« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

【笑点 40 周年スペシャル】6

それはそれは、口では云い表せない程の熱い熱い闘い(大喜利だろ?)が繰り広げられたのです!

…が、それには触れない事にしておきます (。・_・。)ノ

5月14日の日曜日、勿論日本テレビは4チャンネル、夕方17時半から何と1時間半!

『笑点 40周年記念スペシャル』(…ってタイトルかな?)

を、是非御覧になって下さい!

…レギュラーメンバーと絡んだ大喜利をやってみて感じたのは、皆さん空気を読むうまさ・言葉の瞬発力がずば抜けてます。

楽屋に戻ると後ろから「お疲れ様でした!」「…誰だ?」と思えば、父親… 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【笑点 40 周年スペシャル】5

いざ収録!

我々若手が先に出て並ぶのですが、後楽園ホールは立ち見が出る程の大盛況!

今年の正月に小朝師匠たちと、やはり大喜利をやらせて頂いたのですが、その時よりも大きく感じました。

若手が並ぶとレギュラーメンバー登場。

その後、司会の歌丸師匠が出てきて国分さんを呼び込むと、場内の女性達は大喜び!ついでに私は、自分が霞むので大がっかり (-_-#)

さあ、命を懸けた【師弟大喜利】は、問題2問やったのですが…師匠と弟子がそれぞれ別々に答える為、与えられる数少ないチャンスをモノにしなければならない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【笑点 40 周年スペシャル】4

司会の歌丸師匠の横についた方が何と…

TOKIOの国分太一さん! Σ( ̄□ ̄;)

テレビに映る通りの、気取らない方だったので好感度大! 更にその癖、顔は矢っ張りかっこよく服装もオシャレで、「新たなライバルの誕生 (-_☆)キラリ」を感じずにはいられませんでした…。

そして個人的に感動したのは、国分さんはこの日、コムデギャルソンを着てらっしゃったのですが、偶然にも私もその日、コムデギャルソンを着ていたんです!

心の中で思わず「俺もセレブの仲間入りか… (;-_-)=3 フゥ」と呟きました(←つける薬がない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【笑点 40 周年スペシャル】3

口上収録終わっていよいよ【師弟大喜利】の収録!

ある意味、笑点メンバーと云う〈落語界の巨人たち〉との大喜利は、矢張り武者震いがしました (;-_-)=3 フゥ ペアはそれぞれ並び順に…

小遊三・遊馬 好楽・王楽(私←知ってるよ…) 木久蔵・きくお 楽太郎・愛楽 たい平・いっ平

…もうお分かりの方いらっしゃると思いますが、本当に師弟なのは木久蔵・小遊三両師匠の2組だけで、後の3組は〈兄弟弟子〉なんです。

ですから正確に云えば【一門大喜利】なんですねん 〜( ̄▽ ̄〜)

そして我々回答者を驚かせたのは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【笑点 40 周年スペシャル】2

楽屋にいる時から口上収録に至るまで、どこからどう見ても、引退宣言をした人にはとても見えません… (>_<)

むしろ口上の時の、相も変わらぬバカでかいド迫力の声を聞いていると…〈超元気なおじいさん〉にしか見えません… (-_-;)

実際、あんな声出してる〈昭和8年生まれの73歳〉は、どの厩舎…否、日本全国いないと思います!

そんな元気なだけに矢張り弟子としては、まだまだ司会を続けてもらいたいのが本音ですけど… m(__)m

まぁ少しの間休ませて秋から暮れ、最低でも年明けには走らせます!(それじゃ馬だよ…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【笑点 40周年スペシャル】

【笑点 40周年スペシャル】

昨日は、『笑点 40周年記念スペシャル』の中のいちコーナー【師弟大喜利】の収録の為、後楽園ホールへ行って参りました \(o ̄∇ ̄o)

40周年の口上の収録もあったので、師匠の円楽も来ました!

円楽は…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

報告 (≧∇≦)/

来たる5月14日(日)の17時半より

『笑点 40周年記念スペシャル』

と云う番組を勿論日テレで何と、1時間半やるのですが…

その中の【師弟大喜利】と云うコーナーで、私が好楽とタッグを組んで出演するんです! \(o ̄∇ ̄o)

…冷静に考えると〈師弟〉ぢゃないのですが、ともかく出させて頂けるのは嬉しいことです (。・_・。)ノ

他にはレギュラーメンバーは勿論のこと、愛楽師・遊馬兄、そして同じ二世のいっ平兄さんときくお兄さん! 〜( ̄▽ ̄〜)

明日その収録が後楽園ホールであるので、頑張ってアピールしてきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バスでGO!2

乗り場が何と〈南口〉ぢゃなく〈西口〉だったのです!

…その時既に7時53分 (-_-;)

私は、右手にはおにぎり、左手にはお茶、そして肩には無論着物の入った大荷物を背負って、眠らない大都会・新宿を南から西へ横断しました! 〜( ̄▽ ̄〜)

これ以上は早く走れないと云う見事なまでに不格好な走りで、何とかバスに乗る事が出来ました (;-_-)=3 フゥ

延寿院さんに着くと、とれたての山菜をご馳走になり、その後元気いっぱいに、『牛ほめ』を演らせて頂きました。

皆さん、高速バスには呉々もお気を付け下さい…(お前だよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バスでGO!

今日は、曲独楽の三増れ紋姉さんと一緒に、長野県の松川にある久遠山延寿院と云うお寺さんへ行って参りました (。・_・。)ノ

久方振りに高速バスに乗っていったんですが、何と朝8時ちょうどの新宿発!

6時半に起き少し余裕を持って、7時40分に新宿駅の南口に着き、お腹が空いたからコンビニでおにぎりとお茶を買って、余裕こいてバス乗り場に着いてみると…アラ不思議!該当するバスが見当たりません。

「何でぢゃろ (・_・?)」

と、恐る恐る頂いた資料を見てみると…

Σ( ̄□ ̄;)

ぶっとび…(宮沢りえ風←古 (>_<))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

粋な町!箱崎北新堀町5

紙幣まで沢山頂いて、気分はすっかり〈さこみちよ〉でした!(何だそれ)

更に今まで聞いたことのない「アンコール!」を頂いた私は、恐ろしく下らない小噺を披露しました♪

1人のお客様が感想を述べられました…「王楽さんは、早口言葉がウマい!」

…それを云うなら〈早口言葉〉ぢゃなくて、講釈の〈修羅場〉でしょうが (;¬_¬)

何はともあれ新堀町の粋な皆様方にm(__)mです。

しかし驚愕の事実が…

「去年は、たい平さんが来たんだよ!」

つくづく思いました…「演る前に聞かんで良かった」と… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粋な町!箱崎北新堀町4

箱崎北新堀町の皆様、〈粋な笑い〉を心得ていらっしゃる!

気を良くした私は、久方振りに『やかん』。 吃驚したのはな、何と!!

演ってる最中に、1人のお客様がずいと立ち上がって、私の処へつかつかと歩み寄ってきたんです!「やばい、殴られる!(何でやねん)」と思うや否や、私の耳元へボソッと…

「おもしろい…」

と云って、ご祝儀をおいていって下さったのです! \(o ̄∇ ̄o)

更に気持ちよさが加速した私は、いつもより元気良く講釈部分をやりました。

終わると沢山の拍手と共に、おてもとにはさまれた…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粋な町!箱崎北新堀町3

「皆様大変お待たせ致しました!これより心待ちにしておりました余興が始まります!…が…」

と云って、ぬりた亭つくぞうさんは何と…若手芸人も真っ青の、爆笑前説を繰り広げました!

やっとのことで紹介をうけて高座に上がらせて頂いたのですが、非道く緊張しました。

曲がりなりにもプロとして、このおっさん…ぢゃなくおじさま方よりうけなかったらどうしよう (・_・?) と思いますから…。

しかしそんな懸念もどこ吹く風 〜( ̄▽ ̄〜)

まくらをふれば、大変ご陽気な町内会の方々 (≧∇≦)/  流石は東京ド真ん中…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粋な町!箱崎北新堀町2

プロデューサーを長年勤められてこの春に辞めて、普段から親子揃って大変御世話になっている中野留里子さんより頂いたお仕事でした。

懇親会が始まる前に〈乾杯〉があって、その後に皆様方めいめいの御挨拶があったのですが、それが異様な盛り上がりを見せているのです…。

「…ひょっとしたら、別にオイラいらねえんぢゃねぇのけ? (-_-;)」と思う程の大爆笑。

いよいよ私の出番が近付くと司会の方(司会者のお名前はペンキ屋のもとざわさん…と云うのは世を忍ぶ仮の名、誠本名を…〈ぬりた亭つくぞう〉!)が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粋な町!箱崎北新堀町

昨日は、今年の正月5日に桂小米朝師匠の会にゲストとして出させて頂いた、日本橋公会堂の中の和室で、箱崎北新堀町の懇親会がありまして、其処で一席やらせて頂きました (。・_・。)ノ

…一方、兄弟子の好楽は、国立劇場での清元の会にて『かさね』をやると云う暴挙に出ました (-_-;)

「仕事がなかったら一門の弟弟子として、俺の『かさね』を聴きに来い」…と云われてたのですがめでたく…否、あいにく仕事が入ってしまい、聴く事が出来ませんでした (≧∇≦)/ (『寝床』だねまるで)

日本橋公会堂の仕事は、『笑点』の…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

偉大なる我が師匠・円楽2

…だけども師匠は、昭和8年1月3日生まれの73歳。あの歳で、あれだけの声が出せる元気なおじいちゃんは、日本広しと云えどもそうそういません (。・_・。)ノ

私は断言します…

必ずウチの師匠は、もう一度高座に上がって見事な落語…

誰よりもばかばかしい『短命』を…

誰よりも迫力のある『たがや』を…

そしてまた誰よりも懐の深い『浜野矩随』を演ってくれる事でしょう! \(o ̄∇ ̄o)


多分… (;-_-)=3 フゥ

いや、きっと!

それを我々弟子だけでなく、お客様方が望んでいるのですから… (。・_・。)ノ

パフ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偉大なる我が師匠・円楽

御無沙汰致しておりました m(__)m

【円楽引退!】で、しばらく立ち直れなくって、ブログに手をつける事が出来ませんでした…(←さぼってただけだろう)おまけに、にんじんも喉を通りませんでした… (-_-#)


…弟子としてはやっぱり正直な処、師匠には『笑点』に出ていてもらいたいなぁ…と思います (>_<)

それは、27番弟子であり最後の弟子でもありまた…【2代目 星の王子様】と云う、イギリスに於いての〈サー〉に匹敵する称号(ホンマかいな (・_・?))を頂いた私の為にも、そして何よりも師匠自身の為にも…

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月22日 (土)

【選抜二ツ目競演会】4

呑み仲間の歌彦兄さんは『阿武松』!押し出しの良い兄さんには持ってこいの素晴らしいものでした \(o ̄∇ ̄o)

仲入りをはさんでいよいよ私…こういう時はいつもの事ですが、必要以上に緊張します (-_-#)

心配していた客席は7、8割埋まっていました。知らない顔が多かったので、自己紹介してから迷った挙げ句に『竹の水仙』。お客様の笑いに助けられました。

トリの志ら乃兄は『大工調べ』。兄さんらしく切れ味の良い啖呵でした。

歌彦兄が「こういう二ツ目同士の会っていいよね?」と仰いました、全く以て同意見です…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【選抜二ツ目競演会】3

何と云っても【NHK新人演芸大賞】の本選で〈大賞〉をかっさらわれた怨み (-_-#)がある為、負けたくありません!勿論鬼〆さんにも (>_<)

開口一番は、志らべ兄さんで『持参金』。反応を聴いてると、とてもいいお客様で一安心 (;-_-)=3 フゥ

続いて、師匠よりも年上・マッシュルームカットが素敵な台所鬼〆さん(それにしても凄い名前だ…)が、万引きを扱った不思議な新作を披露して下さったので、ずっとソデで聴いてしまいました。…普段は温厚で優しいけれど、内に秘めた闘志は凄いものがあります (≧∇≦)/

続いて我らが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【選抜二ツ目競演会】2

自分のお客さんにも宣伝して、更に今日来たお客さんには『ああ、今日はいい噺が聴けて良かった。また次回も来よう!』と思わせる落語をやって下さい。」

…と、着いて早々いきなり物凄いプレッシャーをかけられてしまいました (-_-;)

ただでさえ、二ツ目同士の会で緊張してる処へもってきて、「お客様を喜ばせる落語をやって下さい」って…

今回のメンバーは出番順に…鬼〆、歌彦〈仲入り〉王楽、志ら乃(敬称略)

鬼〆さん以外は先輩なんですが、歌彦兄さんとは年が近い事もあって負けたくないし、更に志ら乃兄さんには…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【選抜二ツ目競演会】

昨日は、〈みなと毎月落語会〉のプログラム【選抜二ツ目競演会】で一席やって参りました (。・_・。)ノ

会場は、麻布区民センター。六本木駅から徒歩6分、ロアビルを右へ曲がると…「アラ?こんな処にこんな会館が!」と思う様な処にある、落語を聴くには持ってこいの綺麗な小ホール(キャパ 258)でした。

会場に着いた途端に、立川企画の松岡社長(御存知家元の弟さん)から…

「王楽さん…此方の宣伝不足もある所為か、今日はハッキリ云ってお客さんが少ないです。今日が二ツ目の会の口開けなので、今後存続させる為にも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

久々の【BS笑点】3

いつも『BS笑点』に出させて頂く度に、司会の昇太師匠の凄さ、他のメンバーの色の出し方など、全てが勉強になります m(__)m

そして毎回自分の不甲斐なさに辟易するんですが…今回は自分の中ではまあまあ頑張れたと思ってます(←出た!自分びいき)

この模様は、今月29日の土曜、BS日テレの19時より放送されますので、是非見て下さい (。・_・。)ノ

速報!

来月14日の日曜、17時半からの1時間半、『笑点 40周年スペシャル』の中で、私が【師弟大喜利】に父親(←師匠ぢゃないじゃん…)と出ますので、お見逃しなく!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

久々の【BS笑点】2

続く小朝師匠は、いつに変わらぬソフトな語り口の中に、下ネタとブラックユーモアをふんだんにちりばめた〈爆弾まくら〉で、場内のおば様方を失禁させんばかりに笑わせてから、新作の『こうもり』に入りました。

…このお2人の落語を続けざまに聴けたお客様方は幸運すぎると思いました (>_<)(しかもタダで!)

私も満腹感に浸っている間もなく大喜利が始まりました…(仕事しろよ (-_-#))

メンバーは…玉の輔、文左衛門、愛楽、笑志、きくお(敬称略)、そして私と云う、王ジャパンも真っ青のドリームチーム \(o ̄∇ ̄o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の【BS笑点】

昨日は久々、去年の暮れ以来約4ヶ月振りに【BS笑点】の収録に行って参りました (。・_・。)ノ

今回驚きだったのは、落語のゲストお2人がすっごくビッグで豪華だったのです!それは何と…

春風亭小朝師匠と、立川志の輔師匠! Σ( ̄□ ̄;)

大喜利収録の前がお2人の落語だったので、大喜利に集中しなければいけないにも拘わらず、ついつい一ファンとなってソデでじっくり聴いてしまいました m(__)m

志の輔師匠は、自作の爆笑ネタ『買い物ぶぎ』で、お客様方を〈志の輔ワールド〉へいざなっていました! (≧∇≦)/ ハハハ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

【映画見聞記 vol.13 】3

これがまた凄く可愛いんです! \(o ̄∇ ̄o)

また、ウチの中で思い出の都々逸を歌うシーンや、蘇って(?)華麗な舞いを披露するシーンは、正に映画独特の良さを堪能させてくれます!

流石は、私のライバル・菊之助のお母様!(誰がライバルやねん… (-_-;))

他にもプリンプリンの田中章や、ちょっとだけ登場する高岡早紀も良く、キャスティングの素晴らしさが光る作品でした (。・_・。)ノ

速報!

先日放映した【ぼっちゃん5】による『RAKU-GO!』が、5月5日の深夜に再放送される事が決まりました!お見逃し無く… m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.13 】2

中井貴一さんも軽くて愛すべき演技といいノドを披露し、木村佳乃さんも明るくサッパリとした役柄にピタリとはまってました (>_<)

しかし何と云っても、富司純子さん!

おすぎさんも書いてましたが、オープニングで長門さん演じる橋鶴が、「“そそ”が見たい」と云うと、その傍らに立っていたおかみさん役の富司さんが、嬉しそうに照れるのですが、これが実に可愛いんです! (≧∇≦)/ (“そそ”は観ればわかります…)

更にその後、橋鶴の弟子たちが、「でも若いのじゃないとなぁ…」と云うと一変してむくれるのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol.13 】

昨日は、大変前評判の良い映画『寝ずの番』を観てきました。

これは、中島らもさんが上方落語界の人間模様をお通夜を通して書いた原作を、名優・津川雅彦さんが〈マキノ雅彦〉として初監督された作品です (。・_・。)ノ

一言で云うと、中身がリアル。と云うのは、噺家が観ても全く嘘っぽさを感じさせない見事な作り。

また劇中で、長門裕之さんが『地獄八景』を、笹野高史さんが『愛宕山』をそれぞれ〈さわり〉を演ってみせるのだが、これが上手いんです Σ( ̄□ ̄;) (指導にあたったのは、桂吉弥兄さん!…うーん、納得)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月16日 (日)

ディスカバーまかべ2

その復元工事の竣工に伴い、何か企画を!…ってんで晴れて落語が選ばれまして、おかみさんの弟さんから若竹カンパニー(師匠の事務所)、そこから私に話が来たのです m(__)m

曇天模様にも拘わらず、入りきらない程のお客様がいらっしゃって下さり、大変気分を良くした私は十八番の『平林』(やな十八番だ…) おば様が多いので、ゲラゲラ笑って下さいました。

休憩をはさんで2席目は『不動坊』、引き続き〈ゲラの嵐〉で恐縮でした (-_-;)

落語のやりやすいよね子様宅にまた呼んで頂ける事を願って…裾野を広げなくっちゃ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ディスカバーまかべ

今日は、師匠円楽のおかみさんの故郷である、茨城県桜川市の真壁町で落語を2席やって参りました (。・_・。)ノ

頂いた資料を新幹線の中で見てみると、会場が何と【小田部よね子様宅】となっていて吃驚! 更には…「建物の大きさからみて約100人を予定してます」とあってまた吃驚! Σ( ̄□ ̄;)

何でもこの会場は、約150年前の建築物で、嵐で倒壊したのを壊すのは勿体無いと、復元工事をしたらしいのです。

着いて会場を見渡してみると、たしかに立派な柱や梁なので、成る程壊しては勿体無いと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【復活!立川藤志楼】3

桃太郎師匠が、いつに変わらぬ爆笑トークを展開(ひょっとしたら高座よりも喋っていたかも知れません…)

すっかりご機嫌になった高田先生は、昇太師匠、柳好師匠、私を連れてもう一軒。

ほろ酔いになられた先生は、ビバリー昼ズ同様矢継ぎ早に笑いを振り撒きながらも、今後の落語界の事を熱く語って下さいました m(__)m

最後に高田先生ポツリと一言…

「亡くなった右朝が喜んでくれるかな?」

思わず目頭が熱くなりました…。

先生、お疲れ様でした!今後とも宜しくお願いしマッスル(←茶魔語) (≧∇≦)/ ハハハ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【復活!立川藤志楼】2

〆さばアタル・ヒカルさんの漫才でした。

それから円雀師匠、昇太師匠、東京ボーイズ先生と続いて、いよいよ藤志楼師匠!

「『道具屋』をやろうと思ったらもう出てました。でもオレの『道具屋』は違うから…」とエクスキューズして笑わせながら本題に入ると、時事ネタだらけのカミソリの様に鋭い『道具屋』で、改めて感嘆させられました (;-_-)=3 フゥ

トリは桃太郎師匠の『結婚相談所』で、お客様を爆笑の渦に巻き込みました。

終演後、高田先生、桃太郎師匠、昇太師匠、柳好師匠たちと打ち上げで呑み始めると…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【復活!立川藤志楼】

一昨日は、日頃からお世話になっております〈あの〉高田文夫先生が【立川藤志楼】として、実に10年振りに高座復帰している〈新宿末廣亭〉へ行って参りました! \(o ̄∇ ̄o)

あの忙しい先生が何と…この中席の10日間に出演されると云う誠にビッグな企画なんです Σ( ̄□ ̄;)

この中席、上野鈴本では三枝師匠がトリをとり、浅草では新真打の方々の披露目で、新宿がこの藤志楼復活…

各地で寄席が盛り上がる事は、落語界にとって大変嬉しい事です (。・_・。)ノ

伺うと丁度仲入り後で、ビートたけしさんのお弟子さんの…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

【233落語ナイト】

昨日は、世田谷の【233落語ナイト】で一席やって参りました。

毎月やっている二ツ目の会で、2人が30分ずつやるんですが、何と開演時間が20時半で、15名限定!

今回で出させて頂くのが3回目でして、芸協の里光兄さんと一緒でした (。・_・。)ノ

先ず兄さんが始めに上がって下さり、上方ネタの『手水廻し』を披露してくれました。

続く私も、元を正せば上方ネタの『不動坊』。

…やったはいいんですが、アクションあるわ会場暑いわで、後半汗ダラダラで動くたんびに飛び散ってました (-_-;)

汗かかない稽古をせんと…?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

【桂三枝初お目見え】2

『親子酒』!相変わらず爆笑させていました (≧∇≦)/ ハハハ

小菊師匠の小粋な俗曲をはさんで、正蔵師匠が何と、三枝師匠作『読書の時間』でお仲入り。

休憩後(くいつき)は、たい平師匠の『七段目』。あっという間に〈たい平色〉に染めてしまうのが凄い!

お後木久蔵師匠が、得意の漫談で爆笑させると、正楽師匠は正に〈かみ技〉で魅了し、トリは待ってました桂三枝! \(o ̄∇ ̄o)

登場するとやんやの喝采、自作の『背なで老いてる唐獅子牡丹』を披露して下さいました。

こんな番組ならばお客様大満足でしょう (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【桂三枝初お目見え】

昨日から、今をときめく上方落語協会々長・桂三枝師匠が、何と東京は上野の鈴本演芸場で、10日間トリを勤めるので、その初日に顔を出して参りました \(o ̄∇ ̄o)

メンバーも、木久蔵、小朝、正蔵、歌武蔵、花緑、たい平各師匠と大変豪華なので、前売り券は当たり前ながら即完売。

トップは、我等がきくお兄さんで『新聞記事』。歌武蔵師匠が十八番の『支度部屋外伝』。お後、仙三郎社中の太神楽をソデでじっと見ていたら「ああ、寄席っていいなぁ…」と、つくづく感じました (。・_・。)ノ

花緑師匠が『初天神』、小朝師匠が…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月11日 (火)

【林家きくお独演会】2

周りの人達を緊張させない気遣いは流石(以前兄さんは「緊張するのが嫌だから緊張しない事にしてる」と云う支離滅裂な名言を吐いてました…)

トップのたこ平くん『転失気』、不可思議なフラがある。お後兄さんが、何と円楽直伝の『大師の杵』!自分色に染まった大変面白いものでした。

続くひろ木くんは新作『幸せの指南書』と津軽三味線!人柄のにじみ出る彼の高座は、観客を幸せな空気に包みます。

トリで兄さんは『錦の袈裟』。水を得た魚の様に語ってました。

先輩の頑張る姿を見たので、来週から稽古します!(来週かよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【林家きくお独演会】

昨日は、私が敬愛してやまない林家きくお兄さんの独演会に行って参りました \(o ̄∇ ̄o)

会場は、原宿のアコスタディオ。前座時代に、当時こぶ平だった正蔵師匠、きくお兄と【落語強化合宿】と云う会をやって以来、実に2年振りに訪れました。小朝師匠に云われ、『明烏』をネタおろしした会場でしたので、思い入れ深く、また懐かしかったです (。・_・。)ノ

そんなアコスタディオで兄さんは今、毎月2席ネタおろしの独演会をやっておられるのです (-_-;)

楽屋を訪ねると、ネタおろしをする人間とは思えぬ程のリラックスぶり (>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

『RAKU−GO!』の反響…2

緊張してたとです (-_-;)

更に…

「若干のいっぱいいっぱいが面白かったよ♪」

なんてのもありましたが、「人をおちょくるのもいい加減にしろ! (;¬_¬)」と怒鳴ってやりたい。

若干どころか、溺れそうなくらいにアップアップだったわい (。・_・。)ノ

また中には…

「不気味な女装でオエーでした (>_<)」

オイラを生んでくれた両親に土下座して謝れ!

(;-_-)=3 フゥ…少々取り乱してしまいましたが、ともかくも見て下さり有難う御座いました m(__)m

果たしてこの番組、レギュラー化されるのであろうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『RAKU−GO!』の反響…

8日(土)の夜中にやっとの事で、我々東西二世五人会【ぼっちゃん5】による番組…『新感覚伝統芸能バラエティー RAKU-GO!』が、天下のNHK総合にて放映されました。

前日、友人知人に目一杯メールで宣伝した所為か、有り難いことに沢山の「面白かった! (≧∇≦)/ ハハハ 」と云うメールを返して頂きました m(__)m

頂いたメールの中には私の批評も混ざっていて…

「出だしはかなり緊張してたでしょ (・_・?)」

とのお言葉を賜りましたが馬鹿にしちゃあいけません。

出だしところか全編、凍てついた氷の様にガッチガチに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

【ざま昼席落語会】2

まず開口一番は、らくB兄さんの『看板のピン』で、お後が私だったんですが…

何しろ今回が第99回目ですから、あらゆるネタが出尽くされてるんです (-_-;)

ネタ帳めくりながら出てないネタを探してからいざ高座に上がって『しびん』をやりました \(o ̄∇ ̄o)ハーイ

続く好二郎兄さんの『町内の若い衆』でお仲入り。

休憩後の私は、これまた出てない『兵庫船』。トリで兄さんはビシッと『花筏』 (。・_・。)ノ

好二郎兄さんとの〈ふたり会〉は、矢張り気合いが入ります。手強いライバルに負けない様、稽古を積まなきゃ!です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ざま昼席落語会】

昨日は【ざま昼席落語会】で、好二郎兄さんと2席ずつやって参りました \(o ̄∇ ̄o)

私と好二郎兄さんは前座時分、この落語会のレギュラー前座を勤めさせて頂いてたんです。ですから我々は〈座間チルドレン〉だったのです (>_<)

私は、会場である〈ハーモニーホール座間〉に着いた瞬間、ふるさとに帰った時と同じ様な心持ちが致しました(ふるさと無いけど…)

ただこの会のお陰で、色々な師匠方とお知り合いになる事が出来たので、今の自分があるのも【ざま昼席落語会】のお陰と云っても過言ではありません m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

宣伝! (≧∇≦)/

アーベントのスタッフの皆様、5日間お疲れ様でした m(__)m

ちなみに来月も楽日の4日(木)に入らせて頂きます(来月は4日間)ので、是非御来場下さいませ (。・_・。)ノ

あ!

今日8日(土)NHK総合にて深夜24:15〜24:44、【ぼっちゃん5】によるバラエティー番組、その名も…

『RAKU−GO!』

と云う番組を放映します。くどい様ですが評判と視聴率次第では、レギュラー番組!になるそうなので、是非御覧下さいませ 〜( ̄▽ ̄〜)

尚、お出掛けになられる方は視聴率稼ぎの為に〈つけっ放し〉にしてお出掛け下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【銀座らくごアーベント】4

『祇園会』は、まだ自分の中では比較的口慣れた噺だったので良かったですが…

「あ!最近やってないからアレやってみよっかな♪ \(o ̄∇ ̄o)」

…なんて軽い気持ちでやってたら、間違いなく撃沈していた事でしょう。

お後の師匠方のネタは…

市馬『ふだんの袴』 楽太郎『ずっこけ』 小遊三『鮑のし』 談春『蒟蒻問答』 (敬称略)

自分が終わった後に師匠方のお噺を聴いていると、つくづくキャリアの差を感じずにはいられませんでした…

と同時に、とてもいい緊張感を味わえて心より嬉しく思います m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【銀座らくごアーベント】3

いると中には、堀井憲一郎さんや福田和也さんの姿も目に映って、緊張感はMAXに達しました Σ( ̄□ ̄;)

マクラをふりながら…客層は落語通のお客様と余り落語に馴染みのないお客様とが入り混じっていた様に思われます。しかしとてもお上品なお客様でした。

自己紹介をしながら「何にしようか?」と迷った挙げ句『祇園会』に入りました (。・_・。)ノ

入った時には「お客様達聴いてくれてるのかしら?」と思いましたが、お囃子の部分で中手が入った時に、サゲ間際と云う事もあってエラくホッとしました (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【銀座らくごアーベント】2

3日(月)が初日でしたから、今日7日(金)は5日目で楽日。

メンバーは出番順に…王楽、市馬、楽太郎〈仲入り〉小遊三、談春(敬称略)

不思議な事に、今日だけ東京4派の噺家が揃ってました。こんなメンバーと一緒にやらせて頂ける事を、つくづく幸せに思います。

…が反面、高座に上がる直前は必要以上に緊張しました (-_-;)

覚悟を決めて上がると更に緊張 (>_<)

60名しか入らない空間だから否応なしに、お客様の顔が見えるんです!

知ってる人も何人かいて「この人よくチケット取れたなぁ…」などと思いながら喋って

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【銀座らくごアーベント】

ちょっぴりハートブレイクした私は、ぶらぶらしながら時間をつぶした後、いざ【銀座らくごアーベント】の会場〈東京銀座資生堂ビル〉へ! (≧∇≦)/

【銀座らくごアーベント】は、毎月第1週の月曜から金曜の5日間、限定60名の新しく銀座に出来た寄席(?)で、とにかく出るメンバーが凄い! (>_<)

今月は初回と云う事もあって〈六人の会〉の皆さんをはじめとして、東京4派と上方の人気者が集まりました (。・_・。)ノ

そんなメンバーで限定60名×5日間ですからチケット300枚は、2分で完売したそうです… (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【お江戸寄席】

昨日は、昼間は日本橋亭の【お江戸寄席】で一席やって参りました。

何でもお客様方は、朝の10時から〈散歩ラリー〉と称して、2時間半東京(お江戸)を歩き回った後、寄席に着いてからお弁当を食べて、それから落語を聴きに来たそうです…。

…勘のいい方はもうおわかりかと思いますが、〈朝早く起きて歩き疲れた人々が弁当食べてお腹いっぱい、そこへ持ってきて開演時間は13時半〉…半分以上のお客様が(-_-)zzzでした。

そんな中で私は『高砂や』を淡々とやって参りました… (;-_-)=3 フゥ

皆さんとっても幸せそうな顔でした…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

【鳳志の会】

昨日は、一門の兄弟子・鳳志兄さんの会のゲストで出させて頂きました。

鳳志兄は私の1歳上でキャリアも丁度1年先輩なので、前座時分から仲良くさせてもらい、その頃は2人で【鳳王の会】なんて名前だけは大層立派な勉強会を、3ヶ月に1回やってました。

番組は〈対談〉で始まりましたが、私の嫌な予感が幸か不幸か的中して、ぐずぐずに終わりました (。・_・。)ノ

かっ好くんが『初天神』、お後ゲストの私は『竹の水仙』。

兄さんは『締め込み』と『長屋の花見』。ネタおろしの前者、中々良かったです。

明日はアーベント!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

【談幸の二ツ目チェック】3

今回の【二ツ目チェック】も、前回のぜん馬師匠同様に他派の談幸師匠だった訳ですが、これまた有り難い事に前回同様、最初から最後までわざわざ聴いて下さいました…。

ベテランの先輩に聴いて頂く事は、楽屋も高座も大変良い緊張感に包まれます (>_<)

談幸師匠、本当に有難う御座いました m(__)m

ちなみに一昨日は、池袋演芸場の【4月革命】を勉強しに行きました。

仲入り後は3人で90分。白鳥師匠『お見立て』、市馬師匠『花見小僧』、トリの歌武蔵師匠は新作『だるま』。

自分の力不足を感じた夜でした (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【談幸の二ツ目チェック】2

何と云っても講釈部分!

『やかん』を演る時同様、「絶句しませんように… (-_-;)」と念じながら高座に上がると…

全く別の部分でとちってしまいました Σ( ̄□ ̄;)

稽古せなあかん… つくづく感じました (;-_-)=3 フゥ

ニックスさんの漫才の後はいよいよ…

我等一門の最終兵器、〈ジョニー〉こと上楽兄さん!

ネタは何と…私のリクエストに応えてくれて『妾馬』を初演してくれました \(o ̄∇ ̄o)

正直「アララ (・_・?)」な部分もありましたが、今後兄さんの得意ネタになりそうな予感がしました (≧∇≦)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【談幸の二ツ目チェック】

昨日は、もうすっかり恒例になりましたベテランの師匠方に見て頂く【二ツ目チェック】で、今回は立川談幸師匠がゲストでした。

出番は順に…好二郎、志遊、隆司、楽花生、談幸〈仲入り〉王楽、ニックス、上楽(敬称略)でした (。・_・。)ノ

トップの好二郎兄さんは『饅頭怖い』、志遊兄さんは『金明竹』、マギー隆司先生をはさんで、楽花生兄さんが『片棒』。

談幸師匠はさらっと『元犬』でお仲入り。

くいつき(仲入り後の出番の事)で私が『兵庫船』だったのですが…

知ってる方は知ってると思いますがこの噺で肝心なのは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

久方振りに両国は…晴れました!

昨日は、両国寄席の3日目で【好楽・円橘 宿命の対決】と云う番組でした (。・_・。)ノ

出番は順に、王楽、道楽、燕路、好二郎、円橘〈仲入り〉全楽、久美、好楽(敬称略)

私が上がる早い時間から、沢山のお客様に御来場頂きました m(__)m

しかも見ると、何故か若い女性ばかり! 〜( ̄▽ ̄〜)

「よーしやるぞ! (≧∇≦)/ 」と、やる気の出た私は『新聞記事』(←またかい)

大変陽気で素直なお客様方だったので、やりやすかったです (。・_・。)ノ

〈宿命の対決〉は…円橘師匠『茶の湯』、好楽『ふだんの袴』でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

【信行寺寄席】

昨日は、年4回やっている【信行寺寄席】でした。信行寺は練馬のお寺さんで、落語会は昨日が29回目。

毎回好楽がレギュラーで入り3人でやってましたが、前回から4人になりました。

昨日のメンバーは、好楽、私、かっ好くん、そして落語協会の賞獲り男・間もなく真打ちの古今亭菊朗兄さん!

かっ好くんが『孝行糖』、お後の菊朗兄さんが鮮やかに『お見立て』!…私とかっ好くんは後ろでじっくり勉強させて頂きました m(__)m

仲入り後は私が『新聞記事』、好楽が『浮世床』

…菊朗兄以外みんな前座ネタでした (。・_・。)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まどか保育園3

ほうほうの体で目的地に着いて、早速会場を見させてもらってまた驚き…

みーんな女性…

ご住職から頂いたお仕事でしたから、てっきりお坊さんの集まりかと思っていたら…そのご住職が副園長をされている保育園の送別会だったのです。

無論若い女性も多かったので嬉しい誤算!(←不謹慎)俄然やる気の出た2人は、約束の持ち時間を10分以上オーバーしました \(o ̄∇ ̄o)

終演後は保母さん達とカラオケ大会♪ ひろ木くんは、十八番中の十九番『ズンドコ節』を歌って大はしゃぎ!

こんなお仕事が週に9回は欲しいです…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まどか保育園2

気を取り直して昭島駅から歩いていると、スポーツセンター内の駐車場を通れば近道が出来そうだったので、入ってずんずん進むと…

行き止まり (-_-;)

袋小路で「引き返そうかな?」と後ろを振り返ってみると、出口が物凄く遠い…目の前に目的地が見えているのにぐやぢい〜 (>_<)

…我々2人は意を決して、大きな荷物を背負いながら、自分達の背丈よりも数段高いフェンスを乗り越えました! 

自分が『大脱走』のスティーブマックイーンの様に…思える筈も無く、不格好に跨ぐ2人の姿はどうひいき目に見ても泥棒でした…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まどか保育園

池袋での余一会を終えた夜は、以前酒席でお会いしたご住職からお声を掛けて頂き、林家ひろ木くんと一緒に立川まで行って参りました。

…が、立川駅の北口を出てから行けども行けども目的地に到着しません (・_・?)

改めて地図を見て驚きました。地図にある線路の部分を見るとはじっこに何と…

【至立川】

となってるではありませんか!

「…では我々が行くべき処は何処かいな?」と、真ん中の駅の部分を見ると…

【昭島駅】 (-_-#)

落語界が生んだ今世紀最大の【勘違いブラザーズ】は、優雅に慌てて一路昭島へ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

【好楽一門会】3

…とまあ、無事に一門会は終演しました。昼日中からお越し下さいましたお客様方に、心より御礼申し上げます m(__)m

私はこれで都内4軒ある寄席の内、3軒上がらせて頂きました。

前座の頃に新宿末広亭の余一会(当時前座だった私は〈紋付き袴〉と云う出で立ちで、しかも仲入り後の登場でした (;-_-)=3 フゥ)、昨夏は鈴本演芸場の余一会(円楽党の人間が上がったのは、師匠以来およそ20年振り)、そして昨日の池袋。

…ですから残すところ、浅草演芸ホールだけ!

「是非お声を掛けて頂きたいな…」と心より思う今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【好楽一門会】2

そして総領弟子の好太郎師匠による『宿屋の富』でお仲入り。

休憩後、自称〈ゲスト〉の私が久方振りの『片棒』。

普段上がる事の出来ない池袋演芸場。演者側としては、とてもやりやすい高座でした!

続く本物のゲスト・ロケット団さんによる漫才。いつに変わらぬ、スピーディーで楽しい漫才でした m(__)m

トリの好楽は、久方振りの池袋演芸場出演 \(o ̄∇ ̄o)

自分が入門する直前に毎日通って、トリの古今亭志ん朝師匠が10日間ネタを替えてくれた思い出を話す姿は、何だかとても嬉しそうでした…。

ネタは『三年目』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【好楽一門会】

昨日は、池袋演芸場の余一会【好楽一門会】でした \(o ̄∇ ̄o)

何度も云うようですが、私は〈円楽〉の27番弟子なので厳密に云うと、父・好楽の弟子ではないのです。ですから云ってみれば…

ゲスト出演 (。・_・。)ノ

と云っても決して過言ではありません (≧∇≦)/ (冷静に考えると過言でした)

平日の昼間にも拘わらず、大入りの盛況で楽屋一同気も狂わんばかりに大喜び!

開口一番かっ好くんで『饅頭怖い』、好二郎兄は『堀の内』。お後はこれまた好楽一門でない我等が〈ジョニー〉こと、上楽兄さんで『鼻ほしい』…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »