« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

箱根へGO!

お客様の笑い声に助けられました ヽ(´▽`)/

高座が終わった後、すぐに作家の中村さんと一緒に箱根湯本に温泉ロケへ。

先に行ってらっしゃるいっ平兄さん、春菜兄さん、きくお兄さんと合流しまして後程、司会役の桂竹丸師匠もいらっしゃいまして、早速撮影開始。

オンエアしないものらしいのですが、綺麗な芸者さんを交えてクイズをやったり、古今東西で卓球をやったりと、竹丸師匠の気さくなお人柄のお陰で、皆さんととても楽しい空間でした。

こういう収録は、色々と得るものが多いです。

明日もロケを頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【好楽一門会】

今日の昼間は、3ヶ月に一回の【好楽一門会】でした。

好楽、そして好太郎師匠、好二郎兄さんと、厳密に云えば一門でない私の4人で、ネタを出しトリを交代していくスタイルです。

今回は、好太郎師匠がトップで『堀の内』、私が『三枚起請』。仲入り後、好楽が『水屋の富』、トリが好二郎兄さんで『蒟蒻問答』。

平日の、しかも月曜日の昼間と云う悪条件にも拘わらず、50人近いお客様がお出で下さいました! 心より御礼申し上げます m(__)m

久方振りの『三枚起請』に、やってる最中も冷や汗ダラダラ…いつもの事ながら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

【映画見聞記 vol. 5】 2

正月2弾で始まったこの作品が、まさかのヒット(…私の中では)

宣伝ポスターはB級の香りがするし、個人的には好きだが今更ジョディで興収は望めないだろうと思っていたのだが…反省

改めて「今の世の中どんな映画が入るかわからない…」と胸に秘めいざフライト 〜( ̄▽ ̄〜)

序盤、子供が消えてパニクるジョディの姿にイライラしっ放し (-_-#) だが、犯人がわかった瞬間に心の中で「ジョディ、本当にごめん…」と手を合わせました(僕ってバカ?)

時間も短くテンポ良いアクション。しかしあのアラブ人はいい迷惑だ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol. 5】 

昨日は、年に4回ほどやらせて頂いている練馬の信行寺寄席へ行って参り、昨日で28回目でした。

番組は出番順に、かっ好くん、道楽師匠、仲入りをはさみ、私、好楽でお開き。私はこれまた久々に『しびん』。終わった後有り難いことに、父親からご指南うけました (;-_-)=3 フゥ

さて、今日は気分転換に映画を観てきました (。・_・。)ノ(←気分転換してばっかり)

本日の作品は、やっとのことでジョディフォスター主演の『フライトプラン』。

お正月の目玉だった『キングコング』や『SAYURI』がイマイチな成績で終わった中、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第2回 にぎわい道場】 3

この噺はウチの師匠…三遊亭円楽の十八番中の十八番なので、中途半端に演ることは許されません。

最善を尽くしましたが…(←お前は医者か?)当然のことながら、円楽の足元にも及びません (>_<)

それでも皆様方、大変暖かい反応を示して下さいました。

改めて我々噺家と云う商売は、どんな中でもお出で下さるお客様が第一だなぁ…と痛感させられました。本当に有難う御座います m(__)m

次回の第3回は、6/23(金)。また大勢様にお集まり頂くことを祈念して… お休みなさい (・_*)

…果たしてネタが持つかどうか (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第2回 にぎわい道場】 2

何十回と上がらせて頂いているが、嫌な反応を受けたことはいっぺんもありません。

横浜にぎわい座をはじめ、神奈川のお客様は総じてとても素晴らしいです (。・_・。)ノ

昨日もお客様に助けられました m(__)m

お後がかっ好くんの『浮世床』。「兄さんが着替えるまで…」とつないでいる様で受けさせる。不器用なボクには考えられまへん (-_-;)

そして私が久々に『しの字嫌い』。いつも通り

「【し】を云わなくて良かった…」と一安心! ヽ(´▽`)/

トリは『浜野矩随』。皆様辛抱強く聴いて下さいました (;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【第2回 にぎわい道場】 

24日は、横浜にぎわい座のげシャーレにて【第2回 王楽のにぎわい道場】でした。

そしてまた昨日も皆様の御期待を裏切らずに…

雨でした (-_-;) (待ってました雨男 (≧∇≦)/ ハハハ)

…にも拘わらず、141席お陰様で

完売御礼 \(o ̄∇ ̄o) となりました!

これもひとえに、自分の伸びていく力の結果…ではありませんで、お客様方のおかげと存じております m(__)m

開口一番は私。スーパーユニット(?)【ぼっちゃん5】の宣伝をしてから『高砂や』。

…ハッキリ云って私は、前座の頃からにぎわい座の高座に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

【映画見聞記 vol. 4】 3

(偶然にも昨日観た『ウォークザライン』もTボーンでした!)

モンタナ州ビュートの寂れた街並みの映し方は、エドワードホッパーの絵を見るようだった。

キャスト良し、音楽良し、撮影良し。何よりも主演サムシェパードによる脚本が素晴らしい。根気よく作られている。

ティムロス演じる私立探偵が、荒野でスーツ姿でひげを剃るシーンが印象的。

今日もいい映画を観ることが出来て幸せです ヽ(´▽`)/

では、お休みなさい…

ていうか落語の稽古しろ (-_-#)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【映画見聞記 vol. 4】 2

仕方がないので、両方の鼻の穴にティッシュを詰め込んで、息苦しい故、ハァハァ云いながら鑑賞しました…(隣に人が座っていたらさぞ気味悪がられたであろう (;-_-)=3 フゥ)

映画の方は、主演のサムシェパードが、これまたアレクサンダーペイン『アバウトシュミット』のジャックニコルソンに勝るとも劣らないダメ男を、気合い充分で演じている。

ジェシカラングも気丈な女を見事体現し、サラポーリー、エヴァマリーセイントと云った三世代の女性陣が実にいい (-_☆)キラリ

相変わらず音楽が良く、担当はTボーンバーネット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol. 4】 

今日は、明日が横浜にぎわい座のげシャーレでの独演会【第2回 王楽のにぎわい道場】なので、精神集中の為に映画を観てきました(なんでやねん)

ヴィムヴェンダースの新作『アメリカ、家族のいる風景』をシネスイッチ銀座へ。

もう20年以上も前の名作『パリ、テキサス』以来、手を組んでいなかったヴィムとサムシェパードによる新作ですから、期待せずにはいられません (≧∇≦)/

開演ギリギリに映画館に飛び込むと、もう既に花粉が飛びまくっているらしく、鼻水がこれでもかと云わんばかりにジュルジュル出てくるんです!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

【映画見聞記 vol. 3】 5

男と男の友情物語…の様な感を受けるのだが、逆にそれが清々しい。

クライマックスで、ジョニーキャッシュがヤク中になって人気が凋落した頃、自分の家に愛するジューン(リース)の家族を招き其処で悲劇が起きて、ジューンが帰ろうとするのだが、彼女の母が…

「お前までジョニーを見捨てるのかい?」

と云ってジューンが看病を始め、見事ジョニーがカムバックする…

他人に救われるその幸せ…その人間同士の付き合いに、説得力ある演技が備わるから感動してしまう。

刑務所の中でのライブシーンも見応えあり。必見です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol. 3】4

恋人(友人?)役を、我等がリースウィザースプーン \(o ̄∇ ̄o)

私は昨年、アレクサンダーペインの秀作『ハイスクール白書』を観て以来、彼女の才能に驚いています(『キューティーブロンド』の時はさほどに思わなんだが)

今回も彼女が素晴らしい。何と云っても表情のボキャブラリーが豊かだ。おへらさん顔の彼女がとても魅力的に感じる。

劇中で2人が歌っているのだが、吹き替え無しでこれまた凄い。特訓したそうだが、これが見事に実っている 〜( ̄▽ ̄〜)

そんな主役2人による愛の物語…と云うよりかは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol. 3】3

有楽町駅近くのチケット屋へ行き、買おうとすると店員さんが…

「今日は水曜日なので、テアトルは男女問わず1000円ですよ?」

またもΣ( ̄□ ̄;)

東銀座→京橋→有楽町→京橋を行ったり来たり…

「今日日本で一番歩いたのは私ぢゃないかしら?」…と云うのは大袈裟ですがともかくもまた京橋のテアトルへ (;-_-)=3 フゥ

『ウォークザライン』は、50年代に人気を博した伝説的な歌手ジョニーキャッシュの物語。

そのジョニーを演じるのがホアキンフェニックスで、兄貴を早くから亡くしてしまう役柄は、実生活と同じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol. 3】2

と、観る気満々ではありませんか!

お立見でも観たがらせてしまう玉三郎さんと菊之助さん…特に菊之助さんは私と同い年なので、ライバルと云っても過言ではありま…すが、同じ古典芸能の人間として少なからずも嫉妬を覚えます (-_☆)キラリ

残念ながら歌舞伎座をあとにして有楽町の駅まで歩きますが、「折角此処まで来たんだから…」と映画を観ようとテアトルシネマで先週封切りの『ウォークザライン』を観に京橋までやって参りました…が、

「あ!前売り券を買わなきゃ!」

と、時間もあったのでまた有楽町まで戻りましたが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol. 3】

今日は今大変評判な、玉三郎さんと菊之助さんによる『京鹿子娘二人道成寺』宇野信夫作『小判一両』を観ようと歌舞伎座へ行ったのだが、始まる1時間前にも拘わらず長蛇の列が出来ているぢゃありませんか!

更に吃驚させられたのが係員の一言…

「只今お並びになられてる方は恐れ入りますが【お立見】にてのご観劇となりますのでご了承下さいませ!」

Σ( ̄□ ̄;)

世の中にこれ程の〈ご了承〉があってもいいのでしょうか?

私はそそくさと列から外れたのですが、ほかの方々(主に女性)は 「折角此処まで来たからねぇ…」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

志の輔らくご3

たっぷり1時間の熱演でお客様は勿論のこと、舞台ソデもじっくり聞き入ってしまいました…。

1つ気付いたのは、師匠の落語は、描写が物凄くクリアーなのでわかりやすい。笑い処泣き処がはっきりしている。改めて落語は、わかりやすさが大事と思い知らされました。

終演後の打ち上げで、落語の話を熱っぽく語って下さり、「本当に落語が好きなんだなぁ…」と感じ、帰り道に一緒にいた好二郎兄さんと共に「いい話を聞きましたね♪」と大満足でした。

志の輔師匠、お疲れ様でした! これからもガッテンして下さい \(o ̄∇ ̄o)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志の輔らくご2

数段落ち着いている (-_-;)

落語は『金明竹』。本題に入っても見事な落ち着きっぷり、くすぐりを云った後にしっかり間を取っている…さすがイエール大 (# ̄3 ̄)

私も頑張らねば…と思っておあとは志の輔師匠。トリノや数日前に行われた落研の大会の事を30分ほどまくらでふるが、大会に出ていた学生たちの話を事細かに描いてとても面白い (≧∇≦)/  ネタは『短命』で、いつもながらネタの入り方がお見事。

今、家元が心酔している松元ヒロ先生のパントマイムをはさんで、トリは一足早く春を感じさせる『百年目』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志の輔らくご

昨日は、毎月21日明治安田生命ホールにてやっている志の輔師匠の独演会に行って参りました。

お正月のパルコ1ヶ月公演が終わったばかりでお疲れであろうに、早速の独演会…定例とは云いながら誠に恐れ入ります m(__)m

開口一番は3番弟子の志の春さん。何とこの方は、ブッシュ大統領と同じイエール大!を卒業され、三井物産に就職された後、クルリ方向転換あそばされ、噺家になられたと云う強者なんです (。・_・。)ノ

まくらで、同級生がトリノに出てる事をふって落ち着いた笑いをとる。

…ハッキリ云って私の前座時分よりも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

そういや一昨日…2

惜しいっ! (>_<)

129回中、50回ならぬ、60回だったのです!(特別編含む)

「まぁいいや、あとで朝日の方に報告しよう♪」と開演。

私が『がまの油』好楽が『紙屑屋』(←ちなみに第1回も紙屑屋でした)

仲入り後は、堺すすむ先生とケーシー先生の爆笑コンビ。この先生方の時は何度聞いても笑ってしまうので、いつも一ファンとして舞台そでで大爆笑 (≧∇≦)/ ハハハ

終演後、60回出ていた事を伝えると…

「60回ですかぁ!毎度ご出演有難う御座います。では、100回の時に何かやりましょう!」

…遠い (-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういや一昨日…

19日の日曜日、いつもお馴染みの【朝日さわやか寄席】に行って参りました。

メンバーは、ウチの親子、堺すすむ先生、そして一週間前も八戸でご一緒させて頂いたケーシー高峰先生!(大ファンです ヽ(´▽`)/)

開演前に我らが星企画の千葉さん(通称…美人のふゆっぺ)が、平成4年から続いているさわやか寄席のネタ帳を見ながら…

「好楽師匠が一番出てるみたいですねぇ…」

アラ!

それでは数えてみて、もし50回ちょうどなどであれば、朝日の方に申告して祝ってもらいましょう!

と勝手に思って数えはじめてみると…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

林家きくお結婚披露宴3

「ウマい!」

と叫びながら、大きく拍手してくれる人がいるではありませんか 〜( ̄▽ ̄〜)

「有り難いなぁ…」としみじみ思ってヒョイっとその方を見てみると…

親ばかな父親の姿が其処にありました (-_-;)

本当に楽しい披露宴でしたが一番嬉しかったのは会場に何と、私が子供の頃から愛する漫画家・藤子不二雄A先生にご挨拶出来た事です。

とても楽しい場に立ち会わせて頂きましたが、最も感動したのは記者会見の折に木久蔵師匠がひと言

「あんなに小さかった子がこんな大きくなって…」

目頭が熱くなりました…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

林家きくお結婚披露宴2

それは春々堂の小林さんからの電話で唐突に…

「小朝から聞いてると思いますが…」

(。・_・。)ノ??????

「…何をです?」

「明日の披露宴で大喜利をやるそうです」

Σ( ̄□ ̄;)

さぁ大変…

ただでさえビビり屋のボクが、苦手な大喜利を、それも同業の大先輩方(圓蔵、木久蔵、楽太郎各師匠ら)が居並ぶ前で…

メンバーは、司会が小朝師匠、そして解答者が、玉の輔兄、いっ平兄、ひろ木くん、そして私…

父親の前でやる大喜利はさながら授業参観の様でした (# ̄3 ̄)

はじまると、私が答える度に…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

林家きくお結婚披露宴

昨日は、私が最も敬愛して止まない人物のひとり

林家きくお兄さんの【結婚披露宴】でした (≧∇≦)/

奥様は由希恵さんといって私と同い年。何と云っても羨ましいのは、物凄く美人なんです \(o ̄∇ ̄o)ハーイ

「結婚するなら、ああいう方がいいなぁ…」と、しみじみ思いました。

私のテーブルは、小米朝師匠はじめ勢朝、玉の輔、たい平各師匠のいる芸人テーブルで大変うるさ…賑やかでした (;-_-)=3 フゥ

ただ私は、イマイチこの幸せでウキウキした空間に没頭出来ませんでした…と云うのも昨日の夕方に一本の電話が入り…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

嗚呼、麗しの【橋場公会堂】3

暖かいお客様に助けられました (。・_・。)ノ

トリの志遊兄さんは『妾馬』。兄さんの見事な熱演で、お客様は泣き笑い ヽ(´▽`)/

私もかっ好くんも、おいなりさんを頬張りながら、兄さんの噺をぢっくり堪能させて頂きました m(__)m

終演後、いつも近くの美味しい中華料理屋【大三楼】にて打ち上げ。

打ち上げでの【橋場マダム】の方々の圧倒的なエネルギーに、いつも我々噺家は英気を失われ…いや、養われております (;-_-)=3 フゥ

また次に橋場公会堂に来るまでに、大地震(震度2以上)が無い事を願って…

お休みなさい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嗚呼、麗しの【橋場公会堂】2

冬場に行くと、会場のど真ん中に、大きな火鉢が置いてあるんです! Σ( ̄□ ̄;)

好楽曰く、「人形町末広を彷彿とさせる」とてもいい小屋です。

其処へ、立川志遊兄さん、私、かっ好くんの3人で行って参りまして、各々ふだん寄席ではかけられないネタをやらせて頂きました m(__)m

サラで上がったかっ好くんが『金明竹』、入ってまだ半年ほどなのに、15席も覚えていてよく頑張っている。流石はナポレオンズ・ボナ植木先生の息子。

その彼のネタに、おば様達は大笑い (≧∇≦)/ ハハハ

続く私は久方振りに『宿屋の仇討』…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嗚呼、麗しの【橋場公会堂】

今日は、橋場公会堂での若手の会【橋場寄席】でした 〜( ̄▽ ̄〜)

橋場寄席は、好楽が毎夏やっていて、それ以外に若手がタップリ出来る様にと発足された会で、2月と11月にやらせて頂いてます。

橋場公会堂…

名前を聞くと、渋谷公会堂または日比谷公会堂などを連想させますが、私は大きな地震、震度3の地震が起こる度に、自分の身よりも、橋場公会堂の安否を気遣ってしまう…

と云う素晴らしい会場です (;-_-)=3 フゥ

ただお世辞でも何でもなく、落語をやる空間として非常に適しており、何よりも嬉しいのは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

しりあな〜( ̄▽ ̄〜)

ヤクルトホールで、ジョージクルーニー主演の『シリアナ』と云う非常に変わった名前の映画を観てきました (。・_・。)ノ

内容は…

CIAとアラブの王族とアメリカ司法省と石油産業とイスラム過激派テロリストの本当の関係・そしてそれらが、実は【ぜんぶつながっている】という真実を描いた物語…

と、チラシに書いてありました (≧∇≦)/ …内容は、誰がどんな陰謀を働いていて、誰と誰がくっついているのか、最後までチンプンカンプンでした(←私はオバカさん?)

ともかくも?な映画でしたので観た人の感想聞きたいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

早朝群馬3

が、それは流石に良心が咎めたのであろう…運良く私が行った折には、既にその名前は闇に葬られていた (;-_-)=3 フゥ

話は戻って今日の【婦人部】の皆様は…大変明るく活発な女性でした…(私はまだ28です、長生きしたいのでこの話はもう止めます (-_-;))

行き帰りの運転を師匠御自らして下さったので、無論眠る訳にいきまへん…

ただ帰りの私は大先輩の助手席にて、何百回もコックリコックリしてしまい、はたで見たらきっと私は、美しい【水飲み鳥】に見えた事でしょう (。・_・。)ノ

ともかくもぜん馬師匠、お疲れ様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早朝群馬2

池田では、私が『祇園会』『野ざらし』、師匠が『出来心』『国定忠治』。

薄根では、私が『一目上がり』『兵庫船』、師匠が『長屋の花見』『浜野矩随』。

前者の池田で【婦人部】としてあったので思い出した。

以前都内の仕事で【貴婦人の会】での一席があった。さぞ綺麗な奥様方がお見えになるのかなと思いきや

「かつて人間は自らの手で火を起こしていた…」

と云う時代から生きていたのでは?と疑問符を打ちたくなる方々で、更に驚いたのはたった数年前には【貴婦人の会】ではなく【若妻会】だったらしい Σ( ̄□ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早朝群馬

今日は、立川ぜん馬師匠と一緒に群馬の沼田。

「先週旅で行った鳥取や八戸より全然近いぢゃん♪ ヽ(´▽`)/」

…と思いきや、朝の6時に師匠宅に伺うとの事! そらそうだ開演が9時半ですもの (-_-;)

でも私よりも、その時間から往復の運転をして更に落語を四席やる師匠の方がもっと大変です m(__)m

場所は2ヶ所で、池田公民館と薄根公民館。

何と私まで四席やらせて頂きました (≧∇≦)/

今日は、今月やってないネタをやろう!と心に決めて(そうしていかないと忘れてしまうんです。覚えるのは大変なくせに…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol. 2】5

内容は人種差別を扱ったもの…と云うと、「ああ、よくある手のヤツね ヽ(´▽`)/」と思われる方がいらっしゃるかも知れませんが、そんな軽いものではありまへん!

〈人種差別〉を扱った…と云うと語弊があるが内容は、一見人種差別を扱っているんですが、もっと深い部分…出てくるキャラみんな、人間の悪い部分と良い部分をこれでもか!とばかりにさらけ出す。

色んな人種の貧富も様々な人間が代わる代わる登場する群像劇で、その脚本の緻密さに唖然とする…

救われる人救われぬ人それぞれ生き残るこの映画、現時点で今年一番。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol. 2】4

続いて開演ギリギリにシャンテに飛び込んで観た『クラッシュ』

…本当はジョディフォスター主演の『フライトプラン』を観たかったのだが、どのチケット屋に行っても売ってなかったんです (-_-;)

「まあいいか券無しでも」と思い、『クラッシュ』の看板を見てみると、【アカデミー賞6部門ノミネート】としてあったので、「あ、これにしまひょ (≧∇≦)/ 」と、軽い気持ちで入ったらアラ大変…

監督は、昨年オスカーを獲得した『ミリオンダラーベイビー』の脚本を手掛けたポールハギスで、何とこれが初監督作 Σ( ̄□ ̄;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol. 2】3

とそのフェイギンに云われる。するとラストでわざわざ警察に捕まったフェイギンのもとへわざわざオリバーが…

「あなたは私に親切にしてくれました…」

と律儀に挨拶に行くぢゃありませんか Σ( ̄□ ̄;)

どんな輩でも受けた恩は恩。またその台詞を云うバーニーが素晴らしいので、説教じみてない感動的な場面に仕上がっております。

大人が観ても勿論楽しめるが、ポランスキー自身「自分の子供に観せる為に作った」と云うように、小学生にこそ観せてあげたいなぁ、と思わせる頗る良く出来た作品です 〜( ̄▽ ̄〜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol. 2】2

全員がそれぞれの役柄にピタリとはまった顔つきをしている。

細部までこだわったセットの見事さもさることながら特筆すべきは、オリバーを演じたバーニークラークと云う子役!

普段からむこうの子役の上手さには感心しているのだが、バーニーは上手いだけではなく、オリバーの内面そして外見に溢れ出る素直さや上品さが、その綺麗な顔立ちと瞳に表れている。

何よりも素晴らしいのはオリバーが、ベンキングズレー演じる人間としてどうしようもない悪党のフェイギンの下で育てられている折りに、「恩を忘れちゃいけないよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【映画見聞記 vol. 2】

今日は、久方振りに映画を2本観てきました (。・_・。)ノ

何にしようかと迷った挙げ句、ロマンポランスキーによる大作『オリバー・ツイスト』

「チャールズディケンズ不朽の名作を見事に映像化!」

…と、普通なら決して食指ののびない作品なんですが、これまた『プライドと偏見』同様、評判が良いので観に行ってみました (# ̄3 ̄)

観てみるとこれが面白いの何の! こういった映画特有の教訓臭い部分も無く、非常に上品な娯楽大作に仕上がっている。

キャスティングも、主役からちょこっとしか出てこない端役に至るまで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

文印亭5

優しいお客様方は、とても暖かい拍手を送ってくれました \(o ̄∇ ̄o)

矢っ張りこれからは印刷屋さんに限る!

「印刷屋だけに、神(紙)が降りてきた \(*^▽^*)/」

…と愚にもつかない事を思いながら満足して降りました m(__)m

打ち上げにて半数以上の方々から「トリの噺すごく良かったよ!」と云う、涙がちょちょぎれそうな程有り難いお言葉を賜りました 〜( ̄▽ ̄〜)

「ん?待てよ…じゃあ『だくだく』はどうなんだ?」

と軽い疑問を抱いたものの、生来プラス思考が服着て歩く私は、満足して帰路に着きました…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

文印亭4

重い腰を上げて、ネタを決めずに高座に上がりマクラをふりながら

「そうだ!常連さんばかりなんだから今まで出ていないネタをやった方がいいのだ!」

と云う事に気付き、『だくだく』をやる。反応が良かったので、何とか命拾いをして高座を降りる (;-_-)=3 フゥ

仲入り後、小寿々姉さんが出ていくとお客様(特におじ様方)は大喜び ヽ(´▽`)/

きれいどころにヒザを勤めて頂き、トリでは迷った挙げ句、「このお客様ならば…」と意を決して笑いの少ない『三味線栗毛』。拙い噺をよく我慢して聴いて下さいました m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文印亭3

先ずは、今年の10月から二ツ目に昇進が決まっている橘つきくん。

勉強熱心な彼は、ネタ数は既に60に迫る勢いで、私が「時間気にしないで好きなネタをやって下さい」とお願いすると、今日は数多いネタから非常に珍しい『本膳』!

…恥ずかしながら、私は生で『本膳』を聴いたのは生まれて初めて (≧∇≦)/

後輩の頑張る姿は、益々勉強しなければと胸を熱くたぎらせます (。・_・。)ノ

聴きながら袖でお客様のご様子を伺っていると、流石は常連さんらしく、じっくりお聴きになるお客様が多い。

「さあ何やんべえか…」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文印亭2

受付では、いつも私の会へ来て下さる世話人の船越さんと云う方がご丁寧に、かわら版での私と父・好楽のインタビュー記事と、丁度今日の朝日新聞の夕刊に載ったばかりの私の記事を、わざわざコピーして配って下さいました m(__)m

皆さん無論常連さんばかりらしく、それに先程記した通り、名だたる諸先輩方の噺を聴いてらっしゃるから、耳はこれでもか!と云わんばかりに肥えているようで… (-_-;)

「そんな処でワイは何をやったらええんや… (# ̄3 ̄)」

と、普段に輪をかけてビクビクしながら開演時間を待っておりました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文印亭

今日は文京シビックセンターの4Fにあるシルバーセンターと云う和室で印刷業界の方々が集まる【文印亭】と云う寄席で、柳家小寿々姉さんと橘つきくんと一緒で、私が二席やらせて頂きました。

今回が17回目らしく、行ってすぐにネタ帳を見てみるとアラびっくり!

喜多八、たい平、喬太郎、白鳥といった今をときめく各師匠方から、はてはミッキーカーチス先生まで出ていらっしゃるぢゃありませんか! Σ( ̄□ ̄;)

そんな処で私が二席やらせて頂けるなんて…まるで夢の様な暴挙 (-_-;) 大丈夫かいな?と思いながらの出番待ち…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

お知らせ!

明日13日の月曜日、朝日新聞の夕刊の芸能欄に、私が取り上げられておりますので、是非見て下さい ヽ(´▽`)/

…と云うより購読されてない方は、一家に10部は買って下さいませ m(__)m

いつになく曖昧な私が、今後の落語界を熱く語っておりますので (。・_・。)ノ

明日は、文京シビックのシルバーセンターと云う処で独演会!

何をやろうかな?…と考えながら、高座で焦らぬ様頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八戸にて3

私の様な、ペーペーの国からペーペーを広めに来た人間に対してもお気を遣って下さり、楽屋でも雰囲気を良くしようと、舞台さながらに爆笑トークを展開して下さる…

そのまま舞台へ上がると、お客様…特におばさま達は、笑いすぎて失禁なさっているぢゃありませんか!(多分…) (。・_・。)ノ

私はいつも通り、一ファンとして袖で大爆笑させて頂きました m(__)m

その姿を横から見つめながら「早くこんな格好いい芸人になりたいなぁ…」と思ってしまいました。

来週も船堀でご一緒出来る!…芸人になって良かったと思う今日この頃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八戸にて2

昼夜共に順番が、私がトップ、続いて好楽、お後がモアモア先生で、トリがケーシー先生と云う、休憩無しの90分。

高座に上がると、超満員で 600人ものお客様がいらっしゃるではありませんか! 普段の数倍よく笑うお客様で、気分良く『やかん』を久方振りに口演。好楽はお得意の『見せ物風景』、Wモアモア先生の熟練した漫才で場内の興奮度がほぼピークに達した頃、待ってました! ケーシー高峰先生 \(o ̄∇ ̄o)

先程も記した通り、私はこの先生に畏敬の念を抱いて止まない。

あれだけの大ベテランでまた大スターであるのに、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八戸にて

ワシントンホテルの旅回りが終わって2日と経たない内に、また今日も旅です。

何と今日は、八戸! 朝6時に起床して好楽と共に7時半の新幹線に乗り込みました (;-_-)=3 フゥ

メンバーは我々親子と、Wモアモア先生、そして私が敬愛して止まないケーシー高峰先生! (≧∇≦)/

会場は、何と今話題の東横イン!

…ではありませんで、立派な八戸グランドホテル。

もう31年も続いていると云う伝統ある寄席で御座いまして、13時と18時の2回公演。

最終の19時58分の新幹線に飛び乗って、23時8分に東京に着くんです…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

南千住尾花3

柳朝師匠から習ったんだけど、一遍も出来なかったんだ。これは楽しみだ、聴いて帰ろう。」

Σ( ̄□ ̄;)

…二ツ目チェックは

「二ツ目だけでは緊張感が無いので、上の方々に見て貰おう!」

と、私が考えた企画なんです… (-_-;)

まあ、その思惑通りで見て頂けるのはとっても有り難いんですが…自分で自分の首を絞めてしまいました ヽ(´▽`)/

3月8日の両国寄席、『三味線栗毛』お楽しみに (;-_-)=3 フゥ

脱線しましたが、うんとご馳走になりました 〜( ̄▽ ̄〜)

ぜん馬御夫婦、どうも有難う御座いました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南千住尾花2

…姉弟揃って、世の中のうなぎを全て頂いた様な心持ちが致しました (≧∇≦)/

いい気持ちのまま、あっという間の1時間が過ぎ、タクシーで人形町の【鈴花】と云う呑み屋へ。

ぜん馬師匠もさることながら、お内儀さん(さこみちよ先生)が、爆笑トークを展開 (# ̄3 ̄)

佳境に入って、3月8日の両国寄席【立川ぜん馬による二ツ目チェック】の話に言及して…

「お前トリだって聞いたけど、何やるんだ?」

恐る恐る…

「『三味線栗毛』です (-_-;)」

と云うと急に目の色が変わり

「俺は前座の頃に…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南千住 尾花

昨日は3日ぶりに東京へ帰ってきて、夜は愚姉のじっこが、立川ぜん馬・さこみちよ御夫婦にご馳走になる約束がありまして「良かったら王楽も」との有り難いお言葉 ヽ(´▽`)/

嬉しくて早速待ち合わせ場所の南千住へ行きますと、駅からほど近い【尾花】と云う老舗の鰻屋! 谷崎潤一郎をはじめ数多くの文化人が足を運んだと云う有名なお店です!

色々なものを頼んで下さり、我々姉弟はくるもの全てを、感涙にむせびながら片っ端から平らげていきました \(o ̄∇ ̄o)

うざく、うまき、茶碗蒸し、白焼き、鰻重…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

鳥取駅にて…

鳥取駅に、本当にホームにあった立ち食い蕎麦屋

【砂丘そば】 (-_-;)


それを見た好楽が上手い事を云いました…


「〈砂丘そば〉とかけて、〈団体旅行客が胸に付けてるバッチ〉ととく。その心は…


何でもつけりゃいいってもんじゃない…」


明日は9時の新幹線に乗り、13時6分に東京に着きます (≧∇≦)/

ワシントンホテルさん、有難う御座いました m(__)m また会う日まで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

旅の途中…

今日は鳥取ワシントンホテルで一席、久方振りに『つる』をやりました (≧∇≦)/

電車内やホテル、暇なので、齋藤孝さんの『天才の読み方 究極の元気術』大和書房 を読んでます。

多方面で活躍された天才、ピカソや宮沢賢治、ココ・シャネルを引き合いにして、その生き方、処世術を学ぼう! と云う本なのですが、とても分かり易く記してあるのと、ここぞと云う箇所で太字で記してあるから面白く読める。

ピカソの部分で感銘を受けた一節…

「ピカソにとって成功はやりたいことをやるための手段の一つに過ぎないのです。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

【王楽映画見聞記】 10

「何てこいつら下らないやりとりをしてるんだ…」

と、ついつい夢中になって、その世界に入り込んで幸せな気分に浸って頂ければ、演者としてこんな嬉しいことはありません。

柳家小三治師匠の仰る通り「無理に笑わせようとするな、お客さんが落語の世界を覗きたくなるようにしろ」です。

…とまあ少しく脱線したものの、とにかく面白い。クリスティーナリッチが奔放な魅力を放って素晴らしい…

とにかく笑えて必見です。

今日は名古屋国際ホテルで一席やりました。

これからも精進する事を誓って…

お休みなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【王楽映画見聞記】9

それは、脚本。

最前云った様に、衰えはしたものの、毎年々々一年に一本のペースで、あれだけクオリティの高い作品を送り出せるのは並々ならぬことです (;-_-)=3 フゥ

ウディアレンの脚本は、洗練されていて気の利いた台詞の宝石箱です。

面白かったものも、感動したものも、イマイチだったものも、全部大好きな作品群です。

どの作品を観ても、作中の登場人物が羨ましくて仕様がない!

…これは、落語の理想郷なんです。

落語の『道灌』にしろ『手紙無筆』にしろ『高砂や』にしろ、お客様が噺を聴きながら…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【王楽映画見聞記】8

物分かりのいい優しい父親をそれぞれ好演。

そして何といっても、私の大嫌いなジュディデンチが、登場シーンが少ないながら、ムカつく金持ちを怪演。嫌いだから余計印象に残る (# ̄3 ̄)

そして最後は、自分の会の前日の30日に観た『僕のニューヨーク・ライフ』

最も敬愛するウディアレンの最新作。

近年は、往年と比べると、一本の時間は長くなり、たたみかける様な勢いは無いものの、最近の作品の中では一番面白く、また、もう一度観たくなってしまう。

噺家になってから改めて、ウディアレンの才能に脱帽しますm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【王楽映画見聞記】7

中でも佐藤浩市さんが光る。やっぱり上手い。

それから『プライドと偏見』

ジェーンオースティン原作の映画化で、普通なら絶対観る気のしない作品なのだが、あまりに評判がいいので観に行ってみると…

序盤は、キャストが地味すぎて「何て華の無い連中なんだ (-_-;)」と少々辟易しながら観ているとアラ不思議!

主人公のキーラナイトレイを応援している自分がいるぢゃありませんか! ヽ(´▽`)/ (←俺ってバカ?)

却って地味で演技巧者を集めたのが幸い。 ブレンダブレッシンがウザイ母親を、ドナルドサザーランドが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【王楽映画見聞記】6

この台詞が、人間の本質をついた〈真理〉です。身内に起きなければあくまで〈対岸の火事〉なんです。

ともかく、はじめから最後までハラハラドキドキ! 必見です。

只、ドンチードルは、どう見ても『とぶくすり』の中で岡村がやっていた松崎茂にしか見えない (-_-;)

その日の夜には邦画のヒット作『THE有頂天ホテル』を観ました。

脚本の事を考えると、気が遠くなりそうな緻密なものに仕上がっており、流石は三谷幸喜さんだなぁ…とは思うものの、キャストがいっぱいいすぎて印象が薄れる。

皆さんいい味出してるけど

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【王楽映画見聞記】5

素晴らしく、何よりもストーリー展開が実話なだけに面白い。

その中で一番感銘を受けた台詞があった。

アメリカのジャーナリストが街へ出て、虐殺場面をカメラにおさめそれを夕方トップで放送する、と云う。それを聞いたドンチードルが、「良かった…この惨状が世界に発信されれば、世界はきっと助けに来てくれる!」

それを聞いたジャーナリストがさも無念そうに…

「どうかな?世界の人々は家族と食卓を囲みながらこれを見ても『可哀想ね…』の一言でまたナイフとフォークを手に取り食事を続ける…それでおしまいさ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【王楽映画見聞記】4

その逆もあります。

愚にもつかない作品を観ても、それが気心の知れた仲間、親友とならば、その時たとえ面白くなかったにしても、後々いい思い出になる事が多々あります。

だから映画は止められません。

お次は『ホテルルワンダ』、1994年のルワンダで、フツ族とツチ族の民族紛争が激化して大量虐殺が起きるが〈ホテルルワンダ〉の支配人が、それをストップさせる為に奮闘した様を描いた実話の映画化。ま、云い換えれば【アフリカ版『シンドラーのリスト』】

支配人をドンチードルが好演、その奥さん役のソフィーオコネドーも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【王楽映画見聞記】3

例えば去年『インハーシューズ』と云うキャメロンディアス主演の映画を観に行った際、最も感動するであろうシーンで、後方に座っていた男女2人が広い場内に響き渡る程、見事な口ゲンカをおっ始めたのです。

「てめぇがゴチャゴチャうっせえからみんなにメーワクかけてんだよ!!」

…あんたの声の方がうっさいんですけど (# ̄3 ̄)/

と云いたかったけど、生来困ってる人を見過ごす事の可能な私は、沈黙を守りました (;-_-)=3 フゥ

お陰で後味最悪。私の脳裏に【一期一会】と云う言葉が浮かびました…

ただ面白い事に…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【王楽映画見聞記】2

そんな訳で、1月に観た映画を振り返ってみたいと思います。

先ず初めに観たのは『ニューシネマパラダイス』、随分昔に観てボロボロ涙を流す程感動したので、「あの感動をもう一度!」と云うつもりで銀座に観に行きました

が、一緒に観に行った友達が観ている最中あまり感動していないぢゃありませんか! せっかく感動させてやろうと思ってチケットまでおごってやったのに (-_-;)

1つ気付いた事は…

「どんなに良い作品でも、近くで一緒に観ているに人次第によっては、いい思い出にはならない」

って事です…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【王楽映画見聞記】

突然ですが…

私王楽は、映画が大好きです。 高3の年から、年に最低50本は映画館で見ております。 とすると、一週間に一本は見ている計算になります。

「こんなに見ている奴は、評論家以外にいないだろう…」

と思っておりましたら、この世界に入ってまだまだ上がいるんだな (;-_-)=3 フゥ といい事を思い知らされました…

小遊三師匠のマネージャーさんである大有企画の真野さんと云う方は、何と年間 200本近く見ておられるそうです (>_<)

ですから仕事でお会いすると、決まって映画談義に華を咲かせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

片山鍼灸整骨院5

これは気持ちいい!と、そのためのストレッチなどを教わり気分良く終えると…

「次は針ですね!」

当分行きたくねっす… (;-_-)=3 フゥ

それは冗談として、メチャクチャ気分が良くなりますのでオススメです\(o ̄∇ ̄o)

片山鍼灸整骨院

027(225)5333

院長 片山修

2人とも気分良くなって、いざワシントンホテルへ。 私は『新聞記事』、好楽は『一眼国』。品の良いお客様がよく笑って下さる!

明日っからのワシントンホテル親子兄弟落語ツアー、頑張るどー 〜( ̄▽ ̄〜)

それでは、お休みなさい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片山鍼灸整骨院4

…まあ、その場は後輩の橘つき君に打たれてもらって事なきをえました (;-_-)=3 フゥ

その片山さんの開院祝いに好楽と顔を出すと大層喜んで下さり、お礼にマッサージをしてくれました!

その際に片山さんが…

「王楽さん…テレビや高座で座ってる姿を見たお客様に『右肩が落ちてる』って云われませんか?」

…そういえば随分前にも飲み屋で会った整体の方に云われた気がする (-_-;)

治す為のマッサージを始めて頂くと、段々痛かった箇所が揉まれている内に気持ちよくなるではありませんか (≧∇≦)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片山鍼灸整骨院3

ありませんか! 私が恐る恐るかぶりを振ると

「無い!?…落語に『幇間腹』って名作があるのに針も打った事無いのかよ。仕様がねえ…」と云って其処に居合わせた片山さんを呼び出し、

「おさむぅ!王楽に針打ってやってくれー!」

と、もし僕に四十七士程の勇気があったなら、竹内さんの顔に防腐剤をまいてやりたいと思う程憎んでやりたい事を口にしました…

…何を隠そう私は針が大嫌い! 生来ビビりな私は注射は勿論の事【はり】とつくものは何でも嫌い。ハリウッド、ハリソンフォード、ハリーポッター、そして針すなお…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片山鍼灸整骨院2

その片山さんは「事に拠ると日本で一番いい人なのでは?」と思える程で、ご近所では【親切なクムジャさん】と呼ばれてるそうですヽ(´▽`)/

…が、この人の欠点は、常に〈針〉を持ち歩いている事です (-_-;)

この方の親戚に竹内さんと仰る方(この方もいつも御来場くださいます m(__)m )がいて、この方がまたパッと見は強面なんですが、中身はヤクザの方々が避けて通ると云う程の大変気さくな方で、以前落語会の打ち上げの際に…

「王楽ぅ、お前針打った事あるか?」

などと、泣く子も漏らす様な事を平気な顔して云うぢゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片山鍼灸整骨院

今日から9日までの4日間、兄弟子の好楽と、ワシントンホテルのディナーショーです。

今日6日は高崎で日帰りですが、明日からは名古屋、鳥取、広島と泊まりの旅が続きます 〜( ̄▽ ̄〜)

夜20時からの開演なのでその前に、いつも落語会に来て下さる 前橋在住の片山修さんののお宅へ行って参りました!

…と云っても、これを読んで下さってる皆さんは「片山修って誰?」とお思いになるでしょう(>_<)

何とこの人は、知る人ぞ知る古武術家なんです!

その古武術家・片山修が【片山鍼灸整骨院】を開店(開院?)しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

『猫の皿』

昨日は小田原から帰ると、その足で新宿末広亭へと向かった。

…と云っても無論出番がある訳ではなく、我らが兄貴、三遊亭歌武蔵師匠がトリを勤めており、2月上席の中日。

「お暇でしたら遊びに来て」と、大先輩から有り難いお言葉を頂き、顔を出させてもらいました!

トリで師匠は、小朝師匠直伝の『猫の皿』!素人時分に鈴本で聞いて以来で、もう既にかなり〈ムサシ色〉に染まっており、ソデで爆笑させて頂きました m(__)m

その後、美味しいちゃんこをご馳走になり、幸せな気分で帰りました。

つくづく先輩は有り難い…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

小田原にて4

を熱演! 舞台ソデでじっと聞きながら、「真打ち直前の二ツ目となりたてペーペーの二ツ目では、矢っ張り違うな…」と思いしらされました。

お父様お母様も大変人品の良い方で、御家族とお仲間の方々に支えられた、とても良い会でした。

また呼んでもらいたいな♪ と心から思う今日この頃です。

お兄様! …ぢゃなく、兄さん。また宜しくお願い致します m(__)m

ちなみに3月21日から鈴本を皮切りに、末広、浅草、池袋と40日間回られるそうです! 柳家三三の素晴らしい落語を是非その目で!

…これでいいかな?お兄様♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田原にて3

兄さんの目に、今まで見た事の無い殺気が宿ったので断念しました (;-_-)=3 フゥ

さて開演。兄さんが気を遣って下さり、トップで『狸札』。流石は柳家の本流だけあって、きちっとされてるから、聞き飽きた筈なのに思わず笑ってしまう。

「…上手い人の後に上がるのはやだなァ (-_-;)」と重い腰を上げて高座に上がる。場内は 150人近くの大入り! 兄さんがウケさせて呉れたお陰で、お客様がよく笑って下さる。ネタは悩んだ挙げ句、好楽直伝の『三方一両損』。お客様に助けられましたヽ(´▽`)/

トリで兄さんは、『引っ越しの夢』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田原にて2

『お菊の皿』が、去年高座にかけられたベスト1と2なんだそうです 〜( ̄▽ ̄〜)

…ですから兄さんも、私に足を向ける事が出来ません (-_☆)キラリ (兄さん、これ見てたらゴメンナサイ…m(__)m )

そんな訳で、小田原駅から徒歩5分の谷津公民館に到着。するとすぐに、三三兄さんのお兄様、妹さんがわざわざ御挨拶に来て下さったのですが見て吃驚…

兄さんもそうなんですが、お二人とも美男美女!

何と妹さんは、私と同い年(>_<) ! 思わず兄さんに「蛭田家(兄さんの本名)の養子になろうかな?(≧∇≦)/ 」…と云うと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田原にて

今、私は新幹線に乗って東京へ向かっております。

今日は、今春の3月下席から真打ちになられる、柳家三三兄さんの生まれ故郷・小田原での落語会に出演させて頂きました\(o ̄∇ ̄o)

…此処だけの話、私は三三兄さんに足を向けて眠る事が出来ません。 と云うのも前座の頃に『やかん』と云うネタを教えて頂き、去年のNHK新人演芸大賞の予選をその『やかん』で通過致しました! ですから私の〈命の親〉と云っても過言ではありません(>_<) (過言かな?(≧∇≦)/ )

その代わりかたや兄さんは、私の教えた『しの字嫌い』と…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放送日が決まりました!

さて!

先月の10日・11日に収録した【ぼっちゃん5】によるバラエティ番組『RAKU−GO!』の放送日が決まりました\(o ̄∇ ̄o)ハーイ

3月27日 月曜日

23:00〜23:30 NHK総合

です! もう何度も云っておりますが、視聴率や皆様方の評判次第では、秋からレギュラー化されますので、その日は必ず見て下さいませ(>_<) どうしても見られない方はビデオ録画して更に、視聴率稼ぎの為にテレビをつけっ放しにして出掛けて下さい。

…そして呉々も、その日だけは『あいのり』を見ないで下さい(-_-;)

さあ、いよいよです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

調布のマダム達3

思わぬ処で命拾いすると、皆様さすがは調布のマダム! 只では帰しません! 御祝儀の雨がパラパラと雨だれの様に降ってきたのです(>_<)

また男爵亭の女将の斉藤千代さんもサッパリしていて気前がよく、「貴方みたいな芸人ならば、この店をあげてもいいわ」…とは云わないまでも、大変良くして頂きました。 m(__)m

美味しい料理をたらふく頂いての帰り道。「こんなに幸せでいいんですかねー!?」とは、ひろ木くんのコメント。私も以下同文でした m(__)m

…只、残念な事に、約40人のマダム達が夢の中に出てきました (-_-;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

調布のマダム達2

はないかと危ぶまれる程の大爆笑!

トリに私が『片棒』をやった時には、白目を向いてよだれをたらし、時すでに遅し(-_-;)…と云う方は残念ながらいらっしゃいませんでしたが、あれだけ笑って頂けるのは矢っ張り嬉しいです\(o ̄∇ ̄o)

終演後、ひろ木くんとマダム達一人一人にお礼の気持ちを込めて、お酌をして回りました処大変喜んで下さり、あるお客様は、自分のお刺身を「はい、アーンして?」と云って、私に食べさせてくれるぢゃありませんか! …つくづく口の中から出されたお刺身でなくて良かったなと思いました(;-_-)=3 フゥ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

調布のマダム達

昨日は【めばえ】の打ち合わせが終わると、ひろ木くんと一緒に、調布にある立派な料理屋〈男爵亭〉と云う処で、東京三共信用金庫 調布支店のお得意様のマダム約40人の前で落語会。

トップに上がって客席を見渡せば、事に拠ると全国のマダムが集まったのではないかと思わずにいられない、ド迫力(;-_-)=3 フゥ

既に、箸が転がっても笑う年頃は半世紀前に過ぎたであろうに、『新聞記事』をやると、隣の人をひっぱたきながらゲラゲラ笑って下さいました(≧∇≦)/ ハハハ

続くひろ木くんが得意の『宗論』をやると、泡吹いて失禁するので

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

【めばえ】2

【めばえ 3月号】の日時は、3月7日の火曜日、18時15分開演。記念すべき第1回のトリは私が勤めます m(__)m

ネタはそれぞれ…

ひろ木『大安売り』 一之輔『雛鍔』 王楽『五貫裁き』

前売り 1000円 当日 1500円 お問い合わせ先は

(社)落語協会 03(3833)8563

です!乞う御期待(>_<)

ちなみにその次の日の3月8日は両国寄席【立川ぜん馬による二ツ目チェック】。喜多八師直伝の『三味線栗毛』でトリをとります。 …ついでだ、もう一つ。3月20日は【第10回 天狗道場】初演二席、ゲストはガッポリ建設です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【めばえ】

今日は昼間、広小路のプロントで、一朝師匠のお弟子さんで私と全く同期の春風亭一之輔さんと、木久蔵師匠のお弟子さんの林家ひろ木くんと、3人会の相談をして、トントン拍子に決まりました 〜( ̄▽ ̄〜)

内容は…

ネタ出しをして一席ずつ、トリを交替していってのガチンコバトル! 会場は何と…ふだん【黒門亭】で使われている(社)落語協会2階和室!

アウェイに乗り込む様な気持ちです(-_-;) …が、円楽党の私が協会事務所でやると云うのは、ちょっとした事件です!

会のタイトルは…

【めばえ 3月号】 (≧∇≦)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子対決の行方2

余談ですが、私はぜん馬師匠から『夢金』をはじめ『竹の水仙』『黄金餅』『宿屋の仇討』など数々の十八番ネタを教わっており、大変感謝しておりますm(__)m

私が終わると、マギー隆司先生の手品をはさみ、兄弟子の好楽は、円生の十八番『文違い』! 4年そこそこのキャリアの私が、今年の4月で芸歴40周年の父に、底力を見せつけられた夜でした…

あ!40周年で思い出したんですが、今年の8月8日の火曜日に 【三遊亭好楽 芸歴40周年&還暦記念寄席 〜好楽の愛する人々〜】 と云う会を企画してます!是非お越し下さいませm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子対決の行方

ザアザア降りの中、来て頂いたお客様に心より感謝致しますm(__)m

昨日は、仲入り後に好楽と対決!と云う形で、噺は冬の大ネタ『夢金』。…に入ったのはいいんですが、まくらから本題に入ると間も無く…稽古を付けて下さった立川ぜん馬師匠が客席にまわって聞きに来たぢゃありませんか(>_<)

ふだんでも人一倍緊張する性質なのに、物凄くビビりました(;-_-)=3 フゥ

しかし大先輩から、私の様なペーペーの高座を見て頂けるのは大変有り難い事です m(__)m

案の定終わった後に、直して頂きました(-_☆)キラリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

昨日を振り返って…4

ですから緊張しない訳がない(>_<)

もし下手なものをやると、極端に云えば、円楽の顔に泥を塗る訳ですから…

何とか終えました (;-_-)=3 フゥ

今後ちょくちょく高座でかけていきたいと思います。自分なりの若い『浜野』が出来るかもしれません…

さて!

今日はこれから両国寄席で【仲入り後 好楽・王楽親子対決】さすがは2人揃って業界きっての雨男…表はザアザア降ってます 〜( ̄▽ ̄〜)

それより昨日終演後、「今日と同じネタはやりません!」と言明しちまった(-_-;)

…さて、ネタが豊富な一面を見せてくるか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日を振り返って…3

ので、自分流のクスグリを入れてもちっともぶれない。敵わないなと思うと同時に、とても勉強になりました!

休憩後は天真爛漫な【ぼっちゃん5】のキーパーソン、きくお兄さん。『宮さん宮さん』に合わせて出ていくと舞台と客席がフヮっと明るくなるのは天性のもの。お馴染みの爆笑まくらでご機嫌を伺うと、新作『お伽村』。何度聞いても微笑ましく楽しい!

そんな先輩方にプレッシャーをかけられた後私は何と、3日前の土曜日に師匠円楽にOKを出して頂いた『浜野矩随』(-_-;)

何しろ師匠の〈おはこ〉で一門の中では特別なネタ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日を振り返って…2

にリラックスしてもらわなければならない、其処へ持ってきて初演ですから…

いつも通りちょっとしたトランス状態で本題に入った『兵庫船』。『やかん』と同様、講釈部分が肝となるこの噺、相変わらず

「絶句しなくて良かった(;-_-)=3 フゥ」

とおもって終えると、中手が入って嬉しい誤算!

調子に乗りやすい私が気分良く高座を降りますと、お次は日本一〈二ツ目〉としてのキャリアが長い笑志兄さん。さすがは百戦錬磨の賞獲り男!お客さんをまくらで和ませて、難しい冬のネタ『二番煎じ』。喋りの骨格がしっかりしているお方な

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日を振り返って…

昨日は【第9回 王楽の天狗道場】でしたが、生憎の雨にも拘わらず、第1回に次いで90人ものお客様にお集まり頂き、心より感謝しております (>_<)

何よりもお客様に、知らない方の顔が増えたのが嬉しかったです 〜( ̄▽ ̄〜)

それもこれも、Wゲストの立川笑志兄さんと林家きくお兄さんのお陰で御座います m(__)m

今回は、前座さんなしでトップに自分が上がりネタは初演の『兵庫船』…自分の会で前座さんなしに最初に上がるのは、とても辛いです。緊張して逃げ出したくなる処へ持ってきて、ある程度自分の話などをしてお客様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »