« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

円橘師匠、貴方って方は何て…。

円橘師匠、貴方って方は何て…。
円橘師匠、貴方って方は何て…。
円橘師匠、貴方って方は何て…。
円橘師匠、貴方って方は何て…。
円橘師匠、貴方って方は何て…。
円橘師匠、貴方って方は何て…。
円橘師匠、貴方って方は何て…。
円橘師匠、貴方って方は何て…。
昨日は〈国立演芸場〉にて【円楽一門会】でした。

「『兵庫船』を演ろうかしら?それとも『野ざらし』を演ろうかしら?ワクワク♪」しましたが、結局師匠だけでなくおかみさんもテレビを観て褒めて下さった『鼓ヶ滝』をチョイス。意外な事に此のネタ、真打に昇進して初めての口演。

仲入り後、師匠を偲んで対談。テンパる円橘師匠との対談は、ツッコミどころ(イジリどころ)満載で楽しかったっす!

トリで円橘師匠は、円楽十八番の『文七元結』。対談でテンパっていた方とは思えない程、素晴らしい一席でした… m(__)m

円橘師匠は終演後、私を含め大勢の若手を呑みに連れてってくれました。何を喋ってるかわからないぐらいご機嫌に酩酊された円橘師匠…貴方って方は何て、愛すべき高弟なんだ。

さて、いよいよ明日からは大独演会!張り切っていこ〜♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【三遊亭王楽 大独演会】宣伝

【三遊亭王楽 大独演会】宣伝
いよいよです…

12月1日(火)〜6日(日)、池袋の西口にある〈東京芸術劇場・小ホール2〉にて【三遊亭王楽 真打ち披露興行 大独演会】を開催します! (>_<)

6日間7公演(←5日の土曜は昼夜公演)で、ゲストが豪華♪そのゲストは、以下の通り…

1日(火)小朝、好楽
2日(水)昇太、好楽
3日(木)志の輔、好楽
4日(金)談春、好楽
5日(土)〈昼〉正蔵、三平
5日(土)〈夜〉米團治、夢之助
6日(日)円歌、小遊三
(敬称略)

…と云う、まるで盆と正月とカーニバルとフェスティバルと水かけ祭と御霊まつりがいっぺんに来たような賑やかさ♪ O(≧∇≦)o

〈昇進披露口上〉があるかって?もちりん!

ご多忙なスケジュールの中をご出演下さるお歴々の皆様に、心より感謝しております… (ノ_・。)

が…

さァ大変だ…

何がってね?

此の落語会、タイトルに〈大独演会〉とあります通り、私は各公演二席ずつ…しかもネタを変えて演らなくちゃならないんだわさ〜! (ノ><)ノ

最近その事ばかりが頭から離れなくって、落ち着かないこと橘也の如し… (-_-;)

でも一応、準備はしております。

師匠である円楽の十八番ネタの数々を軸に据え、大師匠である円生のネタ・志ん朝師匠のネタ・三枝師匠のネタ・小朝師匠のネタ…そして〈落語ファン〉の方々が「あっ!」と驚くようなネタもご用意しております♪ o(^-^o)(o^-^)o

料金は、3500円。全席指定ね。

お問い合わせは…

夢空間
03(5785)0380

です。売切れの日もあるそうなので、聞いてみて下さい。

いつも以上にテンパるとは思いますが、天国にいる師匠円楽の顔に泥を塗らないよう精一杯頑張りますので、是非いらして下さい! m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

同期の桜♪

同期の桜♪
同期の桜♪
同期の桜♪
同期の桜♪
同期の桜♪
同期の桜♪
同期の桜♪
同期の桜♪
同期の桜♪
同期の桜♪
一昨日は〈東天紅〉にて【谷中 菊まつり・圓朝まつり 25周年記念祝賀会】でした。

好楽を除いたウチの家族に小圓朝師匠、仙志郎師匠にガッポリ建設もいらっしゃいました(←何でガッポリがおるねん)。

パーティーの途中では〈謎掛け〉を即興でやらされましたが、そこは流石は私。お題を出されてから、7分ほど経ったところで出来ました(←遅っ)。

パーティーが終わると、御徒町のお寿司屋さん〈金太楼〉へ行き、賑やかに二次会に突入。

此処にいた芸人は、小圓朝師・仙志郎師・ガッポリの小堀さんと室田さん・私。図らずも私以外、皆〈落語協会〉に所属していた事のある方々!…まァ仙志郎師匠は、今でも所属されておりますが。

しかも皆さん〈同期の桜〉で、一緒に前座生活を送られていたのです! (。。;)(←室田さんだけが、ちょびっと下らしい)

それぞれ当時、小圓朝師匠は〈柳家さんぽ〉・仙志郎師匠は〈鏡味仙一〉・ガッポリの小堀さんは〈三遊亭ぐん丈〉・室田さんは〈鈴々舎馬賀正(ばかしょう)〉として…。

皆さんの前ですが、前座時代を共に過ごしてきた仲間と云うのは、物凄く特別なんです。スペシャルなんです。お金ぢゃ買えない価値があるんです。スタッドレス…否、プライスレスなんです。

そんな皆さんが集まりましたもんだから、文字通り〈乱痴気騒ぎ〉♪

小圓朝師匠に仙志郎師匠は日本酒を痛飲し、ガッポリは酒を呑めないもんだからコーラをがぶ飲みしつつ、思い出話に花を咲かせちょりました… m(__)m

いやァ、それにしてもいい法事だった…(←ちゃうちゃう)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

一ノ関からの帰りの新幹線。

一ノ関からの帰りの新幹線。
一ノ関からの帰りの新幹線。
一ノ関からの帰りの新幹線。
一ノ関からの帰りの新幹線。
一ノ関からの帰りの新幹線。
一ノ関からの帰りの新幹線。
まるで修学旅行だ。

我らが〈USJ〉は、散々騒いだ揚句にグースカグースカ寝ておりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大原の夜。〜そして、朝〜

大原の夜。〜そして、朝〜
大原の夜。〜そして、朝〜
大原の夜。〜そして、朝〜
大原の夜。〜そして、朝〜
大原の夜。〜そして、朝〜
大原の夜。〜そして、朝〜
大原の夜。〜そして、朝〜
大原の夜。〜そして、朝〜
朝起きても、ジョニーは〈USJ〉でした… (-_-;)

〈地蔵院〉の大塲ご住職、そして〈長泉寺〉の新沼ご住職、今年も有難うございました! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大原の夜。

大原の夜。
大原の夜。
大原の夜。
大原の夜。
大原の夜。
大原の夜。
大原の夜。
大原の夜。
大原の夜。
大原の夜。
【第10回 ほのぼの寄席】終演後の模様です。

スタッフの皆さんがお帰りになられてから、新沼孝純ご住職と出演者4人で更なる宴へ突入。

ジョニーは、見る見るうちに〈SJ〉へ…そして火を見るよりも明らかに〈USJ〉になってました… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

今年も来たぞ、11 月23日!

今年も来たぞ、11<br />
 月23日!
今年も来たぞ、11<br />
 月23日!
今年も来たぞ、11<br />
 月23日!
今年も来たぞ、11<br />
 月23日!
今年も来たぞ、11<br />
 月23日!
今年も来たぞ、11<br />
 月23日!
今年も来たぞ、11<br />
 月23日!
今年も来たぞ、11<br />
 月23日!
今年も来たぞ、11<br />
 月23日!
今年も来たぞ、11<br />
 月23日!
昨日…11月23日は、毎年恒例の一ノ関へ行ってきました。あ、ジョニーと一緒ね。

先ずは、千厩町の〈地蔵院〉さん。晴れているのに、雨が降っていた。所謂〈狐の嫁入り〉ですな?

凹の間…ぢゃなく床の間に、初めて来た時の〈2001年11月23日〉に書いた私と大楽師匠のサインがあるのを見つけました。人の事は云えないけれども、大楽師匠のサイン…雑ですね♪

私が『高砂や』、ジョニーが『鮑のし』。それが終わると、カラオケ大会。いや〜、弾けまくった。

それから大東町は大原へ。今度は〈長泉寺〉さんにて【ほのぼの寄席】。

いつもはジョニーと2人だけなのですが、今回は〈第10回記念〉でしたので、一門の好の助くんと太神楽の鏡味仙志郎師匠もいらしてくれました。

寺に着くと、みんなでサイン。ジョニーの〈一笑懸命・温故知新〉って、これまた雑だ。知ってる言葉を並べただけにしか見えないのは、人徳でしょう。

好の助くん『豆屋』、ジョニー『万病円』でお仲入り。

休憩後、噺家3人が並んで〈真打昇進披露口上〉。仙志郎師匠の華麗なる曲芸をはさみ、トリは私。

ネタは、円楽十八番中の十八番『浜野矩随』!昨年暮れ以来ですから、ほぼ1年振り。温かいお客様に救われたものの…ウ〜ン、師匠は怒ってるでしょう。

終わった後は、地元の皆さんとドンチャン騒ぎ! (>_<)

その騒ぎの模様は、また写真展を開きます。とにかく皆様、有難うございます! ( ^^)Y☆Y(^^ )

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【三遊亭王楽 大独演会】宣伝

【三遊亭王楽 大独演会】宣伝
お知らせでごんす。

来たる12月1日(火)〜6日(日)、池袋の西口にある〈東京芸術劇場・小ホール2〉にて【三遊亭王楽 真打ち披露興行 大独演会】を開催します! (>_<)

6日間7公演(←5日の土曜は昼夜公演)で、ゲストが豪華♪そのゲストは、以下の通り…

1日(火)小朝、好楽
2日(水)昇太、好楽
3日(木)志の輔、好楽
4日(金)談春、好楽
5日(土)〈昼〉正蔵、三平
5日(土)〈夜〉米團治、夢之助
6日(日)円歌、小遊三
(敬称略)

…と云う、まるで盆と正月とカーニバルとフェスティバルと水かけ祭と御霊まつりがいっぺんに来たような賑やかさ♪ O(≧∇≦)o

〈昇進披露口上〉があるかって?もちりん!

ご多忙なスケジュールの中をご出演下さるお歴々の皆様に、心より感謝しております… (ノ_・。)

が…

さァ大変だ…

何がってね?

此の落語会、タイトルに〈大独演会〉とあります通り、私は各公演二席ずつ…しかもネタを変えて演らなくちゃならないんだわさ〜! (ノ><)ノ

最近その事ばかりが頭から離れなくって、落ち着かないこと橘也の如し… (-_-;)

でも一応、準備はしております。

師匠である円楽の十八番ネタの数々を軸に据え、大師匠である円生のネタ・志ん朝師匠のネタ・三枝師匠のネタ・小朝師匠のネタ…そして〈落語ファン〉の方々が「あっ!」と驚くようなネタもご用意しております♪ o(^-^o)(o^-^)o

料金は、3500円。全席指定ね。

お問い合わせは…

夢空間
03(5785)0380

です。

いつも以上にテンパるとは思いますが、天国にいる師匠円楽の顔に泥を塗らないよう精一杯頑張りますので、是非いらして下さい! m(__)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

あ、虹…。

あ、虹…。
あ、虹…。
先程、一ノ関に着く直前で〈虹〉を見ました。ジョニーも感動してました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

和田竜『のぼうの城』

和田竜『のぼうの城』
ちょっと前の話になりますが、和田竜さんの『のぼうの城』を読みました。

どこの本屋に行っても、いつも一番目立つ処に置いてある売れ筋の本ではあったのですが、歴史小説にさほど…と云うより、1ミクロも興味を持たない私は、気にはなっていたのですが触手が伸びずにおりました。

「…そんなに面白いのか?」と訝りながら購入し、とりあえずページをめくってみますると、先ずオープニングが…

「治部めは俺の機嫌にかまうことなく、正面からこの秀吉を諌めおるわ」

冒頭にある〈治部〉が読めなく、いきなり辟易…しながらも、辛抱して読み進めますと…

138ページを過ぎた途端、完璧に此の物語の虜となり、一気呵成に読み終えてしまった…すんげえものに邂逅してしまった。

出て来る登場人物が敵味方関係なく、目も眩む程の光彩を放つ程に魅力的すぎて、座りションベンして馬鹿ンなります。カックイイ。まるで『キン肉マン』や『ドカベン』や『クローズ』のように、個性豊か過ぎるキャラクターに魅せられっ放しだ! (☆_☆)

どのシーンを切り取っても、鳥肌が立つ程に〈男〉たちの生き様に魅了させられる。

とにかく面白い!是が非でも、読んで下さい… m(__)m

どうやら映画化が決まっているらしい。誰が監督になるか知りまへんが、監督よ…オイラを出してくんろ〜!! (ノ><)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たった今の出来事!

たった今の出来事!
今ね今ね?

新幹線乗ってて、便所行こうと思って席を立ったら、何と…

木村さん…木村カエラさんを見つけちゃいました! (。。;)

本物の木村さんは、息が止まりそうなぐらいに可憐でお美しくかった…。

ちょうど下車しようとしていた木村さんに、勇気を出して私は…

「スイマセン、ファンなんです!今、曲を聴いている最中に(←と云いながら、ポケットに入っていたiPodを見せて)見つけてしまいました!スイマセン…握手して下さい!!」

と云って右手を出したら、木村さんは…

「有難うございます、どうぞどうぞ…」

と云って、右手を差し出して下さいました!握った瞬間、鼻血が出そうになり困った困った…未だに胸が、バックンバックン云ったままです♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

我が噺家人生、最高の瞬間!ホント、生きてて良かった… (ノ_・。)

でもどうしましょう、当分右手が洗えないわよ… (-_-;)

※チョー写真を撮りたかったのですが、それ程の勇気は無い人間でしたので、イメージ画像でご勘弁下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

久し振りだよ〈ぼっちゃん5〉!

久し振りだよ〈ぼっちゃん5〉!
久し振りだよ〈ぼっちゃん5〉!
久し振りだよ〈ぼっちゃん5〉!
久し振りだよ〈ぼっちゃん5〉!
久し振りだよ〈ぼっちゃん5〉!
久し振りだよ〈ぼっちゃん5〉!
今日は、久方振りに〈ぼっちゃん5〉の落語会。

昼夜公演で、昼夜とも【三代目・桂春蝶 襲名披露公演 〜落語会 in ぼっちゃん5〜】でした。

先ず昼は、滋賀県の野洲にある〈野洲文化ホール〉。楽屋口には〈おいで野洲(やす)〉としてある。丁重なおもてなしだ。

真打に昇進したご褒美でしょうか、私は〈仲入り前〉の出番。『竹の水仙』を演らせて頂きました。

それから夜は、大阪へ。お馴染み〈天満天神繁昌亭〉だ。

到着するや否や、来月の14日から20日までの1週間、同会場にて行われる真打披露の記者会見。

別の仕事でその時いなかった八光兄さんを除いた、三平・春蝶・木久蔵各師匠が並んで下さいました。

披露目の間は口上の司会を勤めて下さる春蝶師匠が会見に並んで下さった事、とても感謝してます…が、出演もされないのに並んで下さった三平・木久蔵両師匠には、心よりお詫び&御礼申し上げます! (>_<)

夜も私は、仲入り前の出番。演ったネタは…内緒です♪先代春蝶も当代春蝶もお演りになるネタで、勝手にトリビュート。ちなみに初演でした。池袋の披露目でも演らせて頂きます!

ですから、いらしたお客様方にお願い申し上げます…アッシが何を演ったか、呉々もネットやブログのコメントに書かないでくんなまし〜! (ノ><)ノ

大阪に泊まりたかったのですが、明日の朝早くにジョニーと一ノ関へ向かう為(←相棒が不安です。ふあんダースの犬です)、最終の新幹線に乗って、ひとり淋しく東京へ。

そんな淋しい私は、先程〈551蓬莱〉の豚まんと焼売を完食。そして今、ビール片手にうるめいわしをかじっております。

…ところで〈551蓬莱〉の〈551〉って何ですか?ご存知の方、コレはブログのコメントに書いて下さい… m(__)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お別れ会の後は…?

お別れ会の後は…?
お別れ会の後は…?
お別れ会の後は…?
お別れ会の後は…?
お別れ会の後は…?
お別れ会の後は…?
お別れ会の後は…?
円楽を追悼しながら、一門若手で呑みに行きました。

相変わらずジョニーは〈SJ〉になってました…〈USJ〉にならなくて良かったよ、ホントに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【三遊亭円楽 お別れの会】

【三遊亭円楽 お別れの会】
【三遊亭円楽 お別れの会】
【三遊亭円楽 お別れの会】
【三遊亭円楽 お別れの会】
【三遊亭円楽 お別れの会】
【三遊亭円楽 お別れの会】
【三遊亭円楽 お別れの会】
【三遊亭円楽 お別れの会】
【三遊亭円楽 お別れの会】
【三遊亭円楽 お別れの会】
昨日は〈東京會舘・ローズルーム〉にて【三遊亭円楽 お別れの会】でした。

何と、司会は私! (。。;)

いやァ、テンパったテンパった…円橘師匠の次にテンパった。

そらそうでしょう。ご来賓の皆様の大半が、芸人の方々なんですから… (-_-;)

土曜日だと云うのに、およそ350人もの方々がいらして下さいました。

『笑点』メンバーの皆さんは勿論の事、鈴々舎馬風師匠に笑福亭鶴瓶師匠、そして林家こん平師匠までいらして下さった!元気そうなお姿を拝察出来て、とっても嬉しかったです。

来春〈六代目・三遊亭円楽〉襲名される楽太郎師匠による感動的なご挨拶にてお開き。

手前みそですが、師匠円楽の人柄が偲ばれる素晴らしい会になりました。いらして下さいました皆様、心より御礼申し上げます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

嗚呼、我が青春の【橋場寄席】!

嗚呼、我が青春の【橋場寄席】!
一昨日は〈橋場公会堂〉にて【橋場若手落語会】でした。

メンバーは、立川志遊師匠・立川らく里兄さん・私・好吉くんの4人。

中野駅から歩いて10分ぐらいのところにある此の〈橋場公会堂〉。

大変にぼろい…否、風情のある会場で大好きな小屋なんですが、残念なことに…来年の3月に取り壊しになるんです! (>_<)

初めて〈橋場公会堂〉の高座に上がったのが、平成13年の6月7日。私が入門したのが同年の5月8日ですから、入門してちょうど1ヶ月経った時。

此の時に演りましたのが、師匠円楽に教わったばかりの『子ほめ』。また此方にいらっしゃるお客さんが、必要以上にお笑い下さる方々でしたので、名人気分でとても気分良く高座を下りたのを、まるで8年半前のように覚えております(←そのまんまやんけ)。

いつも好楽が中心となってやっていた会だったのですが、その番外編のように出来たのが、立川志遊師匠がリーダーとなって続けてこられた此の【橋場若手落語会】。

私もレギュラー出演させて頂くようになり、若手ぢゃ考えられないネタを沢山演らせて頂きました。例えば、下記のようなネタ…

『しの字嫌い』『三方一両損』『かんしゃく』『五貫裁き』『代書屋』『三枚起請』『宿屋の仇討』『巌流島』『不動坊』『三味線栗毛』『竹の水仙』『読書の時間』『らくだ』

またペーペーの拙い落語にも拘わらず、最前も申しました通り、必要以上にお笑い下さるお客様方ですから、此方の皆様に育てられたと云っても過言ではありません。

高座に上がって、客席をパチリ。此の会場の雰囲気が、少しでも伝われば幸いです。

ネタは、円楽がよく演っていた『蒟蒻問答』。ホンマ、トリビュート月間だ。

トリで志遊師匠が『湯屋番』を演ってフィナーレ。いやァ、素敵な落語会でした… m(__)m

来年2月に、此の会場の〈グランドフィナーレ〉を飾る落語会を検討中。お世話になった此の会場に、どでかい花火を打ち上げたいです! ( ^^)Y☆Y(^^ )

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

延岡へ。

延岡へ。
延岡へ。
延岡へ。
延岡へ。
昨日は、宮崎の延岡へ。拙者の披露公演でござる。

一行は、我々親子に桂歌春師匠、歌春師匠の娘さんで〈ラクドル〉(←落語の出来るアイドル)の田代沙織さんにマグナム小林兄さん、そして柳家花緑師匠。

先ずは、お昼ご飯。川沿いの〈華月柳(はなやぎ)〉にて、天然の鮎を御馳走になる。美味い♪花緑師匠なんか、6匹(6尾?)も食べちょりました。細い身体で、よく入る。流石は、目白のお孫さんだ。

会場は〈延岡総合文化センター〉。だだっ広い会場に、沢山のお客様。有難うございます。

ど頭に、いきなり〈真打昇進披露口上〉。歌春師匠のご陽気な司会に、真ん中に座しながら私は、げらげら笑ってしもた。

トップバッターは、田代沙織さん。ネタは『目黒の秋刀魚』。ボケを云った後の喋り方が、お父様そっくり!それにしても可愛い♪こんな可愛い娘さんと仕事に行けて、お父様は幸せ者だ。

歌春師匠『看板のピン』、花緑師匠『初天神』、好楽『辰巳の辻占』でお仲入り。

休憩後、マグナム小林兄さんの素敵なバイオリン漫談をはさんで、トリが私。先日、博多で出来なかった『夢金』を演る。これまた円楽の十八番だ。

そうそう、此の日の延岡は雨でした。〈雨男親子〉の本領発揮!…したくないのにね。

延岡の皆さん、また宜しくお願いします! (>_<)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

拝啓、レスリー・キー様。

拝啓、レスリー・キー様。
拝啓、レスリー・キー様。
朝霞の落語会が終わると、そのまま渋谷の並木橋へ。

鶴瓶師匠のご紹介で、世界的に有名なレスリー・キーさんに写真を撮って頂きました! (>_<)

愛と平和と世代をテーマに、東京で輝く1000人を撮り下ろす…そんな壮大な写真集に、オイラが載るんだや!凄いでしょ!?これも、鶴瓶師匠のお陰です… m(__)m

それはそれで嬉しいんですが、レスリーさんのスタジオに行って、べっくらこいた…

レスリー「オーラクさん、それぢゃあ撮るんで服を脱いで下さい」

…ん?

そういえばスタジオにところ狭しと貼られてあるモノクロの写真は全て、セレブリティの方々の裸ばかり。

王楽「え?ああ、でも上半身だけでいいですよね?」

レスリー「イヤイヤ、ズボンも脱いで下さい」

王楽「は?ああ、でもパンツは脱がなくていいですよね?」

レスリー「トンデモナイ!パンツも脱いで下さい」

ぶっ飛び…! (。。;)

私に云わせれば、パンツ脱ぐ方がトンデモナイ。

云われるがままにパンツも脱ぎました(←性の告白みたいだ)。脱いだ瞬間、思いました…

「私、お嫁に行けない!」

まァとにかく、産まれたての姿…美しい日本語で云えば〈すっぽんぽん〉で写真を撮られ始めましたが…

おや不思議…

撮られてる自分が、段々気分良くなってんのよ♪(←時折、何かの罰ゲームにも感じましたが)コレは矢張り、超一流カメラマンであるレスリー・キーの魔力でしょう。

此の写真集の展覧会が〈表参道ヒルズ〉の本館B3F〈スペースオー〉にて、来年の4月23日(金)から5月7日(金)まで開かれるとの事。

私の美しい(と思われる)裸体を、是非ご覧下さい…キャー、ハズカチー! (ノ><)ノ

こんな未曾有のイベントに参加させて頂けるなんて…鶴瓶師匠にレスリー、感謝します♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

花緑師匠の『笠碁』!

花緑師匠の『笠碁』!
花緑師匠の『笠碁』!
花緑師匠の『笠碁』!
昨日は〈朝霞市民会館・ゆめぱれす〉にて【あさか寄席】。

メンバーは出番順に…

三遊亭王楽、林家正蔵
〈仲入り〉
一龍斎貞橘、林家二楽、柳家花緑
(敬称略)

でした。

開口一番は、花緑師匠のお弟子さん・柳家花いちくんで『金明竹』。

その後、私。またまた師匠円楽をトリビュートして『宮戸川』。最前列に座っていた男の子が、まるで〈さくら〉かと思われるぐらい、げらげら笑って下さり、王ちゃん嬉しい♪ただ、子供の前で演る噺ぢゃなかったか… (-_-;)

正蔵師匠『読書の時間』。仲入りはさんで貞橘兄さん、講談で『黒田武士』。二楽師匠の紙切りがあって、いよいよトリは花緑師匠。

ネタは…何と『笠碁』!御祖父様の十八番中の十八番。ネタおろしされた事を花緑師匠の著書を読んで知っておりまして、生で聴きたいなと思っちょりましたが…ワーイ、超ラッキー! O(≧∇≦)o

ソデでじっと拝聴させて頂きますと…

素晴らしい!今年聴かせて頂いた落語の中で、間違いなく〈ベスト5〉に入ります。チョー感動しちゃいました♪(←単なるファン)

お客様方が心から喜ばれているのも、ソデにいる私にびしびし伝わってきました。演者の情熱とお客様の反応が合致した、正に〈至福の落語空間〉。

高座から下りられた花緑師匠に、どれだけ感動したかを述べると…

「アナタも『笠碁』演ってみたら?もう真打なんだし」

怖くて出来ない〜! (ノ><)ノ

ともかく花緑師匠、爽やかな感動を有難うございます。明日(16日)の延岡での披露公演も、宜しくお願いします♪ o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

【映画見聞記 vol. 210】

【映画見聞記 vol.<br />
 210】
昨日は〈TOHOシネマズ日劇〉にて『スペル』を観ました。これでようやく、今年30本目。やった、世界の松井を越えたど。

監督は、サム・ライミ。最近ぢゃ『スパイダーマン』の印象が強いものの、元々は『死霊のはらわた』などのホラー映画の鬼才です…って、んなの知ってるか。

そんなライミさんが、久方振りにホラーを撮りました。ホラ見たことか。何やら『エクソシスト』ばりに怖いそうな…。

やだなァ、そんなに怖いのかしら?(←観るなよ)恐る恐る観てみますると…

怖かった…けど、その3倍くらい笑った笑った♪ O(≧∇≦)o

カメラの色からして不穏なオープニングから、銀行でのお婆さんとの攻防まで、それなりに怖い。

…ですが、中盤からは〈コント〉の連続。

ヒロインの鼻血が噴水のようにピューっと吹き出すと上司にかかったり、ヒロインにお婆さんの死体が乗っかるとその口から変な液体が出て顔にかけられたり、ヒロインを襲うお婆さんの頭に鈍器が落ちるとその勢いで目玉がピューっと出たり…何ぢゃこりゃ。

いけにえの山羊が喋るんですが、あれぢゃ〈ソフトバンク〉の犬だよ。スピーチを聴け。

ラストの〈どんでん返し〉もコントのようでした♪

余談ですが、ヒロインの恋人が〈ゴージャス松野のウチに松本潤くんが遊びに来た〉ような顔してました。

色んな意味で観てもらいたい作品であります。是非どーぞ♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トリビュートしてみました。

トリビュートしてみました。
此間の10・11・12日の3日間、本拠地【両国寄席】に出演。

今回は〈仲入り前〉の出番で、割と持ち時間もありましたので、勝手に〈円楽トリビュート〉しました。

10日は『厩火事』、11日は『兵庫船』、12日は『野ざらし』。

『野ざらし』は、入門して一ヶ月経つか経たないかの内に円楽から直々に稽古をつけてもらったと云う、思い出深いネタです。

師匠、聴いてくれてたかな?もし聴いていたら、3日間ずっとカンカンだったろうな… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

【三遊亭王楽 大独演会】宣伝

【三遊亭王楽 大独演会】宣伝
お知らせでごんす。

来たる12月1日(火)〜6日(日)、池袋の西口にある〈東京芸術劇場・小ホール2〉にて【三遊亭王楽 真打ち披露興行 大独演会】を開催します! (>_<)

6日間7公演(←5日の土曜は昼夜公演)で、ゲストが豪華♪そのゲストは、以下の通り…

1日(火)小朝、好楽
2日(水)昇太、好楽
3日(木)志の輔、好楽
4日(金)談春、好楽
5日(土)〈昼〉正蔵、三平
5日(土)〈夜〉米團治、夢之助
6日(日)円歌、小遊三
(敬称略)

…と云う、まるで盆と正月とカーニバルとフェスティバルと水かけ祭と御霊まつりがいっぺんに来たような賑やかさ♪ O(≧∇≦)o

〈昇進披露口上〉があるかって?もちりん!

ご多忙なスケジュールの中をご出演下さるお歴々の皆様に、心より感謝しております… (ノ_・。)

が…

さァ大変だ…

何がってね?

此の落語会、タイトルに〈大独演会〉とあります通り、私は各公演二席ずつ…しかもネタを変えて演らなくちゃならないんだわさ〜! (ノ><)ノ

最近その事ばかりが頭から離れなくって、落ち着かないこと橘也の如し。

でも一応、準備はしております。

師匠である円楽の十八番ネタの数々を軸に据え、大師匠である円生のネタ・志ん朝師匠のネタ・三枝師匠のネタ・小朝師匠のネタ、そして〈落語ファン〉の方々が「あっ!」と驚くような初演もご用意しております♪ o(^-^o)(o^-^)o

料金は、3500円。全席指定ね。

お問い合わせは…

夢空間
03(5785)0380

です。

いつも以上にテンパるとは思いますが、天国にいる師匠円楽の顔に泥を塗らないよう精一杯頑張りますので、是非いらして下さい! m(__)m

…欲を云えば、口上に師匠も並んでほしかったなァ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

【第2回 日経ホール落語】

【第2回 日経ホール落語】
【第2回 日経ホール落語】
【第2回 日経ホール落語】
【第2回 日経ホール落語】
【第2回 日経ホール落語】
【第2回 日経ホール落語】
【第2回 日経ホール落語】
【第2回 日経ホール落語】
【第2回 日経ホール落語】
【第2回 日経ホール落語】
『笑点』の収録後、大手町に新しく出来た〈日経ホール〉へ。【第2回 日経ホール落語 〜三遊亭好楽・王楽 二人会〜】でした。

マイクチェックしながら、出来立ての此のホールの空気を満喫。いやァ、いいホールだ!

開口一番の好吉くんが『手紙無筆』。続く私が『三方一両損』。

高座から下りた休憩時間…日経の方々が、何とバースデーケーキをご用意してくれました!キャー、嬉しい♪ O(≧∇≦)o(←楽屋にも、沢山のお客様から色々頂きました。有難うございます)

仲入り後、人気の漫才コンビ・ロケット団さん。お客さんだけでなく、出演者一同ソデのモニターにかじりつき爆笑。トリの好楽は、円楽の十八番『薮入り』。

終演後、六本木の〈比呂〉に移動して打ち上げ。此方でもケーキを頂いちゃいました!感謝です。

ちなみに、呼んでもいないのに打ち上げに来たジョニーは、相変わらず生ビールを何杯もかっくらい、気が付けば〈SJ(スーパー上楽)〉に変身し、目を離したスキに〈USJ(ウルトラスーパー上楽)〉になってました… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

『笑点』真打披露口上の収録。

『笑点』真打披露口上の収録。
『笑点』真打披露口上の収録。
『笑点』真打披露口上の収録。
『笑点』真打披露口上の収録。
『笑点』真打披露口上の収録。
昨日は〈後楽園ホール〉にて『笑点』の収録がありました。

…と云っても別に〈新メンバー〉に選ばれた訳ではなく、真打昇進の披露口上の収録です。

並んだ真打は〈立川流〉の立川志遊師匠・我が一門の大楽師匠、そして私の3人。そこへ好楽・楽太郎・ぜん馬各師匠方も、お並び下さいました。

オンエアは、今月15日(日)です。奇しくも、大相撲の初日。同じ〈恰幅のいい男〉を見るのであれば、我が一門の誇るデブ…否、恰幅のいい男・大楽を見て下さい!

追伸…その前日、たい平師匠が『ペケポン』を見て下さっていたらしく、お会いするや否や「ボケ方、とっても良かったよ?」と褒めてくれました。ウワーイ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

【映画見聞記 vol. 209】

【映画見聞記 vol.<br />
 209】
【映画見聞記 vol.<br />
 209】
昨日は〈シネスイッチ銀座〉にて『母なる証明』を観ました。今、最も観たかった映画だ。

監督は、韓国のポン・ジュノ。背筋が凍り付いた『殺人の追憶』に、怪物が出て来るので文字通り〈怪作〉の『グエムル 〜漢江の怪物〜』を撮った韓国の奇才です。

純粋無垢な青年が殺人容疑をかけられ、たった一人の肉親である母親が息子の無実を証明しようと東奔西走するが…

人間の奥底に潜む怪物を、静かに、慥かに、時に滑稽に描き、背中に冷や水を浴びせられたようにぞっとさせられる…今回もポン・ジュノは、僕らを裏切らなかった。

核心に近付いた中盤からは、まるでジェットコースターに乗せられたような異常な速度で、観客を恐怖のどん底にたたき落とす。

容疑をかけられた青年を演じたのは、人気俳優・ビールビン!…ぢゃねえやウォンビンか。純粋な眼差しの向こう側に、悪魔がちらほら見えかくれする演技は絶品。余談だが、ウォンビンと私は同い年だった。

ヤクザな友達役のチン・グの好演もさることながら(←学生をボコボコにした後の「俺は警官に向いてる、警官になるべきだった」の皮肉たっぷりな台詞が印象に残る)、何と云っても母親を演じたベテラン女優のキム・ヘジャが素晴らしい。

一心不乱に一人息子の無実の証明の為に突っ走る姿を見せつけながら「母親とは?」と云う普遍的な問題を観客に投げかける。凄い。凄いよ、此の女優さん。

沈む夕日を一身に浴びながら、走るバスの中で狂ったように踊るラストシーンに脱帽。不気味なまでの祝祭空間。映画史に残るラストだ。

映画的興奮に胸打ち震わせること、間違いなし!是非、劇場で御覧下さい… m(__)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

訂正です!

訂正です!
スイマセン!

ブログのタイトル『男は黙って〈〆張鶴〉!』の中で、私は何を勘違いしたのか…

「山形の村上へ」

としてしまいましたが、ご案内の通り…

「新潟の村上へ」

です(←知ってるよ)。

大変失礼致しました! (>_<)

今後ともこんなんがちょくちょくあるやも知れませんが、根が与太郎な人間と思し召して勘弁して下さい… m(__)m

〈山形〉と〈新潟〉を間違えて、身も心も〈がたがた〉です…上手い!(←反省しろ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【第2回 日経ホール落語】宣伝

【第2回 日経ホール落語】宣伝
今週7日(土)、大手町に新しく出来た〈日経ホール〉にて【第2回 日経ホール落語 〜三遊亭好楽・王楽 二人会〜】があります。

16時開演。入場料は、全席指定の4000円。ゲストは、ロケット団さん。

此の日の昼間は『笑点』にて〈真打昇進披露口上〉の収録があり、そして何を隠そう此の11月7日は…

私の〈32回目〉の誕生日なのでありまする〜!ドンドンドンドンパフパフ〜♪ o(^-^o)(o^-^)o

まァそれはともかく、お時間ありましたら是非いらして下さいまし… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰京中です。

帰京中です。
帰京中です。
帰京中です。
帰京中です。
村上をあとにして、新潟駅で買った〈たれカツ重〉を食べながら新幹線に乗って桔梗…否、帰京してます。

太宰治の短編集を読み終えた私は、昨日遅ればせながら話題の本『のぼうの城』を買いました。ワクワクワクワク和久井映見♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男は黙って〈〆張鶴〉!

男は黙って〈〆張鶴〉!
昨日は、山形の村上へ。

いつもお世話になっている〈宮尾酒造〉さんのお客様方の前で落語を披露。有り難いことに、今年で3回目。

〈善蔵〉さんと云う料理屋さんで落語会。昨年よりも、人数が増えている!雨が降る悪天候だのに、感謝感激です… (ノ_・。)

師匠円楽を追悼して『牛ほめ』、立て続けに『猫の災難』。これでもかと云わんばかりに笑って下さり、気分は名人上手だ♪

終演後〈善蔵〉さんの料理を食べながら、搾りたてのお酒を呑む。美味い、美味すぎる。生きてて良かった… m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

『ペケポン』宣伝♪

明日の6日(金)19時から、フジテレビにて放映される『ペケポン』に出演してますので、お時間ありましたら是非見て下さい♪

それでは、今から村上に行って参りま〜す! (^O^)/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

【博多・天神落語まつり】楽日

【博多・天神落語まつり】楽日
【博多・天神落語まつり】楽日
【博多・天神落語まつり】楽日
おやまァ早いもので、もう楽日。

呑み過ぎの身体を引きずりながら、先ずは〈福岡銀行本店大ホール〉にて【三遊亭王楽真打披露公演 〜サラブレッドの会〜】。

メンバーは出番順に…

林家木久蔵、林家正蔵、柳家花緑
〈仲入り〉
口上、桂米團治、三遊亭王楽
(敬称略)

二世の先輩方がご出演、そして口上まで述べて下さる…更に口上には、楽太郎師匠と好楽まで並んで下さる!おっ母さん、アッシぁ幸せ者でござるよ… (ノ_・。)

そういえば此の楽日は、生憎の雨…待ってました、雨男!

開口一番は、木久蔵師匠で『幇間腹』。

木久蔵師匠が高座に上がられている時に、正蔵師匠と花緑師匠から「王ちゃん、トリで何演るの?」と聞かれましたので「『夢金』を演ろうかなと思ってます」「ああ、円楽師匠の十八番だもんね」。

正蔵師匠は『読書の時間』。花緑師匠の『権助提灯』でお仲入り。

仲入り後、披露口上。前に回って鰻に聞いて下さい…ぢゃなく、前に回って写真を撮りたかった。

木久蔵師匠の司会だったんですが、コレが抜群に面白かった♪

花緑・正蔵・米團治各師匠と順に心のこもった口上を賜り、楽太郎師匠の時には客席から啜り泣きが起きました。真隣りに座っていた私は、涙をこらえるのに必死でした。

好楽も泣きそうな声で口上を述べて、大いに笑って大いに泣いての口上がめでたく終了。兄弟子と二世の諸先輩方のお陰で、素晴らしく思い出深いものに…ただただ感謝。

口上後、米團治師匠。ネタは『天狗裁き』。

ん…『天狗裁き』!? (。。;)

ヒエ〜、夢が出たから『夢金』が出来ない〜!! (ノ><)ノ

米團治師匠にお伝えしてなかった私のボーンヘッドですが…ああ〜っ、やっちまった〜!! (>_<)

いよいよトリは、不肖王楽。緊張してきた… (-_-;)

高座で以て〈六代目円楽〉について言及しましたら、舞台ソデから楽太郎師匠が登場したので、お客さん大盛り上がり♪

「本当は今日は私は、師匠円楽の十八番のひとつである『夢金』を演ろうと思っていたのですが、米團治師匠の『天狗裁き』とネタがついてしまうので…今、絶望の淵に立たされております。では気を取り直して、これまた円楽がよく演っていた噺でお開きにしたいと思います…」

と云って、ピンチヒッター『らくだ』。大変いいお客様に助けられ、また、師匠が見守ってくれているような気がして、何とか演り終える事が出来ました。

高座から下りると、米團治師匠が血相変えて…

「ごめ〜ん!(ネタ)云うてや〜?」(←そらそうだ)

しかし有り難い事に、ソデでずっと拙い『らくだ』をお聴き下さっていたようで、色々とチェックして下さいました。本当に、先輩は有り難い… m(__)m

そいから同ホールにて【花のお江戸の仲間達】。オイラは〈楽屋責任者〉だ。

メンバーは出番順に…

林家木久蔵、春風亭小朝
〈仲入り〉
柳家花緑、立川志の輔
(敬称略)

おっと、これまた贅沢だ。

木久蔵師匠が『時そば』と南京玉すだれ。

続いて、落語界のトップランナー・小朝師匠が『豊志賀』。師匠円楽の十八番で追悼して下さいました。

仲入り後、花緑師匠は『明烏』。トリの志の輔師匠が『八五郎出世せず』。

それが終わると、いよいよラスト。〈エルガーラホール〉に移動して【江戸のフィナーレ】。

メンバーは出番順に…

三遊亭王楽、三遊亭兼好、林家木久蔵、三遊亭小遊三、林家たい平、三遊亭楽太郎
〈仲入り〉
三遊亭好楽、桂米助、桂歌丸
(敬称略)

こうゆう寄席があるってのは知ってましたが、まだやった事がないン。華やか過ぎて、ぐうの音も出ない。ぐう。

開口一番で一太郎くんが『みそ豆』、私が『おださん 〜我が師円楽』(←聴けばわかります)、兼好師匠『蛇含草』、木久蔵師匠『つる』、小遊三師匠『魚根問』、たい平師匠『金明竹』、楽太郎師匠『フルムーン』。

好楽『浮世床』、米助師匠『大相撲』、トリの歌丸師匠『後生鰻』。

フィナーレは、歌丸師匠を囲んで出演者が総登場。歌丸師匠と楽太郎師匠が円楽の事について触れたご挨拶でしたので、客席は感動の涙。盛大なる三本締めは、師匠円楽に届いたことと思われます。

まつりのオープニングを迎える時に師匠円楽が亡くなり、妙な雰囲気になるかと思いきや、かえって出演者一同の結束が固まり「お客さんを喜ばせることが、円楽師匠へのはなむけになる」と、皆が普段以上に力の入ったパフォーマンスを見せて、最高の落語まつりになりました。

弟子でありプロデューサーである楽太郎師匠のご活躍に、師匠も天国で目を細めている事でしょう。「ガハハハハ!」と豪快に笑いながら…。

博多のお客様のお陰で、大変幸福な落語漬けの3日間でした。

楽太郎師匠、そして〈アム・トゥーワン〉のスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。心より御礼申し上げます! ( ^^)Y☆Y(^^ )

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

【博多・天神落語まつり】2日目

【博多・天神落語まつり】2日目
【博多・天神落語まつり】2日目
【博多・天神落語まつり】2日目
【博多・天神落語まつり】2日目
【博多・天神落語まつり】2日目
【博多・天神落語まつり】2日目
【博多・天神落語まつり】2日目
【博多・天神落語まつり】2日目
【博多・天神落語まつり】2日目
さて【博多・天神落語まつり】の2日目。

〈イムズホール〉にて【こども寄席】。兼好師匠・ひろ木くん・橘也くん・私の4人です。

先ずは、私とひろ木くんとで〈落語入門〉。

林家ひろ木…

「ひろ木の〈木〉は〈木久扇〉の〈木〉です」と明るく云う、アノ林家ひろ木…

相棒が他の誰でもない彼だった為に、始める前は泥船に乗ってしまったように不安でしたが、始まってみれば彼の優しくチャーミングな魅力で笑い声を生み、逆に私が助けられてしまいました。

仲入りはさんで、落語の実演。橘也くん『桃太郎』、兼好師匠『元犬』で終了。

続いて同ホールにて【師弟対決の会】。円歌・歌之介両師匠VS好楽・兼好両師匠で、開口一番はオイラ。

私は『雑俳』。兼好師匠が『一分茶番』。

歌之介師匠が、爆笑マクラから『竹の水仙』へ。コレがおかしいのなんの!拙いながらも私も演らせて頂く噺ですので、大変勉強になりました… m(__)m

仲入りはさんで、我が親父で兄貴の好楽が『三年目』。

トリの円歌師匠が、ご存知『中沢家の人々』。ハモれるぐらいに知ってるのにも拘わらず、何度聴いても爆笑です…凄い!凄すぎる!!

終演後、兼好師匠と〈福岡銀行本店大ホール〉に移動。【東西四人の会・其の一】。

メンバーは出番順に…

立川談春、桂南光
〈仲入り〉
三遊亭好楽、桂三枝
(敬称略)

何と、談春師匠がトップ!何たる贅沢な会だ… (-_-;)

談春師匠は、米團治師匠とのエピソードを語られてから『桑名船』。

皆さんもご存知の通り〈講釈部分〉があるんですが…コレねェ?木村さんの『Yellow』や『マスタッシュ』と同じで、いつまでも聴いていたいリズムとメロディなんですよ。成程、此の師匠の落語は〈中毒者〉が多い訳だ。

続いて、南光師匠。南光師匠も米團治師匠のエピソードを語られてから『欠伸の稽古』…コレがまた、やばい…やばい程に面白い。欠伸の稽古場まで行く前で、既に爆笑。一緒に聴いていた兼好師匠も大爆笑だ♪

仲入り後、好楽が『辰巳の辻占』。トリは天下の三枝師匠で『誕生日』。贅沢の極みを満喫。ヘラヘラの万橘。

打ち上げには、各会場から東西の人気者が集結。円歌師匠もいらして、大変な騒ぎ! (>_<)

楽太郎師匠が〈森伊蔵〉を持参して下さったもんだから、みんなノドをごろごろ鳴らしながら喜び勇んでロックで呑んぢょりました。

締めの挨拶を好楽がしたのですが、森伊蔵にやられ思いきりぐずぐずに…収拾がつかないから、仕方がないので私が挨拶をし直しました。手の掛かる親だ。

さて、本日は楽日です。終わると淋しいなァ…淋しい熱帯魚だなァ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »