« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月30日 (火)

『小さなスナック』3

こんなやり取りがずぅ〜っと続くので、読んでいると激しい頻度で、含み笑いが押し寄せてくるんです。

お2人とも…特にナンシー関さんは辛口で有名な方でしたが、よく読んでいると、逆にこれほどテレビタレントをはじめ色んなモノを愛してた人もいなかった様な気がします。

だからズバッズバッと切り込んでいても、読む者が幸せになるのはその所為だと思います。

ちょっととばして巻末のリリーさんによる追悼文に目を通すと、自分が感じた事は間違ってなかったんだな…と思わせてくれる、素晴らしい文章でした。

是非ご一読…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『小さなスナック』2

だって笑いますよ?『CREA』が〈犬特集〉の時の対談で…

リリー「いや、犬は本当は怖いものなんだと思って接するべきなんです。(中略)俺、親指が変形してるんだけど、ここ、わかります?これは大学1年の時に、スーパーの前に繋がれてた犬を撫でようとしてバクッと咬まれたの。」とか…

リリー「よくしゃがんで犬目線で触れば大丈夫っていうけど、友だちでしゃがんだら顔咬まれたヤツがいて。」

ナンシー「タチ悪いな。顔とかノド狙うのって、急所知っててやってるわけじゃん。」

などなど…平気で喋って活字化されてる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『小さなスナック』

今拙は、2002年にお亡くなりになられた消しゴム版画のコラムニスト・ナンシー関さんと、リリーフランキーさんによる対談集『小さなスナック』(文春文庫)を読んでます。

この本は、お上品な女性誌『CREA』に、00年9月号〜02年8月号まで続いていた対談をまとめているのですが…

『CREA』のページを繰った事はないが、まさかあの様な外観の雑誌で、こんな対談が繰り広げられていたなんて…随分と粋ではないか。

何でしょう…読んでると堪らなくおかしくて、知的でいて、また不思議な幸福感を味わえるんです (。・_・。)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

【花形演芸会】3

続いて、イワイガワさんのコントをはさんで、トリが木久蔵一門の人気者、林家彦いち師匠!

『睨み合い』や『みんな知っている』などの自作で常に爆笑させていますが、今日の自作『長島の満月』は、また違う意味で素晴らしかったです!

自分を育ててくれた数多くの思い出に静かにさりげなく敬礼している、優しい人情噺でした…。

終演後、彦いち兄さんにご馳走になりながら、旅や本・芸について、また一言では記せない程の素晴らしいお話を沢山聴かせて頂きました!

彦いち兄さん、有難う御座いました…押忍! m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【花形演芸会】2

始めに、柳亭市朗さんが明るく『たらちね』。

お後すぐに私で、ネタ出ししていた『兵庫船』、花形のお客様はよく笑って下さるので気分良く出来ました (。・_・。)ノ

お後、小権太兄さんの『呑める』、飛石連休さんの漫才をはさんで、ゲストの権太楼師匠が『家見舞』!

30分間タップリ、ソデで爆笑させて頂きました! (≧∇≦)/ ハハハ

仲入りをはさみ、荒木巴さんのマジックでしたが…彦いち兄さんも仰ってましたが、楽屋で御挨拶した時には、清楚な印象を受けたのですが、可愛い顔で破天荒な芸を披露される方でした… Σ( ̄□ ̄;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【花形演芸会】

今日は、国立演芸場主催の【花形演芸会】に行って参りました。

朝起きて外を見れば…やはり雨 (-_-;)

これで私が落語を演る日の連続降雨記録が、遂に〈8〉となりました Σ( ̄□ ̄;)

…しかし不名誉ながらも〈8〉と云う数字は、末広がり(八)なので縁起がいいです! \(o ̄∇ ̄o)

これから私が出演する会にいらっしゃる方は、恐れ入りますが折りたたみ傘ご持参は無論の事、その日の降水確率30%増しくらいに考えておいて下さい (>_<)

…雨の所為で話がかなり脱線しましたが、とにかく国立演芸場へ向かい臨戦態勢に…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

【ながめ余興場 親子会】 6

【ながめ余興場 親子会】  6

何はともあれ今回も、お客様と大間々のスタッフの方々のお陰で大盛況でした m(__)m

28日は雨が降らない事を願って…たけど天気予報は無情にも、雨 (-_-;)

ちなみに写真は、ゆの(左)とひより(右)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ながめ余興場 親子会】5

いいお客様! \(o ̄∇ ̄o)

続いて〈円楽党の染五郎〉こと我らがジョニー・上楽兄さんが、一足早く夏のネタ『青菜』!

お後私の『宮戸川』でお仲入り、それにしてもよく笑って下さるので気分がいい (;-_-)=3 フゥ

仲入り後に好楽のMCにより、かっ好くん・ゆの・ひよりが登場して『かっぽれ』を危なげに迷演、とりあえずライバルは山上兄弟だそうです…。

続いて待ってました、順子・ひろし先生!常に爆笑させてる先生方だけに場内は勿論大爆笑!

トリの好楽は珍しく『短命』でピシッとふにゃっと締めました (。・_・。)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ながめ余興場 親子会】4

ひろ木『動物園』 王楽『片棒』 〈仲入り〉 ゆの・ひより『寿限無』 仙三郎社中 好楽『めぐすり』

でした。

これを見て「〈ゆの・ひより〉って何だ?」…と思われるかと思いますが、実は好楽の長女の娘2人・好楽の孫・私の姪っ子 なんです m(__)m

昨年の銀座ガスホールでの【さよならガスホール!】などにも出演した2人は、今6歳と4歳。また出たいと云う当人たちは、今年は『かっぽれ』を踊るとか!

それに対しての不安の中いざ開演。

開口一番はかっ好くんで『たらちね』。クスグリを発する度に笑って下さる…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ながめ余興場 親子会】3

…しかしながら「果たしてこの雨の中、お客様はいらして下さるのかしら… (-_-;)」

と懸念していたのですが、そんな事はどこ吹く風!

正午に着くと既に長蛇の列が出来ており、開演1時間半前の、12時半には開場すると云う盛況ぶり! (≧∇≦)/

演者も来るのを面倒くさがる程の降りしきる雨の中を、御来場下さるお客様方に改めて感謝致します m(__)m

また此方のお客様は、昨年の親子会の時にとても反応がよかったので、落語が大変やりやすかったと記憶してます。

ちなみに去年の番組が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ながめ余興場 親子会】2

雨天なのが、今月13日の平塚での落語会から数えて、連続記録を〈7〉に伸ばしました! ハッキリ云ってこれは落語界開闢以来の快挙かも知れません!(やな快挙だ)

「この分では、明日(28日)の【花形演芸会】も雨かも知れぬ…」なんて考えながら〈ながめ余興場〉に到着。

この〈ながめ余興場〉に来るのは一昨年の春、二ツ目になる直前の【朝日さわやか寄席】、そして去年の親子会に続いて3度目ですが、大変結構な芝居小屋でとても落語がやりやすいんです。印象としては…

〈新宿末広亭を一回り大きくして花道をつけた感じ〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ながめ余興場 親子会】

今日は、昨年の6月11日に引き続き、群馬県の大間々にある〈ながめ余興場〉にて【好楽・王楽 親子会】でした (。・_・。)ノ

メンバーは、我々2人と上楽兄さん、かっ好くん、そしてゲストには…超ベテランの無敵の漫才コンビ、あした順子・ひろし先生方でした! 〜( ̄▽ ̄〜)

…しかし嫌な予感はしたんですが、昨日も皆様の期待を裏切る事無く…雨でした (-_-;)

何故我々親子はこんなにも〈雨男〉なのでしょうか (・_・?) ある意味、神様から授かった天賦の才とも云えるのでしょうが…

しかもこの雨で、私が落語をやる日が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

〈ねぎし〉よ今夜も有難う…4

そんな事を聞き、調子に乗って嬉しさに拍車がかかった私は…

その後ご一門の皆様方の楽しいお話を聞き(種平師匠の『ウニは白いな大きいな』に爆笑)、極上の数の子やチーズを頬張りながら、手に入らない芋焼酎〈魔王〉までたらふくご馳走になり、まるで夢の様な夜でした!(←何しに来たんだお前は… (# ̄3 ̄))

おかみさん、正蔵師匠、いっ平兄さんをはじめ海老名家の皆様、いつも有難う御座います… m(__)m

…ただ惜しむらくは、山口さんと後から見えたスピードワゴンの井戸田さんと写真を撮り忘れた… (-_-;)(素人か…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〈ねぎし〉よ今夜も有難う…3

物凄く小顔で、程よく日に焼けたいい男でした! (>_<)

とっても美味しいカレーライスをご馳走になっていると、正蔵師匠がお帰りになって嬉しい一言を…!

「王ちゃん!昨日の『大工調べ』がとっても綺麗で良かったって、イーストの今野さん(落語研究会のプロデューサー)が誉めてたよ?」

と云われ私は…

「いやぁ、実は自分でもいつになく素晴らしい出来だと思ってましたんで (≧∇≦)/ 」

…なんて云う訳がなく、只々恐縮するばかりでした (-_-;)

大先輩からそういった話を聞かされることは、身に余る光栄です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〈ねぎし〉よ今夜も有難う…

…そういえば云い忘れていましたが【四派で深夜】の出番順は、あみだくじで決められました… (;-_-)=3 フゥ

昨日は、正蔵師匠のお弟子さんのたこ平さんと、更に正蔵師匠の御次男〈林家よろこぶ〉クンに、『つる』を教える為に〈ねぎし三平堂〉へ行って参りました! \(o ̄∇ ̄o)

以前に小朝師匠に頼まれ、御長男の〈小ぶた〉クンに『平林』と『つる』を教えた事もあったので、何だか私は恐れ多くも〈海老名家の家庭教師〉になった様な心持ちがしました! (≧∇≦)/

行ってすぐに、たこ平さんとよろこぶ君から「先生!今日は…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〈ねぎし〉よ今夜も有難う…2

宜しくお願いします!」と、ご丁寧に頭を下げられ、すっかり私はのぼせてしまいました 〜( ̄▽ ̄〜)

先ずよろこぶクンに、5分バージョンの『つる』。ウヒャウヒャ笑ってくれてとっくに気分は〈平成の名人〉!

その後たこ平さんに、本寸法の『つる』(本寸法って程ではありませんが…)を教え下へ降りると何と其処には…

ご一門の種平師匠、鉄平師匠、しん平師匠の他に、8/20(日)に放映されます『林家三平物語』の主役である…TOKIOの山口達也さんがいらっしゃったんです! Σ( ̄□ ̄;)

テレビで見るよりもスマートで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【四派で深夜】4

徐々に笑いが増えてきました、流石は歌彦兄さん。

お後の志遊兄さんも得意の珍品ネタ『笑い茸』で沸かしたのですが、下りるとネタ中での笑いにより腹痛が…!「(寄席の)伝統の力は重い、余計な筋肉を使ってしまった…」と云い残して完全燃焼 Σ( ̄□ ̄;)

お後の錦之輔兄さんがオフビートな新作『チョココロネ政談』!…とても私好みだったのですが、緊張し過ぎて余り笑えませんでした(反応良かっただけに尚緊張度UP!)

私は緊張疲れのナチュラルハイで『大工調べ』!

自分としてはまあまあだったけど… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【四派で深夜】3

21時になったのでいざ末広亭へ向かうと、ザアザア降りにも拘わらず長蛇の列…とはいかないまでも、短蛇の列が出来ていました! (≧∇≦)/ …改めて、お客様は有り難いと思う今日この頃です m(__)m

いつも遊びに来ているのに夜の部がはねた後の楽屋に入ると、小学校の頃に友人達と、電気の消えた誰もいない校舎に忍び込んだ時と同じ様な心持ち…してはいけない事をしてしまった心持ちになりました (。・_・。)ノ

そんな気分に浸っている間もなくはや開演。

トップは歌彦兄さんが、得意の『宮戸川』!序盤はお客様固かったのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【四派で深夜】2

印象が残ってます。

さて15時頃、私がウチを出ようとしますと、あれほど晴れていた空が見る見るうちに曇ってくるぢゃあ〜りませんか? そして新宿に着くや否や…

ザアザア雨が降り出しました… (-_-;)(またやまないんだこれが)

その後時間をつぶしにつぶして、演者の皆さんと末広亭のほど近くにあるファーストキッチンで待ち合わせをして、出番順を決めましたところ次のようになりました…

1、三遊亭歌彦 2、立川志遊 3、古今亭錦之輔 4、三遊亭王楽

最もキャリアの浅い私がトリになってしまいました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【四派で深夜】

一昨日は【四派で深夜】と云う落語会の為、新宿末広亭へ行って参りました! (。・_・。)ノ

新宿末広亭の高座には皆様もご存知の通り、我々円楽党と立川流の方々はふだん上がる事が出来ませんので、何となくウキウキしてきます 〜( ̄▽ ̄〜)

実は私は、末広亭の高座に上がるのは2度目なんです m(__)m

今から3年前の10月31日、小朝師匠のプロデュース公演【何だか楽しそうな寄席】で、仲入り後に兄弟子・好楽と、勿論まだ前座の頃に何と紋付き袴を着用して、リレー落語を演らせて頂きました。

とても演りやすい会場、と云った…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

【團菊祭 夜の部】2

『保名』の菊之助さんは、顔が美しく若旦那の雰囲気を多分に備えているので、妙な妖気を放って神秘的。

『藤娘』の海老蔵さんは、ハッキリとした美男子だが少々ガッチリしている為、逞しく見えてしまうものの、天性の華が十二分にカバー。3着目の藤色の着物と帯がとても綺麗!

以前から考えていたのですが、ライバルの『藤娘』を観て決めました…。

真打ち昇進披露の際に『藤娘』を歌舞伎座で!…とは云わないまでも、必ず何処かで踊ります! 〜( ̄▽ ̄〜)

最後は『黒手組曲輪達引』…菊之助さんの女形はお母様そっくりだ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【團菊祭 夜の部】

昨日は、丁度1週間前に行ってきた【團菊祭】の、今度は夜の部へ行って参りました! m(__)m

先ず始めに、お馴染み『傾城反魂香』。

三津五郎さんが吃音の又平、時蔵さんが女房おとくを、サラリと好演。 ちょっとだけ登場する雅楽之助役の松緑さんの声が、朗々としていて気持ちよい。

続いて、今回の目玉とも云える2大舞踊『保名』と『藤娘』!

…何と『保名』をふだん女形の菊之助さんが、そして『藤娘』をふだん立役の海老蔵さんがそれぞれ踊ると云うんですから、否応なしに期待は高まるし、同い年の私は目が離せません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

【映画見聞記 vol.15 】5

5〜10分程の睡眠休憩をとると、主人公であるエドマロー役のデビッドストラザーンが、局の会長に注意されているシーンだったのですが…其処からとても面白かったんです! Σ( ̄□ ̄;)

本物のマッカーシー(初めて見た)の映像を効果的にはさむなど、演出が上手い。

ジョージ以外の役者…デビッド、ロバート、パトリシアらが、見事に白黒映像に合っている。デビッドは出色の出来映え。

無理に愁嘆場を作らない処に好感が持てるし、90分の尺も嬉しい。

この2作品を飲み物で例えれば…前者がカルピス、後者がワインと云った処。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.15 】4

『グッドナイト&グッドラック』

赤狩りのマッカーシーに、敢然と立ち向かったキャスター・エドマローの物語。

モノクロで撮られたこの作品…オープニング、パーティー会場の人々を映しながら気だるいジャズが流れる。

白黒の映像、ゆったりとしたジャズ…その瞬間「おや?これはまずい!」と思うや否や…

(-_-)zzz

不覚にも眠ってしまいました… (-_-;)

しかし寝てしまったのは、作品の所為でも私の所為でもありません (>_<)

「腹の皮突っ張り目の皮たる」ませた、イカスミスパゲティの所為です!(何だそれは…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.15 】3

大根チックなところもスパイスになっている。

演出の術中にはまってるのか、古めかしい顔のヒロインが次第に可愛く見えてくるから不思議です! 〜( ̄▽ ̄〜)

クライマックスでの偽装結婚かどうかの調査シーンは、こういうやり方があったかと気付かされた。

ホタルが飛びすぎて思わず苦笑するけども、この作品の性格には非常に合っているのでOKです!

『ダン純』を観た後、腹がへったので〈サイゼリヤ〉で、イカスミスパゲティをたらふく食べてから、いざ六本木ヒルズへ。

2本目は、ジョージクルーニー監督・出演の…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【映画見聞記 vol.15 】5

映画が始まってみると、時折韓国映画特有の目を覆いたくなるような恥ずかしい場面が多々あるものの、我々の意に反して結構面白いではありませんか! (# ̄3 ̄)

〈勧善懲悪〉が驚く程ハッキリしているのもコリアンムービーの特色なのだが、この映画はそれが功を奏している。

主役の男は椎名桔平似、女の子は少し石原さとみちゃん入ってるが80年代初期の『明星』から飛び出た様な古めかしい顔、極めつけは敵に該当するダンサー協会々長の息子の顔! (≧∇≦)/ ハハハ どことなく志村けんさんに似ていて堪らない!

また少し芝居が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.15 】

昨日は、毎月定例の〈活写会〉でした (。・_・。)ノ

北澤副会長との活写会も、今回で14回目。

五月晴れの日曜の午後、私と副会長は六本木のアマンド前で待ち合わせをして(恋人だねまるで…ちなみに副会長は男です)、ひとまずシネマート六本木と云う映画館へ、韓国映画『ダンサーの純情』を観に行きました \(o ̄∇ ̄o)

劇場内は、我々2人を含め23人と云う盛況ぶり(どこがじゃ) 皆、感動を求めてるのでしょう。

…が、我々2人はこの映画に、〈涙〉ではなく〈笑い〉…〈苦笑〉を求めて参ったのです m(__)m

ところが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

【かまくら落語会】5

ナイフを突きつけられているんだ。その意識を持ってない奴は駄目…いや、駄目とは云わないまでも…」

…の様な事を、熱く熱く語って下さったお陰で、勉強になったのは勿論でしたが、今いる場所が打ち上げ会場なのか講習会なのか途中でわからなくなってしまいました (・_・?)

何はともあれ志の輔師が…

「良くも悪くもウチの師匠は話題に上がる、それだけであの人の術中に我々ははまってるんですねぇ…」

と、ニッコリ笑って家元の事を語りながらビールグラスを傾ける志の輔師匠の横顔は、何だかとても嬉しそうでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【かまくら落語会】4

終演後、鎌倉駅の近くの美味しい串揚げ屋さんで軽く打ち上げがあったのですが、隣りに座らせて下さった志の輔師匠は、いつもと同様〈落語〉について、熱く語ってくれました。

「今日のお客様の為に喋っているんじゃない…否、今日のお客様方が次回も必ず来たくなる様に喋っているんだ」(余りにもかっちょよかったので、どこかで使いたくなりました!…使お♪)

「常に自分を追い込まなくてはならない、常に背中にナイフを突きつけられている状態でオレは落語家をやっている…落語に危機感を感じている者はみんなそれぞれ背中に…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【かまくら落語会】3

あれほど地味な噺であれだけ笑って頂ける事、芸人冥利に尽きます m(__)m

続いて待ってました、志の輔師匠!

いつに変わらぬ爆笑マクラをふり倒してから『三方一両損』(実は私が演ろうと思っていたネタの中にコレがありました…危うく御迷惑をお掛けする処だった (;-_-)=3 フゥ)でしたが、サゲを変えてました!

仲入り後、師匠は蒸し暑い会場を冷やすかの様に、ユーレイに関するマクラをふって本当に怖がらせてから『お菊の皿』!

お客様は最後まで爆笑!〈志の輔らくご〉をたっぷり二席で大満足(ボクも (≧∇≦)/ ハハハ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【かまくら落語会】2

開演すると、開口一番は志の輔師匠の5番弟子・立川志のぽんさんで『寿限無』。

…二ツ目になってから、いつも前座さんの落語を聴く度に「オイラの前座の頃よりもずっと落ち着いてる… (-_-;)」と思ってしまいます。

反応を伺っていると、どうやらとても素直で感度のいいお客様なので、まず安心 (;-_-)=3 フゥ

続いて早くもゲストの私が登場! \(o ̄∇ ̄o) (誰がゲストだ)

マクラをふってると大変よく笑って下さるので、気を良くした私は、長い歴史を誇る【かまくら落語会】の中でまだ出ていなかった『しびん』を披露!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【かまくら落語会】

昨日は、昼間は〈しのばず寄席〉で一席演って、夜は【かまくら落語会】でした (。・_・。)ノ

この会は2年前の1月…まだ私が前座の頃に1度、柳家喜多八師匠に出させて頂いて以来実に2度目。

今回は、日頃から御世話になっております、立川志の輔師匠とご一緒させて頂きました! 〜( ̄▽ ̄〜)

東海道線に乗って、大船駅で乗り換える時に…「アレ?この景色はつい最近見た様な… (・_・?)」 そりゃそうです、昨日も大船来たんですから。

鎌倉駅に着くと、何だか遠足に来たようにウキウキしました♪(心構えからしてダメ人間)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

【両国夏まつり】速報!2

7月11日(火) 初日

鈴々舎風車 瀧川鯉朝 三遊亭歌武蔵(両国初) 〈仲入り〉 柳家はん治 桂吉弥(両国初)

7月12日(水) 中日

三遊亭好二郎 立川志ら乃 柳亭市馬(両国初) 〈仲入り〉 三遊亭五九楽 古今亭菊朗

7月13日(木) 楽日

林家ひろ木 桂都んぼ(両国初) 柳家喜多八(両国初) 〈仲入り〉 三遊亭好楽 三遊亭王楽 (全て敬称略)

です!各日共に18時30分開演、入場料は何と…1800円! Σ( ̄□ ̄;)

此のメンバーで此の値段は安い!

何はともあれこの夏、両国寄席が熱くなる!

両国でボクと握手!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【両国夏まつり】速報!

ともかくも【栄にぎわい寄席】は、会場の〈そば処 弁慶〉の皆さん、そして周りのスタッフの方々、ゲストの方々のお陰で盛況です!本当にお疲れ様でした m(__)m

速報!

来たる7月11〜13日の3日間、我々円楽党のホームグラウンド〈お江戸両国亭〉にて…

【両国夏まつり】 〜( ̄▽ ̄〜)

を開催致します!

内容は…東西の若手たちの間に人気真打ちの方々に入って頂くと云う、大変珍しい企画です! \(o ̄∇ ̄o)

顔ぶれも物凄く豪華で、両国寄席に初登場する方々がかなり多いんです! Σ( ̄□ ̄;)

メンバーは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第13回 栄にぎわい寄席】4

先ず始めに私が前へ出て、雨の中わざわざお出で下さった方々(また降ってるよ…)に御礼を申し上げながら、軽く御挨拶。

終わって菊朗兄さんは、何と大ネタ『酢豆腐』 Σ( ̄□ ̄;)…此の難しい噺をまた見事にやってのけるんだ (-_-;)

おば様方の中には、2〜3人失禁してる人がいるのでは?と、思える程爆笑させて下さったので、後が大変上がりにくかったです (# ̄3 ̄)

「先輩に負けてたまるか!」と、私は『庖丁』をチョイス(した訳ではなく忘れないウチに…)

お客様に助けられながらも、矢張りやりがいを感じる噺です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第13回 栄にぎわい寄席】3

いつもと変わらず、お客様方が大変感度が良いので、それに助けられながら『兵庫船』をやり遂げる事が出来ました(←夏休みの宿題みたい)

18時から第2部開演。1部も40人近く入ったが、2部は何と70人! (≧∇≦)/

毎回々々、動員記録が塗り替えられる…これもひとえに、ゲストの方とスタッフの方々のご尽力の賜物と存じます m(__)m

協議の結果第2部は、菊朗兄さんと私とで、30分くらいの長い噺を演る事に決めました!(実は協議ではなく、二席演ると今後が辛くなっていくので、兄さんに無理云ってそうしてもらいました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第13回 栄にぎわい寄席】2

しかし今回もゲストの方が強力です。古今亭菊朗兄さん! \(o ̄∇ ̄o)

そうこうしているウチに、第1部が16時に開演!

いつもと同じ気持ちで「この兄さんに任せよう!」と、私の一番好きな言葉・座右の銘でもある〈他力本願〉を胸に秘めながら、まだ演っていなかった『しびん』。

続く兄さんは、いつも通り軽妙なテンポでマクラをふりながら『湯屋番』。

ソデで聴きながら思いました…「やっぱり上手い (# ̄3 ̄)」

最後に私は、これもまだ演ってなかった『兵庫船』…ただ此の噺は、気なしにやるとすっごくデンジャラス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第13回 栄にぎわい寄席】

昨日は、ほぼ毎月恒例の【栄にぎわい寄席】へ行って参りました。

一昨年の11月から始まったにも拘わらず、隔月から毎月やるようになって、更に1日2回公演にまでなる程の盛況ぶりで、とても有り難いのと同時にとても嬉しく思います m(__)m

が…

そんなスパンでやらせて頂いてるので、段々ネタが苦しくなって参りました… (-_-;)

数えてみたら私は、此の会が始まった1年と4ヶ月の間で…29席もやらせて頂きました (;-_-)=3 フゥ

最近は、何をやろうかと高座に上がるギリギリまで悩むようになってしまいました (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

【第11回 王楽の天狗道場】5

くいつきで師匠は、何と十八番・三枝師匠作の『鯛』を演って下さり、お客様は大喜び!

トリで私は、何と6代目円生の十八番『庖丁』をネタおろし!

場内が暑かったのと、緊張の冷や汗とで、汗をダラダラかいてしまいました!

骨の折れる噺でしたがやりがいもあります。

拙い初演二席を聴いて下さったお客様に只々感謝です m(__)m

…余談だが仲入りの時に「師匠、今日は雨の中すいません。私雨男なんです…」と云ったら、はん治師匠ニッコリ笑って…

「オレも雨男なんだよ〜」

私だけの所為ぢゃなかった… (# ̄3 ̄)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【第11回 王楽の天狗道場】4

聴いて頂く為にやむを得ず演らせて頂いたので、2回目だったんです…が、【アーベント】と【天狗道場】のお客様が重なる事はまず無いので、プログラム上は〈初演〉で差し支え無いでしょう! (≧∇≦)/ (何ぢゃそりゃ)

まあとにかくも、雨の日の『宮戸川』は風情があります(誰一人として云ってくれなかったけど… (-_-;))

…前回【アーベント】で演った時も感じた事なんですが此の噺、はたで見るより想像以上に難しい落語だと思います。矢張り稽古を積まなくてはいけません… (;-_-)=3 フゥ

何とか演り終えてお仲入り♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第11回 王楽の天狗道場】3

そんなお目出度い師匠に来て頂いた第11回、今日も皆様の御期待を決して裏切る事無く…

外は雨 (-_-;)

自分のニックネームを〈2代目星の王子様〉から〈落語界のレインマン〉に変えようかとも考えたのですが、何となく響きは良いものの、アホっぽくもあるので止めました (;-_-)=3 フゥ

さて開演 (。・_・。)ノ

開口一番のかっ好くんは、スタンダードナンバーの『子ほめ』。ネタおろしだったらしいが、無難にこなしていました \(o ̄∇ ̄o)

続く私は『宮戸川』を初演…でしたが、正確に云うと【アーベント】で小朝師匠に…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第11回 王楽の天狗道場】2

例えば今回が11回目ですから、前回の10回が終わった後すぐに次回のネタに取りかかれば苦労しない筈なのに、独演会が終わった解放感にドップリと浸ったまんま、気が付けばもう其処に次回が待ち構えているのです…。

「喉元過ぎれば熱さ忘れる」…

此んな言葉が、いつも会の直前になると脳裏をよぎります (;-_-)=3 フゥ

さて今回のゲストは、前座の頃から稽古をつけて頂いたりと大変御世話になっている、柳家はん治師匠! m(__)m

何と師匠は此の度…平成17年度の芸術祭新人賞を受賞されたばかりなのです! \(o ̄∇ ̄o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第11回 王楽の天狗道場】

昨日は私の独演会【第11回 王楽の天狗道場】でした。

初演二席を演ると決まっているので、いつもながら気の重い此の会… (-_-;)

最近気付いた事があります。〈学生時分の中間および期末試験〉と〈独演会〉を迎える気分が、全くイコールで結ばれていると云う事を…。

〈試験〉の方は…普段からしっかり勉強しておけば心配ないのに、授業は寝てばかりなので、一週間前辺りから真面目にノートをとっている人のをコピーしたりして、直前に物凄い苦労をして試験に臨むんです(←あんただけやないの?)。

一方〈独演会〉の方も…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

【團菊祭 昼の部】3

成田屋を見る事が出来て、嬉しかったです (;-_-)=3 フゥ

最後は、岡本綺堂作の世話物『権三と助十』。

岡本綺堂の原作だから、面白くない筈がない!

あの菊五郎さんが、自由奔放に江戸っ子を演じていたので、観ていて此方も楽しくなってくる。

菊五郎さんと三津五郎さんは見事なまでに〈八っつぁん熊さん〉でした! 〜( ̄▽ ̄〜)

原作もいいが、演出も冴え渡った此の作品。 ラスト田之助さんが登場した時、菊五郎さんの…「台詞が少なくて良かったねぇ?」にはバカうけ。

初めて昼の部で、一睡もしませんでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【團菊祭 昼の部】2

口跡が良く通る声なので、芝居が観やすい。亦、三者三様それぞれの役柄にピタリとはまったのも良かった。中でも松緑さんが秀逸。

2人で、三越で買ってきた弁当を食べた後は、松緑さんの舞踊『雷船頭』。軽快でウキウキする (。・_・。)ノ

続いては…

待ってました、成田屋! \(o ̄∇ ̄o)

『外郎売』でしたが、淀みなく口上を済ませ、健在ぶりをアピール!

團十郎さんの立派な姿を見ながら、隣りに座っていた好楽を見やると、いつも軽い軽いと思っていた父親が、もっと軽く見えました (-_-;)

何はともあれ、元気そうな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【團菊祭 昼の部】

昨日の昼間、久方振りに兄弟子の好楽と歌舞伎座へ行って参りました。

5月の興行は、およそ3年振りの【團菊祭】で、何と『外郎売』で好楽のライバルの(同じ日に生まれただけです)、市川團十郎さんが復活されたのです! (≧∇≦)/

先ず始めに、大佛次郎作の『江戸の夕映』。海老蔵さん、菊之助さん、松緑さんの〈三羽がらす〉が揃っての狂言。

中でも海老蔵さんと菊之助さんは同い年、大変口はばったいようですが〈ライバル〉ですので(大変口はばったいよ)、観る方も自然と力が入ります!

感じた事は、皆さん大変に…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

師匠のお宅へ…3

夢の様な〈久兵衛タイム〉を過ごした後、いよいよ『笑点』の時間がやって参りました。

矢張り自分の映る〈師弟大喜利〉は、何となく気恥ずかしいものがありました (^^ゞ

師匠が最後の司会を務めてらっしゃる場面で、何となくセンチメンタルな気分に…。

終わった後、回答者皆さんへのアドバイスを聞きながら「…ああ、師匠は其処まで見ているし考えてもいるんだ…」と、改めて感心させられました m(__)m

皆様お帰りになられた後、この先の落語界の事を滔々と語ってくれました。

矢っ張り師匠は凄い!

あと久兵衛も…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師匠のお宅へ…2

バリバリ元気で現役そのもの! 〜( ̄▽ ̄〜)

…高座復帰はそう遠くないな、と感じました (;-_-)=3 フゥ

しばらくすると、おかみさん達が戻ってこられて、な、何と!

超高級な〈銀座 久兵衛〉のお寿司を沢山お持ち帰りになられました! Σ( ̄□ ̄;)

「王楽さん、テレビ局の方々に召し上がって頂いて?」

…この時私は、テレビ局の人間に生んでくれなかった両親を心から恨みました… (-_-;) が、それを察したのかおかみさんが…

「王楽さんも食べなさい」

まだ神様は、私を見捨てていなかったようです… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師匠のお宅へ…

昨日は、ちょっと用がありまして、中野坂上にあります師匠のご自宅へ伺ったんですが…玄関の処にはロケバスが停まっており、更には突然おかみさんと息子さんが…

「王ちゃん、あと頼むよ?」

と云い残してお出掛けになりました…。

(・_・?)

何でも日テレの『リアルエンタメ』が、『笑点』を引退した師匠へインタビューに来て、更に17時半からやる『40周年記念スペシャル』を、生で観てる円楽の映像を撮りに来られたそうです (。・_・。)ノ

インタビューを聞きながら師匠の受け答えをいちいち見ていると、どこからどう見ても…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

【メインロブスター】2

私は『平林』と『片棒』。お客様は皆、大変お上品な方々でお行儀良く聴いて下さいました。

終わった後に着替えていると、関係者の方から「やってみてどうでした?」と聞かれたので「やりやすかったです」と答えると「そうでしょう、来た人は皆さん平塚を好きになってくれるんですよ!」と仰いました。

着替えた後、皆々様のテーブルにご挨拶に伺うと、皆優しい人ばかりで「楽しかったわよ?」「また来てね?」との声ばかり m(__)m

更には各テーブルで何と…ご祝儀を賜りました!

今私が一番愛する町は平塚です 〜( ̄▽ ̄〜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【メインロブスター】

昨日は、平塚の【メインロブスター】と云うお店での落語会でした (。・_・。)ノ

好楽が〈九蔵〉を名乗っていた二ツ目の頃からお世話になっている、長谷川伸さん(同姓同名)と云う方から頂いたお仕事で、何とそのお店で落語をやるのは今回初めて! Σ( ̄□ ̄;)

行ってみたら、大層立派な高座が用意されていて、挙げ句の果てには…「続くかどうかは王楽さんの落語次第」と、始まる前にプレッシャーをかけられました (-_-;)

会場には50人ものお客様が、生憎の雨の中(←出た!雨男)御来場下さり、大変嬉しゅう御座いました m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

お知らせ ( 。・_・。)ノ

明日の5/14(日)、日テレで17時半から…『笑点 40周年記念スペシャル』を、1時間半やります! (≧∇≦)/

その中の【師弟大喜利】と云うコーナーで、私が出てますので是非是非見て下さいませ (。・_・。)ノ

尚、瞬間視聴率次第では、笑点メンバー入れ替えになると、プロデューサーからは何にも云われてませんが、その可能性は無きにしもあらずです (-_-;)

皆様の清き一票を!…てか、視聴率稼ぎにご協力の程、何卒宜しくお願いします m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【第18回東西落語研鑽会】4

さて今回のトリは、上方落語の人気者・テレビでもお馴染みの桂南光師匠!

「神田の古本屋で、自分の貰った小さん師匠のサインと同じものが10万円で売っていた!」と云うお宝のマクラをふってから、大ネタ『はてなの茶碗』!

「京の人間やったら!…」と、押すところは上方落語ならではの面白さ。この師匠の底力を感じずにはいられない、大変素晴らしい『茶金』でした。

これだけ中身が詰まって、お客様も満足でしょう。ちなみにいつも思うのですが、これで3500円は安い…。

更に感じるのは、この会をソデで聴ける幸せ… (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第18回東西落語研鑽会】3

とても生き生きと演ってらっしゃいました! 何よりも、にんに合っている。今まで聴いた中で、一番の『水屋の富』でした。

その次は、上方落語界の重鎮・笑福亭仁鶴師匠が『質屋庫』を、余計なマクラをふらずにすっと口演。

良い意味で、力の抜けた語り口で約40分、お客さんに聴かせるところは流石。

仲入りをはさんで、志の輔師匠は自作の『バスストップ』。空気をガラッと変え、いつも通りの爆笑マクラ・爆笑本題でお客さんをねじ伏せる! …改めて思いました。

「矢張りこの方は凄い師匠だ… (;-_-)=3 フゥ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第18回東西落語研鑽会】2

上方の方々…仁鶴師匠・南光師匠・歌々志兄さんは、初めてお会いするので、かなりドキドキしました(お前は恋する中学生か)

先ずトップの歌々志兄さん、大阪ではポピュラーなネタの『米揚げいかき』(〈いかき〉が変換しても出てこない (-_-;)) 東京の『ざる屋』ですが、綺麗にリズミカルに口演。どことなく佇まいが〈はんなり〉としていました (。・_・。)ノ

続いて我らが【若旦那代表】の、林家正蔵師匠は何と『水屋の富』!

これがもう…大変素晴らしい『水屋の富』で御座いました m(__)m 何となく暗くて地味なあのネタを…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第18回東西落語研鑽会】

昨日は、史上最強のホール落語会【東西落語研鑽会】へ、行って参りました! (≧∇≦)/

以前もこのブログに記しましたが、私は第1回から前座で入らせて頂いていたので、今の自分があるのも、この研鑽会のお陰と云っても過言ではありません m(__)m

いつもいつも、普通のホール落語とは一味違った顔付けに唸るこの落語会。今回のメンバーは出番順に…

桂歌々志 林家正蔵 笑福亭仁鶴 〈仲入り〉 立川志の輔 桂南光

と云う、いつもと変わらぬ豪華メンバー! 〜( ̄▽ ̄〜)

しかも今回は、正蔵・志の輔両師匠以外の…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

【好楽一門会】3

楽屋入りしてから稽古するかと云うと、しないんです(しろよ)

と云うのは私の持論で…〈直前に稽古すると尚更緊張するから〉なんです(しろってば)

腹をくくって高座に上がって喋り始めると「やっぱ稽古しないとね♪」と思う箇所がちらほらありましたが、そこは百戦錬磨!トチリや噛んだのを微塵も感じさせません!(充分感じさせてるよ)

終わった後に、お客様を送りに出ると浜野会長とバッタリ!

近寄ってきたから「ヤバい殴られる!」と思ったら一言…

「有難う御座いました…」

生きてて良かった (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【好楽一門会】2

日暮里を中心に【一本堂】と云う薬局を手広く展開されている、浜野会長がお見えになったのです…

…勘のいい方はもうお分かりかと思いますが、何を隠そうこの【一本堂】の浜野会長こそ、『浜野矩随』の子孫の方なんです Σ( ̄□ ̄;)

何でも好楽が「ウチの王楽が今度『浜野』を演りますので、良かったら聴きに来て下さい!」…と云う、大変余計な事を伝えたが為に、わざわざお忙しい処を御来場下さったそうです m(__)m

それを聞いた私は、いつも以上に緊張し始めました(←オイラは常に緊張してますねん (>_<))。かと云って…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【好楽一門会】

今日は、日本橋亭にて3ヶ月に一回の【好楽一門会】でした \(o ̄∇ ̄o)

トリを4人(好楽、好太郎、好二郎、王楽)で順番に回していく会で、今回は私がトリでした… (-_-;)

番組は…

好二郎『金明竹』 好楽『提灯屋』 〈仲入り〉 好太郎『干物箱』

そして不肖王楽、ネタは何と…師匠円楽の十八番中の十八番、『浜野矩随』!

演るのは、今年1月の自分の会【天狗道場】、2月のこれまた自分の会・横浜にぎわい座での【にぎわい道場】に続き、3度目でした (。・_・。)ノ

…と、其処までは宜しいんですが何とこの会に…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れないうちに…

昨日、日頃からお世話になっている報知の高柳さんから… 「ワールドカップについて語って頂けませんか?」との依頼を受け「いつまでですか?」と聞くと「今です」と即答 (-_-;)

サッカーについては全く無知の私(知ってる選手は、カズ・ラモス・武田・ゴン・中田、あとペレとマラドーナくらい…と云う無知っぷり)は、全身全霊を傾けて語りました (。・_・。)ノ

…その記事が明日の12日(金)、【スポーツ報知】の芸能欄に出ています(ボツにならなければ (;-_-)=3 フゥ)

これを見た方、呉々もその記事読んで笑わないで下さい (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

東京多摩ロータリークラブ2

して下さったそうなんです! \(o ̄∇ ̄o)

そんな方と出会うなんて、偶然とは恐ろしいと感じると同時に、〈縁〉と云うのはつくづく有り難いものだと痛感しました m(__)m

行くとすぐに例会が始まり、ゲスト(?)の私が紹介されると程なく、『君が代』斉唱… 実に中学の体育祭以来でした (;-_-)=3 フゥ

歌い終わると着物に着替えて高座に上がり、迷った挙げ句に『高砂や』。男性ばかりの割には、よく笑って下さいました。

聖蹟桜ヶ丘を後にして、一路広小路亭へ行き『しびん』。

落語は、やればやるほど奥が深いです…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

東京多摩ロータリークラブ

昨日は、東京多摩ロータリークラブの例会に招かれての一席でした (≧∇≦)/

事前に、このクラブの幹事の関戸さんと云う方が、先日私が出演した時の【銀座落語アーベント】の楽屋まで、わざわざご挨拶に来て下さいました(…そして何と驚くことには、あの倍率の高いアーベントのチケットを4枚も手に入れて、ご家族の皆様でいらっしゃったのです! Σ( ̄□ ̄;) )

更に、名刺を頂いた時に「ハテ?どこかで見た名前…」と思い伺ってみると…何と関戸さんは、私が銀座ガスホールで3日間やった【二ツ目昇進披露公演】にも御来場…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

昨日の月曜日

昨日は、広小路亭の夜の部【しのばず寄席】での一席でした (。・_・。)ノ

昼席のトリだった昇太師匠がちょうど着替えていたので、姉の店【ひなの郷】にお花…サボテンを出して下さったお礼をすると、「お客さんに刺さってない?」との茶目っ気たっぷりのお答えが返ってきました 〜( ̄▽ ̄〜)

17時5分の上がりでしたが、連休明けの月曜の夜…7〜8人のお客様方は、まるでヤモリの様に壁にへばりついて、生気を失ったように暗かったとです (-_-;)

それでもめげずに私は『転宅』。斜向かいのおじさんが嬉しそうに笑ってくれました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一昨日の日曜日

ちょっと上野に用事があって、終わった後にぶらぶらしながら広小路亭の前を通ると、ちょうど昇太師匠が演ってて、トリが桃太郎師匠。

〈柳昇チルドレン〉の2トップが続けて聴ける事は滅多に無いので、楽屋に挨拶をしてから急いで舞台ソデへ行きました!(←お前は素人か)

昇太師匠は、既に古典になりつつある自作『宴会の花道』(。・_・。)ノ

桃太郎師匠も、既に古典になりつつある『お見合い中』(≧∇≦)/

…このお2人を聴いていると常に思うのが、【オンリーワンを見つけた者勝ち】って事です。

見つけよ… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

イレブンPM ( ・_・?)

昨日は、朝6時に起きて(起こされて)、【ひなの郷】の手伝いをさせられました (;-_-)=3 フゥ

軽〜く開店前の準備を手伝った後、おかみさん(要するに母)がアッサリと「もう帰っていいよ?」と、嬉しいような、戦力外通告をされたような一言を放ちました (。・_・。)ノ

その後、『笑点』の収録を終えた好楽と合流して、一路群馬のサンコーカントリークラブへ 〜( ̄▽ ̄〜)

親子会だったのですが、かっ好くんが『日和違い』、私は十八番『平林』。お後鏡味仙三さんが出て、好楽は…『イレブンPM』!

どんなネタかは云えません (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

【ひなの郷】オープン!6

場所は、JR大塚駅から(ぢゃなくてもいいけど)都電に乗って〈鬼子母神前〉駅より徒歩1分の処にあります。

また宣伝チラシに「鬼子母神様のご近所です!」とある通り、雑司ヶ谷鬼子母神堂の前(?)です。

ちなみに迷った方は、「噺家さんの花がいっぱい飾られた、新しく出来た甘味処は何処ですか?」と聞けば大抵分かると思います。

今後は夜、呑み屋もやる予定だそうです(自分が呑みたいだけでは?)ので、今後共何卒宜しくお願い致します m(__)m

今日のブログは…「何て姉思いなんだ!」と、自分で自分を褒めてあげたい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ひなの郷】オープン!5

何の店をやってるか?と云う事を。実は何を隠そう…(←大袈裟)

甘味処なのです! (≧∇≦)/

たい焼きとおはぎをメインに、白玉・団子などのスイーツを販売しております m(__)m

昨日(初日)は、連休中と快晴も手伝って、10時に開店して沢山準備したにも拘わらず、有り難いことに…16時前には売り切れてしまいました! Σ( ̄□ ̄;)

まあまあ、お客様並びに周りの皆々様のお陰で、【ひなの郷】は好発進することが出来ました m(__)m

あ!また忘れてた、〈何処に店があるか?〉と云う事を!(←何て要らない情報なんだ…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ひなの郷】オープン! 4

【ひなの郷】オープン!  4

店には既に、五明楼玉の輔兄さんが、仕事前にわざわざいらして下さってました!

続いて春風亭一朝師匠ご夫婦も駆けつけて下さり、店主のじっこは感謝感激しておりました m(__)m

あ!そうそう忘れてましたよ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ひなの郷】オープン! 3

【ひなの郷】オープン!  3

ハッキリ云って、何のお店だかわからないくらいに、綺麗な花々で埋め尽くされてました!…本当に皆さん、有難う御座います m(__)m

好楽一門の方々と私は〈表で呼び込み〉と云う大役を仰せつかりました (-_-#)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ひなの郷】オープン! 2

【ひなの郷】オープン!  2

店を覆い尽くしていました見て吃驚…

円楽、歌丸、三枝、小朝、鶴瓶、木久蔵&きくお、正蔵&いっ平、小遊三、楽太郎、昇太、たい平、なぎら健壱、ナポレオンズ、山田隆夫(敬称略)と云うお歴々の名がズラリ…!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

【ひなの郷】オープン!

【ひなの郷】オープン!

昨日は、私の愚姉・じっこが、満を持…さないで遂にオープンしてしまった【ひなの郷】のお手伝いに行ってきました… (;-_-)=3 フゥ

店に行ってみると(…実は私、初めて店を見ました m(__)m)沢山の花々が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【銀座アーベント】再び…3

仲入り後にいっ平兄は、先日亡くなられた円弥師匠に教わった『四段目』をご披露。

矢張り此の噺に出て来る、可愛くて憎めない小僧さんは、兄さんの柄によく似合います (>_<) 何よりも〈天性の華〉があるので、高座に上がっただけでパッと明るくなる。

トリの小米朝師匠の大変賑やかな『掛け取り』にお客様もソデも大喜び! この師匠も天賦の華がある。

毎日緊張ばかりする高座が続きますが、逆に嬉しい気もします。

終演後、客席に中村時蔵さんがいたと聞き吃驚 Σ( ̄□ ̄;)

演る前に聞かんで良かった… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【銀座アーベント】再び…2

『宮戸川』を演らせて頂きました。

お客様方は、会場と一緒でとてもお上品で…〈拝聴する・鑑賞する〉と云う印象を受けました (。・_・。)ノ

…アーベントでのネタおろしは寿命が縮まる思いでしたが、何とか演り終えて楽屋に戻ると、小朝師匠が至極丁寧に直して下さいました m(__)m

お後の歌武蔵師匠が得意の『風呂敷』をかけられると、ようやくお客様方もリラックスされたご様子 〜( ̄▽ ̄〜)

小朝師匠は、とてもほのぼのとした妖怪ファンタジーの新作『豆腐小僧』(←タイトルからして微笑ましいです \(o ̄∇ ̄o))でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【銀座アーベント】再び…

昨日は、人呼んで〈落語界のオールスター戦〉【銀座落語アーベント】に行って参りました (。・_・。)ノ

私は先月に引き続き今月も、楽日のトップバッターと云う大役を仰せつかりました!

昨日のメンバーは出番順に…

王楽、歌武蔵、小朝〈仲入り〉いっ平、小米朝(敬称略)

で御座いました。

この落語会は、寄席は寄席なんですが、ふだんの寄席よりも数倍緊張します(…って当たり前だけど、オイラ緊張してばっかりいるとです… (-_-#))

トップの私は、小朝師匠の了解を得る為に、今月17日の天狗道場でネタおろし予定の…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

【左橋の二ツ目チェック】2

上楽兄さんが『引っ越しの夢』を、何とネタおろし!

前回トリで大ネタ『妾馬』を初演して、見事にフラを生かした兄さんは、今回も軽〜くこなしていました(ちなみに来月は『七段目』を初演!今、ジョニーは燃えてます!)

続く私は、約1年半振りに『大工調べ』。

いつもの事ですが、辛抱強くまたよく笑って下さるお客様に救われました… (;-_-)=3 フゥ

のっぴきならない用事があった私は、お後の左橋師匠に挨拶をして楽屋に戻ってモニターを聴いていると、師匠は何と『笠碁』!

つくづく先輩は有り難いものです… m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【左橋の二ツ目チェック】

昨日は、両国の3日目。番組は【初音家左橋による二ツ目チェック】で、出番は順に…

楽花生『紙入れ』 上楽『引っ越しの夢』 王楽『大工調べ』 左橋 〈仲入り〉 福楽『出来心』 ニックス 鳳志『茶の湯』 (敬称略)

楽花生兄の『紙入れ』は、明るく演るのでいやらしくならないのが気持ちいいです。

さてその次は、我々一門二ツ目の最終兵器、そして最近は【円楽党のドカベン岩鬼】とも呼ばれている(…意味のわからない方は、是非兄さんの高座を見て下さい。きっとあなたも虜になる! (≧∇≦)/ …と思う)ジョニーこと…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

【平成噺し座】3

などと、直前に仰るではありませんか! Σ( ̄□ ̄;)

焦りましたよ? 何せ出していたネタが『新聞記事』で、ネタ自体は13分しかないんですから。

仕方がないからダラダラまくらをふると、事の外反応がいいので気を良くしたままネタへGO!…いつも同様、お客様に助けられました m(__)m

トリの志ら乃兄は『天災』、相変わらず切れ味鋭い落語でした!

最後にみんなで高座に上がると野末先生が「それぞれ自己採点を」と…私は「80点」と答えると(←自分に甘い)きくお兄は…「楽しかったです!」

勝てない… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

【平成噺し座】2

いざ開演すると先ず、発起人である野末陳平先生が前説のようなご挨拶をして下さり、開口一番のこしら兄が『巌流島』(ちなみに皆ネタは事前に出してありました)。お後のひまわり姉がきっちりと『堀部安兵衛』。…お客様の様子を伺っていると、とても好意的な方々のようだ (-_☆)キラリ

3番手のきくお兄が『幇間腹』で、お客様を爆笑させてるので…「果たして私の時にウケて下さるのかしら… (-_-;)」と、不安と緊張に包まれたまま高座へ上がろうとすると、ソデで座っていた野末先生が…

「出来るだけ長く、23分はやってくれよ?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【平成噺し座】

昨日は、夢空間さん主催の〈二ツ目噺家〉による【平成噺し座】に行って参りました。

今年の正月13日に始まって、今回が第3回。 毎回何かしらのテーマが設けられ、第1回は〈師匠の十八番〉でした (>_<)(制限時間15分で、その時私は『野ざらし』を演りました)

今回のテーマは何と…

〈とにかく客を笑わせろ〉

…噺家にとって、こんな拷問の様なテーマがあっていいのでしょうか (-_-;)

出番はくじ引きで決められ、休憩なしで…

1…こしら兄 2…ひまわり姉 3…きくお兄 4…私 5…志ら乃兄

でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 2日 (火)

両国寄席の初日

昨日は、両国寄席の初日に行って参りました (。・_・。)ノ

番組は、【林家正雀 両国に見参!】と称して何と…正雀師匠が両国寄席に初登場して下さいました! \(o ̄∇ ̄o)

出番は順に…好太郎、愛楽、王楽、好二郎、道楽〈仲入り〉上楽、隆司、正雀(敬称略)

私は3本目で、久方振りに『野ざらし』。演る度に此の噺の…と云うよりも落語の難しさを思い知らされます (;-_-)=3 フゥ

主任の正雀師匠は『男の花道』を、たっぷり演って下さいました!

色々な先輩方の噺を聴いて刺激を受ける今日この頃です… (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

【映画見聞記 vol.14 】6

愛すべきコントシーンに見えました (≧∇≦)/ ハハハ (ジェイクのヒゲとアンハサウェイのカツラが妙にコントじみていた)

本物の方が観たら何と云うかわかりませんが、ジェイクギレンホールの男と喋る時の〈目〉が、真に迫っている。ジェイクとミシェルウィリアムズの演技が、この映画の支柱と云っても過言ではありません。

映画の悲劇的な内容から、全編流れるテーマ音楽の良さまで、何となく『ミリオンダラーベイビー』に似ている。現時点で、今年一番。

…ただ2人の関係がカミさんにバレるシーンは無防備すぎないか? (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.14 】5

…と云うシーンでまた感動。

更には、公衆電話で…あ〜!チョー喋りたいけどこれ以上喋ると、これから観る人の妨げになるので止めておきます (;-_-)=3 フゥ

とにかくラストからエンドクレジットに至るまで、突っ走る様に〈感動〉が押し寄せます。(エンドクレジットで、ウィリーネルソンが歌うボブディランの“He Was a Friend of Mine” が流れると、更に感動が加速する)

ただ、ジェイクギレンホール演じるジャックツイストが家族で食卓を囲んでいる最中、義父とテレビをつけたり消したりするシーンは、設定から人物まで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.14 】4

まるで、自分が旅をしている様な感覚におちいる…まぁこれが、映画の醍醐味の1つであろうか。とにかく素敵な作品でした m(__)m(あ!旅のお供のエチオピア音楽、心地いいです)

2本目の『ブロークバックマウンテン』…さほどに期待しなかったのが好転したか、物凄く感動してしまいました。

感動のさせ方、たたみかけ方が抜群に上手いんです。

クライマックスの、主演の2人が湖畔でもめる処から回想シーンに移る…まず此処で感動。

次に、ヒースレジャーが独りで飯を食べていると女が…「面白いから惚れるんじゃない」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.14 】3

偶然どちらにも、ジェシカラングが出てました。

…しかし〈ジャームッシュ節〉とでも呼ぶべきか、恐ろしく間の抜けた・何処となく拍子抜けした会話が、リアルで素晴らしい。

それは、ビルマーレイとジェフリーライトとの全ての会話(出来の悪い漫才コンビの楽屋を見るような2人の見事さ、それにビルマーレイの〈フラ〉がピタリと合った!)、そして2番目に訪ねるフランセスコンロイ夫婦との気まずい空間に、表れていました (>_<)

墓地まで訪ねるのも非常に好ましいシーンでしたが、この映画は全編に心地よい空気が流れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.14 】2

閑話休題 山上兄弟 (。・_・。)ノ

【活写会】は、私と北澤副会長による男2人の硬派な映画倶楽部ですが、真剣に映画に取り組む人であれば…いや、そうでない人でも、日比谷シャンテの〈シャンテカード〉同様に会員募集中です!(男女問わず \(o ̄∇ ̄o))

1本目の『ブロークンフラワーズ』は、映画を観る幸せを心から味あわせてくれる作品でした!

何でもない事柄を(何でもない事柄でもないけど…)事も無げに軽〜く見せるのは流石。

2月に観た、ヴェンダースの『アメリカ、家族のいる風景』のコメディ版、と云ったところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.14 】

昨日は、毎月定例・北澤副会長との〈男のロマンの銀幕旅行〉、【活写会】でした (-_☆)キラリ

お陰様でこの会も〈第13回〉を数えることになりました m(__)m(←誰に対しての m(__)m なんだ?)

さて、肝心の作品は、ジムジャームッシュ監督の最新作『ブロークンフラワーズ』と…

偶然レディースデイに行ったら満席で、仕方なくその日は、不快な『マンダレイ』を観させられてしまった…と云う因縁の映画・本年度アカデミー賞でアジア人初の監督賞を受賞したアンリーによる『ブロークバックマウンテン』の2本です 〜( ̄▽ ̄〜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »