« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

【第16回 好楽一門会】

【第16回 好楽一門会】
昨日は【第16回 好楽一門会】でした。

3ヶ月に1回開催で、トリを好楽・好太郎師匠・好二郎兄、そして私の4人で回していく会で、今回の順番は…

かっ好、好楽、好二郎
〈仲入り〉
王楽、好太郎
(敬称略)

でした。

先ずかっ好くんが『大安売り』。

続いて好楽が、最初の師匠・彦六の正蔵から教わった珍しいネタ『藁人形』。陰惨な噺ですが、何故か重たくない…高座から下りた好楽が「甥っ子の存在が救いだからなァ」と一言…成程救われる印象が残る。

お後、好二郎兄さんの『目黒の秋刀魚』でお仲入り。

休憩はさんで、私。お相撲と偽装について触れてから『転宅』。しばらくぶりだのに、何故か忘れない噺です(←出来不出来は別だよ)。

トリの好太郎師匠は、冬の大ネタ『ねずみ穴』。

終演後、久々に室町〈砂場〉にておそばをツルツル。ウマイ! o(^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

三平師匠のDNA

三平師匠のDNA
三平師匠のDNA
三平師匠のDNA
三平師匠のDNA
独演会終わった明くる日…朝早くから〈柏市民文化会館〉にて開催された【第30回 じゅげむ芸能大会】にて、司会並びに一席でした <(__)>

〈じゅげむ〉なんて銘打ってるから落語と関係のある催しなのかな?と思いましょうが、内容はお年寄りの方々が踊りや歌を披露する会で、只めでたいから〈じゅげむ〉とつけたようです。

2年振り3度目の司会なんですが、いつもおじいちゃんおばあちゃん達から元気を貰います。

3度も来ていながら、今まで一度も落語を演ったことがありませんでした…気を遣って下さったのか、今回は一席演らせて頂いちゃいました! o(><)o

ネタは勿論『鰍沢』!…である訳がなく『牛ほめ』。皆様、よくお笑いになる…元気な筈だ。

それが終わると〈浅草演芸ホール〉へ…〈夜の部〉のトリが、我らがリーダー・林家いっ平師匠なので、ご挨拶がてら勉強しに行って参りました。

種平師匠の『お忘れ物承り所』、扇橋師匠の『弥次郎』、三三師匠の『権助提灯』をすっかりお客さんになって聴いて、いよいよトリのいっ平師匠の出番。

メクリが〈いっ平〉になっただけで、どっと歓声が上がる…スターですな?ネタは、ウチの師匠円楽直伝の『お血脈』!お客さん方、大変な喜びようでした。

終演後、近くの中華料理屋〈華春樓〉にて、いっ平師に御馳走になりました。その席での種平師のダジャレ連発に、ただただ爆笑! (ノ゜O゜)ノ(時に苦笑)

閑話休題。ウルトラ兄弟。

売れっ子街道まっしぐらの三三師匠の写真をパチリ。気を遣って下さったのでしょう、私のことも撮ってくれました! (*_*)

私の写真は、演芸ホール楽屋にて。前座さんの机の前で、忙しそうに働いていらした柳家小ぞうさんに無理云って撮って貰いました…小ぞうさん、かたじけない!(←散らかしっ放し…かたづけない!)

とにかくいっ平師匠、いつも有難うございます。そして〈三平襲名〉を控える貴方に、心の底から此のメッセージを送ります…

「体だけは大事にして下さい! ( ̄▽ ̄;)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

【第20回 王楽の天狗道場】

【第20回 王楽の天狗道場】
【第20回 王楽の天狗道場】
【第20回 王楽の天狗道場】
【第20回 王楽の天狗道場】
昨日は、恐れに恐れておりました【第20回 三遊亭王楽の天狗道場】でした。

お陰様で、記念すべき〈第20回〉!改めて、お客様並びにゲストの方々に御礼申し上げます… m(__)m

今回のゲストは、春風亭栄助・立川志の吉両兄さん! o(^-^o)(o^-^)o

同じ〈二ツ目〉の先輩方でしたので、今回の楽屋は終始和やかムード!開演前の嫌な緊張感が、全くありませんでした(←少しあれよ)。

先ずトップバッターは、かっ好くんで『家見舞』。反応聞いてると、いいお客様。

続いて私が『試し酒』をネタおろし。いいお客様に助けられ何とか演り終えましたが、コレは自分が演ってて楽しい!今後もバンバン…かどうかわかりませんが、高座にかけていきたいと思っちょります <(__)>

お後、ゲストの栄助兄さん。マクラから相変わらず〈ユルおもしろい〉。ネタは、私が方々のネタ帳で見て気になっていた『桃太郎DV』…噂に違わぬ面白さ!是非一度聴いて頂きたい一席です o(><)o(←ちなみに此の兄さんの〈子供〉はカワイイ!とても45才とは思えません…)

高座から下りた栄助兄さんが、私に向かって開口一番…「お客さん、キレイな人が多いね?」だって…マジメにやれ〜! (ノ><)ノ(←こういう処も45才とは思えません)

休憩はさんで、もう一方のゲスト・立川志の吉兄さんが『看板のピン』。顔立ちも芸風も端正な方で…負けちゃいられません! (>_<)

トリは勿論私で『厩火事』を、これまたネタおろし!…オヤオヤ〜?出来不出来は別としてコレも『試し酒』同様、演ってて楽しい噺です!思わぬ収穫に、大満足の一夜でした… (☆_☆)

終演後の打ち上げにて、あるお客さんから「『厩火事』のおかみさん、可愛いね〜!」との一言…教えて下さった扇遊師匠が「おかみさんを可愛くしなきゃ不可ない」と云われていたので、成功!…かな?

靴の並んだ写真は、その日の出演者みんながみんな〈コンバース〉を履いておりました!…と思いきや右から2番目の栄助兄の赤いのは〈ホーキンス〉でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

【第25回 東西落語研鑽会】

昨日は〈史上最強のホール落語会〉と名高い【第25回 東西落語研鑽会】を、勉強して参りまして…今回は〈第4回 全国落語台本コンクール〉の発表でした。

本来ならば、翌日の独演会…【第20回 三遊亭王楽の天狗道場】の稽古をしなければならないのですが、番組が番組だけに行かねばなりません!(←関係者か)

メンバーは出番順に…

桂つく枝、柳家喬太郎、全国落語台本コンクール表彰式
〈仲入り〉
柳家花緑、林家正蔵、桂三枝
(敬称略)

…と云う、いつに変わらぬ豪華すぎる布陣! o(^-^o)(o^-^)o

トップバッターは〈私が上方落語界で最も愛し、且つその存在を最も恐れる男〉、桂つく枝師匠で『四人癖』。ふっくらとした体躯を存分に生かしまして…卑怯なくらいに面白い。此の師匠には、敵いません! (>_<)

続いて、先日【ざま昼席落語会】でご一緒させて頂いた柳家喬太郎師匠が、台本コンクールの優秀作品『夢で逢えたら』を口演。「〈六人の会〉の方が演ればいいのに…」なんてんで、始めに笑わせてから本編に入られましたが…

つく枝師匠が仰っておりました…「喬太郎師匠に演ってもらえて、作者冥利に尽きるよね」…全く以て私も同感です。笑いあり涙ありの、タップリ40分!夢中になって聴いてしまいました… m(__)m

その後〈台本コンクール表彰式〉。総評を、口演した喬太郎師匠が述べられたのですが、とてもいい事を仰っておりました…

「おこがましいかも知れませんが、作品に命を吹き込むのが我々噺家の仕事です。〈画龍点睛〉と申しますが、目に点を入れるのが我々の仕事だと思っております…」

ご挨拶まで、完璧でした… (−_−メ)

仲入りはさんで、花緑師匠が『唖の釣り』。与太郎が物凄くチャーミングで、楽しく聴かせて頂きました! o(^-^)o

続いて、先日【秋の正蔵】で素晴らしい初演二席をご披露なさった正蔵師匠が『鬼の面』を、これまた何とネタおろし! (。。;)

…いやァ、しかしあれ程メディアで忙しい方が、いつ稽古されているのか…初演とは思えない〈ハートウォーミング〉な一席に感動。

トリは、スーパースター・桂三枝師匠!先日の〈園遊会〉について触れてから、自作の『宿題』へ…恥ずかしながら、ソデで声を出して笑ってしまいました! (ノ><)ノ

三枝会長から「王楽くん、雑誌で見たでー?」と云われたり、打ち上げにて喬太郎師匠から〈芸談〉を聴かせて頂いたりと、心の底から「行って良かったワ〜」と思える夜でした… ( ^^)Y☆Y(^^ )

独演会の前日に〈売れっ子〉の皆様から、パワーを頂きました…頑張るぞ〜!? <(__)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

【第20回 王楽の天狗道場】宣伝

【第20回 王楽の天狗道場】宣伝
二ツ目になって間もなく始まった此の【三遊亭王楽の天狗道場】も、お陰様で〈第20回〉を迎えることが出来ました!いらして下さるお客様方、並びに毎回刺激と緊張感を与えて下さるゲストの方々に、改めて心より御礼申し上げます… m(__)m

さて!今回のゲストは【平成噺し座】と云う落語会でご一緒させて頂いております2人の先輩…激烈な新作で怪進撃を続ける春風亭栄助兄さん、並びに志の輔師匠の一番弟子・立川志の吉兄さん。サブタイトルは〈三派若手落語会〉!どうぞ御来場下さい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

【東西二世落語家競演会】

【東西二世落語家競演会】
【東西二世落語家競演会】
【東西二世落語家競演会】
【東西二世落語家競演会】
【東西二世落語家競演会】
【東西二世落語家競演会】
【東西二世落語家競演会】
【東西二世落語家競演会】
【東西二世落語家競演会】
唐突ではありますが、前回のブログの〈訂正〉をさせて頂きます…。

地蔵院さんと長泉寺さんのある処を総称して〈千厩〉と記してましたが、地蔵院さんが〈千厩町〉、長泉寺さんは…〈大東町〉でした! ( ̄▽ ̄;)

揚句の果てには、調子に乗ってタイトルまで〈千厩の風になって…〉ですって! (ノ゜O゜)ノワラワセンナ

毎年伺わせて頂いているくせに、恩を仇で返してしまったとです…スイマセンでした! (>_<)

改めて…「一ノ関市に来る度に〈日本の暖かさ〉を感じます」(←おせーよ)。

前のに触れたついでに…前の写真の中で、私のサインを持ってる子と赤ん坊は、長泉寺・新沼御住職の甥っ子さん達です。カワイイ! o(><)o

さて…冗談はこの位にして(←オーイ!)昨日は、大阪は富田林にある〈すばるホール〉にて【すばる寄席 〜東西二世落語家競演会〜】でした。

メンバーは〈ぼっちゃん5〉…の中で、二代目木久蔵師匠のみがいらっしゃらないで、特別ゲストとして桂小米朝師匠が出演して下さいました!

新沼御住職並びにジョニーとワアワア×2云いながら大東町の長泉寺を朝8時に出まして…そこから車で約1時間かけて一ノ関駅へ、一ノ関から約3時間かけて東京へ帰り、一緒だったジョニーと袂を分かち、昼飯食べようと〈大丸〉地下にて〈草津亭〉の弁当を買った後、今度は駅ナカを歩いたら〈浅草今半〉の牛肉弁当も食べたくなって衝動買いし、ギャル曽根並に2つの弁当をぺろりと平らげた後に林家いっ平師匠とホームで合流し、東京から約2時間半かけて新大阪へ。そこから更に車で約1時間かけて富田林の〈すばるホール〉に着いた時には、大層みんなくたびれた…打ってる私もくたびれた… (;´・`)フゥ

会場着きますと、既に桂小米朝師匠がいらっしゃり恐縮…マイクチェックまでして下さり、更に恐縮! (☆_☆)

さてさてトップバッターは私。不安でしたけど、マクラふってみたらいいお客様!安心して、前日に引き続き『読書の時間』…三枝会長、いつもスイマセン m(__)m

続いて八光兄さんが、十八番の『犬の目』。相変わらず、お客様のハートを掴むのが上手い!見習わねば…。

お後、特別ゲストの小米朝師匠!…男の私から見ても惚れ惚れしちゃう程、美しく端正な高座姿。ネタは何と『親子茶屋』!「タダで観ていいのか知らん…」と思うような一席。遊び人の若旦那が、息づいておりました!

仲入りはさんで、我らがリーダー・林家いっ平師匠の登場!此の師匠も高座に上がるだけで、美しい〈華〉を咲かせることの出来る稀有な噺家。ネタは、十八番『荒茶』…もはや余裕すら感じられます。

トリは春菜兄さん。ネタは、今は亡き名人・桂吉朝師匠直伝『七段目』…久し振りにソデで聴かせて頂きましたが、素晴らしかった!是非此の噺を、来月の【第5回 東西若手落語家コンペティション】でかけて、前回僅差で敗れた(らしい)私の仇を討ってもらいたいものです…! (ノ゜O゜)ノ

最後は、出演者みんなで大団円。小米朝師匠が〈桂米團治〉、いっ平師匠が〈林家三平〉、春菜兄が〈桂春蝶〉をそれぞれ襲名することを発表(←知ってるよ)。八光兄もいずれは〈月亭八方〉を襲名するでしょうし…。間違っても、兄弟子の〈三遊亭好楽〉を襲名しない私は、一体どうなるのか知らん? (´〜`;)(←どうもならないだろ)

なんだかんだ云っても、また〈二世〉の先輩方からいい刺激を受けてしまいました!とにかく27日(火)の独演会…【王楽の天狗道場】、頑張ります! o(^-^o)(o^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

千厩の風になって…

千厩の風になって…
千厩の風になって…
千厩の風になって…
千厩の風になって…
千厩の風になって…
千厩の風になって…
千厩の風になって…
千厩の風になって…
千厩の風になって…
昨日…11月23日は毎年恒例で、岩手県一ノ関市の千厩にある〈地蔵院〉さんと〈長泉寺〉さんと云う2軒のお寺さんにて落語会でした。

入門してまだ間もない頃から毎年伺わせて頂いてますので、今年で7回目!有り難いこと、この上ないです… m(__)m

今年も例年通り、新真打〈ジョニー〉こと上楽師匠と一緒。

一ノ関駅に着くと、物凄い寒さ!東京も既に随分寒くなりましたが、ハッキリ云って比べものになりません。だって…大雪が降ってるんでごぢゃりますもの! ( ̄▽ ̄;)

先ずは〈地蔵院〉にて、ジョニーと一席ずつ。ジョニーが『紙入れ』、私が、数日前の此方の初雪にちなんで『雑俳』。

終わってから〈奉納カラオケ大会〉。先ず私が『花の首飾り』、続いてジョニーが『スーダラ節』!司会のおばさんと肩を組んで盛り上がっておりました… (☆_☆)

後ろ髪を引かれる思いで〈地蔵院〉を後にした我々は、次の仕事場〈長泉寺〉へ…。

着いて早々、新沼御住職から〈暴君ハバネロ・旨スープ〉を頂き、心身共に温まる。

会のタイトルは【第8回 ほのぼの寄席】。会場である本堂には、前日の大雪が残ってとっても寒い!…にも拘わらず、満員のお客様!ハッキリ云って〈ほんどう〉のハナシよ!?(←コレこそがさむい)。

先ずはジョニーがご挨拶がてら『手紙無筆』。続いて私が、お寺さんなのでいつか演ろうと心に決めていた『蒟蒻問答』で、お仲入り。

休憩後、私が『読書の時間』…もはや三枝師匠に感謝するしかありませんの反応! (>_<)

トリでジョニーは『鮑のし』。ひろ木くん同様、人の良さがキラリと光る『鮑のし』でした。

終演後は、世話人の皆様方との楽しい打ち上げ(←コイツ打ち上げしてばっかり)。お手洗いに行く為、寺の廊下へ出る度に〈日本の寒さ〉を身に染みて感じます… (*_*)

ただ逆に、毎年11月23日…此処千厩に来る度に〈日本の暖かさ〉を感じることも確かです… <(__)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

【第29回 栄にぎわい寄席】

【第29回 栄にぎわい寄席】
【第29回 栄にぎわい寄席】
昨日は【第29回 栄にぎわい寄席】でした。

いつもゲストがいるんですが、今回は〈落語芸術協会〉所属・瀧川鯉昇師匠の6番弟子の瀧川鯉斗くん。

…彼は、ぱっと見は〈TOKIO〉の長瀬智也さん似の23歳のイケメンなんですが、それは世をしのぶ仮の姿…10代の頃は、名古屋の暴走族〈スペクター〉の第12代総長をやっておられたのであります! (ノ><)ノ

しかしながらとても素直な性格の青年で、行きの電車内では、彼の家族構成から好きな女性のタイプに至るまで色々な話をしながら、文字通りのほほんとやって参りました(彼は何と高校をたった1日で退学されたそうです…合掌!)。

毎回2回公演の此の会。先ずは1回目、私が久々に『新聞記事』。噺の軽さに似合わず、結構恐ろしい噺なんです。絶句しそうになるし、実際したことあったから… \(^^:;)

続いて鯉斗くんが、私のリクエストに応えて『ん廻し』。私と同じく小遊三師匠から習っていたので、聴いていると懐かしい…。トリで私は『不動坊』。

続いて2回目。2回合わせて100人を超える盛況ぶり!世話人の皆様方に、つくづく感謝です… m(__)m

先ずはお馴染みの『しびん』…と思いきや、昨年暮れに演って以来の約1年振りの口演!

続く鯉斗くんは、またまた私のリクエストに応えて桂三枝会長作『鯛』。時折〈素の鯉斗くん〉が飛び出してウケました。

最後に私がピシっと(?)『夢金』。毎度いいお客さんだから、気分はもう大名人!

終演後には、鯉斗くんと共にバカウマのステーキをたらふく頂く…寒い寒い岩手に行く為のエネルギーを充填させて頂きました! o(^-^o)(o^-^)o

次回…12月23日(日)の【栄にぎわい寄席】は、記念すべき〈第30回〉! ( ^^)Y☆Y(^^ )

〈好楽一門〉プラス私でお送りしますので、乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

平和な人々

平和な人々
平和な人々
平和な人々
平和な人々
平和な人々
平和な人々
平和な人々
いや〜、しかしケータイ変えて2週間ぐらい経つからようやく使い方に慣れてきたんだども、メールに文章はいっぱい入るし、何より嬉しいのは〈写真〉がいっぱい載せられることかな? !(^^)!

…てな訳で今日は、今まで撮っておいて掲載していなかった愛すべき写真をご披露しちゃいます。タイトルは…〈平和な人々〉!

こんな人々に囲まれながら、穏やかな日々を送ってる今日この頃です m(__)m

…そんな事より、来週27日にある独演会【王楽の天狗道場】の為に稽古しなくちゃだわさ… (;´・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

お稽古 in 〈カラオケ館〉

お稽古 in<br />
 〈カラオケ館〉
我々〈噺家〉は、稽古する場所と云うのが特に決まってなく人それぞれなんですが、私の場合は専らカラオケボックスです。

「家ですりゃあいいぢゃん」とお考えの方がいらっしゃるかと思いますが、私はダメなんです。何故かと云うと、自分の好きなモノが処狭しと氾濫している為に集中出来ないのですワ… (☆_☆)

喫茶店でなさる人が大半らしく私も以前は使っていたのですが、遠慮して口を隠しながらゴニョゴニョ云って隣りの方に気味悪がられることに疲れ果てた私は…

「何処か大声を出しても文句も云われず、且つ安くてゆったり出来るスペースはないか知らん…あ、あった!」

と、近年はず〜っとカラオケボックスを使っております。中でも〈歌広場〉と〈カラオケ館〉は頻繁に使っており、会員にまでなっちょります! (@_@)

ただ、たまに店員さんが飲み物を持って入って来ると「…何でコイツ、カラオケの画面消してんだ?」と怪訝そうな顔をして去っていくのが、唯一の難と云えば難か…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

【秋の正蔵】

【秋の正蔵】
【秋の正蔵】
【秋の正蔵】
【秋の正蔵】
【秋の正蔵】
【秋の正蔵】
【秋の正蔵】
【秋の正蔵】
【秋の正蔵】
【秋の正蔵】
昨日は〈紀尾井小ホール〉にて林家正蔵師匠の独演会…【秋の正蔵】でした。

番組は下記のとおり…

王楽、正蔵
〈仲入り〉
正楽、正蔵
(敬称略)

でした (゜▽゜)

〈紀尾井小ホール〉は、キャパ250の大変綺麗な会場ですが、何とマイクが要らない作りになってるんです! (。。;)

こんなステキなホールで落語を演らせて頂いて、王ちゃん幸せ!正蔵師匠に改めて感謝です… m(__)m

会場に着いてから、正蔵師匠、お囃子の太田その師匠、同じ二ツ目のたこ平さん、前座のはな平さん達と写真撮影(←コイツ何しに来たんだ)。

さて開演。トップバッターの王楽が登場!客席を見渡しますと、会場に見合ったセレブな方々ばかり。何を演ろうかと迷った揚句、親父直伝『しの字嫌い』。お上品ですが、笑いどころでウケて下さいまして感謝!

続いて主役の正蔵師匠。何とネタおろし二席!あんなお忙しい師匠だのに…自然と頭が下がります <(__)>

先ず一席目は『池田大助』…下の者が云うのは大変おこがましいのですが、子供が恐ろしくチャーミングで、更に奉行がとても優しい!〈落語の良さ〉がビンビン伝わってくる一席…。

休憩はさまずに、正楽師匠。お客様から出されたお題の中に「『笑点』!」…そんな大作を驚かずに切りあげてしまう…改めて正楽師匠の偉大さを痛感。そろそろ〈重要無形文化財〉に指定しなければ…(←誰なんだよお前は)。

トリはもちろん正蔵師匠。二席目は、先代〈彦六〉の正蔵並びに私の大師匠・六代目三遊亭円生の十八番『淀五郎』! (ノ><)ノ

師匠のお人柄の所為でしょう…皮肉團蔵よりも、優しい仲蔵がとてもよく似合う。もちろん二席とも、ソデでかぶりついて拝聴しちゃいました…!

終演後は、青山の美味しい焼肉屋〈第一神宮〉にて打ち上げ!

美味すぎるお肉をたらふく食べ、これまた美味すぎるワインを呑みながら、正蔵師匠の芸談を目の前で聴かせて頂く…正に、至福のひととき! o(><)o

正蔵師匠、いつも有難うございます。今後とも何卒宜しくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

後藤はるかさん

後藤はるかさん
昨日、仕事の打ち合わせで大学時代からの親友・後藤くんと会いまして…そこに彼の妹さんである〈後藤はるか〉さんも同席されました m(__)m

はるかさんはドラマやラジオ、そしてグラビアなど多方面でご活躍されている方で、見かけは勿論ですが性格も大変良く、とても気さくな方でした。

これから益々ご活躍されますので、応援して下さい!(←お前はマネージャーか)

ちなみにあちらのブログにも私の事を載せて下さってますので、是非ご一読を…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

素晴らしき哉、結婚披露宴…!

素晴らしき哉、結婚披露宴…!
素晴らしき哉、結婚披露宴…!
素晴らしき哉、結婚披露宴…!
一昨日は、今最も落語界を賑わしているホットな男…二代目・林家木久蔵師匠の学生時代からの親友でありますプロゴルファーの石井利和さんと久美子さんの〈結婚披露宴〉の司会を務めさせて頂きました m(__)m

お2人とも背が高く美男美女でございますんで、タキシードとウェディングドレスをまとっているお姿は、まるで〈ハリウッドスター〉の様でした! o(><)o

いらしたお客様方みんながみんな、見るからに〈セレブリティ〉…流石は、二代目の親友! (@_@)

雰囲気が物凄く良かった為、私の司会の上手い下手は別として〈笑いあり涙あり〉の大変結構な披露宴でござんした!利和さん久美子さん、どうぞ末永くお幸せに…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

王楽の〈ショッピングニュース〉

王楽の〈ショッピングニュース〉
此間『BRUTUS』を読んでおりましたら、セレクトショップ〈ユナイテッドアローズ〉別注の〈VANS〉のスニーカーが発売されると云う記事を見まして…中学生の頃から〈VANS〉をこよなく愛している私にとっては、小事件です(←小さいのかい)。

そして昨日の16日…何と立川駅に〈ユナイテッドアローズ〉があるぢゃあ〜りませんか!? (☆_☆)

何かハートの底からデスティニーをフィールしたミーは(←出たルーマニア)、恐る恐る店内に入ると…店先にディスプレイされているぢゃあ〜りませんか!? (。。;)

試し履きしている最中に店員さんに、雑誌で見た事を話すとその方が…

「実はコレ、今日から発売なんですよ」

更なるデスティニーをフィール!!!!気分はまさしく〈デスティニーズ・チャイルド〉!! (ノ><)ノ(←ビヨンセか)

…てな訳で、即買いしちゃいました。以上!〈落語界のファッションリーダー〉こと三遊亭王楽の〈ショッピングニュース〉でした… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【上砂落語会】

【上砂落語会】
昨日は、立川駅から車で約10分程にある〈上砂地域福祉サービスセンター〉にて【上砂落語会】でした。

お客様は、お年を召した方が多かったです。

先ずは開口一番・かっ好くんが『都々逸親子』。珍しい此のネタ、ソデで楽しく聴かせて頂きました!

続いて私が『つる』を演って、お仲入り。

休憩はさんで再び私で『片棒』。いいお客さんに気を良くした私は、調子づいて『みそ豆』を披露して、めでたくお開き。

終演後には、花束を頂戴しちゃいました!つくづく落語を演らせて頂ける喜びを噛み締める今日この頃です… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

【橋場寄席】

【橋場寄席】
【橋場寄席】
【橋場寄席】
【橋場寄席】
【橋場寄席】
南千住から中野へ。夜は【橋場寄席】でした。

メンバーは、私にかっ好くん、そして立川らく里兄さん。

会場は、中野駅から歩いて10分程のところにある〈橋場公会堂〉。

此のブログでも何度か取り上げてますのでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが…〈公会堂〉とは云っても小さなハコで、明かりの少ない路地にポツンと聳えております。

らく里兄さんは此処に来るのが初めてだったので、会場を見た瞬間に軽〜いかるちゃんランドセル…否、カルチャーショックを受けたご様子…。

ただ好楽曰く「昔の〈人形町末広〉みたいだ」と云う様に、風情もあって落語を演るには持ってこいの会場です m(__)m

約50人程のお客様が集まって、いざ開演。先ずはかっ好くんが『新聞記事』。愛楽師匠から教わったと云う此の噺、成程クスグリが師匠らしくて楽しいが、それをかっ好くんが上手く料理している!聴く度に上手くなる様な…ウカウカしてられません! (ノ><)ノ

続いて私は、筋肉痛を荒療治する為に前日に引き続き『不動坊』(←荒療治の為だけかい)。相変わらず〈橋場〉のお客様方は、必要以上に笑って下さるので、気分はサイコー!

仲入りはさんで【橋場寄席】初登場の、らく里兄さんが『目黒の秋刀魚』。これまた以前に記しましたが、私は此の兄さんの人柄が如実に反映される語り口が大好きです。

トリは、再び私。皆さんゲラゲラ笑いっ放しなので、最後はピシっと締めようかと『三味線栗毛』…コレを演る度に、いい噺を教わったなと痛感します。喜多八殿下、有難うございます!そして、また呑みましょう!!

終演後は、お馴染み近所の美味しく更に愛想のいい中華料理屋〈大三楼〉にて打ち上げ。〈橋場マダム〉達のマシンガントークに、我々噺家はノックアウト! (。。;)

まだまだ修行が足りんのう… (O_O)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

【荒川銭湯寄席】

【荒川銭湯寄席】
【荒川銭湯寄席】
【荒川銭湯寄席】
【荒川銭湯寄席】
【荒川銭湯寄席】
【荒川銭湯寄席】
【荒川銭湯寄席】
またまた〈菊勇〉に酔いしれてしまった明くる朝、まだ暗い内に酒田を発ちました(そして前日の『不動坊』の所為で果たせるかな、めちゃめちゃ筋肉痛…)。

「惜しむらくは、山形舞妓と〈野球拳〉しなかったことか…」と独りごちながら、羽越線の〈特急いなほ号〉に乗り込み、即爆睡。

更に新潟で新幹線に乗り換えて、また爆睡。上野からそのまま南千住の〈草津湯〉へ。【荒川銭湯寄席】でごんした。

先週【ざま昼席落語会】で一緒でした柳亭市朗くんと二席ずつ。

13時に開演。先ずは市朗くんが『真田小僧』。相変わらず、爽やかな男です。

続いて私が、久方振りに『しの字嫌い』。危ない噺だけど演ってて楽しいのよ、何故か。

休憩後に、再び市朗くん。私も教わりました柳家三三師匠直伝の『やかん』。とっても明るく気持ちのいい『やかん』で、お客様方はやんやの喝采!私もソデで楽しんぢゃいました o(^-^)o

市朗くんが盛り上げてくれたので負けられないと、これまた久方振りに『野ざらし』。これも『しの字嫌い』同様、演ってて楽しい噺です。此方は、歌い調子だからか?

夜は【橋場寄席】。気合い入れていきまっしょい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第8回 楽々会】2日目

【第8回 楽々会】2日目
【第8回 楽々会】2日目
【第8回 楽々会】2日目
【第8回 楽々会】2日目
【第8回 楽々会】2日目
〈菊勇(きくいさみ)〉に酔いしれて、明けた2日目。

2日目は、昼夜2回公演。〈昼の部〉は、何と11時半開演! (。。;)

「そんな早くにお客さん来るのけ…」と、私の懸念もどこ吹く風。約30人程のお客様がいらして下さり…しかも驚いたことに、全員女性!

「とは云え、早い時間の公演だから笑ってくれないかしらん…」と云う懸念も、これまたどこ吹く風。マクラからゲラゲラ笑って下さり、王ちゃんハッピー! o(^-^o)(o^-^)o

気を良くした私は、もはや鉄板ネタの(←ホントかよ)『牛ほめ』と『竹の水仙』を立て続けに口演。すっごく気分良く、高座を下りました。

終演後には、嬉しい昼ご飯タイム。デザートの〈お米みぞれ〉のシャーベットが絶品でした!

続いて〈夜の部〉。前日と同じく、18時に開演。

マクラをふり倒してから、先ず一席目は『祇園会』。立て続けに、ネタ出ししていた『不動坊』。よく笑って下さり、王ちゃんはギザ嬉しゅす(←合ってる?)。稽古つけて下さった扇遊師匠に、改めて感謝です!…ただ此の噺を演った次の日は、たい平師匠も云っておりましたが、必ず〈筋肉痛〉に悩まされるのです… (−_−#)

さて終演後の打ち上げ。前日呑み過ぎてしまったので、呑めないだろうと思っておりましたら〈迎え酒〉してしまいました…恐るべし〈菊勇〉!

今日は、昼の13時から南千住の〈草津湯〉にて【荒川銭湯寄席】があるので、朝5時に起きて東京へ向かわねばなりませぬ。戦士に球速…ぢゃなく休息はねえべさ! (;´・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

【第8回 楽々会】

【第8回 楽々会】
【第8回 楽々会】
【第8回 楽々会】
昨日から2日間、山形の酒田にて落語会…【第8回 楽々会】でした。

此の会は、我々〈円楽党〉と〈立川流〉の若手が交互に独演会をやっており、今回が私の出番。

会場は、酒田駅から車で5分程の〈さくら亭〉と云う料理屋さん。

東京から約4時間かけて酒田に到着すると、予想通り寒い!そのうえ、雨…。全てが〈歓迎ムード〉(←どこがだよ)。

会場に着いて、世話人の井山さんとお喋りしながら天ぷら蕎麦を御馳走になってから、程なく開演時間。

広い座敷には、ところ狭しと70人のお客様が詰めかけて下さり〈満員御礼〉。

先ずは『つる』。「黙って飛んできた」で、どっと来る喜び…堪りません!

着物を着替えて二席目は、ネタ出ししていた『夢金』。今年のアタマに演って以来のしばらくぶりだったので少々不安でしたが、いいお客さんに助けられ大変気分良く口演出来ました! (☆_☆)

終演後、お客様との楽しい打ち上げ。地元のお酒〈菊勇(きくいさみ)〉が、べらぼうに美味かったです!

今日も頑張るどー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

再び【クイズモンスター】収録…

再び【クイズモンスター】収録…
昨日は、再び【クイズモンスター】の収録でした!

最初、制作会社の〈テレビマンユニオン〉さんからFAXを頂いた時に…

「ウソ…前回(←いっ平師匠のカードとして出させて頂いた時)のは撮り直し?」

と思いきや、何と今回は…〈アズマックス〉でお馴染み・二世の大先輩の東貴博さんのカードとして出演させて頂きました! (ノ゜O゜)ノ

東さんとのそもそもの馴れ初めは(←お前は仲人か)、今からおよそ3年前…私が〈二ツ目〉になって間もない頃、敬愛して止まない高田文夫先生の人気ラジオ番組【ビバリー昼ズ】で共演させて頂いたのがきっかけです。

それからずっと御無沙汰していたにも拘わらず、こんな時にお声掛け下さり…王ちゃん有り難き幸せにごじゃりまする!

私の他の東さんのカードは、先週【博多・天神落語まつり】でご一緒させて頂いたおぼん先生の娘さん…〈りぼん〉のちひろさん、逸見政孝さんのご長女・逸見愛さん、そして我々落語界が普段からお世話になっております〈文扇堂〉の御主人・浅草の番長こと荒井修さん。

対する敵は…デヴィ夫人! (。。;)

相手のカードは、カルーセル麻紀さん、たかの友梨さん、セインカミュさん、本多あきらさん(←デヴィ夫人の愛犬担当)の4人。

要するに〈セレブ対決〉って訳ですな?

実は、好楽がデヴィ夫人に日頃からお世話になっておりまして…ですが、勝負の世界は別です!ケチョンケチョンにへこましてやるどー!…多分ね ( ̄▽ ̄;)

勝負のカギを握る〈レアカード〉は、アンガールズの山根良顕さんと田中卓志さんのお2人。私の隣りに山根さんが座っていたのですが、とても優しい方でして〈広島カープ〉の話などをさせて頂き楽しかったです(←何しに来たんだ)。

さてさて収録したのですが…東さんとデヴィ夫人の掛け合いが面白くって、異様に盛り上がりました!

デヴィ夫人は、ご自分の〈セレブキャラ〉を存分に生かし皆をキレイにぶった切るとても頭のいい方で、東さんは、周囲の人間をリラックスさせつつ楽しませることの出来る凄い方です。

ちなみに放送日は、12月8日ですのでお見逃しなく! ( ^^)Y☆Y(^^ )

収録後、東さんとパチリ!ハートの暖かい兄さん…また宜しくお願いします! o(><)o

…いけね、東さんから〈中継の極意〉教わるの忘れとった… (−_−メ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

【映画見聞記 vol. 138】

【映画見聞記 vol.<br />
 138】
【映画見聞記 vol.<br />
 138】
昨日は〈上野東急〉にて『ブレイブワン』を観ました。

此の作品は、日本でもお馴染みの大女優ジョディ・フォスターが主演した、ニール・ジョーダン監督の最新作でしたが…

ウ〜ン…個人的にはサゲにややちと不満が残るものの、全体としては良質な出来の作品。ジョディ・フォスターはじめ、『クラッシュ』のテレンス・ハワード、メアリー・スティーンバージェンらが巧いので、役者の技量に負うところ大か。

婚約者を…愛する者を殺された人間が、頼れない警察を尻目に〈歪んだ正義の味方〉に変貌してしまう…何となく『ダーティ・ハリー2』を想起させる物語。

〈善と悪〉を考えさせられますが、それよりも単純に〈エリカ(ジョディ)とマーサー(テレンス)の不思議な愛の物語〉を楽しんだ。

殺された婚約者・デイビッドと、エリカと懇意になる刑事マーサーが、同じ〈褐色人種〉であるのが物語のミソ。

クライマックスのダイナーのシーンが素晴らしく、襲われた時に奪われた指輪が戻ってきてそれををはめたエリカの手に、マーサーの手が重なり婚約者を思い出す…

マーサー「謎の女の犯行を、デイビッドはどう思うかな?」

エリカ「…死者は語ってくれない」

その他…「いっそ愛がなければどれだけ楽か」ですとか「死ぬ方法はいくらでもあるわ。生きる方法を見つけて?難しいけど…」などの台詞が、いちいち胸に響く。

少々無理のあるものの、役者と演出の巧さで引き込まれる。どちらかと云えば、必見…かな?

ちなみに夜は〈両国寄席〉で『鼓ヶ滝』を演りました。

写真は、前日(10日)まで披露目だったジョニーこと上楽師匠。10日間、お疲れ様でした…江戸の粋を有難う!(←オイ死んでないよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

【第114回 ざま昼席落語会】

【第114回 ざま昼席落語会】
【第114回 ざま昼席落語会】
【第114回 ざま昼席落語会】
御嶽山からはるばる約2時間半かけて、相武台前の〈ハーモニーホール座間〉へ。【第114回 ざま昼席落語会】でした!

入門して間もなく〈レギュラー前座〉として入らせて頂いておりました此の会。実力派の方々が毎回タップリ二席演って下さいます為、非常に勉強させて頂いたと云う、思い出深い落語会です m(__)m

自分が出演させて頂くのは、昨年4月に好二郎兄と二人会を演らせて頂いて以来。今回ご一緒させて頂く方は何と…柳家喬太郎師匠! (。。;)

今をときめく人気者の方と、二席ずつの〈ガチンコ勝負〉(?)!…ヤバイ、お腹が痛くなってきました (-.-;)

開場時間前ギリギリにホールに着くと、雨天にも拘わらず長蛇の列が!…いよいよ世間が〈私の魅力〉に気付いてきたべえか?(←いや、喬太郎師匠の魅力だべ)

会場は、お陰様で満員御礼!開口一番は、前日ご一緒させて頂いた市馬師匠のお弟子さん・市朗くんで『金明竹』。

舞台ソデへ向かう前に、楽屋の鏡の前に立ち着物姿をチェック…オヤオヤオヤ〜、顔が青いぞ?恐らく寝不足の所為でしょう… (@_@)

高座へ上がった私は、自分が此の【ざま昼席落語会】に育てられた〈座間チルドレン〉であることをカミングアウトしてから(←明らかに使い方を間違えてます)一席目は、お父さん直伝の『三方一両損』。

続いて、お客様も私も「待ってました!」の喬太郎師匠。小田急線の駅から旅先のことについてマクラをふった後『初天神』。ややクレイジー気味な金坊がたまりません。素晴らしき哉〈喬太郎イズム〉…!

仲入り後、再び私。二席目は正直云ってかなり迷いました…。『不動坊』にすべえか『ろくろっ首』にすべえか『鼓ヶ滝』にすべえか『三枚起請』にすべえか…結局その中のどれでもない『読書の時間』(←オーイ)をチョイス。三枝会長、お陰様でウケました! <(__)>

トリで喬太郎師匠は『按摩の炬燵』!色んな会場のネタ帳で何度か目にして聴いてみたかったネタでしたので、王ちゃん素直に大喜びしてソデでかじりついて聴いちまいました(←木戸銭払え)。

噺の中にチラリと『三方一両損』と『読書の時間』をからませて、お客様に〈ライブの醍醐味〉を伝える…喬太郎師匠、最高です! o(^-^o)(o^-^)o

ともかくも前日は市馬・平治両師匠とで、此の日は喬太郎師匠とご一緒…こんな有り難いことはございません。諸先輩方に負けない様に、芸道に励みますです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【宿坊 駒鳥山荘】

【宿坊 駒鳥山荘】
【宿坊 駒鳥山荘】
【宿坊 駒鳥山荘】
【宿坊 駒鳥山荘】
【宿坊 駒鳥山荘】
【宿坊 駒鳥山荘】
【宿坊 駒鳥山荘】
【宿坊 駒鳥山荘】
【宿坊 駒鳥山荘】
昨日は早朝から〈NHKラジオ〉【どよう楽市】の中継の為に、東京は東京でもはるばる青梅は〈御嶽山〉まで行って参りました!

自分の家から出たのでは間に合わない為、前日【ラジオデイズ落語会】が終わると四谷から立川まで行き、立川駅のほど近くにあるホテルに宿泊しまして…明くる朝早くに立川駅から御嶽駅(←無人駅)、そこからバスに乗り(←乗客は私独り)、バス停から急な坂を上ってケーブルカーに乗り継いでようやく御嶽山に到着…しましたが、気になる天気は雨… ( ̄▽ ̄;)

「これぞ正しく、恵みの雨!」…と、未だかつてないポジティブな解釈を胸の中でしながら今回中継したのは、美しい紅葉に囲まれた【宿坊 駒鳥山荘】。

着くとすぐに、朝食を出して下さり…こんにゃくの刺身がめちゃウマかった!

雨が降っていたものの本当に景色が美しく、ディレクターの河野虎太郎さんが泊まったお部屋…打ち合わせで使った部屋は、何と日本画家・川合玉堂先生の泊まったお部屋なんです!

荘厳な静けさを感じながら見る目にも暖かい石油ストーブに当たってまったりしている間もなく、10時台の予告編となる9時台の〈メダシ中継〉。気温は9度なんですが、霧に包まれた景色と相俟って気温よりも寒かったとです! (>_<)

さて、本番の10時台。マイクを持っている為に傘を持てない私は【駒鳥山荘】の御主人・馬場喜彦さんから〈すげがさ〉をお借りしました。気分出る〜っ!

インタビューに答えて下さった30代の男性が元気よく盛り上げて下さったり、馬場さんもとてもテンポよく受け答えして下さったので、雨中にも拘わらず気分良く中継することが出来ました!(ただ、恒例の〈謎かけ〉では馬場さんから「滝に打たれて下さ〜い」と、明るくダメ出しをされましたが…)

さあ、これが終わると約1年半振りの【ざま昼席落語会】!戦士に給食…もとい、休息はない!

仕事ぢゃない時にゆっくり来たい処だなァ… (;´・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

【第7回 ラジオデイズ落語会】

【第7回 ラジオデイズ落語会】
昨日は、四谷の〈コア石響〉にて【第7回 ラジオデイズ落語会】でした。

出演者は、柳亭市馬・桂平治両師匠!…と、私… (´Д`)

大分県人の骨太な大先輩お2人に囲まれ、嬉しいような萎縮するような…。

そのお2人が楽屋入りされて間もなく私は…「あのぅ、ブログに載せる写真を撮らせて頂いてもヨロシイでしょうか?」とお願いすると、快諾して下さいましたのでパチリ!

両師匠のお陰で、今年撮った写真の中でもベストの〈和み系写真〉が出来上がりました… m(__)m

先ずは私(←当たり前だよ)。ネタは久々に『道灌』。此のネタも不思議なもので、演ってて楽しい一席です。教えて下さった扇遊師匠に感謝です。

続いて平治師匠が、タイっっっっっヘンお賑やかに『親子酒』をご披露。

お後は市馬師匠が『締め込み』。暖かいハートの持ち主である此の師匠には、こういう噺がよく似合います。正に〈芸は人なり〉!

休憩はさんで、再び市馬師匠で『目黒の秋刀魚』。元々の体型が似ていらっしゃる所為か、時折ウチの師匠の円楽を感じるのですが、此の噺は特に感じさせられました。

トリも再び平治師匠。ネタは、十八番の地噺『お血脈』!あのお声から繰り出される〈ダジャレ〉の洪水に、ソデで聴く私は爆笑するしかありませんでしたわいな…(←誰なんだよ)。

さあ、今朝はラジオ【どよう楽市】の中継の為に早起きをして〈御嶽山〉まで行かねばなりません!…市馬・平治両師匠、オラに元気を分けてくれて有難う! <(__)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

【映画見聞記 vol. 137】

【映画見聞記 vol.<br />
 137】
【映画見聞記 vol.<br />
 137】
昨日は〈シャンテシネ〉にて『タロットカード殺人事件』を観ました。

此の作品は、私が最も敬愛するウディ・アレン監督の最新作。前回の『マッチ・ポイント』に引き続きスカーレット・ヨハンソンを主役に配し、今回はご自身も出演されております m(__)m

映画館で売っていた大好きなお菓子〈アルフォート〉を頬張りながら、いざ観てみますると…

ウ〜ン…正直なところ、近年のウディ作品群と同じくキレがないかな?

ラストが少々物足りなくて「アレ…これで終わり?」感がするのは否めない。

新ミューズのスカーレット・ヨハンソン…ウディが相当惚れ込んでるのが、よくわかる。メガネを掛けさせたり、水着を着させたり…チャン・イーモウがチャン・ツィイーの為に映画を撮ってる感じによく似ている。

「皆さん、見て下さい!綺麗でしょう?美しいでしょう?」と云う雰囲気が、銀幕に漲っている(←ように私には見えましたが…アナタもきっとそう思う筈です!)

スカーレットは〈厚い唇〉でとてもセクシーなんですが、洋服を着ている姿が何故かどんくさい…その妙なアンバランス加減が、男を惑わすのでしょう (☆_☆)

…話がスカーレットに飛んでしまいましたが、しかしまァ何のかんの云うようなもんの作品自体は、他のへっぽこな〈映画とも云えない様な映画〉に比すれば、カメラも相変わらず〈ウディ色〉で美しく、台詞もこれまた相変わらず気が利いて面白いし、何より素晴らしいのは、映画として〈品〉がある!

どこを切ってもクラシカルな香りが漂ってくる…これは、幼い頃から映画を観まくっておられる所以でしょう。映画が身体に染み付いていらっしゃる… m(__)m

ピーター・ライモン(ヒュー・ジャックマン)と整体師を間違えるシーンが実におかしく、シド(ウディ)が地下室を物色している際に女中に見つかりあたふたする辺りに、ウディ・アレンの真骨頂を感じる。

何十年も続けて毎年コンスタントにあれ程のレベルの作品を撮って下さるのですから…尊敬に値するのは勿論のこと、ファンにとっては嬉しくてなりません! o(^-^o)(o^-^)o

今年の12月1日で、何と72歳!師匠の円楽並びにクリント・イーストウッド同様、いつまでも長生きしてもらいたいものです…。

最後に気付いたことをひとつ…

ウディ・アレンは、意外と田村正和さんに似ている…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

【上楽 真打昇進披露興行】

【上楽 真打昇進披露興行】
【上楽 真打昇進披露興行】
【上楽 真打昇進披露興行】
【上楽 真打昇進披露興行】
【上楽 真打昇進披露興行】
【上楽 真打昇進披露興行】
【上楽 真打昇進披露興行】
【上楽 真打昇進披露興行】
昨日は〈両国寄席〉の7日目。今月は〈ジョニー〉こと新真打・上楽師匠の披露目…【三遊亭上楽 真打昇進披露興行】でした!

メンバーは出番順に…

王楽、愛楽、楽麻呂、左橋、五九楽、好楽
〈仲入り〉
口上、陽・昇、上楽
(敬称略)

でした。

先ずは、鳳笑くんが『千早振る』。続いて私が、円楽直伝『牛ほめ』。いいお客様の所為かゲラゲラ笑ってくれて、大変気分がよかとです!

お後は、愛楽師匠『宗論』、楽麻呂師匠『蜘蛛駕籠』、左橋師匠『目黒の秋刀魚』、五九楽師匠『寄合酒』と盛り上げて下さり、好楽が十八番『幇間腹』を披露して賑々しくお仲入り。

休憩後には〈三遊亭上楽 真打昇進披露口上〉。左橋師匠がウグイスの鳴き真似で華を添えて下さいました! o(^-^)o

実に愛のこもった(?)口上の後には、宮田陽・昇兄さん方の漫才をはさんで、いよいよジョニーの登場!ネタは『紙入れ』。

…前から気になっていたフレーズ…「新吉の野郎、ウチの女房とヤリやがってー!」が、最高におかしいのですわ! (ノ゜O゜)ノ

終演後には、お馴染み〈日本海〉で打ち上げ。主役のジョニーと、この日…11月7日が誕生日で遂に〈三十路〉を迎えた私と、次の日が誕生日の愛楽師匠との3人が祝福(?)されて…嬉しい所為か、ついつい呑んでしまいました! (☆_☆)(←またかよ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

【第 2回 山王寄席】

【博多・天神落語まつり】が終わってしまい、何だか〈修学旅行〉から帰った子供の様に淋しい気分に襲われましたが、戦士に球速…違う、休息はありません! (>_<)

昨日の昼間は、我が〈円楽党〉の最高顧問・櫻井眞平さんからの依頼で【山王寄席】でした。中身は私の独演会で、去年に引き続き二度目。同じ場所にまた呼んで頂ける…芸人にとってこれほど嬉しいことはございません m(__)m

会場は〈山王日枝神社〉。お客様は、昨年と同じく約70人。先ずは次の日…11月 7日が自分の誕生日であることを宣伝(?)して、これが記念すべき〈20代最後の高座〉と発表してから、小朝師匠直伝の『宮戸川』。昨年同様よく笑う方々で感謝!

そのまま立て続けに『蒟蒻問答』。演ってて楽しいわお客さんにはウケるわ…ただサゲ間際で、メチャクチャ噛んでしまいましたが… ( ̄▽ ̄;)

お着替え休憩をはさみ、トリネタは『三枚起請』。最後の最後まで、文字通り〈爆笑〉して下さって(←ホントだよ?)王ちゃんは嬉しゅうござんす! o(><)o

終演後には、秋葉原駅にあるお寿司屋さん〈まぐろ問屋 十代目彌左ェ門〉にて櫻井さんに御馳走になり…三席熱演した後の寿司・冷酒は、バカに旨い!(←まだ呑んでるのかよ…)


…しかしケータイ変えて初めてブログを打ちましたが、今までのケータイがホントに打てる文字数が少なかった事を痛感しました…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

ケータイおわかれ

ケータイおわかれ
約2年半使った〈D506i〉と、今お別れします (>_<)

写真が使えなくなってしまうので、最後に福岡空港の土産物屋で見つけた此の一品で、清らかにお別れしましょう… m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 26

【博多・天神落語まつり】  26
みんなを集めて…

「どうだい、今回の〈反省会〉でもするかい?」

と、生ビールを片手に持ってきちんと〈反省会〉…って、全然反省してないやんけー! Σ( ̄□ ̄;)

楽太郎師匠、来年も宜しくお願いします♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 25

【博多・天神落語まつり】  25
〈二日酔い〉…と云うよりも〈三日酔い〉の体で起きて朝食を食べた後、私と同様〈三日酔い〉の好楽と遊馬・好二郎両兄、ひろ木くんに私は〈福岡空港〉へ (。・_・。)ノ

空港に着いてお土産を買ったりした後に好楽が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 24

【博多・天神落語まつり】  24
〈うまかもん亭〉で散々食べて呑んで満足した我々は、そのままホテルへ…無論行かず好楽を先頭に、笑志・遊馬・好二郎・志ん公・ひろ木、そして私は、前日と同じくラーメン屋〈花山〉へ。懲りないまま夜はふけた…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 23

【博多・天神落語まつり】  23
楽日(…ってか2日目)の打ち上げ会場は、鉄板焼きの〈うまかもん亭〉。マライア・キャリーも来店した此のお店…ステーキがバカウマ♪

主催の兄弟子・楽太郎師とパチリ。師匠、素敵な祭典を有難う御座いました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 22

【博多・天神落語まつり】  22
【博多・天神落語まつり】〈イムズホール〉のフィナーレを飾るのは、九代目・林家正蔵師匠!

ネタは、人間国宝・桂米朝師匠直伝『一文笛』!お客様が喜んだのは勿論の事、締めに相応しい素晴らしい一席でした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 21

【博多・天神落語まつり】  21
先ずは、2009年の春に〈林家三平襲名〉を控えるいっ平師匠が、お父様を彷彿とさせる爆笑ギャグを連発してから『悋気の独楽』…何度も此のブログで記してますが、いっ平師には〈天性の華〉があります! 〜( ̄▽ ̄〜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 21

【博多・天神落語まつり】  21
先ずは、2009年の春に〈林家三平襲名〉を控えるいっ平師匠が、お父様を彷彿とさせる爆笑ギャグを連発してから『悋気の独楽』…何度も此のブログで記してますが、いっ平師には〈天性の華〉があります! 〜( ̄▽ ̄〜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 21

【博多・天神落語まつり】  21
先ずは、2009年の春に〈林家三平襲名〉を控えるいっ平師匠が、お父様を彷彿とさせる爆笑ギャグを連発してから『悋気の独楽』…何度も此のブログで記してますが、いっ平師には〈天性の華〉があります! 〜( ̄▽ ̄〜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 18

【博多・天神落語まつり】  18
トリは、待ってました夢之助師匠! \(o ̄∇ ̄o)

何度聴いても爆笑のマクラを味わってから、ネタは『天災』。八五郎の「それが天災です!おわかりか?」が、ヒジョーにおかしい!ソデで芸人も爆笑のままお開き♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 20

サブタイトルは…〈家入家(←ウチの本名)VS海老名家〉でしょうか? (・_・?)

此の大きな祭典に参加させてもらえる喜びを噛みしめながら、高座へ…。

マクラをふっていると、いいお客様。皆さん祭典を楽しんでいる感じで、雰囲気が最高♪30分もの持ち時間を頂いた為、迷った挙げ句『竹の水仙』!

妙な達成感を感じながら、兄弟子・好楽とバトンタッチ。息子の熱演(?)に刺激を受けたのか、十八番の『紙屑屋』! \(o ̄∇ ̄o)ハクシーワーハークーシー

前半〈家入家の部〉が終了し、いよいよ後半〈海老名家の部〉の始まりです♪ (。・_・。)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 19

【博多・天神落語まつり】  19
十二分に落語を堪能して、夜の部にはいよいよ自分の出番がある会。名付けて【親子兄弟快演・血縁の会】!メンバーは出番順に…

三遊亭王楽、三遊亭好楽
〈仲入り〉
林家正蔵、林家いっ平
(敬称略)

でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 18

【博多・天神落語まつり】  18
トリは、待ってました夢之助師匠! \(o ̄∇ ̄o)

何度聴いても爆笑のマクラを味わってから、ネタは『天災』。八五郎の「それが天災です!おわかりか?」が、ヒジョーにおかしい!ソデで芸人も爆笑のままお開き♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 17

【博多・天神落語まつり】  17
ウチのお父さん・好楽が登場して『親子酒』でお仲入り。

休憩中に、たい平師匠とパチリ♪ウレシー! (≧∇≦)/(←まるでシロートだ)

そのたい平師匠が『不動坊』。かじりついて聴いちゃいました♪ (。・_・。)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 16

【博多・天神落語まつり】  16
ふってから『味噌豆』。

続いては〈立川流〉を代表しまして笑志兄さんが登場。来年の真打昇進を宣伝してから『茶の湯』。好二郎兄も笑志兄も、前の晩あんなに呑んだのに…みんなタフだわ (;-_-)=3 フゥ

お後…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 15

志ん五師匠が『素人義太夫』…ソデで聴いてて大爆笑!何て幸せなひととき…♪ ('-'*)エヘ

休憩後、のいる・こいる先生の爆笑漫才をはさんで、トリで歌之介師匠が『龍馬伝』…モニターから聴こえてくる漫談に、ただただ爆笑するしかありませんでした… m(__)m

次なる番組は【東京四派揃いぶみ】。メンバーは出番順に…

三遊亭好二郎、立川笑志、三遊亭好楽
〈仲入り〉
林家たい平、三笑亭夢之助

でして…タップリ落語が聴けて、王ちゃんは果報者です!

先ずは、一門の兄弟子・好二郎兄さんが毎度お馴染みの爆笑マクラを…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 14

番組は【爆笑グッドモーニング寄席】! 〜( ̄▽ ̄〜)

メンバーは出番順に…

三遊亭遊馬、三遊亭楽太郎、おぼん・こぼん、古今亭志ん五
〈仲入り〉
昭和のいる・こいる、三遊亭歌之介
(敬称略)

でした m(__)m

先ずは〈二日酔い〉の遊馬兄さんが『真田小僧』。

続いて同じく〈二日酔い〉の楽太郎師匠が、得意の『町内の若い衆』。

お後も、これまた〈二日酔い〉のおぼん・こぼん先生の登場…然しながら出てくる皆さん、まるで二日酔いを感じさせないステージ…プロ中のプロです! \(o ̄∇ ̄o)

さて、その次は…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 13

【博多・天神落語まつり】  13
みんな揃って呑みすぎてしまった後の【博多・天神落語まつり】の2日目…朝、ホールへ向かう道のりでパチリ♪ (。・_・。)ノ

楽屋入りして間もなく、楽太郎師・遊馬兄も私と同じくゲーゲー云いながら楽屋入り… (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

【博多・天神落語まつり】 12

【博多・天神落語まつり】  12
みんなで文字通り〈ヘベのレケ〉になってホテルに帰ると、同じく〈ヘベのレケ〉になっておりました(?)〈便所でお尻をふく会長〉こと三遊亭小遊三師匠と遭遇♪ \(o ̄∇ ̄o)オシリカジリムシー

明日も頑張るぞー! (>_<)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 11

【博多・天神落語まつり】  11
まだまだ終わりませんでした! 〜( ̄▽ ̄〜)

好楽を筆頭に笑志・遊馬・好二郎・ひろ木、そして私は〈花山〉と云うラーメン屋にて、今後の落語界についてミーティング…する筈がなく、ただただ酩酊するばかり…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 10

【博多・天神落語まつり】  10
前の写真は、来春に真打昇進の決まっている立川笑志・三遊亭遊馬両兄さん。じゃれあって…ホントに仲がよろしいこと♪

楽太郎師匠が司会となり、出演者が御挨拶して清らかにフィナーレ…と思いきや、博多の夜は…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 9

【博多・天神落語まつり】  9
さてさてお楽しみの打ち上げは、博多駅近くの〈蔵音(くらいん)〉と云う、刺身がバカウマの高級居酒屋♪ ('-'*)

落語界の人気者ばかりが集う打ち上げですから、楽しくない筈がありません! (≧∇≦)/ マサニシフクノトキ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】8

トップバッターは、前の写真の〈落語界のジュード・ロウ〉こと古今亭志ん公兄さんで『子ほめ』を御披露。

続いて、来春に真打昇進・博多出身の立川笑志兄さんが『反対車』。

志ん五師匠が、サラリと江戸前に『幇間腹』を演ると、飛行機の中で爆笑落語『じゅげたら』も聴かせて頂きました大ファン・夢之助師匠が、これまた鉄板の爆笑落語『宗論』を御披露して、お仲入り m(__)m

休憩後には、おぼん・こぼん先生が賑々しく軽快な漫才でお客様を喜ばせると、トリの歌之介師匠が『B型人間』…50分間の爆笑落語でお開きでした (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 7

【博多・天神落語まつり】  7
番組は【前夜祭イムズ爆笑寄席】でした (。・_・。)ノ

メンバーは出番順に…

古今亭志ん公、立川笑志、古今亭志ん五、三笑亭夢之助
〈仲入り〉
おぼん・こぼん、三遊亭歌之介
(敬称略)

と云う、爆笑の布陣!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 6

【博多・天神落語まつり】  6
主催の方から「お陰様で、お子さん達が大喜びでした!しばらくあの子達の間で〈落語ブーム〉が起きると思います」と、我々にとっては最大の惨事…否、賛辞を賜りました! (≧∇≦)/ ホメラレチッタ

さて、夜の部ですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 5

【博多・天神落語まつり】  5
一席終わると、余芸の〈津軽三味線〉も出血大サービス!
\(o ̄∇ ̄o)

続いて私も負けじと十八番の『平林』。博多のお子さんはレベルが高い所為か、よう笑う♪

トリで遊馬兄が『転失気』で、キレイに終了…!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 4

【博多・天神落語まつり】  4
続いて私の〈お囃子教室〉。遊馬兄さんがお子さんの心を掴んで下さったので、やりやすかったです♪ ('-'*)

お仲入りはさんで〈落語実演〉で、トップバッターはひろ木くんで十八番の『動物園』を御披露♪ m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 3

【博多・天神落語まつり】  3
さあ開演。客席を覗いてみると、沢山の小学生の方々が親御さんと一緒にいらして感激♪

先ずは遊馬兄の〈落語入門〉。小学生を舞台に上げて小咄を演ってもらいましたが、舞台に上がると緊張した様で…でもご立派!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】 2

【博多・天神落語まつり】  2
福岡空港に着いてすぐに、遊馬兄さんとひろ木くんと私は〈イムズホール〉へ。催しものは【お楽しみこども寄席】。

遊馬兄が〈落語入門〉、私が〈お囃子教室〉。やったことがないので、やや緊張しました… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【博多・天神落語まつり】

【博多・天神落語まつり】
昨日から2日間、我が兄弟子・楽太郎師匠のプロデュースで【博多・天神落語まつり】でした (。・_・。)ノ

行きは好楽・小遊三・楽太郎・たい平各師匠方と一緒の飛行機でしたので、何だか遠足みたいでウキウキでした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

【港区勤労者サービス公社】3

ネタは、いつもハラハラする『やかん』をチョイス。稽古をつけてくれた三三師匠、勝ちました(←誰にだよ)。

お後は、御年87歳の玉川スミ師匠。いつまでもお元気で嬉しい限りです。

続いて、私が素人時分から大ファンの扇遊師匠の登場。ソデでかじりついて楽しみにしておりますと『天狗裁き』。至福の落語空間…!

仲入りはさんで、人気者・テツandトモさんの登場。黄金のネタ「なんでだろ〜」に御満悦。

正楽師の文字通り〈紙業(かみわざ)〉をはさんで、正蔵師の登場に大喜び。『読書の時間』には大爆笑!

楽しかった♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【港区勤労者サービス公社】 2

【港区勤労者サービス公社】  2
正蔵師の一番弟子・たけ平さんが、今年【NHK新人演芸大賞】本選出場を決めた『紀州』を御披露。オリジナルの爆笑クスグリに、お客も私も抱腹絶倒! (≧∇≦)/ キシューコウゲキ

後輩にプレッシャーをかけられ高座へ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【港区勤労者サービス公社】

ブッシュを観た後、半蔵門の〈国立演芸場〉へ。その夜は【港区勤労者サービス公社 特別貸切公演】でした (。・_・。)ノ

メンバーは出番順に…

林家たけ平、三遊亭王楽、玉川スミ、入船亭扇遊
〈仲入り〉
テツandトモ、林家正楽、林家正蔵
(敬称略)

と云う〈落語協会〉の寄席にゲスト出演(?)させて頂いた様な顔付けでした m(__)m

「どんなお客さんが来てるんぢゃろ… (・_・?)」と少々ドキドキしながら、前座の春風亭正太郎くんの『穴子でからぬけ』を聴いていると、いいお客様でひと安心♪ 〜( ̄▽ ̄〜)

続いては…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.136 】

昨日は〈シャンテシネ〉にて『大統領暗殺』を観ました (。・_・。)ノ

「もしもブッシュ大統領が殺されたら…!?」…と云うかなりリアルなドキュメンタリー風の作品で、現職の人を題材にしているから国内外で賛否両論を巻き起こしておりますが…

道徳的な良し悪しは別にして、とてもクオリティの高い作品です。

何がスゴいって、インタビューを受けている役者さんが上手すぎて…超ホンモノって感じ! (≧∇≦)/ コワイクライサ

まァ然しながらこんな作品が出来てしまうんですから…矢張りアメリカはおっかない国でござる… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

【〆張鶴しぼりたて落語会】

【〆張鶴しぼりたて落語会】
〈池袋余一会〉が、打ち上げも含め予想以上に盛況に終わった次の日、私は新潟県の村上へ行き〈宮尾酒造〉さん主催の【〆張鶴しぼりたて落語会】でした (。・_・。)ノ

着いてみると、ザーザー降り…雨男到来だ (-_-;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【〆張鶴しぼりたて落語会】 2

【〆張鶴しぼりたて落語会】  2
村上駅まで〈宮尾酒造〉さんの若旦那が、お車でお出迎え。何とも有り難い♪ ('-'*)

早速、写真の通りに着替えて酒蔵を見学させて頂きました。1ヶ月前にラジオで行った宮崎の〈焼酎道場〉を思い出す…呑みたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【〆張鶴しぼりたて落語会】 3

【〆張鶴しぼりたて落語会】  3
会場は〈善蔵〉と云う割烹料理屋さんの広間で、約80人ものお客様が大雨にも拘わらず御来場 m(__)m

『高砂や』と『片棒』を披露。よく笑って下さり、上機嫌!

終演後、しぼりたての〈〆張鶴〉を呑む…美味い♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

【三遊亭好楽 一門会】

【三遊亭好楽 一門会】
昨日は〈池袋演芸場〉にて昼夜興行。昼は【三遊亭好楽一門会】。夜は【三遊亭好楽独演会】でした (。・_・。)ノ

昼のメンバーは出番順に…

かっ好、好二郎、好楽
〈仲入り〉
王楽、好太郎
(敬称略)

でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【三遊亭好楽 一門会】 2

【三遊亭好楽 一門会】  2
先ずはかっ好くんが『新聞記事』。前日の『堀の内』を聴いた時も思いましたが、上手くなってます。追い抜かれない様に稽古しなければ… (;-_-)=3 フゥ

続いて、技巧派・好二郎兄さんの登場。相変わらずマクラで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【三遊亭好楽 一門会】 3

【三遊亭好楽 一門会】  3
爆笑させてから『猫の皿』。

お後は、好楽が十八番の『紙屑屋』を口演して、賑やかにお仲入り。

さて休憩後は、私。ウチの愚姉が経営する〈ひなの郷〉が偽装してないことを報告(?)しつつ、普段上がることの…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【三遊亭好楽 一門会】 4

【三遊亭好楽 一門会】  4
〈池袋演芸場〉なので、高座にて記念写真を撮ってから(写真)『ろくろっ首』。久々に演ったが、矢張りいい噺♪ ('-'*)

トリで好太郎師匠が『死神』を口演した後〈大喜利〉で賑やかにお開き♪

夜も頑張るぞー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【三遊亭好楽 独演会】

【三遊亭好楽 独演会】
さて夜は【三遊亭好楽 独演会】。

番組は、以下の通り…

かっ好、王楽、好楽
〈仲入り〉
ナポレオンズ、好楽
(敬称略)

で、別タイトルを付ければ【好楽・ナポレオンズ W親子会】でしょうか (・_・?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【三遊亭好楽 独演会】 2

【三遊亭好楽 独演会】  2
楽屋には出演者の他に、勢朝師匠・仙志郎兄さん・上楽師匠などなど、沢山の方々が応援(?)に駆けつけて下さいました ('-'*)

開場してみれば、昼夜ともに〈満員御礼〉♪お客様は、本当に有り難いものです m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【三遊亭好楽 独演会】 3

【三遊亭好楽 独演会】  3
先ずはかっ好くんが、前日も聴かせてもらった『堀の内』。

続いて私が、久方振りに『猫久』。昼『ろくろっ首』に夜『猫久』…ひとりで勝手に〈五代目柳家小さんトリビュート〉しちゃった感があります♪ (。・_・。)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【三遊亭好楽 独演会】 4

【三遊亭好楽 独演会】  4
然しながら『猫久』は難しい噺…〈目白〉のお師匠さんから「簡単な噺なんて無えんだ、バーロー(馬鹿野郎)」と、怒られそうです…稽古しなくちゃ (>_<)

お後は好楽、一席目『文違い』。私も久し振りに演ろうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【三遊亭好楽 独演会】 5

【三遊亭好楽 独演会】  5
休憩はさんで、人気者・ナポレオンズ先生の登場に大喜び!事も無げに軽妙に笑わせるのは、流石の一言…。

再び好楽が上がって『富久』…好楽が持つ天賦の〈軽さ〉が十二分に生きた『富久』でした! 〜( ̄▽ ̄〜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余一会の済んだ後…

余一会の済んだ後…
とっても充実した(と思ってる)余一会が終わると、演芸場近くの〈庄屋〉にて打ち上げ。

写真は、かっ好くんのお父上・ボナ植木先生。パルト小石先生と共に、いつも申し訳ありません…本当に有難う御座いました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

余一会の済んだ後… 2

余一会の済んだ後…  2
4日前も館林で〈二人会〉をやらせて頂いた好二郎兄さんとのツーショット♪

今後とも的確なアドバイス、宜しくお願いします! \(o ̄∇ ̄o)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

余一会の済んだ後… 3

余一会の済んだ後…  3
楽屋にいらして下さった勢朝師匠と仙志郎兄さん、そして愚姉のじっこのスリーショット。なかなか酩酊の御様子♪

清く明るくどうしようもなく… (-_-#)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余一会の済んだ後… 4

余一会の済んだ後…  4
新真打の〈ジョニー〉こと上楽師匠と、普段から新真打ならびにウチら家族も御世話になっている野崎さん。

これからもジョニー共々、宜しくお願いします m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余一会の済んだ後… 5

余一会の済んだ後…  5
打ち上げに駆けつけてくれた〈ガッポリ建設〉の小堀さんと、ウチの姪っ子のひーちゃん。

〈M−1グランプリ〉の予選に共に出た、云わば〈師弟関係〉の此の2人。傍目にも絆が見える…ワケがない (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »