« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

【きつつき二ツ目昇進披露】 5

【きつつき二ツ目昇進披露】  5

よく出来たマクラをふってお客様を味方につけると、ネタは大ネタ『火焔太鼓』!

…いやぁ、彼は上手くなった上に独特のフラがあるので楽しく聴かせて頂きました m(__)m

いい会に出させてくれて有難う…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【きつつき二ツ目昇進披露】4

云いたい放題!

「ベトナムのホーチミンで生まれ…」だとか「法政大学に5年通って卒業もせずに、挙げ句の果てに落語家になった親不孝者」だとか…(←ま、これらは私が云ったんですけどね♪)。

…でしたが、好楽・円橘師・小圓朝師と皆さんそれぞれ、きつつきくんを心から応援しているのが伝わってくる為、お客様方もちらほら涙を流すと云う、素晴らしい口上となりました。多分司会進行が良かったのでしょう(←誰も云うてへん云うてへん… (# ̄3 ̄))。

好楽が『三年目』を演ると、いよいよ主役のきつつきくん登場! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【きつつき二ツ目昇進披露】3

〈王楽十八番集〉の1つである『平林』! \(o ̄∇ ̄o)(鮮やかな程情けない十八番集…)

お後は、きつつきくんの兄弟子・円橘一門の総領弟子の四代目小圓朝師匠が『粗忽長屋』。

続いて待ってました、円橘師匠! 〜( ̄▽ ̄〜)

…しかし小圓朝師匠もそうでしたが、円橘師匠もマクラを聴いていると、本当にきつつきくんが二ツ目に昇進したことが嬉しくって仕様がない、と云うのが伝わってきました。ネタはおめでたい出世噺『阿武松』!

仲入り後は披露口上、司会は私 (。・_・。)ノ

私も含めて皆、主役のご両親の前でかなり…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【きつつき二ツ目昇進披露】2

と、ちゃんと朝まで付き合う事です! Σ( ̄□ ̄;)

そんな彼の披露目ですから、私も感慨深いものがあります…(←ま〜たいい先輩ぶっちゃって!)

メンバーは出番順に…

王楽、小圓朝、円橘
〈仲入り〉
口上、好楽、きつつき
(敬称略)

でした (。・_・。)ノ

先ずは開口一番、円橘一門の3番弟子・橘也くんが勢いよく『子ほめ』。

続いて私は、可愛い弟弟子きつつきの披露目ですから勿論おめでたいネタの『つる』!…と思っていたのですが、マクラをふりながら「あ、『子ほめ』とネタがかぶる…」と気付き、急遽変更して…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【きつつき二ツ目昇進披露】

昨日は、築地本願寺内にあります〈ブディストホール〉にて【三遊亭きつつき 二ツ目昇進披露公演】でした! \(o ̄∇ ̄o)

円楽一門の中で私のすぐ下の弟弟子が、此のきつつきくん。一昨年の5月に私が二ツ目になると、入門してまだ9ヶ月しか経っていない彼はいきなり〈タテ前座〉(←前座で一番エラい人…ですが大変な役回り)になってしまいました (-_-;)

それでも彼は〈おしん〉や〈マッチ売りの少女〉の様に健気に働き、この日を迎えました (>_<)

そして彼の最も偉い処は、お酒を一滴も呑めないくせに〈呑んべえ〉の先輩…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

【お好み演芸会】in 須賀川2

先ず私が久々『やかん』。相変わらずドキドキさせられる此の噺、演る度に寿命が縮まる思いですタイ… (;-_-)=3 フゥ

続いて小猫、のいる・こいる、東京ボーイズ各先生方で第1部終了。舞台ソデで以て、思わず客となってしまいました m(__)m

第2部は、先ず好二郎兄が『子ほめ』。兄さんのお母様のヨシカさんが観に来ている前で、爆笑の渦を巻き起こし親孝行! (≧∇≦)/ ハハハ

好楽『目薬』で、最後は大喜利!…先日も福井でやりましたが、最近大喜利が楽しくって!

いい大人が下らない事を云いあって…落語界は今日も平和だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【お好み演芸会】in 須賀川

昨日は、福島県須賀川市にて【お好み演芸会】でした。

メンバーはかなり珍しい組み合わせで、先ず落語家が好楽・好太郎師・好二郎兄・かっ好くん・私と云う、自分以外は皆〈好楽一門〉の方々! Σ( ̄□ ̄;)

それだけではなく色物の方も多彩で、昭和のいる・こいる・東京ボーイズ・江戸家小猫各先生方! (≧∇≦)/

この様な面子で一斉に新幹線に乗り込みましたから、遠足や修学旅行みたいに何だかウキウキしてしまい、とても仕事に行く様には思えませんでした! \(o ̄∇ ̄o)(←プロ意識に欠けてる… (-_-;))

開演すると…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

【諏訪台ひろば寄席】 2

【諏訪台ひろば寄席】  2

その後すぐに〈かっぽれ〉だったので、浴衣で口上。

〈かっぽれ〉終わると、私がめでたく『高砂や』、トリは好楽『親子酒』。

写真は、打ち上げ会場〈焼肉サラリーマン〉でのきつつきくん。立派です…かね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【諏訪台ひろば寄席】

一昨日は、近所の〈諏訪台ひろば館〉にて毎年この時期にやっている【諏訪台ひろば寄席】でした。

今回は、きつつきくんの〈二ツ目昇進披露〉も兼ねての落語会だったので、口上もやりました (。・_・。)ノ

さほど広いとは云えない会場ですが、其処へ物凄い数のお客様方がお出で下さり、ひょっとしたら荒川区の人間が全員集まってくれたのではあるまいか?と思ってしまう程でした… (;-_-)=3 フゥ

先ずはかっ好くんが『孝行糖』、続いてきつつきくんの『蛙茶番』でお仲入り…しかし本当に上手くなりました。

休憩後は口上でしたが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

【第4回 にぎわい道場】 3

【第4回 にぎわい道場】  3

『三方一両損』でお仲入り。

最後に私は、先日【天狗道場】でネタおろしした『三十石』!今回は太鼓とドラも入れてもらいました m(__)m

今回も、大勢のお客様方と降らなかった〈雨〉に感謝です…また1月!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第4回 にぎわい道場】2

それもこれも、いつも御来場下さるお客様方のお陰で御座います… m(__)m

さて今回も、日本シリーズで盛り上がっている最中にも拘わらず、4回続けての大入り袋が出ました! 〜( ̄▽ ̄〜)

お客様方に感謝の気持ちを込めて、先ずは『新聞記事』(←どんな感謝やねん)。

続いてゲストのきつつきくんが、珍しいネタの『四人癖』。

…しかし、本題もさることながらマクラを聴いてても本当に上手くなったと思います…後輩がシャカリキになっている姿自分もしっかり稽古せなアカン (;-_-)=3 フゥ

続いて私は久々このネタ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第4回 にぎわい道場】

【第4回 にぎわい道場】

昨日は〈横浜にぎわい座〉での独演会【第4回 三遊亭王楽のにぎわい道場】でした。

4ヶ月おき年3回の開催なので、今回で1周年! (>_<)

そして嬉しい事に、来年1月からは3ヶ月おきの年4回開催!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

【中野区視覚障害者福祉大会】

昨日の昼は【中野区視覚障害者福祉大会】での高座でした。

会場は、先々週の12日に独演会をやらせて頂いた〈なかの芸能小劇場〉! (>_<)

何でも関係者の方が今年の7月、同じ中野の〈ZEROホール〉で私の高座を聴いて楽しんで下さったそうで、それから『東京かわら版』の井上さんを通して高座の依頼が来たのです!(ちなみに演目は『読書の時間』でした、三枝師匠に感謝…。)

さて高座で軽くマクラをふると、皆様よく笑って下さる! 気分良くした私は『平林』と『道灌』を続けて口演。

お声掛け、有難う御座いました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

【映画見聞記 vol.30 】

昨日の夜は中野サンプラザにて、クリントイーストウッド監督の新作『父親たちの星条旗』の試写会へ行って参りました (。・_・。)ノ

硫黄島で撮られた有名な写真の〈真実〉についての物語ですが…

この作品の様な〈スター不在の戦争映画〉は、最初のうちは誰が誰だか把握するのに骨が折れます… (;-_-)=3 フゥ

が、硫黄島から3人の〈英雄〉が帰還してからがイーストウッド節炸裂。

〈英雄、その後…〉を、ドラマチックに語らずドライに描くのは此の監督ならでは。

相変わらず、音楽が物悲しくも優しい…尊敬してまっせ! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

【柏崎もみじ寄席】2

高座直前に神妙な面持ちで私を呼びますので何かと思いきや…

「菊花賞の1着から3着を書き留めておいてくれ」

……… (# ̄3 ̄)

好楽が高座に上がるとすぐに発走。『目薬』を演り終えた好楽にすぐに結果を見せると、顔を見て悲しい結果な事を悟りました…。

夜の部は、真剣な眼差しで日本シリーズを見つめながら開演。

小鶴さんが昼同様『子ほめ』を演って、私は『宮戸川』。…いやぁ、しかし何で〈北〉のお客様はよく笑って下さるのでしょう?

仲入りはさんで最後は好楽『親子酒』。

最終の新幹線で帰りました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【柏崎もみじ寄席】

昨日は、好楽との親子会の為に新潟県の柏崎へ行って参りました (。・_・。)ノ

昼夜2回公演で、その名も【柏崎もみじ寄席】。

先ず開口一番として、地元のラジオなどで活躍されてる女性・水都家小鶴さんと云う方が、何と高座に上がって『子ほめ』! Σ( ̄□ ̄;) …中々お上手でびっくり。

続く私は『不動坊』。素直なお客様で、しっかりと笑いどころで笑って下さいました m(__)m

私が終わって仲入りだったのですが、好楽は楽屋入りしてからず〜っと、競馬のラジオを聞きっぱなし… (-_-;)

この日はG1【菊花賞】。好楽は…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

【映画見聞記 vol.29 】2

『スネークフライト』の時間にぴったり合うぢゃありまへんか(しかも初日、私はこれを〈神の啓示〉と捉えました…)。

タダ券と云うことも手伝って物凄く軽い気持ちで観たのですが…

良い意味で予想通りと予想外の見どころが混在した、B級アクションの佳作!面白い! (≧∇≦)/

予想通りだったのは、ヘビが襲う場面があまりに馬鹿馬鹿しいので爆笑苦笑を存分に味わえた事。

予想外なのは、無理な物語だがアイデアと人物の面白さで見せてくれた事。

終わって監督が誰かと調べたら『セルラー』の監督でした。

納得…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.29 】

尚、前の写真は楽屋での集合写真。程良くピンボケしていて、素晴らしいスナップです (;-_-)=3 フゥ

何と菊朗兄さんは、この後日本橋亭にて独演会! Σ( ̄□ ̄;)

兄さん、有難う御座いました。此の兄さんに幸多からんことを…。

処で私は…夜はオフだったので(情けない…)、錦糸町楽天地の映画のタダ券を握りしめて錦糸町で降りました! 〜( ̄▽ ̄〜)(涙が出そうなくらい情けない…)

勿論観る作品も決めず、一番近い時間のを観ようと思いタイムテーブルを見てみると何と…CMやポスターを見て個人的に期待していた映画…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【みそら寄席】 2

【みそら寄席】  2

先ずは生ねんさんが『桃太郎』。声が大きくて結構(←何様だ)。

続く私は『片棒』。いいお客様すぎて…恐縮しました (>_<)

仲入り後、小雪姉さんの曲芸はさんで、菊朗兄が『悋気の独楽』!やはり上手いっす…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【みそら寄席】

昨日は、落語協会の間もなく(来春)真打ち・古今亭菊朗兄さんから頂いたお仕事で、千葉の四街道へ行って参りました (。・_・。)ノ

他派の先輩からのお仕事は、つくづく嬉しいものです m(__)m

メンバーは、菊朗兄さん・柳貴家小雪姉さん・柳家生ねんさん、そして私と云う異色の組み合わせ(異色?)。

この日はこの地域で、3つものイベントが重なっていたにも拘わらず、約 200人ものお客様方にお集まり頂きました! \(o ̄∇ ̄o)

只、会場内は既に満員御礼で…生ねんさんはお客様の前で火花散る様なマイクチェックを披露しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

【はましん爆笑演芸会】3

我々噺家の軽いこと軽いこと… (# ̄3 ̄)

3回それぞれ、好楽の前座として好二郎兄・私・かっ好くんが上がって好楽、そして大喜利なんですが…歌い手さんの場合舞台ソデに漲る緊張感がハンパぢゃない!…我々の場合楽屋や舞台ソデの緊張感が全くと云っていい程…皆無 (;-_-)=3 フゥ

そらそうです。でなけりゃ大喜利で「大便には小便」「決まり手は?」「ひねり出して大便の勝ち」なんて、正気の沙汰ぢゃ云えませんもの。

若手はそれぞれ10分高座で、私は『よめにくい』、好二郎兄は『みそ豆』。

ウ〜ン、此の兄には勝てん…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【はましん爆笑演芸会】2

公演内容は、先ず奈々世里奈さんと云う女性歌手の方が歌われて(←何とゆうたろうさんの妹さん!)、落語と大喜利があって、トリは〈殿様キングス〉の宮路オサムさん! Σ( ̄□ ̄;)

好楽以外は前日入りして、ホテルに着いてすぐ皆でお食事したのですが、宮路さんは大変気さくな方で色々と楽しいお話を繰り広げて下さいました。

まあ『なみだの操』を心ゆくまで堪能させて頂いた訳なんですが… 〜( ̄▽ ̄〜)

しかし今回の公演で一番驚いたのは、歌い手さんのテンションの保ち方!凄いです、3回やってもびくともしない!その点…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【はましん爆笑演芸会】

皆さんこんにちは。

旅先で以て携帯が突如故障してしまった為、物凄く不安になった王楽です m(__)m

私はさほど携帯をいじる訳ではない人間なのですが、矢張りないとたった1日だけだったにも拘わらず不便と云うか不安と云うか… (-_-;)

ですから、普段もっといじってる方々…特に女の子は相当困るんでしょう…。

さて一昨日は、好楽・好二郎兄・かっ好くんと云う〈好楽一門〉の方々と、福井県小浜での【はましん爆笑演芸会】でした (。・_・。)ノ

此の公演は少々変わっていて、何と歌い手さんにはさまれての3回公演! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

【映画見聞記 vol.28】 2

【映画見聞記 vol.28】  2

カーティスハンソンの『LAコンフィデンシャル』の方が面白い。

只ヒラリースワンク、フィオナショウ、ミアカーシュナー…女優達の放つ不穏な空気が上質のノワールを支え、Jハートネットに初めて魅力を感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.28 】

昨日は、フィルムノワールの傑作と評判の高い『ブラックダリア』を観てきました。

犯罪小説の大御所・ジェイムズエルロイの原作で、1947年に惨殺された女優志望の女の事件(迷宮入りして未解決)を巡るストーリーなのです。

良質ノワール独特の雰囲気や香り、そしてデパルマならではのニヒルでエキセントリックな映像美には目を見張るものがあるが…

ちょっと期待し過ぎた所為もあるのかしら、イマイチかな?

〈ブラックダリア〉への執着と、刑事2人と女たちとの愛憎関係とが、少々とっちらかっている。同じ原作者による…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

速報!【両国冬まつり】3

人を集めてお祭りごとをするのが大好きな処です 〜( ̄▽ ̄〜)

さて本題…。

来たる12月15日(金)、両国寄席の千秋楽に【両国冬まつり】を開催!

メンバーは出番順に…

鈴々舎風車、マギー隆司、笑福亭由瓶、三遊亭王楽、ガッポリ建設、昔昔亭桃太郎
〈仲入り〉
三遊亭好楽、鏡味仙志郎、立川談春
(敬称略)

最後に相応しく四派と上方の方々に集まって頂いた上、何と桃太郎・談春両師匠は両国寄席初登場!

ひょっとすると何かサプライズがあるかも…!

お問い合わせは…(有)トミック 03(3828)6420

乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報!【両国冬まつり】2

また同月12日、今をときめく談春・花緑両師匠、更に一門の誇る実力派の好二郎兄に胸を借りての独演会【三遊亭王楽の天狗道場 〜二枚看板に胸を借りる〜】。

さて極めつけは、9月19・20・21日の3日間、『笑点』メンバー、〈六人の会〉の方々、更には上方落語協会会長の桂三枝師匠といった超多忙な皆様が、好楽を祝う為に集まって下さった【好楽ちゃん祭り】。

…こうして開催してきた落語会を並べてみると、我々親子は芸風・性格・顔かたち…どこをとっても似ていないのですが似ている部分があるのに気が付きました。それは何と…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報!【両国冬まつり】

10月半ばを過ぎただけですので今年を振り返るにはまだちょいと早いのですが、思えば今年は色々な落語会を開催してきました… (。・_・。)ノ

お正月2日・3日は、落語界のセレブの方々のお力を拝借した【好楽・王楽 夢の初席】。

7月11・12・13日は、実力派の喜多八・市馬・歌武蔵各師匠方に間に入って頂き、私を含めた東西の若手が奮闘した【両国夏まつり】。

8月には、我が兄弟子・好楽の〈芸歴40周年&還暦記念〉落語会…夢之助・小米朝・たい平各師匠をはじめとした愉快な方々と賑々しく開催した【好楽ちゃん祭り・前夜祭】。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【研精会OB連落語会】2

『紋三郎稲荷』!(実は初めて聴きました…)

色々な会場のネタ帳で見ていたので、一度聴いてみたいと思っていたのですが…この噺をのべつ演られている扇辰師はスゴい (>_<)

お後の市馬師匠は『夢の酒』。何度も聴いてる噺なのに、この師匠が演ると思わず吹き出してしまう…恐るべし市馬マジック!(ちなみに11月の【天狗道場】のゲストは市馬師匠です!)

仲入りはさんで、ひな太郎師匠が矢来町譲りの『文違い』。

トリの喜多八殿下は『鈴ヶ森』…これが卑怯なくらい面白くって…。

同業者である幸せを噛みしめました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【研精会OB連落語会】

昨日は、国立演芸場で開催された【研精会OB連落語会】へ、勉強しに行って参りました。

実力派真打ちの方々が並ぶメンバーで出番順に…

柳家三三、入船亭扇辰、柳亭市馬
〈仲入り〉
桂ひな太郎、柳家喜多八
(敬称略)

でした。

先ずは開口一番なんですが、いつも【めばえ】と云う会を一緒に演らせて頂いているこれまた実力派・春風亭一之輔さん!

相変わらず落ち着いた高座で流石はライバル…ネタは『牛ほめ』。

お後の三三師匠は『突き落とし』を、何と20分で演られました!

続く扇辰師匠は非常に珍しいネタの…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

【由瓶・好二郎 二人会】2

先ず松幸さんが『子ほめ』。

終わると早速由瓶兄さん。〈自分が如何に不運か?〉のマクラがおかしい。ネタは『手水廻し』。

お後好二郎兄さんは『目黒の秋刀魚』をネタおろし!

仲入りはさんで再び好二郎兄さんで『錦の袈裟』…しかし此の兄さんは本題の面白さもさることながら、マクラの作りが素晴らしい…矢張り好二郎兄さんには勝てませんですわ m(__)m

トリで由瓶兄さんが、大ネタ『はてなの茶碗』!

油屋が兄さんそのものなので、噺が躍動している!改めて落語の奥深さを思い知らされました…。

稽古しなくちゃ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【由瓶・好二郎 二人会】

昨日は、富士吉田から帰ってきたその足で【由瓶・好二郎 二人会】を勉強しに両国へ行って参りました (。・_・。)ノ

由瓶兄さんは、皆様御存知・鶴瓶師匠の11番弟子で御座いまして、何と此の会の為にわざわざ東京へいらしたのです! 〜( ̄▽ ̄〜)

東京では初の自分メインの会で意気込む由瓶兄さんは、楽屋にお入りになられた途端にノンストップでトークしちょりました… (;-_-)=3 フゥ

何とお二方は、開場して一番太鼓が鳴り止む途端に高座前でフリートーク! Σ( ̄□ ̄;)

緻密な好二郎兄と挙動不審な由瓶兄の掛け合いが面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

【孝和建商・安全協力会】2

お客様…と云うかお集まり頂いてる方々の95%が男性… (-_-;)

そこで私がなすべき事はただ1つ!

漫談をふり倒してから、伝家の宝刀『つる』 (≧∇≦)/

ハァ〜、正直しんどかった… (;-_-)=3 フゥ

まあ何はともあれ【安全大会】が終わると、待ちに待った大宴会のお時間です! \(o ̄∇ ̄o)

お帰りになられた方が8人いらしただけの、約 280人が並んだ姿は壮観 (>_<)

お酒を注ぎに来て下さる方々から、誉められたりダメ出しを受けたり(主に後者)しましたが、美人コンパニオンの方と呑めて幸せ♪(←反省の色全く無し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【孝和建商・安全協力会】

昨日は、山梨県富士吉田にありますホテル〈鐘山苑〉にて行われた【孝和建商・安全衛生協力会】に行っての一席でした。

この孝和建商の小黒社長には普段から大変御世話になっており、社員の方々をはじめとした約 300人の皆様がこの会に参加しており何とこの全員が、終わった後ホテルに泊まって大宴会を開くと云うんです! Σ( ̄□ ̄;)

それを聞いて俄然やる気の出た私は、落語を演らないでその宴会だけ参加させて頂こうかと思っていたら、どうやらそういう訳にもいかぬらしく、やっぱり一席演りました (。・_・。)ノ(←当たり前だべ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

【王楽の会】in なかの小劇場2

さあ開演すると、かっ好くんが『道灌』。

続いて私が、中野で初の独演会を出来る喜びを滔々と(って程ぢゃないけど…)語ってから、久方振りに『転宅』を演ってお仲入り。

休憩はさんで待ってましたロケット団さん!

この度〈浅草芸能大賞・新人賞〉を受賞されてノリにのってるお二方の漫才に、お客様方笑いっ放し! Σ( ̄□ ̄;)

爆笑漫才の後、最後に私がこれまた久々、喜多八師直伝の『三味線栗毛』!…いやぁ、笑いが殆どなくてしんどいけど好きな噺です。

お客様、いつも拙い噺にお付き合い頂き有難うごぜえますだ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【王楽の会】in なかの小劇場

昨日は〈なかの芸能小劇場〉にて私の独演会、その名も【三遊亭王楽の会】でした (。・_・。)ノ

此の〈なかの芸能小劇場〉は、落語家になる前に客として、また先輩の会をソデで勉強させて頂いただけで、高座に上がるのは意外にも初めてでした! (>_<)

会場入りしてすぐにマイクチェックをする為に、改めて客席と高座を見回してみたら、とっても落語に適している会場でした! \(o ̄∇ ̄o)

今回は、先ず開口一番にお馴染みかっ好くん、そして私が演ってお仲入り。休憩はさんで特別ゲストのロケット団さん!最後に私がもう一席…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

【右團治噺】2

そんなしがらみも知らず、芸協の先輩から呼んで頂いてお会いするなんて…矢張り〈ご縁〉と云うのは恐ろしい… m(__)m

さて今回が36回目だったのですが、ネタ帳見て驚きやした…二席ずつ演ってるのに一度もネタがかぶってない! (>_<)

恐れ入谷の鬼子母神…。

溢れんばかりのお客様の前で、先ずは右團治師『熊の皮』。

続いて私は未だ出てなかった『竹の水仙』…と思いきや3年前に出てた… (-_-;)

トリで師匠は『古着買い』。

終演後、母の恩師が「(母が)とてもいい子だった」と…。

今では微塵も感じませんが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【右團治噺】

昨日は、落語芸術協会の女流噺家・桂右團治師匠からのお仕事で、築地にあるお蕎麦屋さん〈さらしなの里〉へ行って参りました (。・_・。)ノ

右團治師は、月1回のペースでこちらのお蕎麦屋さんで独演会を演られているそうで…先輩がこれだけやってらっしゃるのですからもっともっと頑張らなくては… (;-_-)=3 フゥ

番組は、先ず右團治師匠が行ってお後が私、最後に師匠がもう一席やっておしまい m(__)m

実は此の〈さらしなの里〉…ウチの愚母の女学校時代(元禄時代?)の恩師・赤塚先生と云う方が経営されていたのです! Σ( ̄□ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

【談春七夜】千秋楽へ…2

…しかも口惜しいのは、仲入り前に演られた演目が『小猿七之助』! Σ( ̄□ ̄;)

聴きたかったよ〜! (>_<")

しかしトリネタは何と、十八番中の十八番『庖丁』!

…コレを聴けただけでアッシぁ幸せでござんすよ、姐さん… (-_☆)キラリ(←誰だコイツは)

終演後の打ち上げでは、久方振りに高田文夫・吉川潮両先生ともお話が出来、更にはコラムで私を取り上げて下さった福田和也さん、横浜の独演会に来て下さっていた堀井憲一郎さんにも改めて御挨拶が出来、お二方共に「期待してます」とのお言葉を…。

師匠、お疲れ様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【談春七夜】千秋楽へ…

昨日は、両国寄席・9日目の出番1本目で『真田小僧』を演った後、すぐ池袋の東京芸術劇場へすっ飛んで行き【談春七夜】の千秋楽へ行って参りました! 〜( ̄▽ ̄〜)

他派にも拘わらず、独演会のゲストから人の脅し方まで(←後者はウソです)、普段からめちゃくちゃ御世話になっている談春師匠の7日連続独演会!

7日間全て行きたかったのですが(←お前は客か)、こういう時に限って仕事やら何やらがぶつかっていて… (-_-;)

此の最終日も最初から聴きたかったのですが、着いてみたら19時で既にお仲入り休憩でした! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

【好楽・王楽親子会】in 江刺6

5分くらいマクラをふっていた所為か、ネタは自然と『宮戸川』に入ってしまいました。

…が、大変いいお客様でドカドカ笑って下さったのです! (>_<)

名人になった気分で高座を下りて、早速兄さんに確かめると…

「見てる処が全然違う。第一王楽さんと俺って同い年じゃん!」

…しいましぇん m(__)m

仲入りはさんで、ジェミー先生のマジック!

「Write down here!」など綺麗に英語云ってた方が急に…「何そこゴチャゴチャ云ってんのよ!」には、笑いました。

トリの好楽は『親子酒』。

江刺と花丸家に幸あれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【好楽・王楽親子会】in 江刺5

兄さんをソデで迎えると、何故かもじもじした様子…「どうかしたんですか?」と聞くと…

「高校の時付き合ってた彼女が前にいた…」

それを楽しみに高座へ上がって、マクラをふりながら前方ばかりチラチラ見ておりました(マジメにやれよ)。

しかし兄さんの云っていた位置を何度見ても、80近い〈花屋のおきんさん〉よろしくのおばあさんの姿しか見当たりませんのです… (-_-;)

「!?…いや、事に拠ると兄さんは此の人と付き合われていたのかも知れない…」

と、そんな事ばかり延々と考えながら(マジメにやれってば)…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【好楽・王楽親子会】in 江刺4

何と兄さんは、地元の人間! Σ( ̄□ ̄;)

高座で以て…「ボクのこと知ってると云う方いらっしゃいますか?」と問うと、約 660人集まっている方々が殆ど手を挙げられて…。

地元のお客様をマクラで沸かしてから『時そば』! 兄さんらしいクスグリも入っていて、ソデでお客様同様に笑わせて頂きました (≧∇≦)/ ハハハ

また楽屋には、花丸兄さんのご両親が訪ねて下さり、出演者全員にお土産まで賜りました m(__)m(この辺りに落語家が来ると、我々に限らずいつもいらして下さるのです…親御さんは有り難い)

故郷に錦を飾った…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【好楽・王楽親子会】in江刺 3

【好楽・王楽親子会】in江刺  3

先ずは開口一番、かっ好くんが『浮世床』でご機嫌伺い。

続いて、両国寄席でも御世話になっている桂花丸兄さん。

写真の通り、兄さんは私服で高座に上がりました(…てのは勿論ウソ、マイクチェックの模様)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【好楽・王楽親子会】in江刺 2

【好楽・王楽親子会】in江刺  2

述べて頂きました… m(__)m(←この時の司会は、ジョニーこと上楽兄さん)

今回のメンバーは出番順に…

かっ好、桂花丸、王楽
〈仲入り〉
マジックジェミー、好楽
(敬称略)

でした! 〜( ̄▽ ̄〜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【好楽・王楽親子会】in江刺

【好楽・王楽親子会】in江刺

昨日は、水沢江刺・ささらホールでの【〈江刺寄席〉三遊亭好楽・王楽 親子会】でした (。・_・。)ノ

昨年7月も此の会館で【江刺寄席】。好楽、そしてたい平師匠、二楽師匠に、私の〈二ツ目昇進披露口上〉を…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

披露宴司会と【信行寺寄席】2

私がやらせて頂くと云う…親子二代で司会を務めさせて頂けたこと、とても感慨深いです…。

…ただ、主人公である落合さんの息子さんは、私の2つ下…落合さんには娘さんもいらしてその方は私の1つ下、約20年振りにお会いしたら…結婚されてお子さんがお2人! Σ( ̄□ ̄;)

…正直ぷらぷらしてらんないなと思いますわ (;-_-)=3 フゥ

披露宴が終わると、品川から練馬にすっ飛んで【信行寺寄席】へ。

ギリギリに入ると好楽が『親子酒』のクライマックス!

急いで着替えた私は、トリで『巌流島』!

貧乏暇なしです… (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

披露宴司会と【信行寺寄席】

昨日は、親子共々お世話になっている〈日刊スポーツ〉の落合さんと云う方の息子さんの、結婚披露宴司会を務めさせて頂きました (。・_・。)ノ

落合さんは、現在では若手の登竜門的な存在のホール落語【にっかん飛切落語会】の立ち上げメンバーで、その当時のチケット販売の大変だったことなどを、よく語ってくれます (-_☆)キラリ

ですからウチの親の好楽が〈林家九蔵〉と名乗っていた頃から、30年以上のお付き合いなんです m(__)m

…そして驚いたことに、落合さんの披露宴の司会を父・好楽…当時の九蔵が務め、その息子さんの司会を…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

【銀座らくごアーベント】 4

【銀座らくごアーベント】  4

終演後、美味しいおでん屋〈力〉で打ち上げ。

その後、文華師・花丸師・私の3人でバーへ行き、東西落語について朝4時まで語りました!

師匠方と写真を撮り忘れたので、前の打ち上げでの銀瓶師匠の写真を…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【銀座らくごアーベント】3

最後には、立ち上がって歌まで歌って客席をひっくり返しました! Σ( ̄□ ̄;)

恐るべし白鳥師匠のお後は、桂文華師匠。

こういった会場で演らせてもらえる嬉しさを滔々と語られてから…

「あの(白鳥)兄さんの後ではやりにくい…」

と云って客席を捕まえておいてから、ポピュラーな『阿弥陀ヶ池』。

仲入りはさんで鶴瓶師匠が、オセロの松嶋さんの変人ぶりを語ってから『厩火事』。

トリは林家花丸師匠、ネタは『三十石』!

大変綺麗な『三十石』で…私もつい最近ネタおろししたばかりなので、大変勉強になりました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【銀座らくごアーベント】2

「この方々の前で何を演ればいいんぢゃろう… (-_-;)」

と、不安だらけの心持ち&緊張感バリバリのまま、いざ開演!

マクラをふりながら、何を演ろうかと迷った挙げ句に『皿屋敷』。

サラの出番の『皿屋敷』で、勿論ドッカンとは来ないものの、クスグリの度にちゃんと笑って下さったので事なきを得ました…矢張りアーベントは一筋縄ではいきまへん (;-_-)=3 フゥ

が…続いて白鳥師匠が、楽屋のモニターで聴いてて思わず吹き出してしまう様な爆笑マクラを繰り広げてから、ネタは何と…

『牛丼晴れ舞台』! (・_・?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【銀座らくごアーベント】

昨日は、人呼んで〈落語界のオールスター戦〉【銀座らくごアーベント】へ行って参りました! \(o ̄∇ ̄o)

アーベントに出演させて頂くのは、5ヶ月ぶりの3度目ですが…此の〈夜会〉に参加させて頂くことは大変名誉で嬉しいし、普段より力が入ります! (>_<)

資生堂WORDホールで開催されていた最初の2回以来なので、みゆき館で演るのは初めてでした。

メンバーは出番順に…

三遊亭王楽、三遊亭白鳥、桂文華
〈仲入り〉
笑福亭鶴瓶、林家花丸
(敬称略)

…上方のお三方と白鳥師匠と云う超個性的な面々に囲まれて…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

【二ツ目できつつきを祝う】 3

【二ツ目できつつきを祝う】  3

よく考えたマクラをふってお客様を味方につけてから、70あるネタの中の(←凄い)『転宅』。

彼はいい意味でおさまってないので、泥棒が躍動する。「平屋ですよ?」が爆笑を生んだ。

また1人ライバル登場…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【二ツ目できつつきを祝う】2

続いて菊仙・花仙さんの曲芸をはさみ、我等が人気者・上楽兄さんが季節モノ『目黒の秋刀魚』で、お仲入り。

休憩後、上楽兄・花楽京兄・好二郎兄・私で、きつつきくんを囲んでの口上 (。・_・。)ノ

…でしたが、「ねずみ男に似ている」だの「褒める処が見当たらない」だの、愛情タップリに云いたい放題 (-_-;)

素敵な口上が終わると、改めて私が高座に上がり、漫談をふり倒してから締めは得意の『よめにくい』! (≧∇≦)/

ヒザのいつも華麗なスティファニー先生の手品が終わりますと、文字通り〈トリ〉のきつつきくん登場!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【二ツ目できつつきを祝う】

昨日は、両国寄席の4日目に行って参りました。番組名は【一門二ツ目で〈きつつき〉を祝う】!

そうです…今月10月から我が円楽党の円橘師匠門下の三遊亭橘つきくんが、名前も平仮名〈きつつき〉と改めて、二ツ目に昇進致しました! \(o ̄∇ ̄o)

番組は出番順に…

福楽、花楽京、好二郎、菊仙・花仙、上楽
〈仲入り〉
口上、王楽、スティファニー、きつつき
(敬称略)

でした。

開口一番は鳳笑くんの『子ほめ』。彼は実に声がいい。

お後、福楽兄『サプライズ人事』、花楽京兄『売り声』、好二郎兄『親子酒』と…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

【アーベント】へ行って… 3

【アーベント】へ行って…  3

仲入りはさんで、人気者・志の輔師匠が、丹波哲郎さんとの思い出から『お血脈』。

トリの喜多八殿下は、何と『笠碁』! Σ( ̄□ ̄;)

コレがまた素晴らしくて…殿下、私はついていきますよ!? \(o ̄∇ ̄o)ハーイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【アーベント】へ行って…2

クスグリ沢山のメルヘンチックなお噺を、兄さんは余裕しゃくしゃくでお演りになっておりました! (>_<)

続いて、これまた〈ぼっちゃん5〉の我等がリーダー・いっ平兄さんが、マクラで滝川クリステルの魅力を滔々と語られてから『星野屋』。

お後は、いつも稽古つけて頂いたり何かと御世話になっている市馬師匠。ネタは5代目小さん譲りの骨太な『粗忽の使者』!

何度も聴いている筈なのにソデで思わず笑ってしまい、そしてお客様方は云うまでもなく、爆笑…。

此の噺でこれだけ笑わせるなんて…市馬師匠、格好良かったっす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【アーベント】へ行って…

昨日は【銀座らくごアーベント】へ行って参りました。

私の出番は明日(5日)なんですが、その前にちょっと偵察を… (-_☆)キラリ

いつも豪華な此のアーベント、この日のメンバーも相変わらず凄かった。出番順に…

林家きくお、林家いっ平、柳亭市馬
〈仲入り〉
立川志の輔、柳家喜多八
(敬称略)

でした (。・_・。)ノ

先ずは、我々〈ぼっちゃん5〉のキーパーソン(自称)であり、特攻隊長のきくお兄さん! 〜( ̄▽ ̄〜)

いつも明るく楽しいマクラでアーベントのおカタいお客様を和ませると、得意の新作『御伽村』! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

【三遊亭歌武蔵独演会】 5

【三遊亭歌武蔵独演会】  5

続いてヒザは、仙志郎兄さんの華麗な曲芸。

トリの歌武蔵師匠、もう一席はこれまた大ネタ『茶金』!矢張りキャラクターが際立っているので、お客様は一気に〈歌武蔵ワールド〉!

師匠、有難う御座いました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【三遊亭歌武蔵独演会】4

色んなキャラクターがめまぐるしく登場するので大変難しいお噺なんですが、師匠はキレイに自分の色をそれぞれのキャラに投影させてしまう…スゴい。

仲入りはさんで私なんですが、朝也さんや歌ぶとくんと云う後輩が見事に落語を演られたので、かなりプレッシャーを感じました… (-_-;)

マクラふってると、いつものにぎわい座と同様、いいお客様。

ギリギリまでネタを悩んだ末「落語が5本もあるから色を変えよ」と、数多いネタの中から(3つだけど)『読書の時間』をチョイス。

今回も三枝師匠のおかげでウケました… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【三遊亭歌武蔵独演会】3

モルツの和久井映見風に云うと…「うまいんだな、コレが♪」(←いつの話だよ)

ネタは『子ほめ』でしたが、前座さんらしくちゃんと声は大きいし、更には間もいいし、そして何よりも〈声〉がいい…私の前座時代とは比較になりまへんがな! (>_<)

続いて一朝師匠の3番弟子・朝也さんは『真田小僧』。此の方も前座の頃から上手かったが、二ツ目になってまた更に上手くなっておりました… m(__)m

いよいよ主役の歌武蔵師匠登場! \(o ̄∇ ̄o)

ネタ出しされておりまして、一席目は『五人廻し』!

ご存知の通りこのネタは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【三遊亭歌武蔵独演会】2

何よりも、協会の違う師匠の会に出させて頂けること、大変嬉しく思います m(__)m

…が、起きてみるとまたもや、雨がザーザー降っているぢゃありませんか… (-_-;)

聞いてみた処、当の歌武蔵師匠も雨男だとか…。自分1人の責任ではなかったと、ホッと一安心 (;-_-)=3 フゥ

しかし天が味方してくれたのか、他の演者の方々の中に〈晴れ男〉がいるのか、開演前には止んでくれまして…。

会の番組は写真の通り。先ずは歌武蔵師匠の一番弟子である歌ぶとさん。

彼のお噺を聴いたことがなかったので、ソデで拝聴させて頂くと…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【三遊亭歌武蔵独演会】

【三遊亭歌武蔵独演会】

昨日の夜は、横浜にぎわい座での【三遊亭歌武蔵独演会】に、恐れ多くも〈ゲスト〉として出演させて頂きました! Σ( ̄□ ̄;)

落語の事から芋焼酎の呑み方に至るまで、普段から大変御世話になっている此の師匠の…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

イカスミひーちゃん

イカスミひーちゃん

イカスミスパゲティを元気よく食している、姪っ子のひーちゃんです。


…って元気よすぎだろ!! Σ( ̄□ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イカスミゆのちゃん

イカスミゆのちゃん

イカスミスパゲティを元気よく食している、姪っ子のゆのちゃんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

再び【メインロブスター】へ…

昨日は、平塚の〈メインロブスター〉と云うお店で落語会 (。・_・。)ノ

此のお店でやらせて頂くのは5月以来で、今回が2回目。またお声が掛かるのは嬉しいものです m(__)m

第1回は『平林』『片棒』だったので、今回は別のネタ(当たり前だよ)。

先ずは、先日ネタおろしした『真田小僧』…だけでは短いので、立て続けに『野ざらし』…を、久方振りにやるとセリフが抜けて…稽古しなければ… (;-_-)=3 フゥ

最後『竹の水仙』、お客様方がよく笑って下さり感謝。

終演後お客様方が「また来てね」と嬉しいお言葉…また来ます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »