« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

お世話になった皆様へ…。

お世話になった皆様へ…。
いよいよ今年も、あと数時間で終わろうとしております。

2008年も例年通り、沢山の人にお世話になりながら、色々なことがありましたが…

やはり何と云っても、個人的に一番嬉しかったのは【NHK新人演芸大賞】を獲得出来たことです。

来年(2009年)の10月に〈真打ち昇進〉してしまう私にとっては、今回がラストチャンスでしたから…。

年明けてから、昇進の準備などでバタバタと忙しくなると思います。

皆様のご助力なしでは、到底乗り切れるイベントではございません。

どうか皆様!わたくし三遊亭王楽に、清き一票を宜しくお願いします!! (>_<)

…ぢゃなく、とにかく来年も宜しくお願いします。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい… m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今後の落語界について熟考する。

今後の落語界について熟考する。
今後の落語界について熟考する。
今後の落語界について熟考する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

今、温暖化問題を深刻に考える。

今、温暖化問題を深刻に考える。
今、温暖化問題を深刻に考える。
今、温暖化問題を深刻に考える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

【好の助 二ツ目昇進披露】

【好の助 二ツ目昇進披露】
【好の助 二ツ目昇進披露】
一昨日の晩は、親子でダブルヘッダー。

〈浜離宮朝日小ホール〉にて【新にっかん飛切落語会】、そして〈森下文化センター〉にて【三遊亭かっ好改メ好の助 二ツ目昇進披露】。コレが何と、同じ開演時間の18時30分…好楽・王楽、危うし!

先ず私は【新にっかん飛切落語会】で『竹の水仙』を口演。

鶴瓶師匠と歌之介師匠に「良いお年をお迎え下さい…」と別れを告げた後、私は森下へ。

一方好楽は、森下にて披露口上と開口一番を務めてから〈浜離宮朝日小ホール〉入り。めでたしめでたし。

森下に着くと、好太郎師匠が『ちりとてちん』で客席を沸かしていらっしゃる。

仲入り後、私は『鈴ヶ森』。おやおや、今月初めて演りました。

ナポレオンズ先生の爆笑マジックをはさみ、トリは主役の好の助くん。

頭を上げても拍手が鳴り止まない!開口一番…「もう喋ってもいいですか?」と笑わせる。

少時マクラをふってから『粗忽の釘』。彼の〈人を食ったような面白さ〉が堪らない!賑やかにお開き。

一門が集まって、御家族の皆さんがお手伝い…アットホームな雰囲気に満ちた、とってもいい披露目だったと思います。

終演後は、またもや打ち上げ。今月は〈打ち上げ回数〉の新記録かも知れません。ゲストの三増れ紋姉さんが、やかまし…否、楽しそうに呑んでらっしゃる姿が印象的でした。

師匠の好楽は勿論、彼のお父様・ボナ植木先生が、大変喜んでいらっしゃいました♪好の助くん、改めておめでとう! (>_<)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

【映画見聞記 vol. 182】

〈日比谷スカラ座〉にて『ウォーリー』を観ました。

質の高いことでお馴染みのピクサー・アニメの最新作。今作は何と【LA映画批評家協会賞】の〈作品賞〉を受賞!さてさて、どんなもんでしょう…

なんだ、ラブストーリーだったんだ…。

ロボット同士の恋愛する様に、思わずジーンとしてしまう自分がおりました。

特筆すべきは、物語前半部分の〈ウォーリーとイヴの出会い〉の場面に、まるっきり台詞がないこと!

それでも2人(?)の心の交歓が伝わってくるんです…コレは凄い! (。。;)

下品で甘ったるい台詞を使って無駄にお涙頂戴を狙ってる作品は、是非とも見習ってもらいたいですね♪

イヴが動かなくなって心配しているウォーリーの映像を見るイヴ…私的には、此処が一番ジ〜ンと来ました。

ラスト、リセットされたウォーリーがイヴを忘れちゃう場面なんか、めちゃ切なくて泣きそうになりましたし、通路はさんで座っていた女性に至っては鳴咽してましたもん。

此の寒いシーズンに持ってこいの一本です!是非、アナタの大切な人と観に行って下さい♪

…ま、私はひとりで観たんだけどね… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

一日中、新小岩。

一日中、新小岩。
一日中、新小岩。
一日中、新小岩。
一日中、新小岩。
一日中、新小岩。
一日中、新小岩。
一日中、新小岩。
一日中、新小岩。
一日中、新小岩。
一昨日の午前は〈新小岩地区センター〉にて【新小岩落語会】。

開口一番は、宝井琴柑さんで『左七文字』。続いて、きつつきくんが得意の『権助魚』。

そしてお後は、私。普段なかなか出来ない『ろくろっ首』を演る。そんなに笑いどころはないが、いかにも落語らしくて好きな噺です。此の香りを大事にしていきましょう。

仲入りはさんで、二日酔いの為ふらふらの身体で楽屋入りした兼好師匠。

「今日はダメだ、演る気力がない〜」とか云っておきながら、演ったネタは大変な『宿屋の富』!師匠、嘘ばっかり…落語が好きなんですねェ?

みんなでカレーライスを食べてから、今度は午後の部の【クリスマス落語会】。会場は同じでした。

前座の琴柑さんは『夫婦餅(めおともち)』。続いて主役の兼好師匠が、自作の『アロエヨーグルト』。

そして私が〈天皇誕生日〉にちなんで、久方振りに『庖丁』(←なんでやねん)。ウ〜ン、相変わらず難しい…もっと高座にかけて磨かないとね?

仲入り後、出る予定のなかった好の助くんが登場。メクリは〈クリスマスプレゼント〉。25日の森下での披露目の宣伝に参りました。

ネタは『金明竹』で軽やかに笑いをとってましたが、終了間際で異変が…!

サゲを失念してしまったらしく、ソデに向かって「何でしたっけ?」と…此のように聞ける彼が素晴らしい!

私も「古池、古池!古池に飛び込んだんだよ!」と高座に叫んだのは、初めての体験でした。勿論、客席は大爆笑!

とにかく好の助くんは、ふてぶてしくて鋭くて面白い。マイナスをプラスに変える強さを持ってます。

そんな彼の【二ツ目昇進披露公演】は、25日。〈森下文化センター〉にて、18時30分開演です。是非いらして下さい m(__)m

トリの兼好師は『死神』。サゲを変えておられますので、機会がありましたら聴いてみて下さい♪

終演後は、近所の居酒屋で打ち上げ。50人はいたのかな?文字通り、大変な騒ぎでげした。

ホントに此の時期、呑み過ぎますよね?お互いに気をつけましょう! (>_<)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

【第42回 栄にぎわい寄席】

【第42回 栄にぎわい寄席】
【第42回 栄にぎわい寄席】
昨日は〈栄公会堂〉にて【第42回 栄にぎわい寄席】でした。

【三遊亭兼好 真打昇進披露公演】で、メンバーは出番順に…

三遊亭好の助、三遊亭王楽、林家彦いち、三遊亭好太郎、三遊亭好楽
〈仲入り〉
口上、桂かい枝、三遊亭兼好
(敬称略)

でした。

600人入る会場が、何と満席!スタッフの皆さんのご尽力の賜物です…。

好の助くん『金明竹』、私『つる』、彦いち師匠『睨み合い』、好太郎師匠『災難寿司』、好楽『紙屑屋』でお仲入り。

休憩後、披露口上。すっかり私も、司会に慣れたもんだ…。

かい枝師匠『手水廻し』、トリの兼好師匠の『お見立て』で、賑やかにお開き。

兼好師匠、目下絶好調です!今後とも宜しくお願いします… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第112回 三平堂落語会】

【第112回 三平堂落語会】
独演会が終わった後〈ねぎし三平堂〉へ。【第112回 三平堂落語会】でした。

メンバーは出番順に…

林家たけ平、林家錦平、三遊亭王楽
〈仲入り〉
林家種平
(敬称略)

…で、私以外は皆さん〈三平一門〉の方ばかり。

今回は【NHK新人演芸大賞】受賞記念と云うことで、仲入り前の出番。ありがてえことである。

先ずは、たけ平くんが『竹の水仙』。「くされ侍、頭が高い」の台詞に、思わず笑ってしまった。

錦平師匠の『五人廻し』をはさんで、私は『蒟蒻問答』。いいお客さんに救われたはいいが、足が痺れて立てなかった…恥ずかしい〜! (〃д〃)

ちなみに、此の日は昼間に『兵庫船』『夢金』『浜野矩随』、夜は『蒟蒻問答』と、大ネタばっかり演ってしもた。自分で自分を褒めてあげたい(←バカ)。

休憩後、いよいよ種平師匠が『芝浜』。此の一席が聴けるのを、とっても楽しみにしておりました♪

主人公が種平師匠にピタリとはまり、サゲの有名過ぎる台詞…「止そう、また夢になるといけねェ」が、殊更重々しく云ってないのがステキです。

サゲ間際、お酒に話し掛ける時の「久しぶり、これからまた宜しくな?…おっ母ァ、酒が『こちらこそ!』だとよ?」が、めちゃくちゃナイス! (>_<)

終演後、美味しいカニを頂きながら、三平一門の皆様と勝利の美酒(?)に酔いました… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

【第10回 王楽・三席】

【第10回 王楽・三席】
昨日の昼間は〈上野広小路亭〉にて【第10回 王楽・三席】でした。

今回は、我が師匠・円楽の十八番特集。

『兵庫船』に『夢金』、そして師匠の十八番中の十八番『浜野矩随』の三席。

三席演って思いましたが、特に『浜野矩随』…師匠の凄さを思い知らされます。脱却する為に、何か手だてはないものかしら?

『浜野矩随』は、師匠から直接教わった噺。大事にしていきたい一席です…。

今年最後の独演会、沢山のお客様方に集まって頂きました。今年も一年、有難うございました。来年も宜しくお願いします!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol. 181】

【映画見聞記 vol.<br />
 181】
【映画見聞記 vol.<br />
 181】
【映画見聞記 vol.<br />
 181】
【映画見聞記 vol.<br />
 181】
先おととい、北澤仁副会長との月例〈活写会〉でした。今回が、第32回目。

今回は『エグザイル/絆』と『ブロードウェイ♪ブロードウェイ/コーラスラインにかける夢』の2本。

先ずは〈シネマスクエアとうきゅう〉にて『エグザイル』。

此の作品は、返還間近のマカオを舞台に繰り広げられるマフィアの物語でしたが…

ヤバイ…激おもしろい! (。。;)

「くさい」と思うような友情劇と「やり過ぎ」と思うようなガンアクションに、映画の醍醐味を感じる…やっぱり映画は、こうでなくっちゃ♪

見せ場は、クライマックス。

夜、ハーモニカの音色に見送られながら4人の男たちが、死んだ友の奥さんと赤ん坊を助ける為に、大勢の敵が待ち受けるホテルへ向かう…余りにやる瀬なく余りに格好良すぎて、逆に笑ってしまった♪

ラスト、その奥さんを逃がして残された友を助ける為にホテルの扉を閉めて銃撃戦が始まるんですが、コレがまた素晴らしい!缶をヘディングしたりして、正に荒唐無稽。

めちゃくちゃすかっとさせて貰えること請け合いです。かなりオススメ、是非ご覧下さい!

続いて〈新宿ピカデリー〉にて『ブロードウェイ♪ブロードウェイ』。

此方は、ブロードウェイの舞台を目指す者たちを描いた傑作ミュージカル『コーラスライン』のリバイバル上演のオーディション会場に密着したドキュメンタリーで、合格者はわずか19人の狭き門!さて、その内容は…

ドキュメンタリーで、これほどの緊張感と感動を頂いたのは初めてでした…まごうことなく傑作です。

ウ〜ン…これは何か芸事を生業とされてる方、またそういった道を目指している方々には、特に必見かと思われます。

インタビューに答える『コーラスライン』初演時の方々のお言葉が、いちいち胸に染みる…これを聴けただけでも、料金の価値ありだ。

その他にも、狭き門に挑む若者たちの言葉も聴き逃せない。例えば…

「不思議よね?こんな大事なオーディションの最中だから集中しなくちゃいけないのに、ウチにいる猫の心配をしたり、受かるか受からないかの心配ばかりして…」

とか…

「演技の先生が褒めてくれるけど、私は真に受けないわ。何故って、オーディションに落ちた時のショックが大きくなるから。これって恋愛もそうよね?フラれた時のショックが大きくなるから、余り好きになりすぎないの…」

など…。

合格した19人がステージに上がるラストに、共に苦労をしてきたかのような錯覚に陥り、思わず胸が熱くなる。

熱いハートがびんびん伝わってくる一本、ぜひぜひ御覧下さい♪

今年最後の〈活写会〉、大満足の2本でした。

私と北澤副会長、同じ〈コム・デ・ギャルソン〉のハートのTシャツを着てきてしまい、奇しくもペアルックになっちまったよ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

【映画見聞記 vol. 180】

【映画見聞記 vol.<br />
 180】
昨日は、東銀座の東劇ビル内にある〈松竹試写室〉にて『大阪ハムレット』を観ました。

此の作品は『少年アシベ』などで知られる漫画家・森下裕美さんの原作で、大阪の下町を舞台にした人情喜劇。今年の【東京国際映画祭】で〈ある視点部門〉にも選ばれ〈特別賞〉を受賞した作品ですが…

複雑な家庭環境に加えて皆がそれぞれ悩みを抱えているにも拘わらず、こんなに明るく清々しい〈幸せな気分〉にさせてもらえるとは…絶品です。

此の不思議と明るい家族を見ていると、悩んでいるのは叔父と子供たちで、全員〈男〉。

連れ合いを亡くして一番辛い筈のオカンが、一番あっけらかんとして気丈だ。

此の映画全体を通して、私はつくづく感じました…

「やっぱり女性は強いし、いつの時代も男は女性に敵わない」

と…。

そのオカンを演じられたのは、松坂慶子さん。

物語が物語だけに、悲しみと喜びとを表現するのが異様に難しかったかと思われますが、とてもバランスよく演じられておりました。お見事です。

情けない叔父役…名優であり怪優の岸部一徳さんも云うまでもなく良かったのですが、何と云っても3兄弟が素晴らしい!

長男の久野雅弘さん、次男の森田直幸さん、三男の大塚智哉くん(←カワイイ♪)。

微妙な感情を愛らしく表現した演技には、拍手喝采!彼等なくして、此の映画の成功はなかったでしょう…(かな?)。

ヤンキーの次男が辞書を引きながら『ハムレット』を読んでいるシーン、屋上で弁当を食べている担任に「生きるべきか死ぬべきかって何やねん!」とからむシーン、三男が入院中のあき(本上まなみ)に口紅を塗ってもらうシーン、そのあきが死んだ夕方に兄弟3人が光る川面に揃って石を投げているシーン、パチモンのTシャツを「いらない」と云った長男と次男をオカンがひっぱたくシーン(←横で岸部さんが申し訳なさそうに「みんな、ゴメンナサイ…」と云っているのも堪らない!)おばあちゃんのウチで昼寝している三男に近所の男の子がキスをしようとするシーン、学芸会のシンデレラ役が選ばれるシーン、次男が関西弁で『ハムレット』の台詞をそらんじながら疾駆するシーン…覚えてる限りで羅列させてもらったが、これほど好きなシーンがある映画も珍しい。

監督は、光石富士朗さん。

松坂さんや岸部さんと云った大物の方々に怯むことなく、これだけの作品を撮りあげてしまうのだから…ウ〜ン、ただ者ではない!

公開は、来年1月17日(土)から。

ほっこりとした気分にさせてもらえること請け合いです!是非、劇場で観て下さい♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

桜木町から三鷹へ。

桜木町から三鷹へ。
昨日の昼間は、久方振りに『笑点 Jr.』の収録でした。

…と云っても〈大喜利〉の出番ではなく、今回は〈落語ゲスト〉。

2回分の収録をするので、もう一方の〈落語ゲスト〉は、橘家円蔵師匠!

楽屋入りされた円蔵師匠にご挨拶すると、開口一番…

「おお!お前こないだNHKで見たぞ?良かったな!」

大先輩から嬉しいお言葉…!

此方が「有難うございます!」と云うか云わぬかの内に…

「親父がいくら包んだんだ!?正直に白状しろ!」

…だとさ。円蔵師匠、そんな金があったら、父ちゃん〈おしぼり配達〉なんかやってませんてば… (-_-;)

しかし優しい師匠は、それで終わらない…

「親父、さぞ喜んだろゥ…お前は親孝行だな?親父に宜しくな!」

円蔵師匠、勿体ないお言葉を有難うございます…帰りましたら、出来の悪いアーパーな愚父に伝えときます(←オイ、云い過ぎだよ)。

私は『読書の時間』、橘家の師匠は『不精床』。

終わるとすぐに、大喜利のメンバーにお別れのご挨拶。すると、いつも明るく楽しく後輩をいじってくれるイケメン落語家・五明楼玉の輔師匠が一言…

「よく平気で帰れるなァ?フツーは最後までいるだろ」

…と、皆さん大勢いらっしゃる前で、期待通りいじってくれました♪帰りにくい〜! (>_<)

ところで、玉の輔師匠…

此の度〈落語協会常任理事〉に就任するんですって!おめでとう、パチパチパチパチ〜♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

そんな玉の輔師に…

「兄さん、理事就任おめでとうございます!これからは対等に付き合えますね?」

…と私がボケると、傍にいた二代目・木久蔵師匠が…

「対等はないよ、せめて階段一段下りて付き合わないと…」

…だって。案の定「何で一段なんだよ!」と突っ込まれておりました。二代目には敵いません♪

帰り際、玉の輔師に「お疲れ様♪」と云いながら肩を叩いたら「馴れ馴れしいよ」とツッコミを入れてくれました。

ともかく玉の輔師匠には、お歴々が居並ぶ理事会を、得意の下ネタで盛り上げて頂きたいものです。

さて、桜木町から三鷹へ。

〈みたか井心亭〉と云う会場にて、ケーブルテレビ【ニューウェーブ寄席】の収録。

会場入りすると、志ら乃兄さんが『酢豆腐』をやっちょりやした。楽屋では、台所鬼〆さんが弁当を食っちょりやした。

収録は3部に分かれておりまして、私は〈第3部〉のトリ。

〈第1部〉は午前11時からやってたらしいのですが…何と、はじめからず〜っと聴かれているお客さんが、3人程いらっしゃいました!全部聴くと、9時間以上よ!? (。。;)

弁当を食べて、インタビュー収録をして、菊六さんの『四段目』を聴いて、いよいよ出番。

トリの私は、ネタ出ししていた『三方一両損』。収録なのに、ちょこっとだけ間違えちゃいました。ゴメンチャイ♪(←オーイ)

帰りに三鷹駅近くの中華料理屋で、菊六さんと三木男くんと軽く打ち上げる。

菊六さんと呑むと、いつも彼の〈ちょいとオツな下ネタトーク〉に付き合わされる…やれやれ、楽しい一夜だった(←楽しいのかよ)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

恐るべし!三遊亭鳳笑の怪…。

恐るべし!三遊亭鳳笑の怪…。
『不動坊』演ったから、やっぱり筋肉痛になってしもた〜!ホゲ〜。

昨日は【両国寄席】。

開口一番は、前座の鳳笑くん。

楽屋で「何演るの?」と聞いたら「『まんじゅう怖い』を勉強させて頂きます」との事。彼は、いつ何時どんなシチュエーションに於いても、機嫌を崩さない上に丁寧だ。

さて、その『まんじゅう怖い』…

コレがまた、べらぼうに面白い♪ ε=(>ε<*)プッ

モハメド・アリに円楽、更にはジャムおじさんにバタ子さんが出てきたりして、大変な騒ぎ!

…ただ、シュール過ぎるのと洗練され過ぎ(?)なのとで、お客様方は若干ポカーンとしてましたが♪

また、たま〜に〈下ネタ〉が不意打ちの様に飛び込んでくるのです! (>_<)

サゲが、また奮ってた…

「おめェ、ホントは何が怖えんだ!?」

「此の噺を聴いてるお客さんが怖い…」

直後に上がったのは、私…。

「只今のは、鳳笑くんの『まんじゅう怖い・もどき』でした。私から云わせれば、彼が一番怖いですけどね…」

それから『雑俳』を演りました。ホントは『ん廻し』を演ろうと思ってたのに…(←何故出来ないのか?説明しよう…『まんじゅう怖い』と同じ〈ワーワーもの〉だから出来ないんです。ま、それが寄席なんですけどね♪)。

今月【両国寄席】に出たのは、4回でした。

演ったネタは『蔵前駕籠』『ふだんの袴』『平林』『雑俳』の四席。軽いネタは、とても勉強になります♪寄席万歳!鳳笑万歳!

追伸…写真は何ら関係ございませんので、ご了承下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

【やねせん亭】

【やねせん亭】
昨日は〈谷中会館初音ホール〉にて【やねせん亭】でした。

説明しよう…

【やねせん亭】とは、一門の兄弟子・三遊亭円左衛門師匠を筆頭に、兼好・王楽・きつつきの4人で構成された落語会です(←今回は、兼好師匠お休みでした)。

会場は毎回変わる予定で、記念すべき第1回目は〈谷中会館初音ホール〉。

前日までピーカンな上にぽっかぽかだったお天気が、奇しくも此の日は雨…メンバーの中に、雨男でもいたのでしょうか(←お前だよ)。

しかし開場時間には晴れてきて、おまけにお客様がわんさかいらして下さいました! (>_<)

先ずは、鳳笑くんが『子ほめ』。早くも沸いている。

続いて、きつつきくんが『反対俥』。コレがまた、チョー面白いんだわさ♪高座に汗をビチョビチョに垂らした、キレイな熱演。高座返しに行った鳳笑くんが、その汗を拭いてくれました。

きつつきくんにプレッシャーをかけられ、いよいよ私。

久方振りに『庖丁』か『ろくろっ首』を演ろうかと思っていたのですが、そういう空気ではなかったので『不動坊』にしやした。

よく笑って頂けるし演ってて楽しい噺なのですが、悲しいかな、次の日に太腿が〈筋肉痛〉になっちまうのです… (-_-;)

仲入りをはさんで、ゲストの春風亭美由紀姉さん。『深川』まで踊って頂くほどの、出血大サービス!

トリは、我らがリーダー・円左衛門師匠。黒紋付に袴と云ういで立ちで『井戸の茶碗』。最後にびしっと締めて下さいました。

自分が出ていてこんな事を云うのも何ですが、全体的に非常にバランスのいい落語会だったと思います。

それは勿論、雨の中をわざわざいらして下さったお客様方、そして受付や舞台を手伝って下さったスタッフの皆様のお陰ですし…

今までの私の経験から云って(←まァたいしたキャリアぢゃありませんが…)、やはりそういった方々との関係が良好であれば、自然といい雰囲気が生まれ、素敵な落語会になってます。

改めて、お客様並びにスタッフの方々に感謝申し上げます… m(__)m

次回は、2月9日(月)。会場は、根津の〈不忍通りふれあい館〉。

次回は、ゲストに伊藤夢葉先生を迎えて、兼好師匠を加えたメンバー全員が出演します。

今後とも【やねせん亭】を、どうぞ宜しくお願いします! o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

【わかばフレッシュ落語会】

【わかばフレッシュ落語会】
【わかばフレッシュ落語会】
【わかばフレッシュ落語会】
【わかばフレッシュ落語会】
【わかばフレッシュ落語会】
【わかばフレッシュ落語会】
【わかばフレッシュ落語会】
昨日は〈千葉市若葉文化ホール〉にて【第49回 わかばフレッシュ落語会】でした。

私に楽大くん、春風亭鯉枝兄さんに大有企画の真野さんの4人で、東京駅から総武線に乗り都賀駅へ。ちなみに鯉枝兄さんには、初めてお会いしました m(__)m

昼ご飯を食べていなかった私は、駅ナカで〈浅草今半〉のすきやき弁当を買い、車内で食べる…正に〈幸せの味〉だ。

食べ終わった私を見つけた真野さんは、例のチャーミングな〈真野節〉で…

「アレ?王楽さん、お弁当食べちゃったんですか?会場着いたら、出前とるのに…」

早く云ってけれ〜!!! (ノ><)ノ

…しかし、そんな事で驚くようなお腹ではありません。出前にて〈セロリー麺〉を頼みました。

セロリー麺…

文字通り、セロリがいっぱい入ったラーメンです。コレがまた美味い♪そんなにセロリの香りが強くないので、セロリがそんな好きくない方でも食べられそうです。4人全員が〈セロリー麺〉を食べました♪

満腹になって眠気がさしてきた頃に、開演時間。

先ずは開口一番、楽大くんが『寄合酒』。

続いて、鯉枝兄さん。

兄さん、本名が何と…〈渡利哲也(わたりてつや)〉! (。。;)

兄さんは、来年5月に真打ちに昇進されます。おめでとうございます!

初めて聴かせて頂くので、舞台ソデで耳をそばだてておりますと…ヤバイ!淡々とした語り口が、ツボにはまります♪客席は云うまでもなく、私と楽大くんはゲラゲラ笑っちゃいました。

ネタは、兄さん自作の『おのぼりさん』。此のおかしさは、昔昔亭桃太郎師匠に通じるものがあります。

すっかり〈鯉枝ワールド〉を堪能させて頂いた後、私は『大工調べ』。啖呵のところで拍手貰えて、気分良かった〜♪

休憩はさんで、再び私。二席目は『猫の皿』。いいお客さんに、感謝感激則巻アラレだ。

トリで鯉枝兄さんは、またまた自作の『代演屋』。不思議で強烈な個性に、ノックアウトです…!

いやァ…鯉枝兄さんにお会い出来たことが、此の日の私の喜びです。兄さん、今後とも宜しくお願いします! o(><)o

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

新沼ナイト

新沼ナイト
昨夜、岩手県一関市大東町にある〈長泉寺〉の新沼孝純ご住職が、はるばる東京までいらっしゃいました。

せっかくですので、我が家のお気に入りである六本木の〈比呂〉へ。

私だけでなく、いつもご住職にお世話になっているジョニーと兼好師匠も駆け付けドンチャカ騒ぎ♪

御覧の通り、楽しい夜でした…ご住職、今後も我が一門を宜しくお願いします! (>_<)

ちなみに此のご住職、ある活動をされているそうです。

え、どんな活動かって?そりゃ勿論…


〈住職(就職)活動〉です(←惚れ惚れする程、笑いの神が降りてます)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

クリーミーいちご

クリーミーいちご
先日、見かけによらず大食いな事について触れましたが…

そのうえ私は、見かけによらず(?)〈大酒呑み〉です。種類問わず、何でも呑めます呑みます(←ちなみに普段はもっぱら芋焼酎です…別に催促してる訳ぢゃないよ?)。

更に…

大酒呑みなクセして、生意気に甘い物も好きなんです♪

ドーナツやアイスクリームは、チョコでコーティングされているものが好きです。

飲み物も甘いのが大好きで、特にコーヒー牛乳系…ミルク系が大大大大大好きですっ! O(≧∇≦)o

余談ですが…最近やっとブラックを飲める体になりました。此の世界に入るまで、水やお茶を買ったことがなかったのであります。「味のしない飲み物を、何でお金出して買うんだろう?」と思ってたぐらいの人間ですから… (-_-;)

こないだ〈紅茶花伝〉のロイヤルミルクティーを買いました。

味は、クリーミーいちご!何て素晴らしい響きでしょう!?

開けてみると、とってもいい香り♪

紅茶と云うより〈銭湯上がった後に飲むイチゴ牛乳〉…って感じ。そこがたまらない。やられた〜。

何と此の商品、期間限定らしい…会えて良かった!

コレぞ正に…

〈イチゴ(一期)一会〉だ!(←上手すぎて、しばし我を失った)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

殿下のこと。

「先日【ラジオデイズ若手噺家の会】で王楽さんの『三味線栗毛』を聴いたのですが、皆さんとサゲが違います。あれは王楽さんが作ったのですか?」

…と〈にころ〉さんからご質問がありましたが、勿論そうです。

…と云うのは嘘で、あれは柳家喜多八師匠から教わったネタで、喜多八殿下が作られたサゲでごんす。素晴らしいサゲですよね?

喜多八師匠には前座の頃から大変お世話になっており、他にも『かんしゃく』『代書屋』『五人廻し』なども教わってます。

そうだ♪

書いてて思い出しましたが、喜多八殿下の稽古のつけ方は少し変わっており、着物をまといません。

上は着ているのですが、ズボンをぬいでトランクス姿で稽古をつけます。

皆さん、想像して下さい…

いい歳した古典の名手のおじさまが、トランクス姿で熱演している様を…。

しかも!

「正座されてると気が散るから」と、聴いてる私の方は〈あぐら〉をかいてるんです! (。。;)

此方に気を遣わせないように、そういう稽古なのでしょう… m(__)m

とにかく落語から普段の振る舞いに至るまでとってもチャーミングな方で、大好きな師匠であります♪

来年1月17日(土)に〈日暮里サニーホール・コンサートサロン〉で開催される独演会…【第27回 三遊亭王楽の天狗道場】のゲストも喜多八殿下です。

19時開演ですので、是非御来場下さい♪

あ!

「王楽さんのスケジュールは、どこでわかるのですか?」

…とのご質問を〈クラゲマン〉さんから頂きましたが、未だにホームページがありませんで…。

とりあえず年内は、今月20日(土)に〈上野広小路亭〉にて【第10回 王楽・三席】があります。

師匠である円楽の十八番…『兵庫船』『夢金』『浜野矩随』の三席を申し上げます。14時開演です。

来年は、1月23日(金)に〈横浜にぎわい座・のげシャーレ〉にて【第13回 三遊亭王楽のにぎわい道場】があります。

『柳田格之進』含め三席申し上げます。19時開演です。

とりあえず、こんなところでしょうか…スイマセン。

早いところ、ホームページを作らなきゃです!

皆さん、お見捨てなきようお願いします… m(._.)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

見かけによらず大食漢♪

見かけによらず大食漢♪
寄席に行く前に、お馴染み両国駅前の立ち食いそば屋〈文殊〉へ。

最近(?)新しくメニューに加わった〈海老天丼セット〉(写真)を食べる。

美味い。

美味いは美味いが、2時間前に〈松屋〉で〈W豚焼肉定食〉を食べた人間が頼むメニューとは思えません。

それで必要以上の元気を頂いた所為か、久し振りに『蔵前駕籠』を演る。

必要以上の元気だからか、大変よく噛んだ。

しかし必要以上の元気だったから、よく笑ってもらえました。

海老天丼セットにW豚焼肉定食、オラに元気を有難う!

やっぱり食べ物も落語も、よく噛まないとね♪(←いや、落語は噛んじゃダメだよ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

【第10回 王楽・三席】宣伝

【第10回 王楽・三席】宣伝
今月20日(土)の14時から〈上野広小路亭〉にて【第10回 王楽・三席】があります。

今回は、何と我が師匠…〈五代目・三遊亭円楽 十八番特集〉! (。。;)

『兵庫船』に『夢金』、そして師匠の十八番中の十八番…『浜野矩随』を申し上げます! (ノ><)ノ

前売りは、1800円。当日は、2000円。お問い合わせは〈トミック〉03(3828)6420です。

今年最後の独演会!是非御来場下さい… m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

発表!!

発表!!
此の度、わたくし三遊亭王楽(31)は結婚させて頂きました♪ ( ^^)Y☆Y(^^ )

行く末頼りなき我々でございますが、今後とも何卒宜しくお願いします m(__)m


…と云うのは、もちろん嘘です。ごめんねこ。

昨日、荒川区の西川太一郎区長と対談をさせて頂いた折にインタビュアーを務めて下さったフリーアナウンサー・円戸由香さんです。キレイですね♪

何故揃ってこんな恰好をしているかと云うと、お正月に荒川区のケーブルテレビでやる新春番組だからです。

西川区長は、とってもユーモアがあり、またとっても男気のある方ですので、男の私から見ても〈抱かれたい男ナンバーワン〉でしょう!私もこうなりたい♪

此の対談の模様は、来年…2009年の元日から5日まで、荒川ケーブルテレビで放映されます。是非見て下さい m(__)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

【フェイムギャング落語会】

【フェイムギャング落語会】
昨日は、調布のバー〈フェイムギャング〉にて【フェイムギャング落語会 Vol.15】でした。

私ひとりの独演会ですが、演らせて頂くのは7ヶ月振り。今回のお客様は、落語を初めて聴く方が多いらしい…緊張するなァ?

客席を見渡すと、私と同世代(か、或いは少し上)の男女ばかり。エリートな香りが漂ういで立ちの方々ばかりで、王ちゃん危うし!

しかしマクラをふってみると、よくお笑いになる♪気分がいい私は『牛ほめ』と『棒鱈』を立て続けに演る。

高座から一旦降りて、約1分間の休憩をはさみ『悋気の独楽』でお開き。

終演後、お客様方と打ち上げ。いらしていた皆様の殆どが〈アフラック〉の社員の方々。成る程、皆さんスキあらば「アヒルンルン、アヒルンルン♪」と歌っていたワケだ(←嘘です)。

何よりも嬉しかったのは、皆さん〈アヒルのワルツ〉は歌わない代わりに『棒鱈』に出てくる「いちがち〜♪」を気に入って歌ってくれてました。

有り難くて有り難くて、私は心の中で歌いました…

「よーく考えよー、お客は大事だよー♪」

と…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ラジオデイズ若手噺家の会】

【ラジオデイズ若手噺家の会】
【ラジオデイズ若手噺家の会】
一昨日は〈お江戸日本橋亭〉にて【ラジオデイズ若手噺家の会】でした。

メンバーは出番順に…

柳亭こみち、古今亭菊六
〈仲入り〉
三笑亭夢吉、三遊亭王楽
(敬称略)

でした。

色んな〈若手の会〉に出させて頂きましたが、初めてでございましょう…自分が一番〈香盤〉が上なのは。

ひた走る後進の足音に怯えながら、しっかりせなあかんと思う今日この頃です… m(__)m

先ずは、こみちさん。

高座に上がる前に「『千早振る』か『紙屑屋』にしようかと思っているのですが…」と云っていたので、私が「『紙屑屋』が聴きたい♪」とリクエストして『紙屑屋』に。トップバッターとして、賑やかに盛り上げてくれました。それにしてもこみちさん、小林幸子に似ている…。

続いて菊六さんが『粗忽長屋』。相変わらず上手いし、何と云ってもオツだ。また合コン、宜しくお願いしますだ。

仲入りはさんで、夢吉さん。何度か会っていたし評判も聞いていたが、落語を聴かせて頂くのは初めてでした。

ネタは『呑める』。成る程、上手い。上手いは上手いが、夢吉さんは普段からとっても明るく優しい方なので、それが落語から溢れ出ている…〈芸は人なり〉だ。

後輩達の見事な高座に恐ろしくプレッシャーをかけられた私…。

何を演ろうかとすんごく迷った私は「あれだけみんなが笑わせてくれたから…」と『三味線栗毛』。いいお客様だったので、命拾いしました… (-_-;)

こういう緊張感を伴う刺激的な会は、とてもいいものです。

しかし私は、此の3人に声を大にして云いたい…

「みんな、あんまりオイラを脅かさないでくんろ〜!」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

【映画見聞記 vol. 179】

〈丸の内ピカデリー1〉にて『トロピック・サンダー 史上最低の作戦』を観ました。

コメディー俳優のベン・スティラーが監督・主演も務めた作品です。

ジャック・ブラックにロバート・ダウニーJrと云うくせ者達も出ており、ある意味〈最も楽しみにしていた映画〉でしたが…

ウ〜ン、残念!不完全燃焼でした…。

〈落ち目のアクションスター〉〈下ネタ大好き芸人〉〈やり過ぎ演技派俳優〉達の個性が出しきれておりません。

…とは云うものの、何度か声高らかに爆笑したところもあったのですがネ♪

『俺たちフィギュアスケーター』には、遠く及びません。期待し過ぎは、良くないっちゃ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

【ホップステップ亭】

【ホップステップ亭】
【ホップステップ亭】
【ホップステップ亭】
昨日は、恵比寿ガーデンプレイスにある〈ザ・ガーデンルーム〉にて【ホップステップ亭】でした。

何と今回は、私の独演会です。有り難や〜。

ゲストは、ガッポリ建設。よくすべることで名を馳せている芸人だど(←「オーイ!お互い様だよ」と突っ込まれそうでおじゃる)。

駅のスカイウォークを抜けると【YEBISU亭】の看板が出てました。

花緑師匠と風間杜夫さんの下に、私とガッポリの名前まで乗ってる…それだけで粗相をした気分だ。

会場着いて色々リハーサルしていると、間もなくガッポリ建設も楽屋入り。

彼等はマイクチェックをしながら「いい会場ですねェ、いい舞台ですねェ、いいピンマイクですねェ、全ていいですねェ!」と、怒涛のヨイショ攻撃(←まァホントにいい会場だけどね)。

楽屋で、我々3人とプロデューサーの〈まあくまさこ〉さんとで記念写真。

まあくさんは、天真爛漫でとっても明るく美人ではありますが、ちょっぴりおっちょこちょい。ま、そこがチャームポイントなんですがネ♪

さて開演。一席目は『悋気の独楽』をチョイス。少ないお客様方ながら、反応が頗るいい。正に〈小数精鋭〉だ。

続いて、ゲストのガッポリ建設。下品な芸にも拘わらず、優しいお客様方は微笑みかけてくれました。

しかし…

私が下りると、既に風間さんが楽屋入りされておりまして美容師さんに髪を切ってもらっていたのですが、モニターからガッポリ建設の声がハッキリもれてくるぢゃありませんか!

盛り上がる(?)会場の様子に気付いた風間さんが…

「マネージャー、会場どうしたの?」

と問うと、マネージャーさんは正直に…

「『翼をください』を歌いながら、自分達の脇毛を見せて客席を歩き回ってます」

…と、答えておりました。此の時が、我が生涯で一番恥ずかしい瞬間だったかも知れません…。

再び高座に上がった私は、開口一番…

「今のは見なかったことにして下さい。ホントはゲストをナイツさんにお頼みする予定だったのですが…」

と、冗談交じりにエクスキューズしてから、二席目は桂三枝会長直伝『涙をこらえてカラオケを』。

『キューティーハニー』『真夏の果実』『青春時代』を歌いまくれて、気分がいい事この上ない♪

ホップステップして【YEBISU亭】にジャンプするぞ!今後も宜しくお願いします m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »