« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

【映画見聞記 vol.90】 3

【映画見聞記 vol.90】  3
ところどころで〈たるみ部分〉があるものの、それとは逆にところどころでの〈映画的興奮〉がそれを補っているので及第点(←なぜ上から目線?)。

ラストああ云う形でBEGINが登場するのがどうも解せぬが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.90 】2

〈疾走感〉が心地良い。気が付けば私は、口をポカ〜ンと開けたまんま観ておりまして…改めてオープニングの大切さを思い知らされましたヮ… m(__)m

〈ヒロイン〉から〈のべつウンコを踏んでる奴〉に至るまで、演技と云うよりもむしろ〈地〉の部分が出ているような感じがして好ましい。

特筆すべきは、昼と夜の使い分け。

昼間は、晴れた空の下バンド練習したり自転車乗ったりと爽快感が漲ってますが、夜に美しい場面が多いのに驚嘆。

兄妹同士がオナラ対決する場面、歌いながら告白する場面、蝋燭の灯りで手紙を書く場面等…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.90 】

昨日は〈銀座テアトルシネマ〉にて『恋しくて』を観ました (。・_・。)ノ

此の作品は、秀作『ナビイの恋』(←ま、観てないんだけどね♪)など沖縄を舞台に撮影する中江裕司監督が、BEGINのエッセイにインスパイアされて撮った映画でしたが…

美しき石垣島の風土にもたじろがない若き演者たちが、縦横無尽に突っ走る青春映画の佳作でした! (≧∇≦)/

オープニング、夜が白々明けてヒロインのナレーションが入りながら制服に着替え、自転車を走らせ学校へ行き、校門で同級生と会い、不良の兄貴と一悶着…その部分に至るまでの…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

【どよう楽市】見学

【どよう楽市】見学
昨日は、NHKに行ってラジオ【どよう楽市】のげんばを見に行きました。たくさんの人の手で、1つの番組が作られているんだなァとおどろきました。ボクもああゆう大人になりたいです(←社会科見学の感想文か?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

【映画見聞記 vol.89 】3

とにかく〈脚本〉が素晴らしいし凄まじい。

「此んな言葉を使うのはおこがましい」とはわかっているものの、〈絶望の淵を見た者しか執筆出来ない〉脚本です。

主要人物はたった7人。

それぞれが〈人には云えない暗く深い悩み〉を抱えており、若き演者達がその役に乗り移ったかのような見事な演技を披露してくれている。

その日の朝から、原題の通り衝撃の〈2時37分〉までの物語を、時間軸を少しずつずらしながら撮りあげた手腕に〈早熟の天才〉の誕生を感じずにはいられません。スコアにも脱帽。

余りにも必見の作品…!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.89】 2

【映画見聞記 vol.89】  2
友人の自殺と自らの自殺未遂と云う体験を基に、これまた何と19歳の時に撮りあげた(ちなみに現在22歳!)凄まじすぎる作品なのですが…

息をも吐かせぬ99分間…。

全編鳥肌が立ちっぱなしで…ヤバいですコレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.89】

【映画見聞記 vol.89】
昨日は、NHKにて【どよう楽市】の打ち合わせがあり、せっかく渋谷まで行ったので〈アミューズCQN〉にて『明日、君がいない』を観ました (。・_・。)ノ

オーストラリアのムラーリ・K・タルリと云う監督が何と…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〈紀尾井小ホール〉へ…4

万雷の拍手を受けてしまいました! \(o ̄∇ ̄o)(すんません〈万雷〉ではなかったっす… (-_-;))

ほんのちょこっと漫談と云うか自己紹介をしてから諸注意すると、お客様は笑って下さり…舞台ソデへ逃げるように戻りました ('-'*)

トリは志の輔師匠が『茶の湯』!云わずもがなの大爆笑… (>_<")

終演後の打ち上げで、いい気分の志の輔師匠が嬉しい一言…

「馬場さんに急に頼まれて(諸注意を)臆せずやった王楽はエラい!『ボクはいいです』なんて遠慮しちゃダメ。出る事に意義がある!」

芸人やってて良かった… (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〈紀尾井小ホール〉へ…3

出たァ〜っ!!細野晴臣さんだァ〜〜〜っ!!!! 〜( ̄▽ ̄〜)

〈YMO〉大好き人間の私は、興奮し過ぎて思わず鼻血が出そうになりながら〈細野ミュージック〉に陶酔していると、そばへ馬場さんがツーっと寄ってきて一言…

「仲入りの時に、後半開演前の諸注意をやってくれない?」

…ウ〜ン、こんな素晴らしい会で私のようなペーペーがそんな事をやらせて頂くのは非常に光栄なのですが…しばし迷ってから〈有り難き幸せ〉ポーズをとりながら引き受けました m(__)m

さて後半開始の2分前…。私が緞帳前に出ただけなのに…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〈紀尾井小ホール〉へ…2

寒空はだか先生の素敵なMC♪

トップバッターに驚いた…いきなり林家たい平師匠! Σ( ̄□ ̄;)

ネタは、本にちなんで『あくび指南』。マクラから怒涛の如く笑わせておりました! (≧∇≦)/ ハハハ

「成程…馬場さんが仰っていた〈特別ゲスト〉は、たい平師匠だったのかァ…」と勝手に納得していると、お後は志の輔師匠と宗久和尚による対談。

引き続き宗久和尚の楽しい講話。その〈ネタ作り〉、矢張りタダ者ではありません… (;-_-)=3 フゥ

その後です…馬場さんの仰った〈特別ゲスト〉が出て、会場内が騒然となったのは…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〈紀尾井小ホール〉へ…

『ラブソングができるまで』を観た後、四谷の〈紀尾井小ホール〉へ (。・_・。)ノ

以前もブログで記した、立川志の輔師匠と玄侑宗久和尚によるとてつもなく面白い対談本…『21世紀のあくび指南』の〈出版記念落語会〉があり、普段から御世話になっている発行人の馬場さんから「遊びにおいで〜♪特別ゲストもいるから」とお誘いを受けたので、迷うことなく伺いました! ヽ(´▽`)/

楽屋を訪ねると、既に其処には玄侑宗久和尚が! Σ( ̄□ ̄;)

ご挨拶すると、あの本の通り大変気さくな方でして…王ちゃん感動! (>_<)

開演前には…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

【映画見聞記 vol.88 】3

〈可愛げのあるダメ男〉役がよく似合う。ヒューは皆さんが思っているより才気溢れたアクターです(←別に誰も何とも思っちゃいないよ… (≧∇≦)/ ハハハ)。

監督・脚本は、同じくヒュー主演のラブコメ『トゥー・ウィークス・ノーティス』を撮ったマーク・ローレンス。具体的には思い出せないが(←思い出せよ)、気の利いたセリフがぼんぼん飛び交う脚本に目を見張る。

そんな脚本に主演2人のテンポ良いやりとりが加わり、気分良い作品に仕上がっています。

図らずも〈コンサート場面〉で涙ぐんでしまった自分が可愛い♪ m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.88 】2

ドリュー・バリモアは、以前も此のブログ上に記した通り、リース・ウィザースプーンやキャメロン・ディアスと並び当代随一のコメディエンヌですが…

彼女の最大のチャームポイントは〈表情の語彙が豊富〉であること。時に与太郎っぽく振る舞い笑わせ、また時に切ない表情を見せて観客をドキリとさせる…〈蝶のように舞い蜂のように刺す〉んですわ。脚本を熟知してるんだなァ… ('-'*)

一方ヒュー・グラントは『アバウト・ア・ボーイ』以来、すっかり私の中で贔屓役者! (>_<)

イケメンだけど〈程よくタレ目〉だからでしょうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.88 】

昨日は、マリオン〈丸の内プラゼール〉にて『ラブソングができるまで』を観ました (。・_・。)ノ

此の作品はタイトルから推察出来ます通りアクション映画…では120%ありませんで、ヒュー・グラントとドリュー・バリモア主演のラブコメディでしたが…

果たせるかな、私の嗅覚は正しかった…めちゃくちゃ楽しいとびっきりのラブコメ作品でした♪ ヽ(´▽`)/

先ずオープニングの80年代チックなプロモでウキウキ。個人的には〈C・C・B〉を思い出しました m(__)m

まあ何と云っても、ヒューとドリュー…主演の2人がいいのよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

【第1回 王楽・三席】3

どうやら此のネタが好きらしいです。思い返してみますれば、入門して1年経った時の勉強会での初めてのトリネタが『大工調べ』でした… m(__)m

あまりにも有名な〈啖呵の部分〉もつっかえずに終わり、安心して立とうとするとまあ大変!足がしびれて…此の会場に緞帳がつくことを切に願う… (;-_-)=3 フゥ

休憩はさんで『宿屋の仇討』!約1年半ぶりに演ったのですが、これまたどうやら好きらしく、演っててかなり楽しい♪今後どんどんかけます!

ちなみに今回の演芸評が、5月7日(月)の〈読売新聞〉夕刊に載ります!…不安だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第1回 王楽・三席】2

先ずは開口一番 (。・_・。)ノ

「自分の会に来て下さっている方々は、余り私の前座ネタをお聴きになったことがないそうですが、こう見えて私は前座ネタにも定評があるんですよ?」

…と、誰も云わない〈定評〉を出してエクスキューズしておいてから、兄弟子・好楽に初めて稽古をつけてもらった『つる』を披露。今や紛れもなく〈王楽十八番集〉の1つです! (≧∇≦)/ ハハハ(←気の毒なくらいに可哀相な〈十八番集〉だ…)

続いてそのままネタ出しをしていた『大工調べ』へ突入。凡そ1年ぶりに演るのでかなり不安だったものの、私は…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第1回 王楽・三席】

昨日は、奇数月に自分の会【天狗道場】を開催している〈日暮里サニーホール・コンサートサロン〉にての【第1回 王楽・三席】でした (。・_・。)ノ

此の会は【天狗道場】とは違って、前座さんもゲストもなしで三席演らせて頂くと云う、タイトルそのままの会です m(__)m

楽屋入りしてから少時すると、前座さんもゲストもおりませんからまるっきり気を遣わなくていい代わりに、〈ひょっとしたら此の広い世界には私ひとりしかいないのでは…〉と思ってしまう程の寂しさも感じました… (-_-;)

さあいよいよ〈たったひとりの会〉開演!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

【王楽・三席】予告付記

【王楽・三席】予告付記
忘れてました…

19時開場・19時30分開演

前売り…1500円 当日…1800円

お問い合わせ…(有)トミック 03(3828)6420

夕方4時まで前売り予約受け付けてます。我が熱い高座を是非その目で! 〜( ̄▽ ̄〜)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【王楽・三席】予告 2

【王楽・三席】予告  2
同会場で奇数月開催の【天狗道場】は、ゲストありのネタおろし二席。此方は、ゲストも前座さんもなしで私ひとりが三席…それも何年ぶりかのネタを三席!

1回目は『大工調べ』『宿屋の仇討』他一席。是非御来場♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【王楽・三席】予告

【王楽・三席】予告
今日…4月23日(月)〈日暮里サニーホール・コンサートサロン〉にて【第1回 王楽・三席】をやります! (≧∇≦)/ アツイネー

どんな会かと問われれば、その名の通りごくシンプルに…〈王楽が落語を三席演る〉会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

【映画見聞記 vol.87】 2

【映画見聞記 vol.87】  2
「レクターが如何にして後のレクターになりえたか?」と云う所謂〈エピソード1〉的な物語であるにせよ、激情に流される姿はレクターぢゃない!

コン・リーがからむのもねェ…もうレクター・シリーズは限界か!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.87 】

昨日は、マリオン〈日劇1〉にて『ハンニバル・ライジング』を観ました (。・_・。)ノ

『羊たちの沈黙』でお馴染みの〈ハンニバル・レクター〉シリーズ最新作を、絶賛された『真珠の耳飾りの少女』のピーター・ウェーバー監督が撮ったのですが…

これまたどうして〈ツマラナイ〉んです… (-_-;)

もう既に、2作目『ハンニバル』からレクターに〈妖気〉が漂わなくなっていたものの(ただ3作目『レッド・ドラゴン』は笑える娯楽作品でしたが♪)、今回の主役は無名のギャスパー・ウリエルだったので、多少の妖気を期待したのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【あさがお寄席】

中継終わると、横川から下高井戸へ。駅近くの〈あさがお整骨院〉にて【あさがお寄席】でした (。・_・。)ノ

出演者は、きく麿兄と里光兄と私。

会場には沢山のお客様方。下は小学1年生から上は年齢の推定不能な淑女が…文字通り〈老若男女〉のお客様! ヽ(´▽`)/

トップは私。小1のお子さんがいらしたので十八番『牛ほめ』(←情けない)。物凄〜くいいお客様! (>_<)

お後、里光兄さんが『動物園』。これまた爆笑♪

きく麿兄さんの『崇徳院』でトドメ!

「愛は地球を救う」はもう古い…「笑い声は芸人を救う」 m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【碓氷峠鉄道文化むら】 3

【碓氷峠鉄道文化むら】  3
機関車が動き出すところを見てナットク。目線は高いし、あれだけ大きな機関車を動かすのは、気分が良さそう♪

緑に囲まれいい気分で中継できました m(__)m

帰りの新幹線で有名な釜飯を食す。ハァ〜、ウマい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【碓氷峠鉄道文化むら】2

ご当地に到着して何やかんややってる内に、番組開始! (>_<)

先ずは〈メダシ〉と云って、10時の中継の宣伝を私自身がやるのですが、これまたハラハラしちまいましてねェ…スタジオの残間さんと上田さんが〈聖母マリア〉に思えるくらいに助けて頂きやしたよ… (;-_-)=3 フゥ

そんなこんなで、恐怖の10時の中継のお時間 (。・_・。)ノ

此方では、講習を受けて免許を取得すれば〈EF63〉と云う電気機関車を運転出来るのが売りなんですが、インタビューさせて頂いた方は20代の方で、免許を取得して3年間に40回以上も来ているそうで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【碓氷峠鉄道文化むら】

昨日は、先々週に続いて〈NHKラジオ〉にて始まった【どよう楽市】の中継でした。

【にぎわい道場】が終わると、最終の新幹線に乗り込み高崎へ前乗り…売れっ子はツラい(←頼むから消えてくれ… (-_-;))。

高崎駅近くのホテルに1泊して、朝早くから信越線に乗り横川へ。そう…今回は【碓氷峠鉄道文化むら】の中継でした! \(o ̄∇ ̄o)

1週間前に既に下見に来ておりましたが、その時は図らずも…雨 (-_-;)

然し今回は、嬉しいことにピーカン!矢張りお天気の下での中継は、ドキドキします♪(←色んな意味でネ…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

【第6回 にぎわい道場】 3

【第6回 にぎわい道場】  3
仲入りはさんで最後は『ねずみ』。どうなることかと思いましたが、途中お客様の中にハンカチを出す方がいた為、何とか助かりました(←これマジよ?)。

さあラジオ頑張るど!写真は高崎駅で撮ったガッポリさん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第6回 にぎわい道場】2

トップは私…って当たり前だども、先ずは本日21日の土曜日の午前中にあるラジオ【どよう楽市】の宣伝をしてから(10時頃に登場して中継しますので、乞う御期待! (>_<))、三枝師匠直伝の新作『HOW TO プレイボーイ』。お客様ならびに三枝師匠のお陰で、一命をとりとめました… (;-_-)=3 フゥ

私の〈お着替えタイム〉の間に、かっ好くんが『宗論』。笑わせていたので、ちょっぴり悔しい♪

装いも新たに再び私で、既にネタ出ししていた『庖丁』。約半年ぶりに高座にかけたのですが、矢張り難しい…。大事に育てなきゃ! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第6回 にぎわい道場】

昨日は、3ヶ月に1回の〈横浜にぎわい座・のげシャーレ〉での独演会…【第6回 三遊亭王楽のにぎわい道場】でした (。・_・。)ノ

毎回〈三席〉演らせて頂けるのは非常に有り難いものの、いつも体内に漲る異常なまでの〈緊張感〉に押しつぶされそうになります… (-_-;)

さて開場。懸念していた〈動員〉も、蓋を開けてみればいっぱいのお客様! (≧∇≦)/ ワーイ(←に私には見えた)

とにかくも、大切な金曜日の夜にわざわざ〈ペーペー落語家〉の為に時間を割いて下さる…これは本当に心から感謝しております m(__)m

サアいざ開演!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

【映画見聞記 vol.86】 3

【映画見聞記 vol.86】  3
然し何と云っても、我が贔屓役者のショーン・ペン。

カリスマ性を備えつつ市民をアジテートする様に、彼の神髄を垣間見た。やっぱりスゴいわ… (-_-;)

ぶつかり合う演技合戦の火花、しかとその目で見届けよ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.86 】2

尺も、全く長く感じませんでした m(__)m

『タイタニック』などでも知られる映画音楽の大御所・ジェームズ・ホーナーによる勇壮なスコア彩られながら展開される物語は、非常に明快。

物語は明快なのですが、複雑なキャラクターを演じたキャストは大変だったでしょう… (;-_-)=3 フゥ

…が、ショーン・ペンをはじめとした皆様方が、煌めくような名演技! Σ( ̄□ ̄;)

前記した方々の他にも名優アンソニー・ホプキンス、ジェームズ・ガンドルフィーニ、パトリシア・クラークソンと云った〈クセ者俳優〉が、とってもいいのよね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.86 】

昨日は、日比谷の〈みゆき座〉にて『オール・ザ・キングスメン』を観ました (。・_・。)ノ

半世紀以上前に【アカデミー賞】で作品賞をはじめ3部門を受賞した同名映画を、『シンドラーのリスト』で同賞の脚本賞を受賞したスティーブン・ゼイリアンが監督・脚本、ショーン・ペン、ジュード・ロウ、ケイト・ウインスレットらを迎えて撮りあげた政治映画でしたが…

始まる前には、何の根拠も無しに「寝ちゃうかな?」と危惧したものの、娯楽性に富んだ大変骨太な政治映画で大満足! (≧∇≦)/

元ネタが面白いのでしょう、2時間10分の…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第6回 にぎわい道場】予告2

【第6回 にぎわい道場】予告2
毎回タップリ三席演らせて頂く此の独演会…。今回の目玉は何と云っても、私の大師匠…6代目円生の十八番である『庖丁』です! Σ( ̄□ ̄;)

艶っぽくも難しい大ネタを、王楽がどう料理するか?乞う御期待! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第6回 にぎわい道場】予告

【第6回 にぎわい道場】予告
いよいよ明後日… (-_-;)

4月20日の金曜日に【第6回 三遊亭王楽のにぎわい道場】が、間もなく〈開館5周年〉を迎える桜木町駅ほど近くの〈横浜にぎわい座・のげシャーレ〉にて開催されまーす! 〜( ̄▽ ̄〜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.85】 4

【映画見聞記 vol.85】  4
〈地果て海尽きるまで〉ではなく〈観ててボク飽きるまで〉の方がいいのでは?(←座布団1枚!)

ひとりで観に行くとただつまらないだけに終わるので、必ず誰かと観て下さい。帰り道が楽しくなりますヨ♪ ('-'*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.85】 3

【映画見聞記 vol.85】  3
で、改めて此の方を見直しました! \(o ̄∇ ̄o)

チンギス・ハンが〈王〉と云うよりむしろ〈番長〉に見えるのがスゴい。天下とった人とは到底思えない程、ヒジョーに頭が悪そうに演じている。悪化…否、圧巻だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.85 】2

何しろツッコミ処満載なので、失笑・苦笑・爆笑の嵐!ジャニーズの〈嵐〉!吉沢秋絵の『なぜの嵐』! (≧∇≦)/ ハハハ

脚本がひどすぎて、登場人物の誰にも感情移入することが出来ない。「チンギス・ハンは、こういうことをしてきた方なんですよ?」にもなってない。

そんな作品に応えるキャストがスゴい…菊川怜、津川雅彦(←爆笑)、松方弘樹(←大爆笑)、そして主役の反町隆史…云い表せぬ程に、非道く素晴らしい… (・_・?)

色んな意味で『ビーチボーイズ』や『GTO』の反町さんは面白かったのですが、今回の『蒼き狼』…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.85 】

昨日は久々に、北澤仁副会長との【活写会】でした ヽ(´▽`)/

今回で21回目の此の会。作品は、角川映画の大作『蒼き狼 地果て海尽きるまで』を、私が大学生時代にバイトしていた映画館〈上野東急〉にて鑑賞しました (。・_・。)ノ

構想27年、総製作費30億円、4ヶ月にわたるオールモンゴルロケ…

いやァ、此の作品は我々2人の期待を裏切らなかった…まごうことなく本年度の〈ワースト1〉! (≧∇≦)/ スゲー(←とんだご無礼をお許し下され…)

しかしながら此の作品はスゴいですよ?そんな意味で一見の価値があります! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

【映画見聞記 vol.84】 3

【映画見聞記 vol.84】  3
印象的。

女王が中傷の書かれたカードを毅然とした態度で見つめながら弔うシーンは圧巻…ヘレン・ミレン、お見事!

ブレア首相のかみさん役のヘレン・マックロリーが、安倍首相の奥様・アッキーに似てました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.84 】2

配し、娯楽性をも兼ね備えた素晴らしい作品でした。

特筆すべきは、銀幕から溢れ出す〈品位と風格〉…そう、此の作品には品がある! (>_<)

ピーター・モーガンによる脚本や職人スティーヴン・フリアーズによる演出もさることながら、それは矢張り〈俳優陣〉に追うところが大きい。

適材適所…〈目立たないようで目立つ顔の方々〉が大活躍! (≧∇≦)/ 中でもブレア首相を演じたマイケル・シーンは、人間味に溢れて暖かい。

フィリップ殿下(J・クロムウェル)の「何故みんな会ったこともないのに此んなに泣けるんだ?」が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.84 】

昨日は、日比谷の〈シャンテシネ〉にて『クィーン』を観ました (。・_・。)ノ

ヘレン・ミレンがエリザベス女王を演じ、見事今年のオスカーで〈主演女優賞〉を獲得した本作。

奇しくも此の日、ウィリアム王子とケイト・ミドルトン嬢との破局の裏には「ダイアナの悲劇はもうごめん」と、エリザベス女王の威光があったと報じられました。劇場内は、シャンテ2館開けているにも拘わらず、シニア層…特にご婦人方でほぼ満席となっておりましたが…

王室と国民のどちらにも偏らない抑え目の演出と脚本に、確かな演技力を備えたキャストを…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

【好楽・王楽親子会】in 勝念寺4

とても〈降水確率95%〉を誇る我々親子の会の日とは思えない程に、天気が良かったです… (;-_-)=3 フゥ

此の勝念寺さんに来るのは4年ぶりで、その時は踊りの会で来ており、今回の親子会もその踊りの師匠の関係でした m(__)m

先ずは、開口一番・かっ好くんが『転失気』。「ある知ったかぶりの和尚さんが…」と喋り始めた…お寺なのにネ♪

かく云う私も『片棒』…これまたお寺なのにネ♪いやァよく笑って下さるので、すっかり名人気分!

仲入りはさんで、好楽はお上品な十八番『目薬』…お寺なのにネ♪…合掌! (≧∇≦)/ ハハハ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【好楽・王楽親子会】in勝念寺3

【好楽・王楽親子会】in勝念寺3
あした順子・ひろし先生。今回は、津軽三味線の太田家元九郎師匠にマジックジェミー先生。乞う御来場! 〜( ̄▽ ̄〜)

此の日は車で大胡まで向かったのですが…いやァそれにしても、天気が良くってドライブ気分♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【好楽・王楽親子会】in勝念寺2

【好楽・王楽親子会】in勝念寺2
毎年1回の今年で3回目! \(o ̄∇ ̄o)ハーイ

前の写真と此の写真が、その会場。どうです?花道もあっていい雰囲気でしょう♪ ('-'*)エヘ

毎回ゲストがいらして、前々回は鏡味仙三郎・仙志郎親子、そして前回は…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【好楽・王楽親子会】in勝念寺

【好楽・王楽親子会】in勝念寺
昨日は、群馬の大胡にある立派なお寺〈勝念寺〉にて【好楽・王楽 親子会】でした…が、その前に6月9日の土曜日に矢張り同じ【親子会】を開催する、大間々の〈ながめ余興場〉へ御挨拶 (。・_・。)ノ

此方での会は…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

【第5回 めばえ4月号】 4

【第5回 めばえ4月号】  4
見送りました。

…が、いざ上がると緊張していたのがウソのようなくらい普段通り堂々としていて…ネタは『大工調べ』。お見事でした…チッ!(←残念なのかよ)

写真は〈チャーハンライス〉を食べる楽大くん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第5回 めばえ4月号】3

講釈部分…内心ではヒーヒー云っていたんですが、終わった時に拍手を頂いてホント嬉しかったー! (≧∇≦)/ ヤッター

お後は〈落語界の隠し玉〉こと林家ひろ木くんが『家見舞』。私の期待通りに、彼の持つ〈フラ〉が爆発したオモロイ高座!「〜やっつくんねえな」と云った〈慣れない江戸弁〉が、何故か心地よい♪…そんな彼が、次回はトリで何と『薮入り』を披露しますので乞う御期待! m(__)m

仲入りはさんで、トリの一之輔さん。此の人にしては珍しく緊張していたので、私とひろ木くんは舞台ソデで以て他人事のようにクスクス笑い…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第5回 めばえ4月号】2

沢山いらして下さいましたから大変♪3人ともいつもより俄然やる気が出たのと同時に、異様な緊張感にも包まれました (>_<)

先ずは開口一番・かっ好くんが『道灌』。明るい高座。

続いて番組のトップバッターである私なんですが、昼間の落語会が〈公開録音〉だった為に緊張していなかったつもりが気を遣っていた様で(遣えよ)、高座直前にはその疲弊感とネタに対するドキドキ感で、着物を着替える時には手が震えてました…(←これホント)。

ネタは『兵庫船』。講釈部分がつかえなくてホッと胸を撫で下ろしました… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第5回 めばえ4月号】

さて【ニフティ寄席】が終わると、私と一之輔さんは〈両国亭〉へ…。

夜は、私と一之輔さんとひろ木くんとの3人会…【第5回 めばえ4月号】! ヽ(´▽`)/

去年まで〈落語協会事務所〉にてやっておりました此の会が、会場を〈お江戸両国亭〉に移してリニューアルスタート! 〜( ̄▽ ̄〜)

3人でトリを回していく此の会、今回の出番順は…

王楽、ひろ木、一之輔(敬称略)

でした (。・_・。)ノ

開場してみると土曜日の夜の所為か、いっぱいのお客様!

何よりも嬉しかったのは、女性のお客様…それも若い女性の方々が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第21回 ニフティ寄席】 3

【第21回 ニフティ寄席】  3
会場の壁に耳をくっつけて聴いていると、コレが面白い♪勿論、会場内のお客様は抱腹絶倒…恐ろしい奴 (-_-;)

トリは柳家三之助兄さんが『蜘蛛駕籠』でピシッと締めて下さいまして…。身の引き締まる会でしたヮ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第21回 ニフティ寄席】2

そんな中でも、普段通り落ち着いた高座をお送りする歌ぶとくん…タダモノではない… (;-_-)=3 フゥ

お後、古今亭志ん八さんが『水屋の富』。会場の扉を閉め切ってしまう為、よく聞こえないのが至極残念! (>_<)

続いて私。ネタの候補に『竹の水仙』『三方一両損』『不動坊』と3つ出していたが、『竹の水仙』をチョイス。録音なので、喋りなれてる筈なのにやや緊張。矢張りお客様に救われました… m(__)m

仲入りはさんで、我が同期のライバル・春風亭一之輔さんが、私のリクエストに応えて下さり(?)『鈴ヶ森』! 〜( ̄▽ ̄〜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第21回 ニフティ寄席】

昨日は、大森駅にある〈大森ベルポート〉と云う建物内の6Fでの落語会…【第21回 ニフティ寄席】でした (。・_・。)ノ

出演者は出番順に…

三遊亭歌ぶと、古今亭志ん八、三遊亭王楽
〈仲入り〉
春風亭一之輔、柳家三之助
(敬称略)

でした。

先ずは、歌武蔵師匠の1番弟子・前座とは思えない程の端正な容姿と語り口(←容姿は前座云々ないけど…)を持つ歌ぶとさんが『道具や』。

私以外の出演者の方々はもう既に以前ご出演されていたのですが、その方々曰く…「今日のお客さんは、ちょっと(反応が)重いぞ?」と… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

【映画見聞記 vol.83】 4

【映画見聞記 vol.83】  4
マレーシアにて撮影した映画なのですが…

主要キャスト3人、1時間58分…台詞が殆どない! Σ( ̄□ ̄;)

少しワケわからんちんな部分もあるが、飽きもせず観入ってしまうのだ。

今回、宮益坂一色でしたネ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.83 】3

駅から歩く人を片っ端から捕まえて「あのう…ちょっどおぎぎしてえんだすが、ミヤマスザカってどごですか?」と云う感じで〈田舎者〉を装って(←ちょっとマジ)5人の老若男女の皆さんに聞いた挙げ句、駅から歩くこと10分…ほうほうの体で〈ミヤマスザカ上のシアター・イメージフォーラム〉に着きました… (;-_-)=3 フゥ(←はじめっから劇場に聞けばいいのに…)

ミヤマスザカはどうやら〈宮益坂〉と書くことも判明♪(←普通は知ってるらしい)

さて此の作品は、普段台湾で活躍されているツァイ・ミンリャン監督が生まれ故郷の…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.83 】2

「えっ!?アナタはミヤマスザカを知らないんですか?あの幼稚園児でも知ってるほど有名なミヤマスザカを…アナタは知らない!………プッ!…おっとコレは失敬! (≧∇≦)/ キャハハ」

なんて笑われるのも癪に障るので…

「アア♪あのミヤマスザカを上った処だったんですね?そう云って下されば楽勝ですよ! \(o ̄∇ ̄o)」

…と云って電話を切ってしまいました (-_-;)

「さあどうしよう…」と落胆していた私の頭の中で、幼い頃に親から云われた「道がわからない時は人に聞きなさい!」と云う名言がよみがえり、それから私は…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.83 】

昨日も渋谷へ行きまして『黒い眼のオペラ』を観ました (。・_・。)ノ

上映館は〈シアター・イメージフォーラム〉。初めて行く映画館のようなので、劇場に場所を問い合わせてみると…

「渋谷駅から〈ミヤマスザカ〉を上ると246にぶつかりますので、それを表参道方面へ行くと間もなく右手にスタバがあります、その角を入ると当劇場です」

………ミヤマスザカ?何処だそりゃ……… (・_・?)

〈ミヤマスザカ〉がわからなかったものの、根が天賦の才とも云えるほどに〈小心者〉の私は、東京のど真ん中の渋谷の劇場に問い合わせて…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

【映画見聞記 vol.82 】2

アラ?

自分の期待値が高すぎた所為かしら?少々〈肩すかし〉をくってしまいました… (-_-#)

既に見ていた予告編…往年のノワール作品を彷彿とさせるモノクロ映像、不穏な空気を放つサントラ、13人が輪になって一斉に引き金を引くロシアン・ルーレット、その男達の顔付き…。

何か予告編で以て〈オイシイ部分〉を全て凝縮してしまった様な感じがしますヮ… (。・_・。)ノ

93分と云う尺は嬉しかったが、ラストは「え…コレで終わり?」と思わずにいられません。

ハリウッドでのリメイクが決まってますが…どうだかなぁ? (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.82 】

一昨日の夜は、両国寄席の3本目の上がりで『しの字嫌い』を。その日の天候は、雨。客席の入りも、雨。故に反応は、氷雨…(←何だそりゃ)。〈し〉の字云わなくて良かったァ… (;-_-)=3 フゥ

さて昨日は〈シネセゾン渋谷〉にて、自分の中で物凄い期待を寄せていた『13/ザメッティ』を鑑賞。此の作品で、今年早くも40本目! ヽ(´▽`)/(←稽古しろ… (-_-;))

2005年度の【ヴェネチア国際映画祭】で〈最優秀新人監督賞〉を受賞した本作。長年(?)映画を観てきた私の〈嗅覚〉が確かならば、相当面白い作品の予感がするのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

【ぜん馬の二ツ目チェック】3

【さがみはら若手選手権】で優勝したきつつきくんが『居酒屋』。この日もフラフラするような〈フラ〉で、客席を沸かしました! (≧∇≦)/ キャー

お後〈チェッカー〉のぜん馬師匠が『出来心』をサラリとお演りになってお仲入り ('-'*)

くいつきは私で『野ざらし』。50名ほど入り〈空席を除けばほぼ満員〉のいいお客様の笑い声に救われ気分良く演れました…が、矢張りこの噺は難しいヮ… (;-_-)=3 フゥ

仙太・仙次兄さんをはさみ、トリは鳳志兄が『寝床』!

ぜん馬師匠はず〜っと客席でお聴きになって下さり…充実の一夜でした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ぜん馬の二ツ目チェック】2

『長屋の花見』!…いやァもう相変わらずマクラから怒涛の面白さで…どのくらい面白いかと云うと、小学生の頃に毎月読んでた『コロコロコミック』ぐらい面白いんです! 〜( ̄▽ ̄〜) …とまァふざけるのはこれぐらいにして、好二郎兄の落語は〈いちファン〉となって聴いてしまいます m(__)m

続いて桂花丸兄さんが、新作『あるじいさんに花束を』。たまらない語り口…。古典・新作問わず、私は此の兄さんの落語の〈中毒〉になっているかも知れない… (-_-;)

腹話術の記載…否、奇才・春風若イチロー先生をはさんで、つい先月に…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ぜん馬の二ツ目チェック】

昨日の昼間は、兄弟子・好楽とかっ好くんと3人で〈養福寺〉と云うお寺さんでの落語会 (。・_・。)ノ

かっ好くんは『桃太郎』、好楽は『つる』、私がトリで『蒟蒻問答』を演りました m(__)m

それが終わると、かっ好くんと共に〈両国亭〉へ。〈両国寄席〉の9日目で番組名は【立川ぜん馬の二ツ目チェック】!

メンバーは出番順に…

好二郎、花丸、若イチロー、きつつき、ぜん馬
〈仲入り〉
王楽、仙太・仙次、鳳志
(敬称略)

でした。

先ずは松幸さんが『手紙無筆』。お後は、ウチの一門の〈安打製造器〉こと好二郎兄が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

決戦は土曜日…9

アラ?いつも乗るモノレールとは全く違う景色だど?…ガビーン!間違えて反対方向に乗ってしまったど! Σ( ̄□ ̄;)

意気消沈する私とトビー…。そんな我々を尻目に、同乗していた〈ウルトラ兄弟&怪獣の身長〉を熟知している寡黙な作家・上田さんがポツリと一言…

「まあ新しい景色が見えて良かったですねェ…」

…いまだかつて体験したことのない未曽有の〈ポジティブシンキング〉に車内騒然!

森と同様にマイナスイオンを発生していた上田さん…益々謎の深まる上田さんの話はまた後日!惜しい切れ場だ…(←惜しいか?)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

決戦は土曜日…8

油断する間もなくトビーから…「王ちゃんはどうかな〜?」と、再び私。

今度は、公園内を歩き疲れた方々が悉く癒されると云う〈森の足湯〉につかりながら中継…いやァ、着物を尻っぱしょりして浸かったんですが気持ちいいのなんの! ヽ(´▽`)/ …上手く伝えられたかが非常にビミョーではありましたが… (-_-;)

…とまあ何だかんだで終わりました初めての中継。多少の反省点は残るものの(←多少ぢゃないだろ)、私の心はやり終えた充足感で満たされてました m(__)m

東京へ帰ろうと、万博記念公園駅からモノレールに乗ると…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決戦は土曜日…7

さあいよいよ10時の中継時間が始まりました! 〜( ̄▽ ̄〜)

先ずは私が、小鳥のさえずりに小川のせせらぎ、そして溢れんばかりの緑に囲まれ、これでもかとばかりに〈マイナスイオン〉を発生していた〈森〉を中継 (。・_・。)ノ

スタジオにいる〈2人のお姉様〉(←特に残間さん♪)からの鋭すぎるツッコミをいなし(たのか?)私は伝えることだけを伝えて…「トビーの方はどうですか!?」と、命からがらバトンタッチしました… (;-_-)=3 フゥ

続いてトビーが、お花見のお客さんで賑わっているメインストリートを、明るく中継 (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決戦は土曜日… 6

決戦は土曜日…  6
ついでに私もパチリ♪…オイラってこんなにアタマ悪そうな顔してたかな? (・_・?)

メインストリートの中継担当はトビーだったので、その後私は、自分の担当地である〈森〉の方へとずんずん歩いていきました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決戦は土曜日… 5

決戦は土曜日…  5
この写真は、百花繚乱に桜が咲き乱れるメインストリートで以て可愛いポーズで寝そべるトビー!…ウ〜ン、口惜しいがオイラより少〜しだけ〈いい男〉かも知れんな… (-_-#)(←少しぢゃねえだろ… d (>◇< ) アウト!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決戦は土曜日…4

スタッフの方から〈ワクワクするような予告を!〉と云うお達しが! Σ( ̄□ ̄;)

…ウ〜ン、トビーがいたから事なきを得たがただ1つ云えることは…〈ハラハラするような予告〉だったことは、どうやら間違いなさそうだ…スタジオにいた2人のお姉様・残間さんと上田さんの存在は、我々の目の前にきつ立していた65メートルの〈太陽の塔〉ほど大きく感じたのは、云うまでもありません… (;-_-)=3 フゥ

〈メダシ〉が終わり、その塔のちょうど裏手にあるメインストリートへ足を運ぶと…ウワーッ!桜並木がほぼ満開で美しい! ヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決戦は土曜日…3

さて、皆で揃って〈万博記念公園〉の入口まで一歩一歩踏みしめるごとに…ヤバい、お約束の〈過度の緊張による腹痛〉が始まりましたわ… (-_-#)

トビーとの打ち合わせや音声のテストなどを経て、あっという間に番組開始時間の9時が刻々と迫って参りましたでごんすでごわんど…って何人だよ! (>_<")(←昇太師匠の名作『力士の春』より引用 m(__)m)

いよいよ9時!先ず始めに〈メダシ〉と云って、我々が登場する10時の中継の宣伝を約1分で私とトビーがしたんですが…コレが〈たかが1分、されど1分〉!此の1分間を利用して…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決戦は土曜日…2

トビーと2人で以て、今から37年前…と云うか我々2人が生まれる7年前(←トビーと私は同い年♪)の1970年に日本中が熱狂し、何と6400万人もの方々が訪れた【日本万国博覧会】の跡地…〈万博記念公園〉を中継しました! 〜( ̄▽ ̄〜)

前日入りした我々…作家の大嶋さんと上田さん、並びに私とトビーは、朝8時にホテルのロビーから臨戦態勢に入りました (。・_・。)ノ

私は自分の緊張感を高める為にも、敢えて着物を着用。春を意識してピンクの羽織・着物に緑の帯!…見せたかったなァ、私の凛々しい姿を♪ ('-'*)エヘ(←緊張感は…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決戦は土曜日…

いよいよ昨日から〈NHKラジオ〉にて【どよう楽市】と云うラジオ番組が始まりました! \(o ̄∇ ̄o)ハーイ

…と云ってもパーソナリティーでは無論ありませんで、メインのMCはNHKアナウンサーの上田早苗さんと、テレビのコメンテーターなどでもお馴染みの残間里江子さん。

そんなお二方がお送りする中、私の役目は〈イチオシ中継〉と云うコーナーで、リスナーの方々に手頃で楽しめるオススメの場所を、俳優のトビーこと飛岡宏年さんと隔週で中継するのです…大丈夫かな?私… (-_-;)

今回は、記念すべき〈第1回目〉なので…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

【年金友の会】

今日は、いわき市の〈小名浜市民会館〉にて【年金友の会】でした (。・_・。)ノ

上野から〈スーパーひたち〉に乗って2時間20分かかる泉と云う駅まで行き、其処から車で10分ほどで会館に到着。

着いてみるとステージ上では〈カラオケ大会〉…【年金友の会】だけあって、お年を召した方が多かった… (;-_-)=3 フゥ

着くとすぐに私の出番。めくりには〈三遊亭王楽先生〉の文字が、燦然と輝いている…。王楽先生は、50分間の高座で『平林』と『高砂や』を演りました。

さあ明日から、NHKラジオ【どよう楽市】!皆さん、聴いてね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【はちくと貝柱の会】5

コレが物凄く楽しくって…師匠の〈気負わなさ〉がお客さんを笑わせ、更に〈マイナスイオン〉まで発生させてました ヽ(´▽`)/

続いて再び正蔵師匠『ろくろっ首』。あんなにお忙しい師匠が二席もお演りになる…心から頭が下がります。

トリは我らがきくお兄さんが、何と大ネタ『品川心中』!

暗くなりがちな此の噺を〈きくお節〉で明るく楽しくしてしまうのだから…矢張りきくお兄は魅力的です! (≧∇≦)/

終演後、大変美味しいしゃぶしゃぶをご馳走になり…正蔵師、おかみさん、いっ平師をはじめ〈海老名家の皆様〉に感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【はちくと貝柱の会】4

出来ませんでした… d (>◇< ) アウト!

続いていよいよ私。マクラをふって自分をリラックスさせてから本題へ…ネタは久方振りの『巌流島』!

…お客様ひとりひとりの表情が手に取る様にわかる会場が、自分に程よい緊張感を与えてくれまして、亦、お客様方がやさしい反応をして下さったお陰で、気分良く高座を勤めることが出来ました… m(__)m

仲入りはさんで、いつも明るい鉄平師匠が『悋気の火の玉』を、何とネタおろし! Σ( ̄□ ̄;)

〈立ってられない様な緊張感〉から解放された私は、ソデで聴かせて頂いたのでありますが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【はちくと貝柱の会】3

ガビーン! Σ( ̄□ ̄;)

錦平師匠と正蔵師匠の後に上がって、私で仲入りなんて…ヤバい、涙ちょちょぎれそうなくらいに緊張してきたぞ? (-_-;)

何てこと云ってる内に、早くも開演時間が…!

前座さんなしでいきなり錦平師匠が高座に上がられ『高砂や』。なるほど〈通〉のお客様らしいが、笑いどころで笑いが起こる質の良いお客様方…流石は正蔵師匠ならびに〈三平堂〉のお客様です ('-'*)

お後は正蔵師匠が『幾代餅』!…物凄くお聴きしたかったのですが〈緊張全開バリバリ〉の私は、階段の踊り場でネタをさらうことしか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【はちくと貝柱の会】2

会が始まる前に、おかみさん(海老名香葉子さん)とお話をさせて頂いていると、こんな一言が…

「王楽さん、此の落語会のお客様は皆さん〈通〉の方ばっかりだから頑張ってね〜♪」

〈通〉の方…

世の中にそういう恐ろしいお客様がいるってのは聞いてたんですが…ヤバい、毎度お馴染みの〈過度の緊張による腹痛〉が… (;-_-)=3 フゥ

…然し此の緊張感はまだ〈序の口〉でした… (-_-#)

出番の方が揃うと、正蔵師匠が〈出番順〉を下記の様に決められました…

錦平、正蔵、王楽
〈仲入り〉
鉄平、正蔵、きくお
(敬称略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【はちくと貝柱の会】

昨日は、普段から大変お世話になっている海老名家の皆様の御邸宅横に設えてある〈ねぎし三平堂〉にての、ある意味シークレットな落語会…【はちくと貝柱の会】に出させて頂きました (。・_・。)ノ

〈ある意味シークレット〉と前記したのは、正蔵師匠のオフィシャルサイトでのみ宣伝されている会で、先々月伺った折に存在を知った私は「是非出させて下さい! (>_<)」…と懇願して、今回出演させて頂く運びになりました m(__)m

今回の出演者は…

正蔵、鉄平、錦平、きくお、王楽(敬称略)

と云う、私以外み〜んな〈林家〉の先輩方!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

【昔若庵】3

『欠伸指南』! \(o ̄∇ ̄o) …繰り広げられる〈喜多八ワールド〉に、お客様方やんやの喝采! ヽ(´▽`)/

トリは、昨年『巌流島』を稽古つけて下さった(←皆さんにお世話んなっておりました… m(__)m)古今亭志ん橋師匠が『風呂敷』。

閑話休題、ピアノは音大 (。・_・。)ノ

此の『風呂敷』の〈兄貴分〉って…〈抜けてるようで頭がキレる、人情味に溢れた兄貴分〉なんですが、この〈抜けてるようで頭がキレる〉が、ヒジョーに難しいんです… (-_-;)

…が、志ん橋師匠はそんな〈兄貴分〉そのままでした!

稽古せんとね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【昔若庵】2

ひっくり返されて…ソデの私も声を出して笑っちゃいました! (≧∇≦)/ ハハハ

続いて普段から稽古をつけて頂いている柳亭市馬師匠が『雛鍔』…師匠の優しいお人柄がにじみ出るハートウォーミングな一席。

お後も普段から稽古をつけて頂いており、先日の私の独演会【王楽の天狗道場】にもゲスト出演して下さった入船亭扇遊師匠が『お見立て』…しびれるような〈扇遊リズム〉に酔いしれました… (>_<)

仲入りはさんで、これまた普段から稽古をつけて頂いており、つい先日も『五人廻し』をつけて下さった柳家喜多八師匠が、十八番の…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【昔若庵】

朝起きると足…と云うがももがめちゃめちゃ筋肉痛になっている! Σ( ̄□ ̄;)

「何が原因?」と探ってみれば、前日演った『不動坊』のユーレイでしたわ… (;-_-)=3 フゥ

季節外れの雪がそぼ降る中、そんな足を引きずりながら私は〈国立演芸場〉での【昔若庵】へ勉強しに行って参りました m(__)m

開口一番は、私とひろ木くんと一緒に【めばえ】と云う会をやっております同期のライバル・春風亭一之輔さんが『代脈』。相変わらずウマい。

お後は、芸術協会所属・桂平治師匠が十八番『源平盛衰記』!…コレがドカドカお客席を…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

【仲入り後 親子?兄弟?対決】

『ホリデイ』観てから〈両国寄席〉へ。

タイトルはズバリ【仲入り後 親子?兄弟?対決】! \(o ̄∇ ̄o)ハーイ

その名の通り、仲入り後に父親兼兄弟子である好楽と対決(?)したのであります (。・_・。)ノ

行ってみると、マギー隆司先生のマジックで場内が賑わっておりまして、お後の萬窓師匠の『転宅』でお仲入り…はさんで、いよいよ対決!

私は『不動坊』。

対する好楽は『小間物屋政談』。

…ただ別に勝敗つける訳ぢゃないから、どっちが勝ったかわからへんけど…やっぱお父さんかな♪ ('-'*)(←お父さん云うな (>_<))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.81】 3

【映画見聞記 vol.81】  3
付記しておきます…。

キャメロンは、リース・ウィザースプーン、ドリュー・バリモアと並び、当代随一のコメディエンヌです! (≧∇≦)/

…ただジャックが元カノを断ち切れたのは、解せないんだけれどもね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.81 】2

そうそう。

先日の『2番目のキス』、更に此の『ホリデイ』を観てわかったのですが、ロマンティック・コメディって〈役者の魅力〉が命なんですよね…って当たり前か? (・_・?)

ジャック・ブラックは、矢張り素晴らしいパフォーマー…ただ実際あんな風に付き合われたら我慢出来ないでしょうが… (-_-;)

特筆すべきは、キャメロン・ディアス。

『バニラ・スカイ』の時、『ギャング・オブ・ニューヨーク』の時、そしてこういうラブコメの時には、それぞれの作品に見合った演技をする…彼女は凄いアクトレスだ… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.81 】

昨日は、マリオンの〈日劇3〉にて『サワデー』…否、『ホリデイ』を観ました。

此の作品は、女流監督のナンシー・メイヤーズによるもので、キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ、ジャック・ブラックと云う〈今が旬〉(か?)の男女4人が織り成すロマンティック・コメディ (。・_・。)ノ

ウン♪ベタだけど飽きない…ウン?ベタだから飽きないのか?

まあベタなので、物語自体が予定調和で波乱がないものの、前記した主役4人が〈適材適所〉な役柄を与えられて、自身の持つ魅力を遺憾なく発揮してます (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

【好楽・司郎の演芸会】

昨日は〈横浜にぎわい座〉にて【好楽・司郎のファミリー演芸会】でした。

先ずはかっ好くんが『手紙無筆』。

お後は私が、4月20日(金)に〈横浜にぎわい座・のげシャーレ〉にて開催される【第6回 三遊亭王楽のにぎわい道場】の宣伝をしてから『崇徳院』。お子さんが笑いどころでちゃんと笑って下さる…横浜は文化レベルが高い!

続いてマギー司郎先生、仲入り後はマギー瑠美先生の楽しいマジックがありまして、トリは兄弟子・好楽が『小間物屋政談』。いい加減な大家が躍動している! (≧∇≦)/ ハハハ

20日(金)、乞う御来場!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

『鼓ヶ滝』

昨日は、普段から大変お世話になっている林家正蔵師匠から、師匠の十八番である『鼓ヶ滝』を稽古つけて頂きました。

噺自体も良い物語なのですが、師匠の優しいお人柄がにじみ出る素晴らしい一席で…こんな難しい噺、私に出来るかな?

稽古をつけて頂いた後、私が以前僭越ながら『平林』『つる』と稽古をつけさせて頂いた師匠の御子息・林家小ぶたくんに久方振りにお会いしましたら、何でも前日〈よみうりホール〉にて『つる』を…実に半年ぶりにお演りになったとか! (>_<)

小ぶたくん、それぢゃプロより凄いよ… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

【第19回 YEBISU亭】 7

【第19回 YEBISU亭】  7
ご披露されるかと思いきや『たちきり』…それも北国に舞台を移した『雪国たちきり』! Σ( ̄□ ̄;)

ストレートな白鳥師匠と上妻さんとのコラボレーションが素晴らしすぎました…。

写真は打ち上げでのお二方♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第19回 YEBISU亭】6

何はともあれ、次回も出られることになってウレシイ限りです♪ ('-'*)エヘ

お後に、メインの白鳥師匠と喬太郎師匠と上妻さんによる〈学校寄席〉コントで開幕。

続いて喬太郎師匠が新作『東京タワーラブストーリー』。空気の読み方、お客様の心の掴み方…ヤッパリ此の師匠はスゴい… (-_-#)

お後、お三方と主催者である〈まあくまさこ〉さんとのトークがかなり面白かった!…まあくさん、話聞かなすぎで…。誰かに似てると思ったら、私の母親だった… (-_-;)

仲入りはさんでトリは白鳥師匠の登場。お得意のオリジナル新作を…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第19回 YEBISU亭】5

…え?余りウマくない?それどころか上妻さんに失礼!?ドコが…その云い方だと三味線の腕がないみたいだ?…上妻さん、無礼な私をバチでひっぱたいて下さい… m(__)m

さてもう1つは…

・さくらとかけまして我々YEBISU亭の演者ととく、その心は…(お客様を指し)キレイな花々にかこまれてます

これは素晴らしいでしょ?

…え?ヨイショしてるつもりが意味さえわからない?…確かに文章におこしてみるとかなりラリってる…ウマくない上に云う時噛んだし…皆さんに見せたかった。場内が〈同情の拍手〉に包まれた様を…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第19回 YEBISU亭】4

ルールは、頂いたお題で1人が2つ答え、その出来栄えを前に出て頂いた3人のお客様にどちらが良かったかを判定してもらうと云うシンプルなルール…何と勝てば、次回も出させて頂けると云うのですから頑張らねば! (。・_・。)ノ

私は必死になって考えて何とか2つ答えまして…何と驚いたことに、2対1で私が勝ったのです! (≧∇≦)/ ヤッター

…え?どんな答えで勝ったかって?

・上妻宏光さんとかけましてフィギュアスケートととく、その心は…氷上(表情)で勝負しております

…どうです?てんぱってる割にはウマいもんでしょ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第19回 YEBISU亭】3

客席から飛び出したお題は何と…

・さくら
・メガネ
・ゲストの津軽三味線・上妻宏光さん

都知事選、フィギュアスケート、世界水泳、植木等、そのまんま東…ウ〜ン、色々と予習をしてきたにも拘わらずかすりもしなかった…〈さくら〉と〈上妻さん〉に至っては、〈お花見〉と〈三味線〉と云う「似て非なるお題」は想定していたのですが…然しそこまでは許せますが〈メガネ〉って何だよ! Σ( ̄□ ̄;)

予想をキレイに裏切られた私は、出されたお題をホワイトボードに書き出しながら、脇の下から冷や汗がダラダラ… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第19回 YEBISU亭】2

流石は恵比寿…若い女性が多くて、普段の落語会場とは大違い! 〜( ̄▽ ̄〜) …なだけに余計に緊張するんやけど… (-_-;)

先ずは初花兄さんおひとりで出ていかれ、その後すぐ私が呼び込まれました。

なぞかけの審査員をお客様から3人選び、それが全て女性だったのですが…皆さん恥ずかしいらしく、中々ステージ前に出てきてくれません…なぞかけ前から早くも暗雲が… (>_<)

漸くのことで前に出て頂き、早速なぞかけの〈お題〉を自分たちで決め…たかったのですがそういう訳に不可ず、お客様から頂きました(←当たり前だ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第19回 YEBISU亭】

昨夜は、恵比寿ガーデンプレイス内にある〈ザ・ガーデンルーム〉での【第19回 YEBISU亭】でした (。・_・。)ノ

…と云っても私は落語を演る訳ではありませんで、柳家初花兄さんと一緒に開演前の10分間、2人で頑張って盛り上げると云う…まあ早い話が俗に云う〈まえせつ〉です♪ ('-'*)エヘ

今まで〈落語の解説〉や〈小噺対決〉などをしてきたそうですが、今回は何と〈なぞかけ対決〉! Σ( ̄□ ̄;)

弱った…オイラなぞかけ苦手なんだわ…って得意なものもないけどね… (-_-#)

開場した会場(←洒落ぢゃないよ)を覗くと…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.80 】

昨日は、朝起きてすぐDVDで『モンキー・ビジネス』を観ました (。・_・。)ノ

此の作品は『リオ・ブラボー』や『脱出』など数々の名作で知られる名匠ハワード・ホークスによるスクリューボール・コメディですが…

前座の頃、師匠円楽との旅の折にタクシーの中で盛り上がった思い出のある同監督の傑作『教授と美女』ほど唸りはしなかったものの、矢張りよく出来てて面白い。

CGのない時代に猿をあれだけからませるのは凄いし、ケーリー・グラントとジンジャー・ロジャースの丁々発止が見応えあり!

モヒカン頭のハンクに失笑♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »