« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

【映画見聞記 vol.21 】5

…誤解を招くといけないので云っておきますが、櫻井くんがウザイ訳ではありません。役柄がウザイのです。

「必死に僕はペダルをこいだ」とか「はぐちゃんの為に今僕が出来る事の少なさを知った」などの、頻繁に出て来る心の中の声が蛇足。お為ごかしに天才森田(伊勢谷)に「今はぐちゃんがどんな気持ちでいるかわかってるんですか?そんな時にテレビ出てる場合ですか!?」と、説教するのもげんなり(それに諭される森田もだらしない)。

…とは云うものの退屈はしませんでした。只、青春映画こそもっと現実的に撮ってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.21 】4

「意外と楽しめるかも」と、暗に期待して臨んだのですが…

『ザ・フォッグ』よりは面白かったものの、ウ〜ン…何て云うのかなぁ? 一言で云うと「生クリームがべったり塗ってあるケーキを腹いっぱい食べさせられた」感じの作品でした。

純情で一本気な主人公、おちゃらけてるけど実は天才、クールな青年、いい加減そうでも実は理解ある先生など、どのキャラクターも紋切り型で、役者さんも決して演技がまずくないだけに尚それが引き立ってしまう。

また前述の〈純情で一本気な主人公〉(櫻井翔)が、ウザイことこの上ない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.21 】3

本来、B級ホラーにはB級ホラーの醍醐味がある筈なんですが、それが無い。

あったと云えば…〈意味もなく何故か、若い女性が薄着あるいは下着姿で危機的状況に陥る〉と云う、芸能人の水泳大会にお約束の「CMの後お父さんお待たせ!おっぱいポロリ♪」にも似たものがあるにはあったが、少ないしそれも中途半端! (>_<)(←でもそれがあったから寝ずに済んだ)

B級独特のチープな魅力が感じられずに残念でした m(__)m

お次は『ハチミツとクローバー』。日曜の最終回、しかも20時と云う時間にも拘わらず、結構入りがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【映画見聞記 vol.21 】2

わからんやり取りをしてました (-_-;)

予測してなかった緊急事態に、2人は焦りながらも新たにタイムスケジュールを組みはじめて、渋谷に移動する事を決意。

その結果、何となくネタになりそうな『ザ・フォッグ』と云うホラー映画と、今話題の邦画『ハチミツとクローバー』に決定しました (。・_・。)ノ

先ずは『ザ・フォッグ』。ジョンカーペンター監督の初期の作品のリメイクでした。

移動で疲れた私は「寝ちゃわないかしら…」と思いつつ観たのですが、始まって3分経ったその時直感しました。

「寝ても惜しくない」と…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.21 】

昨日は、約1ヶ月振りの活写会で今回が第16回目。

今回の2本は、違った意味で面白そうな『日本沈没』と、ロードムービーの佳作と評判の高い『トランスアメリカ』…の予定でしたが、『日本沈没』が既に立ち見だったのです! Σ( ̄□ ̄;)

愕然としている我々の脇で、カップルが映画館の従業員に烈火の如く怒っちょりました。

彼氏「てめぇさっき日本沈没大丈夫って云ってたじゃねえかよ!」 従業員「いえ、ですからその…」 彼女「どうせ日本沈没ダメなんでしょ?」 従業員「…すいません」

と、平和なのか危険なのかよく…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

合唱練習2

励んだのです(同じテノールに小朝師匠がいらっしゃるのが救いです…)。

練習中可笑しいのは、矢張りムードメーカーの夢之助師匠。

「合唱練習を大喜利と間違えているのではなかろうか?」…と疑いたくなる程の鮮やかな取り組み方! 〜( ̄▽ ̄〜)

最後に皆で合わせて通しで歌ったものをビデオに収めて見たのですが…改めて見るとまだまだ感が否めない様子で、昇太師やたい平師は懸念しているものの夢之助師はそれを見て「完璧…素晴らしい!」の一言 (-_-;)

一抹どころか十四抹の不安が残る合唱練習でした… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合唱練習

昨日はまたまたテレビ東京に集まって合唱練習でした (。・_・。)ノ

本日の参加者は…夢之助、昇太、花緑、玉の輔、たい平、いっ平、きくお、亜郎、王楽、ひろ木(敬称略)

『勝手にシンドバッド』をバス・バリトン・テノールに分かれて練習を始めたんですが、私はテノールのパートで他のテノールの方は玉の輔師ときくお兄。

このお二方の間に入った私は玉の輔師匠から「お前の声に合わせるから、間違えるとそのままそっちに行っちゃうから気を付けろよ?」…と云われ責任重大 (;-_-)=3 フゥ

何とか音をとってハモりの部分の練習に…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

【ほのぼの通信】

【ほのぼの通信】

昨日、ウチの長女の子供と撮った時の写真です (。・_・。)ノ

両サイドが、以前にも載せた憂乃(ゆの)と陽依(ひより)。今度好楽とBS番組に出るのではりきってます! (>_<)

真ん中は、生後3ヶ月の遥(はる・男)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

今月の標語

今月の標語

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

【文鳥舎寄席】 3

【文鳥舎寄席】  3

はん治師匠のお誕生日と云う事が判明! 〜( ̄▽ ̄〜)

恥ずかしがり屋の師匠はここぞとばかりに照れまくっておりました (´ー`)

会派の違う先輩に呼んで頂ける事は非常に嬉しい事。本当に感謝々々です m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【文鳥舎寄席】2

開演するといきなりはん治師匠の登場! Σ( ̄□ ̄;)

優しい師匠は私を「ゲストだから…」と気を遣って下さり、間に入れてくれました m(__)m

ネタは三枝師匠作の『モーツァルト』! 前座の頃に国際フォーラムでの小朝師匠の会で初めてお会いした時に聴いて以来でした。

お後私も三枝師匠作の『読書の時間』にしようと思ったのですが、『不動坊』に変更。いいお客様でよく笑ってくれました 〜( ̄▽ ̄〜)

仲入りはさんでトリネタの『禁酒番屋』にお客様大爆笑! (≧∇≦)/ ハハハ

終演後の打ち上げで、明くる日の24日が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【文鳥舎寄席】

昨日の昼は、近所の〈養福寺〉と云うお寺さんで『転失気』を演って参りました(←最近お寺さんにお世話になってばっかり)。

終わるとすぐに飛び出して、はん治師匠からのお仕事で三鷹へと向かいました (。・_・。)ノ

会場は〈文鳥舎〉と云うお洒落なブックバーで頻繁に落語会をやっておられるのですが、私は今回が実は2度目。

前座の頃に、立川志の吉兄さんの会で使って頂いて以来実に2年振り。

はん治師匠はおかみさんと一緒にお見えになったのですが、2人共大変お仲がよろしいので本当に見ていて微笑ましい! \(o ̄∇ ̄o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

【マイフェイバリット】 5

【マイフェイバリット】  5

…いやぁ、特にする事が無かったので下らない私事をダラダラと記してしまいました m(__)m

共感出来る方…まずいないでしょうが、いたら御連絡(?)下さい (≧∇≦)/

あ、する事あった!

稽古… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【マイフェイバリット】 4

【マイフェイバリット】  4

これがTシャツの一部です。

中央の、手に口のついた〈サンタクルーズ〉の青Tが、高3の時に買って一番お気に入りなんですが段々破けてきて…今どこ探しても売ってません! (>_<) 見つけた方、是非ご一報を!…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【マイフェイバリット】3

【幸せを感じる瞬間】

1…起きる予定時間の1〜2時間前に起きてしまった時

2…冷めたお弁当を食べてる時

3…夏場、30分ぐらいぶらぶら歩いている時

〈1〉は、わざと起きる2時間前などに設定する事がある程好き。

〈2〉は、元々猫舌ではあるものの、最近冷めた食べ物が好きな事に気付き、特にトンカツ・天ぷら・春巻き・餃子は、フニャフニャになっていればなっているほど好き…お腹すいてるからよだれが出てきた (;-_-)=3 フゥ(←バカ?)

〈3〉は、わざと住んでる駅の2〜3駅手前で降りて汗かき歩くのが好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【マイフェイバリット】2

Tシャツ好きが高じて…と云うより〈ステューシー〉のフォトTシャツを意識して、大学の頃に自分の好きな映画スターやミュージシャンの写真に、あのショーンステューシーの文字を真似て、オリジナルTシャツ作りにはまっておりました(今、私のサインがステューシー文字で書かれている事は余りにも知られてない…)。

…今思えば〈超インドア〉な私は、昔から何かを集めるのが好きみたいで、古くはキン消しに始まり、今でもビックリマンと野球カードは大量にウチの何処かに眠ってます(ネットで売れないかな? あ!映画のチラシも…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【マイフェイバリット】

突然ですが…

【私の好きな事、或いは趣味】

・Tシャツ集め

…てか別に集めてた訳じゃなかったんだけど、振り向けば大量のTシャツが…其処で初めて好きな事に気付く (;-_-)=3 フゥ

古い〈ステューシー〉のや、スケボーもやってなかったくせに、80年代の〈サンタクルーズ〉や〈パウエルペラルタ〉のを好んで着てるんです。また新しいところでは〈コムデギャルソン〉を着ます。

・ポストカード集め

…これも振り向けば何百枚もありまして、主に映画・絵画・フォトなどを美術館や映画館で、今で云う所謂〈大人買い〉…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

【五味道場】

今日は道楽師匠からのお仕事で、半蔵門駅から歩いて1分…否、出口によっては20秒でも行ける小料理屋【五味】での落語会でした。

メンバーは道楽師匠、神楽兄、私、橘つきくん。

いつも落語をお演りになる店主の五味さんこと〈小料理や小道楽〉さんは、今回は席亭としてのご挨拶のみでした (>_<)

いつも楽しく落語を演らせて頂いてる此の会、非常に大好きな会なんですが残念な事が只1つ…楽屋が遠いんです \(o ̄∇ ̄o)

会場行くまでに皆が振り返る振り返る…。

私はいいお客様に囲まれ久々に『兵庫船』でした… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【逗子海岸花火大会】 4

【逗子海岸花火大会】  4

続くひろ木くんは十八番『動物園』と錆びたナイフの様な津軽三味線、最後私が『片棒』。

終演後、花火を間近で見て気分を良くしたひろ木くん、頼みもしないのに〈イヤンバカン〉を披露してました… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【逗子海岸花火大会】3

ものの、私が着いた途端に止むなんてのは、奇跡が舞い降りたとしか思えません (´ー`)

とにかく急いで井上邸へ行きますとまたビックリ!

お宅が広くて綺麗なのは予想通りでしたが、海の目の前で花火を見るには持って来いのロケーションなんです! (>_<)

ひろ木くんと2人で、遠足に来た小学生が乗り移った様にはしゃいでるのも束の間、17時半から開演。

先ずは私がご挨拶代わりに『高砂や』。20人程のお客様方は皆、上品の国から上品を広めに来た様なお顔をなさっておりました(だけどよく笑ってくれまちた (≧∇≦)/ ハハハ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【逗子海岸花火大会】2

もし雨が降ったら花火大会は延期、そして落語会もなくなるのです! Σ( ̄□ ̄;)

…考えてみれば季節外れの梅雨時に、落語界が誇る〈水も滴る雨男〉が行くのですから、否が応でも降水確率は跳ね上がります (-_-;)(ちなみにこの日で、私が落語を演る日の雨降りが6日連続となりました…新記録まであと4日)

しかし私の日頃の行いが良い所為か、16時半頃に逗子駅に着くとアラ不思議! 雨が止んだぢゃあ〜りませんか! \(o ̄∇ ̄o)

振り返ってみると、今まで晴れていた土地に私が行った途端雨が降る…と云った現象は多かった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【逗子海岸花火大会】

昨日のお昼は、ウチの目の前にある〈浄光寺〉に親子で一席ずつ演ってきました。ちなみにネタは私が『雑俳』、好楽は『一眼国』でした m(__)m

それから私は、いつも私の会などにもいらして下さり大変お世話になっている井上さんと云うお方の逗子にあるご自宅へ、ひろ木くんと一緒に向かいました (。・_・。)ノ

何でも夜の20時から毎年恒例の【逗子海岸花火大会】があるらしく、それをご自宅で見る前に落語を演ってもらいたい…と云う大変嬉しいオファーだったのです! 〜( ̄▽ ̄〜)

…しかし気掛かりな事が一つありました。それは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『京紅ものがたり』 2

『京紅ものがたり』  2

文珍師匠はお芝居でも何でも、とにかく落語の為なら全て貪欲に吸収しようとするパワーが凄いんです (>_<)

色々な芸談を隣でじっくり聴かせて頂けて、身に余る光栄でした m(__)m

寝てる暇はないっすねぇ…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『京紅ものがたり』

20日の午前中は好楽と、所沢にあります〈松林寺〉と云うお寺へ行ってきて、私は『つる』、好楽は『目薬』と、それぞれの十八番を演ってきました(←情けない十八番だ… (-_-;))

そして午後も好楽と一緒に、文珍師匠と小米朝師匠の出ている『京紅ものがたり』を新橋演舞場へ観に行って参りました \(o ̄∇ ̄o)

新派の役者さんのお芝居に唸ったり、高橋恵子さんの色気に惑わされたりと非常に濃い3時間でしたが、終演後にウチら親子と木村祐一さんとで文珍師にご馳走になった4時間の内容も、負けじと濃かったです… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【橋場寄席】

合唱練習が終わると、毎夏好楽と出る【橋場寄席】に行きました (。・_・。)ノ

いつも志遊兄さんと若手の会もやっているこの会場、私は2月以来でした。今回のメンバーは好楽、道楽師匠、私、かっ好くんの4人。

先ずはかっ好くんが『牛ほめ』、続いて道楽師匠が十八番の『佐野山』でお仲入り。

くいつきで私が『不動坊』、しかし橋場のお客様はいつもよく笑って下さるので助かります (≧∇≦)/ ハハハ  トリの好楽はお馴染み『目薬』。

終演後いつもの中華料理屋で打ち上げ。橋場のマダムは相変わらずうるさ…否、元気でした (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

さあ、合唱練習だ!2

この中で初日の練習に集まったのは…

小朝、夢之助、玉の輔、きくお、亜郎、王楽、ひろ木(敬称略)

合唱する曲は決まっておりまして『勝手にシンドバッド』! 〜( ̄▽ ̄〜)

…で、もしも決勝に残った場合の曲は何と…『キューティーハニー』! Σ( ̄□ ̄;)

とりあえず『勝手に〜』に取りかかったのですが、ムードメーカーの夢之助師匠…この歌を知らなかったらしく「今何時!?(≧∇≦)/ 」のパートだけは元気良く歌っちょりました… (-_-;)

早速暗礁に乗り上げた落語家合唱団…8月22日の本番までにまとまるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さあ、合唱練習だ!

昨日は、まずお昼に【しのばず寄席】で一席(ネタは『平林』)演ってから、神谷町にあるテレビ東京へすっ飛んで、秋の特番【オールスター合唱コンクール】の練習に行きました! \(o ̄∇ ̄o)

この番組は、今秋9月16日(土)にオンエアされる特番で、〈吉本興行合唱団〉や〈アイドル合唱団〉など計8組が対抗して優勝を争う、と云う番組です (。・_・。)ノ

私はと云えば、云わずとしれた〈落語家合唱団〉の一員で、メンバーは…

小朝、夢之助、正蔵、昇太、花緑、玉の輔、たい平、いっ平、きくお、亜郎、ひろ木(敬称略)…と、私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

円楽・鶴瓶の対談風景

円楽・鶴瓶の対談風景

…の写真を撮りたかったのですが撮れませんでしたので、兄弟子の上楽がフィリピンパブで石油王並に寛いでる写真でご勘弁願います m(__)m

鶴瓶師匠は帰り道しきりと「ええ話聞けたなぁ…」を連発してました (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円楽・鶴瓶のビッグな対談!

大銀座が終わった明くる日の一昨日、鶴瓶師匠と2人でウチの師匠・円楽の自宅に行って参りました (。・_・。)ノ

伊勢丹の横で待ち合わせをしたのですが、あんな人気者が帽子やサングラスも着けずに沢山の花束を抱えて立っているのですから、周りにいた方々が騒ぐこと騒ぐこと… (;-_-)=3 フゥ

すぐにタクシーに乗り込んで、着いた途端に師匠夫婦が満面の笑みで私を…ではなく鶴瓶師匠を迎えてくれました。

約2時間、テレビではまず顔を合わせる事のない2人の対談…

傍にいて思ったことはただ一つ!

録音したかった… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【大銀座落語祭・楽日】6

正蔵師匠から聞いた処、今年は3万5千人の動員があったそうです! Σ( ̄□ ̄;)

来年は5日間、会場も更に増やしてやるそうです!

年々段々と大きくなっていく…やっぱり小朝師匠は凄い (;-_-)=3 フゥ

打ち上げには、数えてはいませんが100人以上は軽くいたと思います。

普段は一緒になることのない東西の噺家が大勢並んで酒を酌み交わす姿は何とも素晴らしい光景です…。

好楽も久方ぶりにずぅっと文珍師匠とサシで話して何だか嬉しそうでした。

また来年もグレードアップする【大銀座落語祭】の為に頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【大銀座落語祭・楽日】5

仲入りはさんで、色んな意味で我々5人組のキーパーソン・きくお兄さんが円楽に習った『大師の杵』。いっ平兄は『芝居の喧嘩』。

続いて待ってました!紅一点のあやめ姉さん! 〜( ̄▽ ̄〜)

コンパにまつわるオモロイ噺をされてたのですが…タイトル聞くの忘れたった (-_-;)

トリの春菜兄さんが上がる前に、正蔵師匠が高座返しに出ると勿論お客様は大喜び!

春菜兄さんはお賑やかに『七度狐』。明るく軽くフィナーレを迎えることが出来ました m(__)m

打ち上げ会場に行くと、6会場の皆さんが随時集まってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【大銀座落語祭・楽日】 4

【大銀座落語祭・楽日】  4

上方一の美人噺家・桂あやめ師匠と、ワハハ本舗の人気者・猫ひろしさんのお陰です! \(o ̄∇ ̄o)

開演すると、私が『つる』、八光兄が『秘伝書』、続いて早くも猫さんの登場で会場が異様な空気に包まれました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【大銀座落語祭・楽日】3

落語に大切なのは「自分が何を語りたいか?」…と云う事です。

その後の番組は【女がからむと男はこうなる】。

実力派真打ちの方々がこぞって女性のでてくる噺を演ると云う会。

皆さんのをそれぞれ舞台ソデで聴かせて頂いたのですが…中でも私のハートに火を点けたのは、馬生師匠の『稽古屋』!余りに綺麗だったので、不遜にもチャレンジしたくなりました! \(o ̄∇ ̄o)

さあいよいよJUJIYAホールのフィナーレは【坊ちゃん5の落語会】!

販売開始から即完売御礼になったそうですが、これもひとえにゲストの方々…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【大銀座落語祭・楽日】2

親玉(?)の鶴瓶師匠の登場にお客様は大喜び! (≧∇≦)/

前に上がられたお弟子さんのエピソードを面白おかしく話してから、トリの笑瓶師匠に暖かいエールを送ってから高座を下りられました。

その時間実に10分でしたがお客様が喜ぶのは勿論のこと、あれだけエピソードを語ってもらったお弟子さん達は弟子冥利に尽きることでしょう。

この師匠の優しさ、人間性の素晴らしさを改めて痛感させられました (´ー`)

トリの笑瓶師匠は自作…と云うか師匠譲りの私落語『横山大観』。

笑瓶師匠の落語を聴きながら気付いたのは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【大銀座落語祭・楽日】

いよいよ大銀座の楽日。

最終日の私は出番もあったので、JUJIYAホールの担当でした (。・_・。)ノ

先ずは、昨年も好評だった鶴瓶師匠のお弟子さんが集まった落語会、その名も【帰ってきた鶴瓶チルドレン】!

トップに上がったのは、強面だけど何故か常に挙動不審な由瓶兄さんでネタは『手水廻し』。

お後が上方落語会一のイケメン…と云っても決して過言ではない銀瓶兄さんが見事に『くっしゃみ講釈』!

続いて恭瓶兄さんの『町内の若い衆』をはさんでトリの人気者・笑瓶師匠の登場…の予定だったのですが何とビックリ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【大銀座落語祭・中日】3

楽屋入りした円楽は大層ご機嫌で、またその姿は元気そのもの!

昔の名人や自分にまつわる話をしている姿を見てると「果たしてこれが司会を引退した人なのかしら?」…と思うほどの元気印。高座復帰はそう遠くはありません!

師匠は来たる9月21日【好楽ちゃん祭り】の楽日、祝いの口上に登場してくれます!

更に10月には、鶴瓶師匠が開催している松鶴師匠のご自宅での寄席〈無学〉にも登場する事を明言、調子が良ければ落語を一席するとの事!

「弟子としてこんな嬉しい事はない…」と思いつつ中日の夜は更けていきました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【大銀座落語祭・中日】

【大銀座落語祭・中日】

宣伝に至るまでほぼ完璧でした m(__)m

着々と売れていきました処で、夜の部の【大御所に歴史あり!】の時間になりました。

第1部は金馬師匠、そして第2部はウチの師匠の円楽。インタビュアーは兄弟子好楽。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【大銀座落語祭・中日】

大銀座の中日。私は、この程NHKから出ましたDVD〈五代目 三遊亭円楽・特選落語集〉と、昨日の15日に白夜書房から発売されたばかりの『円楽 芸談 しゃれ噺』を朝の10時から売る為に、ヤマハホールへ行って参りました (。・_・。)ノ

本を売っていると、ヤマハの出演者でもあり担当でもあったきくお兄さんときく麿兄さんが、これらを売るのを手伝ってくれたのですが…

いやぁ、あの方々の物販の慣れてること慣れてること… (-_-;)

「明るく元気に!」をモットーに(してるかどうか知りまへんが)、声出しから何から…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

【大銀座落語祭・初日】

向かいました。

私の担当のコマツは【円生一門会】。行ってみると円龍師匠が『豊竹屋』。生之助師匠が『質屋庫』。仲入りはさんで川柳師匠が珍しく『ジャズ息子』。トリの円窓師匠がオハコの『鼓ヶ滝』を熱演! 気合い入ってました… (;-_-)=3 フゥ

休憩中に〈らん月〉のお弁当を食べて幸福な気分に浸ってから、夜の部は【松喬・権太楼二人会】!

贅沢なことに、ひな太郎師匠がサラ口で『酢豆腐』。続いて権太郎師匠が渾身の『らくだ』、仲入りはさんで松喬師匠が『夢八』!

こんなに落語に浸れる幸せ…今日も頑張るどー!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【朝日名人会】2

どうしても聴きたかったのですが、大銀座のお手伝いでコマツアミュゼに行かなきゃならないのでした… (-_-;)

ので、前座の小きちさんが終わると仕方がないから(って事はありませんが…)、高座へ上がりました (。・_・。)ノ

しかしながら、いつも映画を観てるマリオンの朝日ホールは初めてでしたので、武者震いをし、また息子の立派な姿を母親に見せてやりたいなと思いました(←手に負えない)。

ネタは『やかん』。講釈部分はいつも通り、とちらなくって良かったです。

我ながら見事な落語を披露したな…と思い私はコマツへと…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【朝日名人会】

さあ、いよいよ昨日から【大銀座落語祭】の開催です!

私も例年通り、3日間色んな会場でお手伝いをさせて頂くのですが…初日の昨日の昼間は、有楽町マリオン内朝日ホールでの【朝日名人会】に行って一席演って参りました \(o ̄∇ ̄o)

メンバーとネタは出番順に…

三遊亭王楽『やかん』 入船亭扇遊『巌流島』 柳家さん喬『品川心中・下』 〈仲入り〉 柳家三語楼『青菜』 柳家小三治『一眼国』 (敬称略)

でした (。・_・。)ノ

番組は私以外はどなたのネタも興味深く、特に小三治師匠の『一眼国』は滅多に聴けないので…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

【両国夏まつり・楽日】 5

【両国夏まつり・楽日】  5

迷った挙げ句に『庖丁』、お客様に助けられながら何とか演り終えることが出来ました。

3日間が盛況に終わったのもゲストの方々、お客様のお陰です m(__)m

ただ次回…

疲れるのでトリはとりません (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【両国夏まつり・楽日】4

固唾を呑んで耳をそばだてておりますと師匠は何と…十八番の『五人廻し』! Σ( ̄□ ̄;)

キッチリ手を抜かずトリの私にプレッシャーを与えてくれた事は、後輩冥利に尽きます m(__)m(手を抜いてほしかったんやけど… (;-_-)=3 フゥ)

仲入り後は、兄弟子好楽の代演として、人気者・ナポレオンズ先生の登場にこれまたお客様大喜び!

楽屋で吐きそうなくらい緊張して待っている私は、お茶をガブガブ飲みすぎてすっかりお腹がいっぱいになって眠くなってきちゃいました(←緊張してたんちゃうんかい)

さあいよいよ自分の出番…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【両国夏まつり・楽日】 3

で、場内を爆笑の渦に!

終わると今度は、津軽三味線を披露。まるで花やしきのジェットコースターに乗った様な気分にさせられるお三味線で、ソデで喜多八師匠が爆笑しながら…「こんな芸当持ってたとは知らなかった!」と感心(?)してました (>_<)

お後は関西からお越し下さった桂都んぼ兄さん。明るく楽しくお馴染み『秘伝書』をご披露して、場内をヒートアップさせてくれました! \(o ̄∇ ̄o)

続いて〈柳ノ宮喜多八殿下〉こと柳家喜多八師匠が上がると、場内われんばかりの拍手が起こりました。

何を演るのかと楽屋一同…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【両国夏まつり・楽日】2

「此処に来る前にヨイショの為に(←本当にこう云ってる処がこの人らしい…)あなたの姉さんの店に寄ってきたよ」と云われて更に恐縮! Σ( ̄□ ̄;)

ワアワア云ってる内に間もなくプレイボール (。・_・。)ノ

先ずは、10月に二ツ目となる橘つきくんが上がり『弥次郎』。

続いて楽日のトップバッターは、木久蔵一門の核弾頭・赤マル急上昇中の6番弟子の林家ひろ木くん! ネタは他の方々とは一味違う『大安売り』 〜( ̄▽ ̄〜)

「シャケを食べたのにブリブリと…」「取り組みの後に汲み取り」と、キレイなクスグリ(どこがじゃ)…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【両国夏まつり・楽日】

昨日は、楽しみでもありまた恐れてもいました【両国夏まつり】の楽日でした! (≧∇≦)/

18時頃に楽屋入りしたんですが、昨日一昨日とは打って変わって緊張すること甚だしい… (-_-;)

前日、トリの菊朗兄が緊張して控えている横で、おいなりさんを5個くらいぱくついていた自分の姿が、今はもう遠い昔の事の様に感じられます… (´ー`)

私が楽屋に入った時にはもう既に、ひろ木くん、都んぼ兄さん、更には喜多八師匠まで楽屋入りされていて至極恐縮してしまいました! (>_<)

その上、喜多八師匠からは開口一番…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

【両国夏まつり・中日】4

トップの好二郎兄からトリの菊朗兄まで中日のメンバーは、本寸法ながらもタイプがまるっきり違った方々だったので、お客様は大喜びでした! 〜( ̄▽ ̄〜)

…いやぁ、この2日間を振り返ってみると、吉弥兄さんも菊朗兄さんも、先輩師匠方に入られながらも、気負う事なくいい緊張感に包まれながらそれぞれ素晴らしい『住吉駕籠』、そして『水屋の富』をご披露して下さいました… m(__)m

さぁ、今日はいよいよ楽日です!

昨日までの2日間は、出番がないから楽屋で呑気に過ごしてましたが今日は主任!

是非御来場下さいませ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【両国夏まつり・中日】 3

【両国夏まつり・中日】 3

ネタは何と『青菜』!場内をひっくり返しました。

仲入り後、五九楽師匠がサラリと大ネタ『船徳』、トリの菊朗兄は余計なマクラをふらずに何と『水屋の富』! Σ( ̄□ ̄;) …これまた見事なもので (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【両国夏まつり・中日】2

親しげに談笑されている光景は、前座をはじめ我々後輩一同、見ていて微笑ましかったです。またしても、つくづく噺家はいいものだ、と思いました。

先ずは、橘也くんが『つる』。

トップバッターの好二郎兄が、いつもながら軽妙で良く構成されたマクラをふってから、得意の『寄合酒』。

お後の志ら乃兄が『粗忽長屋』。立川流の方らしく、スピーディーで鋭利なナイフの様に切れ味の良いものでした \(o ̄∇ ̄o)

続いて市馬師匠! (≧∇≦)/

柳亭の登場に、場内からも「待ってました!」の声が掛かるほどでした (。・_・。)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【両国夏まつり・中日】

昨日は【両国夏まつり】の中日。

メンバーは出番順に…

好二郎 志ら乃 市馬 〈仲入り〉 五九楽 菊朗 (敬称略)

今、二ツ目の中でも特にノリにのってる菊朗・志ら乃・好二郎各兄さん方が、市馬師匠と五九楽師匠に胸を借りる…と云う番組 (。・_・。)ノ

…なもんですから楽屋入りされた兄さん方は、何となくそわそわしていて、良い緊張感が楽屋を包んでおりました 〜( ̄▽ ̄〜) (「明日は我が身?」などと思いながら… (;-_-)=3 フゥ)

驚いたのは、市馬師匠と五九楽師匠が十何年振りかにお会いしたらしく、楽屋で以て…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月12日 (水)

【両国夏まつり・初日】 5

【両国夏まつり・初日】  5

…で本当は、打ち上げの写真を撮ってこのブログに載せたかったのですが、悲しいかな、芋焼酎が私にその任務を忘れさせてしまったのです (>_<)

代わりに【〈ひなの郷〉で呑む間抜けな親子】の写真を載せます…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【両国夏まつり・初日】4

ネタは何と『蜘蛛駕籠』! Σ( ̄□ ̄;)

今は亡き吉朝師匠と同じく大変綺麗な高座姿で、お客様は勿論の事、ソデで仲間も食い入る様に拝聴させて頂きました m(__)m

終演後、近所の居酒屋〈日本海〉にて打ち上げをしたのですが、協会・芸協・上方・円楽党と、ふだん余り顔を合わせる事のない人達が、下らない話や芸論をしながら酒を酌み交わす…と云う風景を見て…

「ああ、やっぱり噺家っていいなぁ… (´ー`)」

と云う至福を味わう事が出来ました…。

その後、宴は3時近くまで続きましたとさ。

オシマイ♪ (。・_・。)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【両国夏まつり・初日】 3

【両国夏まつり・初日】 3

場内を爆笑の渦に! (≧∇≦)/ ハハハ

仲入り後、はん治師匠が十八番の『ろくろっ首』。この噺を十八番にしているのが凄い事ですが、師匠の人柄の良さが如実に表れて本当に素晴らしい。

いよいよ主任の吉弥兄!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【両国夏まつり・初日】2

私が楽屋入りして間もなく、楽日の13日に出て下さる桂都んぼ兄さんが遊びに来て下さいました (。・_・。)ノ(←もう既に東京にいらしてるのです)

トリの吉弥兄さんもすぐに入られて、矢張り上方の方が2人もいらっしゃると、否が応にも賑やかになります!(ま、どちらかと云うと吉弥兄さんは寡黙なお方。都んぼ兄さんが乱射してました…)

いざ開演!

最初にかっ好くんが上がり『八九升』。続いて風車兄さんが『欠伸指南』、真打ちになられたばかりの鯉朝兄さんが『反対車』。

続いて人気者、歌武蔵師匠の『黄金の大黒』で…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【両国夏まつり・初日】

【両国夏まつり・初日】

こんにちは。いよいよ昨日から…

【両国夏まつり】が始まりました! (≧∇≦)/

〈【両国夏まつり】実行委員長〉の私はハレの初日、開演時間の2時間前に楽屋に入りまして色々な準備をしました (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

明日から【両国夏まつり】!5

目下人気急上昇・気怠い雰囲気で女性を魅了する我らが〈柳ノ宮喜多八殿下〉こと喜多八師匠が両国初登場!

仲入りはさんで、兄弟子の好楽…の予定だったのですが都合により休演 (>_<)

…しかし代演には驚くなかれ、人気者のナポレオンズ先生!(無論両国初登場です \(o ̄∇ ̄o))

この錚々たる面々のトリをとるのが、不肖王楽… (-_-;)

…とまあ、落語ファンには夢の様な3日間が〈両国寄席〉で繰り広げられます!

各日共に、開演18時半・料金はたったの1800円!

皆様方の御来場を心よりお待ち申しております m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

明日から【両国夏まつり】!4

…と、この様に2日目は〈賞獲り男特集〉のようなもので、この日も見逃せません (;-_-)=3 フゥ

大変お待たせを致しました…(「何をだよ」のツッコミ有難う)。

3日目・楽日は更に見逃せません…てか見逃さないでくだちゃい!(←ちゃい…?) 出番順に…

林家ひろ木 桂都んぼ 柳家喜多八 〈仲入り〉 ナポレオンズ 三遊亭王楽

トップが木久蔵一門の秘密兵器・ひろ木くん、お後は上方から両国初登場!やはりこの方も何年か前に【NHK新人演芸大賞】を受賞されている実力派・都んぼ兄、続いて待ってました! (≧∇≦)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日から【両国夏まつり】! 3

見逃せません! (>_<) 出番順に…

三遊亭好二郎 立川志ら乃 柳亭市馬 〈仲入り〉 三遊亭五九楽 古今亭菊朗

トップは我が一門の若手実力派ナンバーワンの好二郎兄、お後は昨年私と風車兄を蹴散らし(?)、見事【NHK新人演芸大賞】を受賞された志ら乃兄、続いて小さん師匠譲りの素晴らしい落語を披露して下さる市馬師匠が両国初登場!

仲入りはさんで、我が一門の若頭・沢山の賞を受賞されている〈自称・虚弱体質〉の五九楽師匠、トリはこれまた3年前に【NHK新人演芸大賞】を受賞されている菊朗兄が両国初登場!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日から【両国夏まつり】! 2

ちと宣伝をさせて頂きます (。・_・。)ノ

先ずは初日の11日、出番順に…

鈴々舎風車 瀧川鯉朝 三遊亭歌武蔵 〈仲入り〉 柳家はん治 桂吉弥

トップは昨年私と【NHK新人演芸大賞】の大阪本選に行った風車兄、お後は5月に真打ち昇進されたばかりの鯉朝師匠、続いて人気者・歌武蔵師匠が、何と両国初登場! Σ( ̄□ ̄;)

仲入りはさんで、平成17年度芸術祭新人賞のはん治師匠、トリはこの方も両国初登場、何と上方から人気・実力共に若手ナンバーワンの吉弥兄さん!

オープニングに相応しい華やかな顔ぶれ!

2日目も…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日から【両国夏まつり】!

いやぁ…一年と云うのは早いもので、もう今週15日の土曜日から【大銀座落語祭】開催です (;-_-)=3 フゥ

私も楽日の17日、JUJIYAホールの【坊ちゃん5の落語会】に出演させて頂きます! ゲストには桂あやめ姉さんと、テレビの人気者・猫ひろしさんが登場すると云う豪華な落語会! (≧∇≦)/

高まる期待に応えて頑張らなアカンのです… m(__)m

…と、その前に我々円楽党のホームグラウンド・両国寄席にて明日11日(火)から13日(木)の3日間、【両国夏まつり】が開催されます! \(o ̄∇ ̄o)

ハッキリ云ってこれは凄いので…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【好楽・楽太郎二人会】in 福岡3

演っている途中で、何と絶句しかけてしまったのです! Σ( ̄□ ̄;)

スポッと抜けてしまった私は脇に冷や汗ダラダラかきながら同じ処を何度か繰り返して「其処はさっきも云ったじゃねえか!」などと笑いをとりつつ(てか笑ってくれたんです…)、何とかつなげてさげました(今日ほどお客様に感謝した事はありません (>_<))。

続く楽太郎師匠は『禁酒番屋』。「正直ならば今度は酒屋で来てちょうだい」のサゲに大笑い!

トリの好楽は『三年目』。

しかし一門の笑点コンビと一緒だと気合いが入ります!(絶句しかけたくせに…)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【好楽・楽太郎二人会】in 福岡2

やって来て…

「そんな事は誰でも知ってるよ」

と、心温まる一言 (-_-;)

誰でも知ってる事を知らなかった私は一体何?(間抜けです)

開演18時半だったのですが、会場の〈ユメニティのおがた〉(←実はこの会場名を見て気が付きました…)に、3時間前の15時半に着きました… (;-_-)=3 フゥ

弁当食ったり、テレビを見たり、稽古をしたり(←これはしなかった…)と色んな事をして時間をつぶしてやっとこさ開演時間。

トップバッターは勿論私。

大変いいお客様だったので、私は『新聞記事』…だがこの時事件が!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【好楽・楽太郎二人会】in 福岡

昨日は、福岡県直方市にて【好楽・楽太郎二人会】でした \(o ̄∇ ̄o)

楽太郎師匠はもう既に福岡に入っており、福岡空港で待ち合わせをして、空港から車で約1時間の直方へ向かいました。

処でこの〈直方〉…。

これをお読みになって下さっている皆さん、何て読むかおわかりになりますか (・_・?)

私はてっきり〈なおかた〉だと思っていましたら、そうは問屋が卸しません!何と…

〈のおがた〉と読むんだそうです! Σ( ̄□ ̄;)

びっくりしてしゃっくり止めて座り小便して馬鹿になっている私の傍に好楽がすーっと…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 8日 (土)

【精進料理を食べる会】

今日は、芝公園の東京グランドホテルにて【精進料理を食べる会】に行って参りました (。・_・。)ノ

10時からお盆供養の法要があり、11時から私の落語、そして12時から精進料理を食べると云う充実のスケジュール (・_・?)

10時半頃にホテルに着きこっそり法要の様子を覗くと、厳かな雰囲気に包まれていました(当たり前か)。

その後に私は『高砂や』と『竹の水仙』を演…ろうと思ったのですが、お子さんが多かったので『つる』と『平林』(随分変わるのね)。

いやぁ仕事の後の精進料理が旨かった!(例え仕事がつると平林でも…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

【しんきん寄席】

今日は、東京かわら版の井上さんからのお仕事で【しんきん寄席】でした (。・_・。)ノ

会場はなかのZEROホールで、丁度4年前の前座時分に同じ会場、同じ【しんきん寄席】に来ておりました。

最初はかっ好くんが『狸賽』。ホント沢山のネタを仕込んでいて偉い! まるで前座時代の私を見ているようです(もちろんウソっす (≧∇≦)/ )。

お後私の『読書の時間』でお仲入り。

休憩後は、北見寿代先生の南京玉すだれで、トリの好楽がお得意の『一眼国』。

ウ〜ン…しかし『読書の時間』は、演る度に唸る… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〈連絡事項〉の続き

三遊亭好楽が、非常に申し訳ありませんが都合により休演させて頂きます m(__)m

しかし代演には何と…

ナポレオンズ先生方! Σ( ̄□ ̄;)

ですから、改めて楽日の番組は出番順に…

林家ひろ木 桂都んぼ 柳家喜多八 〈仲入り〉 ナポレオンズ 三遊亭王楽 (敬称略)

となります。

勿論、先生方は両国初登場! \(o ̄∇ ̄o)

私以外はふだん両国寄席に出ない方々ばかり! 歴史的瞬間を見逃さぬ様、是非とも御来場下さいませ! 〜( ̄▽ ̄〜)

勿論7月11・12日も充実した番組。

是非来てちょんまげ! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ナポレオンズ好楽W親子会】3

隙がない… (;-_-)=3 フゥ

今回は特別に親子会と銘打っているので、マジックにかっ好くんが参加! 植木先生のいつも以上に楽しそうな表情が印象的でした… (>_<)

最後は出演者全員(みんなで並ぶと、何だか父兄参観のようでした \(o ̄∇ ̄o))

こんな良い雰囲気の会はいいものです。しかしながら本当にお足元の悪い中お集まり下さったお客様に改めて感謝です m(__)m

…忘れてた。

昨日も我々親子の所為で横浜は…どしゃ降りでした (。・_・。)ノ

〈連絡事項〉

来たる7月13日(木)【両国夏まつり】楽日に出演予定の…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ナポレオンズ好楽W親子会】2

を説明すると、かっ好くん登場。いつも通り元気よく『鰻屋』を口演!一生懸命さが気持ちいい。

続いて好楽が、親子会と云う事を意識してか『薮入り』でお仲入り。

休憩後に私は夏らしく『皿屋敷』。相変わらず横浜にぎわい座のお客様方は感度がいいので、ついつい自分が上手くなった様な錯覚に陥ってしまいます…が、いつもながらメチャメチャ気分が良かったです! 〜( ̄▽ ̄〜)

トリは勿論、ナポレオンズ先生方。

スマートな語り口のパルト小石先生、華麗なテクニックで魅せるボナ植木先生。このお2人のマジックには全く…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ナポレオンズ好楽W親子会】

昨日の昼間は、横浜にぎわい座にて【ナポレオンズ・好楽 W親子会】でした (。・_・。)ノ

知らない方の為にご説明致しますと、ナポレオンズのボナ植木先生の御子息が、昨年の8月にウチの兄弟子…兼父親の好楽に入門して〈かっ好〉、故に【W親子会】。

…非常に複雑な【W親子会】かも知れませんが、要するに私とかっ好くんの一番の共通点は…

「2人共、父親に弟子入りをしていない」(←この不孝者! (# ̄3 ̄) )

何はともあれ開演しますと、先ずは好楽が案内役として登場。入門したてなのに沢山噺を覚えているかっ好くん…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニッポン放送へ…2

私が宣伝した後にはすかさず〈家入家の恥密兵器〉ことじっこ…本名・家入つぎ子が、2ヶ月前に雑司ヶ谷にオープンした自分の店【ひなの郷】のチラシとどら焼き(店の商品)を出して、ちゃっかり宣伝してました…(何て図々し…否、美しい姉弟愛 (-_-;) )

苦笑した高田先生が呆れて一言…

「お前のウチは家族で働いてるのか! (≧∇≦)/ ハハハ (←当たり前です)」

…なんて云いながらも優しい高田先生は、すぐにこんなくだらない事を、ラジオで宣伝をして下さいました… m(__)m

ホンマ足向けて寝られへんわ(←誰なんだ?)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ニッポン放送へ…

お久し振り〜! \(o ̄∇ ̄o)

いやぁ、すいません。余りの稽古のし過ぎで、ブログを書く暇もありませんでした… (;-_-)=3 フゥ (←無論大嘘です、すいま千円)

一昨日の4日は、ウチの〈超ウルトラ愚姉〉のじっこを引き連れ、見事に完全復活をされた我らが高田文夫先生に御挨拶をしに、ニッポン放送まで行って参りました。

…その御挨拶がてら、今度の8月8日の【好楽ちゃん祭り 前夜祭】、同12日の【王楽の天狗道場】、更には9月19・20・21日の3日間、よみうりホールでの【好楽ちゃん祭り】の宣伝をしてきました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

【落語の舞台を歩く】 4

【落語の舞台を歩く】  4

さあ!明日からも〈血のにじむ様な稽古〉をして頑張らなくっちゃ! (≧∇≦)/ ハハハ

ちなみに写真が、落語に必要なメンタルトレーニングをしている時のものです。

う〜ん…いつになく真剣な面持ちをしている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【落語の舞台を歩く】3

10分の処に、古石場文化センターはありました。

行ってみると皆様大変好意的で、少し一安心 \(o ̄∇ ̄o)

楽屋で長井さんと色々な話をしながら、いざ開演。

お客様…と云うか生徒さんなんだそうで、学校の授業同様に机があってノートをとる方もあって、その光景は教習所そのものでした。

恐る恐るマクラをふると皆さん素直な方ばかりで、四苦八苦したもののお客様のお陰で、何とかやり遂げる事が出来ました m(__)m

終わってから長井さんの講義があったのですが、私の知識の無さを思い知らされる程勉強になりました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【落語の舞台を歩く】2

「新宿で『文違い』ってのもあるよ?」と仰ったので、3月の独演会でネタおろししていた私は安易に「じゃあそれにしましょう!」…云った後で後悔の波が押し寄せました (-_-;)

何故なら噺が難しいうえに、約4ヶ月ぶりだったので直前になってさらってみると、見事なまでに忘れてる忘れてる… (;-_-)=3 フゥ

とりあえず私なりに、血のにじむ様な稽古をして(私の〈血のにじむ様な稽古〉は、他の皆さんと若干違ってる事に最近気が付きました)、体中が不安のかたまりのまま〈Xデイ〉を迎えました (# ̄3 ̄)

門前仲町から歩いて…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【落語の舞台を歩く】

今日は、普段からお世話になっている読売新聞の長井好弘さんからのお仕事で、江東区の古石場文化センターで一席演って参りました (。・_・。)ノ

タイトルは何と【落語の舞台を歩く】…という事で、今回が2回目だそうです。

1回目は、私の同期で前座の頃から一緒に会もやっている春風亭一之輔さんが『唖の釣り』を演って、後日それを聴いた方々が上野界隈を歩かれたそうです。

長井さんからお話を頂いた時、落語に出てくる地名は吉原しか知らないくらい無頓着な私は(やな噺家だ…)、「何かありますかね?」と問うた処、長井さんが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »