« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月29日 (木)

血のにじむ様な稽古風景

血のにじむ様な稽古風景

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

オススメ映画 その参

オススメ映画  その参

とにかくこれは理屈抜きで面白い。

今年上半期で1番。もうメチャクチャ痛快なんです!

プロットの見事さに加え、粋な台詞に陶酔。

…してみると25日の活写会、ベストとワーストを観たのか… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オススメ映画 その弐

オススメ映画  その弐

…私は今年に入って27本観ましたが、今の処この作品がぶっちぎりでワースト1位です。

「では何故オススメに?」と思うかも知れませんが、皆さんもきっとワーストに選んでくれると信じているからです… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オススメ映画 その壱

オススメ映画  その壱

写真載ってないと寂しいらしいんでにぎやかしに載せときます (。・_・。)ノ

『M:i:Ⅲ』

以前【見聞記vol.19】で記した通りです。

近頃では珍しく、ハラハラドキドキする上に華がある、良質の肌触り (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【BS笑点】

昨日は、7月22日(土)オンエアの【BS笑点】の収録に行って参りました \(o ̄∇ ̄o)

大喜利を収録する前に昇太師匠が落語を一席演られたのですが、その前に私が〈お客席をあたためる〉役目として(?)、一席演らせて頂きました m(__)m

10分の時間を頂いた私は、良いお客様だったので5分マクラをふって、残り5分でお父上から教わった『つる』を演りました(ちなみに昇太師は『ちりとてちん』)。

さて大喜利のお時間。

いつもながら個性派揃いの先輩方に囲まれヒーヒー云ってます… (;-_-)=3 フゥ

オンエア乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

有難や此の世界…

そういえば昨日【活写会】の前の午前中、駒場東大前に住んでいらっしゃる古今亭志ん橋師匠のお宅へ伺って、稽古をつけて頂きました (。・_・。)ノ

おかみさんが、鼻血が出てしまいそうな程ご丁寧にお出迎え下さり、恐れ入谷の家具センターでした (-_-;)

つけて頂いたネタは『巌流島』!

…いつも皆さんにつけて頂く時同様、尊敬する大先輩が目の前で落語をして下さるんですから、単なる一ファンになってしまいます! (>_<)

優しい師匠は、終わってから昼食をご馳走して下さり、色んなお話をしてくれました m(__)m

有難や…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.20 】2

なんて事を考えながら、少々ウキウキ気分で(何故にウキウキ?)本編が始まるのを待ちました (。・_・。)ノ

お世辞にも広いとは云えない…むしろかなり狭い劇場内には、一昨日の24日の土曜に封切りしてまだ2日目にも拘わらず、我々を含め17人しかいませんでした(まぁシネパトスが満員だったら或る意味寂しいけど…)。

そして矢張り線路の音がする暗がりの中で、不思議な予告編をダーッと見せられた我々はすっかりシネパトスの住人と化して、いよいよキックオフ! (≧∇≦)/

予想の範疇ではありましたが始まって15〜20分すると…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.20 】5

今までイマイチだったスパイクリーの中で間違いなく最高傑作。

主役たちから脇のウィレムやキウェテルまで、演技巧者をこれだけ集めてぶつからず見事にアンサンブルさせたのは凄い。

デンゼルワシントンはクールだし、何よりもジョディフォスター!〈ちょい悪で知的〉な役柄がチョー格好良い (≧∇≦)/

出せる魅力を最大限に生かした2人は、私の中ではベストアクトでした m(__)m

しかし何と云ってもこの映画の支柱は脚本。驚きなのは、これがデビュー作!

…このブログ見た方、必ず観て下さい!(アフロぢゃないよ?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.20 】4

のものに会いたくないけど… (-_-;)

続いて『インサイドマン』を観る為に、日比谷みゆき座へ。

処が上映時間30分前に来たにも拘わらず、座席はほぼ埋まっており、最前列になってしまいました… (# ̄3 ̄)

「このお客さんの半分でも『アフロサッカー』に分けてあげたい…」

見上げるような画面を前にしてそんな事を思いつつ、かなり期待している本編を観始めると…

上映時間2時間8分…すっごく面白いんです (;-_-)=3 フゥ

演出、プロット、演技…正にこれこそが映画!(また『アフロ〜』観た後だから余計に感じた…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.20 】3

寝てしまいました… (-_-)zzz

程なく眼を覚ましてじっと見守っていると、余りのつまらなさに副会長共々苦笑の連発。 サガイ族はみんな見分けがつかないし、ヤクザの親分さんは何だか焼き肉屋の店長みたいだしと、別の意味でツボをつかれました (;-_-)=3 フゥ

サッカーシーンも間抜けで、私が何よりも感心(?)したのは、キャストの殆どが自分自身がメインで映ってない時、だらけきった表情をしているのです… Σ( ̄□ ̄;)

このように弛緩しきった作品を観ることが出来るのも、正に〈映画人〉の醍醐味!

…ただ少時はこの手…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.20 】

昨日は、いくらにぎわい座での独演会が終わったとはいえ、いつまでも羽根を伸ばしてはいられない…気を引き締める意味も込めて、北澤仁副会長との毎月定例会【第15回 活写会】の為、銀座へ出向きました(また映画かよ)。

今回の2本は、色々な意味で謎(?)に満ちたタイ映画『アフロサッカー』と、大変評判の良いスパイクリー監督の『インサイドマン』。

先ずは『アフロサッカー』を観に、銀座シネパトスへ…。

此処に来るのは『YMO プロパガンダ』を観に来て以来、実に8年振り!

「相変わらず線路の音がするかなぁ…」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

【映画見聞記 vol.19 】2

我々2人は喜び勇んで有楽町マリオンへと向かいました。

「しかし、あまり期待すると良くないかも…」

と少々懸念しましたが、そんな事は何処吹く風! 大変素晴らしい上質のポップコーンムービーに仕上がっておりました 〜( ̄▽ ̄〜)

トムはすっかり大スターの貫禄を備え魅力タップリ。

導入部から息をもつかせぬ演出と、謎が謎を呼ぶ明快で緻密な脚本に感心。

キャストもジョナサン、マギーQに至るまで魅力的だし、フィリップの悪役に映画的興奮を味わえる大満足の1本!

…どうでもいいけど稽古しろよ (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.19 】

昨日は、我慢出来ずに封切り2週間前の『M:i:Ⅲ』の先々行ロードショーを、友人の中川くんと観てきました! (≧∇≦)/

1996年の夏…今を去ること10年前にも、この中川くんと『ミッションインポッシブル』を先々行で観て、更に6年前…2000年の夏も、中川くんと『M:i−2』を先々行で観ました…。

2人の中では『ミッションインポッシブル』と云えば〈聖域=サンクチュアリ〉と云っても過言ではありません \(o ̄∇ ̄o)

…そして今、6年の沈黙を破って、僕らのヒーロー・イーサンハント(トム)が帰ってくる Σ( ̄□ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

【第3回 にぎわい道場】3

今回は札止めまでいかなかったものの大入り袋が出て…感謝です m(__)m

トップの私は、ブラジル戦をマクラにふってから『だくだく』。しかし横浜のお客様はよく笑って下さる… (。・_・。)ノ

続いてかっ好くんが『雑俳』、彼のつなぎがこの会の定番となりました。

お後再び私が『不動坊』でお仲入り。

「トリで何やろかいな (・_・?)」

と散々迷った挙げ句に『三味線栗毛』!

我ながら絶妙な語り口で、お客様方は感涙にむせんでおられました(この大ウソつき)

次回は10月、その時の為にしっかり映画観ます!(稽古しろよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第3回 にぎわい道場】2

ゲットしたではありませんか! (≧∇≦)/

「これはひょっとしたらひょっとするかも…」

と淡島千景…否、淡い期待をして間もなく「太って使いものにならない」と云われていたロナウドにゴールを決められ、すぐにテレビを消しました… (-_-;)

起きてニュース見りゃ4−1… (;-_-)=3 フゥ

「今日は余りのショックで、落語をとちるかも! (>_<)」

と、何の精神的苦痛がなくともとちる事の出来る私は一抹の不安を覚え、いざにぎわい座へ!

前回(第2回)は、雨にも拘わらず有り難いことに札止めとなりました m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第3回 にぎわい道場】

昨日は、横浜にぎわい座のげシャーレでの独演会【第3回 王楽のにぎわい道場】でした。

会当日(23日)の朝4時に〈日本VSブラジル〉がありまして、血のにじむ様な稽古を気が付けば4時半までしていた私は(ホントかよ)、いくらサッカーに興味がなくて、選手をペレ・マラドーナ・ラモスしか知らなくても、「世情のアラでメシを食」っている噺家として見ておかなければならない!と云う熱い使命感にかられ、渋々見ました…(←非国民?)

するとテレビを付けて間もなく、私が全幅の信頼を寄せていた玉田が鮮やかにゴールを決め先取点を…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

サラリーマン仙志郎

サラリーマン仙志郎

いつでしたか、地元谷中の〈焼肉サラリーマン〉で呑んだ時の、鏡味仙一改め鏡味仙志郎兄さんです。

この兄さん、普段は鏡味仙志郎なんですが此処に来ると、泣く子も黙る【サラリーマン仙志郎】に変身します (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

【映画見聞記 vol.18 】

昨日は錦糸町の楽天地へ、今話題の『ダヴィンチコード』を観…ようと思ったのですが、気分が変わって『オーメン』を観ました (。・_・。)ノ (←また随分変わるね…)

皆さんご存知のホラー映画のリメイクで、全く期待せずに観たのですが、これが面白い! (≧∇≦)/ ハハハ

筋はあらかた知ってるくせに演出の上手さの所為か、ハラハラドキドキしながら観ちゃいました (>_<)

ピートポスルスウェイトとミアファローは、最高にハマり役!

…しかしウディアレン映画以外のミアは、登場しただけで不穏な空気が流れる…芸の力かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

お楽しみ○下さい…

お楽しみ○下さい…

「お楽しみい下さい♪」

何なんだこれは…?

ひょっとしたら物凄く深いメッセージが込められているのかも知れない… (;-_-)=3 フゥ

そんな事ないか、だって「お楽しみ〈い〉下さい♪」だもんね (≧∇≦)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れていたよ…

忘れていたよ…

随分前にこのブログで記した〈スポーツ報知〉でのワールドカップについてのコメント記事。

サッカーど音痴の私は何を書いたかも忘れてましたが「ブラジルが優勝候補」と!

振り返れば、何て非国民… (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

【花さやか】

今日は鳳志兄さんと、大森にある【花さやか】と云う料理屋さんでの落語会。

「高座は出来る処には出来るんだなぁ…」と痛感させられました…

何とカウンターに高座が! Σ( ̄□ ̄;)

有り難いと思っていたのですが、客入れのBGMが名人達の落語!

一抹の不安を覚えながら、いざ開演。

二席ずつで、私は『やかん』と『片棒』、兄さんは『親子酒』と『締め込み』。

お客様、よく笑って下さいました m(__)m

終演後あるお客様が…

「なかなか良かったけど、まだ志ん生には程遠いなぁ!」

当たり前です (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月17日 (土)

【朝日名人会】4

『三人旅』。〈おしくら〉の部分でしたが、綺麗にスマートにねじ伏せるのは流石。何と云っても爆笑したフレーズは…

「円右師匠の楽屋入り前かと思ったよ」

トリは上方の人気者・桂文珍師匠が『口入れ屋』!(東京で云う処の『引っ越しの夢』)

…この師匠の高座を観て聴いていつも思うのは、マクラの間の取り方に師匠の場数を感じ、また本題の古典落語に文珍師匠の…少しクサイ云い方になりますが〈落語への愛〉を感じます。

開演14時で、終演したのが17時20分…。存分に落語を堪能しました!(←お前は客か)

いざ来月!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【朝日名人会】 3

【朝日名人会】  3

こと、柳家喜多八師匠が『だくだく』!…面白すぎることこの上ない (≧∇≦)/ ハハハ

続いて柳家さん喬師匠が『品川心中』の(上)をミッチリ。

仲入り後は、8月12日の私の独演会のゲスト・立川談春師匠が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【朝日名人会】 2

【朝日名人会】  2

これなんですが…

ウ〜ン、見えないなぁ… (-_-;)

何はともあれ行くと開演してまして、丁度菊朗兄さんの『がまの油』の口上が始まった処でした。

続いてお酒と落語で深い絆の我等が〈柳ノ宮喜多八殿下〉…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【朝日名人会】

その静岡駅の前にある〈クレディア〉と云う会社の1Fロビーで二席演らせて頂いたのですが、エントランス横のガラス張りなので通行人が此方を見る見る… (;-_-)=3 フゥ

しかしお客様はちゃんと聴いて下さる方々だったので、『高砂や』と『竹の水仙』を演ってきました m(__)m

終演後お昼をご馳走になってから新幹線に飛び乗り、その足でマリオンの【朝日名人会】へ行きました。

来月の15日、このホール落語会に出させて頂くので、今マリオンには私の顔写真…は無いものの名前だけは、小三治師匠らお歴々と並んで出ております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、静岡へ…

向かう途中なんですが、東海道新幹線に乗ってます (。・_・。)ノ

今、車内の音楽を聞いてふと気付いたのですが…

私はこの東海道新幹線で、発着の都度流れる音楽が好きです! (>_<) 東北新幹線のそれよりも好きです。

これを聞いてると何故だか…

「ああ、これから俺は生まれ故郷に帰るんだ…」

と云う気分にさせられます!(生まれは練馬区石神井公園のくせに)

是非、東海道新幹線の音楽をご堪能下さい m(__)m

では…乗り越さないように眠ります (-_-)zzz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

余談ですが…

余談ですが…

自慢ぢゃないが街を歩いてると「あのぅ、手相の勉強をしてるんですが…」とよく云われます。

「そんなに見せてくれそうな顔かな?」と友人に問えば…

「ウン、スキだらけの人間に声掛けるからね」

(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

【世田谷233】2

『大工調べ』! (≧∇≦)/ (←何だ全然違うやん…)

反応を伺いながら演ったのですが、初めて落語を聴く方が多かったようでした。

終演後、遊一兄さんと〈坐・和民〉に入って軽く打ち上げをして…「入船亭のご一門の方々は、何故あんなに噺が上手く、そして皆さん良い人ばかりなのか (・_・?)」

…と云う質問を、私が一方的に色々としたにも拘わらず、優しい兄さんは楽しくまた大変ためになるお話しを沢山聴かせて下さいました \(o ̄∇ ̄o)(しかもご馳走になってしまいました…)

つくづく先輩は有り難い (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【世田谷233】

昨日は、2ヶ月ぶりに【233落語ナイト】でした (。・_・。)ノ

前にも記しましたが、15名入るといっぱいになってしまう会場で、今回はいつも大変御世話になっている入船亭扇遊師匠のお弟子さん・遊一兄さんとご一緒でした m(__)m

先ずは、気を遣って下さった兄さんが前に出て下さり、扇遊師匠譲りの珍しい『たらちね』。

本題が似るのは当たり前かも知れませんが、マクラを聴きながら思いました…「やはり扇遊師匠に似てる」と。

その後私は『片棒』か『読書の時間』か『庖丁』か『三方一両損』か『皿屋敷』と迷った挙げ句に…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

【荒川の佐吉】

昨日は、歌舞伎座へ【荒川の佐吉】を観に行ってめえりやした(←何の影響だ?)

いやぁ、やっぱり映画でも芝居でも落語でも〈親子の情愛モノ〉は揺さぶられます (>_<) 其処へ持ってきて、子供が盲目なんですから… (;-_-)=3 フゥ

〈親子・盲目・別離〉と、感動の3種の神器が揃っているから、鬼に金棒です (。・_・。)ノ

主役の仁左衛門さんが、ペーペー時分から大物に変わる様をくっきりと描写している、お見事。…それにしてもいい男すぎてやんなっちゃう (-_-;)

孝太郎さん、染五郎さんも良く、段四郎さんが迫力ある演技。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

【映画見聞記 vol.17 】

昨日は、シネスイッチ銀座へ『プルートで朝食を』を観に行きました (。・_・。)ノ

『クライングゲーム』などでお馴染みの、ニールジョーダン監督作品ですが…よくもまあこれだけ悲惨で過酷な人生を、明るく爽快(?)に描けたものです 〜( ̄▽ ̄〜)

何よりも主人公が女々しくないのが清々しい。その主役をはったキリアンマーフィーが傑出している、ベストキャスト!

クライマックスの覗き部屋のシーンは『パリ、テキサス』に勝るとも劣らず、母親との対面シーン、またラストすれ違うシーンは、サバサバしてるだけに爽やかな感動…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【めばえ6月号】3

同期との会は、緊張感があってとても良いものです (。・_・。)ノ

次回(第3回)【めばえ9月号】は、いよいよヤツが…

林家ひろ木がトリをとります! 〜( ̄▽ ̄〜)

胸一杯に大きな期待と、ものすごく大きな不安を抱えながら、我々と一緒に来たるべき〈Xデー〉を待ちましょう… (;-_-)=3 フゥ


いきなり宣伝 (。・_・。)ノ

来週の23日の金曜日、横浜にぎわい座にて【第3回 王楽のにぎわい道場】をやります。私がタップリ三席、残席は有り難い事に僅かだそうなので、お早めにお求め下さいませ! (≧∇≦)/

以上! (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【めばえ6月号】2

王楽の出る会は…雨 (-_-;)

此処最近10試合(10高座)の降雨率で云うと、私は軽く9割打者です。

それでも雨の中、20名程のお客様方が御来場下さいました m(__)m

先ずトップの私が『皿屋敷』。今シーズン初だったので、ハラハラしながら何とか演りました (;-_-)=3 フゥ

続くひろ木くんは新作『だるま』…だったのですが、一度マクラで真っ白になってしまい別のネタに入りそうになりましたが、何とか軌道修正して『だるま』へ…改めて良く出来た脚本です。

トリの一之輔さんは『大山詣り』!お見事でした… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【めばえ6月号】

昨日は、3月に始まった一之輔さんとひろ木くんとの3人会・第2回【めばえ6月号】(第2回6月号…何のこっちゃ (・_・?))

会場は、落語協会の事務所の2F。其処へ円楽党の私が出演するのは、ハッキリ云って事件です! Σ( ̄□ ̄;)

前回(第1回)は、私がトリをとらせて頂きまして番組は以下の通りでした…

ひろ木『大安売り』 一之輔『雛鍔』 王楽『五貫裁き』

トリはじゅんぐりに廻していくので、今回の出番順は…

王楽 ひろ木 一之輔

でした \(o ̄∇ ̄o)

…そうそう記し忘れておりましたけど、昨日も…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

野田市にて

昨日は、同期の桜でありライバルであり、また呑み仲間でもある、春風亭一之輔さんからのお仕事で、一之輔さんの故郷・野田まで行って参りました (。・_・。)ノ

開口一番の古今亭章五さんは『転失気』、続く私は迷った挙げ句(←この人迷ってばっかし)に『つる』を熱唱…否、熱演 (≧∇≦)/

三増れ紋姉さんの曲独楽をはさんで、一之輔さんは一朝師匠譲りの『おしの釣り』!

我がライバルの健在ぶりをアピールされて、ヤバいと思うと同時に「頑張らなきゃ!」…とも思わされました (;-_-)=3 フゥ

あ、明日も【めばえ】で一緒だ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【たちかわアイム寄席】

すっかり気分を良くして桜美林大学を後にすると、夜は【たちかわアイム寄席】へ。

メンバーは出番順に…

台所鬼〆 柳家花緑 〈仲入り〉 三遊亭王楽 林家いっ平 (敬称略)

開口一番は志らべ兄が『浮世根問』、鬼〆さんが『無精床』。

そして花緑師匠が『花見小僧』。ソデでじっくり見ていて新発見…表情が小さん師匠にそっくり! (>_<)

仲入り後、私は迷った挙げ句に『読書の時間』。お客様が良かったのとネタの力に助けられ、爆笑してもらえました m(__)m

トリはいっ平兄が『浜野』でビシッと締めてくれました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【桜美林大学】4

〈この場で死んでも「我が人生に悔いなし…」 (;-_-)=3 フゥ〉的な、マンモスうれピー(古…)事を云ってくれるぢゃあ〜りませんか(これも古…)!

2人とも、出来れば桜美林に泊まっていきたかったのですが、勿論そんな事は出来ないし、どうせ生徒さんたちも帰ってしまうので(当たり前だよ)、ボロボロこぼれる涙を拭いながら帰りました (>_<)

帰りも桜美林のバスに乗る為、学生さん達と一緒にバス停に並んでいると、先程色々御世話してくれた女子が寄ってきて一言…

「あの、写真…撮ってもいいですか?」

桜美林大に幸あれ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【桜美林大学】3

伺うと、ほっと一安心 (;-_-)=3 フゥ ちゃんと笑いどころで笑って下さるんです! (≧∇≦)/ ハハハ

それでも緊張する私はさんざっぱらマクラをふり倒してから、それこそひろ木くんから教わった『新聞記事』!

ちゃんとワッハッハと笑って下さる生徒さん達…何て文化水準の高い方々なんでしょう (>_<)

その後、学生さん達からの質問コーナーを冷や汗かきながらやり終えると、ひろ木くん含めて学生さんたちと集合写真を撮り、2人いざ退室しようとすると女生徒さんたちから…「写真を撮って下さい!」や「握手して下さい!」など…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【桜美林大学】2

女子大だと思っていたら、共学だったのです! Σ( ̄□ ̄;)(←何で Σ( ̄□ ̄;)なんだ…)

とはいえ、男女共に感じ良くめちゃめちゃ歓待ムード! \(o ̄∇ ̄o)

綿密(?)な打ち合わせをした後、私とひろ木くんは懐かし気分で学食でお昼ゴハン♪ 私はメンチ丼、ひろ木くんはハヤシライスを食べて満足してから、楽屋で着替えて臨戦態勢に入りました 〜( ̄▽ ̄〜)

お互いに、今まで小中高生の前でやってきたものの、大学で演るのは初めてでしたから否が応にも緊張しました。

先ず、ひろ木くんが十八番の『動物園』でご機嫌を…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【桜美林大学】

さて昨日は、淵野辺にあります〈桜美林大学〉へ、ひろ木くんと2人で行って参りました (。・_・。)ノ

そして出掛けようと表に出ますと…ザアザア降り (-_-;)

そうそう、書き忘れていましたけども先日6日の両国寄席も、雨が降りました…梅雨時とは云え、我ながらこの〈雨男〉の才能には、惚れ惚れ致します… (;-_-)=3 フゥ

淵野辺駅から学生さんたちと一緒に、桜美林専用のバスに乗って会場に着くと、担当の学生さん達が出迎えて下さったのですが…

私は大きな勘違いをしていた事に気付かされました…

てっきり私は桜美林を…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

学校寄席と両国寄席3

そして夜は、ホームグラウンド両国寄席。今日の番組は【九蔵VS馬治】。

〈九蔵〉は好楽の前名、〈馬治〉は馬生師匠の前名。この名の通り、仲入り後に好楽と馬生師匠が対決!

出番順に…白酒、春吉、五九楽、王楽、広春、道楽〈仲入り〉馬生、好楽(敬称略)

4本目の私は『読書の時間』…を演りたかったのですが、諸事情により『転宅』を演らせて頂きました m(__)m

さてメインの仲入り後、馬生師匠は珍しいネタ『安兵衛狐』! 狐の踊りがとても綺麗なのは流石 (>_<)

好楽負けじと『子は鎹』。いい対決でした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校寄席と両国寄席2

上方落語協会々長・桂三枝師匠から教わった『読書の時間』を、何とネタおろし! Σ( ̄□ ̄;)

それでもゲラゲラと笑って下さいまして… (-_-;) 改めて、三枝作品の完成度の高さに頭が下がります…と同時に素敵な落語を有難う御座います m(__)m

休憩後に、橘つきくんとかっ好くんによる〈かっぽれ〉、夢葉先生のマジック、そして好楽の『つる』でフィナーレ(フィナーレって程ぢゃないけど…)。

しかし、これだけ素直に落語を受け止めてくれる高校だと物凄い充足感があります。こんな高校ばかりなら嬉しいのに… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校寄席と両国寄席

昨日は、昼間が学校寄席、夜が両国寄席でした (。・_・。)ノ

学校は、以前も伺った事のある〈横浜商科大学高等学校〉で、何と朝9時半から2時間の公演!

出番順に…かっ好、王楽、伊藤夢葉、好楽(敬称略)

先ず始めにかっ好くんが『子ほめ』でした…

学校寄席…小中学生は素直に聴いてくれるのですが、高校生になると余り聴いてもらえない事が多いのですが…

以前演った時同様この横浜商大高生は、笑いどころでちゃんと笑って下さる、大変文化水準の高い生徒さん達なのです \(o ̄∇ ̄o)

かっ好くんの後に上がった僕は…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

【西口狸小路寄席】 4

【西口狸小路寄席】  4

先程の「やっちゃえば?」をマクラでふると、私は新十八番の『庖丁』、お客様に助けられました m(__)m(どこが十八番や)

好二郎兄との会は身が引き締まります。

しかし「やっちゃえば?」て… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【西口狸小路寄席】3

と呼ばれていた頃のお話をされてから…

「ウチの師匠(好楽)から、殴ってもいいから王楽を厳しく叱ってくれ!…と云われましたけど、殴れる訳ありませんよね?」

と云ったら、客席にいた若い女性が間髪入れず…

「やっちゃえば?」

Σ( ̄□ ̄;)

…私は客席に〈スケバン刑事〉がいるのではないかと疑ってしまう程驚きました。

そして兄さんは『百川』、百兵衛を生き生きと演られていてとても結構でした。

仲入りはさんで今度はリズミカルに『野ざらし』!

見事に二席演り終えた兄さんの後に上がるのは…嫌 (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【西口狸小路寄席】2

二席ずつで順番は…

王楽 好二郎 〈仲入り〉 好二郎 王楽

でした (。・_・。)ノ

一席目、「床が抜けるんぢゃないか?」と思うくらいに入っているお客様方の間をかいくぐって何とか高座に辿り着いた私は、マクラをふりながら大変良いお客様だと云う事に気付き、丁度一週間前の【花形演芸会】でも演った『兵庫船』。文字通りの〈修羅場〉をくぐると、お客様方やんやの喝采!(←ホントかよ)

威風堂々と高座を降りて、お後の兄さんがマクラをふってる時に小さな事件が…!?

兄さんがマクラで私の入門前…まだ〈一夫さん〉…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【西口狸小路寄席】

昨日は、好二郎兄さんと【西口狸小路寄席】に行って参りました (。・_・。)ノ

私は初めて行く場所だったのでどんな会場か知らなかったのですが、あるお客様から「今度すごい処でやるね〜?」…と云われて、とても楽しみに(?)当日を迎えました。

会場は〈居酒屋はな家〉さんと云う処の2階で、行ってみると確かにすごかった…。

〈定員35名〉としてあったのですが、判然云って「そんなに入るのかえ (・_・?)」…と思ってしまう会場に、何と40人以上のお客様が詰めかけて下さいました! 〜( ̄▽ ̄〜)

番組は私と好二郎兄さんが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

癒されて…2

先ず見たくなるのが、ニンテンドーDSの〈スーパーマリオ〉をやっている松嶋菜々子さん! \(o ̄∇ ̄o)

今年のアタマに、大ヒット商品〈脳年齢がうんちゃらかんちゃら〉のCMも松嶋さんによるものでしたが、このCMと今の〈マリオ〉CMが、どのドラマや映画よりも一番松嶋さんの魅力を生かしてると思います。

別にとりわけ好きではないんですが、あのCMの松嶋さん見てると頭に浮かぶのが…

〈一家に一台、松嶋菜々子〉

あの存在自体が既に、空気清浄機と化しております 〜( ̄▽ ̄〜)

いやぁ、僕ぁ癒されるなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

癒されて…

私の住んでる処は日暮里なので、主にJRの日暮里駅もしくは西日暮里駅を使う事が多いです (。・_・。)ノ

中でも矢張り山手線を使用する事が多いのですが、その山手線に宣伝用の画面がついてるのを御存知ですか (・_・?)

判然云って、あの画面が山手線についた功績はかなり大きいです。何故なら、ついつい見入って時間を忘れてしまうから! (≧∇≦)/

色んな宣伝がやっております…DHCの宣伝にドラフトワンの微妙(?)なクイズ、パワーエイドの間違い探しに天気予報などなど…。

しかし、中でも私が今山手線に乗り込むと…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

林家いっ平『柳田格之進』2

桂かい枝兄さんが『いらち車』(此方の『反対車』…〈にんべん〉のついた【車】が出てけえへん… (-_-;))

お後は、待ってました!人気者の鶴瓶師匠が、オハコの『堪忍袋』 \(o ̄∇ ̄o)

仲入りはさんで、我らが〈柳之宮喜多八殿下〉こと喜多八師匠がこれまたオハコの『五人廻し』!

トリは、これまた我らが若旦那代表・いっ平兄さんが何と…『柳田格之進』 Σ( ̄□ ̄;)

兄さんは子供の出てくる『四段目』や『池田大助』も結構だが、この『柳田』の様な武張った噺も素晴らしい…。

人気者をソデでじっくり聴ける幸せ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

林家いっ平『柳田格之進』

昨日の夜は【銀座アーベント】に行きました。

今月から資生堂ビルから〈銀座みゆき館劇場〉に会場が変わり、お客様も60人から90人入る様になりました!

昨日のメンバーは出番順に…

笑福亭由瓶 桂かい枝 笑福亭鶴瓶 〈仲入り〉 柳家喜多八 林家いっ平 (敬称略)

と、いつに変わらぬ東西の豪華なメンバーが揃うのは【銀座アーベント】ならでは (。・_・。)ノ

開演して10分後に到着すると、由瓶兄さんが『おごろもち盗人』(此方の『もぐら泥』)を熱演している最中でした (>_<)

お後は、ご一緒させて頂く事の多い…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

【こんぴら寄席】

昨日は、時蔵師匠からのお仕事で【こんぴら寄席】に行って参りました (。・_・。)ノ

番組は、師匠と私が二席ずつ。もう何年も続いている会らしいので、なるべく出てないネタをやらなくては… (>_<)

ネタ帳を見ると、18年もやっているので前座ネタから大ネタまでポピュラーなものは、ほぼ出尽くしている感じ…。

それでも出ていないものを…と思って探したらあるもんですね♪ 『雑俳』と『不動坊』を演りましたが、お客様が良かったからいいものの、どちらも久方ぶりだったので危なげな事甚だしかったです (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

『小さなスナック』再び…

『小さなスナック』再び…

映画観る前に読んでたんですけど、この対談はやっぱりおもろい!

映画特集の時「映画はVシネ」、ヘアスタイルの時ナンシーさんは「美容院がイヤ」、旅行特集の時は2人共「旅は嫌い」…

話にならない (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.16 】

昨日は、錦糸町楽天地へ韓国アクション映画『デイジー』を観に行って参りました。

映画が始まる前の宣伝を見ながらふと…「最近は面白い宣伝がないなぁ」と云う事に気が付きました。

ちなみに去年の〈面白CM大賞〉は、『コックリさん』によるものでした!

ホラー映画のCMは油断できないものが多いです。中でもこの『コックリさん』のは、抜きん出てました。

CM自体もおかしかったのですが、其処で収まらないのが『コックリさん』!よく終わった後にオマケ付き前売り券の宣伝が入りますよね?これがハンパじゃなかった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.16】 5

【映画見聞記 vol.16】  5

綴っていると、この作品に妙な愛着を持ってくるから不思議です。

…こんなに書いてから信じてもらえないかも知れませんが、この作品も決して嫌いではありません、これだけ書けるのですから。

愛は、枯れない…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.16 】4

登場すると心の中の声で…「驚いた、自分にこんな勇気があるなんて…」だって! 殺し屋がそんな事思ってどうすんだよ (≧∇≦)/ ハハハ

殺し屋は多くを語らない処に魅力があるのに、クラシックが好きだとか印象派がどうのこうのとか…静かに趣味にするのはいいけど、ベラベラ喋って女々しいことこの上ない(云い過ぎかな?)

大体刑事の所為で喋れなくなって、殺し屋の所為で命を落として…ヒロインはかなり悲惨です (;-_-)=3 フゥ

故に、ラストの回想シーンと殺し屋の復讐(ほぼ逆ギレ)が盛り上がらない。

…ただ、こうして

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.16 】3

先ず、平田満似のインターポールの刑事(イソンジェ)に、隠密役に特有の(特有?)陰影も哀愁も感じられない。次第にヒロイン(チョンジヒョン…黒谷友香に少し似てる)に惹かれていくって… (-_-;)「ちゃんと仕事しろ! (≧∇≦)/ 」と云いたくなる。

極めつけは三上博史似の殺し屋(チョンウソン)に、殺し屋特有の(←あんた殺し屋に会った事あんのかい)ストイックさがまるで無い。殺し屋なら殺し屋らしく、最後まで彼女を陰で見守ってやらないと。

彼女の口が聞けなくなってから…「日本一の色男はオレだ」てぇな顔をして…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.16 】2

〈コックリさん専用ボールペン付き前売り券 絶賛発売中!〉

「オイ、本当に絶賛なのか?」と思わず突っ込みたくなるその文句の横には…

〈長さ30cm マジでデカい!〉

…その宣伝を観た者は、既に『コックリさん』本編よりも、コックリさんボールペンの方に興味が湧くに相違ありません(相違ないか?)。

…と云う訳で、昨年の〈面白CM大賞〉を回想しながら『デイジー』本編へ (。・_・。)ノ

『インファナルアフェア』のアンドリューラウ監督の映画だから少々期待して観に行ったのですが、イマイチな出来でした… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »