« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

【第18回 王楽のにぎわい道場】

【第18回 王楽のにぎわい道場】
【第18回 王楽のにぎわい道場】
【第18回 王楽のにぎわい道場】
【第18回 王楽のにぎわい道場】
昨日は、桜木町の〈横浜にぎわい座・のげシャーレ〉にて【第18回 三遊亭王楽のにぎわい道場】でした。

楽屋にて、下座を勤めて下さった太田その師匠と、赤マル急上昇の春風亭ぽっぽさんのツーショットをパチリ。美女2人に囲まれ、テンション上がりまクリスティーだど♪ o(^-^o)(o^-^)o

開場してみると、沢山のお客様で大入りが!またまた王ちゃん、テンション上がりまクリスティーだわさ♪ O(≧∇≦)o

開口一番のぽっぽさんは、入船亭扇遊師匠直伝の『たらちね』。落語は上手いし可愛いし、もう云う事なし! o(><)o

最高の形でバトンタッチされて、主人公の私が登場。先ずは、ネタ出ししていた『お化け長屋』。色々と実験してみたかったネタなんですが、とりあえずいいお客様に救われ、気分良く口演。

立て続けに、二席目は『船徳』。2週間前の独演会にてネタおろしして以来の口演。今回も、矢来町の師匠の偉大さを痛感させられました…もっと磨きをかけなあきまへん! (>_<)

休憩をはさみ、トリネタは『子は鎹』。気合い入れました。気合い入れた所為だかどうだか知りまへんが、評判が良かったです。浮世絵研究の大家・新藤茂先生からも、お褒めの言葉を賜りました。嬉しおす♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

所謂〈トリネタ〉を三席も演って我輩も疲れましたが、それを聴かされたお客様方はもっとお疲れだった事と思われます。それにも拘わらず、最初から最後まで痛快に笑って下さった皆様に、心より感謝致します… m(__)m

次回の【にぎわい道場】は、10月22日(金)。師匠の一周忌なので、十八番である『兵庫船』『二十四孝』『浜野矩随』の三席を演ります! (。。;)

皆様、今後とも私を見捨てないで下さい… (ノ_・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

新世界で串カツ♪ with 仙志郎

新世界で串カツ♪  with  <br />
 仙志郎
新世界で串カツ♪  with  <br />
 仙志郎
新世界で串カツ♪  with  <br />
 仙志郎
新世界で串カツ♪  with  <br />
 仙志郎
新世界で串カツ♪  with  <br />
 仙志郎
新世界で串カツ♪  with  <br />
 仙志郎
新世界で串カツ♪  with  <br />
 仙志郎
新世界で串カツ♪  with  <br />
 仙志郎
新世界で串カツ♪  with  <br />
 仙志郎
新世界で串カツ♪  with  <br />
 仙志郎
昨日は昼席終わった後、仙志郎兄さんと動物園前へ。

新世界は、めっちゃ大阪を感じる場所。東京で云えば、浅草かな?通天閣と〈づぼらや〉のフグの看板とカラフルな看板の数々に、浅草と同じ香りを感じます。

少時流した後、我々2人は〈大西屋〉と云う串カツ屋さんへ…コレがもう大当り!串揚げ自体も美味しいが、つけるソースが感動的に美味い♪ o(^-^o)(o^-^)o

また此の店でも、大阪初日に入ったホルモン屋〈番町ヨシダ〉同様に〈90年代ポップス〉が流れていたんだわさ♪云うまでもなく、イントロクイズに興じる2人…

王「わかった!ユーミンの『春よ来い』!」
仙「そらオレもわかるよ、此間〈番町ヨシダ〉でも流れてたし」

王「わかった!久松史奈の『天使の休息』!」
仙「かーくん、よくコレ知ってるねェ♪」

王「わかった!桑田佳祐の『祭りのあと』!」
仙「…オイ、今のオレの話聞いてないでイントロに夢中かい」

…なんてな事をやってたら、果てしなく楽しいのよ。楽し過ぎて、ハイボールが進む進む。

広い店内には、我々2人だけ。そらそうだ、カン・ジファン…否、15時半なんだから。

そこでポツリ…

王「…兄さん、何か異常に幸せを感じません?」

仙「確かに。こんな時間に酒かっくらって美味い串カツ食べて…芸人になって良かったよ」

王「そうですね。コレをやりたいが為に、僕ら芸人になったんですもんね?」

コレがやりたいが為に、芸人になった訳ではない… (-_-;)

レシートを見て驚いた…2人でハイボールを14杯も呑んでいたんだわさ! (。。;)(←その前に、生ビールを何杯か呑んでんよのさ)

気分が良くなった我々は、カラオケへ。

『SHOW ME』『STAR LIGHT』『剣の舞』『淋しい熱帯魚』『愛を語るより口づけを交わそう』『何も言えなくて…夏』『アンバランスなKissをして』『WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーブメント〜』…と云う中途半端に古い曲を、私が歌いました。兄さん、何歌ってたっけ?(←オーイ)

…と云うのは冗談で、皆さんにも仙志郎兄さんの十八番『銀の龍の背に乗って』を聴かせてあげたい… (ノ_・。)

またもポツリ…

王「兄さん、本当に大阪に来て良かったですね…」

仙「確かに。大阪ならではの処に沢山行ったもんね。天下一品にさくら水産、すき家に白木屋…ってオイ、東京にもある店ばっかりだよ」

カラオケ出ると、もうすっかり夜が更けておりました。最終の新幹線に乗り帰京。大阪よ、また愚かな我々2人を優しく迎えてくれたまえ… m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

都んぼ兄さんにカツサンド。

都んぼ兄さんにカツサンド。
都んぼ兄さんにカツサンド。
都んぼ兄さんにカツサンド。
都んぼ兄さんにカツサンド。
都んぼ兄さんにカツサンド。
都んぼ兄さんにカツサンド。
都んぼ兄さんにカツサンド。
都んぼ兄さんにカツサンド。
都んぼ兄さんにカツサンド。
都んぼ兄さんにカツサンド。
昨夜は【都んぼ・王楽 二人会】でした。

都んぼ兄さんは、間もなく〈四代目・桂米紫(べいし)〉を襲名されます。おめでとうございます。

開口一番は、桂とま都さんで『強情灸』。順番に、私『野ざらし』、都んぼ兄さん『遊山船』、私『子は鎹』でお仲入り。休憩後、仙志郎兄の曲芸をはさみ、都んぼ兄さんの『三年目』でお開き。

終演後、お好み焼き屋さんにて打ち上げ。また、楽しい打ち上げだったんだコレが♪気遣いの塊である都んぼ兄さんに、心より感謝します。ご馳走様でした。

私と仙志郎兄さんは「大阪最後の夜だから…」ってんで、和田アキ子さんのお店〈わだ家〉へ。店の入口の取っ手が、和田アキ子さんの手。とりあえず、握手してパチリだ。

〈わだ家〉で、此処には書けないとってもステキなお話を仙志郎兄さんから拝聴して、王ちゃん胸キュン♪それから2人は〈白木屋〉に移り、4時まで呑んだとさ。

明くる日の本日(28日)、繁昌亭近くにあるお洒落なカフェ〈words cafe.〉にてランチ。カツサンド、めちゃ美味!その御礼に(?)、壁にサインをしました。私の直ぐ上には、いつもお世話になっている〈上方の姉〉の内海英華師匠のサイン…更にその上には、三代目・桂春團治師匠のサイン! (。。;)

カツサンドにパワーを貰った我輩は、最後の昼席に相応しく、渾身の十八番『平林』を口演。仙志郎兄が終わると、我々2人は皆さんにご挨拶をして繁昌亭をあとにしました。恩田支配人にスタッフの皆様、そして気分良く我々を迎えて下さった上方の先輩方、本当に有難うございます… m(__)m

仙志郎兄さんが「せっかく大阪来たんだから、あそこに行こうか?」と云うんで、動物園前へ。電車の中で、木村さんが迎えてくれました。

新世界で写真を沢山撮ったので、それに関しての記事は改めて…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

観光か!

観光か!
観光か!
観光か!
観光か!
観光か!
観光か!
観光か!
昨日は、繁昌亭の昼席初日。3日間も出させて頂くのである。

早めに楽屋入りすると、桂文三師匠に遭遇!上方で一番愛している先輩が、十八番の『ちりとてちん』を口演されているところに遭遇でけた…正に、僥倖! ◎^∇^◎

それから仙志郎兄さんと落ち合い、うどんを食べる。うどん食って寝ちゃお…って寝ちゃ不可ない。

私が『ん廻し』を演りました後、楽屋で月亭遊方師匠が楽しいノンストップトーキングを繰り広げてくれました。

終演後、みんなで半纏を着てお見送り。こうして仙志郎兄さんばっかり撮っていると、何だか2人で観光に来たみたいだ。まァ、そのくらいの勢いで楽しいが。

楽屋に用事でいらした笑福亭仁昇師匠が、私と仙志郎兄さんを連れて御馳走して下さいました♪何てステキな方なんだ…有難うございます! (>_<)

そして今さっき、2日目の昼席の高座を勤めて参りました。ネタは『猫の皿』。いいお客さんで嬉しい限りだ♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

さて、今夜は同会場にて【都んぼ・王楽 二人会】。これから心斎橋へ行き、精神統一して参ります(←オイ、ただの買い物だろ)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

大阪ナイト! with  鏡味仙志郎

大阪ナイト!  with<br />
  鏡味仙志郎
大阪ナイト!  with<br />
  鏡味仙志郎
大阪ナイト!  with<br />
  鏡味仙志郎
大阪ナイト!  with<br />
  鏡味仙志郎
大阪ナイト!  with<br />
  鏡味仙志郎
大阪ナイト!  with<br />
  鏡味仙志郎
大阪ナイト!  with<br />
  鏡味仙志郎
大阪ナイト!  with<br />
  鏡味仙志郎
昨日から、鏡味仙志郎師匠と大阪に来ております。

昨夜、南森町に着くと、それはもう沢山の人だかり! (。。;)

「かーくん、コレ何だろうね?」(←仙志郎師匠は私を、此の業界で唯一〈かーくん〉と呼んでくれます)と仙志郎兄さんにオードトワレ…否、問われ私は「さァ…行き倒れぢゃないですかね?」なんてな事を云ってたら全然違くて、天神祭でした。道理で、浴衣姿の男女が多かった訳だ。

「これぢゃあ何処入っても混んでるだろうから…」ってんで、我々2人はタクシーに乗り込み梅田へ。

ぷらぷら繁華な商店街を冷やかした揚句〈番長ヨシダ〉と云うホルモン屋に入店。

嬉しい事に店内では、我々の青春時代にどストライクな〈90年代ポップス〉が流れていたので、2人はイントロクイズに興じる事に。

仙「コレは懐かしいなァ…」
王「えっ、もうわかったんですか!?」
仙「ウン、江口洋介の『恋をした夜は』だね?」

王「今度はわかった!SMAPの『青いイナズマ』です!」
仙「早いねどーも」

…なんて愚にもつかない事をやりながら、とろっとろなホルモンを生ビールで流し込みました。レバ刺し、旨かったぜよ…♪

ふらふら帰る道すがら、小腹が空いた我々は〈天下一品〉に立ち寄りラーメンを食べる。しかし、よく食べよく呑んだ。

夜風に吹かれ気分がいい事この上ない帰り道に、2人がポツリ…

王「…兄さん、東京にいる時と何ら変わりませんね?」

仙「そうだね…」

こうして大阪の第一夜は更けていきましたとさ… (ノ_・。)

さて、今日から〈天満天神繁昌亭〉の昼席3日間!気合い入れて頑張ります! o(><)o

そして明日(27日)の夜は、桂都んぼ兄さんとの二人会。私は『野ざらし』と『子は鎹』、都んぼ兄さんは『遊山船』と『三年目』をそれぞれ口演し、仙志郎兄さんも出演します♪ ◎^∇^◎

皆さん、是非いらして下しゃんせ… m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

大阪へ行ってきます!

大阪へ行ってきます!
大阪へ行ってきます!
大阪へ行ってきます!
今日の昼間、谷中の〈長久院〉と云うお寺さんにて落語を演って参りました。ジョニーと一緒に。

入門してから毎年7月25日、いつも落語を演らせて頂いてますが、2001年の7月25日からなので、何と今年は10回目! (。。;)

また嬉しい事に、大好物の〈草津亭〉のお弁当が出るんだわさ!おいすィ〜♪ (o^〜^o)

ジョニーは『皿屋敷』、私は『一文笛』を演りました。来年も宜しくお願いします… m(__)m

そして今、大阪へ向かっております…尊敬する太神楽曲芸の鏡味仙志郎師匠と3泊4日の〈繁昌亭ツアー〉!大阪の皆さん、待っててね〜♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

| | コメント (1) | トラックバック (0)

港のヨーコ・ヨコハマ…横須賀!

港のヨーコ・ヨコハマ…横須賀!
港のヨーコ・ヨコハマ…横須賀!
昨日は〈よこすか芸術劇場〉にて六代目の襲名披露でした。披露目は少時お休みかと思っちょりましたら、急遽出演させて頂く事に。有り難いこってす… m(__)m

番組は出番順に…

口上、春風亭小朝、三遊亭小遊三
〈仲入り〉
三遊亭王楽、柳貴家雪之介、三遊亭円楽
(敬称略)

…てな感じで〈口上〉が最初の、ちょいと異色なプログラム。

先ずは、口上。小遊三師匠を紹介する時に「今、落語界で一番上品なのは此の方ではないでしょうか?」と云ったら、隣りの小朝師匠から「間違いない♪」との援護射撃(?)が飛んで来ました。

続いて、いきなり小朝師匠で『親子酒』。小遊三師匠が『粗忽の釘』。二ツ目になりたての頃に教わりまして、今年の9月に久方振りに独演会で演らせて頂きます。ソデで食い入るように勉強させて頂きやした。オリジナルの面白さには敵わないでしょうが… (-_-;)

休憩後、私。小遊三師匠にオマージュを捧げる『ん廻し』。捧げて貰っても困るでしょうが。でも小遊三師匠、不思議と嬉しそうだったなァ…ってオイ、高座下りたら帰ってたよ。

雪之介さん(←柳貴家小雪姉さんの弟さん!)の曲芸をはさみ、六代目『浜野矩随』でお開き。殆ど休みなしで披露目が続いているのに、たまの休みはゴルフに興じておられるってんですから…タフな方です。

さて!明日(26日)からの3日間、大阪の〈天満天神繁昌亭〉に出演する為、大阪へ行って参ります♪ o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

【第18回 にぎわい道場】宣伝

【第18回 にぎわい道場】宣伝
【第18回 にぎわい道場】宣伝
来週30日(金)に、桜木町の〈横浜にぎわい座・のげシャーレ〉にて独演会…【第18回 三遊亭王楽のにぎわい道場】があります。

ネタ出ししている『お化け長屋』をはじめとして、夏ネタを三席申し上げます。

開口一番は、どんどん可愛さを増していく人気者前座・春風亭ぽっぽさん!何をお演りになるのか、私も楽しみです♪ ◎^∇^◎

18時30分開場・19時開演。前売りは1500円・当日は1800円。

お問い合わせは…

横浜にぎわい座
045(231)2515

です。

酷暑を吹き飛ばすような落語会になる事、間違いなし!…かな?

皆様の御来場、心よりお待ち申しております♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

| | コメント (1) | トラックバック (0)

たまにはゴルフ♪

たまにはゴルフ♪
昨日は、宇都宮の〈ラインヒル・ゴルフクラブ〉にてコンペでした。クラブを持った凛々しい姿を、御覧下さい。

何、スコア?フン、下手くそ過ぎて云えないよ… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

ある日のフォトグラフ。

ある日のフォトグラフ。
ある日のフォトグラフ。
ある日のフォトグラフ。
ある日のフォトグラフ。
ある日のフォトグラフ。
ある日のフォトグラフ。
ある日のフォトグラフ。
ある日のフォトグラフ。
ある日のフォトグラフ。
ある日のフォトグラフ。
いやァ、ここんところバカに暑いっすね?正に、文字通り〈酷暑〉って奴ですか。酷暑、酷暑、国生さゆり。会員番号は8番、末広がりのいいナンバー。「ハッキリ云っときますけれど〜、クニナマさゆりぢゃありません〜♪」と、歌にまで詠まれちょる。そのくらい暑いです。

…てな訳で、おはようございます。国生さゆりです…間違えた、名越美香です…ぢゃない、福永恵規です…ってオイ、一目上がりになってどないすんねん。改めまして、三遊亭王楽です。

此のフォトグラフ達は、何日か前に急遽行われた〈暑気払い〉の模様です。ちとばかり、メンバーが不思議ではありますが…。

是非、顔を見てやって下さい…ってオイ、弔問客を迎える後家さんみたいな云い方やめろよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

【映画見聞記 vol. 256】

【映画見聞記 vol.<br />
 256】
【映画見聞記 vol.<br />
 256】
【映画見聞記 vol.<br />
 256】
【映画見聞記 vol.<br />
 256】
昨日は〈TOHOシネマズ日劇〉にて『トイ・ストーリー3』を観ました。

ふと見上げると、マリオンの壁には【第102回 朝日名人会】のポスターが…アラ!私が出る回のポスターぢゃあ〜りませんか♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

私が出演させて頂くのは、9月18日の土曜日。おじさん達…否、さん喬・小遊三・喜多八と云ったお歴々と並ばせて頂けるのは、何とも嬉しいです! (>_<)(←次の日…9月19日の『笑いがいちばん』と合わせてチェックしといてくんなまし)

『トイ・ストーリー2』から11年、ピクサーが生み出した世界中で絶大な人気を誇るCGアニメの最新作。

1も2も大変評判が良かったものの、実は私、観た事が無かっただよ。『アイアンマン』と違って、いきなり3から観ちゃった。そら観た事か(←上手い!…のか?)。

『ウォーリー』や『カールじいさんの空飛ぶ家』など、ハイクオリティーな作品でお馴染みのピクサーですが、さてさて今回は…?

物語・音楽・キャラクターの造形・熱いハート…全てにおいて、会心の一撃。文句なし。またもやピクサーが、やってくれました。

単純明快にして普遍的な物語に、素直に感動させられる。子供も大人も感動出来るって、物凄い事ですよね?

「ああ、此処でこういうピンチになってしまうんだろうなァ…」とか「ああ、此処でこういう助けが来るんだろうなァ…」などと、大体が予想通りに事が運ぶのに、観客はもろ手を上げて歓喜する。こう来ると、気持ちいい…つまり「期待に応える」脚本を書くのが、抜群に上手いと云う事か。

ハラハラドキドキする場面であっても、そこには幸せな笑いも生まれる。要するに、嫌な種類のハラハラドキドキぢゃないのだわさ。

あんなに沢山トイが出て来るんですが、殆ど全てのキャラクターに感情移入が出来る。

よくあるんですよ…「日本を代表するオールスターキャストが勢揃い!」なんてんで、確かに豪華な顔触れではあるんですが、それぞれの方に気を遣い過ぎて出番を等分してしまったが為に、印象が散漫になってしまう事が。そんな映画に、此の作品を見習って頂きたいです。またみんな、動きも可愛いんだ♪ ◎^∇^◎

ラスト、箱の中からウッディが見えた瞬間に、不覚にも涙がこぼれてしまいました… (ノ_・。)

私の斜め後ろに座っておられた男性は、クライマックス部分から鼻水をズルズル流して泣いておられました…その気持ち、めっちゃわかります! (☆_☆)

アメリカ映画界は、ウディ・アレンとクリント・イーストウッドとピクサーが支えてると云って過言ではないでしょう。時々、ショーン・ペンとアレクサンダー・ペインも支えてます。

最高のサマームービー、是非ご家族で御覧下さい! o(><)o

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

『笑いがいちばん』の収録。

『笑いがいちばん』の収録。
昨日は、NHKの『笑いがいちばん』の収録に行って参りました。

共演されたのは、かつみ・さゆり先生に、オードリーさん。いやァ、此の方々が散々爆笑させた後に上がるのは、めっちゃアガりましたよ(←上手い!)。

そんな中、私が口演したものは…ナ・イ・ショ♪ ◎^∇^◎

ヒントは〈前座の頃、小遊三師匠に初めて教わった噺〉とだけ云っておきましょうか?1年以上も演ってなかったから、更に緊張しましたがネ… (-_-;)

放送日は、9月19日(日)の13時05分から13時34分。ちょい先になりますが、手帳に書いておいて下さい。ボヨヨ〜ン♪トゥース!是非見てチョンマゲ♪ O(≧∇≦)o

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

Qちゃんと一緒!

Qちゃんと一緒!
先日『あさイチ』のスタッフから、此の写真を頂きました。

6月25日の放送終了後、井ノ原さん・有働さん・柳澤さん、そして〈Qちゃん〉こと高橋尚子さんと撮って頂いたものです。Qちゃん、可愛かったですよ〜♪

入りきらなかったので、横に撮りました。首を曲げて御覧下さい… m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

きつつきの独り言。

きつつきの独り言。
きつつきの独り言。
きつつきの独り言。
きつつきの独り言。
きつつきの独り言。
きつつきの独り言。
昨日は【新小岩落語会】。

鳳笑くん『子ほめ』、きつつきくん『長短』。

ゲストの入船亭扇好師匠が『船徳』。前日ネタおろししたばかりでしたから、ソデで食い入るように勉強させて頂きやした。扇好師匠の高座姿を拝見する度に〈いなせ〉と云う言葉を想起します。

休憩後、再びきつつきくん。今度は、スーツ姿で舞台に立ち漫談を披露。〈もし落語に実況中継が入ったら?〉ってな漫談だったんすが、コレがまたうんざりする程面白かった! (。。;)

大爆笑したのは、下記のようなくだり…

「お〜っときつつき、膝が笑ってる膝が笑ってる!客を笑わさずに、膝を笑わせてしまった〜!!」

散々ひっくり返されてから高座に上がるのは、緊張するものです。正に〈緊張の夏、日本の夏〉です(←上手い!)。とりあえず『悋気の独楽』を演りました♪

終演後は、落語会の主催者である唐鎌先生とお食事。唐鎌先生から繰り出されるギャグの数々に、芸人一同は抱腹絶倒!…え?どんなギャグかって?それは、ヒ・ミ・ツ♪(←忘れたんだね)

暑い日が続きますが、頑張りましょう! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

【第6回 三遊亭王楽ひとり会】

【第6回 三遊亭王楽ひとり会】
【第6回 三遊亭王楽ひとり会】
【第6回 三遊亭王楽ひとり会】
【第6回 三遊亭王楽ひとり会】
【第6回 三遊亭王楽ひとり会】
【第6回 三遊亭王楽ひとり会】
昨日は、人形町の〈日本橋社会教育会館〉に於いての月例独演会…【第6回 三遊亭王楽ひとり会】でした。

楽屋入りして間もなく、ケータイを充電。コレは「心の充電をする」為の儀式で、決して〈電気泥棒〉ではありません。まァ〈おしゃれ泥棒〉ではありますが(←上手い!うまいぞ、照り焼き…って、照り焼き褒めちゃ不可ない)

マイクチェックをする昇々くんの姿は、学校寄席で「前から3番目に座ってるボク、此処に上がってみる?」と云われ、半強制的に高座に上げさせられた子供に見えるのは気の所為でしょうか。

マイクチェックを済ませた楽屋一同は、ある方から差し入れされた特上寿司を頬張る。たい好さんは、昇々くんの15歳上。並んでお寿司を食べてる姿が、親子に見えるのは気の所為でしょうか。キャリアは、昇々くんの方が上なんだけどね。

さて開演。たい好さんは、伝家の宝刀『転失気』。ねっとりとしたプレイ…否、語り口に場内うっとり♪…してたかどうかはわかりませんが。

続いて私が『たがや』。私は此の噺を〈五代円楽+小朝、時々たけ平〉のつもりで演らせて頂いております。楽しいので、此の夏何度かかけたいです♪

仲入り後、昇々くんが自作の『お面接きらい』。コレがめっちゃ面白かった!是非、一度聴いて下さい。損はさせません…多分。しかし昇々くん、昇太師匠にそっくりだぜよ… (-_-;)

トリネタは、初演の『船徳』。くたびれるわ、汗はダラダラかくわ、志ん朝師匠みたいに上手く出来ないわ…って、当たり前やないか〜い! (ノ><)ノ

また近々、演ります!終わらない夏だぜ… (☆_☆)

次回は、8月20日(金)。三遊亭圓朝師匠作『牡丹灯籠 〜お札はがし〜』と『佃祭』(初演)、夏ネタ二席を申し上げます。ゲストは、林家ひろ木くん。エキセントリックな芸が炸裂します! (>_<)

暑いさなかを御来場下さった皆様、本当に有難うございます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

【あの頃の噺】

【あの頃の噺】
一昨日、新宿の〈スペース・ゼロ〉にて開催された落語会…【あの頃の噺】を勉強しに行きました。

柳亭市馬・春風亭昇太・立川談春各師匠方が、前座の頃に教わった噺を披露される落語会。

オープニングは、企画者である昇太師匠がご挨拶。談春師匠『真田小僧』、市馬師匠『たらちね』、昇太師匠『雑俳』。

昇太師匠が終わると、お三方によるフリートーク。コレが、はちゃめちゃ面白かったです! (>_<)

昇太師匠「俺達3人って、元を正せば〈柳家〉なんだよね?」

談春師匠「そうだよ。市馬兄さんは、柳家の本流。オレは、柳家の濁流(笑)。昇太兄さんは?」

昇太師匠「亜流」

此の時にお三方の若き日々の写真が出たのですが、談春師匠の写真を見た市馬師匠が…

「でもコレは、韓国俳優にも見えますな?」

と云うと、昇太師匠がすかさず…

「市馬兄さん、どうして〈韓流スター〉と云えないんですか…」

市馬師匠の前座時代の写真が、貫禄あり過ぎて大爆笑!写真を見た昇太師匠と談春師匠のお言葉が傑作…

昇太師匠「コレ絶対に『文七元結』演ってる写真だよね?」

談春師匠「なんか、明治大正時代を支えた伝説の芸人みたいだな?」

昇太師匠の写真は、前座最後の日。チョー若い。芸術協会の寄り合いにて、浴衣着て両手にビール瓶を携えている。それを見て談春師匠…

「何か『今日ぐらいはっちゃけちゃおうか♪』ってんで法事にいる小学生みたいだな?」

とにかく全ての写真に大爆笑!皆さんに写真を見せられないのが残念ぢゃ〜♪ O(≧∇≦)o

仲入り後、昇太師匠『狸札』、それを受けて談春師匠『狸鯉』、トリの市馬師匠『牛ほめ』。

『牛ほめ』の中の「小せェなァ?」「そりゃ犬だよ」に、自分も持ちネタとして演る上に、来ると知ってるくせに吹き出してしまいました。

他愛もない筋の軽い前座噺こそ、とてつもなく難しいのです…にも拘わらず、客席は勿論の事、ソデに集まっていた若手軍団も大爆笑!これぞ正しく、芸の力でしょう。先輩方、勉強させて頂きました… m(__)m

終演後の打ち上げにて、下記のような話になりました…

談春師匠「昇々くん、青春時代のアイドルは?」

昇々「モーニング娘。です」

昇太師匠「王楽さん、小学校高学年の頃のアイドルは?」

私「南野陽子です」

昇太師匠「成る程。談春さんは?」

談春師匠「ブッチャー」

昇太師匠「…あ、そう…」

談春師匠「昇太兄さんは?」

昇太師匠「岡崎友紀」

談春師匠「ああ『おくさまは18歳』ね。市馬兄さんは?」

市馬師匠「渡辺ハマ子」

「嘘つけ!」とツッコミながら、みんなが大爆笑。私と昇々くんは、誰だかわからないにも拘わらず大爆笑! ◎^∇^◎

ステキな夜でした。こんな催しを、いつか我々もやれる時が来るのかしらん… (ノ_・。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

【第6回 王楽ひとり会】宣伝

【第6回 王楽ひとり会】宣伝
【第6回 王楽ひとり会】宣伝
【第6回 王楽ひとり会】宣伝
【第6回 王楽ひとり会】宣伝
【第6回 王楽ひとり会】宣伝
【第6回 王楽ひとり会】宣伝
【第6回 王楽ひとり会】宣伝
【第6回 王楽ひとり会】宣伝
【第6回 王楽ひとり会】宣伝
暑い日が続いておりますが、皆さん如何お過ごしでしょうか?

16日(金)に、人形町の〈日本橋社会教育会館〉にて独演会…【第6回 三遊亭王楽ひとり会】があります。

今回は、夏ネタを二席…初演の『船徳』と、林家たけ平さんから教わった『たがや』を申し上げます! o(><)o

開口一番は、たい好さん。ひょっとしたら、ねちっこい『転失気』が炸裂するかも知れない!?

芸術協会のイケメン前座・春風亭昇々くんにも出て頂きます。ひょっとしたら、新作落語が炸裂するかも知れない!?

18時30分開場・19時開演。前売が2000円・当日が2500円。

お問い合わせは…

(有)トミック
03(5695)1039

お時間ございましたら、是非いらして下さい… m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

自作自演♪

自作自演♪
自作自演♪
昨日も【両国寄席】。私は、自作の『大人は判ってくれない』を演りました。

下座の彩さんから「新作を演って下さり、有難うございます!」との身にあまるお言葉を賜る。セコヨイショでも嬉しいや♪

楽生師匠、3日間お疲れ様でした…江戸の粋を有難う!(←それぢゃ追悼番組だよ)

※写真は、本文と少ししか関係ございません。ご了承下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

昨日の両国にて。

昨日の両国にて。
昨日の両国にて。
楽屋で撮った写真です。

高座が終わった楽生師匠を、前座さん達が囲む。どれだけ慕われているかが伝わりますな?

それと鳳笑くん…そういえば彼も、私と楽生師匠と同じく〈S52年生まれ〉だ。

以上です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロケな一日。

ロケな一日。
ロケな一日。
ロケな一日。
ロケな一日。
ロケな一日。
ロケな一日。
ロケな一日。
昨日は、MXテレビの『一朝一席』のロケ。4本分なので、4ヶ所回りました。

先ずは、東向島の〈向島百花園〉。沢山の緑が私に「ようこそ!」と語りかけ、マイナスイオンまみれになりました♪

次は、向島の〈三囲(みめぐり)神社〉。

神社にて〈三囲のコンコンさん〉とのツーショット。此の狐、タレ目で珍しいでしょう?昔は、此の辺りに住まう職人の方々は温和な表情の人を見ると「まるで、みめぐりのコンコンさんみてェだ」と云っていたそうです(←私がこういうマトモな事を書いてる時は、大抵ウソが多いですが、コレは本当です)。

それから、台東区松が谷の〈合羽橋本通り〉。早速〈かっぱ川太郎〉と記念写真。

亀戸の〈亀戸天神社〉。和傘をさして、気分は〈白波五人男〉だ。雨と亀戸天神、いい絵だねェ?

ロケが終わると、夜は【両国寄席】。私は『祇園会』、トリの楽生師匠は『抜け雀』。〈S52コンビ〉が大活躍な(?)夜でした。

今夜も両国、張り切って参りま〜す! (>_<)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

昭和52年生まれの男達。

昭和52年生まれの男達。
昨日も【両国寄席】。

昨日の10日から12日までの3日間、タイトルが〈仲入り後、昭和五十二年コンビ〉。くいつきが私で、トリが楽生師匠。

楽生師匠が、平成9年入門。私が、平成13年入門。

4年も先輩の楽生師匠は、同い年と云う事もあってか、右も左もわからぬ頃から、いつでも優しく接して下さいました…否、コレは私にだけではありません。協会など関係なく、ご自分の後輩全員に優しいです。また女性にも優しく、色白の美丈夫と云う事もある為、恐ろしいくらい女性にモテます。日本には古来より「非の打ち所がない」と云う言葉がありますが、恐らく楽生師匠の為に出来たものでしょう(←念のため、楽生師匠がブログを見て下さっているのを前提に書いている訳ぢゃありません…多分)。

マクラで楽生師匠の事について散々語ってから『宮戸川』。いいお客さんに助けられ、気分良く口演出来ました♪

高座が終わると、とっとと私は帰りました(←オーイ!)。用があったからよ?

楽生師匠、今夜は聴かせて頂きまっせ! ◎^∇^◎

※写真は、私と楽生師匠ではありません。ご了承下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

あぶないネタ!

あぶないネタ!
昨日は【両国寄席】。出番は、くいつき。久方振りに、好楽直伝の『しの字嫌い』を演りました。そうそう、あの「し」を云っちゃ不可ないやつ。

さらわずに挑んだら、途中で危ない目に遭っただよ。でも危うい方が、面白さを発揮出来そうなネタでもあるよね?おっと、でも稽古しなくちゃダメよ。

今夜も、両国!頑張って参りま〜す♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

※写真は、下っちゃんです。ご了承下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

今日から4日間…

今日から4日間…
今日(9日)から4日間、我輩は【両国寄席】に出演します!

4日間とも、仲入り後…くいつきの出番です。さて、何を演ろうかしらん♪ o(^-^o)(o^-^)o

では皆さん、行って参りま〜す!

※写真は、下っちゃんではありません。勿論、私でもありません。ご了承下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol. 255】

【映画見聞記 vol.<br />
 255】
【映画見聞記 vol.<br />
 255】
昨日の昼間、DVDで『アイアンマン』を観ました。

そうです、今公開されている『アイアンマン2』の1です…って当たり前か。

公開当時、辛口の方々にも大変好評だった『アイアンマン』なんですが、見逃しておりまして…で、今公開されちょる続編が、これまた辛口の方々にも好評なので、此の度1を観るはめになりました(←〈はめ〉は、相当間違った使い方だね?)。

軍需企業スターク・インダストリーズのCEOであり、また天才発明家でもあるトニー・スタークは、テロに拉致された際にパワードスーツを作り命からがら生還。人道に目覚めた彼は、パワードスーツを使いテロ撲滅を決意するが…ってな物語だわさ。さて、如何なもんでしょうか?

会話・音楽・登場人物が洒落てる、小気味よいアクション作品。クールで熱いトニー・スタークは、正にロバート・ダウニー Jr.のハマリ役。大富豪のヒーローなので『バットマン』の明るい版と云ったところか?

とにかく会話が、洒落てるのよ。

始まって間もなくの、トニーと美人記者との会話が面白い。

記者「現代のダヴィンチと呼ばれてますが?」

トニー「私は絵は描かない」

とか…

トニー「兵器が要らなくなったら、小児病院を建てるよ」

記者「名台詞ね?」

トニー「毎晩練習してるからな」

など。

美しい執事ペッパー・ポッツを演じるのは、グウィネス・パルトロウ。トニーとのシーンは、どれも素敵。

ノスタルジーに浸らないトニーにプレゼントをするシーン(←此のプレゼントが、クライマックスで生きるのだ♪)に、ダンスを踊るシーンは、とても粋。

テロリストの監禁から脱出してきたトニーと、それを迎えるペッパーとの会話もさらりとしてて良かった。

トニー「目が赤いぞ。ボスの為の涙か?」

ペッパー「嬉し泣きよ。職探しせずにすむわ」

スケールが大きく、気分のいい気持ちの良い作品。是非、皆さんも借りて観て下さい! (>_<)

興奮した私は居ても立ってもいられなくなり、続編を鑑賞する為に、日比谷は〈TOHOシネマズ スカラ座〉へ。

正体を明かしたトニー・スタークに新たな敵が現れ、そして亡き父親ハワード・スタークとの秘密が明らかになる。さて、2の出来は…

全体的に面白いが、1よりやや劣るかな?

相変わらずセクシーなスカーレット・ヨハンソンに、楽しそうに悪役ウィップラッシュを演じるミッキー・ロークの活躍が、物語をスピーディーにしている。

モナコでのトニーとウィップラッシュの対決が面白い。爪楊枝をくわえながら電気ムチを振り回すミッキー・ローク、一見の価値あり! (。。;)

ちなみにロバート・ダウニー Jr.は、1965年4月4日生まれの45歳。私の一回り上。つまり、大楽師匠のひとつ下。余談ですが。

ドン・チードル、いつ見ても〈『とぶくすり』で松崎しげるさんの物真似をしていた岡村隆史さん〉に見えてまう。コレも余談。

相変わらずセクシーなスカーレット・ヨハンソンは、1984年11月22日生まれ…て事は、木村さんと同い年か…ハァ〜。云うまでもなく、これまた余談だ。

『アイアンマン3』の誕生を予見するラスト。1・2共に監督したジョン・ファヴロー、3も期待してまっせ! ( ^^)Y☆Y(^^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

【映画見聞記 vol. 254】

【映画見聞記 vol.<br />
 254】
『アデル ファラオと復活の秘薬』を観ました。

『レオン』や『フィフス・エレメント』でお馴染みのリュック・ベッソン監督最新作。

そういや『フィフス〜』以来、此の監督の作品を観てまへんわ。その後、何を撮ってましたっけ?

調べてみると『ジャンヌ・ダルク』『アンジェラ』に、アーサーとなんちゃらシリーズで本作でした。要するに、近年は成績不振て事ですね(←オーイ)。

瀕死の妹を救う為、古代エジプト最高の秘宝と云われる〈復活の秘薬〉を追い求めるアデルの物語。アデルを演じるのは、新星ルイーズ・ブルゴワン。さてさて、如何なもんでしょうか?

…リュック・ベッソン、大丈夫か?とても『レオン』を撮った方とは思えない出来栄え。

何て云うんだろう…大上段に振りかぶってみたんだけど、思いっきり空振りしちゃった感じ。タイトルにしては「え、そこでやるの?」と思わずにいられない、ちゃちな作り。ホントに。

ヒロインのアデルを演じたルイーズ・ブルゴワンは、向こうのお天気お姉さんらしい。此のお姉さんを使いたかっただけの作品にも見えます。ミラ・ジョヴォヴィッチん時みたいに。

ちなみにリュック・ベッソン、1959年3月18日生まれの51歳。学年で云えば、米團治師匠と同じだ。ま、余談ですけど。

そうそう、少し前に北野武監督の『アウトレイジ』を観ました。自分の嫌いな〈痛いシーン〉が多くて…ヤクザ映画は食傷気味です! (>_<)

※写真は、本文と全く関係ございません。ご了承下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

再び『適当日記』!

再び『適当日記』!
散らかっていた部屋を片付けたら、数年前に買った高田純次さんの『適当日記』(ダイヤモンド社)が出て来ました。

余りの面白さに感動して、その時もブログに書いたのですが、再読して確信しました…傑作です。夏目漱石や宮沢賢治と一緒に、夏の小中学生の課題読書に加えるべきです。

一見いい加減でくだらないように感じるのですが、たま〜に人生の核心をつくような皮肉な名言が出て来るから油断出来ないんです。

「本当に、昔から映画は大好きなのよ。高校のときには、とにかく試写会のプレゼントにいつもハガキを出して、観に行ってたなぁ。でも、面白いか面白くないか、わからないんだよ。試写の段階だから、前評判も何もないからね」

「『苦労は買ってでもしろ』なんていう人がいるけど、オレ、『苦労は売ってでもしたくない』タイプだから」

6月の椎名林檎さんの箇所は、ぐうの音も出ないくらいに面白いです。

他にも爆笑したのは…

「昔、日活ロマンポルノの『Mr.ジレンマン 色情狂い』に出たとき、台詞合わせで、オレと絡みのある女優さんと初めて顔を合わせたんだ。口では、冷静に「高田純次です。宜しくお願いします」なんて言いながら、心の中では「この人の胸が揉めるんだ」って、ドキドキしちゃったんだよね」

「人には決して見せないけど、こうやって陰でひそかに努力しているんだ。水鳥は涼しい顔して泳いでいるように見えて、水面下で必死に水を掻いているように……。また、インキンの人は、涼しい顔してすましているけど、ポケットに手を入れて、必死で掻きむしっているように……。

二つ目のたとえは、違っていたかな」

ハハハ、最高♪ O(≧∇≦)o

…矢っ張り、小中学生には悪影響かな? (o・ω・o)?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

お宝映像…!?

お宝映像…!?
お宝映像…!?
お宝映像…!?
お宝映像…!?
お宝映像…!?
先日、かつてNHKでやっていた三波伸介さんが司会をしていた『お笑いオンステージ』が再放送されておりやした。

その中で〈減点ファミリー〉と云うコーナーがあって、好楽が〈林家九蔵〉と名乗っていた頃に、我々3人姉弟が出演しておりまして…驚くことに、当時の私は3歳! (。。;)

またコレに出ている私が、恐ろしいくらい可愛いんだ♪ ◎^∇^◎

〈自分好き〉としては堪らない此の映像を、若き日の好楽(九蔵)と共に出血大サービスで載せちゃいます! o(^-^o)(o^-^)o

どうでもいいけど愚姉のじっこ、ボケ〜っとしちゃってて与太郎みたいだ… (ノ_・。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

林家ひろ木くん、パワーアップ!

林家ひろ木くん、パワーアップ!
林家ひろ木くん、パワーアップ!
昨日の午前中は、芝公園にある〈東京グランドホテル〉に於いての【精進料理を食べる会】にて一席。カウントしてみたら、5年連続でした。有り難いもんです。

『鈴ヶ森』を演った後、皆様方とお食事会。熱演した後の精進料理は、腹に心にジーンと染み渡ります… m(__)m

それから練馬の〈信行寺〉にて落語会。今回は、我々親子とたい好さんに加え、林家ひろ木くんと云う強力な(?)メンバー。

先ずは、たい好さんのねっとりとした『転失気』。妙にクセになる味わい♪続いて私の『茶の湯』でお仲入り。

休憩後、ひろ木くん。最近は天下の高田文夫先生のツボにはまって大活躍の彼は、何と『時うどん』を口演! (。。;)

来ていたウチの母親は、彼の高座に大爆笑。ついでに私も大爆笑。奴は、着々とパワーアップしちょりやす… (-_-;)

一席終えた後、得意の津軽三味線も披露する出血大サービス!小さい女の子が楽しそうに笑っていた姿に、彼の人柄の良さが感じられます…正に、芸は人柄。スープは鳥がら。

トリの好楽は『ねずみ』。終演後、お馴染み〈あわび亭〉にて打ち上げ。あわび尽くしの豪勢な料理に、ひろ木感激。いい一日でしたわいな… (・_・、)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

なかの首尾は…!?

なかの首尾は…!?
なかの首尾は…!?
昨日の朝っぱらに酒田から帰京し、夜は中野の〈なかのZEROホール〉にて、またまた六代目の襲名披露。戦士に休息はないぜよ。

メンバーは出番順に…

三遊亭王楽、林家たい平、桂歌丸
〈仲入り〉
口上、翁家勝丸、三遊亭円楽
(敬称略)

でした。

私『道灌』、たい平師匠『金明竹』、歌丸師匠『紙入れ』でお仲入り。休憩後、披露口上。勝丸兄さんの曲芸をはさみ、六代目『浜野矩随』でお開き。

コレで私、少時は六代目の披露目がありません。色んな土地で以て色んなネタを演らせて頂き、また様々なアドバイスも賜りました。

心より六代目に感謝感激則巻アラレな王ちゃんより… m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

酒田へ。

酒田へ。
酒田へ。
酒田へ。
酒田へ。
酒田へ。
酒田へ。
酒田へ。
酒田へ。
酒田へ。
酒田へ。
いよいよ、7月に突入!早いもんですね?夏は大好きです。夏が来ると、未だにワクワクしてます♪国生さゆり以上に、夏を待てない! o(^-^o)(o^-^)o(←云う事ァ古いねどうも)

昨日は、山形の酒田にて六代目の襲名披露。

メンバーは出番順に…

三遊亭楽大、三遊亭王楽、三遊亭小遊三
〈仲入り〉
口上、三遊亭好楽、三遊亭円楽
(敬称略)

でした。

フライト1時間半前に、空港に到着。早めに空港に入るのが好きな私は、弁当やスイーツを買いあさります。売店で1番人気となっていた〈若狭小浜 丸海〉の焼さば鮨を食べやした。

庄内に着くと、ピーカンで気分がいい。会場の〈酒田市民会館・希望ホール〉に着いたのが、14時。開演時間の4時間半前に着いてしまった。

楽屋に入ると、先ずはケータイの充電。コレは「心の充電をする」と云う意味を込めての、所謂ひとつのゲン担ぎです。神聖な儀式です。それから私は、辺りを散策。

…すると40代前半と思しき男性の方が、私を見て「アレ…王楽さん?ウワ〜、王楽さんだ!握手して下さい!」と、都内でも滅多にない珍事が勃発しました。サクラかと思っちゃったよ。

1時間程散策をして楽屋に戻り、空港で買った〈miel〉のドーナツや〈資生堂パーラー〉の塩キャラメル味のケーキを、楽大くんや舞台監督の菱沼さんと食べる。特にボーイズトークはありませんでしたが、誰が持ってきたか不明の叶美香さんの写真集を回し読みしました♪楽大くん、心底嬉しそうでした… (ノ_・。)

ウケたのは小遊三師匠。写真集をめくるや否や「いいシャンデリアだな」って、そんなの見てどないすんねん。見る気もないくせに…だから小遊三ファンはやめられません♪ o(^-^o)(o^-^)o

それからお弁当も食べて満腹になり順調に眠くなったところで、ようやく開演時間。

楽大くん『つる』、私『読書の時間』、小遊三師匠『金明竹』でお仲入り。休憩後、口上。好楽『親子酒』、六代目『薮入り』でお開き。

終演後の打ち上げでは、好楽・小遊三・六代目のお三方による〈放送禁止楽屋噺〉が炸裂!めっちゃ笑ったァ♪ O(≧∇≦)o

どうでもいいけど私と楽大くん、修学旅行みたいだね… (-_-;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

『男と女と浮わついた遺伝子』

『男と女と浮わついた遺伝子』
昨日は、池袋の〈サンシャイン劇場〉にて『男と女と浮わついた遺伝子』を観て参りました。

三宅裕司さん率いる〈熱海五郎一座〉の皆さんによるお芝居。

我らが春風亭昇太師匠と、あの水野真紀さんとのラブストーリーだったのですが、コレがめっちゃ面白かったです! O(≧∇≦)o

昇太師匠が喜々として〈浮いてる男〉を演じておられ、渡辺正行さん・小倉久寛さん・東貴博さんの〈阿吽(あうん)のいい加減なやり取り〉には抱腹絶倒!私が好きな台詞は、東さんの「大事なのは、真面目にやってるフリですからね?」。ニンに合った台詞に爆笑♪

中でも三宅裕司さんのアドリブ演技(←アドリブにしか見えない)には、瞠目せざるを得ません…はっきり云って、凄いです! (>_<)

とにかく楽しい此のお芝居は、4日の日曜日が楽日です。是非、ご覧下さい!…って、チケットがあるかは知りまへんが。

昇太師匠はじめ出演者の皆様、くれぐれもお身体お気を付け下さいませ… m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »