« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月30日 (木)

これ何て読むのかな?

これ何て読むのかな?
おうべいか (-_-;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

【映画見聞記 vol.123 】 2

【映画見聞記 vol.123 】  2
此の人の作品の素晴らしい部分は、その組み立て方の見事さもさることながら、非常にクサい言葉で云うと〈愛〉や〈優しさ〉があるから、その了見が伝わってくる。一見の価値あり。

シッコして寝よ… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.123 】

昨日は〈シャンテシネ〉にて『シッコ』を観ました (。・_・。)ノ

チケット屋で「シッコ1枚」と云った時、妙な羞恥心を味わいましたが… (-_-;)

此の作品は、傑作『ボウリング・フォー・コロンバイン』や〈パルムドール〉を受賞した『華氏911』などで知られる孤高のドキュメンタリー映像作家・マイケル・ムーアの新作で、今回彼が取り上げたのは〈医療問題〉! (>_<)

「どんなもんぢゃろ?」と観てみると、これがまた面白い♪驚愕の〈米国医療問題〉が、あれよあれよと露わになる。あの超大国の医療レベルが、世界で37位とは…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

【YEBISU亭 番外編】 4

【YEBISU亭 番外編】  4
ネタは『ちりとてちん』。噺のスピード感と仕草に、花緑師匠を感じました(←花緑師のDVDで稽古されたそうな…納得!)。

トリで彦いち師『掛け声指南』でビシッと締めました!

【YEBISU亭】に乾杯♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【YEBISU亭 番外編】3

ネタは『真夜中の襲名』…と、タイトルは普通なんですが、内容は先ず普通の寄席では出来ないようなアブナいものでした。相変わらず過激派です… (-_-;)

直後、お馴染みのトークコーナー〈今夜踊ろう〉。プロデューサーでありトークの司会者・まあくまさこさんが、此の日も〈可愛く気がなく聞いてない〉をモットーにした司会っぷりでした! (≧∇≦)/ オドローゼ

お仲入り休憩はさんで、いよいよ〈YEBISU亭かいじ〉の初高座… m(__)m

緊張感の漂う中、舞台ソデで見守っていると…これがビックリ、上手いの何の! Σ( ̄□ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【YEBISU亭 番外編】2

その曽世海児さんが、此の度〈YEBISU亭かいじ〉と云う名前で落語を演ることに相成りましたので、先ずは出演者5人が並んで〈YEBISU亭かいじ襲名披露口上〉。

口上が終わるとすぐに私の出番。頂いた時間は、8〜10分…だのにお客様の好みを探る為に、マクラを6分ぐらいふってしまいました! (>_<)

しかしその甲斐あって〈いいお客様〉とわかった私は、残り4分で『つる』。一命をとりとめました… (;-_-)=3 フゥ

お後の初花兄さんは『反対車』。色々入っていて、楽しく聴かせて頂きました♪

続いては、白鳥師匠。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【YEBISU亭 番外編】

昨日は、今年の3月31日に出させて頂いた【YEBISU亭】の〈番外編〉でした (。・_・。)ノ

その出させて頂いた日に、初花兄さんとの〈謎かけ対決〉(←まあ前説です)で辛勝した私は、今回の〈番外編〉に出させて頂くことになり、しかも高座に上がらせてもらえるのです! ヽ(´▽`)/

出演者は、白鳥・彦いち両師匠、初花兄さん、私、そして〈劇団Studio Life〉の俳優・曽世海児さん(←〈そぜかいじ〉と読みます。私も大好きな作品である『ユージュアル・サスペクツ』の〈カイザーソゼ〉から取ったそうです m(__)m)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

【映画見聞記 vol.122 】が…

【映画見聞記 vol.122 】が…
誤送信の為、あべこべになってしまい、すいませんです m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.122 】

とか何とか云いながらも、若干のノスタルジーと爽やかさを胸に抱いた私は、その後〈銀座テアトルシネマ〉へ向かい『酔いどれ詩人になるまえに』を観ました (。・_・。)ノ

此の作品は、カルト的人気を誇るアメリカ作家のチャールズ・ブコウスキーによる自伝的小説を映画化したものですが…

おお…良さそうな香りはしていたが、予想以上に面白かったです! ヽ(´▽`)/

女と住んでる安アパートの暑苦しさや女の上下バラバラな下着などの細部に凝っており、画面いっぱいに清々しいまでの〈ダメさ加減〉が広がっていて、とても心地良い♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.122 】2

こういった作品でキモとなるのは、ちょこっとしか出ないようなキャラに至るまでの〈キャスティング〉なのですが、それは問題なし。

リリ・テイラーのアバズレっぷりは、随所に説得力が見えてお見事。

特筆すべきは、主役にあのマット・ディロンを配したこと。

何しろ、あの逞しい体躯に汚いシャツをまとい髭ぼうぼうの姿からは〈作家としての才能〉よりも〈生命力〉を感じる。

往年の青春スターで落ち目を味わった彼だからこその説得力がある。個人的には『クラッシュ』より良かったです。

オフビートな笑いもあり、必見!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.121 】2

(神木隆之介・ささの友間)との〈心の交流〉場面が少ない

③主役に天才子役と名高い神木隆之介くんを配した

…でしょうか? (・_・?)

①にも②にも共通してるのは、要するに登場人物同士の〈心の交歓〉が浅い為に、苦心してミステリーサークルを作ったりする行動に共感が持てないんですヮ… (-_-;)(←平に平に謝ります! (>_<))

それから③の神木くん。実は初めて観させて頂いたのですが…終始、彼の声に違和感を感じたなァ。声変わりかな?

素晴らしかったのは、公平役のささの友間くんに、その母役の鈴木砂羽さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.121 】

昨日は〈丸の内TOEI②〉にて『遠くの空に消えた』を観ました (。・_・。)ノ

此の作品は『世界の中心で、愛をさけぶ』などでお馴染みの行定勲監督によるオリジナルストーリーで、勿論ご自身が監督されたものですが…

先ず始めに…約2時間半と云う長さを感じさせないし、マンガの映画化などが多い昨今に〈オリジナル脚本〉で一石を投じた行定勲監督の心意気に敬意を表します(←お前は女王陛下か)。

気になる点は3つ…

①さわこ先生(伊藤歩)の部分が、少々蛇足に感じなくもない

②ヒハル(大後寿々花)と、主演男の子2人…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

〈ぼっちゃん5〉in 浜松2

会場は、約500人のお客様で埋め尽くされており、先ずは5人揃って御挨拶 m(__)m

トップバッターは私。マクラからゲラゲラと笑って下さる…大変気分を良くしたまま『牛ほめ』。気持ちいい高座でした♪ ヽ(´▽`)/

八光兄は、十八番の『犬の目』。

〈木久蔵襲名〉カウントダウンのきくお兄は『片棒』。

同じく〈春蝶襲名〉カウントダウンの春菜兄は『世帯念仏』。

トリはリーダーのいっ平師匠が、これまた十八番の『荒茶』。お客様は最後まで笑ってくれました (≧∇≦)/ ハハハ

〈ぼっちゃん5〉、向かう処敵なし…か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〈ぼっちゃん5〉in 浜松

昨日は、浜松にて〈ぼっちゃん5〉の落語会でした (。・_・。)ノ

東京駅でいっ平師匠ときくお兄と落ち合うと、何故かホッとします♪ ('-'*)

会場は、浜松駅近くの〈オークラアクトシティホテル浜松〉。浜松駅の改札にて春菜・八光両兄とも落ち合い、みんなで駅からワイワイ云いながら会場入りする様は〈仕事〉には見えません。どう贔屓目に見ても〈部活〉です… (-_-;)

楽屋入りした我々5人が先ずしたことは、今後の落語界についてのミーティング…をする筈もなく、文字通り〈愚にもつかない〉トークで盛り上がりました (。・_・。)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

【第3回 王楽・三席】 4

【第3回 王楽・三席】  4
にて、兄弟子の好二郎兄さんが勝ち抜きました!

〈祝勝会〉と称して、好楽家族・好二郎兄・仙志郎兄・ひろ木くんと、日暮里でカラオケ♪

次回の【コンペティション】には、私が出ます。好二郎兄に続け! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第3回 王楽・三席】3

はん治師匠直伝の『ろくろっ首』。実に4年振りに高座にかけましたが、思いのほか久々に演ってみたらコレが面白い♪可愛くて落語らしい落語なので、大事にしていきたいです m(__)m

お仲入りはさんでトリネタは、三遊亭圓朝作の『お札はがし』。これまた2年振りにかける此の噺、演りがいのある噺ですし、大変おこがましいですが、私に合ってる様な気が致します! (≧∇≦)/ キハタシカカ?

終演後にお客様と打ち上げしてましたら、大変嬉しいニュースが飛び込んで参りました…

〈六人の会〉主催の【東西若手落語家コンペティション】…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第3回 王楽・三席】2

その内容は…8月25日(土)23時からのテレビ朝日『スマステーション!!』に、ゲストで笑福亭鶴瓶師匠が出られて〈かっこいい落語家〉の話で私王楽について触れるので、写真を貸して頂きたいとのFAXでした! \(o ̄∇ ̄o)ヤッター

読み上げた途端、場内からは万雷の拍手!…が、最後の二行が気に掛かった…

「※生放送のためスタジオ尺によっては、三遊亭王楽様の話題が出ない可能性もあります。大変恐縮ですが、その際はご容赦ください。」

ご容赦できるか! (>_<)

「世の中そんなにウマい話はない」といった話から、二席目の…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【第3回 王楽・三席】

昨日は【第3回 王楽・三席】でした。

前座なし・ゲストなしの此の会…開演直前に独りでポツンと楽屋におりますと、矢張りいつも通り嘔吐したくなる程、緊張するんです(←これがまた大袈裟ぢゃないんだわ… (-_-;))。

先ず一席目は『雑俳』。此の『雑俳』と『やかん』と『新聞記事』の三席は、必ず直前にさらわないと怖くて出来ない三席ですが、とりあえずさらったので一命を取り留めました… (;-_-)=3 フゥ

相変わらず〈立て板に水〉の見事な『雑俳』を披露してから(←ホントかよ)、ウチに届いたFAXを読み上げました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

【映画見聞記 vol.120 】 2

【映画見聞記 vol.120 】  2
魅力に吸い込まれていくんです♪

ギャグのはさみ方や極力セリフを排した語り口が、北野武さんとアキ・カウリスマキに似ている。故に、大変センスの良い監督です m(__)m

ともかく美しい風景に酔いしれます…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.120 】

昨日は〈シャンテシネ〉にて『長江哀歌』を観ました (。・_・。)ノ

中国のジャ・ジャンクー監督作品で、三峡ダム建設で水に沈むことになった街に訪れた男女の物語。昨年度の〈ヴェネチア国際映画祭〉で、金獅子賞を受賞した作品でしたが…

私の予想通り…

・スターなし
・淡々とした語り口
・絵画のように美しい風景

…と云う三要素の為に、序盤は〈睡魔〉との戦いを強いられました… (-_-;)(〈絵画のように美しい風景〉は、時として絶大な催眠効果があります)

しかしながら、それを乗り越えてしまうと、此の映画の持つ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

【圓朝まつり】4

鏡味仙志郎兄さんが、見事な曲芸を披露された後、トリの鳳楽師匠は…待ってました!三遊亭圓朝作『牡丹灯籠』の〈お札はがし〉! (≧∇≦)/ ゾワーッ

21日(火)の【王楽・三席】で『お札はがし』を演る私は、これまた勉強させて頂きました m(__)m

鳳楽師匠が〈圓朝作品〉で【圓朝まつり】のフィナーレを飾ると…何と壬生から急いで帰ってきた好楽が、舞台に登場! \(o ̄∇ ̄o)

「鳳楽兄さんの噺に聴き惚れちゃって…来年は私も出ますので、どうぞ宜しくお願いします!」で終了。

終演後は〈乃池寿司〉にて打ち上げ。圓朝万歳!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【圓朝まつり】3

「そうだ、6年振りの高座だから自己紹介をしよう」と、私が〈好楽の息子〉云々といつもながらのマクラをふってみると、皆さんトリビアの様に「へぇ〜っ…」と感心なさって…。

と云うことは、明らかにいつもの落語会のお客様とは違うと悟り、事前にネタ帳を見て出ていなかった『鼓ヶ滝』を口演。正蔵師匠、お陰様で今宵もウケました m(__)m

続く円橘師匠は『庖丁』。自分も演り相当難しいネタなので、後ろへ回って勉強させて頂きました♪

円橘師匠がじっくり聴かせてからお仲入り。休憩はさんで、いつも大変お世話になってる…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【圓朝まつり】2

王楽、円橘
〈仲入り〉
仙志郎、鳳楽

でした m(__)m

開演前の全生庵の入り口では、誰もがノスタルジーを感じずにいられない〈祭り囃子〉が鳴り響き、その音色に誘われていつもと変わらず大勢のお客様がお出で下さいました ('-'*)

客席が熱気に満ち満ちてきたところで、さあ開演。

先ずは橘也くんが『転失気』。ソデで聴いていると、お客様方ゲラゲラとお笑いになられているご様子…これは何とも有り難いかたじけない! \(o ̄∇ ̄o)

まだまだお客様がつっかけていた為に、橘也くんが〈お膝送り〉をした後に私が登場。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【圓朝まつり】

昨日は〈全生庵〉での【圓朝まつり】でした (。・_・。)ノ

此の会は、我が〈円楽党〉の患部…ぢゃなく幹部である鳳楽・好楽・円橘各師匠の3人で毎年やっている落語会…なんですが、今年は好楽が壬生におきまして【木久蔵・好楽・楽太郎3人会】があった為に、何と私王楽が父親の代演で【圓朝まつり】に出ることになりました! Σ( ̄□ ̄;)

私が【圓朝まつり】の高座に上がらせて頂くのは、入門した2001年に『かぼちゃ屋』を口演して以来ですので、実に6年振り! (>_<)

何気に軽〜いプレッシャーを感じながら、メンバーは出番順に…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【諏訪台ひろば寄席】3

おもろいんですよ。

続く私は、先月20日の【にぎわい道場】で演って以来の『巌流島』。近くて少ないお客様の前で〈地〉の部分の多い此の噺は、いささか照れますネ♪ ('-'*)

お後は再びきつつきくんで、これまた再び〈うなぎネタ〉の『鰻の幇間』。幇間持ちが怒って愚痴る部分に、彼独特のクスグリがてんこ盛りで楽しく聴かせて頂きました。彼は着々と進化しちょります… (-_-;)

トリで私は、久々に『蒟蒻問答』。此の噺は、人のを聴いて楽しく、また自分が演っても楽しいと云う稀有なネタです。

少数精鋭のお客様方に感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【諏訪台ひろば寄席】2

「今回は来ないか…」と、2人揃って肩を落としていると、階下の下駄箱辺りからガタガタ×2音がしましたからそーっと覗いてみますと…嬉しいことに、3人の女性のお客様がいらして下さいました! (≧∇≦)/ ヤッタゼ

彼女たちの気が変わらない内にさっさと開演しちまおうと、早速〈二番太鼓〉を流していると更に2人が入ってきて、最終的には8人になり【諏訪台ひろば寄席】の動員記録を塗り替えました! \(o ̄∇ ̄o)(←まあ3回目だけどね…)

先ずはきつつきくんが『うなぎ屋』。先日〈両国寄席〉でも聴かせてもらったのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【諏訪台ひろば寄席】

一昨日は、ウチの近所にある〈諏訪台ひろば館〉での【諏訪台ひろば寄席】でした (。・_・。)ノ

今回が〈第3回〉だったのですが、前にも記したかも知れませんが、手書きのポスターを近所に1枚貼るだけの宣伝なので、お客様がいらっしゃって下さるかが問題で… (;-_-)=3 フゥ

とりあえず今回の出演者は、私ときつつきくん (>_<)

18時に楽屋入りして我々は各自〈自主トレ〉をしたりしながら待っておりましたが、時間の流れと云うのは時に残酷なもので、気が付いてみるとアッという間に開演時間5分前になっておりました! Σ( ̄□ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

ドーンと鳴った花火 2

ドーンと鳴った花火  2
国立競技場のスクリーンに、協賛と思しき〈DHC〉の社名が出た時に誰かが「DHCって何の略?」と云ったら、一緒に見ていた談春師匠が「だんし はやく ちんで」…ちんで?

写真は、河出から見下ろした景色。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドーンと鳴った花火

一昨日(16日)は朝早くに起きて、埼玉県小川町にある〈高西寺〉と云うお寺さんへ、好楽と2人で行ってきまして、私は『転失気』、好楽は『ぞろぞろ』をそれぞれ口演して参りました (。・_・。)ノ

それから、日頃から御世話になっております写真家の橘蓮二さんのお誘いで、出版界の大御所〈河出書房新社〉のビルにて、神宮の花火大会を見させて頂きました! ヽ(´▽`)/

抜群のポジションなので首が疲れることもなく見させて頂いたのですが、それよりも涼しい処でビールも呑んで美味しいものを食べながらの見物は、かなり嬉しかったです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

【映画見聞記 vol.119 】 2

【映画見聞記 vol.119 】  2
これがまた凌いでないのよ… (;-_-)=3 フゥ(凌いでたのは『L.A.コンフィデンシャル』ぐらいでしたか)

性犯罪に関わってきた主役の苦悩が、よくわからんので行動が不可解。最近、名画に出会ってない気が…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.119 】

昨日は〈有楽町スバル座〉にて『消えた天使』を観ました (。・_・。)ノ

これは『インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ監督が、リチャード・ギアを主演に迎えたハリウッド進出作でしたが…

もう此の手の〈サイコスリラー〉って、どっかで観たことのある様なのが沢山あって食傷気味だったのですが…コレもその類の作品でした… (-_-;)

まあこれには書いてなかったんですが、よく此の手の作品のポスターには…

「『セブン』『ユージュアル・サスペクツ』を凌ぐサスペンス! (>_<)」

なァんて文句が記してあるんですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

【映画見聞記 vol.118 】

【映画見聞記 vol.118 】
御存知の通りの〈美男子〉なので役柄にピタリとはまり、演技の端々で「日本一の色男は俺だ!」と云う表情をなさるのですが、それが全く嫌みにならないんです♪

然し、つくづく羨ましい役でしたヮ… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.118 】

昨日の夕方〈しのばず寄席〉にて『高砂や』を口演した後、有楽町マリオン〈丸の内ピカデリー2〉へ行き『怪談』を観ました (。・_・。)ノ

此の作品は、前日の11日が祥月命日でした三遊亭圓朝の最高傑作と云っても過言ではない『真景累ヶ淵』を、『リング』などでお馴染みの中田秀夫さんが監督したものですが…

流石は中田監督。なかなか面白い〈ホラー映画〉に出来上がっております。

何と云っても、私と同い年の歌舞伎界のプリンス…そして私の〈心のライバル〉と云ってもこれまた過言ではない尾上菊之助さん(←過言だよ)が見事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

【第339回 花形演芸会】 5

【第339回 花形演芸会】  5
終演後、三三師や堀井憲一郎さん達と共に談春師に連れられ、四谷三丁目にある〈香港食堂〉と云う中華料理屋へ。此処がまた出るもの全てが美味しくて、最後にタピオカまで食べちゃいました♪談春師匠、今宵も有難う!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【第339回 花形演芸会】4

マクラにふってから『小言幸兵衛』。〈談春節〉が炸裂。個人的には「なります?なりますも下赤塚も東武練馬も無ンだよ」が、ツボにはまりました♪

お仲入りはさんで、両国寄席にも出て下さっている魔女軍団〈スティファニー〉の一員・小室千明さんによるマジック。

お後、此の度〈漫才協会漫才新人大賞〉を受賞されたホンキートンクさんの漫才をはさみ、いよいよトリの三三師匠が登場! \(o ̄∇ ̄o)

ネタは何と…柳家の大ネタ中の大ネタ・先代小さん師匠の十八番である『笠碁』!じっくりソデで拝聴させて頂きました… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第339回 花形演芸会】3

続いて女流噺家・柳亭こみちさんが『お菊の皿』。鏡味仙花さんの太神楽曲芸をはさんで、いよいよ私…。

「圓朝師匠、か弱いボクにどうぞ力を与えて下さい! (>_<)」

舞台ソデで一心に念じ…るのを忘れてしまったまんま高座へ。

ネタは、先日同じ会場にてネタおろしをした『稽古屋』。先日の独演会よりは、随分と落ち着いて口演出来た…と自分では思います… (;-_-)=3 フゥ

続いてゲストの談春師匠が、相も変わらず堂々と且つふてぶてしく登場(←ゴメンナサイ)。

温泉宿にて、あのロバート・デ・ニーロにお会いしたことを…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第339回 花形演芸会】2

慌てて(もいないが)〈全生庵〉へ向かいました (;-_-)=3 フゥ

汗ダラダラのまんま墓前に着くと、其処には私同様に汗ダラダラな桃月庵白酒師匠がお参りされてました。

「いやぁ、いい事をした後は気持ちがいいやァ! ヽ(´▽`)/」と、訳の分からない自己満足に浸りながら〈国立演芸場〉へ。

着くと〈芸術協会〉の昼席で、泣く子も黙る桂歌丸会長が『乳房榎』を口演なさっている最中で…大先輩の熱演を高座前に見られて、王ちゃん幸せです♪ ('-'*)

何やかんやしている内に、開演のお時間。先ずは柳家小きちさんが『寿限無』。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第339回 花形演芸会】

昨日は、今月3度目となる〈国立演芸場〉での【花形演芸会】でした (。・_・。)ノ

昨年演った『兵庫船』が審査員の方々に認められた為、今年から晴れて〈花形レギュラー出演者〉となりました! (≧∇≦)/ ガムバルゾ!

年2回出演させてもらえる事になった此の会、今回のメンバーは出番順に…

柳亭こみち、鏡味仙花、三遊亭王楽、立川談春
〈仲入り〉
小室千明、ホンキートンク、柳家三三
(敬称略)

でした m(__)m

…と、演芸場に出掛けるその前に此の日…8月11日が、伝説の噺家〈三遊亭圓朝〉の祥月命日だった事を思い出し…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

【ラブリースペシャル】

昨日は〈両国寄席〉の10日目。番組名は【ラブリースペシャル】。その名の通り(?)愛楽師匠がトリでした (。・_・。)ノ

私が着くと、きつつきくんが『黄金の大黒』を演っておりました。

福楽兄が『寿限無』。燕路師が、私も教わりました喜多八師の『かんしゃく』。好二郎兄が『権助芝居』。世之介師の『天狗裁き』でお仲入り。

くいつきの私は、早くから『鼓ヶ滝』を演ろうと決めてましたが『天狗裁き』が出た為『読書の時間』に変更。

仙太・仙次さんの後、愛楽師が『悋気の火の玉』。

今日の【花形演芸会】頑張るぞっ! (>_<)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

おもちゃ箱がひっくり返った!10

おもちゃ箱がひっくり返った!10
終演後は、半蔵門駅のほど近くにある〈笑笑〉にて、約50人もの人数で打ち上げ♪皆、狂った様に呑んでおりました… (;-_-)=3 フゥ

前の写真は、愚姉じっこが撮ったブレまくりのヒロ先生とのツーショット… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃ箱がひっくり返った!9

おもちゃ箱がひっくり返った!9
更には「未だにどんな会かわかりません…王楽くんは〈精神分裂〉ではないでしょうか?」にも、ドッカーン!

ネタは、自作の十八番『母恋くらげ』。2時間半の番組…お客様方は終始〈抱腹絶倒〉でした…と思う…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃ箱がひっくり返った!8

おもちゃ箱がひっくり返った!8
【おもちゃ箱がひっくり返った寄席】のトリは、喬太郎師匠! Σ( ̄□ ̄;)

開口一番「お客様に申し上げますが…今上がっていた方(ヒロ先生)と私とは、何の関係も御座いません…」の一言で、ドッカーン! (≧∇≦)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃ箱がひっくり返った!7

続いて私の大好きな夢之助師匠の登場! 〜( ̄▽ ̄〜)

相も変わらず〈突き抜ける様な明るさ〉を備えて『天災』を御披露 m(__)m

さてさてヒザは、あの立川談志師匠も惚れた奇才・松元ヒロ先生。2年前に〈銀座ガスホール〉閉館の際に催した【銀座ガスホール寄席】にご出演頂いた時同様、過激なトークで世相を斬りまくっていました♪

「恐らく、これが国立演芸場に出る最後になるでしょう!」と、ご自身が仰る程の爆弾トークでしたが、あれだけ好き放題に語ってお客様が喜ぶのは、卓越されたテクニックと人柄によるものでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃ箱がひっくり返った!6

おもちゃ箱がひっくり返った!6
お茶の間の人気者・猫ひろしさんとマネージャーの〈じじぶう〉さんが、狂った様に登場! \(o ̄∇ ̄o)

お客様方は流石に戸惑いを隠せないご様子でしたが、2人が漫才を始めてからは和やかなムードに♪ ('-'*)エヘ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃ箱がひっくり返った!5

おもちゃ箱がひっくり返った!5
姪っ子のゆのとひーちゃんが舞台へ出て、4人で「ガッポリガッポリ!」と締めくくると、お後は好楽。漫談してから〈芸者の一日〉を『梅にも春』に合わせて踊りお仲入り。

…さあ休憩後からフルスロットル! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃ箱がひっくり返った!4

おもちゃ箱がひっくり返った!4
続いては喜多八師匠が、十八番中の十八番『小言念仏』で客席をひっくり返すと、お後はガッポリ建設の登場! 〜( ̄▽ ̄〜)

とっても心配になって見てましたが、ことのほか暖かいお客様方で、安心しました (-_-#)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃ箱がひっくり返った!3

彼の手にかかると、今までは〈津軽三味線〉とは思えないほどに悲しい音色を発していたのですが…しばらく聴かない内に、随分上手くなってしまっていて…客席からは、私の想像していたのとはまるで別の〈歓声〉が響き渡ってしまいました。チッ! (-_-;)

お後は左談次師匠。開口一番…「どんな会かわからないままに来てしまったのですが…今のひろ木さんの高座を見て、どっちへ進んだら良いかわかりました…」に、思わず爆笑♪ネタは『長短』。こんな難ネタを軽〜く演ってしまうのだから…左談次師匠は、クールです! (≧∇≦)/ キマッテルー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃ箱がひっくり返った!2

おもちゃ箱がひっくり返った!2
チケットは、お陰様で〈完売御礼〉。満を持して、いざ開演! (。・_・。)ノ

トップバッターは私で、ごくごく軽く『つる』を口演してお役御免。

続いては、ひろ木くん(写真左)の〈津軽三味線〉。此の三味線がまた…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃ箱がひっくり返った!

昨日は、練馬のお寺さん〈愛染院〉へ、好楽と行って参りました… m(__)m

私が『竹の水仙』、好楽が『がまの油』を演って任務を遂行した後、そのまま〈国立演芸場〉へ向かいました。

そうです。待ちに待った落語会…【おもちゃ箱がひっくり返った寄席 〜世にもエキセントリックな芸人たち〜】でした! \(o ̄∇ ̄o)

サブタイトル通り〈エキセントリック〉な芸人がズラリと並びました。メンバーは出番順に…

王楽、ひろ木、左談次、喜多八、ガッポリ建設、好楽
〈仲入り〉
猫ひろし、夢之助、松元ヒロ、喬太郎

でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

滝野川会館にて…

此の会は〈二ツ目〉だけが出演する会で、10人もの二ツ目が〈前半5人・後半5人〉に分かれて出演…なので、開演したのは何と12時半! Σ( ̄□ ̄;)

私が14時半過ぎに着いた時には、笑福亭里光兄さんが『手水廻し』を御披露されておりました m(__)m

お後は鈴々舎風車兄さんが、喜多八師匠直伝の『欠伸指南』。私もそろそろ演りたくなりました♪

続いて古今亭志ん太兄さんが『崇徳院』。お後私でネタは『平林』。疲れを知らないお客様で、よく笑って下さる。

最後は柳家小権太兄さんが『試し酒』で、ビシッと締めてくれました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第15回 好楽一門会】

昨日は〈日本橋亭〉にて【第15回 好楽一門会】で、メンバーはお馴染みで出番順に…

王楽、好太郎
〈仲入り〉
好二郎、好楽
(敬称略)

でした (。・_・。)ノ

先ずはかっ好くんが、難ネタと云えましょう『呑める』。次から次へとネタを仕入れる姿勢が素晴らしい。

私は『宮戸川』。ウ〜ン、何度演っても掴めない噺だ… (;-_-)=3 フゥ

終わると〈日本橋亭〉を飛び出し、上中里の〈滝野川会館大ホール〉へ。戦士に休息はない…(ちなみに一門会のネタは、好太郎師『千両みかん』、好二郎兄『湯屋番』、好楽『付き馬』でした)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

【好楽ちゃん祭り】2

相も変わらず〈マクラ〉が、殺人級の面白さ! (≧∇≦)/ クルシー!

続いて好太郎師匠が『紙入れ』。こんなに軽やかで爽やかな『紙入れ』も珍しい。好太郎師匠ならでは。

ぜん馬師匠は、私も教わりましたの十八番『粗忽の使者』。こんな難しい噺で笑いをとれるなんて…やっぱり此の使者…ぢゃなく師匠は凄い! 〜( ̄▽ ̄〜)

仲入りはさんで、好楽・ぜん馬師・好太郎師のお三方による〈座談会〉。好楽とぜん馬師の〈若い頃の酒のしくじり話〉が、面白いの何の♪

隆司先生のマジックの後、トリで好楽は『替り目』!いい夜でした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【好楽ちゃん祭り】

昨日は〈両国寄席〉の6日目で、番組名は【好楽ちゃん祭り 〜61回目の誕生日〜】でした (。・_・。)ノ

メンバーは出番順に…

王楽、きつつき、好二郎、好太郎、ぜん馬
〈仲入り〉
座談会、隆司、好楽
(敬称略)

でした m(__)m

先ずは鳳笑さんが『みそ豆』。続いて私が、久方振りに『祇園会』。

お後のきつつきくんが『うなぎ屋』。うなぎの名前に〈ケンシロウ〉とか〈ラオウ〉とかつけてて面白い♪ ('-'*)エヘ

その後が、先日【天狗道場】に出て下さった好二郎兄さんで、ネタは『夏泥』。ネタの面白さもさることながら…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

はるばる来たぜ函館♪ 5

はるばる来たぜ函館♪  5
…が、世の中そんなに甘くはないようで、まるっきり当たりませんでした (;-_-)=3 フゥ

函館空港でセラピスト…否、トラピストラーメン(塩バターコーン)を食べて、東京へ戻りました。洋楽先生に幸あれ♪ (。・_・。)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はるばる来たぜ函館♪ 4

はるばる来たぜ函館♪  4
写真は、いつも大変お世話になっている(株)ロフトの土井麻由美さんと好楽。

私は、次の日…8月6日が好楽の61回目の誕生日なので〈6−8〉と〈1−6〉、そして当日の8月5日にちなみ〈5−8〉を買いました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はるばる来たぜ函館♪ 3

はるばる来たぜ函館♪  3
洋楽先生、お客様と共に、馬しかいない動物園と名高い〈函館競馬場〉へ(←誤解を招きやすいのですが、これも我々噺家にとって、親睦を深める大事な仕事なんです)。

写真は、パドックを視察する洋楽先生の背中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はるばる来たぜ函館♪ 2

はるばる来たぜ函館♪  2
起きてすぐ朝食。

写真は、透き通るように美しいイカと、粒のプリプリしたイクラの〈二色丼〉!…コレがまたアホみたいに美味いんだわさ♪ \(o ̄∇ ̄o)デリシャス(←何だ此の形容は?)

それから私は、好楽や…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はるばる来たぜ函館♪

はるばる来たぜ函館♪
皆で〈下町のナポレオン〉を空けた後、仕方なく就寝… (-_-)zzz

一足早くお休みになられた〈三遊亭洋楽市議会議員〉の寝顔をパチリ。日頃の政務の疲れの所為でしょうか…グッスリお休みのご様子です♪ ('-'*)エヘ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

住吉町にて… 4

住吉町にて…  4
食後に、車で〈函館山〉を登りました (。・_・。)ノ

標高334メートルの此の山、登ってみればチョー夜景がキレイ! (≧∇≦)/

なので写真を撮りました。

下山後、民宿にて酒盛り。食う・寝る・呑むの一日…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住吉町にて… 3

住吉町にて…  3
矢張り疲れていたんでしょう、約4時間ほど寝てしまったらしく、起きたら17時半で間もなく夕食の時間となりました(←食って寝てばっかり)。

写真は、夕食を食べている私。〈ほっけの煮付け〉が美味しかったー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住吉町にて… 2

住吉町にて…  2
食べた後、好楽とお客様御一行は〈函館競馬場〉へ (。・_・。)ノ

私は、風邪はすっかり治ったものの、矢張り2日の【天狗道場】の精神的な疲れがあったのでしょう、民宿でお留守番して寝てました (-_-)zzz(←疲れ?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住吉町にて…

住吉町にて…
【はこだて寄席】が終わった後、会場近くのホテルに泊まって明くる朝、次の宿泊場所である函館市住吉町の、とある民宿へ。

とりあえず着いて早々に朝食を食べました。写真は、朝食を食べる三遊亭洋楽市議会議員。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

【はこだて寄席】 2

【はこだて寄席】  2
色んな話を聴かせて頂いた後に、私が登場。ネタはもちろん十八番の『つる』! (≧∇≦)/ デター!

トリの好楽は『三年目』。沢山のお客様がよく笑って…北はあったかいです。

写真は、お寿司屋さんでの打ち上げ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【はこだて寄席】

とりあえず【天狗道場・特別編】が終わり胸を撫で下ろした私は、一夜明けて函館へ。

この度めでたく〈函館市議会議員〉になられ、小供の時分から大変お世話になっている兄弟子・洋楽師匠の落語会へ、好楽と行って参りました (。・_・。)ノ

物凄く立派な〈函館市芸術ホール〉と云う会場で、先ずは大楽兄さんが『大安売り』。

続いて主役の洋楽師匠が『火焔太鼓』。相変わらず優しさが滲み出る噺を聴かせて頂きました m(__)m

仲入りはさみ、函館で活動していらっしゃる先代小さん師匠の元お弟子さんの東家夢助さんと好楽との対談。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第18回 王楽の天狗道場】6

一昨年の志ら乃兄との〈因縁話〉に触れてから、喜多八師匠直伝の『三味線栗毛』。

笑いどころも怖いくらいに少なく、正直〈悲しく暗い噺〉なのでコレまたしんどいのですが、口演後に万雷の拍手(←に聞こえた)を受けてホッとしたまま【天狗道場】は終演しました… (;-_-)=3 フゥ

何はともあれ、いい緊張感の漂った素晴らしい会になりました。改めてお客様、ゲストの鶴瓶師、志ら乃・好二郎両兄、そしてスタッフの方々、更にはプログラムに素晴らしい御挨拶文を書いて下さった毎日新聞の油井さんに、心より御礼申し上げます… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第18回 王楽の天狗道場】5

正直しんどかったんですが、演ってて楽しいのも確かでした。教えて下さった馬生師匠に感謝♪ ('-'*)エヘ

お後はスーパースター・鶴瓶師匠の登場に、お客様方は狂喜乱舞!ネタは自作の〈私落語〉・御自身のお母様との思い出を面白く且つ優しく語った『お母ちゃんの笑顔』を御披露して下さいました m(__)m

お仲入り休憩をはさんで、一昨年の【NHK新人演芸大賞】で大賞を受賞された我がライバル・志ら乃兄さんが、兄さんらしいスピーディーな語り口で『天災』を口演。

先輩方に多大なプレッシャーをかけられて、いよいよトリ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第18回 王楽の天狗道場】4

続々と楽屋入りされると、有り難いと思うと同時に〈逃げ出したい程の緊張感〉にも包まれました… (-_-;)

客席はお陰様で〈完売御礼〉。座席が埋め尽くされたところで、さあ開演! \(o ̄∇ ̄o)

先ずは、頼れる兄弟子・三遊亭好二郎兄さん。2年連続で【天狗道場・特別編】のトップバッターを勤めて頂き、恐縮の至りです。ネタは『元犬』。相変わらずきっちりとお客さんを笑わせてスッと帰ってくる…粋な兄さんだ (;-_-)=3 フゥ

続いていよいよ私。昼間行ってきた病院の先生の話をしてから『稽古屋』をネタおろし! Σ( ̄□ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第18回 王楽の天狗道場】3

「お宅の云う〈夜の仕事〉って何ですか?」

「ええ…実は落語家やってまして、夜に落語会があるんです」

「落語?ハア…落語も今は落ち目だからねぇ…」

コレを聞いた時には、絞め殺してやろうかと思いましたが、普段クスリを飲まない私は点滴を打つと…アラ不思議♪すっかり体が良くなりました! 〜( ̄▽ ̄〜)

無礼だけど一応〈命の恩人〉の先生に深々と頭を下げて、一旦ウチへ戻り〈国立演芸場〉へ。

楽屋に入ると、先ず志ら乃兄、続いて好二郎兄、最後にメインの鶴瓶師匠(←お前がメインだろ…)と、ゲストの方々が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第18回 王楽の天狗道場】 2

【第18回 王楽の天狗道場】  2
70歳と思しき男性の方だったのですが、夜に仕事があると云ったら点滴を打って下さることになりました (。・_・。)ノ

写真は点滴中の私。

ただ此の先生、私の発した〈夜の仕事〉と云う言葉が気になったらしくって…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第18回 王楽の天狗道場】

一昨日は、恐れていた自分の会…【第18回 三遊亭王楽の天狗道場・特別編 〜『笑っていいとも!』終了後に胸を借りる!!〜】でした (。・_・。)ノ

…が、好事魔多し。当日起きてみてびっくり仰天…体の節々が痛く、唾を飲み込むと異様にイタい…つまり早い話が〈風邪〉をひいてしまいました…! Σ( ̄□ ̄;)

熱を計れば、何と39度もあるぢゃないですか! (>_<)

「流石にコレはまずいぞ?」と思った私は、普段は注射を打たれるのを恐れて近寄りもしない病院へ、仕方なしに向かいました… (-_-;)

診察して下さった先生が、見た処…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

【天狗道場・特別編】の前日

さて、いよいよ明日の8月2日(木)…

【第18回 三遊亭王楽の天狗道場・特別編 〜『笑っていいとも!』終了後に胸を借りる〜】

が、半蔵門の〈国立演芸場〉にて開催されます! Σ( ̄□ ̄;)

メンバーは出番順に…

好二郎、王楽、鶴瓶
〈仲入り〉
志ら乃、王楽
(敬称略)

と、サブタイトルの通り鶴瓶師匠が登場します! (≧∇≦)/ ウレシー!

ライバルの志ら乃・好二郎両兄にも出て頂き、王楽は今プレッシャーで潰されそうです… (;-_-)=3 フゥ

御陰様でチケットは〈完売御礼〉 m(__)m

先輩に負けぬ様、頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.117 】

昨日は〈シネスイッチ銀座〉にて『天然コケッコー』を観ました (。・_・。)ノ

くらもちふさこさんの同名マンガを、現時点で今年のベスト3に入っている傑作『松ヶ根乱射事件』の山下敦弘さんが監督したものですが…

オヤ?これは〈山下敦弘らしさ〉が希薄で、少々物足りないぞ?

全編を流れる空気は頗るサッパリしていて結構なのですが、サッパリし過ぎな気が… (-_-;)

様々なことを慮る主役を夏帆さんが好演。出番は少ないが、夏川結衣さんが〈器の大きい母〉を演じて印象的。佐藤浩一さん、田舎のオヤジにしては格好よすぎ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »