« 【大銀座落語祭・楽日】 | トップページ | 【大銀座落語祭・楽日】3 »

2006年7月19日 (水)

【大銀座落語祭・楽日】2

親玉(?)の鶴瓶師匠の登場にお客様は大喜び! (≧∇≦)/

前に上がられたお弟子さんのエピソードを面白おかしく話してから、トリの笑瓶師匠に暖かいエールを送ってから高座を下りられました。

その時間実に10分でしたがお客様が喜ぶのは勿論のこと、あれだけエピソードを語ってもらったお弟子さん達は弟子冥利に尽きることでしょう。

この師匠の優しさ、人間性の素晴らしさを改めて痛感させられました (´ー`)

トリの笑瓶師匠は自作…と云うか師匠譲りの私落語『横山大観』。

笑瓶師匠の落語を聴きながら気付いたのは…

|

« 【大銀座落語祭・楽日】 | トップページ | 【大銀座落語祭・楽日】3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38175/2715524

この記事へのトラックバック一覧です: 【大銀座落語祭・楽日】2:

« 【大銀座落語祭・楽日】 | トップページ | 【大銀座落語祭・楽日】3 »