなァ? (;´・`)

そうそう、此処の楽屋が異様に広かったのを思い出しました。勝丸兄さんと弁当を食べてる時にパチリ♪

昼の部は、アタマに口上。好楽『つる』、たい平師匠『二番煎じ』でお仲入り。

休憩後、私『宮戸川』。

それこそ以前来た時に小朝師匠がお演りになってるのを聴いて「何て面白くって、何てチャーミングなんだ♪」と感動し稽古をつけて頂きました。西新井の皆様に申し上げます、くれぐれも小朝師匠と比べないで下さい… m(__)m

勝丸兄さんの曲芸をはさみ、トリの六代目『浜野矩随』で、昼の部が終了。

しばしの間、自由時間。その時間を利用して、来月6日の月曜にある新作落語の会【夢で逢えたら…】で口演する新作を執筆…筆が進まなくて困るだよ。王ちゃんピンチ… (-_-;)

夜の部は、私『牛ほめ』、たい平師匠『二番煎じ』、好楽『一眼国』でお仲入り。

休憩後、口上。勝丸兄さんをはさみ、トリの六代目『薮入り』でお開き。師匠方、一日お疲れ様でした。

本日これから〈国立演芸場〉にて一門会!先輩方のパワーを見習って、今日もオイラは頑張ります♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

遂に『GINZA』デビュー♪

遂に『GINZA』デビュー♪
〈マガジンハウス〉から出版されている『GINZA』と云う雑誌の取材に行って参りました。

白金台のスタジオでの取材に向かったのは、二代目木久蔵師匠と私と一太郎くん…早い話が『笑点』チルドレンだわさ。

3人で以て、落語の魅力や何やらを語り合う…お父様方、息子達は大層ご立派でござんしたよ?

着物に着替えた3人が、並んで写真を撮ってもらう…お父様方、息子達は大層イケメンでござんしたよ?

二代目と一太郎くんが帰った後、単独で3パターンもの私服姿で写真を撮ってもらう。自慢の〈コム・デ・ギャルソン〉が火を吹きました…好楽師匠、お宅の息子さんヤバいですよ?(←そう、ヤバいくらいに撮られる様がガチガチでした)

掲載されるのは『GINZA』2月号。発売日は、来年1月12日(水)だそうです。

若旦那3人が以外としっかりしている様と、私のステキなオシャレさんっぷりとを、とくと御覧下さいませ♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

こんにちわんこそば。

こんにちわんこそば。
こんにちわんこそば。
こんにちわんこそば。
こんにちわんこそば。
一ノ関の明くる日(24日)、帰京前に私とジョニーは〈長泉寺〉の新沼孝純ご住職に〈直利庵〉と云うおそば屋さんに連れて行って頂きました。

初めてわんこそばを体験しましたよ。

白い紙エプロンをつけて臨戦態勢を整える。つけた途端、わんこそばを入れてくれる女性スタッフの方が一言「お似合いですね」と…私は昔から、白い紙エプロンの似合う男でした。

15杯で、もりそば1枚分。新そばのウマい事ウマい事!30杯も頂いちゃいました♪ついでにジョニーは20杯。バッカラコ〜ン。

昼間にも拘わらず〈弁慶のどぶ〉と云うどぶろくを頂き、我々2人は興奮状態。コレ奥や?弁慶にしておけ。

美味しいおそばをたらふく頂き、また〈直利庵〉の若旦那が大変ステキな方でしたので、我々2人はサインを書いてお返しをしました…え、恩を仇で返すなって?そりゃ最もな意見だ。

ご機嫌で帰京しましたとさ♪一ノ関よ、また会おう! ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お陰様で、11 月23日は十周年!

お陰様で、11<br />
 月23日は十周年!
お陰様で、11<br />
 月23日は十周年!
お陰様で、11<br />
 月23日は十周年!
お陰様で、11<br />
 月23日は十周年!
お陰様で、11<br />
 月23日は十周年!
お陰様で、11<br />
 月23日は十周年!
お陰様で、11<br />
 月23日は十周年!
お陰様で、11<br />
 月23日は十周年!
お陰様で、11<br />
 月23日は十周年!
お陰様で、11<br />
 月23日は十周年!
ジョニー「いや〜、しかしグリーン車をとって頂いちゃって申し訳ないよ。快適だったけどね」

王楽「そうなんですよ。余りに申し訳ないから、私は先方に『上楽兄さんは自由席でいいですよ?いや、むしろヒッチハイクにして下さい』と云ったんです」

ジョニー「そうだよ、その内に東京から原付き乗ってブ〜ン♪…ってオイ、それは流石に嫌だよ。それより今年は一ノ関もあったかいね?」

王楽「そうなんですよ。ボクあったかいって情報聞いてましたんで、タンクトップ一丁で来ようかと思ってたんですよ」

ジョニー「コラコラ、それは寒すぎるだろ。こないだ富山に行ってたんだけど、あっちも暑かったもんな?」

王楽「ああ、富山は蒸し風呂らしいですもんね?」

ジョニー「いや、それは云い過ぎだろ」

…なァんて愚にもつかない会話をしながら一ノ関駅に着いた我々2人。

もう恒例なんですが、毎年11月23日は予定が決まっておりまする。

昼は千厩の〈地蔵院〉と云うお寺さん、夜は大原の〈長泉寺〉と云うお寺さんにて、ジョニーと落語会。

私が此の世界に入ったのが、2001年の5月8日。

その2001年から毎年11月23日に呼んで頂いて、今年で何と十周年! o(><)o

ペーペーの頃から〈10回〉も呼んで頂いた…今の自分があるのは、こういった方々のお陰と云って過言ではありません。

先ずは〈地蔵院〉に着くと、私とジョニーはサインを書かせて頂きました。

そこでジョニーが書いた言葉は、何と〈不動心〉…

は? (゜ω゜?)

それを見て私は云いました…

「兄さん、不動心て言葉を作った人に謝って下さい」

私『ろくろっ首』、ジョニー『十徳』をそれぞれ口演。終わった後には、カラオケ大会。私は三善英史の『雨』、ジョニーは『サザエさん』をそれぞれ歌う。地蔵院シスターズが踊りまくって下さり、大いに盛り上がりました♪

そして夜は〈長泉寺〉へ。

今年は十周年と云う事で、私とジョニーの他に兼好師匠とダーク広春先生も駆け付けてくれました。

私『鈴ヶ森』、ジョニー『十徳』、兼好師匠『替り目』でお仲入り。広春先生のマジックをはさみ、トリの私『悋気の独楽』でお開き。

終演後にスタッフの皆さんと打ち上げ。気仙沼のお客様から届いたカツオが美味い♪それから新沼孝純ご住職と出演者4人で一ノ関駅近くの居酒屋に移り、更なる打ち上げ。

そこでジョニーが〈USJ〉に変身し…あ、コレは〈ウルトラスーパー上楽〉の略ね?USJになって、大はしゃぎ♪珍言を連発してましたよ…

「近頃オレ、酒の呑み過ぎで筋肉痛なんだよ」

「広春先生はずっと田端に住んでるのか…て事はサマンサ・タバタか」

極めつけは…

ジョニー「みんなも知ってるアノ女の子、青年実業家と結婚しちゃったよ」

兼好「でも兄さんだって、青年実業家ぢゃないですか?」

ジョニー「オレはお前…〈青年失業家〉だよ」

午前1時過ぎ、一ノ関が揺れるほどみんなが爆笑したのは云うまでもありません。

ホテルに戻り、ロビーにて記念撮影。楽し過ぎたのも、云うまでもありません… m(__)m

とにかくこうして十周年が迎えられた事、心より感謝しております。地蔵院さん・長泉寺さん、来年も宜しくお願いします! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

不動心。

不動心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

今…

今…
此の兄弟子と一ノ関へ向かってます。

ショエ〜でホゲ〜です。

たまにバッカラコ〜ンです。

要するにジョニーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れない内に♪

忘れない内に♪
今売っている『週刊現代』12月4日号の「決定!日本のいい女優ベスト20」と云う特集の中で、私の選んだ女優さんベスト3が掲載されておりまする。

どなたを選んでるか気になるでしょう?そんな方は、是非見てチョンマゲ♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

【第9回三遊亭王楽ひとり会】

【第9回三遊亭王楽ひとり会】
【第9回三遊亭王楽ひとり会】
【第9回三遊亭王楽ひとり会】
【第9回三遊亭王楽ひとり会】
昨日は、人形町の〈日本橋社会教育会館〉にて月例独演会【第9回 三遊亭王楽ひとり会】でした。今年最後の独演会です。

開口一番は、春風亭昇太師匠のお弟子さんで、落語界初の東大出身、ついでにイケメンの昇吉さんが『道灌』。

続いて私が『宿屋の富』。調べてみたら、5年半振りの口演。

演ってる最中に、軽く奇跡っぽい事がありました…

一文無しが当たってる富くじを破ろうとした瞬間ですよ…客席から「だめっ!」の声が! o(><)o

勿論、場内はドッと沸きました♪要するに噺に入り込んでくれてたって事でしょ?芸人冥利に尽きる、嬉しい小事件でした… m(__)m

仲入り後は、二ツ目に昇進した鳳笑くんで『かぼちゃ屋』。アバンギャルドな魅力が満載。

トリの私は、鳳笑くんとのエピソード…〈メリケンサック事件〉を語ってから『首提灯』をネタおろし。演りがいがあり過ぎますねェ?難すィ…けど、得意ネタにしたいです。

今年一年、独演会にいらして下さいましたお客様方に、心より御礼申し上げます。来年も頑張りますよ!

コレで今年は、12月6日にある新作落語の会【夢で逢えたら…】と、12月10日から12日の3日間やりますコント【コチャラカ誕生】に力を注ぐだけであります。皆様、今後とも何卒宜しくお願いします! (>_<)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

ビバ、やねせん♪

ビバ、やねせん♪
ビバ、やねせん♪
昨日は〈不忍通りふれあい館〉にて【第12回 やねせん亭】。

私はトリで『三枚起請』を演りました。最前列に可愛いお坊ちゃまが3人もいたにも拘わらず〈吉原〉の噺でありんす… (-_-;)

だってネタ出ししていたんですもの。それを『牛ほめ』や『転失気』に変える訳にはいかんでしょ?

しかし演ってみると、お坊ちゃま方は笑って下さった(気がする)…何て早熟なお子様たちでしょう。

とにもかくにも、お客様とスタッフに感謝です。いつも有難うございます♪

さて、今日は今から〈広小路亭〉にて【しのばず寄席】の高座を務めて、夜は人形町の〈日本橋社会教育会館〉にて【第9回 三遊亭王楽ひとり会】です。

今年最後の独演会、頑張ります! (>_<)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

【映画見聞記 vol. 278】

【映画見聞記  vol.<br />
 278】
【映画見聞記  vol.<br />
 278】
昨日は、映画を2本も観て来ちゃいました。

先ずは〈新宿バルト9〉にて『マチェーテ』。ロバート・ロドリゲスとイーサン・マニキスが共同監督。

ロバート・ロドリゲスが、3年前に盟友クエンティン・タランティーノと作った『グラインド・ハウス』の上映に際し、ウソの映画の予告編を作ったんだわさ。それを本当に映画化したのが、コレ。

麻薬王トーレスに妻と娘を殺された過去を持つ元捜査官の伝説のメキシコ人・マチェーテ。アメリカの上院議員に騙され、復讐を繰り広げるが…ってな物語。

「こういう映画には、コレを買わなきゃ♪」と、ポップコーンを抱えながら観始めますと…

キターーーー!

ポップコーーーーーーーーーーン♪ O(≧∇≦)o

ガサツで下品な楽しさ満載!これぞ〈B級映画〉の鑑でがんす!ロドリゲス万歳♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

マチェーテは“鉈(なた)”って意味らしいんすが、それをふるって暴れる暴れる!オープニングの立ち回りから、余りの乱暴さ加減に爆笑せずにいられまへん♪

神父が「神は慈悲深い…けど俺は違う」と云いながら敵を撃ち殺すシーンにも笑った笑った♪

「マチェテマチェテマチェーテ♪」と云うヘンテコな歌が流れる中、母娘2人とマチェーテが愛し合うシーンにも、失禁しそうなくらい笑わせて頂きやした。

少々グロいけど雑なように見えてアイディア沢山のアクションに溜飲が下がり、無意味に繰り広げられるエロなシーンに思わず目尻が下がり、セクシー女優達のコスプレも楽しめるからテンションが上がり、何でもかんでも上がったり下がったりで、楽しい事この上ない♪ジェシカ・アルバ、チョー可愛い! o(><)o

クライマックスの戦闘も激烈だし、ラストシーンは涙が出そうなくらい大爆笑! ◎^∇^◎

タランティーノの『デス・プルーフ in グラインド・ハウス』と同じく、身体の事を一切気にせずジャンクフードをたらふく食べられた感じ…あるよね?ガサツな満足感って。

何も考えずにポップコーンを抱えて鑑賞する事をオススメします。腹の底から爆笑出来ますし、スカっとする事請け合い!是非、劇場で御覧下さい♪ (☆_☆)

続いて、同じく新宿三丁目にある〈シネマート新宿〉にて『義兄弟 SECRET REUNION』。絶好調な韓国映画界の新作です。

北の工作員と南の情報部員と云う本来敵同士の2人が、数奇な運命を辿り心を通わせていくヒューマンドラマ。

監督は、怪作であり快作の『映画は映画だ』で鮮烈なデビューを飾った新鋭チャン・フンですから、否応なしに期待が高まります♪

映画館に着くと、予想外に沢山のお客様。しかも女性ばっかり。どうやらお目当ては、ソン・ガンホ…ではなく、もうひとりの主役であるカン・ドンウォン。

勉強不足で知りませんでしたが、カン・ドンウォンは人気の韓流スターらしく、某韓流スター雑誌によれば〈彼氏にしたい芸能人No.1〉なんだと。さて、どんなもんでしょうか…

『マチェーテ』同様、オープニングでグイと観客の胸ぐらを掴むものの、それから6年後になってから、少しばかりトーンダウンする感が…『マチェーテ』は、激烈なオープニングからの3年後からも失速しなかった。

途中でちょいちょいあるベタな演出も、スピード感を削いでいるような…。

チャン・フンに対する期待が大きかったのと、数時間前に観た『マチェーテ』のインパクトが強過ぎたのとで、ちょっぴり残念な仕上がりでした…あ、コレは飽くまで個人的な感想よ?

でもハッピーエンドなので、エンドクレジットが流れた時には、沢山の鼻をすする音が会場内を満たしておりました♪カン・ドンウォンのファンの方々は、大満足の仕上がりでしょう。

昨日は雨降る平日にも拘わらず、また『マチェーテ』も『義兄弟』もマイナーな単館上映にも拘わらず、沢山のお客様が入っておりました。改めて、御礼申し上げます(←お前は興行主か)。

映画ファンとしては、こういう良質な作品にお客さんがいっぱい入っているのは嬉しいのですが「皆さん、どんなところにアンテナを張っているのかしら?」と思わずにはいられない王ちゃんでした… m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

忘れてた!

忘れてた!
今売っている『週刊現代』11月27日号の「決定!日本のいい俳優〈男優篇〉ベスト20」と云う特集の中で、私の選んだ俳優ベスト3が掲載されておりまする。

大林宣彦監督、高田文夫先生の後ですから、最初の方に取り上げて頂いてるので嬉しい限り♪是非、買って下さい! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

羨ましいくらい愛されている鳳笑ちゃん♪

羨ましいくらい愛されている鳳笑ちゃん♪
昨日は【両国寄席】。毎月16日は、二ツ目の皆さんによる〈エンチョウ寄席〉です。本来15日までの興行ですから、要するに〈一日延長(エンチョウ)〉って洒落ね?

二ツ目さんによる会なのですが、鳳笑くんの二ツ目昇進披露でしたので、特別に私と兼好師匠も出ました。だから鳳笑くんは、喉をゴロゴロ鳴らして喜んでおりました。

好吉くんから始まり、好の助くん・橘也くん・きつつきくん・兼好師匠まで、みんながみんな鳳笑くんとのエピソードを面白おかしく語っておりました。鳳笑くんが、どれほど先輩に愛されているかが伝わったかと思われます。

だもんだから、口上とマクラで何か鳳笑くんについて語らんとと思い、不必要に(?)緊張しました。

口上も、終始朗らかな雰囲気。三本締めの音頭は、鳳笑くん自らとりましたよ。

口上後の私は、彼との思い出の中で抜群に印象的な〈メリケンサック事件〉を語ってから『鼓ヶ滝』。

…え?メリケンサック事件とは何ぞやと? (゜ω゜?)

それは19日、鳳笑くんがゲスト出演してくれる【第9回 三遊亭王楽ひとり会】で語る予定です。是非いらして下さい♪ O(≧∇≦)o

トリの鳳笑くんは「私が〈八代目・三遊亭円生〉です」と客席をひっくり返してから、マクラも絶好調にかっ飛ばして、鳳楽師匠直伝の『鮑のし』。

アバンギャルドな見かけに似合わず、端正な語り口にステキな声。油断していると、とんでもないクスグリ(←主に下ネタ♪)が落ちてくる。そんな彼の落語が、彼の人間性と合わせて、私は大好きです。

鳳笑くん、改めておめでとうございます!これからも宜しくお願いしまっす♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

ルールル、ルルル、ルールル、ルルル、ルールールールールー♪

ルールル、ルルル、ルールル、ルルル、ルールールールールー♪
ルールル、ルルル、ルールル、ルルル、ルールールールールー♪
ルールル、ルルル、ルールル、ルルル、ルールールールールー♪
ルールル、ルルル、ルールル、ルルル、ルールールールールー♪
皆さん、聞いて下さい。

何と私…

〈テレビ朝日〉の伝説のお昼番組『徹子の部屋』の収録に行って参りました!ドンドンドンパフパフドンパフ〜♪ o(^-^o)(o^-^)o

…とは云え、勿論ピンでの出演ではありません。兄弟子の好楽と一緒です。やれやれ(←何が「やれやれ」だ)。

楽屋が好楽と別々だった為、興奮した私は自分の楽屋と行ったり来たりしてはしゃぎっ放し。気分は、軽井沢の別荘に来た子供だ。

まるで生放送のような雰囲気での収録スタイルと、天下の黒柳徹子さんを前にした私は、果てしなく緊張… (-_-;)

テーブルの上には、達筆な手跡で書かれた膨大なメモが並んでおり、その勤勉さに頭が下がります。ふと「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」なんて言葉が、頭をよぎりました。

トークの合間には、飾らない徹子さんの裏話も楽しませて頂きました♪

私たち親子の前後の収録は、尾上菊之助さんとAIさん。

あらゆる世代とあらゆる芸能の方々との緊張感のある日々が、黒柳徹子さんの若さの秘訣なのでしょう。あらゆるジャンルへの造詣の深さに、終始脱帽しっ放しでござんした… m(__)m

収録後には、徹子さんと写真を撮らせて頂きました♪別れる時には黒柳さん…「バイバイ♪」だって。可愛すぎます! O(≧∇≦)o

放送日は、12月14日(火)の13時20分〜13時55分。約1ヶ月後の放送となりますので、忘れないように手帳に記しといて下しゃんせ。

黒柳さん、有難うございました。来年は、いよいよ番組35周年だそうで…国民の為にも、いつまでもお元気でいて下さい! (>_<)

追伸…次回は、親父抜きで呼んで下さい♪ ◎^∇^◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

師匠の菩提を弔って…。

師匠の菩提を弔って…。
師匠の菩提を弔って…。
昨日は、足立区の東伊興にある〈易行院〉と云うお寺さんにて落語を演らせて頂きました。

実は此方、我が師匠である五代目・三遊亭円楽の眠るお寺さんなのであります。

師匠のお墓は、在りし日の師匠の〈芸・体格・人間性〉の大きさにピッタリの、とてつもなく立派なお墓です! (>_<)(←好楽も写っている写真は、昨年暮れに墓参りに行った時のものです)

立派な高座を設えて頂き、至極恐縮(←写真はぶれてしまいましたが)。高座の脇には、モノクロの師匠の高座写真が…演ってる最中、噺を直されそうだ。

そこで私は、師匠から教わり前座の頃からヘビーローテーションなネタ『牛ほめ』に加え【NHK新人演芸大賞】で大賞を受賞し師匠から褒めて頂いた『鼓ヶ滝』の二席を口演。はァ〜、何て師匠孝行な弟子なんでしょう(←いや、かなり怒っていらっしゃるんぢゃないかしら?)。

いらして下さったお客様方から拍手を浴びながら、自分が師匠のお陰で生きている事を改めて痛感しました。易行院さん、有難うございました… m(__)m

師匠、今日も私は頑張りますよ! o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

【第9回三遊亭王楽ひとり会】宣伝

【第9回三遊亭王楽ひとり会】宣伝
【第9回三遊亭王楽ひとり会】宣伝
来週19日の金曜日、人形町の〈日本橋社会教育会館〉にて月例独演会【第9回 三遊亭王楽ひとり会】があります。

今回は『宿屋の富』と『首提灯』の二席。

志ん生・志ん朝親子の十八番であった『宿屋の富』を口演するのは、5年振りくらいぢゃないかな?志ん朝師匠から教わった好楽から教わりました。

『首提灯』はネタおろし。我が大師匠の円生が、コレを口演して〈芸術祭文部大臣賞〉を受賞したのよね?王ちゃん、大丈夫かしら… (-_-;)

ゲストは、10月に〈二ツ目〉に昇進しました三遊亭鳳笑くん(写真)。おめでとう♪ (*^▽^)/

開口一番は、春風亭昇太師匠のお弟子さん・昇吉さん。東大出のイケメンさんです♪合わせて、お楽しみに! o(><)o

19時開演で、前売は2000円。お問い合わせは…

(有)トミック
03(5695)1039

です。

今年最後の独演会になります、是非いらして下さい! (>_<)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『あさイチ』終わりました♪

『あさイチ』終わりました♪
先程『あさイチ』終わりました…って、放送が終わった訳ぢゃないわよ?

今回ご紹介させて頂いたのは、ディズニーの最新3D映画『トロン:レガシー』。

まだ世界でも23分間の映像しかベールを脱いでないのですが、それが物凄い迫力! (ノ゜O゜)ノ

その映像に加え、全編に流れるダフト・パンクの音楽がめちゃくちゃカッコイイ! o(><)o

ヒロインのオリヴィア・ワイルド、綺麗だったなァ?会話も楽しかったし♪惜しむらくは、プロポーズしたのに既婚者だったって事か… (-_-;)

フルで観るのが楽しみです。皆さん、一緒に劇場で歓喜しましょう! (>_<)

ゲストの館野泉先生から、ご自身のCDを頂いちまっただ。オラ、申し訳ねェ気持ちでいっぺェだよ。早速拝聴しながら、此のブログを打っているだ♪先生、有難うごぜェやす… m(__)m

それにしても身体に電飾を巻き付けての紹介は、何だか〈罰ゲーム〉のようでしたね… (☆_☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

明日は『あさイチ』!

明日は『あさイチ』!
今日は〈山王日枝神社〉にて独演会。

『たらちね』『夢金』『厩火事』と、師匠の十八番の三席を演らせて頂きました。

明日の朝は、NHKの『あさイチ』に出ます。いつも通り、9時15分過ぎに登場です。

セクシーでホットな女優さんにインタビューしてますので、是非見て下さい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「味わう」と云う事。

「味わう」と云う事。
「味わう」と云う事。
昨日は、水天宮前の〈日本橋劇場〉へ。【第4回 噺の扉】を勉強しに行きました。小朝師匠・小満ん師匠・小沢昭一先生の三人会。

開口一番は、歌武蔵師匠で『だるま』。久方振りに聴かせて頂きました。マンガ的な楽しさが溢れております♪

続いて小朝師匠が、何と『黄金餅』!ご存知の通り〈陰惨な噺〉の筈なんですが、アラ不思議…まろやかなテイスト♪落語は演じ方によって変わると云う事を、再認識させられました。聴けて良かったです。

仲入りの時には、楽屋で以て〈パティスリー・サツキ〉の寒天に〈ハレノヒ〉のカステラ、更に〈小川軒〉のレーズンサンドに〈赤トンボ〉のサンドイッチと、贅沢過ぎるおやつをたっぷり堪能♪何しに来たんだって感じですよね… (-_-;)

休憩後、小沢昭一先生の随談。喋りに喋る先生は、御年81歳ですよ。得意のハーモニカも御披露されて、相変わらずお元気でした♪

小満ん師匠は、黒門町の十八番『富久』。これがもう素晴らしくって…全編に〈冬の寒さ〉を感じました。いつかは手掛けたいネタです。それにしても難しいだろうなァ?

打ち上げからの帰りの車内で、小満ん師匠から珠玉のお話を伺いました。私の記憶が確かならば、下記の通り…

「師匠(黒門町)から云われた言葉が、今でも芸人として生きる上での指針となってるよ。『普段が肝心だよ!』とか『味わって食べるんだよ!』とかね?此の〈味わう〉って事は、万事に通じてるんだよ。例えば誰かのお弔いに行く時なんかは、ただ拝むんぢゃなくて、焼香しながらその人の事や残された家族の方々の事を思う。これが〈味わう〉って事でね?一つ一つの経験に思いを馳せる、それが大事なんだよ」

上記のようなお言葉を拝聴して、王ちゃんはただただ感動。そして更に、2年前に【落語研究会】の帰りにも聴かせて頂き、その時も感動してブログに書いたのですが、またもその話をして下さったので、それを再び書きます。下記の通り…

「俺が二ツ目に昇進したばかりの頃、あるお客さんから独演会をやりなさいって云われて、やり始めたんだよ。ただ、それまで師匠からは『落語なんかどうだっていいんだよ!私の事だけ見てりゃいいんだから!』なんて事を普段から云われていたから、何か落ち着かなくて…ところが独演会の当日、楽屋に師匠からビールが1ダース届いたんだよ。普段はそんな事ばかり云ってた師匠から。もう胸が熱くなっちゃってね?会が終わった後、師匠に御礼を云いに行ったら『お客さんは入ったかい?』って。それから師匠はこう云ったよ…『やってる人間が勝つんだよ?』って」

時を超えて、一門も違う大先輩から昭和の大名人の薫陶を頂ける幸せを噛み締めながら、静かに夜が更けて行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

いよぼや。

いよぼや。
いよぼや。
いよぼや。
いよぼや。
いよぼや。
昨日は、村上へ。美味しい日本酒〈〆張鶴〉でお馴染みの宮尾酒造さん主催の落語会。有り難い事に、今年で4度目になります。

今回は『たらちね』と『子別れ』を口演。よく笑いよく泣いて下さり、大変いいお客様!感謝感激則巻アラレっす。

ただ『子別れ』で以てさ…

「お父つぁんがおっ母さんとお前を叩き出したのも、あれはお父つぁんがしたんぢゃない。あれは、お酒がしたんだよって。だからお前も大きくなったら、お酒なんか呑むんぢゃないよ?みんなお酒が悪いんだから」

ってな台詞があって、上記の部分を云い終えた瞬間に、お酒の会社主催の会である事を思い出し…

「〆張鶴は別だけどさ?」

と付け加え、一命を取り留めました… (;´・`)

会場である、割烹料理〈善蔵〉さんは〈いよぼや料理〉の美味い店。

え?

〈いよぼや〉って何かって?

「珍念、そんな事もわからんのか!

それは…

松本伊予が寝タバコしてボヤを出した事ぢゃ!」

…てのは勿論違います。そらそうだ、伊予はまだ16なんだから。でなくて…

〈鮭〉の事でありんす♪

〈いよ〉も〈ぼや〉も〈魚〉って意味らしく、要するに〈魚の中の魚〉って事。

鮭の町・村上ならではの鮭尽くしの料理に舌鼓を打ちつつ、搾りたての〆張鶴をぐいぐい呑めるのですから、こんな幸せな事はありやせん♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

鮭の心臓〈どんぴこ〉なんてのも頂きましたが、コレがまた美味い。どんぴこですよ、どんぴこ?どんぴこが鮭の心臓なら、セルピコはアル・パチーノだ。余談ですがね?

村上駅には「また、来てくれっしゃ!」と…有難う、また来るっしゃ! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

親父喜べ♪

親父喜べ♪
親父喜べ♪
親父喜べ♪
親父喜べ♪
昨日は〈栃木市文化会館〉にて【三遊亭王楽・好楽 二人会】…ポスター見たら、私の名前が上に来てました。たまには、いいよね♪

行きの特急は、個室ですよ。昇々ちゃんが横顔で写ってるのがそうですが、余り伝わりませんだわね?

お陰様で会場は、満員御礼。嬉しい限りでごんす。

先ずは、昇々ちゃんが『初天神』。好楽『小言幸兵衛』、私『竹の水仙』でお仲入り。

休憩はさんで、私『一文笛』、好楽『紙屑屋』でお開き。いいお客様でとっても気分良かったです♪

今日はこれから村上へ行って参ります。今、吉永小百合さんがJRで宣伝しているアノ村上です…あ、断っときますが、仕事ですよ? (☆_☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

おめでとう、私!

おめでとう、私!
おめでとう、私!
昨日、浅草から両国へ歩いて向かおうとしたら迷子になって(笑)、図らずもスカイツリーの真下を通りました。これよりもまだ100メートル以上伸びるってんですから凄いですわね?

あ、スカイツリーが見えるコラボスポットを紹介している番組『一朝一席』も宜しくお願いします。MXテレビにて、毎週日曜7時から放映中です♪

昨日は【両国寄席】で、円福師匠が主任。日曜の夜にも拘わらず、沢山のお客様がいらして下さいました。私は『悋気の独楽』を口演。

高座に上がるや否や、最前列にお座りになっていたお客様から「お誕生日おめでとう♪」と、大変綺麗なお花を賜りました。高座で貰ったのは初めてでしたので、とても嬉しかったっす! O(≧∇≦)o

とにかく私も33歳、いつまでもフラフラしてられないだわさ。色々と頑張りますので、応援して下さいませ! o(><)o

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

夢之助師匠の座右の銘とモットーは…?

夢之助師匠の座右の銘とモットーは…?
夢之助師匠の座右の銘とモットーは…?
夢之助師匠の座右の銘とモットーは…?
夢之助師匠の座右の銘とモットーは…?
昨日は〈岩沼市民会館〉にて、六代目の襲名披露。引き続き、宮城県。

メンバーは出番順に…

三遊亭楽大、三遊亭王楽、三遊亭小遊三
〈仲入り〉
口上、三笑亭夢之助、三遊亭円楽
(敬称略)

…と云う、ごくごく軽ゥいメンバー。ひょっとしたら、おならより軽いかも知れません。

夢之助師匠と合流して、会場へ向かう車中は朝から大変な騒ぎ♪

小遊三師匠「日産から出たエコカーは、80キロまでは電気で走るんだとよ。街中ぢゃあ80キロなんて出さないもんな?マチナカったってソフトバンクの4番ぢゃねェぞ?あ、それはマツナカか」

夢之助師匠「ところで小遊三さん、某雑誌の取材で〈座右の銘〉を色紙に書いてくれっての来た?」

小遊三師匠「ああ、来た来た」

夢之助師匠「オレさ? 0.5って書いたのよ」

小遊三師匠「………… 0.5ォ?」

夢之助師匠「あ、それは〈座右の銘〉ぢゃなくて〈左右の目〉だ」

小遊三師匠「仕様が無ェなァ?ところで俺達、これから何しに行くんだっけ?」

上記のやり取りは、ほんの一部!こんな感じでしたから、楽しい事この上ない♪ O(≧∇≦)o

まだ続編がある。楽屋着いたら、夢之助師匠が…

「王ちゃん、さっきのよりいいのがあるよ?『モットーは?』と書かれていたら『モット勉強します』って書いちゃうの!コレ、完璧よ?」

…完璧かどうかはわかりませんが、夢之助師匠の優しさは確実に伝わりました… φ(.. )

楽大くん『子ほめ』、私『読書の時間』、小遊三師匠『付き馬』(←お演りになると噂に聞いていましたが、まさか岩沼で聴けるとは…感動!)でお仲入り。

休憩後、口上。夢之助師匠『宗論』(←矢継ぎ早に繰り出されるダジャレの数々に抱腹絶倒!何度も聴いているにも拘わらず…)、六代目『ねずみ穴』でお開き。

帰りの仙台駅へ向かう車中でも、夢之助師匠の勢いは留まる事を知りませんでした。

中でも〈ゴルフ場での一件〉は、車内一同が大爆笑!六代目は「兄さん、またそんな嘘ついて!」なんて云いながら、涙流して爆笑してました♪惜しむらくは、内容を書けない事でしょうか… (-_-;)

博多に宮城にと、六代目のお陰で楽しい旅の連続でした。落語界の為にも、くれぐれもお身体お気を付け下さい! (>_<)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

宝塚は〈いちろまき〉、披露目は〈いしのまき〉!

宝塚は〈いちろまき〉、披露目は〈いしのまき〉!
宝塚は〈いちろまき〉、披露目は〈いしのまき〉!
宝塚は〈いちろまき〉、披露目は〈いしのまき〉!
宝塚は〈いちろまき〉、披露目は〈いしのまき〉!
昨日は、石巻へ。〈石巻市民会館〉にて、六代目の襲名披露。

番組は出番順に…

口上、三遊亭王楽、柳家花緑
〈仲入り〉
三遊亭小遊三、三遊亭円楽
(敬称略)

でした。

会場着いて用意された座布団見たら、水色と山吹色…何と私の持っていった着物と、まるっきり同じカラーでやんの! Σ(゜ロ゜ノ)ノ

先ず、口上。私『つる』、花緑師匠『初天神』でお仲入り。小遊三師匠『家見舞』、六代目『芝浜』でお開き。

ホテルまでの車中、六代目が振る舞ってくれた〈浦霞〉をみんなで呑む。みんなで呑むと美味しいな♪

ホテルに着いて、私の登録されてる名前を見たら〈三遊亭凰楽〉とされてある!そら〈おうらく〉ではあるけどさ… (-_-;)

本日は、岩沼にて披露目。花緑師匠に代わって、夢之助師匠がいらっしゃいます!どんな珍プレーが飛び出しますやら…楽しみだ〜♪ o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

【映画見聞記 vol. 277】

【映画見聞記  vol.<br />
 277】
昨日、虎ノ門の〈ソニー・ピクチャーズ試写室〉にて『ソーシャル・ネットワーク』を観ました。まだやっておりません。来年の1月15日(土)から公開だそうです。

“インターネット時代のビル・ゲイツ”と呼ばれる〈フェイスブック〉創始者マーク・ザッカーバーグの物語。監督は、デヴィッド・フィンチャー。そう、あの『セヴン』の。否が応にも期待が高まりますが…?

共感出来たり出来なかったり…一瞬のひねくれた青春が引き金となり肥大化していく、孤独な天才の複雑な心理ドラマ。傑作です。

「モテないのは、性格がサイテーだからよ」

マークとエリカの別れ話から始まり、マークが寮へ帰る道すがらの場面で、思いきりハートをわし掴みにされます。此の場面をはじめ、トレント・レズナーによるスコアが最高。

複雑極まりない心理のマークを演じたジェシー・アイゼンバーグは弱冠27歳、脱帽です…来年のオスカー主演賞、行くんでないか?

「俺達のアイディアをパクりやがった!」と憤慨している資産家の伜であるウィンクルボス兄弟に対して放ったマークの台詞…

「あいつらは、初めて物事が思い通りにならなかったから怒ってるだけさ」

…が、とても印象的。

「あなたは嫌な奴ぢゃない、ただそう振る舞ってるだけ」

マークが億万長者になった〈原因〉をじっと見つめる静かなラストシーンは、渇いた荘厳さを感じさせる。

来年の正月に公開されます此の作品、まごう事なき傑作です。是非、劇場で御覧下さい… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

あんなに暑かったのに…もう冬?

あんなに暑かったのに…もう冬?
昨日は【戸野劇寄席】。『狸札』『厩火事』『猫の皿』の三席を演りました。

それはともかく、いきなり冬に突入しちまいましたね?オイラもすっかり冬仕度だよ。

さて、今からデヴィッド・フィンチャーの最新作『ソーシャル・ネットワーク』の試写会です!楽しみだ〜♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

追悼王子♪

追悼王子♪
昨日の夜は【両国寄席】。タイトルが〈五代目の一周忌 〜ゆかりの噺・話〜〉でしたので『宮戸川』を演りました。

前の晩には彦六師匠を『ふだんの袴』で追悼して、明くる日には五代目を『野ざらし』と『宮戸川』で追悼して…いやに追悼が流行りましたな?これからは私を〈追悼王子〉と呼んで下さい。

本日は、谷中の〈戸野廣浩司記念劇場〉にて【戸野劇寄席】。14時開演の独演会で、ぴろき先生がゲストです。是非いらして下さい! o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

我が師匠・五代目を追悼!

昨日は【両国寄席】の初日。そうそう、今年で【両国寄席】は〈20周年〉なんです! (>_<)

タイトルは〈彦六の意思を受け継ぐ者たち〉でしたので『ふだんの袴』を演りました。

本日の昼は、六代目と鳳楽師匠と〈横浜にぎわい座〉にて【五代目・三遊亭円楽をかたる会】。

開口一番の楽大くん『牛ほめ』・私『野ざらし』と、五代目十八番ネタをそれぞれ口演し、鳳楽師匠は五代目に稽古をつけたと云う『町内の若い衆』。

休憩後、座談会。此処へ何と〈横浜にぎわい座〉の浣腸…否、館長であります歌丸師匠が飛び入り参加して下さった為に、お客様方は大喜び!歌丸師匠、御多忙にも拘わらず華を添えて下さり、有難うございます… m(__)m

トリの六代目は、これまた五代目十八番の『ねずみ穴』。サゲを変えられてました。もう冬ネタの季節ですね…稽古しなくちゃだわさ! (>_<)

これから夜は、連日の【両国寄席】。タイトルは〈五代目の一周忌 〜ゆかりの噺・話〜〉。此方は、鳳楽・好楽・円橘各師匠の鼎談もあります。楽しみだ♪

ではでは♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

【博多・天神落語まつり】最終日

【博多・天神落語まつり】最終日
【博多・天神落語まつり】最終日
いよいよ【博多・天神落語まつり】も最終日!どうにもこうにも、淋しい熱帯魚です。

とりあえず〈イムズホール〉にて【めざせ未来の大看板】。メンバーは出番順に…

林家彦いち、柳家三三、立川生志
〈仲入り〉
三遊亭白鳥、柳家喬太郎、柳亭市馬
(敬称略)

…と、東京では既に〈看板〉となられている方ばかりでした。

彦いち師匠『みんな知っている』、三三師匠『鮑のし』、生志師匠『茶の湯』でお仲入り。

白鳥師匠『マキシム・ド・呑兵衛』、喬太郎師匠『転失気』(←未体験の『転失気』でして…「喝っ!」「あのジジイはシロだ…」「大人って!」など数々の名言に、思いきりやられちゃいました!)、市馬師匠『片棒』でお開き。

これが終わると、いよいよ最終公演。〈エルガーラホール〉にて【締めは寄席の風情で】。メンバーは出番順に…

三遊亭王楽、三遊亭白鳥、三遊亭兼好、三遊亭円楽、林家正蔵
〈仲入り〉
林家彦いち、柳家三三
(敬称略)

でした。

私『ん廻し』、白鳥師匠『スーパー寿限無』、兼好師匠『だくだく』、六代目『疝気の虫』、正蔵師匠『ハンカチ』でお仲入り。

彦いち師匠『反対車』(←にんべんのついた車が本来なんですが、ボクのケータイでは出てきませんでした…)、三三師匠『鮑のし』でお開き。

打ち上げ会場は、めちゃくちゃ美味過ぎるステーキ屋さん〈うまかもん亭〉。最終日の打ち上げは、いつも此処。

お肉も焼酎もたらふく頂きホテルへ帰ると、喬太郎・白鳥・三三・兼好各師匠方と、喬太郎師匠の部屋で〈部屋呑み〉。先輩方と一緒であったものの、まるで修学旅行のような楽しさでした… m(__)m

本日の正午前に、羽田に到着。今年も六代目とスタッフの皆様のお陰で、楽しみつつ勉強させて頂きました。

六代目円楽師匠、お疲れ様でした。そして有難うございます!また来年も、アッシを呼んで下さい♪ (>_<)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »